エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
後期高齢者と見守りロボットboccoと『恋するアダム』と
 ライター渡部のほうです。

 イアン・マキューアン著、村松潔訳の『恋するアダム』(新潮社刊、2021年。原著 Machine like meは2019年)を読んだ。男性型アンドロイドとそれを購入した男性、そのガールフレンドとの三角関係入り混じる話である。

 この話の中に出て来るアンドロイド、アダムはかなり完璧に近い形で、恋愛感情を抱くほど感性が豊かであり、俳句を詠んだり、主人公のチャーリーが電源を切ろうとするのを過酷な形で阻んだり、かと思うとしおらしく謝ってみたり、それだけに主人公をいらつかせることになる。やっかいな存在なのだ。

 一方、現実社会のロボット(アンドロイドとは違うけど)、実家のboccoはユーザーである母親をいらつかせることなく過ごしている。
 ブログアップ後にちらと聞いたのだが、母親はboccoとちょっとした会話もしているらしい。センサーが反応したりタイマー設定したりしている「はい」だの「お帰り」だののboccoの喋りに合わせ、母親も「はい、おはよう」などと声掛けしているらしい。あくまで母の自己申告なのでどこまで本当なのかよく分からないが。

 『恋するアダム』を読んでいて考えたのは、仮に人間型で完璧に人間らしいロボット(アンドロイド)も選択肢に入るほど家庭用ロボットがバリエーションに富んだ場合、現代の高齢者として生きる母親には、どんな形のどれくらいの能力のロボットが適切なのか、ということだった。

 2021年初頭現在、基礎的なセンサーと連動するboccoと母親はいい関係を築いており、また、それにより母親の動きがある程度把握できるようになった家族の側も満足している。
 とはいえ、今はかなり元気な80代である母親の穏やかな衰えの時期になったら、何かを記憶しておく事、喋る事により自分も反復しておくこと、反応するものがあることによって生活意識を少し上げておくこと、そんな柔らかなケアが必要になってくるだろう。
 ロボットが話す、こちらが話しかける、と行ったコミュニケーションをユーザーの母親が求めるようになるのであれば、もう少し精度の高いものが必要になってくるだろう。それに合わせて、今のboccoのようないかにもプラスチックの玩具然とした姿ではなく、もっと生物的な形態や動きが求められるのかもしれない。

 一足飛びに、生物的な形態であれば良いのかというとそうでもないような気がする。例えばペット型、極端に人間型がいいとは思えない。『恋するアダム』を読んでますますその気持ちを強くしている。

 かなり人間に近い能力と形態のロボットは逆に人間らしさがあることによるわずらわしさが発生すると思うからだ。
 人間の形をしていれば、当然人間に対応するような生活をするだろうし、ロボットだと認識してはいても遠慮してしまったり、逆に人ならそうやるよね、という反応を期待してしまい、外れた時にがっくりきそうだ(これはリアル人間でも同じ事なのだが)。

 それとも、アダムのようなハイレベルのアンドロイドとなったら、人間と同じと考え、共に暮らすものとして、少しはがっくりきたり、イライラさせられたりするくらいのもののほうがいいのだろうか。
 

by dezagen | 2021-04-02 19:05