Woman.excite

ロサンゼルス 旅日記   

2006年 11月 11日

ロサンゼルス 旅日記_e0023512_8561754.jpg
あっちの世界に
降り立つまでのあたしは
まだなんにも
分かっていなかったのかもしれない

荷物をひとつにまとめて 押し込めた

15分遅れの足元 
そう今日はアメリカへ発つ日

自分のために 違う世界を見に行くんだ

大韓航空 9時間のフライト 
あっという間に時間は過ぎて
空港に到着 





ロサンゼルス 旅日記_e0023512_8551690.jpg
降りればもう 

そこには溢れる アメリカ
電話も トイレも 
売店のお菓子たちも

もうここは日本ではないのね





一時間待つこと
アメリカでこの企画のために動いてくれていた デービッド教授とご対面
あたしの中の【教授】と言う、イメージを良い意味で、とことんぶち破った彼。

アメリカ到着後 初めての英会話
nice to meet you. My name is Boojil.

その後挨拶のハグ。 ハイテンションの笑顔。
あーなんて素敵な人なんだろう。
仲良くなりたい 


彼はこの企画を一番最初にたててくれた、ひみこROSEさんの友人。
その、ひみこさんはアメリカと日本のハーフでとっても美人で素敵なアーティストです。
彼女のおかげでアメリカの大地を踏めたようなもの。今も感謝の気持ちでいっぱい。


空港から、宿まではかなり距離があるので
ロサンゼルスの一部を観光することに

ロサンゼルス 旅日記_e0023512_941175.jpg

デービッドはネオンアートを生徒に教えたりもしているそうで
ネオンアート美術館・世界から集めたアート本などを扱う大きな本屋・街のスーパー
小さなギャラリー・ハロウィン用のコスチューム屋

車からの景色に 感激 街に並ぶ、背の高い大きな木
街を歩く人たち ダウンタウンのホームレス 聳え立つビル
サングラスの間のとんがった鼻 ここはロサンゼルス

あたしには見るもの全てが 新鮮で
道路にある消火栓だって 写真に収めたくなる

旅にわくわくはつきものだ

ロサンゼルス 旅日記_e0023512_9101497.jpg

こっちの天気はそれはもう素晴らしくて
毎日が晴天だった

砂漠地帯に雨はふらない 
空気はカラッとしていて
雲ひとつない 良い天気

かぶっていたニット帽もフェイクのコートも 
お昼は必要ないみたい







スーパーを出て再び車に乗り込む
運転はデービッド 口からこぼれる楽しい言葉はあたしを笑顔にさせてくれた


ロサンゼルス 旅日記_e0023512_915353.jpg

宿まで砂漠地帯をドライブ
大きな大きなサボテン 背の高いジョシュアツリー 
もう全てに驚き 窓ガラスから両手を離せない私 右も左も ここはアメリカ

宿のキレイさと言ったら!素敵!ウッディーなログハウス
もうここときたら、あたしを虜にさせて!
あたしは二段ベッドの下段で、小熊の様に空気の澄んだ朝を毎日迎えていました。

ロサンゼルス 旅日記_e0023512_9174586.jpg



この旅では常に笑顔が耐えなかった
サボテンのトゲで指がちくちくしても
日本にいる間の苦い思い出も
ハンバーガーの大きさに 胃袋が驚いても

全てを丸め込んで溶かしてくれる
この広い大地に感謝してる
感動をありがと











アメリカ人の住居のでかさと言ったら
それはもう!すさまじい。
あー憧れちゃうな。こんなお家。
おしゃれなバスルーム・広いキッチン・大きな木のボール皿・土足OKのリビング
ロックの神様ディックデイル、音は爆音でも大丈夫、部屋にはアートがゴロゴロ



ロサンゼルス 旅日記_e0023512_9333658.jpg














あー憧れちゃう ここはアメリカ
日本とアメリカのアートに対する想いが違うのも分かる気がした
部屋へのこだわりがものすごい


ロサンゼルス 旅日記_e0023512_9252670.jpg


アメリカへの旅1 終了
続きは

●大自然編
●アート編
●ハート編

と続きます!乞うご期待!そして今日はどっぺるなんちゃら倉庫です。

by boojil | 2006-11-11 09:26 | ロサンゼルスの旅

<< アメリカの旅 大自然編 どっぺるナンチャラ倉庫 >>