The Diary Of  Lady B BECCA

The Diary Of  Lady B BECCAThe Diary Of  Lady B BECCA

Profile
BECCA BECCA

1989年5月9日生まれ、20歳。ロス在住(オレゴン州ポートランド出身)。

2歳の頃から自分を表現するために歌を歌いだす。その後、クワイアー(合唱団)等に参加して、自分が歌える機会を探しながら、10歳からギターを弾き始め、曲作りを開始。高校1年生の頃、夢への実現が始まる。「家族ぐるみで付き合いをしていた友人が、学校で歌っていたクワイアー(聖歌隊 /合唱団)でのパフォーマンスを録音してメレディス・ブルックス(Meredith Brooks)に渡したのがきっかけなの」(ベッカ)。
90年代、アラニスのライバルとして、“ビッチ”のヒットでマルチ・プラチナに輝いたアーティスト、ソングライターのメレディス・ブルックスは、ベッカの歌声を聴いて驚いた。「ベッカは強力な歌声の持ち主。その上、ソングライティングの能力も備えていることを知った時、私は彼女に大注目したのよ。」(メレディス) その後、ベッカは、14歳にして、ロスに移住し、メレディスと曲作りを開始する。そして、ライヴ活動を開始、17歳の時には、ライブでの口コミもあり、そのデモと彼女原作のコミック(「コミックスを通して私という人間と、私の音楽を表現したい。」(ベッカ))をのせた彼女のマイ・スペース・サイトが全米3位になるほどアクセスが殺到!

その噂とデモが衝撃的を呼び、ソニー・ミュージックと18歳にして契約。19歳でメジャー・デビュー!デビュー前にサマソニ08を満杯し、パフォーマンスは見た人全員が、絶賛!デビュー・シングル「I'm ALIVE!」(アニメ「黒執事」エンディング・テーマ)ヒットの中、08年11月、デビュー・アルバム「ALIVE!!」をリリース(オリコン洋楽アルバム週間初登場8位)。

同11月、ジャパン・ツアーを大成功に収める。09年日本を歌った「SHIBUYA」が配信リリースされ、動画サイトで初音ミクがカバーし、話題となる。9月には音楽Fes[LIVE for LOVE]への出演での来日も決定!

BENNIE KとBENNIE BECCAを結成し、デビューから1年、早くも2ndアルバムをリリース予定。

Links
Release Information

Best Album
『BEST』

2011.3.2発売
SICP-3023/¥2,520(税込)
この商品を購入する
  • [収録曲]

  • 1. I'm ALIVE!
    2. If U Could See Me Now
    3. Leave Me Alone
    / BENNIE BECCA
    4. Dreamer (English Ver.)
    / BENNIE BECCA
    5. SHIBUYA
    6. TURN TO STONE
    7. Lose You Now
    8. Perfect Me
    (Album version)
    9. Love Or Leave
    10.KAMINARI GIRL
    (English Ver.)
    / BENNIE BECCA
    11.How Will You Know
    12.Don't Save Me
    13.Guilty Pleasure
    14.Falling Down
    15.Kickin' & Screamin'
Music Clip「TURN TO STONE」
「I'm ALIVE!」
Music Clip視聴
<SUMMER SONIC OSAKA!>

<SUMMER SONIC OSAKA!>

2008年のサマーソニック初参戦以来、私はまたサマソニで演奏する日を
夢見ていたんだ!!

今回BENNIE BECCAへの参加では沢山の素晴らしい機会に恵まれたけど
その1つがこのサマーソニックへの出演だったの!

私達の楽屋はトラディショナルな和風の部屋で(注:畳の部屋)
すっかり気に入っちゃった!窓からは海が一望できたから
ライヴ前はここで心を落ちつかせることができたんだ。

<SUMMER SONIC OSAKA!> _f0170412_21111251.jpg


今回は数少ない屋内ステージの「ダンス・ステージ」出演だったから
(涼しくて)有難かった!私達の出演時間は朝の11:30からで
一体どうなるか心配だったけど、会場は超満員だったよ!!
みんなありがと!

BENNIE BECCAとしては(このサマソニ大阪公演が)この夏最後のライヴだったから
後悔ないように頑張ったんだ。

実は激しくロックし過ぎて衣装のベルトが外れちゃったから
2曲目演奏後にステージ裏に走って
外れかけたイヤー・モニターをスタッフの人達に外してもらったの…
3曲目以降はイヤー・モニターなしでも凄く上手く行った!



ライヴ出演後はAll Time Low、Thirty Seconds to Mars、A-ha
そして私のお気に入りアーティストの矢沢永吉さんのライヴを観たよ!!
炎天下で観るライヴは、辛かったけど最高だった~!!


サマーソニックの後は(大阪市内で)美味しいお好み焼きを食べたんだ。
BENNIE Kチームとはサヨナラしなきゃいけなかったけど
きっとまた会えるはず…近いうちにね!

<SUMMER SONIC OSAKA!> _f0170412_21122850.jpg


<SUMMER SONIC OSAKA!>

Ever since I participated in SUMMER SONIC 2008,
I dreamed of being able to play again.
BENNIE BECCA has given me so many great opportunities, and coming back to SUMMER SONIC was one of them!

Our dressing room was a traditional Japanese room,
I loved it! Out the window, I could see the ocean.

It put me in a really calm state before our show.
We were on the Dance Stage which is one of the few indoor stages at SUMMER SONIC.
I was really thankful for that! Our time was 11:30, so I was worried about how turns out to be. Turned out that the room was completely packed!!
Since this was our last BENNIE BECCA show for this summer,
I really pushed for it to be the best.
I was rocking out so hard that my belt fell off
and I had to run back stage after the second song
and get help taking my in ear off.
Although I finished the show without in ears, it still went really well!

After the show, I checked out the sets of All Time Low,
Thirty Seconds to Mars, A-ha, and my favorite; EIKICHI YAZAWA!!
I suffered in the sun like everyone else and loved it.

After SUMMER SONIC, we had yummy okonomiyaki.
I had to say bye to the BENNIE K team,
but I’m sure I’ll see them again….. Hopefully soon!
by beccachan | 2010-08-17 21:13 | 日記 | Comments(0)
<< あの感動をもう1度! <ROCK IN JAPAN!... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム