1997年5月札幌にて結成。
1999年12月ビクターエンタテインメントから「blanket」でデビュー。
チバユウスケ氏、audio active等との異色コラボ作品の発表や自主企画イベント「COUNTERBLOW 」の開催でも活動の幅を広げる。 2003年4月レーベルとマネージメントを兼ねた『ZubRockA RECORDS』を設立し、 同年6月「LUCKY」をリリース。 以降、アルバム、ライブアルバム、ライブDVDと多才なリリース&ツアーをコン スタントに重ねる。 バンド結成10周年の2007年、以前から交流のあった怒髪天とのツアーをきっかけ に、増子直純(怒髪天)主宰の新レーベル 『Northern Blossom Records』での 活動が決定。 そして、2008年2月6日にニューアルバム「Good morning, Punk Lovers」がリ リース。

1st Full Album
『Hello,Punk Lovers』

BNBR-0002
¥2,100 (税込)
2008.6.11発売
ASYK
ASYK_f0177347_23364284.jpg

みなさんこんばんは。東海道中膝栗毛の弥次さんこと、モンチです。

現在は夜なのだが、今朝はひょんな事から朝帰りになってしまった。

私の様な、寝起きがてらに「ヤー!」と敵をバッサバッサとやっつける程の異丈夫でも、残りHPが1にも2にも満たない場合、MTBを漕ぐ足もヘロヘロ。危険をいち早く察して、回避する為の目も、お花畑が見えて来るかのような幻覚に脅かされ、「あぁ~!綺麗な朝焼けだわ~!」と思って撮った写真も、ぐっすり寝て起きてみたらただの曇り空という結末。


やはり人間は日の出と共に起き、日の入りの時に寝るというのが非常に良いと解った。


何処かの誰かが、朝太陽にあたるとナントカカントカが体で作られ、ウンタラ神経が起き出し、非常に体が活性化する様に出来ていると言っていた。

よし、早起きの習慣をつけよう。

そして1日を有意義に過ごすんだ。

と心に決めた。



だが悲しいかな今日も一寸した野暮用の為、外出を余儀なくされたのだった。

しかしながら、昨日(今朝)の教訓もあるので、花に囲まれながら車に牽かれてペッチャンコよりは寝過ごして静岡の方がまだまし(注:さだまさしではない。)という事で電車に乗っている。

明日この場で静岡辺りの看板が出てない事を願う。

ね、喜多さん。




モンチ心の一句



携帯は

長文向きでは

ないらしい
by ex_bugy | 2009-03-25 23:36
<< RHSR OISS! >>


excite. MusicMall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング1位bottom
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング2位bottom
平山雄一
平山雄一の「ユニコーンの今から昔から」
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
◇TRICERATOPS 吉田佳史
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。