実録!隠された感謝と思いやりのメッセージの秘密とは! #014

みなさん こんちには


今回 は ちょっとした

イイ 話 を お伝え しよう


以前 こちら ↓ の 記事 で

感動!「観えない所の思いやり」とお知らせ #577


311 で 日本 が 大変 な

状況 だった とき の こと


台湾製 の パソコン メーカー


b0225081_20124230.jpg




ASUS エイスース の パソコン

内部 に ある 基盤 に


『 GOD BLESS JAPAN 』

( 日本 に 神 の ご加護 を )


と 書かれて いた


b0225081_20134172.jpg











と いった とても 感動的 な 

話 を ご紹介 した


この エピソード には


俺 も 本当 に 台湾 の 方々 に

うれしく とても ありがたく 思った


このような 隠れた ところ に

込められた 想い には


とても うれしく 感動 する

とても イイ こと である


今回 も それと 似た 感じ の 

エピソード を お伝えして おこう


これは たまたま 見つけた のだが


「 K 」Diary の ↓ こちら 

チャンピオン #626

の 記事 で 書いた のが


俺 は 普段 は 少年ジャンプ と

少年マガジン を 読んでいる のだが


最近 なにげに ふと 


人生初 の 少年チャンピオン 

を 購入 して 読んで みた


で たまたま 購入 したうちの

1冊 が こちら ↓ の


b0225081_20495139.jpg








https://amzn.to/2QRKLsO
(kindleのリンクとなります)




少年チャンピオン 43号 

だった のだが


この号 は 『 バチバチ 】 という


すもう マンガ の 著者 の

追悼 特集 が 行われていた





「 へええ~ チャンピオン って

  わりと おもしろい のだな  」


と フツー に 読んでいて


最初 は 俺 も その 


チャンピオン に 隠されていた 

秘密 に まったく 気づかなかった


ところが 昨夜 もう一度


おもしろかった ギャグ マンガ を

読もう と 雑誌 を 手にした とき


「 おおおっ! マジか! こんな

  ところに 思いやり と 感謝 の

  メッセージ が 隠されていた とは! 」


と とても 驚かされた


これに 関して は 動画 に したので


まず は 是非 こちら ↓ の

動画 を ご覧 いただきた





https://youtu.be/-sJp8LxUxso



これは スゴく イイ こと だなと


普通 に 読むと 雑誌 を

このように ↓ 持つ わけ だが


b0225081_2125391.jpg








このように 普通 に 持って

読んでいる とき は 


俺 も まったく 隠された 

メッセージ に 気づけ なかった


しかし 


雑誌 を 逆 から

こう めくると ↓ こうなる


b0225081_2144346.jpg









なんと!


『 サヨナラ バチバチ アリガトウ 』


と 著者 の 方 への


思いやり と 感謝 の

メッセージ が 浮かび上がった


「 うわっ これ は イイなあ~ 」


著者 の 方 も これは


あちらの世界 から みて

とても 喜んでいる だろうな


と 俺 も とても 感動 した


週刊少年チャンピオン は

秋田書店 が 発行 しているが


秋田書店 が 作家氏 たち を 


とても 大切 に 思っている

気持ち の 表れだな と 感じた


ちょっと イイ 話 だったので

ブログ と 動画 で お伝え した


このような 


「 隠れた ところ での 感謝

  や 思いやり の 気持ち  」


やはり こういった こと は

とても 大切 な こと である


といった 感じである



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




_
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/arcadiarose/tb/27121789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by arcadia_rose | 2018-09-22 21:40 | 本質を観抜く | Trackback | Comments(0)

未来を創る発想 本質を観抜く視点を語る


by 「 K 」