Woman.excite

ドラマ予告編 公開 と インドからの帰国   

2010年 04月 24日

ドラマ おかっぱちゃん旅に出る の予告編 第一弾が完成したそうです!
さっそく、こちらにもUPさせていただきます。 




ドラマ予告編 公開 と インドからの帰国_e0023512_0123758.jpg

みなさん、こんばんは。

3月27日から4月21日までタイ・ラオス・インド 3カ国を周ってきました。


インドには、4月3日から19日までの17日間滞在しました。 

写真はわたしが高熱を出し、毎日寝汗をかきながら眠ったバラナシの安宿。

沢山の方からメールをいただきました。本当にご心配をおかけしました。

しばらくブログを更新できませんでしたが、今日ようやく旅の想いを書くことが出来ます。

ドラマ予告編 公開 と インドからの帰国_e0023512_018933.jpg


首都デリーからひとまずバンコクに到着し、21日には成田に帰ってきたわたし。

どう考えてもインドを一人、この足で歩いてきたあの長かった時間が夢のように感じられます。

まったくもって信じがたい。本当にインドという国はあったんだろうか?

そこまでわたしにとって、インドは衝撃的な国でした。


インドの東部、カルカッタにも空港はあります。

そこで暮らす人々は、いまだに井戸から引いた細菌だらけの水を汲みに行っては

生活用水として使用している。

さて、日本の成田、空港も民家ももちろんなんでもあります。

みんな生活用水は蛇口をひねれば簡単にでる。 ”水”とは蛇口から出るもの。

そういう認識が、インドでは極一部だったなんて。


ドラマ予告編 公開 と インドからの帰国_e0023512_051415.jpg


カルカッタの歩道に転がるのは、石ころではなく、
埃で灰色に染まった老人、丸裸でやせこけた子供、毛の抜けた野犬、人糞

そして、異臭を漂わせるゴミ それに群がる真っ黒なカラス

その中を駆け抜けるリキシャーと呼ばれる人力車。

夜が明けては、日が昇る。

目が覚めれば、その日はまた始まってしまう。

見たいものも、見たくないものも この国にはすべて揃っていた。
 


一瞬、自分が今どこにいるのか分からなくなってしまうほど
初めて見る景色と、現実と、これまでの常識が全部ひっくり返って
目の前で目には見えない心の明暗がいったりきたり、毎日がそんな感じでした。

日本にいるときのわたしと、インドにいるときのわたしは同じようで違っていた

わたしの考えや、気持ちが痛いほど目に見えて自分に嘆いたり
久しぶりに目で感じ取って、心から感動したり

いつも思う。ひとりで出かけた旅は、
いつだって良い思い出となって家にわたしを導いてくれます。

そして、こうしたらいいんだよ。と旅先のわたしが、今のわたしを支えてくれる。

ドラマ予告編 公開 と インドからの帰国_e0023512_0532960.jpg


まだまだ書き足りないことばかり。旅をこれから少しずつ振り返ります。

ひとまずわたしは明日から山梨へ。一泊二日出かけてきます。

日本、わたしの産まれた国。

日本のことをもっともっとよく知ることが、わたしにはきっと必要だ。

無知な状態で、日本を背負って旅をしている自分が時折恥ずかしかった。

2010年になり、この約5ヶ月で6カ国を移動して 日本が少し恋しくなった。

今年は日本をもっと愛する一年にもしたい。

それでは、また近いうちに。

by boojil | 2010-04-24 00:26 | インドひとり旅

<< 吉祥寺で個展が始まりました! 予定通りいかない それがインド >>