エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
続・これ誰10周年
ライターの渡部です。

そうでした。「これ、誰がデザインしたの?」は10周年。
初お目見えは『デザインの現場』2000年4月号で
マテリアルの可能性 特集でした。
吉岡徳仁さんがA-POCの店内インテリアを手がけた記事がトップバッター。

他に原研哉さんがディレクションした『RE DESIGN』展の紹介もあり、
また、シャチハタニュープロダクトデザインコンペティションの記事上、
2席に入ったAnimal Gom Bandが
今、どこの雑貨店でも、海外でも見るヒット商品
「アニマルラバーバンド」となりました。
その後日本のデザインを牽引することになる
人、もの、イベントの記事が詰まって、かなり贅沢な号です。

さて、これ誰1回目プロ野球のユニフォームでは、
取材時が冬だったため、
担当広報の方がキャンプに行っている、
というのを聞いて、
キャンプの実況報告したいときに、ユニフォームのデザインなんか構ってられないかなあ、
と懸念しつつも、最終的には全部のチームの回答が集まったのでした。

この10年、雑誌本誌、書籍、ブログと形を変えつつも
サポート力となっているのは、
取材先の方の熱意。
取材した商品への愛情がたっぷりと感じられる取材をすると
二人でものすごい盛り上がって話が尽きません。

これまで取材させていただいた方々、
またこれからお世話になる方々、
そして読者の皆様
本当にありがとうございます。
by dezagen | 2010-01-13 20:47