1997年5月札幌にて結成。
1999年12月ビクターエンタテインメントから「blanket」でデビュー。
チバユウスケ氏、audio active等との異色コラボ作品の発表や自主企画イベント「COUNTERBLOW 」の開催でも活動の幅を広げる。 2003年4月レーベルとマネージメントを兼ねた『ZubRockA RECORDS』を設立し、 同年6月「LUCKY」をリリース。 以降、アルバム、ライブアルバム、ライブDVDと多才なリリース&ツアーをコン スタントに重ねる。 バンド結成10周年の2007年、以前から交流のあった怒髪天とのツアーをきっかけ に、増子直純(怒髪天)主宰の新レーベル 『Northern Blossom Records』での 活動が決定。 そして、2008年2月6日にニューアルバム「Good morning, Punk Lovers」がリ リース。

1st Full Album
『Hello,Punk Lovers』

BNBR-0002
¥2,100 (税込)
2008.6.11発売
KZNTKN

みなさんこんにちは。毎日脳内革命、モンチです。

今日は朝5時に目が覚め、特に用事も無いので身辺整理をすることにした。
特に財布にたまった妙なレシートを捨て、小皿に溜まった小銭を貯金箱に投入した。

が、小銭が入っていかない。

基本小銭が嫌いな性質なので、家に帰ったらコンピュウ太の上に置いている謎の皿に入れているのだが、謎の皿もキャパシティーが非常に無い為、三日程で、崩れないギリギリのミラクルバランスを保っている。

そこで超弩級母艦、貯金箱に格納するのである。

しかし貯金箱は常日頃「アイツ元気しているかな」というように気にも留めない存在の為、パンクしてから「あぁ~気にしてあげなくてごめんよーう。」となってしまう。

まさに今日が気づいてあげるいい機会だったのかもしれない。上層部なんて下の者の存在は常日頃気にも留めていないだろう。


「基地に彼らを帰還させる日が来たか。」と涙をかみ締めながら、辛く苦しい訓練の日々を思い出し、まずは全員下艦させ、最後の整列をさせることにした。


生憎艦長以下幹部達はまだまだ社会という戦場で戦って行かねばならぬ為、タグボートに乗ったまま式は執り行われた。


そして彼らは郵便局と言う名の基地に帰って行った。


また違う任務を担う日を待ちながら。

KZNTKN_f0177347_17541925.jpg

by ex_bugy | 2009-03-30 17:54
<< YTCHMT RDBR!! >>


excite. MusicMall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング1位bottom
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング2位bottom
平山雄一
平山雄一の「ユニコーンの今から昔から」
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
◇TRICERATOPS 吉田佳史
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。