エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
藤森泰司アトリエのWork From Home
 
・自分のスペースを作る

 新型コロナウイルスに関わる緊急事態宣言が4月7日に出てから、あるいはその前の自粛空気感から、リモートワーク(在宅勤務)という仕事の在り方が急激に広がった。

 私自身も周囲も基本的に自宅兼事務所のフリーランスが多いため、自宅勤務には無理がない。一方でお勤めの友人知人もおり、在宅勤務の難しさを訴える声も多く聞く。

 後者で言われる難しさとは、自宅で仕事する事に慣れていない、そういう環境がないというものがほとんどだ。大きな理由として、家庭生活という私的な場所に仕事という公の気持ちを持ち込むのが難しい心理的な問題と、実際に仕事場がない物理的な問題がある。
 通常、会社で仕事をしている人の場合、家で仕事をする場所を設けている人は少ない。家庭のダイニングルームなどでは気持ちが緩む、あるいは家族とのコミュニケーションで、小さい子供は親が仕事をしていると認識してくれないなど、他にもリモートワークの難しさの背景には様々な環境のハードルがある。

・ハードルに対する回答

 このハードルに対して1つの答えを出そうとしているのが藤森泰司アトリエの行うプロジェクト家具シリーズ「Work From Home」である。簡単に言えば、在宅ワーク用の簡易家具シリーズだ。

 机というのは不思議なもので、例えばダイニングテーブルを見ただけで人々の気持ちも食事だったり読書だったりその時々の自由な使い方を想起させるし、仕事机であれば「ここでは仕事をする」と気持ちや行動までが変化する。
 極端には板一枚の違いなのだが「専用」を作る事で環境を作り、それを見る気持ちすら変えてしまうというのは面白い事である。「Work From Home」はこうした専用環境を、極力簡単に作ろうというプロジェクトである。

 現在、作られているのは以下の4つのタイプ。写真はFD1のモデル。現在もブラッシュアップを重ねている。

藤森泰司アトリエのWork From Home_b0141474_10471511.jpg
藤森泰司アトリエのWork From Home_b0141474_10473131.jpg

FD1 ( Foldable Desk ) 1人用。54,000円 (以下税別)
FD2 ( Foldable Desk ) 対面式2人用。56,000円
BD ( Booth Desk ) 囲い付き1人用。65,000円
WB ( Writing Bureau ) 1人用ライティングビューロー。 86,000円

 すべて家庭でも使え、かつ不使用時があることも考え、折り畳みコンパクトに収納、使用できる。最低限の十分な機能を確保させているところにもこの家具の魅力を感じる。
 販売方法もコンパクトに、オンライン上で注文を取り、それぞれ10台に達したら発注する、というもの。生産までに時間の掛かる量産タイプではなく、よりフレキシブルに対応できる受注生産の態勢を取っている。
 今後は在宅ワークだけでない生活周りの家具へも広げて行く予定だ。

 少量生産、受注生産の家具を買おうという場合、その製品のクオリティを担保するものが必要だが、このプロジェクトメンバーを見ればクオリティは間違いない。
 デザイン、販売を直に行うのは藤森泰司アトリエ。家具の製作はこれまでも多く藤森泰司氏の少量生産家具を手掛けてきたイノウエインダストリィズ。ロゴデザインは山野英之率いるTAKAIYAMA.inc と、それぞれ「依頼をしたら間違いが絶対ない」人々。(私から見ると)スター揃いのプロジェクトだ。

 このプロジェクトから見えてくるのは単に良い家具ができた、ということだけではない。
 デザイナーの仕事の1つは、問題を解消すること。ハードル=問題が出てきたら、それをいかに解消するか、つい考えてしまうのは職業的な習慣だろう。それを考えているだけでなく、行動として外に出すか出さないかでデザイナーの力量が問われる。
 またオンデマンド家具制作、販売への挑戦でもある。
 このプロジェクトがどのように動いていくのか、それ自体も見所ではないだろうか。

 Work From Homeの詳細はこちらのウェブサイトページでご確認を。


# by dezagen | 2020-05-30 10:51 | プロダクト・パッケージ
世界のブックデザイン 2018-19
編集宮後です。
ほぼ1年ぶりの更新ですが、生きてます。

今年も「世界のブックデザイン」を見てきました(本当は去年12月の内覧会で見たのですが、2か月も寝かせてしまいました。ごめんなさい)。

「世界のブックデザイン2018-19」では、「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書のほか、日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国、7か国のコンクールで入賞した書籍約170点を展示。34の国と地域から約600点が応募され、最高賞の金の活字賞と金賞はオランダが受賞。銀賞、銅賞もオランダが受賞していて、存在感を感じさせました。さすが!(うちもいつか受賞したい...)。

世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23231839.jpg

今までの展示内容については、こちらのブログをご覧ください。
2018年

2017年以前
https://blog.excite.co.jp/dezagen/27811149/

では、早速、国別に受賞作品を見ていきましょう。


-------------------------------------------
[オランダ]

金の活字賞(オランダ)
『Amsterdam Staff(アムステルダムの「もの」)』
Van Zoetendaal Publishers 発行

新しい地下鉄建設工事を控えたアムステルダム市がアムステル川の川底から約70万個の物体を発掘。そのうちの1万3000個をアイテム別に掲載した600ページの本。1800年ごろのフォークと20世紀末のフライドポテト用のフォークが同じ見開きに展示されていて興味深い。

世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23211495.jpg
世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23235448.jpg

(オランダ)
『Awnings(日よけ)』
Jan van Eyck Academie Maastricht 発行

ニューヨークのクイーンズ・ブルックリン・マンハッタンの3地区で2014〜18年にかけて撮影された日よけを集めた写真集。素材、角の処理、家への取り付け方が詳細に記載されている。オランダは以前にもレンガばかり集めた本や堤防の本など、マニアックな本が多い。珍書大国の底力を感じる。

世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23365749.jpg
世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23370410.jpg

(オランダ)
『Theory of Type Design(タイプデザイン理論)』
nai010 uitgevers 発行

オランダの書体デザイナー、ジェラルド・ウンガーが書体デザインについて解説した本。著者の遺作となった。本文書体には、著者がデザインした書体 Alverata、Sanserata、Demosを使用。表紙の紫色は、ウンガー氏のウェブサイトの色。ブックデザインは若手のハンシ・ファン・ハレムが担当。

世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23532780.jpg
世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23533615.jpg

-------------------------------------------
[ドイツ]

世界の美しい本コンクール受賞(ドイツ)
『Atlas ofthe Copenhagens』
Ruby Press 発行

400を超える膨大な地図とデータで、コペンハーゲン都市部の調査をまとめた本。複雑なデータが3色の特色インキで色分けされているのが見事。インフォグラフィックのお手本ともいうべき完成度。版元はベルリンの建築出版社Ruby Press。

世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23411156.jpg
世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23411823.jpg


-------------------------------------------
[中国]

(中国)
『云上(雲の上)』
江蘇鳳凰美術出版社 発行

児童・青少年読物部門で受賞した本。表紙、天地、小口がグラデーションで一体化している美しい本。中国は毎年、特殊加工がものすごい本、やたら分厚い本など、見た目びっくりな本が多いのだが、今年はこの本のように良さがじんわり伝わってくるタイプの受賞作が目立った。

世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23583198.jpg
世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_23584148.jpg


(中国)
『飛鳥集(迷い鳥)』
商務印書館 発行

文学部門で受賞。植物や鳥のシルエットと文章の組み合わせが美しい本。表紙には、糸がすき込んである日本のファインペーパー「てまり」を使用。こちらも繊細な感覚を楽しむような本で、ブックデザインの傾向が変わってきた印象。

世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_00034922.jpg
世界のブックデザイン 2018-19_b0141474_00040074.jpg

今年は、印刷加工びっくり的な本がやや少なく、企画内容や組版が地味にいい本が多かった印象。例年通り美術展のカタログやアートブックも多くありましたが、文脈を知っていないと理解しづらいものもあり、あまり心を動かされませんでした。今まではこの手の本にすごく惹かれていたのに。自分の嗜好が変化したのか、今年の審査員の傾向なのかは謎ですが。

2009年から続けている定点観測も10年目を迎え、いろいろな気づきがありました。展覧会を見た自分の感想も「こんな本を作れていいなあ」から「ここに並ぶような本を作ろう」へと変化。パブリッシャーとしての責任と覚悟を新たにしたのでした。


# by dezagen | 2020-02-25 00:29 | 展覧会 | Comments(0)
imperfect エシカル消費のパッケージ その5

その4からの続き)

・エシカルデザイン、エシカル消費の今後について

imperfect エシカル消費のパッケージ その5_b0141474_01101308.jpg

 改めて imperfect というブランドの立ち位置について考えて見たい。
 恐らく来店者の多くは、そこがエシカルであるから、というよりも、お洒落な店だから入る。入って初めて、そこにあるブランドコンセプトを理解する。

imperfect エシカル消費のパッケージ その5_b0141474_01392147.jpg
 エシカル消費は良いことだと言われても、皆が皆すぐにできるものでもない。もちろん消費者はエシカル消費が正しい、行くべき方向だと分かっている。だが、消費とはただそれだけのものではない。消費には娯楽や贅沢の側面がある。様々な選択肢を見、選び、商品を身につけ、使用し、飾り、食べたり飲んだりしながら、その美しさや経験を楽しむ。
 長い間、エシカルである事、それを消費する事は、その倫理性に則って自分はいいことをしているという消費者の自己満足や、同じ意識を持つ人々との仲間意識を中心とし、消費の悦楽性娯楽性を放棄していたと言っていい。商品に民俗文化にありがちなどんくささを強調したり、あえて哀れみを請うような物もあった。倫理的充足と娯楽性は同時に存在しがたいものだった。

 だが、時代は巡り、変わる。エシカル消費の中にも純粋に消費の楽しみを促すような商品が増えて来ている。先に木住野が例を出したマストブラザーズなどのチョコレートブランドや、米国を中心にカナダとイギリスで展開するエシカルなスーパーマーケットチェーンの Whole Foods Market や、米国で展開する Trader Joe's など。その顧客は、エシカルだから行く客層も多い一方で、他の一般的なスーパーマーケットよりも魅力的な商品があるから行く客層も多い。むしろ今は後者のほうが多いだろう。
 エシカル消費を促すのに大きく貢献しているのはパッケージデザインや店舗設計の良さだ。理屈で買うのではなく直感的に欲しいと思わせる、そんな商品や店舗が今後も増えて行く事は間違いない。imperfect はこうした動きを牽引する役割を担っている。

imperfect エシカル消費のパッケージ その5_b0141474_04432850.jpg
imperfect エシカル消費のパッケージ その5_b0141474_01155137.jpg
imperfect エシカル消費のパッケージ その5_b0141474_00492185.jpg
imperfect エシカル消費のパッケージ その5_b0141474_00485190.jpg
(写真 撮影 藤本伸吾)

# by dezagen | 2019-11-18 12:53 | プロダクト・パッケージ
imperfect エシカル消費のパッケージ その4
その3からの続き)

 とはいえ、当初から包装紙を目指していたのではなく、偶然の産物、と木住野は説明する。

「実はパッケージを定形で作るだけの準備期間 がなかった、というのが背景にあるんです。だったらお店で包むしかない。だから包装紙だけ作っておいて、店舗で店員が包むというパッケージに変えませんか?という提案をして受け入れてもらいました。
ブランドのメッセージ性が強いので、パッケージの中に言いたい事も沢山あるけれど、物によって産地も農園も違って、それぞれが異なる特色や試みがあるし、ブランドの支援アプローチもその農園によって様々になるわけですから、すべては言い切れないわけです。メッセージが前面に出て来ると押しつけに思うお客さんもいる。なので、ブランドのメッセージはかなり簡単にまとめて、包装紙を開いたら見る人は見るというものにしたらいいんじゃないか、という提案なんです。
そう考えると、もともと包装紙には天地がない。だから縦横上下が一緒になってるとか、折り方によって隙間、空間の取り方にゆとりができる。
日本語と欧文と平等で入っているのも、これまでのコーヒーやチョコレートなどのパッケージとは少し違う印象を受けると思います。いわゆるかっこよさそうなパッケージの欧文ってあるじゃないですか。でも、もうそういう時代じゃないから、パッケージもバイリンガルに日本語と欧文をどちらも入れたわけです
条件がそれしかなかった結果のデザインではあるんだけど、最初から見る人がなんとなく気になるような違和感を出したかったので、うまく収まった形になりました」

imperfect エシカル消費のパッケージ その4_b0141474_01392147.jpg

 重く複雑なコンセプトに対してシンプルなグラフィック、シャープなインテリアの中の柔らかな色合いと紙の素材感など、相反する要素を持ち込みつつも全体がまとまる、最初にある要素から思いもよらない異なる要素を持ち込み、異なる要素同士をうまく融けこませる、木住野はこうしたデザイン手法に長けている。

「どんな仕事でもいつもバランスを取りますね。固い時は柔らかく、簡単な時は難しくとか。その合わせ方を意識して、バランスを取って良い緊張感が出るように考えています。
自分のデザインをずっと主張するより、クライアントから出て来る条件や反応など、デザインの束縛を真に受けるほうが面白くなることが多いんですよね。クライアントがダメだと思っているところに対して、そもそもなんでこれがダメなんだっけ?というところから考えて、自分なりの尺度で返していくという感じです」

 周囲環境の中でバランスを見ながらデザインを作っていくのは、6D が得意とする建築の中のサイン計画分野にも通じる事だろう。
 すである状況に対して、その根っこの部分から考え直す。特にサイン計画は可視性や建築の決まりなどかなり束縛が多いため、常套手段に落ち着きがちではある。木住野は、その束縛がなぜあるのかから考え直し、これまでとは少し違う要素でも可能だと発見する。それがうまく結び付いていく。こうした手法は頭の中に多くのストックがあることはもちろん、それを自由に取り出せる柔軟さが必要だ。


(写真 藤本伸吾)
その5に続く) 


# by dezagen | 2019-11-18 11:55 | プロダクト・パッケージ
imperfect エシカル消費のパッケージ その3
その2からの続き)

 このように、6D が手掛けたパッケージは単に素敵なデザインを目指したのではなく、かなり重いかつ複雑なブランドコンセプトの背景を持ちながら生まれてきたものだ。
 概してエシカルな商品にはコンセプトが前面に出たパッケージが使われる事が多いが、imperfect のパッケージはそうした手法を避けている。

「フェアトレード的な取組はもちろん重要なんだけれども、買う人が押しつけがましく感じるとしたら効果的ではないですよね。例えばチョコレートの場合、海外だとマストブラザーズとか Land Chocolate、Raaka、Cox & Coとか、色々ありますけど、純粋においしいチョコレートらしくしたほうがいいんじゃないかと提案したんです」と木住野は言う。

 加えて、このパッケージが店内に並ぶ風景の一部になることも考慮した。

「気持ちのいいパステルカラーというところから始まりましたね。お店の内装が銅を使ってメタルっぽい茶色を基調にしていて、その中で並びのいい色を考えたんです。
内装はシャープな感じなので、その中でパッケージは紙の素材感を出して、色もやさしいものにしたわけです。チョコレートとナッツのパッケージの上は絞って留めてあるのですが、そのくしゃっとした感じは紙の素材感が伝わると思います」

imperfect エシカル消費のパッケージ その3_b0141474_01152057.jpg
imperfect エシカル消費のパッケージ その3_b0141474_01155137.jpg


・包装紙という選択

 パッケージの文字が上下逆になっていたり、文章が途中で折れていたりするのはなぜなのだろうか。

「大きく分けてチョコレート、グレーズドナッツ、チョコレートボール、コーヒー、と4種類のパッケージがあるのですが、それぞれに決まった袋があるわけではなくて、1枚の包装紙から出来ているんです」

imperfect エシカル消費のパッケージ その3_b0141474_01162378.jpg

 パッケージを開けてみるとそれぞれ折り方を変えた1枚の紙であることが分かる。中はチョコレートとチョコレートボールはボール紙で出来た箱、グレーズドナッツとコーヒーはスタンディングパウチの袋、になっており、シンボルマークが箱に印刷、袋にシール貼りされただけの簡素なもの。店内のスタッフが糊を付けて貼ったり、折ったりしながら包装しているのだという。
 言われてよくよく見てみると、店内にある包装されたパッケージはちょっとずつ絞り方やテープの付け方が違っていたりする。工場で均一にびしっと作られたパッケージよりも、こうした少しの手作り感は「不完全」を意味するブランドネームimperfectとも符合する。

imperfect エシカル消費のパッケージ その3_b0141474_04432850.jpg
imperfect エシカル消費のパッケージ その3_b0141474_04433226.jpg

写真 撮影 藤本伸吾
その4に続く)

# by dezagen | 2019-11-18 11:53 | プロダクト・パッケージ