1997年5月札幌にて結成。
1999年12月ビクターエンタテインメントから「blanket」でデビュー。
チバユウスケ氏、audio active等との異色コラボ作品の発表や自主企画イベント「COUNTERBLOW 」の開催でも活動の幅を広げる。 2003年4月レーベルとマネージメントを兼ねた『ZubRockA RECORDS』を設立し、 同年6月「LUCKY」をリリース。 以降、アルバム、ライブアルバム、ライブDVDと多才なリリース&ツアーをコン スタントに重ねる。 バンド結成10周年の2007年、以前から交流のあった怒髪天とのツアーをきっかけ に、増子直純(怒髪天)主宰の新レーベル 『Northern Blossom Records』での 活動が決定。 そして、2008年2月6日にニューアルバム「Good morning, Punk Lovers」がリ リース。

1st Full Album
『Hello,Punk Lovers』

BNBR-0002
¥2,100 (税込)
2008.6.11発売
SOIEB
SOIEB_f0177347_2145212.jpg

お久C鰤です。 


今日南青山レッドシューズでライブです。

リハ前にマネージャーのF・原宿から徒歩・ノリノリと話していた時に事件は起きたのです。


当然私は何事にも気付かず、平然とリハをしてました。


さてリハも終わり、時間もあるので、ASAヒと「六本木でラーメンでも食って、漫画喫茶でも行くか~」なんて軽いノリ(マネージャーではない)で六本木まで歩き、いざラーメンを食おうとした時気付いたのです。

「財布君がいない…」


とっさに私のスーパーコンプピューターが計算を初め、
リハでドラム椅子に座った時orリハ終わりで居眠りこいてた時or外で柵に座っていた時orダイ!

と結果が出たので、辛いラーメンを3口(3ゾッ)で飛び出し、南青山までまるで宝くじに全財産をかけ、外れた人の様に下ばかり見ながら歩いたのでした。

途中レッドシューズにも電話をしたが、案の定「無いです」との事。

「後はあそこに掛けるしかないっっ!地球のみんなよ、オラに力を!」と独り言を言いながら戻ったら、何と奇跡が起きたのです。


柵の下に、そのままの姿で眠っていたのです。


思わず抱きして熱いキスをしてあげました。


今度から3歩歩く毎に、ケツを一回叩くクセをつけようと思います。


因みに今日はライブです。
by ex_bugy | 2008-09-27 21:04
<< おHSB FTGM >>


excite. MusicMall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング1位bottom
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング2位bottom
平山雄一
平山雄一の「ユニコーンの今から昔から」
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
◇TRICERATOPS 吉田佳史
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。