実録!天使の日の素晴らしいシンクロニシティ! #017

みなさん こんちには


10月2日 の 天使の日 

は いかが だったでしょうか


みなさん それぞれ の


天使の日 を すごされた

こと かと 思います


それでは 


毎年 恒例 と なってきました


b0225081_2261858.jpg


















みなさん と 俺 の 今年 の

天使体験 を ご紹介 しよう


A氏

「 天使の日 の 記事 を 読み終えて

  マウスパッド の 上を みたら

  なんと! 小さな 羽根 が

  落ちて いました どこから

  入ってきたのか 不思議 でした 」


天使の日 の 記事 を 読んだ 直後

に 見事 な タイミング である


しかも すぐ 手もと の マウスパッド の 

上 に 羽根 とは 素晴らしい シンクロ!


B氏

「 天使の日 を 忘れてましたが

  庭 を 眺めていたら 空から

  羽根 が 降って 来た こと で

  天使の日 を 思い出せました 」


羽根 が 降って来る タイミング

とは その時 その場所 でないと 


羽根 を 目撃 出来ない ので

とても 素晴らしい 絶妙な シンクロ!


C氏

「 明日 は 天使の日 だな と

  思った 瞬間 テレビ から

  エンジェルス の 大谷選手 の

  ニュース が 流れ 驚きました 」


これは わりと 普通 に 観ている 

と 気づきづらい シンクロ である


こちらも 見事 な タイミング で

シンクロ に 気づいて 素晴らしい!


D氏

「 天使の日 の 翌日 に スーパー 

  で チリ産 の ロゼ ワイン が

  天使 の 絵 の レベル でした!

  夕食時 感謝 して いただきました 」


ふと 天使 や 羽根 が 目 に とまる

この 『 ふと 目 に とまる 』 が


天使たち から の 合図 である

そこに 気づけて とても 素晴らしい!


いかがだった だろうか


どれも とても ステキ な

天使 の シンクロ でした


ステキ な コメント を くださり

どうも ありがとう ございます


で 次 は 


俺 の 『 天使の日 』 の

出来事 を お伝え しておこう


今年 の 10月2日


俺 は いつものように

カフェ に 執筆 に 行った


それで 天使たち に いつもの

感謝 の 気持ち を 伝え


カフェ で お供え の

シュークリーム を 食べた


( いや おめー が 

  食べたい だけ だろ!)


その日 は 夜 遅くまで ずっと

カフェ で 執筆 を していた


わりと いそがしい 

一日 を 過ごして いた


その後 部屋 に 帰り


「 K 」 Diary  


を 書き 終えた とき


ふと 思い出した


「 あ そう言えば 今日 は

  天使の日 だが 羽根 も

  何 も 目撃 しなかったな 」





毎年 羽根 の 形 の 雲

や 羽根 を 必ず 見ていた が


今年 は 珍しく 羽根 も

何 も 観なかった


そこで ちょっと 今日 一日 

を 振り返って みた


今年 は 執筆 の こと に

夢中 に なり過ぎて いた


道 を 歩いていても 


小説 の ネタ の こと 

ばかり を 考えて いた


あまり 周囲 の こと に

気 を 払う ことが 出来なかった


それで 多分 シンクロ を 見逃して

いた かも な と 思った


「 ああ しまったな あまりにも

  没頭 し過ぎて しまったな  」


と 少し 反省 した


「 しっかし あいつら 天使の日 に

  俺 に 合図 を 送って 来ない 

  とは 一体 どーゆー つもりだ? 」


毎年 俺 は


「 天使の日 の 記事 

  を 書いてください 」


と 依頼 されている のだが


つーか お前ら・・・


俺 に 記事 を 書いてくれ 

と 頼むので あれば


ちょっと 笑える スゴイ 

天使 の シンクロ を 起こして


俺 に 記事 の ネタ くらい

ちゃんと 提供 してくれよな!


シンクロ が 起きなかったら

天使 の 記事 書けねえ だろ? 


そこんとこ ちゃんと

考えて くれよな よろしく


と 一応 やつら に

文句 も 伝えて おいた


天使の日 に 文句 を 言う

のも どーか と 思ったが


( いや お前 いっつも 

  文句 言ってる よな! )


( って おい! )


やつら との 付き合い は

本音 の 付き合い なので


感謝 も ちゃんと 伝える

文句 も ちゃんと 伝える


思った こと は 

ちゃんと 伝える 


これ が 大切 である


すると やつら も ちゃんと

考えて くれる からな


しかし 


天使たち も いろいろ 

いそがしい だろうから


ま こういう 年 も あるだろう


と すんなり 今年 は

『 天使 の 日 』 に


天使 関連 の シンクロ 

を 体験 する こと を


まあ しゃーない と

あきらめる こと に した


それで


YouTube を 少し だけ 観て

さっさと 寝ようか と 考えた


で YouTube を 開くと


『 あなたへの おすすめ 』


の ところ ところ を 見た


すると なぜ か


「 エビ の 動画 」


らしき もの が 俺 への

お薦め 動画 と なっていた


俺 は カニ とか エビ

は かなり すき なので


「 ちょっと 観てみようか 」


と その 動画 を 何気に

クリック してみた


すると とても 美味しそう な

エビ料理 が 紹介 されていた


「 へええ コレ イイねえ 」


と その 動画 を 観ていた 時


すると なんと!


「 マジかああ! こんな形で! 」


その 動画 に なんと

すごい エビ が 出て来た!


それが ↓ こちら


b0225081_13424559.jpg










スゲー 美味しそう!


( って おい! 生だろ! )


いやいや そうでは ない

そういう ことでは ない


え? エビ の 動画 だから

エビ が 出て来て 当然 では?


と お思い に なられただろうか?


その エビ の 名前 が 


なんと!


b0225081_1343829.jpg










マジかああああ!!


『 天使 の エビ 』 


だった!


ズバリ! その まま!


ドストライク の 驚愕 の


「 天使 シンクロ 」


が 起きた


マジかあ~~~~~!


これには 思わず 笑ってしまった


「 天使 の エビ こんな 名前

  の エビ が あったとは! 」


もちろん こんな 名前 の

エビ が いた こと も


俺 は 初めて 知った


なので 完全 に 不意打ち を くらい

この シンクロ には マジで 驚いた


なんでも この エビ は

ニューカレドニア産 の エビ で


美しい 楽園 に いる エビ で

天使のエビ と 名づけられた らしい


エビ と 言えば


〇 永遠 の 若さ

〇 成長 と 幸福


など の 象徴 である


まさか こんな 形 で


『 天使 シンクロ 』


が 起こる とは 思わなかった


つーか YouTube の


『 あなたへの おすすめ 動画 』


を クリック して この シンクロ

が 起きた ところが おもしろい


よくぞ この 動画 を


俺 に おすすめ してくれたな 

マジ センキュ と 思った


こうして 今年 も このような

ちょっと 変わった形 で


『 天使の日 シンクロ 』 


が 起こった わけ である


そして この 記事 の ネタ

にも なった わけ だった


記事 を 書く ため の

天使 シンクロ くらい くれ


と やつら に 

文句 を 言ったら


いやいや お願い を したら


その わずか 数分後 に


まさか この ような 面白い

シンクロ が 用意 されていた


とは 思いも よらなかった


まさに 驚愕 であった


なかなな 粋 な こと

を するじゃねえか 天使たち


いかが だっただろうか


天使 の 日 に かぎらず


ふとした 時 に 『 羽根 』 や

天使 の 何か を 観た 時 とは


あなた が 天使たち に 

応援 されている とき です


そんな とき には そっと

お礼 を 伝えてみて ください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/arcadiarose/tb/27157879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-10-13 19:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by arcadia_rose | 2018-10-12 14:32 | シンクロニシティ | Trackback | Comments(1)

未来を創る発想 本質を観抜く視点を語る


by 「 K 」