エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
「イラストレーターになりたい」について思うこと
ライター渡部のほうです。

大学の先生を始めて8年目。
大学説明会にも慣れてきたけれど、常に相談者(受験生)と一緒に悩んでしまうのが
「イラストレーターになりたい」ので、どの専攻で勉強するのがいいのか、
という相談。

「イラストレーターになりたい」という美術系大学や教育機関受験者は昔から多いし、おそらくこれは永遠に続くのだろうなあ、と思う。
今年も新潟市だったり学校内だったり、一昨日は名古屋で説明会と、何度か説明会をやっていて、やはり今年もイラストレーターになりたいという相談者が多かった。

思うところが理路整然とまとまっていないので、箇条書きに。

1)美術教育機関で学ばなくてもイラストレーターにはなれる。
 実際、数多くのイラストレーターがいる中、かならずしも美術教育を受けている人ばかりではない。絵は紙と鉛筆でも、パソコンでもスマホでも、どこでも描ける。描けば描くほど上達はする。
 昨今はネットでの発表媒体も多いので、アマチュアでもイラストを人に見てもらう機会もある。

2)プロのイラストレーターの仕事は厳しい
 美術教育がなくても、絵を上達させる方法はある。人に見てもらう機会もある。無料で仕事をするのであれば難しくはない。
 イラストでお金をもらいます、つまりプロになる、という場合は事情が異なる。クライアントの仕事内容を理解し、適切なイラストレーションを適切なサイズで、締め切りに間に合うように書き、都度やってくる修正にすぐに対応できるようにしなければならない。
 スピード勝負でもあり、体力勝負でもあり、特に仕事をやり始めの時はギャラがそんなに良くないけれど、それで生活できるような基盤を持っていることが大事。

3)美術教育を受けてイラストレーターの道に進むと幅は広がる(と、思う)。
 この辺は個人差があるけれど、例えば大学で4年間何らかの美術教育を受けて、その4年の間もしくはその後イラストレーターになった場合のメリットはある。
 うちの大学、東京造形大学、はイラストレーション専攻というのはないので、何らかの専攻に入りながら、ということになるのだと思うのだけれど、例えばグラフィックデザインを勉強していると、ポスターや冊子やウェブなど作りながら、どういう仕組みや流れで完成物が出来ていくかが把握できるので、その中でイラストレーションがどう活きるか、逆に言えばイラストレーションの活用法を理解できる。
 アニメーションであれば、キャラクターデザインや背景をどう使うと、どう動かすと魅力的になるのか、理解できる。
 メディアであれば、例えばゲームを作る時にどんなキャラクターや世界感が活きるのか、あるいはウェブサイトだったりスマホアプリだったり、さらにはもっと先を行くテクノロジーの中で、イラストを使うと効果的なのかそうでないのか分かる。
 テキスタイルではイラストを含めた図、パターンを布にプリントし、それがインテリアファブリックや衣服や小物など、他の応用物に変化する楽しみが分かる。
 絵画であればとことん突き詰めて考え、表現する作業を通して、表現力、画力を上げる事ができる。
 など。他の専攻でも色々応用発展能力が付くはず。

3-2)上の話はなんとなく説明会っぽい。
 大学教員という立場から言ってしまうとこうなる。

4)美術系教育機関に行くのに「イラストレーターになりたい」という動機はいいと思う。
 イラストレーターになりたい、という気持ちを持っている人はすでにイラストレーションを描いた事がある人であって、また、多くの人はすでに他の人に見てもらったりしている。イラストレーションのスタイルは様々だろうが、なんらかの図像でコミュニケーションを取れる人だ。
 好きなものがあって、それをすでに実現している、さらにその能力を活かしたい、できればそれを仕事にしたい、という希望を持っている人は強い。それが実現できるかどうかは誰も保証できないけれど、やりたい事があればそれに付随するもろもろを耐えて行くことができるだろう。

5)では何を勉強すればいいか。
 あくまで美術系教育機関に限った話で言えば、自分のイラストレーションに何を付加させたいか、になると思う。
 まだプロになっていない人のイラストレーションには何かが足りていないはず。例えば人間のプロポーション作りに変化が足りない、そこを重点的に突き詰めたい、となれば、これも例えばだけれど、彫刻で徹底的に人間塑像を作って骨格を理解する。バックの世界感が作れないのであれば、建築系でパース感や環境を理解するのもいいだろう。イラストレーションをもっと応用したいとなれば、3)で書いたような応用力を付けて行く。

 「イラストレーターになりたい」ので、どの専攻で勉強するのがいいのか、という相談。に対しての答えとしては、こんな事が考えられるのだけれども、イラストレーターを育成するために大学の教育があるわけではないので、入ってみたら考えていたものと違っていた、ということはあるだろう。そんな時は「違ってる」=「知らなかった事」として未知の世界を楽しめる能力があるといい。なかなか難しいことではあるけれど。


# by dezagen | 2018-07-03 01:32 | その他
ピッツバーグのスーパーマーケットで
ライター渡部のほうです。

ブログ、全然書き忘れていたなあ、と「ブログ用」と名を付けているブログ用ネタファイルを見ていたら、3月に行ったアメリカ、ピッツバーグの写真が。
というわけで、4ヶ月のタイムラグがあるけれど、ピッツバーグで見たものを少々。

b0141474_12473153.jpg
ピッツバーグというか、全米域で出ているものだとは思うが、クリネックスのティッシュの箱。なんだか分かりにくいが、パッケージの写真をよく見てみると
b0141474_12525880.jpg
ひっくり返し、取り出し口を下に、タオルラックに置く。下から取り出す。という方式。
良いアイデアだけれども、バスルーム以外のところに置くのが難しそうだ。

b0141474_23325375.jpg
洗剤。真ん中のものが不思議な色と形。エナジードリンクっぽい。
b0141474_23333320.jpg
下の真ん中に口がある。これ、どう使うんだろう…。

b0141474_23363152.jpg
シリアルコーナー。下の袋は1キロ入りとか2キロ入りとか、それくらいのサイズ。アメリカってでっかいなー。

ピッツバーグに行って、おや、日本ではプレッツェルで有名なSnyderがポテトチップスを?と思ったが、微妙に違う。
b0141474_23372476.jpg
こちらはSnyder of Berlin https://www.snyderofberlin.com
プレッツェルで有名なのはSnyder's of Hanoverのほう。 http://www.snydersofhanover.com
どちらも(ピッツバーグのある)ペンシルベニア州の会社。
「?」
で、それぞれの会社のウェブサイト、歴史ページを見ると、元々同じSnyderという会社だったものが、1950年にポテトチップス部門としてSnyder of Berlinが独立したのだそう。

アメリカでポテトチップスといえば、大きなシェアを持つのがLay's。とはいえご当地ポテチというか、東北部で強いなどエリアによって若干の違いがある。
b0141474_23385518.jpg
こちらはWISE https://twitter.com/wisefoods?lang=ja こちらもペンシルベニア州の会社。

b0141474_23391286.jpg
昔っぽいデザインが心をそそるHERR'S http://www.herrs.com こちらもペンシルベニア州のメーカー。

b0141474_02223070.jpg
燃えるほど辛い。こちらもペンシルベニア州のGibble's http://gibblesfoods.com
ペンシルベニアって、芋大国なのだろうか。

b0141474_02175555.jpg
ポテトチップスはカロリーが高いというイメージで、ポップコーンが健康的だとか、色々新しいスナックが出ており、その中でカルビーのハーベストスナップ(いわゆるえんどう豆スナック) https://harvestsnaps.com の人気ほぼ定着。フレーバーもバリエーション豊富。
日本でも売ってたりしますが。日本だと「さやえんどう」http://www.calbee.co.jp/shohinkensaku/product/?p=20150424115245 に当たるのかな。
b0141474_02152474.jpg
ピッツバーグはハインツの街でもある。(実際今回の旅はハインツミュージアムを見るのが目的だった)スーパーでもハインツ度が高い高い。


b0141474_02334649.jpg
b0141474_02333938.jpg
今回最大の出会いは、全国的に展開するスーパーマーケット(というか、生活雑貨や衣類、電化製品も売るGeneral merchandise store、略称GMS)TARGET https://www.target.com のプライベートブランド Market Pantry(日常食品シリーズ)。コーポレートカラーの赤とちょっとレトロっぽい大胆なタイポグラフィー使いが活きている。「バター」って堂々としてて本当にカッコイイ。
調べてみると、2016年にリニューアルしたそう。2年前にもアメリカ行ってたのに、何故気がつかなかったのだろうか…。
デザインはターゲットのインハウスデザインチームとパッケージの大御所パールフィッシャー http://www.pearlfisher.com/work/market-pantry/

というわけで、4ヶ月前のネタ。以上です。

# by dezagen | 2018-07-02 02:46 | プロダクト・パッケージ
第20回 亀倉雄策賞受賞記念 中村至男展 2018 を新潟県立近代美術館で見ました
ライター渡部のほうです。

東京では今年春、G8で行われた『第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」』。 http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201804/201804.html
新潟県立近代美術館 https://kinbi.pref.niigata.lg.jp/tenran/kyosaiten/kamekurayusakusyo2018/ でも行うというので、ラストチャンスの6月30日(会期は7月1日まで)、開催記念講演もあるというのでダッシュ日帰りで行って来た。

b0141474_21440027.jpg
b0141474_21442589.jpg

新潟県立近代美術館では、受賞作である2017年の『中村至男展』と亀倉雄策賞受賞記念『中村至男展 2018』を一気に見れる、という贅沢さ。
これは良かった。全部全部チクチク見て回りたかったが、これまでの亀倉雄策賞受賞作を見せる『亀倉雄策賞1999-2017』展もあり、早足で。。

b0141474_21382418.jpg
そして講演。対談相手は長岡造形大学の池田光宏准教授。中村さんの大学時代の後輩という間柄のせいか、和やかな空気。
G8で行われたトークショーのほうに行けず、行った人から又聞きしてただけなのだけれど、G8のほうではかなりコアなトークが交わされていた様子。
今回は聴講者の方々も本展主催者である長岡造形大学の学生さんが多く、「分かりやすい作品解説」になっていたのが印象的、とはいえ、G8のほう行ってないから比較は出来ないけども。
帰り道にお会いした浅葉克己先生が「中村さんは喋りが上手になったよね」と言っていたので、あながち間違ってないと思う。

講演では1990年代のソニー時代の作品の話から、明和電機の仕事、佐藤雅彦さんとの仕事(IQの映像、久々に見ました。今見ても面白いなあ)、展覧会ポスターや『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展』での参加作品、『どっとこどうぶつえん』などの絵本作品など、現在に至るまでの仕事をきっちり見せて解説。

以下、自分の手書きメモから起こしているので少し口調が違うかもしれないけれど、記憶に残った中村さんの言葉。
「2000年くらいから(理論的なデザインより)生理的に、「分かるー!」と思うような作品になってきた。グラフィックはそもそも言語化できないものを図像化するものだから、言葉で説明するとつまらない。目で見た時の小気味いい感覚を大事にするようになってる。」

画面には『秀英体100』展 http://www.dnp.co.jp/shueitai/event/gggshuei/index.html の秀英体の春の字をサクっと切ったりとか、(確かTDC bccksの『Twin Universe』)車と車がぶつかっちゃう!と思いきや、重なって抜けていく作品などが映し出され、聞き手の池田さんから

「日大の集団行動みたいな感じ」

という名言が飛び出す。それを受けて中村さんが
「あれは、やられた、と思いました」

に笑ってしまった次第。
他にも面白いお話が沢山あったけれど、この辺で。



# by dezagen | 2018-06-30 22:20 | 展覧会
『山下ともこ:graphic show』
ライター渡部のほうです。

久々に都心に出て、グラフィックデザイナー山下ともこさん http://www.tomokoyamashita.net の展覧会『山下ともこ:graphic show』を見て来ました。
場所はギャラリー5610。
2009年からアートブックフェアなどで発表してきた自主制作のzineやポスターに加えて、新作のグラフィックをポスターに仕上げたもの(写真奥)を展示。加えて、過去のモチーフからスカーフを2種作成。

山下さんの自主制作作ヒヒンは、ほぼ一貫して直線と単純曲線を組み合わせた幾何学立体をモチーフとして、タイルのパターンをはめたものに始まり、白い紙や罫線入りノートを折った形状、積木風、と、毎回異なる見え方を探求している。

私自身、アートブックフェアに行く度山下さんのzineを買っているので、ほとんどのものは持っている。
もちろん、見ている。
が、こうして「広げて見る」と、今まで見えていなかったところがぐっと見えてきて、新しい発見がある、ということに気がついた。というより、私が見過ごしていた、というほうが正しいのだが、細かなテクスチャーの違い、垂直だと思っていたもののほんの少しの角度、など。

これは恐らく私がzineを本の一形態として考えているがゆえに、ページをめくり流れで見て行ってしまう。1つ1つのページを個々のグラフィックとしてじっくりと見切るということをしていなかったせいだろう。

1枚として見る。複数のページを一面として見る。こうした事ができるのも展覧会ならでは。
展覧会の仕立ても、見せ方に遊びの要素を入れる事はなく、極めてシンプル、直球でグラフィックを見る、正にタイトル通りの「graphic show」だ。

展示は今日までなので、是非に。

# by dezagen | 2018-04-21 12:18 | 展覧会
東京造形大学 山手線グラフィック展 メインビジュアル
 ライター及び東京造形大学教員渡部のほうです。

 「東京造形大学 山手線グラフィック展」について、今回はメインビジュアルの説明です。
 前回、前々回と「です・ます」調で書いてましたが、どうも感想文っぽい感じがぬぐえないので、今回は客観的に書けるよう「だ・である」調です。

b0141474_03074042.jpg

 告知  https://blog.excite.co.jp/dezagen/28070175/ の際にも書いたが、メインビジュアルのデザインは、永井裕明教授および永井教授の事務所 N.G.inc.によるもの。

 メインビジュアルは
車体(外側)に貼られるものが「山手線、お借りします。東京造形大学」のコピー、「山→手→線→色→形⇄造→山」がループしているもの、の2種。
車内では「山→手→線→色→形⇄造→山」の左に9種のコピーを加えた B3サイズ、左右にコピーを加えた B3ワイド1種。のバリエーション。
いずれも、薄いベージュを地色に、淡いグラデーションの掛かった円を起用している。

「この企画のステートメントポスターを作るにあたって、シンプルでやや抽象的な表現が良いと思いました。このメインビジュアルを作成した時は学生達の作品を募集段階で、おそらく百花繚乱なイメージがやってくるだろうと。そうした場所にはベージュがとスミだけのシンプルなポスターが合うと考えました。
円のイメージは、私がデザインを手がけた金子親一氏の写真集『TORSO』の中の球体表現から来ています。シンプルでかつ、東京の中心で円を描きながらグルグル回る山手線にはピッタリな気がしました」(永井教授、以下「」内はすべて永井教授)

 シンプルなればこそ細部の造りが問われるもの。
 このポスターにおける「シンプル」は単なる簡略化ではなく、要素を削いだ上で残された要素に力を入れている。その最たる部分はコピーの文字部分だ。
b0141474_03165089.jpg
 印刷物では分かる人にしか分からないのだが(その実、私は聞くまで分かってませんでした)、コピー文字の部分は活字を使用。とはいえ、活版で組んだのではない。いかにして出来たのか?

「文字に関しては、当初から活字で行くと決めていたのですが、関係者に確認を取るデザインを作る際に時間がなかったため、取り急ぎ自分の考える活字のイメージがあるフォント(ZENオールド明朝)で作りました。最終的にオーケーを貰った時には、活字を組んで貰って清刷りする時間がなく一旦は諦めていたのですが、最後の最後にどうしても活字の力が必要だと思ったのです」

 という「最後の最後」という時間が、実は本当に最終入稿の前日。永井教授含め事務所のスタッフ4名総出で、過去に使った活版の清刷り(きよずり。写真製版された文字や図記号などのこと。手貼りの版下を作る際には切り貼りして使う)から、コピーに使う文字を、全てほぼ同じサイズの文字を、一文字一文字探していき、スキャン。そこから Photoshop で組み直した。
 同じ書体の活字を、しかも同じサイズの文字を一文字一文字探していく、という想像するだけでも恐ろしい作業だが、実際に永井教授はこの作業が「戦いでした」と言う。

「終わって眺めてみると、明らかに堂々とした(もちろんコピーが良いからですが)ものに生まれ変わっていました」

b0141474_03185887.jpg

 先に書いたように、DTP用フォントと活版文字の違いは、分かる人には分かるのだが、分からない人には全く分からない。とはいえ、意識して見てみると、均一的に仕上がるデジタルでは感じにくい深さ、厚みが感じられてくるから不思議なものだ。
 活版も極力均一に整然と組まれているわけだし、活字だからデコボコガタガタしているとかそういうことではない。恐らく、機械任せではなく、人の手が入ったことにより、意識的なのか無意識なのか人間の目の感覚に近い読みやすさを考えながら組んでいったからだろう。


# by dezagen | 2018-02-26 13:23 | 展覧会