The Diary Of  Lady B BECCA

The Diary Of  Lady B BECCAThe Diary Of  Lady B BECCA

Profile
BECCA BECCA

1989年5月9日生まれ、20歳。ロス在住(オレゴン州ポートランド出身)。

2歳の頃から自分を表現するために歌を歌いだす。その後、クワイアー(合唱団)等に参加して、自分が歌える機会を探しながら、10歳からギターを弾き始め、曲作りを開始。高校1年生の頃、夢への実現が始まる。「家族ぐるみで付き合いをしていた友人が、学校で歌っていたクワイアー(聖歌隊 /合唱団)でのパフォーマンスを録音してメレディス・ブルックス(Meredith Brooks)に渡したのがきっかけなの」(ベッカ)。
90年代、アラニスのライバルとして、“ビッチ”のヒットでマルチ・プラチナに輝いたアーティスト、ソングライターのメレディス・ブルックスは、ベッカの歌声を聴いて驚いた。「ベッカは強力な歌声の持ち主。その上、ソングライティングの能力も備えていることを知った時、私は彼女に大注目したのよ。」(メレディス) その後、ベッカは、14歳にして、ロスに移住し、メレディスと曲作りを開始する。そして、ライヴ活動を開始、17歳の時には、ライブでの口コミもあり、そのデモと彼女原作のコミック(「コミックスを通して私という人間と、私の音楽を表現したい。」(ベッカ))をのせた彼女のマイ・スペース・サイトが全米3位になるほどアクセスが殺到!

その噂とデモが衝撃的を呼び、ソニー・ミュージックと18歳にして契約。19歳でメジャー・デビュー!デビュー前にサマソニ08を満杯し、パフォーマンスは見た人全員が、絶賛!デビュー・シングル「I'm ALIVE!」(アニメ「黒執事」エンディング・テーマ)ヒットの中、08年11月、デビュー・アルバム「ALIVE!!」をリリース(オリコン洋楽アルバム週間初登場8位)。

同11月、ジャパン・ツアーを大成功に収める。09年日本を歌った「SHIBUYA」が配信リリースされ、動画サイトで初音ミクがカバーし、話題となる。9月には音楽Fes[LIVE for LOVE]への出演での来日も決定!

BENNIE KとBENNIE BECCAを結成し、デビューから1年、早くも2ndアルバムをリリース予定。

Links
Release Information

Best Album
『BEST』

2011.3.2発売
SICP-3023/¥2,520(税込)
この商品を購入する
  • [収録曲]

  • 1. I'm ALIVE!
    2. If U Could See Me Now
    3. Leave Me Alone
    / BENNIE BECCA
    4. Dreamer (English Ver.)
    / BENNIE BECCA
    5. SHIBUYA
    6. TURN TO STONE
    7. Lose You Now
    8. Perfect Me
    (Album version)
    9. Love Or Leave
    10.KAMINARI GIRL
    (English Ver.)
    / BENNIE BECCA
    11.How Will You Know
    12.Don't Save Me
    13.Guilty Pleasure
    14.Falling Down
    15.Kickin' & Screamin'
Music Clip「TURN TO STONE」
「I'm ALIVE!」
Music Clip視聴
ワープドツアー(続編)
<Warped Tour Blog #2>

前回のブログ更新から10日間じゃなくて、もう10年も経過したように感じる~!!

現在参戦中のワープド・ツアーは独自の世界観のあるロック系サマー・キャンプ
もしくはサーカスのツアーみたい!

このツアー参加は私の長年の夢だったから
ふと気づくと「どうしよう!あのワープド・ツアーに参加してるんだ!」って
信じられない気持ちだった。

ワープドツアー(続編)_f0170412_1929512.jpg


BENNIE BECCAとの夏フェス・ライヴで日本へ行く期間以外は
ほぼ全公演に参加しているから、凄く嬉しい♪

このツアー終了後は、きっと凹むんだろうなぁ~。

そうそう!私、今回のツアーの準備が全然なってなかったの。
とにかく暑すぎるから、持ってきた洋服も靴も全然この場に合ってなくて!

でも、このツアーでは毎日新しいことを学んでる。
音楽業界のこと、自分の音楽について、私自身について、そして他の人達について、、、。

この経験は説明しようとしても、なかなか詳細までを上手く伝えきれないほど。

ワープド・ツアーの1日の様子を話すね。

毎朝、目が覚めると寝不足のまま急いで支度をするの。
というのも、(ライヴ会場で各アーティストが押さえる)テントの場所取りのために
早起きしなきゃいけないから。

朝食は7~9時だから(テントの場所取りの後でも)十分時間はあるけど
ツアー・バスからテント設営場所まで遠かったりすると
朝食の時間帯までかかることもある。
各会場によって違うから、平らな舗装路ならベストだけど
時には砂利道や草で覆われた道でテントを運ばなきゃいけないこともあるんだ。
会場時間は大抵朝11時だから、テント設営後はツアー・マネージャーのカイルと
プロモーションをするの。

ワープドツアー(続編)_f0170412_19304945.jpg


ヘッドフォンとiPod、そしてCDを準備して
山積みのフライヤーを来場者へ配布するんだけど
他のバンドも皆同じ宣伝活動をしているから
朝から既にいろんなバンドの音楽を聴いているお客さんの中には
ムッとする人もいたりして、、、。

他のバンドのヘッドフォンの間で上手く回避しながら進めなきゃいけないから
思うようには多くのお客さん達に届かないんだけどね。

会場時間の頃には、その日自分が演奏するステージが何処かがわかるの。
ラッキーな時は「Ernie Ball Stage」に出演することもある。
1日に可能な限り多くのテントで演奏したいから
「KIA」、 「Altec 」、「Girlz Garage」での出演枠チェックも欠かせない。
各テントではいつも私の出演時間を捻出してくれるから、ホントに有難いわ。

ワープドツアー(続編)_f0170412_19354723.jpg


自分の出演時間の確定後は、その時間帯を書いたポスターを会場中に貼るの。
実に単調な過程なんだけど、他の全バンドが同じ作業に入るから
(ポスターの)場所取り合戦になるんだ!

(出演後の)残りの時間は、自分のアーティスト・テントで
自分の作品を聴いてもらい、CDやTシャツを購入してもらえるように
宣伝活動に励むの。私の目標としては、商品を購入する、しないに関わらず
より大勢の人達に私のことを知って欲しいと思ってる。

1日で唯一ある休憩時間は12時~14時までに設定されたランチ・タイム。
私のテントには(ツア・マネと私の)2人しかいないから
食事は大抵テントに持ち帰らなきゃいけないんだけどね。
ケータリング・ルームはいつも大行列で、食事を貰うまでにもの凄く時間がかかるの!

でも、ここのケータリング・ルームへ行くと、いろんな人達に会えるし
面白い会話もできるんだ。

ワープドツアー(続編)_f0170412_19361853.jpg


夜の19時くらいになると、いつもテントを片付けて
夕食をとり、会場を出て行くオーディエンスの人達にフライヤーを配布するの。
渡したその場で、そのまま地面にフライヤーを捨てる人も中にはいて、、。

そして、ライヴ以外で最高なのは
夜に開催されるバーベキュー&バー・タイム。
帰りのバスは22時~朝3時くらいに会場を出るから
かなりクレイジーなパーティになることもあるんだ。

今回の(ワープド・)ツアーで、私が一番気に入った土地はカナダ!
信じられないほど凄かった!

私の音楽に対する反応も購買意欲も一番良かったの!
勿論のことだけど、カナダをまわった2日間は、美しい大自然に囲まれて最高だった!
モントリオールから次の街へ移動する日、ツアー・バスの窓から花火を見たの。

あと、モントリオールで浴びたシャワーはツアー中で一番快適だった。
今回のツアー中に熱いお湯が出るシャワーが設置された環境は珍しかったから
天国のようだったわ!

今日はオートマティック・ラブレターと同じツアー・バスで移動する最終日だから
ホントに悲しい:( 。

私は彼らが大好きだし、とってもいい友達になったんだ。
あと、凄く清潔なツアー・バスで、お互いの空間を尊重できるような仲間や環境に
恵まれるって珍しいらしいんだ。

明日から違うバスに変わるけど、どうなるかなぁ、、。


多くのバンドはツアー中にヴァンで移動するから
私はバス移動できるだけでも、とてもラッキーだと実感してる。

毎日が新しい体験の連続。

たとえ試練と苦難があっても、私は日々感謝の気持ちで一杯。
他のバンドと同様に、とにかく泥まみれになって頑張ってるから:O)!

ワープドツアー(続編)_f0170412_19313644.jpg




Warped Tour Blog #2

It feels like 10 years instead of 10 days ago that I wrote my last blog!
Warped Tour is a rock and roll summer camp/traveling circus/it's oooown
world.
I suddenly had a moment of disbelief where I realized,
"OMG, I'm on Warped Tour!"because I've dreamt of being on this tour for years.

I'm so glad I get to be on nearly the entire tour
besides the week where I'm going to Japan for the summer festivals
with Bennie Becca. I realize when the tour is over,
I'm going to miss it terribly.

I'm so ill prepared for being here it's ridiculous.
I have all the wrong clothes, all the wrong shoes...
it's just too hot for anything! Every day
I learn something new whether it's about the music industry,
my music personally, myself, or other people.
This experience is something I could try to explain but
the description will never do justice.

Every morning I wake up, never feeling like I've slept enough,
and I rush to get ready.
We have to get up early enough to get a good tent spot.
Breakfast is from 7-9 so hopefully there is enough time for that.
Sometimes the bus is located extremely far from where the tents are set up,
so getting the tent materials to the venue can take up all the time
we have for breakfast.
All the venues are different, so sometimes you're pushing
your tent materials up a gravel road, or down a grassy path,
or hopefully on flat pavement.
Doors are usually at 11, so after setting up the tent,
my tour manager Kyle and I will try to hit the lines.
We take headphones, an iPod,CDs, and tons of flyers and try to meet as many people as we can.
There are tons and tons of bands doing the same thing,
so often times people get really annoyed
because they've been listening to other bands all morning already.
You also find yourself maneuvering around other bands and their
headphones so you can't get to as many people as you hope.

When doors open is usually around the time
I know where I'll be playing that day.
If I'm lucky, I'll be on the schedule to play the Ernie Ball stage.
I also try to play as many tents as I can in a day,
so we check to see if the KIA, Altec, and Girlz Garage tents have availability for me.
They always try to make time for me to play and
I'm so appreciative. After finding my set times,
I put posters up all over the venue with my set time on them.

This is a really monotonous process and every other band is doing the same
thing so you're competing for space.

The rest of the day is spent promoting, trying to get people to our tent to
listen to the album, and hopefully they will buy the CD or a shirt!
My main goal is just to get more people to know who I am,
regardless if they have the money to buy anything or not.
The only sort of break we will take in a day is for lunch,
whicb is from 12-2, and our food is generally
taken back to the tent to be eaten since there are only two of us to
watch the tent and promote.
The catering line itself is always massive and takes ages to get through!
But you end up meeting people and having interesting
conversations.

We usually take the tent down around 7 or so,
grab dinner, and then pass out flyers to the people leaving the venue.
Often times people take your flyer then drop it directly after you give it to them.
It's frustrating but the most important thing
I've found with being out here is to not take things personally.
The best part of the day besides playing is the barbeque/bar at night.
The bus calls can range from 10pm-3am
so sometimes the parties can get pretty insane.

My favorite place that we've been so far on this tour was Canada!
It's incredible!
The audience seemed to be most responsive to
my music and eager to make purchases.
Not to mention we were surrounded by beautiful nature during those two days. When we left Montreal, there was a fireworks show that
we watched from our bus windows.
I also had the best shower that I've had yet in Montreal.
Having hot water in a shower and time to enjoy it is really rare on this tour.
So it feels like heaven when you are able to have that!

It's my last day on Automatic Loveletter's tour bus and I'm really sad :(.
I love these guys and we've become good friends.
It's also a really clean bus and everybody is respectful of each other's space and things.
I hear that's pretty rare, so we'll see when I change buses tomorrow how it goes.
I'm just really lucky to even be on a bus, because a lot of bands on this tour are traveling in vans.

Everyday is a new experience, and everyday I'm thankful, regardless of the
trials and tribulations of the day.
I'm getting down and dirty with the rest of 'em :O)
by beccachan | 2010-08-04 19:46 | 日記 | Comments(0)
<< いよいよ来日! ワープド・ツアー(第1週目) >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム