エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
オモケン 1日目
 7月のトークショウに登場していただいた明和電機さんが『ナンセンス・オモチャ研究所』というワークショップを開いている。
http://www.maywadenki.com/info/081015.html
オモケン 1日目_b0141474_23315944.jpg


 楽しそうなので参加させてもらった。『ナンセンス・オモチャ研究所』略して『オモケン』は、簡単に言えば工作教室ではあるが「ナンセンス」が肝。意味がない、役に立たない(例外もあるが)ものを作る。つまり、既存にはない新しい発想が求められる。
 ……って、突然新しい発想、って言われてもな、なんだが、大丈夫だった。明和電機が開発した「おかしな発想シート」(下)を使えば、それまで思いもつかなかったものが発想できる。

オモケン 1日目_b0141474_2333655.jpg


 そのプロセスは、

STEP1:朝起きてからワークショップに来るまでに触ったもの10個を思い出して書く。
渡部の例:たばこ、ペン

その名前の上に「おかしな」を付けていく。

STEP2:おかしな○○でイメージされるものを書く
渡部の例:おかしなたばこ→踊る、おかしなペン→留守の間に宇宙に行ってた

STEP3:STEP2で出てきた言葉を合わせ、思いつく物を書いてみる。
渡部の例:踊る+留守の間に宇宙に行っていた→ワルツのステップで戻ってくるブーメラン

「ワルツのステップで戻ってくるブーメラン」。
 果たして私のどの潜在意識がこのようなナンセンスを生み出したのであろうか。

STEP4:5つのナンセンス項目が出ているので、その中から1つを選び、アイデアスケッチを始める。
 最初に思ったのは「絶対無理」。と、思っているのは参加者の皆さん同様であったようだ。

オモケン 1日目_b0141474_23343416.jpg


 皆さんの頭の中は限りなく0に近い。
 しかし、ここは他でもない、明和電機のワークショップ。土佐社長および工員の方がサポートしてくれる。
 重要なのは、すべてが実現可能ではないこと。面白いところ、最重要ポイントを絞り出す。そのナンセンスエッセンスが分かりやすく表現されるよう、形付けていく。
 で、NGなのは、妥協。これは無理、あれは無理、とあきらめて、どこかで見たイメージを転用してしまうケース。「それはナンセンスではなく、コモンセンス(常識)になってしまいます」と土佐社長。

 アドバイスを受け、ぼんやりとした想像図が作られ、素材買い出しに出かけて戻ってくると、すでに4時半。朝の10時から始めたというのに、あっという間である。

 ホントは5時までなのだが、11月22日は「いい夫婦の日」。お友達の結婚披露パーティーへ行くべく、若干早退。

 2日目のレポートは明日へ。
by dezagen | 2008-12-01 01:00