エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
「リノリウムの新しい使い方展」「祈りのかたち展  vol.2」  
 ライター渡部のほうです。

 東京造形大学大学院のプロジェクト「リノリウムの新しい使い方展」「祈りのかたち展  vol.2」を見に、渋谷ヒカリエ のaiiima2まで。

「リノリウムの新しい使い方展」は、主に床材に使われる事の多いリノリウムを他にどんな応用ができるのか検証していったプロジェクト。

 リノリウムというと、小説の中にたまに出て来る古いアパートのキッチンの「剥がれたリノリウムの床」という表現が思い浮かぶ。
 それくらい最近のリノリウムについては知っていなかったのだが、聞けば、リノリウムとは亜麻仁油始め天然素材を原料とし、抗菌、抗ウイルス性に優れ、かつ天然素材のため生物分解性も備えている、というサステナブルな社会の今時な素材として注目を浴びているのだそうだ。全然知りませんでした。すいません。。。

 さて、プロジェクトではそんなリノリウムをもっと幅広く使ってみよう、という試みで、加えてインタラクティブな要素(振動などに反応)も盛り込んだプロダクトが6種類作られた。
 例えば「LINOMAL」と「LINOCK」と名付けられた積木のような玩具。(制作チーム:丸山真奈、ケイ シエン、オウ シンウ)

LINOMAL
「リノリウムの新しい使い方展」「祈りのかたち展  vol.2」   _b0141474_21262129.jpg

LINOCK
「リノリウムの新しい使い方展」「祈りのかたち展  vol.2」   _b0141474_21264963.jpg

 どちらもリノリウムの抗菌性、抗ウイルス性といった安全性を活かし、小さい子供が遊べるものとなっている。LINOMALではぶつけても危険ではないような丸みを持たせたり、LINOCKでは持ち方によって形の感じ方が違うその触感を楽しめるような工夫がされている。どちらも動かす事により、台のスピーカーからそれぞれに合わせた音がなる仕組み。LINOMALではそれぞれの動物ごとに、猫ならにゃー、豚ならブー、と違う音を出す。

 他の作品も最近のリノリウムの色のよさ、触り心地の良さを活かしていて面白い試みだったが、平面的な貼り材に終始してしまった事、インタラクティブ性があまり活きなかった事が残念ではある(という書き方はどうしても自分の務める大学の学生作品として見てしまうから、なのだけれど)。
 もう少し曲線的立体的な造作にはならないか、印刷など施せないか、もっと色を楽しむ方法など見てみたい。面白いプロジェクトなので次年度も是非継続してもらいたいし、もっと幅広く検証してもらいたいと思った。

 同会場、もう一つの展示、「祈りのかたち展  vol.2」は会津若松の仏壇仏具位牌のメーカー、アルテマイスターとの共同プロジェクト。祈る、をテーマにハンカチやモニュメントなど5作品が作られた。

 こちらでは「kemari」という作品に目が行く。(制作チーム:チョウ カキン、リ シイツ、リ チヒロ、岩森咲季、橘玲慧)

 
「リノリウムの新しい使い方展」「祈りのかたち展  vol.2」   _b0141474_21271077.jpg
「リノリウムの新しい使い方展」「祈りのかたち展  vol.2」   _b0141474_21272670.jpg


 こけしかけん玉にも見えるこれは、ペットの毛玉をボールにし、土台に置くもの。ペットへの気持ちを形にして祈る、というか思いを託すもの。
 今回は生きているペットでも亡くなったペットでも、という前提だったが、真価が発揮されるのはやはりペットが亡くなった後だろう。

 ペットも家族の一員のようにいるものの、人間さまが死んでしまうと儀式があれこれあり、お墓などの形にして残す一方、ペットはこうした物事が形式化していない。それゆえ自由に思いを残す方法を考えればいいのだが、何もないのも寂しいと聞く。

 kemariはこちらの映像 https://youtu.be/OrYRFGxBX3I で作り方を見る事が出来る。完成まで、ペットの毛を丹念に針で刺して固定する作業がある。このあえて面倒な手間があることで、ペットへの思いも昇華させることができるのではないだろうか。

どちらの展覧会も3月7日(日)まで。
展覧会、作品の詳細は以下のサイトでどうぞ。
リノリウムの新しい使い方展 http://linoleum.zokei.ac.jp
祈りのかたち展 vol.2 http://aizu.zokei.ac.jp

# by dezagen | 2021-03-02 21:30 | 展覧会
モノへの愛着とその喪失
ライター、渡部のほうです。

 形のデザインに関係がないようでいて多分かなり関係ある事だけれども、デザインにはあまり役に立たない気がする話。

 実家を建て替えるというので、ほぼ2週間に1回実家に行き、家の片付けを手伝っている。(蛇足だが、その都度PCR検査をして行くのは面倒臭い)

 これまで70年余り3世代のべ7人が住んできた家を母1人用の家に建て替える。大幅な規模縮小ため、中に入っている荷物の処理も半端ない、はず、なのだが、これがなかなか難しい。
 一人暮らし用の生活用品の量にまとめるには、現状の1/100くらいに減らすくらいが丁度良いので、目に付く不要物と思われるものはすぐゴミ袋に入れようとすると、母のストップが入る。来客用のかき氷の器とか、人にお裾分けをする時に使う使い捨てのパック100組とか、ラジカセとかビデオデッキとか。果たしてどんな時にそれが使われるのであろうか、と疑問に思うのだが、とりあえず後期高齢者には口出ししない。
 かと思うと結婚指輪を処分しようとしたり(「あら、これ私のだった」)、何が必要で何が不必要なのか、子供でもその基準は全く分からない。

 普段デザインの事を書いていると、多くはこれから買われるもの、これから使うもの、についてその有意性を考えている。その後どのように使われ、使用期間が終わる時、というのはユーザーに委ねられていて、その使い方、終わり方はユーザーにより多岐に亘る。
 食品などの消耗品(のパッケージデザイン)は捨てる事まで考えられているが、それにしてもパッケージを取っておく人(私だ)もいたりする。詰め替え可能なシャンプーなどのボトルになると、数年使い続けるということもあるだろう。

 製造時には魅力的に作ってあるものであるから、ユーザーがその意図を汲んで使っているのであればその魅力は継続する。そのモノとの関係性が長く深くなるほど、愛着も湧いてくる。そんな愛着をいきなりストップしよう、と思ってもなかなかできないものだ。
 母が使ってきたもの、見て来たものにはそれぞれ母と関係があるわけで、捨てろと言われてもなかなかその繋がりは断ち切れない。

 これは全部愛着の問題なのか、と思うとそうでもないようだ。
 捨てるとなると二の足を踏む母なのだが、リサイクルに出すとか骨董屋に見てもらうとなると、ぼんぼん出してくる。次の用途がある場合、売るという役割がある場合、スムースにモノは手から離れていく。
 ゴミとして出す事はモノの痕跡をなくし、存在を永遠に消し去る事を意味する。そこになにかもやもやとしたものを感じてしまうのだが、譲るなり対価を得るなり、そのモノの有用性があるのであれば捨ててもいいらしい。

 モノが作られ売られる場所に比べて、リサイクル、リユースをする場所というのは異常に少ない。人がモノに対して抱いている愛着なりをうまく消化してくれる場所は少ない。この場所がもっと広くなるようなモノのサイクルのデザインが必要だし、またモノ自体もリサイクル、リユースしやすいように、その出自や素材などを分かりやすくしておくデザインというのも必要だろう、、というのはサステナブルデザインを実践している人には当たり前の事なのだが、現実と理想はほど遠い。
 母に「これはまだ使う」と言われて、ええーっと困窮する。「これは捨てない」と言われてムッとする。そんな事をやってきてえらい疲れてしまった。やれやれ。
 

# by dezagen | 2021-03-02 16:58 | その他
wfh WBを買ってみて
ライター渡部のほうです。

新しい机を買った。


wfh WBを買ってみて_b0141474_21292066.jpg

メインで使っている机は変わらないが、サブでもう一つ必要になり、購入。
これまでサブ的なものとして、会議などで使う簡易な机付きの椅子を使っていたのだが、スペース的にも安定性でも不十分。考えに考えた末、藤森泰司アトリエのセルフプロダクションWork From Home(以下wfh)のWBという天板が折りたためるタイプのものを選んだ。

メインではない机、というのはメインでない分そんなに深く考えなくても選べるようでいて、考え出したら結構難しい。
先に書いたように、あまりに簡易すぎると長時間の安定性に欠ける。とはいえ普段はほとんど使わないため、あまりがっしりしたタイプでは困る。長時間使え、書籍など資料を置いても安定し、使わない時はあまり主張の大きくないもの。また、これは机のデザインとは関係ないのだろうが、使わない時に物置きになってしまうと困る。
と、考え始めてみると、あれでは困る、これでは困る、で、私が欲しい机はかなり条件が多かった。

今、安価なものでも機能性が高い机は多くある。もしwfhを先に知っていなかったら、使い捨て気分の机を買っていたのではないかと思うが、悲しいかな嬉しいかな、昨年の5月にwfhについてこのブログで書いていて(藤森泰司アトリエのWork From Home https://blog.excite.co.jp/dezagen/30080893/)、wfhを超えるような機能性、コンパクトさは他にはなかった。

組み立てる前。机の天面と脚2セット、の3パーツで出来ている。梱包も非常にコンパクトな形で届いた。
wfh WBを買ってみて_b0141474_21294668.jpg


脚を収める部分はそれぞれ4箇所、合計8箇所のボルト留め。6角レンチで、力の弱い人でも楽に絞める事ができる。
wfh WBを買ってみて_b0141474_21301802.jpg
フラットなパッキングを荷解してから、完成するまでおおよそ30分ほど、というのもストレスフリーでありがたい。
まだフルに稼働させてないのだが、今週末からボツボツと使っていく予定。新しい家具は新しい家族。これからの付き合いが楽しみである。

藤森泰司アトリエのSelf Production wfhの詳細はこちらで  https://taiji-fujimori.com/self-production/

# by dezagen | 2021-02-27 21:05 | プロダクト・パッケージ
佐藤可士和展
 ライター渡部のほうです。

 国立新美術館で行われている「佐藤可士和展」https://kashiwasato2020.com に行って来た。
 ユニクロ、セブンイレブン、楽天、ツタヤ、ヤンマー、それからスマップにホンダステップワゴンに、そうそう、もちろん国立新美術館のVIも、と普段見慣れている、かつ、これまで非常に多くの人が見て、影響を受けて来たデザインの展示だ。

 普段見慣れているものの展示をどうやって見せるのか、しかも国立新美術館の大きな場所で、というのが気になる事の1つだったが、その方法も佐藤可士和さんらしい。とにかく大胆、ストレートに見せている。

佐藤可士和展_b0141474_10002246.jpg

 実際に使われた商品やポスターに始まり(それだけでも相当な数なのだが)、中に入っていくと、どーんと壁面の高さを使って、もしくは立体化されたロゴやシンボルマークが並ぶ。

佐藤可士和展_b0141474_10004239.jpg

 これだけ大きくしても存在感が崩れないのはさすが。
 あちこちに気を使って忖度で出来上がったようなロゴや、〜っぽい雰囲気だけで作られたシンボルマークなどだと、大きくした時にその大きさに逆に負けてしまう事があるが、会場にあるロゴやマークはそんな事はなかった。言いたい事が明確である。

 展示方法もさることながら、やはりその仕事の量や我々の生活への影響力を感じる展示だった。端的に言えば、この自粛生活下、佐藤可士和さんが手掛けたブランドだけで生きて行ける。
 洋服はユニクロがあり、食品はセブンイレブンがあり、これだけでも十分だが、なんなら楽天で何でも買う事ができるのだ。そしてその都度、佐藤可士和さんが手掛けたロゴ、ブランディングを目にすることになる。
 そんな日本のどこでも誰でもが同様に享受できるブランドを立て続けに作っている個人のデザイナーというのは今の時代ほとんどいないんじゃないだろうか。佐藤可士和が生み出しているものは日本の顔であるし、かつ、インターナショナルに展開してもやはり日本的に見える(単に直線が多いから、という単純な理由かもしれないが)。
 本来であれば世界の人が東京に来て見ているはずの展覧会だったのかもしれないが、この状況は変えられないので今更、たらればな話をしてもしょうがない。是非世界巡回してもらいたい。

# by dezagen | 2021-02-18 12:50 | 展覧会
世界のブックデザイン 2019-20
世界のブックデザイン 2019-20_b0141474_17025775.jpg

編集宮後です。今年も印刷博物館で「世界のブックデザイン」展を見てきました。
ここ10年ほど定点観測しているので、過去の受賞作はこちらをご覧ください。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年


今年は「世界で最も美しい本コンクール」入選図書のほか、ドイツ、スイス、カナダ、中国のコンクールで入賞した書籍約90点が展示されています。コロナ禍の影響で展示点数は例年の約半数、直接手にとって見られる本はごく一部という限定公開でしたが、「今年は開催されないかも?」と思っていたので、展示して頂けるだけでもありがたいです。例年は内覧会で写真撮影をしていましたが、今年は内覧会がなく、展示会場の撮影はNGということで、写真なしで紹介します。

「世界で最も美しい本コンクール2020」受賞書籍から。
日本からはNUMABOOKさんの『僕らのネクロマンシー』が銅賞を受賞。オンデマンドプリントで印刷された限定350部の書籍で、表紙に透明なアクリル板が張られています。定価ではなく、価格が変動していく時価で販売された売り方も話題になりました。

銅賞 中国
『Contemplatation: Philosophy of Dwelling(瞑想 居住の美学)』
上海古籍出版社
中国の受賞作品は特殊印刷加工が目立つ派手な造本が多かったのですが、ここ数年は上品で洗練された造本が目立つ傾向にあります。この本もそうした傾向が見られる一冊で、椅子などの家具と住居が紹介されています。

カナダ 銅賞
『Via, eastbound』
Red Tower Bookworks
横位置、活版印刷の本。限定本の部門で受賞。写真が撮れなかったので、ぜひ現物をご覧になってください。

スイス/カナダ 銀賞
『The museum is not enough(ミュージアムじゃ足りない)』
美術館での展示のあり方について書かれた論考集。写真と文章が程よい感じに組み合わさり、クリーンでシンプルなスイスらしさを感じる一冊。

栄誉賞 オランダ
『When red disappears(赤が消える時)』
FW:Books, Amsterdam
深海生物を撮影した写真集。とにかく印刷が美しいです。こちらのリンク先から中ページの画像が見られます。

写真で紹介できないので、ぜひ現地で現物をご覧になってください。
展覧会は4月18日まで開催。事前予約制です。

「世界のブックデザイン 2019-20」
2020年12月12日(土)~2021年4月18日(日)月曜休館
10:00~18:00
無料
※入場はオンラインによる事前予約(日時指定券)制

# by dezagen | 2021-01-24 17:57 | 展覧会