エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
第20回 亀倉雄策賞受賞記念 中村至男展 2018 を新潟県立近代美術館で見ました
ライター渡部のほうです。

東京では今年春、G8で行われた『第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」』。 http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201804/201804.html
新潟県立近代美術館 https://kinbi.pref.niigata.lg.jp/tenran/kyosaiten/kamekurayusakusyo2018/ でも行うというので、ラストチャンスの6月30日(会期は7月1日まで)、開催記念講演もあるというのでダッシュ日帰りで行って来た。

b0141474_21440027.jpg
b0141474_21442589.jpg

新潟県立近代美術館では、受賞作である2017年の『中村至男展』と亀倉雄策賞受賞記念『中村至男展 2018』を一気に見れる、という贅沢さ。
これは良かった。全部全部チクチク見て回りたかったが、これまでの亀倉雄策賞受賞作を見せる『亀倉雄策賞1999-2017』展もあり、早足で。。

b0141474_21382418.jpg
そして講演。対談相手は長岡造形大学の池田光宏准教授。中村さんの大学時代の後輩という間柄のせいか、和やかな空気。
G8で行われたトークショーのほうに行けず、行った人から又聞きしてただけなのだけれど、G8のほうではかなりコアなトークが交わされていた様子。
今回は聴講者の方々も本展主催者である長岡造形大学の学生さんが多く、「分かりやすい作品解説」になっていたのが印象的、とはいえ、G8のほう行ってないから比較は出来ないけども。
帰り道にお会いした浅葉克己先生が「中村さんは喋りが上手になったよね」と言っていたので、あながち間違ってないと思う。

講演では1990年代のソニー時代の作品の話から、明和電機の仕事、佐藤雅彦さんとの仕事(IQの映像、久々に見ました。今見ても面白いなあ)、展覧会ポスターや『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展』での参加作品、『どっとこどうぶつえん』などの絵本作品など、現在に至るまでの仕事をきっちり見せて解説。

以下、自分の手書きメモから起こしているので少し口調が違うかもしれないけれど、記憶に残った中村さんの言葉。
「2000年くらいから(理論的なデザインより)生理的に、「分かるー!」と思うような作品になってきた。グラフィックはそもそも言語化できないものを図像化するものだから、言葉で説明するとつまらない。目で見た時の小気味いい感覚を大事にするようになってる。」

画面には『秀英体100』展 http://www.dnp.co.jp/shueitai/event/gggshuei/index.html の秀英体の春の字をサクっと切ったりとか、(確かTDC bccksの『Twin Universe』)車と車がぶつかっちゃう!と思いきや、重なって抜けていく作品などが映し出され、聞き手の池田さんから

「日大の集団行動みたいな感じ」

という名言が飛び出す。それを受けて中村さんが
「あれは、やられた、と思いました」

に笑ってしまった次第。
他にも面白いお話が沢山あったけれど、この辺で。



by dezagen | 2018-06-30 22:20 | 展覧会