エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
東京造形大学 山手線グラフィック展 その経緯
 ライターおよび東京造形大学教員の渡部のほうです。

 引き続き、東京造形大学 山手線グラフィック展について。

 おかげ様で東京造形大学のグラフィック作品を乗せた山手線は、毎日順調に走っているようです。

b0141474_15453623.jpg
b0141474_15453631.jpg

 貼られたりぶら下がったりしている紙印刷ポスターは、制作者157名による作品総数約1100枚。とは言ってもすべて違うグラフィックではありません。種類数で言うと290種。同じデザインが複数枚印刷され、異なる場所に配置されています。

b0141474_15465372.jpg
b0141474_15475763.jpg
b0141474_15485649.jpg

 同じ作品でも時に中吊りだったり、フレームだったり、両隣は違う作品だったりするので、どんな風に見えるか、見た場所でも印象が違います。
 ちなみにサイズは B3(中吊りなどで2枚が横並びになるワイド版など若干の変形はあります)、紙はミセス B を使用。

b0141474_15504238.jpg

 車内のモニターに映る映像作品は、10人の作成者による19点。1作品は30秒以内、の作品です。
 グラフィックデザイン専攻なのに動画も作れるの?と聞かれましたが、動画作成の授業を選択する学生はかなり多いので、動画を作る学生は結構います。

 結果として並べられたものを見ると、きれいに収まって良かったというのもありますが、むしろ、無事運行できて良かった、と言うのが正直な感想。

 そもそもこの異例なイベント、企画側であるグラフィックデザイン専攻の教員にとってもびっくりな企画ではありました。
 
 事の始まりは秋口。大学内で「大学の活動がもっと社会的に見える企画を募集」という告知があり、グラフィックデザイン専攻の教員7人で、何ができるかアイデアを出し合っていました。
 展覧会でも他の露出にしても「意外性のあるところ」「普段ギャラリーなどに足を運ばない人でも見るところ」がいい、などなどと話していたところ、永井裕明教授の口から出た言葉が
「山手線はどう?」。

 これまで数多くの広告を手がけ、その中で山手線を使うアドトレインも経験済みの永井教授ならではの発言。

「できるんですかね?」から始まって、その場で色々調べて行くうちに「できるかも」「提案してみよう」と話が進んでいったわけです。
 私自身は雑誌や書籍をメインにした仕事をしてきたので、広告やイベントのような仕事とは勝手が違うものの、なんにせよ企画段階というのはすごい楽しい。それぞれがデザインの仕事をしている教員なので、自分たちの経験値やリサーチ力、そして発想力がぶつかる場で、色んなアイデアが出るし、その実現性や可能性を調べて行くのが何より楽しい。方向性が決まってくるに従い、ヒートアップしていくという言葉通りに「やりたい熱」(この段階では「やってみたい熱」)が上がっていったのを実感していました。

 とはいえ、結構な予算を使う案なので、ダメ元で、というのは7人とも感じていたこと。
 審査の結果、大学側も「やりましょう!」と提案が通ったという知らせを聞いた時は、正直驚いたと同時に「うちの大学って懐深いな」と思いました。

 驚いてばかりもいられないわけで、早速作品募集に。
 テーマは「TOKYO」。
 対象者は3年生(約100名)が必須、1、2年生と4年生、大学院生、助手は有志で。1人何枚でも応募可能で、シリーズ展開で見せる作品も多かったです。

 集まったところで、一斉に教員の審査。この時点では約350種類くらいだったと思いますが、ずらりと作品を並べたところは壮観。

b0141474_15591246.jpg

 審査といっても基本的には全員の作品を出したい意向なので、公序良俗、意匠権、商標権などの規程に掛かりそうなものに修正を掛けるためのもの。JR のほうでも同様な審査をします。学生に修正を依頼し、ダッシュで戻してもらいましたが、規定に掛かって審査を通過できなかった作品があったのは残念。

 最終審査通過作品が決まった所で、今度は1編成の11車両、それぞれに作品の配置を決めます。取り上げたテーマや手法の違いなどを全体のバランスを考え配置しています。

 あれやこれやの細かい作業があり、やっと初日運行を迎え、本当にほっとしたというか、できるものなのだなあ、と感慨深かったです。
 やはり大きなイベント、しかも学外で、とあって、準備は大変でした。特に外部と内部とのやりとり担当をしてくれた海士智也准教授とグラフィックデザイン専攻の助手3人が本当に頑張りました。

b0141474_16001077.jpg
 助手2人の写真があったので、最後に。(3人揃った写真がなかったのは惜しい!)

 次回はメインビジュアルについて少し。

by dezagen | 2018-02-24 10:00 | 展覧会