エキサイト「みんなの投稿」(旧ブログtoメディア)の情報サイト

ブログtoメディアとは?

ブログtoメディアとは、オフィシャルコンテンツと情報発信力の高いブロガーを結びつけ、ともにコンテンツを作っていくためのエキサイトだけのシステムです。

■ ブログからカンタンにコンテンツ制作参加
たとえば、エキサイトのコンテンツを見て、「自分もこの情報なら持っている!」「知っている!」と思えば、ブログに書くだけでなく、そのコンテンツそのものに「投稿」ができます。
読者がカンタンにコンテンツ制作者になれる仕組みといってもいいでしょう。

c0131812_15341514.jpg
エキサイトなら、コンテンツを見て、あ、同じコト、自分も書きたい、と思ったら、自分のブログだけでなく、コンテンツ側に発信もできます

■ トラックバックと同じ簡易さを実現

『エキサイトブログ』のアカウントがあれば、特別な審査や申し込みをしなくても、簡単にコンテンツ制作に参加できます。やり方はカンタンで、コンテンツ側にある「投稿する」ボタンを押し、その後表示されるブログの入力画面に記事を書くか、過去の記事を「編集」し、トラックバックURLを入力して送信するだけ。

現在は、ウーマンエキサイトの「カワイイ!」だけで展開中ですが、今後この「ブログtoメディア」対応コンテンツは順次拡大していく予定。(カワイイへのコンテンツ投稿のやりかたはこちらのヘルプにあります)
c0131812_1632622.jpg
これはカワイイ!の記事面にある投稿ボタン

■ 自分のブログにはリアルタイムに、公式コンテンツは審査を経て掲載

掲示板等とちがい、ブログtoメディアは「エキサイトの公式コンテンツ」とまったく同じ見え方で掲載され、エキサイトトップページ等莫大なトラフィックがある場所から通常の公式コンテンツ同様リンクされます。そのため、エキサイトスタッフが責任を持ってチェックし、採用します。掲載された公式コンテンツからは、投稿してくれたユーザーのブログへのリンクが貼られます。

c0131812_16275014.jpg


ご自身のブログにはリアルタイムに表示されますので、ブログを更新するついでに、という軽い気持ちで、ぜひブログtoメディアにも情報を送ってください。

ブログtoメディア搭載コンテンツはが目印。
このマークがあるコンテンツを見つけたら、ぜひ参加してください!


■ 終わりに 「ブログtoメディアの狙い」
■エキサイトコンテンツのソーシャルメディアへの開放性
エキサイトニュースは、各種ソーシャルブックマーク、トラックバック、投票など、ユーザーが簡易に参加できる仕組みを、ポータルでいち早く搭載しました。現在、エキサイトニュースへのトラックバックはデイリー300件以上、投票も2000件以上集まっています。また、シネマ健康、ほかさまざまなページで常に読者参加型コンテンツを運営しています。
「参加する読者」が全般的に多いのがエキサイトコンテンツのひとつの特徴です。

■表現者が多いエキサイトブロガー
エキサイトブロガーにはプロ・アマ問わず、クリエイターがたくさんいます。いままで、『農家の嫁の事件簿 こちら北国、山の中』『北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano』『ばーさんがじーさんに作る食卓』『くま夫婦』など、エキサイトブログから生まれた書籍も数多くあります。

ソーシャルメディア対応に積極的なエキサイトコンテンツと、表現者が多いエキサイトブログを、うまく結びつけ、他にはないオリジナルで代替不可能な情報のあふれるメディアにするための仕組みが、このブログtoメディアなのです。




by blogtomedia | 2007-08-09 15:11 | 機能説明

あなたのブログのエントリーがエキサイトの公式コンテンツになる!
by blogtomedia
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧