Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
新春歌舞伎の思い出。
こんにちは。
不安な報道が続いて気持ちが落ちがちなので、明るい話題から!
(今はお出かけ、なるべく控えていますから…)

少し気が早いですが、先日、夏休みの海外旅行の計画を立てて…
今年はヨーロッパ!
オーストリア・ウィーンへ行くことにしました。
(利用したい航空会社と、経由したい国があったので、早めに予約をしました)

QOL世界No.1と呼ばれる、豊かな国。。
(正確には、ここ数年は10位以内をキープ)
QOL、Quality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の頭文字ですね。
政治、経済、医療、教育、文化、公共サービスや移動手段、自然環境、レジャー施設、住まいの環境…の側面から日常生活での幸福度を表す指標です。

以前より憧れていた街。
そして、今の娘の芸術や建造物への興味にも繋がるし…(*ˊ ˘ ˋ*)
何カ国か巡るツアーが多いですが、1つの都市でなるべくゆったり、のんびり、少しでもディープに過ごせたらと思い、ウィーンに絞りました。
ただ、航空会社の希望もあったので、とある国を経由し、そこでも少し滞在する予定。

しかし…
何が起きるかわからないし、無理も出来ません。
ちょっと割増でも、なるべくキャンセル対応をしてもらえるプランやオプションをつけたり、色々検討中です。


と、まだ航空券とホテルなどの枠組みしか決まっていないので、この辺で(汗)
長くなっちゃうし💦

そして娘の強い希望もあり、ちょっと勇気を出して行動してみようかな、、な計画も立てています。
そちらは夏前なので、スケジュールを組むのにかなりわちゃわちゃしていますが、楽しい時間です✩.*˚


さて、、
コロナウィルスのことで、対応に追われているお話を周囲からも伺うことが多い日々。
マスクショック(と勝手に呼んでいる)もまだまだ続いていますね。。

前回も書いたように、我が家は通年の非常用に買い置きが沢山あったので大丈夫ですが、ここでまた別の非常事態が起きたら、その補充も間に合うのかなぁ…と不安にはなります。

日本は地震大国、台風も起きる。
そしてオリンピックもあって、今年は何かとイレギュラーな状況になるのかなと。

慌てて大量買い!はしませんが、主人も仕事帰りに「あれば買っておこうかな…」と時々覗いているみたい。
でもやはりどこも無し。
ある日、主人が小さな個人薬局に寄った時、マスクはなかったけど、なんとなく店員さんと世間話をしたそう。
すると、マスクの話題をした訳ではなかったのに「これ、よかったら、お子さんに…箱が潰れちゃって売れないから。」と風邪用の濡れマスクを1箱くださったそうです。

帰りがけの電話で嬉しそうに話し、帰宅すると大事そうに渡してくれました。

別の日は、会社の女性社員さんが、娘用のマスクを買ってくださったこともあったり。
(娘用のマスクは、学校で毎日取り替えなくてはならないので、1年中どんどん消費します。これを機に洗える布マスクも検討していますが、私と一緒で立体じゃないと鼻に当たって擦れて赤くなりがち。。違うトラブルも困ります…)

いろんな出来事が起きて不安なこともありますが、こうして人の優しさに触れ、ありがたいことですね。。

日本の幸福度は世界で50位前後とのこと、けして高くはない。。

何をもって幸福か…その真の答えは様々でしょうが、
感謝を忘れず、ささやかな喜びや幸せを大切に、心穏やかに過ごしていれば・・・きっと不思議と自分にとっての幸せが集まってくるのかなぁ、そうならいいなと考えています。


昨年Malaysia・Penangでお世話になったお姉さまのお仕事も、コロナウィルス関連でとても大変だったそう。
お亡くなりになった方や苦しまれている方々、お悔やみ申し上げます。。
どうか少しでも早く収束しますように。


さて。。
そんなつらいニュースが出る直前の先月こと。

昨年も行った新春歌舞伎を観に行きました。
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_22053051.jpg

今思うと、あと1週間違ったら断念していたか、行ったとしても躊躇し心から楽しめなかったかもしれないなと思います。。

新春歌舞伎の思い出。_d0224894_13004301.jpg
ただ、元々この時期は風邪も多いし・・・

楽しい仲見世商店街は混雑していたので、
途中から少し人通りの少ない道を通って向かいました。

いつも賑やかなイメージですが、時間を選べば、混雑はだいぶ避けられるので(*ˊ ˘ ˋ*)
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_13004627.jpg
娘のは簡易タイプなのであっという間に着られるし◎
着物のモデルちゃんが多い上に、冬場はなるべく着物でお出かけさせてあげたいと思っているので、長時間過ごすのも慣れています(˘◡˘)

が、私はプライベートでは年に一度位しか着ない(;´∀`)

前回は母娘2人で出向きましたが、今回は主人も一緒♪
なので私も着ようかな〜と前日に思い立ち。


和物のお仕事も、随分していないなぁ(汗)
お断りしてしまったお仕事に、和物の舞台もあったのですが、、、
和物の舞台があれば、(本番はお衣装さんがいたとしても)お稽古で1ヶ月以上毎日着物を着るので、私レベルでもなんとかチャッチャと出来るのですが・・・
いやぁ、、しばらく着ていないとダメですね。。
「あぁ!こっち先だ!!緩んだ〜やり直し〜なんで〜!!」と1人大騒ぎでした(笑)

主人も、元々着物の早着替えがある舞台のお仕事に長く携わっていたこともあったので、彼の方がずっと身についていて(汗)
「助けてぇーーー!」と帯を引っ張ってもらったり(笑)

*娘の空手の道着の畳み方(帯でくくる)も、高校の時に柔道の授業で少し習ったのを覚えていて、サササッと同じように畳んでいました。青年時代、わずかな期間に授業で習ったことを、この歳までずっと覚えているなんて。。彼らしくてとても尊敬。それを見て、娘も覚えているみたい。そういう所、是非ともパパに似ておくれ…(*ˊ ˘ ˋ*)

そんな訳で朝から慌てて着付けをして、向かいました。。
苦手なアップスタイル(髪の毛)もやったので、肩凝りまくり(´‐ω‐)

家の近所で見知らぬご年配の女性に「あら、お着物でお出かけ?ママさんの着物は大島紬ね〜!」と声をかけられ、実は着物が趣味で、これから着付け教室に行かれるところなのだとか(特殊な帯の結び方にもハマっているとのこと)

「慌てて着付けしたので、、ちょっと心配で(汗)お恥ずかしい。。裾も短すぎちゃったし。。」と正直に話したら「大丈夫よ✩」と言っていただき、少し救われた私なのでした(-ω-;)

↓主人が撮ってくれた写真、娘と私、どれも足の運びが同じで面白い(笑)
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_13004975.jpg
手形を踏まないように、歩く娘。

ちょっとギリギリに到着しましたが、パンフレットと簡単なお弁当を買って✩
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_22080808.jpg
今回も、主人が1等席を取ってくれました(*ˊ ˘ ˋ*)

席に着くと、「お嬢さん、昨年、熱心に観ていた子よね??」と

なんと!!!
昨年お会いした二人組の奥様と再会!!
そんなことってある?とお互いにビックリ( ⊙⊙)!!

昨年の歌舞伎鑑賞は、私も驚くほどに夢中な娘でした。。

休憩2回、3時間ちょっとの演目を、終始目を輝かせて、背筋を伸ばして、時折クスクスと笑って。。
心から楽しんでいる様子に、終演後、周囲のお客様がわざわざいらして、嬉しいお声掛けをくださったのです。
そうした出来事含め、親として、とても嬉しい思い出でした。。

1部を観劇。
『お年玉(出演者による年始挨拶)・華の蘭平・菅原伝授手習鑑(寺子屋)・茶壺』

昨年同様、まぁ、娘は夢中で。。
ただ、、、菅原伝授手習鑑(寺子屋)は、悲しく切ないお話。。
身代わりになる幼い小太郎が最期にニッコリと笑顔を見せて首を差し出したというくだりは、辛くてしょうがありません。

娘は内容はほとんどわからなかったでしょう。
ですが、白装束に着替えた尾上松屋さん演じる松王丸(小太郎の父)の姿を見て、思わず私の手をつかんで目を潤ませていました。
内容を細かく話そうか悩みましたが、、今回は娘の心で理解出来た所まででいいだろうと思いました。

打って変わって、茶壺は大笑い!!
思わず吹き出してしまう程のユニークな身のこなし。愛らしく楽しかった!

幕間の軽食やおやつも楽しみの1つ

可愛い『くまどりもなかアイス』、最初はカッチカチ(笑)
生え変わりで歯がない娘はかなり苦労しておりました(T▽T)あはは

新春歌舞伎の思い出。_d0224894_13005743.jpg
持参した、お気に入りの甘納豆専門店の『かわむら』の黒豆ちゃんを、ロビーの椅子で美味しそうに頬張っていたり。
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_13010221.jpg
貸していただいたお座布団(子供用)を自分でお返しして、笑顔で会場を後にしました(*ˊ ˘ ˋ*)
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_13010668.jpg
ちなみに、この大島紬の着物は着物好きな母が贈ってくれたもの。
帯締めも、着物の柄に合わせて『鶴さん』です。

いくつか持っていますが、この組み合わせが一番好きで、着る回数も少ない上に、結局同じ物ばかり着てしまう。。。

大島紬にはサラッとした帯揚げじゃなきゃ!と言われちゃうかも知れないけど、、新年だったので明るくてボリュームのある絞りの帯揚げを合わせました💦
年甲斐もない羽織に合わせて、ちょっと可愛くしちゃえ!なんて(爆)


さて。
終演後は、鳩さんを驚かさないようにそっとついて行ったり(笑)
揚げまんじゅうを食べたり。
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_20341644.jpg
浅草寺にご挨拶も行きました。

娘の一番の興味は・・・宝蔵門の左右に控えてらっしゃる仁王尊像。
(有名な雷門は中店通りの手前ですね)

外国の方が脇から覗いている娘の様子を観て、ウケてらっしゃいました(笑)
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_20354568.jpg
流石にここからは混んでいて。。
本堂でのご挨拶ではマスクをして。

その後は、節分のお豆を買って、おみくじを引きました◎
年始に氏神様で引くときはもちろん自分で引きましたが、このときは試しに娘にどのくじを振るか決めてもらいました。
すると、私は大吉!

「ママに大吉が出るように、お願いしたんだよ」と。
・・・ほ、本当なのか!!?(°д°;;)
誰にお願いしたんだ!

しかも内容が本当に感動的!

くじ運やガチャガチャを絶対に外さないので、あながち嘘ではなさそう。。と楽しんでおります。
(この間もとあるくじ引きをして、ものすごく悩んで決めたと思ったら、2000円のお食事券を引き当てていましたw)
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_20460968.jpg
それから、、ちょっとまた人の少ない裏路地へ。

日本一のきび団子、ちっちゃくて可愛いですよね〜
こうやって店先で食べるからまた美味しい♪

NiNiだって食べたいもんね(笑)
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_20481141.jpg
それから、夕方一番に、こちらのお店へ。

主人が行ってみたかったとチェックしてくれていました◎

すき焼き・しゃぶしゃぶ・どじょう(どぜう)料理の
『東南屋(たつみ屋)』
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_20495601.jpg

戦後70年、そのままに残した趣のある店構えも素敵です。
娘は「お刺身もすき焼きもうなぎも食べたい。。」と贅沢なことを言っていましたが、うなぎはまたの機会に(;^ω^)

すき焼きのコースならお刺身もあるので、そちらにしました♪

平目と鯛のお刺身にまずは大満足な娘。。
名物の土壌の唐揚げも美味しかったし、すき焼きも絶品でした!

しかも、ちょうど他のお客様が一切おらず、、貸し切り状態(*ˊ ˘ ˋ*)
私たちがお支払いをしている頃に、予約の方々などでどんどん埋まって行きました。

新春歌舞伎の思い出。_d0224894_20500053.jpg
またまた裏路地を通って、、

すれ違ったカップルさんが美味しそうに食べていた大学芋がどうしても食べたくなって、思わず娘にお願いして「そのお芋さんはどこで買えますか?」と聞いてもらい(笑)

「コレうまいっすよ!」と、快く場所を教えてくださり。。

たどり着くと、なんだか知っている雰囲気。
「もしかして巣鴨の、、、」と声を漏らしたら「はい!巣鴨が本店です!」と。

『おいもやさん興伸』
そりゃ美味しいはずだ〜♡

実は偶然にも前夜に、母と主人と娘と「また巣鴨の大学芋を買いに行きたいなぁ〜」と話していたのです(笑)
こんなにすぐに味わえるとは〜( *ˊᵕˋ)ノ
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_21052274.jpg

他にも、お芋系のお土産を買って、、
ホクホクと帰りました。

本当に、お芋ばっかり(笑)
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_21131860.jpg
先日の節分では、こちらのお豆を撒いて・・・(そしてお掃除をして。)
パパが鬼のお面、娘と私が福のお面で楽しく。

主人は「味がしない大豆は、どうしてもモサモサして辛い…」と苦しそうでしたが、娘と私はお豆大好きなので「十分味がするよ〜」と美味しくいただきました(笑)

お豆は、私の両親にも渡しました♪
新春歌舞伎の思い出。_d0224894_21132124.jpg
新春歌舞伎を観て、神様にご挨拶をして、美味しいものを食べて、節分にも繋がって、とても良い流れ。

また是非来年も、こうやって過ごせたらいいなぁ。


1月の出来事でまだ記せていない素敵な時間が沢山。。
ぐぬぬ。。。

# by chihiro_anma_ex | 2020-02-07 19:39
TOPへ
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。
こんにちは(*ˊ ˘ ˋ*)

マスクが…マスクがどこにもありませんね。。

当たり前に売られていた商品が街から消える…という現象は本当に衝撃的です💦

新春歌舞伎を観に浅草へ行った時はあちこちのドラックストアで普通に山積みで、、きっとあれももう売り切れちゃったかしら。。

我が家は元々沢山買い置きしてあったので、当分は大丈夫そうです💦
大きめ主人用、小さめ私用、ちびっこ娘用、それぞれストックするとかなり嵩張りますが…こんな事態になる日が来るとは思わなかったものの、いたむ物でもないし、災害用に常に数箱ずつ置いていてよかったね、と。。

近所のお店も空っぽ。
母が話したコンビニのお兄さんは「さっき外国の方が1人で50個買って、またもう一度来て20個買って、全部なくなっちゃった」と言っていたそうです(;^ω^)

元々、この時期はインフルエンザシーズンなので、お出かけもドキドキしますよね。。
少し前もまた、卒業生ちゃんが属している警視庁MEC(カラーガード)が出演するオーケストラコンサートに招待頂きましたが、その時はコロナウィルスが公表されたばかりの頃だったからか、ほとんどの人がマスクはナシ。

今でも、完売している割にさほどマスクをしている人ばかり、と言った感じもないみたい。
やはり転売や外国の方が買われているのが多いのかな。。


コロナウィルスの報道前ではありましたが、上野や浅草はまさに観光地。人混みは避けきれませんが、なるべく人気の少ない道やお店を選んだり、人が少なくなった頃にメインの道を通ったりしました。

とはいえ、我が家は毎日のおでかけも人の多い新宿を通過するので、どこでも一緒ですが。。

卒業生ちゃんのオーケストラも最高に感動しましたし、歌舞伎も、昨年に引き続きとても素敵な1日でした。
また改めて載せよう♪

マスク以上に手洗いうがいが何より肝心と言いますし、いつも以上にこまめにやっています。
そして、喉を潤すことも、とても重要と。
こまめにお水を飲んで、飴ちゃんを舐めているだけでも多少は良いそうです。


さて。

昨年の暮れに癒しのランチをご一緒して頂いた、大好きなさゆりさん(マナーズインターナショナル株式会社・代表)と、1月頭にもお会いできました!
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_10215475.jpg
夕方からお逢いして、久しぶりのディナータイム。

実は私、、年末から体調がちょっと優れなくて、トレーナーから「しばしの間はお米と小麦を控えて、スープメイン、炭水化物とタンパク質は植物性(特にお豆)、なるべく薄味のものを中心にした方がいいよ」とアドバイスを受け、現在も進行中。
基本、スープやお鍋が多くなっちゃうので、お野菜、お豆、魚介がいつも以上に冷蔵庫に溢れています(笑)


数年前に半年以上やっていたグルテンフリー生活も気に入っていましたし、身体は喜んでいるのがわかるので、結構大丈夫。
元々油っぽいものやこってり系は苦手。。

(でも、ダメとわかると、あっさり系ラーメン食べたい、 味噌煮込みうどんとかも食べたい!ってなるものですよね(笑))

外食の時にスープやサラダがあるお店が当たり前ではないので、時々お店選びに躊躇したりもしますが、案外、和食も中華もイタリアンも、なんとかうまくやれます。


特別な日はよしとして『さゆりさんとは何でも食べちゃう!』なんて思っていましたが、、ちょうどさゆりさんも優しいお味を求めてらっしゃったこともあってお豆腐料理の『梅の花(銀座店)』へ。

梅の花は娘も好きで、よく利用します(*ˊ ˘ ˋ*)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03192140.jpg
ここの店舗はビルの中にありますが、息苦しくなく、とても落ち着いた空間。

湯葉しゃぶのコースを頂きました。
写真以外にもまだお料理があり、「そうだった、、結構お腹いっぱいになるんだった(笑)」と2人で笑いながら「でも、ゆっくり時間をかけてお話ししながら頂くから、いけちゃうね!」なんて。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03212170.jpg

いつも触れていますが、母娘ほどの年齢が離れていても、どこまでも話が弾み、気持ちが揃って、楽しい(*´˘`*)♡

「親友であり、娘のようでもあり…」と言ってくださることに甘え、すっかり心を預けてしまっています。。



いつお逢いしても美しくて、エレガントでどこか愛らしい。
私も38歳ですし…少しでも美しい時間や心を耕して、さゆりさんのように歳を重ねられたらいいなと思います。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03392059.jpg

そうそう。

またまたご馳走になってしまったのですが(涙)

帰り際に「これ、お母様にどうかしら?」と梅ゼリーのお土産まで買ってくださいました〜💦

千紘さんの好きなお色を選んで、、とおっしゃったので「さゆりさんの今日のお召し物と同じ色がいい!」と綺麗な鶯色の風呂敷を。

内側がピンクでさらにさゆりさんらしい♡.*˚

この風呂敷は、お着物の時に使おうと決めて、この間の歌舞伎鑑賞の日も早速持参しました(*ˊ ˘ ˋ*)

いつもお心遣いを、、本当にありがとうございます。。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03415767.jpg

帰りは、銀座の綺麗なイルミネーションを観ながら、ゆっくり歩いてホクホク、見えなくなるまで沢山手を振ってバイバイしました。

癒しと活力を、ありがとうございます(˘◡˘)

またお逢いできます日を、心待ちにしております。。


ブルガリの蛇さん、やっぱり素敵。
この蛇さん「セルペンティ スパークル」に向けて、スマホの専用のアプリを使うと、選んだ色に変わってくれます。
そのイベント、まだやっている期間(1月前半まで)だったので、さゆりさんとやれば良かった!
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03460469.jpg

そうそう!!

前にお渡ししたシンガポールのお土産(ブンガワンソロのクッキー)もとても気に入ってくださったようで、よかった(*ˊ ˘ ˋ*)

この日は、ささやかなお年賀と、娘からのゴッホ展のお土産を。
それもとても気に入ってくださってよかった。


という訳で、開催日ギリギリに行ってきた、『ゴッホ展』のお話し。

上野公園周辺、小慣れた道をのんびり歩きながら、会場まで。。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03585617.jpg

が、、、

え???

あの長蛇の列はなんだね??

もしや、、、ゴッホ?


80分待ち!!!
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04005623.jpg
すでに「観に行ったよ〜、いっちゃんはまたどんな絵を気にいるかなぁ?」とメッセージをくれていた仲良しの大ベテラン舞台スタッフYじぃが、「めっちゃ混んでるでぇ」と言っていた意味がわかった。。


ちょっとなめてました。

ただでさえ、娘は1つの絵をじっくり見るもんだから、80分並んで、そこから、、と考えると気が遠くなりそうでしたが、私だって心底楽しみにしていた展覧会。

意地で入場しました(笑)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04203314.jpg
が。


中も大混雑。
しかも、押しまくり(lll-ω-)

優雅で穏やかな美術館のイメージが全くございません。
夏休みに人気の恐竜などの博物館は、大混雑&もみくちゃでも、なんだか平気ですが…絵画はやっぱり落ち着いて観たいものですね。。まぁ、そんな贅沢言えないか。。人気なんだから。。

子供がいると気を遣わせてしまうかなと思ったり、危険も感じたので、娘が観たかった作品と、遠くから気になったものを中心に、ワープして観ていくことに。

絶対間近で観たい!という作品を並んでじわりじわりと前に進んでいたのですが、娘の頭の上にカバンを置くおばさまがいたりして(爆)えー(°д°;;) 台と間違えたとは考えにくい状況、、

それを避けようと前のめりになり「すごく近くで絵が見れたよ(汗)」と娘。
ま、前向き・・・!

その後、近くの男性が気付いてくださって無言でニッコリと空間を作って頂き、恐縮でした。。
お優しい方、素敵な方もいらっしゃいます。。

でもやっぱり、危ないなぁと思ったので、観たい作品だけ観て、早めに会場を出ました。
平日ならばこれほどではなかったでしょうが、学校もありますし。。
連日混雑していたようで、そこに開催期日の終わりが迫っていたので、致し方ありません。子連れですしね。。

ただ、大混雑の会場内でゲーム機を遊びながら歩いていり座り込んでいいる小学生や中学生くらいのお子さんがあちこちにいて、ちょっと驚きました。
(イヤホンガイドかと思ったら違った)
人や柵にぶつかったり、作品の目の前でも夢中でやっていたので、ちょっと哀しかったですね。。

ゴッホ氏の自画像の前だったこともあり、(あまり批判したりしない)娘も「ゴッホさんに失礼だよね…」とポロリ。


なーんてことを書いていたらつまらないですね(汗)
やめよう。

そんなこんなでしたが、今回も素晴らしい作品との出逢いがあり、母娘で心はその美しい色でいっぱい。
あぁ、芸術っていかなる時も素敵な世界へトリップさせてくれるのね。。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04272078.jpg

ちなみに、この日は主人は上野駅付近の整体でたっぷりマッサージを受けて別行動。
マルイにある、ロシア料理のマトリョーシカにて待ち合わせ。

スープ(ボルシチやつぼ焼き)とサラダがあるからね(笑)
つぼ焼きの蓋、パイやパンの部分は主人にあげる。

お子様セットも美味しかったみたいです。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04282141.jpg
今回の展覧会で、母娘で何より心惹かれたのが、、、

1890年『薔薇』

松方コレクションを観にいった時に、娘がとても好きになった作品『アルルの寝室』同様、亡くなる少し前に描かれたもの。
娘はその松方コレクションでも、同タイトルの違うバージョン(1889年『ばら』)が隣にあったのですが、その時はとにかく『アルルの寝室』に夢中でした。

その1889年の『ばら』は、病院へ移ったばかりの頃。
そして1890年の『薔薇』は、病院を退院する直前であり、自殺をする2ヶ月前のもの。

一眼見て、娘が惚れ込んだ1890年の『薔薇』
自身の回復を喜んだゴッホの心が目一杯に咲いています。

「ゴッホが手掛けた静物画の中でも最も美しい作品の1つ」と称されたこの『薔薇』は、今回『糸杉』と共に特にピックアップされておりました。

図録も、『糸杉』と『薔薇』の2種類から選べます。

娘は「どちらになさいますか?」と聞かれ「薔薇でお願いします」と即答でした(笑)

私も娘も『糸杉』もとても好きですが、今回は特にこの作品に全身癒されてしまったので(*ˊ ˘ ˋ*)

物販コーナーも大混雑でしたが、サササッと『薔薇』グッズをメインに♪
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04343822.jpg
右上のチケットホルダーを、娘が「さゆりさんとお揃いにしたい」と言って(*ˊ ˘ ˋ*)

確かに、これならお渡ししても邪魔にならないし、さゆりさんもお好きかも!と。

あとは、定番のマグネットと、ノートマルチクロス(これが案外どこでも役に立つ!)
マルチクロスだけでも、、と『糸杉』も買いました♪


その他、娘が特に心惹かれたという作品はこちら。

ファン・ゴッホの『パイプと麦わら帽子の自画像』と、アントン・マウフェの『雪の中の羊飼いと羊の群れ』クロード・モネの『ロクブリュヌから見たモンテカルロ、エスキス』

羊飼いの絵は、最初「これは、、、イノシシさんのお尻?」と言っていました。
説明すると、「この絵は、優しいよ。この遠くにいるおじさんがね、こっちへおいでって優しく言っているもの。」と。


優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04345661.jpg
娘が学校に提出した日記、、、

「『薔薇』を描くよ!」と意気込んだものの、「あぁぁぁぁあぁぁ・・・これをここに描くのって、難しい。。どうしよう。。」と頭を抱え出し(笑)

主人は「違うのにしたら・・・」とボソッと言っていましたが(笑)

私は(結構キツめにw)
「さぁねー。自分で描きたいって思ったんだから、どんな工夫をしてでも描いてみたらいいじゃない。学校と違って時間も決まってないんだし。作品の中にある"好き"をいっぱい見つけて、何か1つ、大事にしてみたら? いつもなら、そうするでしょう?」と放っておきました(笑)

前回書いたブログにあった、美術館内で描いたゴッホの「花咲く桃の木々」模写の方が難しそうなのに(笑)
何かまた違った、プレッシャーを勝手に持ったのでしょうね。


すると、図録をずっと見つめて。。

「あった!」と言ってガンガン描き出しました。。

完成。(文章は裏まで続く)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_05415552.jpg
おーっと、ここは「薔薇」のどこをピックアップしたんだ?

探しましたが、なかなか見つからない(汗)


私も図録を持ってみて、しばらくあちこち見回していたら、わかった!!!!

逆さまにして描いたんだ!!(笑)

訊くと「あのね、このちっちゃくて可愛い赤ちゃんのばらが2つあって、それが本当に可愛くて、この子たちが主役なの。いい子がいたよねぇ〜」だそう(笑)
*花瓶の取手のすぐ上の蕾を見つけたのですね。

そうかぁ。。主役にするのに、逆さまにしたのか(笑)

どこを切り取っても、『ゴッホの薔薇』(*ˊ ˘ ˋ*)
面白い。

それに「タッチがつよいのに、やわらかい」本当にそうだね。

私は、学生時代から時々ゴッホの人生を例に挙げて、自分自身の心の話をする時があります。
(ゴッホの生涯、事の真相は本人にしか分からないにしても、様々なビックリエピソードもありますし、ちょろっと知ったかぶりの私なんぞが簡単には語れないのですが・・・夢で見たのか、知らぬ間に誤解をしたのか、あるエピソードの背景が私の中でかなり違う解釈のものもあるのです。)

娘にそんな話をしたことはありませんが、幼い娘が「ゴッホは優しい絵を描く、素敵な人だね。」と言った時、なんとも言えない嬉しい気持ちになりました。

幼い心が、作品たちの中から、彼の優しさを汲み取ったこと。

娘に、彼が生きていた当時、作品が評価されなかったことを伝えると「そうか、、私なら、あなたの絵はとても素敵よって言うよ。」と目を潤ませて言いました。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04350273.jpg
名画は、作品とその背景、人生やエピソードがセットになって価値が付けられているものがほとんど。
と同時に、
「ゴッホだからすごい、有名だからいい作品」
ではなく、

今の自分の心が惹かれるものが、自分にとっての名画なのだなぁと、改めて。

作品との出逢い方ってとても大切。
誰かのフィルターを通して出逢い直すことも、本当に楽しい。


そして、私にとっては、娘の絵が、そりゃあ何にも換えがたい最高の作品・・
娘が描いた『逆さまゴッホの薔薇』のおかげで、作品がいっそう好きになりました(˘◡˘)


あ、ゴッホ展に行く前に、ゴッホ作品の缶バッチガチャガチャをして。
*展覧会とコラボしたものではなく、チケットセンターの横にあったもの。

『夜のカフェテラス』が当たり、娘もルンルン♪

この日、同行したNi-Niの胸に付けてあげていました(笑)
Ni-Niもちょっと嬉しそう?
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_05415865.jpg


オマケ

上野公園のほぼど真ん中?あたりにある、小高い丘の小さな公園と思っていた場所。。。

娘、立ち止まり「ここ、なんだか行きたい。きっと素敵なことが待ってる!」と嬉しそうに登って行きました。

(この階段、私も初めて登りました。)
登ってみると石の腰掛?だけ。休息所になっているようです。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_06354111.jpg

「ここは・・・なんでもできそうな場所!」と言い(笑)なんだか楽しそう。

看板を見ると、、
ん? 『山』って書いてある!小さな山なんだなぁと思ったら、
『摺鉢山』は、古墳時代(約1500年前)につくられた前方後円形式の古墳、摺鉢山古墳!

階段を登った山頂が、古墳のテッペンなのだそう!
わぁーー(º ロ º๑)ーーーー古墳!何も知らなかった。。。
それか、聞いたことがあっても忘れちゃったのかもしれない。。

古墳の一部に登って、辺りを見回すと、なんだかちょっとドキドキしました。

すり鉢を伏せた形に似ているからこの名前なのね。。
よく見たら、まだ形がそのまま残っています。

1時間ほど遊んでいました。
色鬼、(というか、私が言う色や形や素材を見つけてタッチする)をしたり、小枝を集めて、パズルのように遊んだり。

そして、この日は大阪のじぃじが誕生日当日だったので「何か描いてプレゼントしたら?」と言ったらお得意の謎のとりさんが描かれました。
*しかも、仲良しシズちゃんのお母様(元某老舗有名劇団の女優さん)も同じ日!すごい!

ちょっと地上絵みたい(笑)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_06394535.jpg
ポイントは、長いまつ毛と、葉っぱ&木の実を持ったクチバシ。

これをバックに?さらに謎の動きをしたお祝い動画を撮って送りました♪


これもアートだ!(笑)

では( *ˊᵕˋ)ノ

……………………………………
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2020-01-31 18:00
TOPへ
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。
こんにちは(*ˊ ˘ ˋ*)

昨日は私のネット関連を管理してくださっている社長さんと久しぶりにゆっくりお話。

事業が順調で海外に進出もされていて、素晴らしいなぁ。。

今後もずっと、変わらずフォローをしてくださると言ってくださり、心強いです(*ˊ ˘ ˋ*)
感謝しております✩.*˚

それから、また教育現場の卒業生ちゃんの警視庁音楽隊のオーケストラコンサートへ行ったりもして、胸がホクホク。また書きます♪


さて、楽しいお出かけや出来事が盛り沢山な1月。

『ゴッホ展』のことを書こうと思ったら、昨年の11月に行った『コートールド美術館展』のことを書いてなかった!
この展示会でまたグッとゴッホに惚れ込んだ娘なので、やっぱり思い出に記しておこう(汗)
ついでに私のおまぬけエピソードにまつわる消しゴムはんこのお話も(;^ω^)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_22342266.jpg
『コートールド美術館展』には、主人も一緒に♪

娘はすっかり、上野に在る沢山の美術館(&博物館)の場所を大体把握しているので、得意げに主人を案内し、

娘が特に好きなゴッホ、モネ、ルノワール、、そしてマネ、セザンヌ、ゴーガン、ドガ、、素晴らしい巨匠達に触れられる素敵な空間へ。。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_17560274.jpg
入ってすぐ、2作品目だったでしょうか、、

ゴッホの『花咲く桃の木々』の目の前で、足を止め、、
目の色がスウゥゥゥと変わっていく娘の様子を感じました。

私の耳元で
「あ、ゴッホよ。ゴッホの絵だよね。。もう少し見ていてもいい?」

休日ではありましたが、この日はさほど混んでおらず、そしてちょうどその作品が飾られている場所が角っこで、夫婦で邪魔にならない少し離れた場所で控えることが可能だったので、好きなだけ眺めていいよと(*ˊ ˘ ˋ*)

娘も、絵の目の前ではなく、少し斜めから眺めていました。

すると「この絵を書くよ」と、美術館で子供に貸し出ししてくださる『とびらボード』という磁石タイプのお絵描きボードを取り出して。

立ったまま、10分、、20分、、、、

通りゆく方が「ほぅ。」「あら!」と覗き込んでは、嬉しい励ましをもらい。
*しばらくニコニコと見届けてくださっていたご夫婦もいらして(*ˊ ˘ ˋ*)

お声がけを頂くたびに『お絵描きさん気分』が上がって?
余計に夢中になって模写していました。

流石に20分を超えた頃に「背中が辛くなってきた。。」と(笑)
描き直しができないので、なおのこと緊張するみたい。

夫婦はすでに腰が限界でしたがね…(爆)

近くのお椅子で休んで、また再開。

「できた。。。」

偶然にも、磁石の独特な風合いが、ゴッホの特徴と少し重なって、なんだかいい感じです。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18040665.jpg
娘が描いている様子を見ていてくださっていた係員の方が「ぜひこちらで写真を撮ってください」と、わざわざ声をかけて会場を少し出たところに案内してくださいました。
持ち帰ることもできない消えてしまう作品なので、お心遣い、とても嬉しいです(*ˊ ˘ ˋ*)

実際の絵と比べると、、
うん、、娘なりに、雰囲気出ていますね!
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18041174.jpg
本物の絵を前に、穏やかに、心ゆくまで時間を使って向き合える…なんて贅沢なこと。。

改めて、こうした機会や場所に、感謝が深まります。


他の作品もじっくり、ゆっくり堪能して。。

物販コーナーへ。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18222435.jpg
またどれもこれも、美しくて厳選するのに悩みました〜

こどもに配布される代表的な絵の説明書もユニークですし、朝日新聞の記念号外も思い出になります。

今回の図録も本当に素敵!
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18234163.jpg
いくつかの作品には、透明のフィルムが施され、作品の注目ポイントの脚注と共に楽しめます。

スズメの"シズメちゃん"に手伝ってもらっていますが、わかるかしら?
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18274283.jpg
セザンヌの手紙は、少し用紙幅を変えてカットしてあり、中身の色も淡いセピア色のデザイン。

買ったアイテムはメインの作品が載った見開きファイルと、娘が気に入ったゴッホの『花咲く桃の木々』とモネの『花瓶』のノート

それから同じく『花咲く桃の木々』のマグネット。。

と、今回の作品全てが使用されているトランプ!!
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18351187.jpg
このトランプがまた、素敵!

よく展示会でトランプが販売されていることがありいつも購入を検討してやめてしまう。
でも今回は、絶対欲しくて。

大満足です♪

ジョーカーがサミュエル・コートールド氏なのもいい!
もったいなくて遊べません(笑)
でも、作者と作品の名前を覚えるのにはとても良さそう。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18403068.jpg
「本当のコートールド美術館はどこに在るの?」
と聞かれ、イギリスのロンドンだよ!

というと、娘のボーイフレンド君が行きたい街だと思い出して。
(ハリーポッターが好きなので)

いつか一緒に行けたらいいね、なんて♡

そうそう、ジェントルマンなボーイフレンドのR君、先日もまた素敵なエピソードがあって。


娘と歩くときは必ず「こっちにおいで」と自分が車道側を歩くようにしてくれる彼。
7歳にして、なんとさりげないカッコよさ。
*ママさんが教えているわけでもなく、また、誰にでもするわけでもないのだそうです〜


そんな彼のまたまたイイ話を、先日娘から聞きました。

娘が重たそうに持っていた手提げバックを見て
「僕の軽いから、交換しようよ」と提案。

娘は「大丈夫よ、ありがとう」と一度は遠慮したそうですが、結局持ってくれて。
すると娘のバックが本当に重たくて(笑)
かつ、腕にかけて持つ用の大きさだったので、引きずらないように悩んだ末、自分の顔の前に持ってきて、手持ちの部分の間から顔を出してかなりキツイ体勢で持ってくれていたのだそうです(;´∀`)

あまりに滑稽な姿だったので、娘も申し訳なく思い、数メートルしたらまた交換して元通りにしたのだとか(笑)

しかしまぁ、、
そんな風に気遣えるだけでも素晴らしい!

いい男性になることでしょう(涙)

彼のママさんに話して、彼にそのことを聞いてみると
「本当に重たかったんだよ〜」と笑っていたそうです(´◡`)あはは

そして、、
私がいつも自慢するので、周囲も、彼のファン?が多いです(笑)うふ
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20090102.jpg
さてさて。

同じく昨年の11月のお話(笑)

娘が
「明日ね、先生が、スタンプを持ってきてくださいって言ってたの。スタンプのこっち(朱肉?インク?)は先生が用意するから、みんなはスタンプだよって。お家の人にお話ししてねって。」

ス、スタンプ?

本当にスタンプ??
しかも明日??

スタンプ、、、前にちくびウサギ工場長(中学時代の級友で今はお互いママ)が作ってくれた素晴らしい『ちくびウサギハンコ』しかない。。。

それは私の宝物。。。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20154216.jpg
これは流石に持っていけないし。。

あとは『安間』の印鑑か。。
それも違うし(爆)

どうしよう。。

しかし随分急だなぁ、、みんなすぐにスタンプなんて用意できるのかなぁ。。なんて思いつつ、その日は私もちょっとバタついており。。

私の母がすぐに近所の文房具屋さんに買いに行ってくれたものの、全然なくて。

しかし、私の母は、一味違う。

「こんな作戦もありますぜ。」
と、消しゴムと、彫刻刀セットも買ってきてくれていたのだ!!


母よ、、ありがとう。。。(TwT。)


やろう!

実は、母は実家の表札やお店の看板も彫ってしまうほど、彫刻好き。
私も何気に中学の時に彫刻で賞をもらったことがあったぞ!!

イケるのではなかろうか。。

とても珍しく娘が夕方にうたた寝をしている間に、2人でやってみることに。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20222805.jpg
気づけば、ほとんど私がやっていましたが、2人で面白くなっちゃって♪
消しゴムハンコって奥深いなぁ。楽しいなぁ。

「本当は一加も一緒に出来たら楽しかったかなぁ、いや、まだ危ないね。。」

みんなどんなスタンプを持ってくるんだろう。
動物さんとか、そういうのを元々持ってるのかなぁ。。
しかし何に使うんだろうねぇ。。

なんて話しながら、せっせ、せっせ。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20223559.jpg
出来ました!!

めちゃくちゃ肩凝ったけど、出来た!!

おぉ!
それっぽい!!(笑)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20223801.jpg
出来上がった頃に娘も目を覚まし、大喜び!
「どうやって作ったの??すごいすごい!」

彫刻刀は危ないから、いつか一緒にやろうね(*ˊ ˘ ˋ*)

と。

『うねうねさん』は繋げられるし、それぞれアレンジして遊べるようにしてみました。

私の大事な幼稚園の頃のお友達からもらったジュエリー石鹸の空き箱が、なかなかピッタリ(˘◡˘)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20510589.jpg
これならきっと、学校でも楽しんでくれるだろう!!

と家族みんなでホクホク。

『使用する明日』は授業参観日。

折角だからと、主人と母も一緒に、3人で参観へ。


が、、

が!!!!!!

先生。
「じゃあ、スタンプになるもの、みんな持ってきてくれたかなぁ?」

ん?
「スタンプにな・る・も・の?」


スタンプじゃなくて、なるもの?
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20570703.jpg
ということは、、、スタンプ代わりのものってこと??
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20572010.jpg
みんなは紙コップや食器スポンジやペットボトルのキャップなんかを持ってきている!!!

そして、先生はお皿にアクリル絵の具をたっぷりと用意してくださって、その間に生徒達は新聞紙を床一面に敷き出した。。

大きな模造紙も登場。。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20582522.jpg
そうか、、『お家の人に話してね』とは、、本来ならば「何がスタンプの代わりになるかな?」と一緒にお家の中を探したりするんだったのか。。うぅ。

そうだよね、、

あたしゃ、必死に消しゴムはんこ作っちゃったよ。。


どうするのだ、我が子よ。。。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20581523.jpg


しばし3人で固まるも。。。

3人とも慌てて『何かないか!?』
と自分のバックをゴソゴソ。

私はリップのキャップ、主人はペンのキャップ、母は(緊急用の)喘息の吸入器のキャップを取り出す始末。
(母よ・・・)

そして、娘のロッカーに確か前に使ったシャボン玉用の紙コップが残ってたはず!!!と、そっちもこっそり探して、娘にそっと渡しに行こうとしたら、、


娘は嬉しそうにあの箱を握り締めていて、、、

アクリル絵の具をそっとつけては、一回一回自分のティッシュで拭いて、箱に戻して、、を繰り返し。。
大きな模造紙に、、小さな消しゴムはんこ達をニコニコと一生懸命押しておりました。。。
(いろんな意味で)
泣ける、、泣けます。。

私のティッシュも、使うかい。。?
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21111227.jpg
私たちがかき集めたキャップやらを見せるも、首を振って「いいよ、このスタンプがいいから!」と小声でオッケーサインを出していました。
そもそも、学校内では親に助けを求めるタイプの子じゃないのですが、今回は流石に心配で(;^ω^)

自分だけなんだか違う、、と凹むかと思ったら全く気にせず、楽しそう(笑) 強い。


どうやら、少し前のプリントにこのイベントのことは記載されていたようです。
私にしてはここまで結構しっかりチェックしている日々(←え?)だったのに、なんてことだ。。

ついに大きなポカを。。
本っ当に情けない。。

私よりしっかりしているはずの娘も、スタンプになるもの=ポンポンっていうスタンプとしか表現出来ていなかったのも相まってこんなことに。。

いつもなら不安でプリントを必死に見返すのに〜!!
なんで消しゴムはんこ作ってんだ。。

周囲のママさん達に、事情を説明するとみんな大ウケで、娘のハンコを近くまで見に行ってくれ「すごいすごい!よく頑張った!」と優しく称えてくれました(笑)

そして、担任の先生も爆笑で「いやぁ、最高ですね!好きです!いい作品じゃないですか〜!彫刻刀はいずれ学校でも使いますし、バッチリですよ! 一加ちゃん、、大事そうに、ティッシュで綺麗に拭いてましたね〜(T▽T)あはははは」

いい先生でよかった。。
本当、すみません。。。。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21111227.jpg
あぁあ、、、

ほーんと、アホ。。


でも、家族としては良い思い出になりました。。(;^ω^)

*娘は、アクリル絵の具がいっぱいついてしまったハンコをなんとか綺麗にしたいと必死に洗っておりました。最後まで大事にしてくれてありがとうね。。

「いつか私も消しゴムはんこ作るんだ♪」だそう。


ちくびウサギ社長にも、いつか話そう。。


そうそう。。

その直後にPenangへと行ったわけですが、
先生から「一加ちゃんが戻ってきた次の日に、どんぐりや秋の植物を使ったお店やさんをやる予定なので、何か作ってこれたら…」とおっしゃっていて。

前々から家族3人で集めておいたこの子達を使って。。
(新宿付近の公園にはほとんど落ちてなくて、探すのに本当に苦労しました。来年は近所ではなく、少し遠出してどんぐり拾いに行こうね!と話しています。)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21302625.jpg

Penangへ行く前日の夜に、娘、こんなものを作りました。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21142134.jpg
このモシャモシャたちは何かというと、、、

娘の七五三の時に日本髪を結った時の『あんこ』であります。

随分前に娘が欲しがったので、渡しておいたら、まさかのこんな作品になりました。

ボンドではなかなかつかなくて、むりくり糸で巻きつけていたり(笑)

腕なんかも、いい味出てます(笑)

どんぐりロボットなんですって。

森に棲んでそう(´˘`*)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21363250.jpg
娘のクラスの男の子とお母様(仲良くしてもらっています)が気に入ってくれ予約までして買ってくれたそうです♪

買うと言っても、本当のお金じゃありませんが(笑)


今更ですが、秋の出来事を振り返ってみました( ˊᵕˋ ;)💦

では✩


……………………………………
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2020-01-25 16:20
TOPへ
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!
こんにちは(*ˊ ˘ ˋ*)

今年も暖冬ですが、先日はついに都内も雪が降りましたね〜☃️

私は、教育現場の生徒ちゃん達との集中稽古でした。

お稽古場である格技棟は、学校一冷える場所で(涙)
17年間居ても全く慣れることなく、毎年冬の寒さに衝撃を受けます(;´∀`)

ですが、生徒ちゃん達の愛情と熱意で、本当に、気づけば心の中からポカポカしてきて、裸足でもへっちゃらな程!

…生徒ちゃん達が準備してくれているあったかグッズのおかげもございます(笑)

今日は、そんなホットな生徒ちゃん達との、年始のお稽古はじめの様子など(*ˊ ˘ ˋ*)
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_00574008.jpg
お稽古はじめは、必ず、全力でお遊びをします( *ˊᵕˋ)ノ
「すっごく楽しみです!」とみんなも可愛い笑顔で楽しみにしてくれていました。
嬉しい!

笑う門には福来るとは言いますが、本当にそう!

これだけ笑えば、幸せしかやってこないね!という程、大笑いに包まれた時間でした。

2年生は、昨年の様子を知っていますので、期待以上にここぞとばかりに本領を発揮してくれ、弾ける弾ける、何処を見ても笑いが止まらず、大変でした(ˊᗜˋ*)笑(ˊᗜˋ*)

本当に根っこからハッピーな子達です♡

私の考えた、ヘンテコなお遊びを、こんなに全身全霊で楽しんでくれるのは幸せです♡.*˚

最初は『走って出逢ってびっくりニャー!!』
(呼び方はあちこちの現場で変わっちゃって、安定していないのですがw)

「ニャー!」の発声練習からして(笑)
単純なルールだけど、毎年、しょっぱなからゼーゼー言うほどはしゃぎます。

・・・が、今年の子達は一味違う。
走る段階から笑いをとるのを忘れない(T▽T)あはは


ゆえに、ここで終わろうか、、と言うほど汗だくで息が上がっておりました(笑)
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_01093800.jpg
その後は『どちらさんが転んだ?』

だるまさんではなく、お正月らしく干支や縁起の良い動物などになりきってストップします。

ネズミさんが転んだ!
ツルさん!ヘビさん!カメさん!寅さん!イノシシさん!龍さん!!

などなど。

ストップが出来ないのもダメですが、私から「あなたはネズミでは…ない。」と言われたら戻らねばなりません(;´∀`)たとえ一度私にNOを言われても、強い説得力があればOKになることもあります(笑)
一瞬で変身しなくてはならないのに、みんなさすがでした〜

龍!と言った時に『カメハメハ』を表現した子は、面白かったので無事にOKとなりました。ドラゴンボールが浮かんだそうです(笑)
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_01140968.jpg
次は、『お尻競争』!


学年別では、2年生は後ろ向きで進みます。

これがまた、靴が脱げても、一位をとりに行った子もいれば、進まない子は全然うまく行かないのですが、それぞれ諦めずに必死にやって、最下位の子は笑いをしっかりさらっていく愛嬌が最高!

『モンスターズユニバーシティ』に出てくるカタツムリ?「遅刻する〜」と言って全く進まない愛くるしいキャラクターを思い出しちゃうくらい可愛かったり(笑)
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_01194517.jpg
『ムツゴロウ競争(腕だけで進む)も白熱しました!

かなり体力を使うので、みんなヘナヘナ、1位の子は「ッッッッッシャアァァ!」と満潮の雄叫びをあげました(笑)
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_01272012.jpg
その後は、『色鬼』
と言っても、色だけでなく、柄や触感や、顧問の先生の名前や部長ちゃんなど、人物まで追加するので、なかなか盛り上がります。

ツヤツヤ!と言うと自分の髪やほっぺを指差したり。
透明!と言うと、空気を包んでみたり。
ここでは書けない女子同士でしか笑えないことも起きたりもします(笑)

最後は、題名が付けられないけど、テンポとアクションが混ざったゲーム(汗)

失敗して脱落する際、ギャグで救済措置を得ることも選べるのですが、半分くらいの子が持ちネタで救済され(笑)
私の中では豊かな皆を『総合エンターテイメント部』だと思っているので、演技力も素晴らしい。

ネタの無い子も、仲間(先輩など)の笑いの力を借りて戻ってくることもあります。
部内にあるお笑いチームで鉄板ネタのラグビーのハカを全力で披露してくれたりも(最高)
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_01353761.jpg
各優勝者には、私からささやかなお菓子のプレゼント(笑)

今年は、お菓子だけでなく、数年前の生徒ちゃん達に配ったブランケットが当たった子もいました(彼女達からしたら、大先輩とお揃いなので喜んでおりました〜!)

恒例の招き猫のチョコボールは全員へのお年玉。
*スヌーピーの飴ちゃんは、一年生ちゃんが私にくれました(涙)嬉しすぎる!


こんなに平和で、笑顔溢れるお稽古はじめとなったこと、本当によかったです(*ˊ ˘ ˋ*)
良いことですね。。。

私の母や娘も毎年動画を楽しみにしていて(笑)何度もみて、大爆笑。
娘は大好きなお姉ちゃん達なので、十分に知っていますが、動画でしか知らない母も、お腹を抱えて笑うほど、可笑しいのは、ホンモノの証拠ですね(T▽T)あはは


そして、しっかり切り替えて、、
数日前のお稽古は途中から雪がどんどん降ってきて、私、足をバタバタして大騒ぎ(爆)

そんな中でも、本当によく集中して、ブラッシュアップに繋がりました。
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_02024079.jpg
この日は副顧問の先生がずっとお隣でみていらしたのですが
「本当は書類整理があり、職員室に行かねばならなかったのだけど、、一瞬も逃したくない程、お稽古が本当に素敵で、感動して、ワクワクして、最後まで居てしまいました。」とおっしゃいました。

生徒ちゃんにとって、そして私にとっても、励みになりました。。
その言葉を聞いていた生徒ちゃん達の目の輝きが、これからの道筋を照らすだろうと。

先生の愛情もたっぷり頂いて、幸せな子達だなぁと思います(˘◡˘)


副顧問の先生とは、後に、お電話で打ち合わせする機会もあったのですが、この上なく嬉しい言葉を頂き(泣)


私はスパイスであって、
全ては、生徒ちゃん達あってのこと。
伝わらなければ、届かなければ、何も起きません。


指導は信頼関係、嘘のない愛がないと、成り立たないことだと承知して、覚悟を持って向き合っていますし、そうした関係を築かせてくれる彼女達に応えられるようにと身が締まります。

一見すると辛いことでも、それぞれ学ぶ色は違います。。
些細な出来事でも、人生そのものに試されているもので。。
自分に在る本来の美しい心が解放される感覚を大切にできれば、結果、求めていた在り方にたどり着くのだと思います。

テクニックも表現も、求めれば無限にありますし、学生らしい色んな出来事も起きますが…どんな時ものびのびと、志だけは輝いていて欲しい。

今期も佳境に突入。
挑戦も試練もまだまだあることでしょう。
それは、彼女達が常に本気だからこそやってくるチャンスです。

このタイミングで、団体として、個々として、さらに深く鋭く、可能性を切り拓いていくのを感じています。
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_02110993.jpg
主人と娘も同行しており、本当はしばらく近場の公園で空手のお稽古をしてくると行っていたのですが生憎の雪で、邪魔にならない場所でちょこっとだけお稽古して…娘は、私の横で見学をしていました。

娘、動画撮影を自らかって出たので、お願いしていたら、なかなか面白いアングルで撮っていました。上の3枚は娘の写真です。
娘は、生徒ちゃん達の美しい志を受けて、この場所がいかに神聖な場所かも、幼いなりに理解しています。
なので尚更、参加していたいのだそうです。

お稽古後の、ピックアップの個人稽古も良い時間でした。
(その際、娘は床に伏せて、低くカメラを構えて撮っていました。後に聞くと「ここからみるともっとカッコいいから」ですって。おやまぁ。)


そうそう。
みんなからのお年賀状!!!
今年も素晴らしい!!!!!
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_15594461.jpg
*今年も手書きのイラストだけピックアップします♪ハガキ全体に絵画のように素晴らしい絵を書いてくれた子も沢山!ですが、そうなるとたっぷりのメッセージが隠しきれないので無念にも控えます(TwT。)

ネズミさんのみならず、まさかの、ミッキー様にもちくびがあったのにはおったまげましたw
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_02271301.jpg
昨今、、、年賀状を控える人や、今年で最後にしますと言う内容を送られる方、はたまた、人生で一度も年賀状を書いたことの無い若い子も沢山いる時代です。

「自由だよ〜もらったら、必ずお返事は書くよ〜」と言っているのですが、やっぱりみんな書いてくれちゃいますよね(汗)
されど1枚、お金も手間もかかります。
色んな意味で無理をしたりしていないかちょっと心配です💦

と、先日みんなに問いかけるとすぐにブンブンと首を振ってニコニコしてくれました。
「今年、年賀状は私にしか出さなかった、という子は?」と聞くと、結構な人数がいました(;´∀`)
やはり、今はLINEなどが主流ですね。。それでも書いてくれたこと、嬉しいです。

そして、こんなに豊かに綴ってくれ、機会を大切にしてくれていること、本当に素晴らしいと思います。

卒業してもなお、近況を添えて送ってくれる子が多いことも感動(涙)
部活で学んだ心が今でも生活や仕事で生かされているとありました。。

*昨年度の部長ちゃんは、今年も主人の絵も添えてくれました!
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_02272890.jpg
葉書の書き方を学んでから一生懸命書いたのだろうな、と微笑ましく思う子がいたり、ご家族様との写真を楽しく拝見したり…隙間いっぱい、畳の目のように宛名面にまで続く程、熱い想いを綴ってくれる子、力作の絵や、ちくびウサギを添えてくれたり。

ひとりひとりの可愛いお顔が浮かび…癒されます。

娘へのメッセージを書いてくれた子には、娘もお返事を(*ˊ ˘ ˋ*)
ある子は娘におみくじシールを貼ってくれたり♪

私も、娘にはとにかくお礼状やお手紙を書くことを習慣づけています。
想いをペンに込める時間は、たとえわずかであっても、双方に深く刻まれると。。
学びも沢山ありますものね。

しかしまぁ、色んなネズミさんや、ちくびウサギがいて、可愛くって、ニッコリしたり吹き出したりw
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_02273356.jpg
ある子は、また面談がしたい!と言ってくれたり、、

ある子は絵も描きたかったけど、と添えつつ、『私達のナンバーは理想の人生の在り方(中略)…AIに支配された世の中で、自ら自分探しの旅に出るような、作品を表現し、お客様に披露し感じてもらえる、とても素敵なことだと思います。(中略)先生が『プレッシャーをかけられる人生は素敵よ!』とおっしゃったことが、心にしっくりきて…』という内容を書いてくれて。

そうかぁ、そんなことを考えて日々トライしてくれているのだなぁ、と豊かさをまた感じたり。。

それぞれ涙が出ちゃうほどに、愛おしくて。宝物です。
今年も、心美しい彼女達が、ますます輝くことを、願っています✩.*˚


そうそう!!
昨年のクリスマス会でお姉ちゃん達の前でまさかの空手の披露をした娘。
(*その日が空手の昇級審査の日だった為)

無事に審査に受かり、賞状と色のついた帯を頂きました。

優しくて厳しくて、カッコいい、憧れのお師匠さんとお写真を撮っていただいたそうです。よかったね!!

私はお稽古場での授与式の時も、観に行きたかったですが、グッと控えました。
なので主人が撮影。

帯をいただいて帰宅した時の娘の自信に満ちた嬉しそうな顔、最高でした!
*先生の(黒帯に織り込まれています)お名前は控えさせて頂きます
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_02384579.jpg
先生を見上げる娘のあんよが、何故そんなに器用にあっちこっち向いているのかも気になりますが(笑)
お師匠さんの道着の下のTシャツ、スーパーマンかしら?
『そうか!先生は本当の姿はスーパーマンだったのね(笑)』と勝手にニンマリ。

お師匠さんは年明けに大きな大会に出場されていたそうで、足のシミは、対戦相手の血だそうです(汗)

お稽古は黒帯さんもいる大人のフリークラス。
基礎からしっかり始め、かなり上級の形や、激しい実戦稽古も行われます。

その間は、娘は床に正座をしてジッとみて学ぶそう。
寒い時期はさらにきついでしょうが、それも大変貴重な時間、心に染みているようです。


この日も、お稽古後に、特別個人稽古をつけて頂き、娘のやる気はグングン上昇中!

学校の絵日記には、『頑張ったことを忘れないし、これからも続けたい』と書いてありました。
そうかそうか(*ˊ ˘ ˋ*)

素敵な出逢い、本当にありがたいです。。



あ!!!!!
学校の話に戻って。

前顧問の先生から、またまた冬のお楽しみ、
ご実家のお母様と一緒に作られている愛情たっぷりの美しい干し柿が届きました〜!!!!

いやっほぉ〜♡.*˚

本当に美味しい。最高に美味しい。素晴らしい。。
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_03041647.jpg
大事に大事に頂きました。。。

今は別の場所で、働いてらっしゃいますが(やはり教職関係)、お役目は引き続き多く、、恒例の大きな舞踊の大会では再会できるので楽しみです!

「バタバタしててもハグだけはしようね!」
と話しています♡(笑)


今期の生徒ちゃん達の雄志も見守ってくださいます(*ˊ ˘ ˋ*)
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_02111311.jpg
ちなみに、、、現顧問の先生はまた別の素敵なことがありまして。
また近いうち、思い出が書ける日を心待ちにしています。

では…(˘◡˘)


……………………………………
教育現場、笑顔弾ける最高のお稽古はじめ!_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2020-01-20 16:01
TOPへ
『写真展オードリー・ヘプバーン』
こんにちは。

先日、以前よりお世話になっているプロデューサーさんとランチ。
美味しい中華を頂きながら、嬉しいオファーを頂いて。

愛情深い、大好きな方です。
ですが、ここ数年、この方からのオファーも含め、舞台の出演や大きな振り付けのお仕事など、色々と辞退させて頂いている現状です。

その度に、申し訳なく、情けなく。。
お声をかけて頂いているだけでも本当に有り難くて、贅沢なことなのにと、色んな気持ちになります。

お引き受けしたものの身体の不調と重なったり、娘の進学もギリギリまで悩んでいた時期もありました(こちらにしても、選択肢があったのは大変ありがたい事です)
…そして何気ない日々こそ、じっくり丁寧に向き合いたいと心巡らせ、同時に想うことも多々あり、今は何より家庭が第一だと。

ですが、素晴らしい脚本のこのオファーをお受けできたらいいなぁと模索し、今、何度も台本を読んでいます。

娘が「観たいなぁ」と常々言ってくれることも、後押ししているのも大きいですね。


さて。
2020年、最初の美術館(展覧会)、どこに行こう、何を観よう?

娘が何より行きたがっていたのに、都合が付かずにいた『ゴッホ展』だよね!

と思っていましたが、大阪にいる間、私の母から
「オードリー・ヘプバーンの写真展がやってるよ!」とLINEがきて。
見ると開催期間が短い!
新宿だから家から近いし、書道の後にも行けそう。。

という訳で、2020年は、美しい『オードリー・ヘプバーンの写真展』から!
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_21170374.jpg
娘が昨年のクリスマスプレゼントにサンタさんにお願いしたのは、オルゴール。。
キラキラと輝くオルゴールに起用されているのは、『ムーンリバー』

クリスマスの朝、初めて出逢った美しい楽曲、オードリーの愛らしい歌声に惚れ込み、そして彼女の写真を観て、娘はすっかり虜でした。


私も、iTunesに持っていたオードリーの歌う劇中曲をはじめ色んなアレンジ曲を聴かせてあげ、ついでに新しくダウンロードしたりして。

音楽を聞く度に、
「あの素敵な人(オードリー)には、もう逢えないんだよね。
私はね、、心で何度も逢っているんだけど、やっぱりお話ししてみたかったなぁ。。きっと優しい人なんだろうなぁ。」と話す娘。
(それは夢のある願いですね〜)

そんな様子を私の母ともよく話していたので、ナイスタイミングの開催に、尚のことすぐに教えてくれたようです。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_18184533.jpg
馴染みのある新宿高島屋でやっているのも近くてありがたい〜♪


家族3人で「ところで何階かしら・・・?」と見回していると

娘が、綺麗な受付嬢さんに
「すみません…オードリー・・・オードリー、、ヘ、ヘパパーンの写真展は、何階ですか?」

・・・へパパーン( ⊙⊙)!!

・・・へパパーン(笑)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_18231167.jpg
展示会までの道のり、夫婦で可笑しくって、ずっと震えていました(ノ∀`)


百貨店内なので、小規模の会場ですが、、
入るとすぐにムーンリバーが流れていて…すぐにその世界に没頭できます。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20183114.jpg
モノクロ写真でも、オードリーの華やかさゆえに色が飛び出してきそう。

オードリーの前向きな言葉達と、映画の撮影秘話などのパネルもじっくり読みながら、心地よく過ごしました。。

娘も、すっかり彼女の魅力に引き込まれ、「天使みたい。。妖精さんだね。。カッコイイ。。」
ますます逢ってみたくなってしまったようです(;´∀`)

クリスマスから、憧れて、年明けにこんなに沢山の美しいオードリーに出逢えて・・・良い機会に恵まれ本当に良かった!

こうして、素敵な女性への憧れをいつも心に持ち続けていたら
もしかしたら『へパパーン』位なら目指しても良いかも…しれません(笑)


レストランで食事をしたあとは必ずホワイトガーデンに立ち寄るのを楽しみにしている娘なのですが、この日は何やらじっと光を見つめていたので、聞いてみると

「オードリーみたいな可愛い妖精さんがいるような気がするの。探しているのよ。」と(笑)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20183987.jpg
そうかそうか。。

と思ったら、しばらくして

何かやっている。

「なんだね?何をしているんだね?」
「こうして、寄り目をすると、キラキラの世界が、不思議なキラキラの世界になるんだよ。」だそう。

妖精さん探しはどうしたんだね。。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20184417.jpg
てっきり妖精さん探しの為のポージングか、何かを念じているのかと思ったよ。。

こういう所は7歳のおちび(笑)


物販コーナーに行くと、娘が「これこれ、このバックが欲しかったのよ。」とオードリーの写真がプリントされた大きめトートバックを(笑)
まさか欲しいものまで決まっていたとは。

でもね、、持ってみようね。。
引きずっちゃう。
あなたには大きいでしょう。。。
習い事バックにしても、ちょっとまだ身体に合わないかなぁ。。横長のバックならよかったのですが(汗)

ということで、、今回は以下のようになりました。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20190376.jpg
バックの代わりに、パスケースを買ったのですが、いざ、今使っている娘のスイカを入れようとしたら、これまで使っていたものにはポケットが付いていて、それがとても便利だったことを再認識。。
という訳で、実際使うのはもう少し先になってしまいそうですが、とっても可愛くて、悔いなし(笑)

マグネットクリアフラットケースも数種類ありましたが、娘が「私はこのお顔が好き♡」と選びました。

他はメモパッドと、、、

ランチョンマット!(200mm×400mm)
もう1枚ずつ買えばよかった。。本当に可愛い!
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20190756.jpg
展示会にもあった、オードリーが残した美しい言葉達や秘話が添えられた写真集(図録)もとても素晴らしい。

そういえば、娘が展示の中でふと。
「オードリーに赤ちゃんはいる?」と尋ね。

この銀幕世界で活躍するオードリーの写真達を観ながら、そんなことを思いよぎらせるのだなぁ、と。

彼女の実際のお子さん達とのショットを見つけ
「わぁ可愛い!きっとママが大好きだよね。良かった。」と嬉しそうにしていました。

家族(子供達や動物達)と一緒にいる時のオードリーの表情もまた美しい。

銀幕と現実、どちらもまっすぐ向き合い
出逢いを大切にされていたのだろうなぁと・・・

娘は「逢いたい」と恋い焦がれていますが、
私も同様、きっとそれ以上です。。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20191178.jpg
娘の視点に寄り添うことで、
好きな人や場所、大切にしたい時間が、より深く色濃く感じられています。

時々「あぁ、私はこういうことが好きだったんだ。」と自分の本心を発見することもあります。

そして同時に
「こういうのは、嫌だ。」
ということもハッキリしてきました。

それも娘のアドバイスや考えのお陰で出逢えた感覚です。

信念を貫いているつもりでも、心は知らずと何かに屈していたのだなぁと。

(私なりですが)
出来事や出会いを大切にする方法や、哀しい時こそ愛情に換える方法を見つけ出すことに重きを置いていた自分としては、新しい気持ちだと思っています。


そういえば。
義母の一番上のお姉さんが年末に挨拶に行った際に私にかけてくれた言葉。
それは私にとって、そして主人にとって、我が家に対しての最高の褒め言葉であり、エールでした。

そして、つい先日家族(私の両親含め)と出向いた年始の氏神様の元での御祈祷では、帰りがけ、宮司さんが同じ言葉をくださいました。

そのことを、娘がしっかり覚えていて。
(幼いからこそ、大人の言葉を心で聴いているものですよね)
後に「ママのことをね、そう言ってもらえて、とても嬉しかったんだよ。」と話してくれたことが、嬉しかった。。

どこで覚えたのか、物心ついて、言葉を話せるようになった頃から、娘はお釈迦様の教えである
「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」
という言葉の意味をまるでわかっているような判断・行動をする子で、驚きました。

嫌な言葉や行動は、すぐに心のポジションを変えて、シャットアウトです。

なので逆に、嬉しかった時は、本当に心から大切に受け取っているのだと(*ˊ ˘ ˋ*)


幼い娘の強さ(優しさ)に、何度も救われましたし、私もそんな風に歩みたいと。。

まぁ、それは周囲からすれば、どこにでも在る親子のささやかな出来事ですよね(笑)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20173527.jpg
そういえば。
先日、娘が小学校でちょっと哀しいことがあったそう。
めげずに明くる日にもう一度トライしたようですが、結果はやはり同じで、ますます哀しい気持ちになったそうで(;^ω^)

ですが、同じ日の別の時間に、ある女の子2人が突然「ねぇ、こっちに来て?」と娘を屋上に呼んで「ほら、ここから富士山が見えるんだよ!」と教えてくれたのだそうです。

「それが本当に嬉しくてね…」とニコニコ話してくれました。
(娘の哀しい現場にはいなかったとのこと。辛いことがあっても、それ以上に嬉しいことって在るんだ!と実感したようでした)

避けきれないことに直面しても、そんな素敵な優しさや出来事に出逢えたことを大事にできたら、いいなと。。

小さな女の子達が観たであろう富士山が、どれほど綺麗だったろうと想像したら、泣けてしまいました。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20162200.jpg
次の日「昨日は富士山を見せてくれてありがとう」と伝えたそうです(*ˊ ˘ ˋ*)



あ、そうそう。

我が家の食卓も、お正月らしく。、お雑煮です。

母の真似をして作っているお醤油ベースのお雑煮は、冷蔵庫のあり物で作ったので大根とほうれん草と干し椎茸しか入っていない(笑)

お餅は、義母から貰ってきた、手作りの美味しいお餅です♪

それと、母お手製の筑前煮も、お正月ver.。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_19244144.jpg
この、くらげの和え物ですが。

デパ地下の特設コーナーで時々出ているのです。
『味道筋』(1つ1000円)
3セット買うと、もう1つ貰えちゃう(*ˊ ˘ ˋ*)

お気に入りで、見つけたら数点まとめて買って、冷凍庫で保管。
鳥ササミとキュウリと人参、大根などを細切りにして和えるだけでササッと一品できちゃうので手抜き料理の強い味方(笑)
味付けも基本は足さなくていいし♪

贅沢にフカヒレと合わせたり、青菜と和えてちょっとマヨネーズを加えるのもGOOD!
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_19271031.jpg
それから。。

最近ネイルも載せてないなぁ。。

相変わらず仲良しでいてくれている店長さん
「今年も年始はちくび系のネイルですか?」と若干怯えていました(笑)
小さなテンテンが、相当緊張するのだと(;´∀`)

・・・そうか、忘れてた(笑)

シンプルで落ち着いたデザインが好きですが、年末年始はどこかの指に干支のちくびキャラを書いてもらっています。書きにくい動物の時はちくび雪だるま♪

今回は、年賀状の宛名面に印刷したちくびネズミさんをモデルに描いてもらいました♡
年末にやってもらったので、ちょっと爪が伸びてます(汗)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_19343050.jpg
あまり目立たせたくなくて、アイボリー×グレーのネズミさんにしたので、本当に目立たない(笑)
スタッツは、ちょっと小判を意識したつもり。

本当に素朴な雰囲気を上手に出してくれるので、嬉しい!
いつもありがとう(˘◡˘)



1月は、美術館もそうですが、昨年も母娘で観に行った新春歌舞伎のチケットも主人が手配してくれているし、大切な人とのお食事会、などなど、楽しみがいっぱいあります。

こなせる分だけのお仕事もさせていただきつつ…小学校も始まったので、せわしない日々ですが、心穏やかに過ごせるようにしたいです✩.*˚

では◎

……………………………………
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2020-01-13 10:30
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム