実相!他者からネガティブなことを言われない方法とは! #037

みなさん こんちには


今回 は 読者 の 方 から の

ご質問 に お応え してみよう


「 ネガティブ な こと を

  言われない 方法 ありますか? 」


と いった ご質問 である


b0225081_18393100.jpg










これ には じつは わりと 

いろいろ な 方法 が ある


そこで 今回 は


他者 から の 言葉 と 自分 の 

反応 に 関して という 視点 から


一番 代表的 な 方法 

を お伝え しておこう


とはいえ いろいろ な 

ケース が あるので


ご自身 の ケース が 

当てはまる か どうか は


しっかり 見極めて いただきたい


ネガティブ な こと を

言われない 方法 とは


『 自分自身 で ネガティブ な

  ところ を 受け入れておく 』


これが 一番 の 基本 となる


自分自身 で 自分自身 の 

よろしくない ところ を

しっかりと 受け入れて おく


これ が とても 大切 である


自分 の よろしく ない ところ

を 受け入れておくと 


じつは ダメージ の 大きさ が

その 段階 に よって 変わって くる


これ を 詳しく 解説 すると


人 から 何か を 言われた 時 の


受け入れ の 段階 による

ダメージ と 反応 は こう なる


1、自分 の よろしくない 面 を

  自分 で 見る こと すら 出来ない

    ↓

  『 ダメージ 10 Max 』


  「 ヒドイ! 何てこと 言うのだ! 」


  と かなり 大きな 怒り となり

  がんまん 出来ない ほど に なる


2、自分 の よろしくない 面 を

  目 を 逸らし なるべく 隠したい

    ↓

  『 ダメージ 8 大 』


  「 何てこと 言うのだ! 」


  と わりと 大きな 怒り となる


3、自分 の よろしくない 面 を

  ある程度 受け入れて いる

    ↓

  『 ダメージ 5 中 』


  「 まあ そうだよね 」


  と 言われた こと を 認める

  ので あまり 腹 が 立たない


4、自分 の よろしくない 面 を

  しっかりと 受け入れて いる

    ↓

  『 ダメージ 2 小 』


  「 いや ホント そう 気をつけねば 」


  と 言われた 内容 を 冷静 に 

  受け止め 反省 も 出来る ようになる


5、自分 の よろしくない 面 を

  受け入れ 改善 の 努力 をしている

    ↓

  『 ダメージ 0 ~ 1 』


  「 そう そこ ホント だめ だよな

    今 こういう 努力 してるんだよ 」


  と 改善 に 乗り出している こと

  を 相手 に 話す こと も 出来る


6、自分 の よろしくない 面 を

  改善 して しまった

    ↓

  『 もちろん ダメージ 0 』


  よろしくない 面 を 改善 

  して クリア して しまったら


  人 から ネガティブ な こと を

  言われる こと も ほぼ 無くなる


と こう いった 感じ になる


さらに ダメージ に 関して

詳しく 解説 しておくと


自分自身 の よろしくない 面 を

自分自身 が 


「 ホント に ダメな やつだ! 」


と そこを 最も 嫌って いると

ダメージ が デカく なる


自分 を 責めて いる 場合 である


その 一方


自分自身 の よろしくない 面 を


「 あ~ そこ だめ だねえ~

  ちゃんと 改善して いこうね~ 」


と 自分自身 を 愛する こと が 

出来る 場合 は ダメージ も 減る


ここ を 深く 理解 したい 方 は

こちら ↓ の 記事 を どうぞ

驚愕!「自分を愛す」とはこう発展する! #002


つまり


自分 の ダメ な 面 を

責め立て 攻撃 するのか


自分 の ダメ な 面 を 良くなる 

よう 励まし 応援し 努力 するのか


という こと なのだが


良くなる ように 励まし 応援し

努力 する には まずは


しっかり と 認めて 受け入れる

こと が 必要 な わけ である


と 言った 感じである


他にも いろいろ と 

方法 は ありますが 


この 方法 が わりと シンプル

で やり易い かと 思います


さらに もっと 有効 な 

方法 も ありますが


それは かなり の 努力 が

必要 な 方法 となります


しかし 効力 は 絶大 です


もし 需要 が ある 

ようでしたら また 書きます


といった 感じで


今回 は 他者 から の 言葉 と

自分 の 反応 に 関して でした


是非 ご参加 に してみてください




それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/arcadiarose/tb/27467517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by arcadia_rose | 2019-03-02 18:28 | 人生の課題 | Trackback | Comments(0)

未来を創る発想 本質を観抜く視点を語る


by 「 K 」