Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)
こんにちは!

3連休の初日は、親友と家族のBD会、後半は父の実家、静岡へ。

旅の前に、教育現場ちゃん達の写真を整理していた途中、スマホのSDカードストレージが一杯に!
そろそろ危険かも、、と少し前にちょうど新しいSDカードを買ったので、まずは移行をしないと。。

生徒ちゃん達にも写真を送ってあげたかったし、、他にも稼働しないことが一杯あるので早くなんとかしなきゃ(汗)


今は我が家のキャンピングカー(ワーゲンのヴァナゴン)の中で書いています。

もちろんキャンプではなく…お彼岸の祖父の御墓参りと、祖母のお見舞いです。
祖母も元気で良かった。
ひ孫にあたる娘は、真っ先にお世話をして大好きなばぁばぁにべったりでした。
そして、祖母のいる介護施設の皆さんの前でお歌を2曲(Believe&ありがとうの花)を披露し、また随分と可愛がっていただきました(*ˊ ˘ ˋ*)嬉しいね。

私も昔からよく行っていた乗馬クラブにも行って沢山のおウマさんと仲良くして…
父の名前の由来になった、龍神が棲む底なしの御池(諏訪湖にも続いているとか)で行われるお祭りにもちょうど行くことができました。
800年以上続く特別なお祭り(お赤飯を入れたおひつを池で立ち泳ぎしながら沈める奇祭です)を、家族3人、この目で見ることができて感動しました。

娘の学校の宿題もホテルでやって…
簡易の水彩色鉛筆を持参していたので、気軽に水彩画を描いたりもしていました。


さて。
本日はすでに書き溜めていた大好きなさゆりさんとの素敵な時間を記しておきたいと思います(˘◡˘)
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_10431864.jpg
このブログでも数年に渡ってご紹介していますが、、
さゆりさんは、マナーズインターナショナル株式会社の社長さん。

毎回書き添えておりますが…NASAや様々な機関で認められた美しく優しい音響療法を研究されています。
さゆりさんの施術や講義を求めて、世界中から依頼があるのです。
そして監修されたCDブックは常に大人気でランキング上位!私も本屋さんで見かける度に嬉しくなります。
著名な方々にもファンが多く、先日販売された自宅ケア用スピーカーは2日間で完売だったそう!


年に2、3回、ゆっくり至福の時間を共にする、私にとってとても大切な方です。
年齢は母娘ほどに離れていても、親友と呼んで頂き、愛情たっぷりに包み込んでくださいます。

今年に入ってからは娘の入学前頃にお逢いしました。
その時は進学までの想いや、ありがたいご縁、選択する勇気、、自分の体調のこと…沢山聞いてくださいました。

人生の先輩であり、優しい母のようであり、大好きな女友達でもあるさゆりさんには、心のままにお話し出来、いつも安心します。


そろそろお逢いしたいなぁ、と思ってお電話すると、お声を聞いた瞬間、不思議と涙が出そうになって。
さゆりさんも「ちょうど千紘さんのことを考えていたの。すごい。声が聞けて嬉しいわ。」と。。


前回も銀座のとっても素敵な中華店だったのですが、、

この日は皇居外苑の側にある、五つ星ホテル『ザ・ペニンシュラ東京(The Peninsula Hotels)』にて、美味しい中華をいただきました。
※このバジル色のクラシックカーとペンサイクルも素敵!いつもはただ眺めているけど、、せっかくなので(˘◡˘)
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_12352040.jpg
ロビーラウンジの上にある小さなバルコニーでは生演奏が流れており、頭上から響く音楽にうっとり。

コンパクトですが、心地よい空間です。
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_18085697.jpg
待ち合わせより早く着いていたので、ホテルのブティックを見ようかなと行ってみると、店内でさゆりさんとバッタリ(笑)
「千紘さんや一加さん、皆さまに何かお土産をと思って…」と微笑まれ(涙)なんとまぁ。。

「食事の後にまた来ようね!」と言って、2人で仲良く予約していたお店へ。

そういえば、前日の夜にお電話でどこにするか決めている時のこと。
いつも、ササッとさゆりさんが素敵なお店を予約してくださって、恐縮ばかりなのですが…この日は一緒に検討して、それも楽しいね♪なんて言いながら、2人でキャッキャと笑いながら考えていました(笑)

そんな様子を、主人が「さゆりさん、本当に素敵な大人の女性なのに、ちぃと話していると少女みたいに可愛い方なんやなぁ。ちぃも嬉しそうで、良かったねぇ。」なんてニコニコ(笑)

さゆりさんにもお伝えしたら大笑い(笑)
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_18273489.jpg
お店は【ヘイフンテラス (起鳳臺)】さゆりさんがランチミーティングでよく利用されているとのこと✩.*˚

通していただいたウェイティングルームも、とても綺麗でした。

そして、お席も最高に素敵!
写真だと上手に伝わりにくいですが、小さなお家のように可愛い窓がついていて。
そこからお料理が運ばれてきます(*ˊ ˘ ˋ*)

静かで穏やかな空間。。
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_18312986.jpg
仕事だと素敵なお店に行ってもお料理の写真を撮ることはほぼないし…女同士のお友達ならこういう楽しみ方もできるね、と2人でニッコリ。

さゆりさんの素敵なお召し物のお陰でさらにテーブルが華やかに♡.*˚
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_18572459.jpg
美しいお食事の写真って、やっぱり思い出に残したいけど、あまりお行儀がね…なんて話しつつ、気づけば「あ、撮り忘れちゃった」なんて事ばかり(笑)

前回はすっかり忘れてしまいましたし(;´∀`)

今日は比較的残せた!(笑)
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_18403756.jpg
普段はほとんどお酒を頂きませんが、シャンパンも口当たりが良くて、スッと頂けました。

お料理も優しいお味で、量も程よくて。

食後の飲み物もアレルギーを伝えるとカフェインレスの菊茶にしてくださり、とっても美味しかった!!
そして、この箸休めの胡桃の飴炊きがまた美味しくて✩.*˚
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_18452393.jpg
自然光たっぷりの、皇居が望めるお席もありましたが、奥のこのお席はとにかく落ち着く空間で、、大正解だったね!と(˘◡˘)

是非また利用したいです♡.*˚
こういう場所、娘もうっとりして喜びそう(笑)

そして、ご馳走になってしまった上に、最初にバッタリ逢ったブティック&カフェにて、素敵すぎるお土産とプレゼントを買ってくださいました(涙)…(TwT。)わぁ

先程いただいたヘイフンテラスオリジナルの胡桃の飴炊き(母も大好物)と、ページボーイの格好をしたホテルのアンバサダー・ペニンシュラベアのチョコレートクッキー
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_18500784.jpg
ペニンシュラベアの全身をかたどったチョコは、プレゼントに利用したことはあったのですが、このクッキーは私は初めて♪なんて可愛い!
チョコも分厚くクッキーも食べ応え十分、さゆりさんとの楽しい時間を思い出しながら少しずつ頂きました♡.*˚

そしてそして、、
娘の誕生日プレゼントにと、ペニンシュラベア(ページボーイ)のぬいぐるみ!!
可愛いいいいいいい!!

娘、大喜び!!!

「なんて書いてあるんだろう、、ぺ、ペニィン、ペニンスゥラ?」

だよね、私も前にそう読んじゃったよ、、、(笑)

ポケットなどの細部まできちんと縫製された着脱も可能な、品の良いくまちゃんです。
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_19291750.jpg
『ペニンシュラちゃん』と呼ぶことにしたようで、お礼の動画を撮りました。
「この子は、お家のドアを開けたり閉めたりしてくれるんだね。忙しいねぇ。頑張り屋さんだよねぇ。」と(笑)

次の日のお誕生日は、もちろん、この子を抱いてお出かけでした♡
前回のブログに載せた美術館の写真のあちこちに写り込んでいます(˘◡˘)


本当に本当に、ありがとうございます。。



さゆりさんとは、逢うたびいつも「きっと、今の人生のずっと前から、何度も出逢って、何度もこうして一緒に過ごしてきたんだろうね」と話しています。

出逢った瞬間からずっと、心惹かれ合う、大切な人です。
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_19292148.jpg
温かな癒しの時間を、ありがとうございました。



それから。。全く話は変わりますが。。

スマホのストレージについてのメモ(汗)

スマホは、Galaxy Note9を使用しています。
内部ストレージが128GBと大容量。
現在は、SanDisk 256GB Extreme PROというSDカードを使っていて、かなり快適に使用していたのですが、どうしても仕事の動画を持ち歩かないとならないので、やはりすぐに埋まってしまう(´‐ω‐)
※そして、娘の写真や動画も(笑)

動画はiPadに入れて分散していますが、、、
私は写真や動画だけはクラウド管理に未だ抵抗があって、どうしてもカードなどの外部ストレージに頼るしかない。。

自宅では3TBの外付けを利用したMacBookPROを利用しているので、問題ないのだけれど、、

Galaxy Note9は、外部に最大512GBのmicroSDカードを追加できるので、やっぱり最初からMAX容量を入れれば良かった。。

もう、そういう時に限って、仕事のデータもプライベートも色々重なって、しっちゃかめっちゃかに。


急いでこちらを購入。
これまで同様のSanDiskにすべきかすごーく迷いましたが、随分前からこれもいいよ!と聞いていたので、スマホの会社と同じSamsungの512GB EVO PlusのmicroSDXCカードにしました。
Amazon限定、というものを買いましたが、、ドキドキです。。
これまでヨドバシかドコモのお兄さんに選んでもらっていたので(;^ω^)
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_10475055.jpg
SDカードはどんなに高価なものを買っても、当たりハズレがある、、なんて言いますし、うまく行くといいなぁ。
(私はこれまでに10枚以上購入して、確か1度大変な事件が起きた気がします)


旅行中、車で移動しながら作業をしようと思った矢先。
暑さもあって目眩と吐き気が酷く、熱中症みたいな感じになってしまって(涙)

夏はなんとか乗り切ったのに、季節の変わり目の台風の気圧にやられてしまったかも。。あとは連日の睡眠不足。今週は本当に本当にドタバタだったからかなぁ。。

テーブルから落ちないように滑り止めまでセッティングしたのに(笑)
ほとんど大した作業もできず、、
相当ぐったりな移動に(ˉˡˍˉ )

そしていまだに頑張ってくれている、ポケットWi-Fiちゃん↓
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_12351672.jpg
頑張ってくれているといえば、、、

主人です(笑)


主人も、誕生日を迎えました!!
おめでとーーう!!!!!

帰宅した主人に、娘がお部屋を真っ暗にして、昨年かぁか(義母)から貰ったバースデーカードの音楽を流し、お祭りで当たった光る魔法の杖?を持ちながら踊り、、、

曲が止まると
「パパは、まだイケる、41歳!!おめでとう!!!」

7歳になりたての娘の、ナイスなフォロー付きの祝辞でした(笑)
※左側、映画『アバター』みたい!
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_21062002.jpg
まだイケるみたいなので、きっとこのまま、お仕事も私と娘のお世話も、変わらずにしてくれることでしょう。。

泣けてくるほど優しく、仕事熱心で、果てしなく尽くしてくれる彼に、尊敬と感謝で一杯です。
お義父さん、かぁか(義母)、彼を産んでくれてありがとう。

天井に映ったキラキラよりもパパを見ちゃうくらい、娘もパパが大好きなんだね…(˘◡˘)
…いや、パパの顔がいろんな色になって面白いのか?(笑)
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_21065283.jpg
平日だし、特別なことはいらないよ、との事だったのと、数日後に親友と一緒にお祝いもする予定だったので…

ピーマンの肉詰めを母娘で作ってお祝いしました(笑)
※私の作るピーマンの肉詰めは、お豆腐と鳥挽肉で蒸し焼きにするのでヘルシー!ちょっと自信があります( ̄∇+ ̄)

ま、誕生日らしくはないけど、みんなが大好きなので、いっか(笑)
主人も喜んでたし♪

それに、数年前に娘が描いたパパの絵が、まさかのピーマンだったのが忘れられなくって(笑)
※パパもピーマンもどっちも好きだから、だそうです。

(過去にブログで使用した写真から抜粋。ソウルメイトであり、娘の英語の先生でもあるILLYAも、大爆笑の図。)
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_08574349.jpg
我が家のパパは、中身がいっぱい詰まった、自慢のピーマンパパです(T▽T)あっはっは

おまけ。
天井も面白いけど、床も面白い、と発見して遊んでいた娘。
ひかるニャンコ、、だそうです。

光って、本当にいつまでも夢中になれますよね。
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_21061640.jpg
では。。

……………………………………
癒しのランチ…ペニンシュラちゃん♪(と主人のBD♡)_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-09-23 17:05
TOPへ
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。
こんにちは(˘◡˘)

先日は教育現場の生徒ちゃん達の文化祭。
本当によく仕上がっていて、、大感動(&大爆笑)でした!!
次回、讃えまくり褒めまくりの長い記事になってしまうことでしょう(笑)

みんなが主役の日なのに、素敵すぎる誕生日プレゼントももらってしまいました145.png
そして卒業生ちゃん達に会えたことも、大きな贈り物。。


さて。。

少し前ですが、、娘、7歳になりました✩.*˚

義両親、両親からも、色々お祝いをもらいました。
普段使いから、七五三関連まであるので、またいつかその頃に(˘◡˘)
ありがとう。。。
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_22583083.jpg
その誕生日直前に、とても嬉しいことがありました!!!

なんと、、夏娘が夏休み中せっせと取り組んでいた自由研究の作品が、学校で賞を頂いたのです〜(涙)

(作品の詳細は伏せますが、、、)
娘は、学校の図書館で夏休み前に借りてきた絵本をみて『本を書きたい』とずっと言っていました。
その後も、何度か「作ってみる!今から描いてもいい?」と宣言されていたのに、ちょうど出かける前だったりで「ウンウン、素敵だね、でも今すぐはちょっとできないね」ときちんと聞いてあげれていなかった自分もいつつ、大きな熱意があるのは感じていました。

でもまさか、それを自由研究にするとは思ってもみませんでした。

「自由研究っていうのはね、何か作ったり調べたり、お休み中に時間をいっぱい使ってやってみるの。」というと、
「そうか、、、、、じゃあ、絵本を作ってもいいの?」と娘。

早速、自分のノートにお話を書き出しました(笑)
起承転結、、、にはほど多い、転、転、転、転、転…結のような内容です(笑)
まぁいいじゃないの?なんて夫婦で微笑ましく見守っておりました(;´∀`)

でもよく読むと、ちょっと不可思議で、温かく、なんだかホロリとする。思いがけない言葉達が紡がれていて、驚きました。

それをどうやって描くのだろうと思ったら…そこも娘らしい、好きなことを気持ちのまんま、言葉を形にしていました(笑)

毎日職人のように夢中になっている娘をみて、
当初私が「1年生の自由研究って、どうなるのかな…」なんて若干心配していたのが恥ずかしくなってしまいました(;´∀`)

娘は途中までできた段階で「〇〇先生(担任)に見せに行こう!」と言い出したので、
「それはダメ、みんなでせーので先生に見せなきゃつまらないよ。」というと「後はお・た・の・し・み♡って言えばどう?」なんて言っていました(笑)
(もちろん、始業式まで秘密で持って行きましたが。)

※タイトルの文字のデザイン、"縁どり文字"(でいいのかな?)が好きな娘です。
数年前、1〜60の数字を1分置きに縁どり文字で描く、という謎の遊びを1人でやり出した時は、何事かと思いました(;´∀`)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_05404076.jpg
でも、それほどに、形になっていく自分の創造世界が、誇らしげだったのでしょう。
嬉しくて誰かに見せたい気持ちって、いいですよね。。

その気持ちこそ、娘が借りてきた絵本が伝えたいことそのものだったことにも感動しました。
学校生活の中で、自ら出逢った心なんだなぁ、、、と。

話せば長くなりますが、過程には素敵な出逢いや、娘らしいポイントが沢山あります。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
題名は『
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
偶然にも7文字で、7色が収まっている奇跡(笑)

思い出に表紙と背表紙だけ載せよう♪

このファイルに入れるのは本当に大変そうでしたが、足で支えて必死に入れていてまさに職人のよう(T▽T)あはは
なんの職人だろう(笑)

そして、製本?するのにホッチキスで止めようか、セロハンテープでくっつけようか、リングを買うか、、悶々と悩んでいましたが、「縫う!!」と言い出し、またまた衝撃(汗)

大切に保管していた数々のリボン(ショップやお菓子やプレゼント包装についていモノたち)から探し出し、本当にファイルをリボンで縫っていたのには驚きました(笑)…縫うって、そういうことか!
リボン結びにはまっているので、案外オシャレに結べているかも!

家には、医学生かと思うほど、娘の色んなものがリボン結びされています(笑)

個人的にはこのリボンがかなりお気に入りです。
よくたどり着いたなぁ〜(笑)

学校に提出したら、早速解けたらしく、何度も結び直したそうです(そういうのもいい経験!)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_01352133.jpg
世界で1つだけの絵本。
素敵な夏休みの自由研究に出逢え、よかったね。。

学校で展示していただいている作品には、それぞれ生徒が学校で書いた説明の紙がついており、娘の文末には『みんなが なかよくみてほしいです。たのしみです。』とありました。。


担任の先生からの表彰状に「お話も一加さんらしくて素敵です」と書いてくださっていました。そんな言葉をくださる先生に愛情を感じます。
ウチのクラスは、担任の先生の計らいで急遽、全員に表彰状をくださったそう。それほどに、素晴らしい作品が集まったのだそうです。とっても素敵なことですね(˘◡˘)
娘はそれとは別に、学校で表彰式をしてくださるのだとか…わぁ。

また、仲良しのパパさんが読んで「全部に感動したー!」と言ってくれて、とっても嬉しかった。。

ちなみに、主役の鳥さんは、、、
娘が数年前から気に入って描いている『クチバシからの、くち』の、これまた不思議な鳥さんであります(爆)
そんなところも、世界に1つ、かもしれませんね(*ˊ ˘ ˋ*)



学校といえば。

先日、ついに娘の歯が抜けました(笑)
…が、抜けたのが学校の校庭!!

担任の先生から「ボール遊び中にボールではなく、お友達とぶつかってしまい、気づいたら無くなっておりました。探しましたが見当たらず、見つけ次第お届けします。」と(笑)先生、、最高です。

校庭は白い砂なのです。。。
なおさら見つからないでしょう。
まず歯が見つかっても、それが娘のものなのか?(笑)
白い校庭が、全て歴代の子供達の歯だったらどうしようという想像すらして、なかなか衝撃的な記念すべき1本目の思い出となりました(笑)

ちなみに、娘は数日、随分と探したらしいのですが「やっぱりなかったの。妖精さんが持っていったのかなぁ。」と。
それは、違う国の言い伝えだね。。。まぁいいか(笑)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_02113268.jpg
↑で、『この人』は、仲良しシズちゃんです(笑)


あぁ、お誕生日当日のお話を!!
もはや終わらない気がします(爆)

その日、娘が学校から帰宅する前に、驚きの再会がありまして。(ちょっと慌てていたので近くまでお迎えに行きました。)
すると私のお仕事でお世話になっている音楽家の真央くんが仕事で通りがかったのです。
幼い頃に娘を何度か抱いてもらったこともあり、、娘の記憶には残念ながらなかったものの、優しいお兄さんに癒され、幸せ気分。

と、思いがけない出来事は他にも続きましたが割愛!

なかなか帰宅できずにいて、慌てて帰ると、娘の背よりも大きなダンボールを運ぶ業者さんが、ガッカリうなだれて運んでいるのを見かけ、思わず「あの、、」と声をかけると
「○○(部屋番号)じゃないですよね、、」
「それ、うち!うちです!」

間一髪、受け取れて、
大きな箱を開けると、、、、

プカ〜〜〜っと、風船が浮き上がりました!!!
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_01570741.jpg
なんと、仲良しシズ&彼から、家族みんなのBDだからと、日付が真ん中の娘の誕生日に合わせて贈ってくれました〜!!
わぁお〜

サプライズが得意な彼女。
風船&お花が大好きな私たちにぴったり!!
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_01571022.jpg
本当にありがとう。
いつもながらなかなかデンジャラスな送り方(詳しくは割愛w)をしていたにも関わらず、ちゃーんと奇跡的に当日に受け取れたのも、彼女らしい(笑)

そして、娘は
誕生日に何が欲しい?と尋ねたら「お花がいい179.pngと言っていたので。。

この日、主人が大きめのアレンジを買おうと思っていたのですが、、
この風船&お花が届いて、娘の心は満たされてしまいました(*ˊ ˘ ˋ*)

パパ、、、「またシズに持っていかれたー!」とか言いつつも(笑)とても嬉しそうでした。

ありがとう!!!!!


それから、、
少し前には、名倉時代の仲良しお姉さんレイちゃんから、可愛い『春摘み苺アイス』という冷凍いちごに練乳を入れた可愛いアイスが沢山届いて、冷凍庫がいちごでいっぱい(30個)になって可愛かったり♡.*˚

よくしていただいている大ベテラン舞台スタッフさんからも、愛情たっぷりのバースデーカードが届いたり…
宛名を見ただけで、娘は『山じぃだ!』と(*ˊ ˘ ˋ*)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_02151835.jpg
そうそう。

当日のおでかけ。

娘の一番のリクエストだったのはゴッホ展でしたが、まだ公開前で。。
もう1つ気になっていた『ミュシャ展』in Bunkamuraへ。

*髪の毛は、学校にして行った三つ編みを解いただけの、適当ふわふわヘアーですがちょっとガーリー感が増しますね(笑)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_02242103.jpg
↑娘が抱いているクマさんは、私が大好きな女社長さんから頂いた誕生日プレゼントです。
それも、今度載せます!素敵すぎるので(涙)

今回の展示は、カメラOKなコーナーも用意されていて、、
それも贅沢なほどに作品が公開されているコーナーだったので驚き!!

でも、反射してしまったり、照明が写り込むので…娘の後ろ姿だけにしました。
前回も書いたように、娘を通して作品を感じることが何よりの喜びと楽しみな私なので、こんな写真が撮れたこともとても有り難かったです!!
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_02242423.jpg
ここからは、恒例のグッズと一緒にご紹介。

娘が気に入った作品を中心に、今回は控えめに買ってきました(笑)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_02373556.jpg
図録が可愛い!!
落ち着いたゴールドと絶妙な柔らかいピンク、、
今回のメインポスターにも起用さえている『舞踊』が、こうして角度を変えただけでまた異なる色っぽさと甘さが出ていて素敵。。

娘は、、この作品にもかなり惹かれて長く見ていましたが、、

展示の最初のコーナー、ミュシャのルーツ、ミュシャ様式が築かれるまでの資料にあった
仏語版『装飾の文法』(オーウェン・ジョーンズ)に、娘がかなり長く見入っていたのが印象的でした。

また、ミュシャ作品で一番好きだったと話すのは『浜辺のアザミ』(右側)でした。
『崖に咲くヒース』との2点1組の装飾パネルです。
「お花を持って、とっても優しそう。ちょっとママみたい。」と言ってくれました(涙)

・・・こんなことを言っては何ですが、コンプレックスの顎をお花でちょこっと隠している辺りが似ているのではと思ってしまった自分には遠い目です。。(そしてこの作品は顎を隠している訳ではないでしょう…)


『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_02483856.jpg
そんなヒースとアザミが裏表になったWファイルと『舞踊』のファイル、、
娘が選んだ『装飾資料集 図45』のノート。
『ヒヤシンス姫』のマルチクリーナー
『舞踊』のマグネット。。
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_02484149.jpg
さぁディナーです。。。

これまではディズニーに行ったり、面白いお店を予約したり、義両親と旅行をしたり、、、
娘の誕生日は何かとイベントを入れていましたが、今回はなぜか呑気に構えてしまって。

会場を出て、Bunkamuraの中でお食事&バースデーのデザートを…と甘い考えでいたら、、
この日は貸切やらでどこもできず(涙)

普段なら、美術館とのコラボデザートなどでも誕生日仕様にしてくださるそうで、期待をして行ったのですが、予約しなかった自分が愚かでした。。。もぅ!

実は、娘は何度聞いても「ケーキがあればいい♪いつものタカノでもいいなぁ♪」なんて言っていたから、パーティーチックなことしないでいいのかなぁ、と夫婦で色々模索していたのです。


とりあえず仕事終わりの主人と待ち合わせをしている間に色々めぼしいお店に連絡をとるも、渋谷付近は喫煙のお店も多く…お腹は空いてくるし、、、
だんだん途方にくれてきた私でしたが、娘は「何とかなるよ〜♪大丈夫(˘◡˘)」と。。オロオロもブーブーもしない。
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_03252513.jpg
しばらくすると娘の空腹も限界(笑)併設されている東急で何か無いかと探すと「うなぎがいい!」と。
(空腹時のうなぎの写真ほど惹かれるものはない、我が家です。)
でも「うなぎの後に、どんなケーキが出てくるかなぁ?」と聞かれ「いや、、鰻屋さんは、多分あってもメロンだと思う。。」と言うと「あぁ、、じゃあうなぎはやめとくよ…」と( ºΔº )

そして、よく聞いてみると「あーちゃん(私の母)の時みたいなことしたいのよ。。」と!!
母は今年の誕生日にエビ専門店へ行くと、お店の方から予想以上に派手な演出でお祝いをしてもらったのです(笑)

お誕生日は、親友も交えてお食事に行くから、この日はケーキがあればいいと言っていた娘だったはずが、、「今、思い出したの。あーちゃんの時みたいに、お店の人がおめでとうって言ってくれるの、してみたい。」と!!!

ヒョエーーー-(;゚ロ゚)-!
何度も聞いたじゃーーーん!!(とは言えず)
「そうかぁ、、昨日さぁ、タカノがいいって言ったからさぁ〜今度まとめてお祝いだねってさぁ〜(汗)もっと聞いてあげれば良かったねぇ。。」
「ううん、違うよ。だからね、今思い出しちゃったのよぉ〜何とかなる??」と娘、切実。

でもこんなに突然願う娘は本当に珍しい。
叶えねば!!

もう夫婦で必死!

主人は「新宿までタクシーで行って、いつものお店にお願いしよう!」とか、もうしっちゃかめっちゃか。

そこで、私が「確か洞窟みたいな、地下に池やピアノもあるお店に20代の頃何度か行ったような。可愛いことしてくれたはず!」と思い出し、お店に勢いで行ってみると、「今日は予約でいっぱいだけど…オッケー!誕生日もしっかりやるよ!!任せて!でも席は個室じゃないけどいい?」と外国の支配人?さん(涙) 全然いい!!

娘をみて「いっぱいお祝いしてあげるよ!!」と(涙)
感謝感激。。

そして、、、店内が暗くなり、、
バースデーソングがかかり、お客様全員にお祝いしてもらえての、こちら!

娘の顔(笑)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_03375261.jpg
花火もつけてくれて、、沢山の人が笑顔で拍手してくれて、近くのお兄さんたちもハイタッチしに来てくださったり、、娘の希望が叶い、本当によかった。。。(涙)
(デザートの内容も、食べやすく変更してくださいました。)

ケーキを食べていた手が止まって、どうしたのか聞くと
「…6歳だった頃をね、思い出しているの。歯もあったしね、ちょっと、ちぃちゃかったじゃない、、6歳もよかったよねぇ。7歳も、きっと素敵よねぇ。」ですって(笑)あはは
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_03395169.jpg
ともかく、全ては、この方のおかげ!救世主!
同い年の息子さんがいらっしゃるそうで、娘のこともとっても可愛がってくださいました。
また普段にも利用したいと思います。

本当にありがとう!!!!!
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_03401723.jpg
そしてそして、、
お店にいる間に、さらなる大感動がありました。

娘のボーイフレンド君のママから、動画が届いたのです。

少し前、彼のBDの時、娘が「おじいちゃんになっても、ずっと大好きよ」といった甘〜いお祝い動画を送ったのですが(;´∀`)
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_04043116.jpg
そのお返しの動画かしら?なんて期待して開いてみると、、


まさかの!!!!!

ピアノを奏でている!!!
7歳のボーイフレンド君から、ピアノ演奏の贈り物とは、なんて素敵な!!

しかも、曲名はギロックの『教会の鐘』のアレンジ版。

これがまたいい!素晴らしい!
原曲より少しゆっくりで柔らかいのです。

そして7歳とは思えぬ、情緒溢れる音の扱いに、ボロボロと泣いてしまいました。
おぼつかない部分もありますが、小さな子が一生懸命弾いている、、を超えた、味わい深い演奏でした。持って生まれたものでしょうね。。

すぐさまお礼の電話をして、R君には、音楽の神様がついていると思う。音色で心を動かすってすごいことだよ。涙が止まらないよ。」と伝えると、
「僕ね、暗譜したんだよ!」
「そうかぁ、、でもね、R君は、頭じゃなくて、心で弾いてるの。だから感動したの。最高だよ!」と興奮する私。

娘も「また大好きになった」と(*ˊ ˘ ˋ*)そりゃそうだ!!
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_04141707.jpg
※掲載許可、頂いています(汗)
聞くと、このキーボードは、パパさんのお下がりだそう。
愛情あふれるご家族からの、素敵な贈り物でした。

これからも、仲良くさせてもらえると本当に嬉しいです。

やっぱり、芸術って『心』ですね。。。


それから。。
娘の空手のことを少しだけ。

主人にお任せをしている空手。
この間、久しぶりに私も見学しました。

黒帯はじめ、様々な色の帯の大人の方々に混ざって、1番おチビちゃんな娘も「押忍、気合入れて!いーち!にぃー!」と掛け声の係もさせて頂いています。
平等に扱っていただき、嬉しそう!
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_04353882.jpg
重心の置き方や、細かな動きの違いが沢山あります。
難しい型の訓練の掛け声の時は、娘も声と動きが混乱して「さん!しぃ!…ん、ごぉ!ろぉぉ…っく!せっ、、セブン!!!あ…(汗)しぃち!!はぁぁちぃぃぃ!!!!(やけくそ)」なんて一幕もあり、そんな娘の掛け声に合わせて訓練する皆様に申し訳ないやら、もう。。

夫婦で色々と堪えるのに必死でした。

ですが、お師匠さんは「型はじっくり丁寧に。どんなシーンでも精神を統一させ軸をブレさせない特訓になりますから。いっちゃん、大丈夫だよ。」と日頃より声をかけてくださっているようで…娘は心折れることなく、いつも大きな声で挑戦させて頂いているのだそうです。

お師匠さんには「冬には帯の色が変わるように、個別稽古もしよう!」と言っていただいたとか。
感謝しております。。

武道も『心』!!


そういえば。。
Bunkamuraに行くときのこと。

渋谷の街は、若者(と言う私は、いかに歳をとったかw)に溢れ、賑やかすぎるし、まっすぐ歩けないし…私はドキドキしてしまいます(汗)

でも娘は「よかったよ…私の誕生日にね、みんな元気で、こんなに人がいっぱいいて、みんな楽しそうで、よかったよねぇ。」と嬉しそうに言いました。

街ゆく人々をみて、そんな風に感じるのだと、何だか嬉しくなりました。。

(誰かがお祝いしてくれている訳ではないし、娘もそうは思っていないようです。)


まずは心の平和を大切にすること。
それだけで、世界の見え方はいかようにも色づくものですね。。

ある方が娘についておっしゃいました。
「人を傷つけたりしない子です。そして、自分も傷つけない。優しくて逞しい子です。」

心から嬉しかった一言でした。
生涯、忘れないでしょう。

明日はわからないのが、人生ですが、
今の娘から、沢山の希望をもらっています。

娘と出会えたこと、感謝しています。


そして、来年のお誕生日は、計画をきちんと立てたいと思います(ˉˡˍˉ )


……………………………………
『ミュシャ展』『教会の鐘』『とりさんのにじ』…娘、7歳になりました。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-09-17 18:47
TOPへ
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。
こんにちは。

昨日は、大好きな方と、素敵なホテルでランチ。
心身癒される、至福の時間を頂きましでした…
また今度、思い出を記したいと思います(˘◡˘)
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_12171379.jpg
台風、、、

千葉はまだ停電が続き、本当に心配です。
気温の変化が激しく、きっととてもご苦労されていると思います。。

1日も早い復旧と、被害が最小限でありますよう願っています。

………………………………………………
娘が、貝殻に耳を当て、海の音を聞いていた時、

「この貝殻、、お電話ができるかもしれない」と言い出し、
※↑繋がらないのはわかった上で(笑)

私の指導している教育現場の"学校のお姉ちゃんたち"と、私が名倉カンパニー時代から仲良くしてくれているお姉さん(レイちゃん)に、「台風、大丈夫だった?」という電話をかけていました。

で、相手先の声も自分でやっていて、だいぶシュールなことになっていましたが、彼女なりにとても心配していたのでしょう。

「雨がザーザー、風がビュンビュンでお外、大変だったけど大丈夫?眠れた?
私はね、ぐっすり眠れたんだけどね、ママはドキドキして眠れなかったって、、」と言った内容でした。
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_11552299.jpg

さて。
先日、38歳になりました。

あとちょっとで40代!

わぉ…ちゃ、ちゃんとした大人になれているのかしら。。。(ˉˡˍˉ )
娘は「ママは28歳になるんだっけ?」と嬉しい間違いをしていますので、そのままに。ニヤリ。

個人的に、今年は、大きな大きな節目の年。
ここ2年ほど、とにかく体調が優れないことも多かったり(情けない)、実は本当に色々不安だったのですが、無事にまた1つ年を重ねました。

環境、周囲のお優しさと、家族のお陰です。
果てしなく私を守ってくれている主人のことを語ればキリがありませんし、6歳の娘はますますいっちょこまえに大きな懐で私を支えてくれて(笑)心底助かっています。

両親や、大阪の義両親にだって、どこまでも甘えています。。
「ちぃちゃん、ずっと、そのまんまでいてや。」と言う義母の言葉に、ただただ涙しています。

命、存在、役目、できること。
沢山考えた1年でしたが、そんな私の心をスッポーーーーンとトリップさせてくれる、温かくて色鮮やかなエネルギーにもいっぱい出逢いました。

メールやメッセンジャー、LINEなど、個人メッセージも沢山いただきました。
お久しぶりの方が思い出してくださったり、色んな現場の方々が素敵な近況(いわゆる宣伝ではなくw)を添えてご連絡頂いて。
誕生日ってありがたいなと思います(˘◡˘)

日付が変わった瞬間に、仲良しのシズから謎すぎるLINEスタンプが連投され、しばらく困惑。
そもそも自分が誕生日だとすぐに忘れる私は「え…」とだけ返してしまい(笑)

主人は「日付が変わる前から、2人で『前夜祭だね』って言いながら一緒に乾杯(ノンアル)したのに、また忘れたの?」と。


ちなみに、シズには丁寧に説明をしてもらいましたが、ワタクシ、まだ彼女の領域には達していないようです(笑)あはは


教育現場の卒業生ちゃん、引退生ちゃん、現役ちゃんから、感動&爆笑の動画、なんとも豊かに綴られた愛情ったっぷりの素晴らしいメッセージが沢山、沢山、届きました。

ゆっくり、じっくり読んで、観て、…泣いて(TwT。)
少しずつ、丁寧にお返事しています。


こんな風に、誰かを想い、心を届けられる彼女達。
ご家族様はお幸せだなぁと感じます。

そして、我が娘も、そんな素敵なお姉さんになってくれたらいいなぁと願っています(˘◡˘)


生徒ちゃんはもうすぐ文化祭!
私が個人的に熱望した出し物?も再演してくれることになり、さらに楽しみが増しています!

彼女達のとの嬉しい思い出は積もりに積もっておりますが(汗)
撮り貯めた写真と共にまとめて記します♪すごく長くなりそう(笑)
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_09112974.jpg
さて誕生日当日は。。
朝から娘の授業参観(4時間まるっと)に参列し、担任の先生のご指導ぶりに改めて感動し。。

そのあとは娘の空手に、久しぶりに同行。
普段は主人が付き添いをしています。私は距離を置いて応援すると決めていますが、娘が「今日はママも観てて?」と言うので(*ˊ ˘ ˋ*)
(空手のお話は、娘の誕生日のお話と一緒に!)


その後、お花を買ってもらいました。
お花を持ったままお出かけもするので、小ぶりのアレンジに(*ˊ ˘ ˋ*)

もらう側の私も一緒にいるので、主人と娘が選んでくれているのを見守る、、というちょっと変な構図に(笑)

「パパは、この紫がママっぽいなぁって思う。」
「わたしはこっちの青と白の方がママっぽい。」

「…やっぱりこの紫にしようよ。」
「でも、ママは白が好きなのよ。青と白の方がいいわよ。」
「…パパは絶対紫がええなぁ(関西弁モード)」
「……そう。うんいいよ。紫もね、パーポゥも綺麗よね。ママ、このお花でいい?」

「あ、はい(笑)青と白のお花も素敵だけど、じゃあ、パーポゥにしてもらおうかな!」

温厚な娘も、パパにはそれなりにガツガツ主張します(笑)
それが楽しいし、好き。


ピックも、黒、白、赤の中から黒をチョイス。
とってもシックな花かごになりました。
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_12183761.jpg
本当にありがとう(˘◡˘)
その後は、上野の美術館へ。

国立西洋美術館開館60周年記念『松方コレクション展』

主人のクライアントさんから、ご招待を頂きました。
(本当にありがとうございます。。)

何度となく訪れた場所ですが、娘は夜の美術館が初めてでしたので、ますますドキドキと胸を高鳴らせていたようでした(*ˊ ˘ ˋ*)
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_09192781.jpg
『最高の絵を見せてやりたいーーーモネを口説いた、男の夢。』

しびれます。。

娘の好きなゴッホをはじめ、
モネ、マネ、ゴーガン、ルノアール、ロダン、ムンク、ミレイ、セザンヌ…名作が約160点
なんて豪華なライナップ!


作者の心とその歴史に触れた様々な人の感性が、静寂な中に飛び交う、穏やかで整った空間が本当に心地よい。。

娘は両手を後ろに回し、足元の観覧ラインを確認しそっと近くに寄ったり、周りを見てから、少し離れて見上げたり、また側によって、説明書きを読んだり…いや、そこは漢字が多くほとんど読み取れていないので、理解した気になって、ですね(笑)
でも、作者の名前を一生懸命知ろうとしていました。

そんなおしゃまな様子は、周囲の素敵な大人の方から学んだのだと思います。
ふと見ず知らずの方の佇まいに憧れ、真似っこしてはちょっぴりお姉さんになって。。

親の言葉や在り方ももちろん大切だと日々痛感しておりますが、、やはり社会が心を導き、育んでくれるものだなぁと…こういう時に深く思います。
(もちろん、逆の哀しいことだって、多々ありますよね。。)


…私は、昔からカタカナが苦手だったり、お恥ずかしいほど知識は乏しいのですが、美術品が好きで。。
娘の背中から、改めて学ぶことがたくさんあり、愉しんでいます。

主人が横にいたこともあり、この日、私は時々1人で館内の椅子に腰掛け、幼い娘越しに名画を眺めていたのですが…
その時、係の方に「娘さん、楽しみ方をご存知なのですね…」と小さく、声をかけてくださいました。大変に恐縮でしたが、母としての喜びは表現しようがありません。

各所の係員の方や、周囲のお優しい方が、娘に微笑みかけてくださったり、ふと目が合い、言葉なく作品を共有してくださったり。

入場前、クロークに荷物を預けた時も、係りのお姉さんは娘に「行ってらっしゃい、楽しんでね。」と優しくささやいてくださり、娘も小さく手を振り「ありがとう、行ってきます。」と。

私にとっての平和とは、まさにこういう瞬間だな…最高に幸せを感じました。

世界の名画は、幼い子供含め、多くの人々を、美しい世界へと導いてくれます。

美術品を観ることだけでなく、その空間に存在する全てを楽しみにいらっしゃる方もきっとたくさんいることだろうと思います。


ちなみに。
この日の娘のお供は、、
昨年、私の母が贈ってくれたキーウィファミリーの、キーウィママです(笑)
とってもリアルなので、あちこちで声をかけられます(;´∀`)
※主人がキーウィハズバンドと呼ばれている事にちなんだ母のチョイスです。

1つ上の看板との写真や、撮影OKゾーンのデジタル復元版『睡蓮、柳の反映(モネ)』にも写り込んでいます。
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_09534011.jpg
素敵なカップルさんに「キーウィも美術館を楽しんでね!」と言われ、娘も「ありがとう」と嬉しそうでした。
キーウィママは美術館に初めて来たから、きっとドキドキワクワクしているね、と(笑)

キーウィママも、楽しんでくれたでしょうか(˘◡˘)



今回、購入したオリジナルグッズはこちら!
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_10025275.jpg
抑えに抑えて。。(笑)

まずは、図録。
綺麗です。ずっしり♡.*˚

『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_10055086.jpg
娘が今回、特に見入っていたのは『帽子の女(ルノアール)』でした。

どこが好きだったの?と尋ねると
「お帽子がとっても似合っていてね、手がこうしてこうなってて、、綺麗でしょう。」だそうです。

観覧中には耳元で「あとで買ってね♡」と言ったので、オリジナルグッズの事だとはわかってはいますが、おかしくて…主人の耳元で同じように言うと目をまん丸にしていました(笑)

そして、、
『アルルの寝室(ゴッホ)』は、じっくり、食い入るように見たあと私の耳元で「これは素敵。本当に素敵。色もとっても綺麗。」と半ば興奮していたので
「どなたが描いたか、確認しておいで」というと
そーっと説明を見にいって、口を押さえ、目を輝かせて戻ってきて
「ゴッホよ、ゴッホだった!!」と霞のような声ながら、耳元で叫びました(笑)

この作品は、ゴッホが母親や妹のために描いたものと言われています。

今は、ゴッホの作品が、娘の胸にどこか深く刺さるのですね。。
来月のゴッホ展にももちろん行く予定で、娘は心待ちにしています(˘◡˘)


そして「ママ、ここはモネ。全部モネの作品よ。」とコソッと得意げ。

「モネは、ふわぁ〜として、柔らかくて、優しいの。」だそうです(*ˊ ˘ ˋ*)
モネの中では『積みわら』が一番好きだったと言っていました。


また、ムンクの作品は、何故か主人の耳元で随分と絵の説明をしていました。
(娘の勝手な解釈で、どれもなかなか面白いものでした。)
「」


グッズ、、今回は『帽子の女』を中心に♪
マグネットは娘の勉強机に飾って、嬉しそうに眺めています。

(ゴッホ関係はゴッホ展までのお楽しみにしました)

数点セット割(笑)に入っていたものもあります(;´∀`)
ドガの『マネとマネ夫人像』
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_10331112.jpg
『ロダンの考える人』
については、帰りがけに「いつか学校でも教わるよ」と言うと

「…CMに出てる人??腰が痛かったり、いえーい!ってやる面白い人?」と(笑)

え…?
遥か昔にNOVAのCMには出ていたように思いますが(笑)

あぁ!あの青い人か!!!
…どうやらサロンパスの青いCGの人と同一だと思ってしまったようです(爆)
おぉぉ…(笑)


モネの睡蓮とコラボしたゴンチャロフのチョコレート缶がとっても可愛い!!
これまでもこの形の缶で絵画とコラボしていますよね♪

風月堂のゴーフレットとのコラボも、また素敵。。
アルルの寝室もセットになっているし(*ˊ ˘ ˋ*)
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_10381458.jpg
それから、睡蓮のレジャーシート
私の普段の持ち歩き用にと買ったのですが、娘がとーーーっても気に入ってしまったので『お家でピクニック』用になりました(笑)

『モネの睡蓮』の上に座るなんて、夢のよう、いや、恐れ多い!(οдО;)
娘も初めは「失礼します…」と恐る恐る座りましたが、気づけば楽しいピクニックが開催されておりました(;´∀`)
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_10570871.jpg
館内の終盤で、モノクロ動画の上映がありました。
それは、国立西洋美術館の開館初日に向けての準備映像で。

木箱から取り出された名画もいくつか写っており、その中で「帽子の女」がチラリと見えた瞬間、娘は両手をグッと胸に抱え、目を大きくさせていました。

惚れ込んだ作品の60年前の姿に、トキめいたのでしょう。。


娘は今日、お誕生日。

どこに行きたい?と言うと「またあの美術館に行こうよ!帽子の女の子がいる美術館だよ。」と言いました。

ですが、もう1つ行きたいと前から言っていた特別展も閉館日が近く(汗)
娘と考え抜いて、今日はまた別の美術館へ行く予定です(╹◡╹;)


「わたし、どんどん大きくなっているでしょう。こうやってキーウィママを乗せたら、ママと同じくらいよ!」
と、自分の成長が嬉しくてしょうがない気持ちを表現していた娘でした。
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_11374361.jpg
娘の領域にも追いつかねば、と思います(笑)

では✩.*˚


……………………………………
『松方コレクション展』へ。38歳になりました。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-09-13 14:00
TOPへ
大叔父の勲章。
こんにちは。

9月に入りました。
我が家はお誕生日ラッシュ。

お友達や親類も合わせたら、8月の後半からずっとです(笑)

順番にいくと、ソウルメイトの1人である仲良しシズ、義祖母(94歳!)、娘のボーイフレンド君ママ、義母、ボーイフレンド君、私、良くしてくれているYじぃ、娘、主人、親友…と、もうずーーーーーっとめでたい(笑)

確か、娘の幼稚園時代の大切な女の子友達も近かったはず(˘◡˘)

バースデーフェスタ!
カーニバル!!

余談ですが、娘が産まれた日…同じ病院ではその日娘が一番目に産まれ、そのあと立て続けに25人も誕生(未だに信じ難い!)し、病院のベッドが足りなくなって、違う科の遠い病棟に移された方々、とっても大変そうでした(汗)確かに、大混雑でした〜
双子ちゃんとかも合わせて、だったのかなぁ。。

月の引力か何かでしょうか、、なんとおめでたいのでしょう。

娘が無事に産まれた時、見上げると気づけば10人の先生に囲まれていて。
『私が暴れすぎたせいで、こんなに先生が集まってきてしまったんだ…』と反省すると、みなさん「違うよ〜赤ちゃんが可愛くて見にきたんだよ〜」と上手にごまかして下さいましたが、どうやらその後に続く沢山の赤ちゃん達に対応するために、控えてらっしゃった先生方だったようです。


…我が家は、個々のお誕生日当日にはささやかに済ませ(また美術館に行こうかと)、いつかまとめてお祝いしようと思っています(汗)

で、人生3本目の白髪を発見し、落胆している私です。。
そして自分の誕生日はすぐに忘れてしまいます(笑)


小学校も再開。
娘っこは嬉しそうに登校しています(*ˊ ˘ ˋ*)

前回、「夏休みも楽しいし、学校も楽しみだし、不思議な気分よねぇ」と呟いた娘の話を書きましたが…

私は「もっと一緒に居たいな〜、でも学校を楽しんでいるのは本当にいいことだなぁ〜あぁ、複雑。」です(笑)

「ママ、また寂しくなっちゃう?大丈夫だよ。ぬいぐるみちゃんがいっぱいいるしね。」と心配され、なだめられる私でありました(ˉˡˍˉ )

先日、亡くなった、母方の大叔父が大切にしていたものを受け取りに行ってきました。

大叔父は、昨年の秋過ぎに天国へ旅立ちました。
まだ、1年経っておりません。

いつだって助けになってくれ、支えてくれる、
私の「自慢のおじさま」でした。
大叔父の勲章。_d0224894_11363782.jpg

「七色の大きな龍に会ったのよ、鱗同士が重なり合う音も聞こえたんだよ。」なんていう私の話も、信じてくれる人でした。

「そうかそうか、、私はね、青年時代、富士山を両腕で抱えて揺らす夢を見たんだ。それに若き頃の天皇陛下とおままごとだってしたんだぞ。あっはっは。家にはなぁ、金色の龍が住んでいたんだ。なんて話していました。

※家に住んでいたという龍は、蛇さんでは?と疑いましたが、ちゃんと龍らしい顔があって、大きなキバとツノがあって、長いお髭が生えて、光っていたんだそう。大叔父は当時、驚いて父親を呼びに走ったそうです。。。本当に龍だったのかもしれません。。


大叔父はいつも中折れ帽子をスッと被り、長身で、年を重ねても背筋がシャキンとした人でした。
*結婚前の写真ですから、もう7年前ですね。私もすごく高いヒールブーツを履いています(汗)
大叔父の勲章。_d0224894_11472249.jpg

主人と結婚が決まった際、挨拶に行った時のこと。

大叔父の風貌ゆえ、なかなかの威厳が漂っている上に、ただでさえ緊張してしまう空気の中…

しばしの無言からの、

「…君の趣味はなんだね」
カコーン←日本庭園のししおどしの音(笑)

と、主人に問い(爆)

その状況だけでも「漫画みたいなことに…」と、私は色々と堪えるのに必死でしたが(笑)


主人は、ものすごい真面目な顔で膝の上の拳を少し震わせながら
「しゅ、趣味は、、千紘です!!!(私の名前)」と答えました。

私たち家族は感動を通り越して『本気でそんな風に答える人いるのか!?』と、若干引いてしまう程でしたが(笑)
※ごめんね、ごめんね。でも、そんな彼を我が家は大好きです。

大叔父は
「はっはっはっは!!!こりゃ参った!最高だ!それなら安心。君はいい人間だ。千紘はいい人を見つけたもんだ。うむ、結婚しなさい。(←なぜか大叔父に決定権)」と大喜び&大ウケ。

そして、彼のことを、愛おしそうに見つめながら

「千紘はね、ちょっと、ハッキリしてるでしょう。。女としては強すぎる位だからなぁ、、でもいいんだよ、強い方がいい。男はね、優しく受け止める、それで夫婦うまくいくんだから。。」
とニッコリ。

そして帰り、大叔父から手紙を渡されました。

『人間本来無一物』
人間は、本来、何も持たない。
裸ん坊で生まれてきたんだ。
だから生きていくのには最小限のものがあればいい。
欲張らないで、焦らないで、
仲良く生きなさい。

とありました。

夫婦であること、一緒にいること、ささやかな幸せを大切に。
大叔父の言葉は、いつも胸にあります。


そんな大叔父が大切にしていたもの。

それは、
晩年に天皇陛下から頂いた、瑞宝小綬章という勲章です。
大叔父の勲章。_d0224894_09321304.jpg
生前、
「それほどすごくはないけどね…形じゃないんだがね、、でも、本当にありがたいことだ。私の宝物だ。」
と、嬉しそうに見せてくれました。

そして、
「これは、いつか千紘にあげるからね」
「人生が終わったら、何も持ってはいけないのだから。持っていけるのは、心だけだから。これは千紘が持っていて。」と。

大叔父の人生の証ともいえる宝物
貰った愛情や心と一緒に、私が大切に守る。と約束をしました。

大叔父の勲章。_d0224894_09321831.jpg
亡くなった今、親戚一同もこのことは承知してくれており、その上で大叔父の娘家族から、とても気持ちよいやりとりの中、きちんと受け取れたことも、嬉しい出来事でした。

私の舞台にも、亡くなった大叔父の写真と共に、駆けつけてくれた優しい人たちです。大きな花束も添えてくれました。
娘のこともとても可愛がってくれて。。

私は、大叔父と最期のお別れが叶いませんでした。
代わりに、娘と主人が私の気持ちを伝えてくれました。

やはり悔やまれますが、大叔父は「それでいい、そうするべきだよ」と言ってくれたように思っています。

また、今、娘の進学が最良の道に導かれたことも、大叔父の愛情ゆえだと感じています。

どこまでも悩み抜きましたが、頂いたありがたいご縁や、様々な可能性の中、我が家にとって何を大切にしたいかを考えて選択した今の生活、、どこを境にするかはさておき、娘の笑顔と健やかな日々を思うと、これで良かったのだと…

(↓こちらは勲記)
大叔父の勲章。_d0224894_09322902.jpg
私が、娘の出産の時…
痛くて映画エクソシスト(怖くてちゃんと観た事もありませんが)ばりに乱れて大騒ぎした挙句、一度出かかった娘の頭が何故かターン(自転)しながら子宮に戻っていったそうで(;^ω^)

助産師さんが「戻らない!回らない!どこ行くの!」と娘に叫び(笑)

そんな声を遠くに聴きながら、あまりの痛みに私は気を失いかけ…
「あ、私、今天国にきちゃったかもしれない…」と思った瞬間、

『おぃ千紘、ほら、ちゃんとなさい。』
と、"まだ生きている叔父"が、目の前にハッキリ現れたのです。。。

それほど気にかけてくれていたのでしょうか(汗)
生き霊にまでさせてしまいました。
私も出産の時まで、無意識に、大叔父の存在に甘えていたのかもしれません。。

その話を聞いた大叔父は、小さな娘を抱いて「そうかそうか」と喜んでいました。


この勲章は、いずれは娘に託します。

そのことを、娘にもしっかり話しました。

「いつかママが、ずっとずっと後に、ずーっと後に、おばあちゃんになって、死んじゃって、薄くなっちゃった(オバケになるという意味だそう)時には、私が守るんだね。…よし、頑張る。嬉しい。」胸に手を当てて、言いました。

娘なりに、愛と心を伝承する、という意味をわかってくれたのだろうと感じました。

そうか…私は、死んじゃったら、薄くなって側にいるタイプなんだね(笑)

(…私、前髪がほちょけてますね。)
大叔父の勲章。_d0224894_11363310.jpg
「千紘…どんなときも、癒しと、希望を与える人でありなさい。

大叔父は、そうも言っていました。

そんな人間にはまだまだ程遠いだろうけれど、
そう在りたいと願っています。

100歳目前まで生きた大叔父から、
これからも見守られて、しっかり生きていきたいです。

毎日、命が誕生し、誰かにとって幸せな日。
毎日、命が天に召され、誰かにとって寂しい日。



今日も元気にズンズンと学校へ行った娘。

私は、娘の勉強机で、こんなことをして寂しさを凌いでいます(笑)
大叔父の勲章。_d0224894_11023567.jpg

数々の有名作品に携わってきた大ベテラン舞台スタッフの『Yじぃ』が、娘の入学の頃に送ってくれた可愛い小さなランドセル。

娘が色んなぬいぐるみちゃんに背負わせて、喜んでいます。
中には、これまでにYじぃからもらったお手紙を入れてあるようです(*ˊ ˘ ˋ*)

きっと、今年のYじぃからのバースデーカードもここに入れるのかな♪
※もう準備してあるで〜!と連絡をくれました。ありがとう!!
娘と1日違いのYじぃもおめでとう〜!!


今日はほちょけた前髪を整えるべく、美容院へ行ってきます(笑)

では✩.*˚

……………………………………
大叔父の勲章。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-09-05 13:37
TOPへ
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。
こんにちは(˘◡˘)

先日、娘が書道で頂いた賞のメダルを首にかけてホクホクと帰ってきました。
(母が送迎しています)
私もかけてもらうと…今回はこれまで頂いていたメダルとは桁違いにズッシリ重く立派!
「ちょっと首がしんどい位だねぇ(笑)」
なんて言いつつ、少しウルッときた親バカでした(汗)

距離をとって応援しているからこそ、感じる気持ちでもあるかもしれません(*ˊ ˘ ˋ*)


さぁ、夏休みもあとわずか!
「夏休みも楽しいしさぁ、学校も楽しみだし、不思議な気分よねぇ」なんてため息まじりにつぶやいていた娘です。

…いい悩みですね(笑)


教育現場の指導(高校生)も文化祭への初お披露目に向けて、暑い夏、必死に取り組んでいます。
みんなが奮闘している愛らしく美しい様子もお伝えしたいけど、、彼女たちの最初の発表の日まで我慢我慢(笑)

もらった嬉しいお土産達も、その時に一緒に載せたいなぁと思います✩.*˚

実は、私付きの夏休み最後のレッスン(学校の舞台を使っての照明付き稽古)には、13年前の卒業生ちゃん達が駆けつけてくれました。
本来は初お披露目まで卒業生は遠慮して頂いているのですが、特別な訳があって、顧問の先生にも嬉しい快諾を頂き、来てくれました。

そんな話も、、もう少し内緒です。
でも最高に、最高に幸せで、様々な愛おしさが溢れた素敵な1日でした。
卒業生ちゃんも、現役ちゃんも、心たっぷり、、
そんな時間を共に過ごせて、感謝でいっぱいです。


さて。
今日はなるべく手短に(笑)
母と娘と女3人でレオ・レオーニ展へ行ったお話。
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_00493826.jpg
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館は、住まいからもほど近く、とても馴染みのある美術館。

新宿駅も歩ける距離、所用の合間にも立ち寄れ、高層ビルの42階にあり、ビル群を眺めることも出来、独特な空間が味わえます。


レオ・レオーニの作品は、私は全て読んだわけではありませんが、出会った本はどれもとても好きです。
娘もプレゼントで頂いたものも多いこともあり、気づけば大好きな作家さんの1人のようです。
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_01270597.jpg
絵本で見た作品を思い出しながら眺めたり、まだ読んだことのない作品は、絵本閲覧コーナーで探して読んで、また原画を眺める。。

といった風に楽しみ、娘は大満足していたようでした。
確かに、贅沢ですね!!

作成過程を説明していたブースも大変興味深く、じっくり楽しめました。

想像していたよりも空いていて、椅子に座って絵を眺める時間も持てたことも良かったです。
一日いられるかもしれない、と3人でにっこり。


ただ、娘が最も長く1枚の絵を眺めていた作品は、
まさかのレオー二氏作品でなかったことに驚きました(汗)

※もちろん、レオー二氏の作品にもうっとり。
たっぷりじっくり目を輝かせて眺めていましたが、、

こちらの美術館に常設展示されているゴッホの『ひまわり』でした。
作品の前に椅子が設けられており、そこに座って、声をかけるまでいつまでも見入っておりました。


何か、感じたのでしょうね。。
「素敵だね。本当に素敵な絵だよ。」と言っていました。

↓こちらはフォトスポットの小さな複製画です(笑)
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02002151.jpg
今回買った展示会グッズ。。。

やっぱり可愛くて選ぶのが大変でした〜!
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02035879.jpg
毎度、重いのを覚悟している図録が、とっても軽くてコンパクト!

そしてスリープに入っていて、スライドするとネズミのマシューが持っている絵の柄が変わるところも可愛い♪
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02070090.jpg

随分とゆっくり楽しんでしまい、グッズコーナーでは気づけば閉館間近!!

また来れるから、、とも思いつつも、慌てて選びました(笑)

絵本はこちらだけ。
「Matthew's Dream(マシューの夢)」(ペーパーバック版)

もう少し開催しているので、今度買い足しに行こう!!
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02070570.jpg

そして、、買いたくなっちゃうぬいぐるみ。

娘は最初、大きなフレデリックを欲しがっておりましたが、
色々見て、、野いちごを持った小さな『ニコラス』に(笑)

でも、この子がまた可愛くって「やっぱりニコラスにして良かった!」と可愛がっています(*ˊ ˘ ˋ*)
大きなフレデリックは、お出かけのお供にはちょっと大変だしね。。

それから、スイミー』の豆皿は一目惚れ。
娘の名前が見つかったので、フレデリック』のお名前ハンコ

『スイミー』のフェイスタオルに、『A Color of His Own』のカメレオンのメモ、その他、ファイル色々。
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02070836.jpg
それと、、、ちょっと気になったこと。


今回は絵本の展示会とあって、可愛いお子さん達も沢山来場されたようです。

入り口には、子供にもわかるように、とても丁寧にわかりやすく、美術館の観覧マナーの注意書きがされていましたが、、あるコーナーではちょっと哀しくなってしまう状況も目の当たりにしました。。

親御さんの方が大きな声で「みてみて!」と声をかけたり、走ってしまったり、「静かにして!」と、大きな声で注意しながら、展示に触ってしまったり。
思わず、険しい顔をする方もいたり、周囲の方々からため息が漏れたり。。

自由に閲覧できる絵本コーナーの本を落としても気にせず立ち去ったりも。
ちょうど空いていて、人がさほど多くない状況でしたので、絵本が落下する音もとても響きました。

それを、スッと拾って戻された女性がいたことに、係員の方が頭を下げてらっしゃいました。。
娘も「優しいお姉さんだね」とホッとしていました。

………………………………………………
今回の展示にありました『あおくんときいろちゃん』
その誕生秘話がクローズアップされていました。

列車の中で騒いでしまったレオーニの孫達に、とっさのアイデアで手元にあった雑誌をちぎってお話を作って聞かせたところ、子供達は静かになり、気づけば周囲の大人達も聞き入っていた。。

というエピソードです。
………………………………………………

芸術のもつ力や、可能性を作品を通して伝えてくれるのも、彼の魅力です。


今回の展示は『トークフリーウィーク』という、あえて会話を楽しみ、子供達も声を発しながら鑑賞できる期間も設けていたようですので、なおのこと、少し残念な光景でした。

空間に触れ、その静けさの中にある美しさを学ぶ。

難しいようですが、案外子供の方が、自然と空間を感じ取る力を持っていて、作品に没頭できるのではと思います。

『楽しみ方』…どんなときも、子供の方がずっと上手に発見していますよね。

芸術に限らず、お子様NGな場所は多数ありますが、
こうして制限なく入場させていただける場合は、場所ごとに味わえる心に出逢える事…そこに価値があるからではないかとも感じています。それは年齢に限りはありませんものね。

もちろん、人それぞれの事情や状況、その時々の感情や考えがあるとも思っています。それこそ楽しみ方は自由であると。

囁き声で共感したり、思わず感動のため息がでたりすることも多々あります。周囲を気にしてドキドキし、ただ黙って観ても楽しめないし、ルールで縛るものでもない。
難しいですね。

今回、娘はある作品を前にお隣のお姉さんと目があって、思わず笑顔になって頷きあったりもしていました。
そういうのも嬉しい心の交流です。。


ですが、やはりモラルやマナーを学べるチャンスを楽しめれば、素敵なことだなと。。


私も娘には、沢山伝えるようにしています。
自由と自分勝手は違うという部分には、幼かろうが、とても厳しいつもりです。

娘と一緒に行く美術館の楽しみの最大ポイントは、娘の瞳の先にある…それを大切にしたい。

幼い素直な心から教わることは沢山あります。

自分こそまだ未熟だよなぁと感じながら、大人としての節度やTPOを学んでいる最中です。
何事も、学びに、終わりはありませんね。。


と、、そんなことを言ってしまう自分ってつまらないかなぁとも思う私です。。

ですが、
今回購入した『マシューの夢』のお話にあるように、、

両親は医者になって欲しいと願うものの、主人公のマシューはなりたいものが見つからない。ある日美術館に行ったことがきっかけで「ぼく、絵描きになる!」と決意。
最終的に美術館にマシューの絵が飾られます。。。

そんな誰かの“目覚め”の瞬間をこっそりと目撃できるかもしれない、美術館であって欲しいなぁと願う1人です。。


帰りは、小学生の高学年かな?と思われる男の子2人が、どうやら2人だけで観覧にきていて、嬉しそうに図録を買って帰っていくのを見て、ホッコリしました(´˘`*)



その後は、駅ビル(小田急百貨店)の『さがみ』へ。
程よいコースがあるので、時折利用しています♪

娘が自分で持ち歩いている小さな赤ちゃん用ハサミで、自分サイズに切ったストローの切れ端を、ニコラスにあげている図(笑)
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02401527.jpg
数日後に行った、大好きな歯医者さんにもニコラスが同行。

偶然、コップがレオレオーニのデザインで、先生や助手の方々も喜んで下さいました。
コップも1つお土産に下さいました(笑)わぁ!
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02441914.jpg
時々、軽食を食べに立ち寄る、青山のDean & DeLucaにも、ニコラスがチョコン。

ベーコンアボカドサンドイッチは、ちょっと子供には塩気が多い気もしますが、アボカドとレーズン&クルミのトーストがいい感じにバランスを取ってくれています。
メロンジュースがまた美味しい。
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02531265.jpg
2人で1つのサンドイッチで十分、お腹いっぱいです。
栄養満点!

好き嫌いがほとんど無い娘ですが、アボカドはちょっと不得意。
でも「うん、一緒に食べれば美味しい」といつも食べています。

…私の幼少期だったら苦手な食材はスッと抜いてしまいました(爆)
いや、今でも娘か主人に食べてもらうしょうもない私を、娘は反面教師にしているのでしょう。。。
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_02531036.jpg
それから!

今年の夏休みは1度もお祭りに行けなかったなぁ、せっかく娘に新しい浴衣を買ってもらったのに。。
と思っていたのですが、、

なんと娘のボーイフレンド君ファミリーと当日になってお互い運よく時間が空いて、一緒に少しだけ夏祭りに行くことができました。

娘の分のヨーヨーを釣ってくれたR君。

娘はお礼にと、R君とR君ママにヨーヨーを釣りました。

そして、一緒にやったくじ引きは、娘が特賞があたり、彼はB賞とC賞。
大きくてピカピカ光るおもちゃをもらった娘を見て、R君が「いいのが当たったねぇ」と穏やかな声でにっこり。
なんて、なんていい子なんだ!!

本当に、日々いいこに成長して。。。ホロリ(涙)

その後も、娘が利き手の右側でヨーヨーが持てる(遊べる)ように手を繋いで歩いてくれたり。
それに気が付いて嬉しくなり「てって、交換こしようよ」と娘。

親達は、ずっとニンマリしていました(笑)
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_03054292.jpg
人気の少ない広いスペースで、何故か6人全員でハンカチ落とし風のゲームが始まったり、平和な、心から楽しい夏らしいひと時を過ごしました。

神社では、全ての神様に参拝し、なんだか不思議とこみ上げるものを感じたり。

本当にありがとう!!


・・・今日は、私の幼少期時代に大変お世話になったバレエの先生の発表会に、母娘で行ってまいります。
これまた、感慨深い、素敵な時間になりそうです(*ˊ ˘ ˋ*)

では。

……………………………………
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-08-31 14:07
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム