ブログトップ | ログイン

夜だから語ろう。パート19 ~ついに23歳になります~   

2009年 05月 19日

 
きゃっこ!
髪の毛、洗ってみたらわりと明るくなってなぜか安心した内藤里奈です。

今日は、午後からバイトを休んで家族と一緒にいたよ!

みんなが心配してくれて
みんながそばにいてくれて
だからあたしは今こうしていつもみたいに笑っていられるんだなと思わされました。

本当に、人が人に与える力と
人が人を動かす力ってすごいなと改めて思った。

それは、自分が今まで経験したことのない極限状態になって初めて気付かされることなんだろうなと。
いつもは生意気で、非常識だけど。
こうやって、弱った時に優しさが染みてくる人間に生まれてよかったと思えた。
23歳になる前に、それに気付かせてくれたおじいちゃんが愛しい。

お通夜の日。
時間帯的に可能だったから、あたしはバイトをちょっと早引きさせてもらってからいく予定でいたけど、店長が「休め」といった。
みんながあたしの体と精神状態を心配してくれた。

でも、あたしは変わることなく「バイトをしてからお通夜にいく」といった。
それは、誰のためでもなく、お店のためでもなく、おじいちゃんと自分のためだった。
あたしらしい生活の中でおじいちゃんを送ってあげたい。
何よりおじいちゃんはあたしのこういう行動は好きじゃないと思ったから。

それを聞いた店長が「だからお前は出世しないんだ!」と言った。
確かに。と思ったけど実際「出世」って何かわからなかった。
そんな出世なら必要なかった。

なんてことはない、純粋にあたしは全部頑張りたいだけだった。



明日、そんな内藤里奈は23歳になります。
恋からの時は21歳と22歳をまたいだけど、はるか昔に思えるよ@
本当に一年間はあっという間。
「みんな、覚えてる?」
こう言う時がくるんだろうなとおもうとちょっとさびしいけど。笑
22歳は一年間、すばらしい年になれたよ。
ありがとうございます。

今は年齢を重ねることに言うほどの不安は感じてないかも♪
あたし「明日」って言葉がすごく好きなんですけど。笑
ここ数年「明日」が待ち遠しくて、そんな風に思えるってことは、毎日充実してるってことだし、後悔もない。
だから、23歳も、同じように待ち遠しい毎日を送れるように頑張りたいなって思う。
それが、あたしの目標。

こんな人間でも23歳になれたこと。
一生懸命に育ててくれた両親に感謝したいです。

親孝行ができるようなしっかりした娘じゃないけど、あたしなりに大事にしたいです。

「23歳おめでとう」より、「23歳ありがとう」を。


今日も一日ありがとう♪

22歳の内藤里奈でした♪


せーのっ



きゃっこ!!!!!!!


夜だから語ろう。パート19 ~ついに23歳になります~_b0163038_22435715.jpg

by bnrina-n | 2009-05-19 22:39

<< 23歳よっ     髪の毛 >>