Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
<   2020年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
TOPへ
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?
こんにちは。


先週はなんだか慌ただしかった。。

私の母がついにガラケーからスマホ(Galaxy S10)に切り替え、、
母は家業でiMacと、iPadはずっと活用していましたが、iPadだと普段持ち歩くのに重たくて…大好きなガラケーをようやく手放しました(汗)


*義母は昨年、私の勧めで同じGalaxyを買って、今ではお庭の写真を撮るのが趣味になるほど愛用中!

ちなみに私はGalaxy Note9。


そして父がiPad(第7世代)を購入。
父の携帯は、仕事含めガラケーの方が都合がいいことが多く、そのまま。
でも大きい画面で地図アプリを使いたくて、こちらもようやく(汗)

液体ガラスフィルムコーティングをお願いしたり、ケースを買ったり、両親に操作法を伝えて、、、

自分の機種変は移行アプリもありだいぶ楽になりましたが、両親に新規…はなかなか時間がかかります💦
(でも、2人が快適に使いこなしてくれたら安心ですしね♪)

ついでに娘のキッズケータイも新しいタッチパネルタイプに変更!
簡単ですし、子供はすぐに操作を覚えちゃうもの。
こちらは一通り練習をして終了。
カッコつけちゃったりして憧れはあっても、操作に夢中にならないタイプなのは助かります。

使うと言っても、自粛前までは超近所のスーパーへ『おつかい』に行くときにオンフックで繋いで持って行ったり。
何かあれば声は小声。店員さんに「エリンギはどこですか?」などとお尋ねしたり、レジの方によくして頂いている様子や娘の受け答えが聞こえてきてドキドキしつつもニマニマ110.pngまぁ、それも1月から出来ていませんね。。

私のスマホが見当たらない時に鳴らしてもらうのがメインかもしれません(笑)

必ず何かの役に立つと、2年前に買っておいてやっぱり良かったと思っています。
(海外でも使えるようになったらいいなぁ。。)


それから、恐怖の家電不調の嵐で買い替えたオーブンレンジ、炊飯器、オーブントースター(どれもお気に入り!)も到着して、、
※その前にウォーターサーバーの機種変と給湯器の取り替え工事もあったし。。


とにかく機器の設定、設定、設定…に追われておりました105.png


さて。。
今日も、自粛期間の思い出の整理💦

と言っても、心の底から安心して過ごせる日はまだ見えず、個人的にはまだ緊張が解けないので、さほど生活が変わった感覚は無く…

都内は昨日一昨日も60人前後の感染。
無自覚や受診しないケースもあるでしょうから、数が目安になるのかさえ不明ですし、どう捉えればいいやら(汗)

経済は回って欲しい。素敵なお店達が閉店に追い込まれてしまうような流れは本当に辛い。。
出来ることを考えながら、行動したいな、、と思っています。

Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_02575251.jpg

自粛期間、楽しい学校がお休みになったことも、留学や旅行がキャンセルになったことも、お家の中にずーっといても、娘は、面白いことをいっぱい見つけて・・・
✱家族ぐるみの友人や娘のお友達と連絡したり、書道のオンライン授業があったことも感謝です。


留学については残念がりつつも「またいつか行ける、大丈夫よ」と言ってその日を心待ちにしていることはよく口にしていましたが、そちらは非日常のことですし、娘も先の希望として受け止めている様子。

ただ1つ「美術館、行けなくなっちゃって残念だね…行きたいなぁ」とは、時折こぼしていました。

自粛緩和で美術館は早い段階で開館され、上野周辺の美術館などではすでに日時指定制チケットを活用した開催なども行っているようですが、自宅から距離のある場所が多いので、移動手段に悩む。。

自家用車で行く?とも考えたましたが、やはり我が家はもう少し様子を見ることに。
美術館を応援したく、是非観覧したいのですが…(涙)

家から近い新宿の東郷青児美術館は、同敷地内でわずかに場所を変え『SOMPO美術館』としてリニューアルオープンする直前にこの事態。そしてもちろん開幕も延期。
娘の大好きなゴッホのひまわりが常設してあることもあり、リニューアルを楽しみにしていましたのでこちらも寂しいですね。。


そんな訳で、自粛期間はこれまで観に行った展覧会の図録を開いては、美術館へ行った気持ちになっていました💦
そして、娘は色々な絵画の模写をして、絵画と心を通わせたりして。

それはそれでとても有意義な時間だったと思います(˘◡˘)

今日はその中から少しだけ。


学校の宿題で「好きなことをしている自分」が課題だったので娘は「美術館に行くこと」にする!と決めて
娘の大好きなモネの『睡蓮』を観ている自分を描くとの事。

いろんな模写を描きましたが、、睡蓮か、、さてどうなるやら、と見守って(;^ω^)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503169.jpg
「んん、、、こうかな?こんな色がこんな風に混ざってるのかな・・・?」

「なんだか、ちょっとモネっぽくなってきた!!」

おぉ、早くも自信が出てきたようだ(笑)
ポジティブだこと(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503404.jpg
あっという間に日が落ちて、、、

すでに3時間が経過。

だいぶ埋まってきた頃、、、、
「私、、モネカだね!!」
白を上から塗って、なめらかぁ〜 なめらかぁ〜 モネカはなめらかぁ〜 に描くのです〜♪」

なめらかなモネカ・・・(笑)
*自分の名前が『いちか』なのでモネと掛け合わせたのですね。

(T▽T)あはは


うまいこと言っちゃって、と、思った矢先に
「あぁぁぁ・・・あちゃ〜油断したぁ〜変んなになったぁ〜」

と、前歯の無いモネカは最後の最後で、調子に乗ってしまったそうです(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503614.jpg
気を取り直し、最後に、絵を観る自分の横顔を描いて、完成。

合計4時間。


お、ちょっとモネっぽい!!

確かに、これは、、『モネカ』だ(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503979.jpg
本人的には「最初に額と”ここまでですよ”(侵入禁止のポール)を描いちゃったから、滲んじゃった。。」と反省していました(笑)

これは自粛期間中に学校へ提出してしまったので、手元になくなってしまったので、、


数日後、今度は「ママ、絵具で睡蓮を描いて良い??」と。

「どうぞどうぞ(笑)今日も、モネカなの?」
「そうよ。モネカは新しい睡蓮を描くのよ。」

え、睡蓮の新作。。。?(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_02091454.jpg
おぉ、、面白い色が飛び出した。

別の紙に色の組み合わせを試しながら「良い感じ!素敵!これでいこ!」と自画自賛しながら、描き進め(笑)←大事よね。

最後にサインも添えて、完成!!
(40分くらいかな)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_02091785.jpg
*このサイン、実は私が考えてあげました(笑)💦
これまでは英語で名前を書くだけで、アレンジしたサインは自分で考えたいだろうと、そっとして置いたのですが、ふと『いちか』の『I』と『愛=♡』を繋げたらちょっと可愛いかな?とメモ用紙に書いてみたら、娘が気に入って、今じゃ得意げに書いています(笑)

ちなみに私のサインは幼少期から全く変わらず!
大河ドラマの頃(7歳)に書く機会が多くなり、母と随分考えました。その時間を今でも鮮明に覚えているので、娘の簡易サインのデザインを私の案なのも、まぁアリかなと(˘◡˘)

本当は、なんでも娘の中から湧き出るものを大切にしたいですけど。


そういえば。。
モネの模写達は、家族ぐるみで仲良くしてくださっている小学校のお友達ママさんにも送りました(;^ω^)
実は、ママさんがモネがお好きで、娘の誕生日にはモネの画集をくださったり「いつか、一緒にパリの美術館に観に行こうね」と約束までしているほど、まるで娘と美術友達のように接してくださって、さらに嬉しい関係(*ˊ ˘ ˋ*)

ずっと載せられていませんでしたが、コロナ禍が訪れる随分前(今年の初めかな?)に、ママさんから海外出張(スペイン)のお土産を頂いていました。

スペインを最後に海外出張がストップしてしまったので、あらゆる案件が滞ってしまい、処理やら変更やらに追われているとのこと。。もともとご多忙でしたのに、テレワークだけでは余計に大変だったかと。。
でも、お子さんといる時間が増えたのは思わぬ癒しの時間だったと聞きました(*ˊ ˘ ˋ*)💦


そんなお母様がスペインで「いっちゃんのイメージで♪」と選んでくださったのが
『ガウディの色鉛筆』
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_18584153.jpg
その時の出張も、とても慌ただしい中だったそうですのに、娘のことを覚えていてくださって感動でした!!

娘も「素敵!!!!!!!」と、それはそれは大喜び。

「また絵を描いたら、写真を送ってね!」と言ってくださいましたが、
もったいなくて、まだ飾っています(;´∀`)テヘヘ

そして、いつか本物のガウディの芸術に触れたいねと夢も膨らみました。
そんな日も来たらいいなぁ。。

行きたい国がいっぱいだ!
どれも素敵なきっかけを頂いていることが、また幸せです◎

また旅ができる日が来るといいな✈️


それから。。。

美術館や海外旅行へ行けなくなった心を埋める、もう1つの手段は。。 
絵本を沢山買ったこと。

自粛中の最高の贅沢だったと思います。


70冊は超えてしまったかも。。!!

なんでそんな数になってしまったかというと、、

かねてより母娘で大好きだった
Gabrielle Vincent(ガブリエル・バンサン)の作品を、この機会に全て集めたい!!と思ったから💦

元々持っていた絵本は12、3冊ほどだったので、
我が家にない物をチェックすると、残り30冊弱。。。

半分以上はすぐに新品が手に入ったものの、他は取り扱いがほとんどなくて。。

彼女の作品は全てBL出版でしたので、思い切って出版社へ直接電話をしてみました。
すると大変丁寧に状況を教えてくださり…日本での版権がもう無くなってしまい絶版とのこと。現存する在庫も本当にわずかで、すでに我が家にあるものばかりでした。

ですが、電話口の方とバンサン作品の素晴らしさについて少々語り合い、家族で惚れ込んでいることも優しく聞いてくださって、素敵な時間でしたし、お時間を頂いて感謝しています。。
ますます本への愛着が深まりました。

BL出版30周年記念で刊行された『絵本作家 ガブリエル・バンサン』では、バンサンさんへの想いを通して、BL出版さんの温もりが伝わります。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_22042450.jpg

出版社で手に入らないとあれば、全てを揃えるのは大変だと覚悟しつつ、必死にネットで探しました。
様々な書店のネット通販や直接の問い合わせで新品の本が運よく見つかったり、あとはAmazonや楽天に出店している古本屋さんから買い取りました。直接手にとって確認ができないので、古本を買うのは中々勇気がいりましたが💦
この状況下、売り手サイドもいっそう綺麗な状態で梱包してくださっているように感じるケースが多く、有難いと思いました。

*絶版本なので、古本こそ正規の値段の数倍、ほぼ新品だと下手したら10倍以上の値がついていることも。ですがここはせっかくなので新品に近いものを探して、集めました💦

今は配送業者さんがお忙しいからと、なるべくまとめて配送が出来るように努めていましたが、本に関しては発注先もバラバラで、しばらくの間は毎日、本のお届けがきて。
ピンポンが鳴るたびに「きっと絵本よ♡」と娘の大きな楽しみの1つだったことも、有り難かったな。。。
同じ配達員さんに「何度もありがとう、絵本なんです(汗)」と話すと「平気っすよ!絵本、良いですね!」なんて話したこともありました。


でもまだ、あと数冊、集めきれていません(ˉˡˍˉ )
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_20450995.jpg
代表作といえば『アンジュール』でしょうか。
白黒のデッサン画のみの犬の絵本です。

バンサンさんの素晴らしいデッサン技術は、言葉がなくともそれは存在し、モノクロなのにカラフルで、映像のごとくリアルに心に突き刺る。音や香りを読んでいるような感覚にさせてくれます。

母が「テレビが白黒だった頃…それでも皆、ちゃんと色が見えていたのよ。」と言っていた感覚を味わっているみたい。

後に紹介します『アーネストおじさん』シリーズで美術館のシーンがあるのですが、名作の模写も見事。
ゴマ粒程に小さくても、そのものの表情や仕草までも感じ取れる筆遣いは何度見ても衝撃。
言い方がストレート過ぎますが、彼女は、本当に絵がお上手なんだなぁと、、
デッサン作品は生涯で1万点以上仕上げたそうです。

大切なことをシンプルに、心を浮き出したかのように描かれているのですよね。。
上の写真のどの本も最高。
拙くとも、1冊1冊私なりの解釈を記したい…けど、控えます(汗)


そして、なんといっても『アーネストおじさん』シリーズ。
こちらは全て揃えることが叶いました。
(1冊だけかなり大判で、置き場をずらしていた為、上の写真に混ざっています)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_20451506.jpg
娘が最初に出逢ったのは、絵本ではなく、映画でした。
2、3年前かな。。
一時は毎日のように見入っていました。

バンサンさんがお亡くなりになってから作られたものでしたし、映画化となると原作の世界観が壊れてしまうのかと不安になる。
また、原作をベースに創られたオリジナルの内容ですから、正直、尚更期待ができずにいて、実際に観たのは私も3年前。
(公開されたタイミングは出産前後で慌ただしかったのもあったかな)
親子のような、恋人のような、2人の柔らかで愛おしい時間に、社会風刺を織り交ぜた新しい物語は、、
バンサンさんへの敬意が深く感じられ、涙が出てきました。

娘と一緒に気がつきましたが『アーネストおじさん』が出版されたのが1981年
映画化は2012年。
どちらも、私の生まれ年と、娘の生まれ年であったことも、勝手にご縁を感じてしまいます。

擬人化された、くまとねずみ。
人間よりも人間らしい。

どうして、こんなにも惹かれ、何度読んでも涙がでるのか。。
それは、
くまのアーネストが、どことなく私の父に似ていると感じるから?
ねずみのセレスティーヌの言葉遣いが、ちょこっと娘に似ているから?

バンサンさんが絵に注いだ愛が、その人の心の中にある大切な存在を引き出してくれるのでしょう。。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_22541085.jpg
父は甘味製造卸業を営む職人ですが、アーネストのように元々音楽家でもあります。なんでもスローで、お片付けが苦手、細かいものにも愛着を持つ。”にぶちん”で、一途に家族を守るタイプ。家の中で音楽と触れている時間や、家の木々や、やってくる野鳥達と交流することが一番の贅沢だそう。
比較的スレンダーですが、のっしのっしと歩くので(横に動いていてあまり前に進まない)仕事のお得意様方から「くまさん」「スノーマン」とあだ名を付けられるほどですから、やっぱりアーネストと重ねてしまう(笑)


セレスティーヌの「そうね」「そうしましょうよ」「きっとね」「大丈夫よ」なんて言い回しは、娘に似ていて(*ˊ ˘ ˋ*)
主人曰くほとんど私の口調だと言うのですが、私は全く意識がなく(汗)

訳を担当なさっているもりひさしさんが、バンサンらしさが伝わる日本語を懸命に探したと、何かのインタビューで仰っていたのが印象的だったので、なんだかより嬉しくて。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23211549.jpg

時折、本当の人間も登場します。
不可思議なのに、実に自然で…。

デッサン絵本『あの夏』に出てくる女性は、すでに亡くなっている私の大事な『おばさま』(昔、お隣同士で、まるで祖母のように私を愛してくださった方)によく似ている。
血の繋がりがなくとも、家族同然の深い愛が存在することや、死の受け入れ方までも見事に描いていること、胸が打たれます。

どの作品をとっても、話が長くなるし、とても語り尽くせない(いや、私では語るに足らない)のでここまでにしましょう。。


ほとんどの絵本の表紙裏に、びっしりと愛らしいセレスティーヌが。いつまでも眺めていられます♡
母娘で「なんて可愛いの。。なんて素敵なの。。」と、うっとりため息の連続。
保存用も買いました(*ˊ ˘ ˋ*)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_22541151.jpg

我が家には本棚がいくつかありますが、一番目に付くハイタイプのテレビボードの本棚の片面が『Gabrielle Vincent Collection』になって、大満足です♡.*˚
手に入っていない残りの数冊が入るのかが、難題ですが(汗)

テレビを超えて反対側には、これまでの美術館の図録が詰まっています。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23174816.jpg

『絵本作家 ガブリエル・バンサン』の中にある、もりひさしさん、今江祥智さん、石井睦美さんの鼎談で、今江さんが『人生のお勘定をちゃんとつけて、、人間の存在みたいなものを攻めていった絵本作家はいない』と仰っており、、
作品を読めば読むほど、バンサンさんの命の刻み方が感じられる。

素晴らしい芸術家の生き様に触れる時間、、幸せです。


娘に「これは、あなたとママの宝物。どうかこの気持ちと一緒に、ずっと大切にしてね。買っていいよって言ってくれたパパにいっぱい感謝しようね。」と伝えると

「私がおばあちゃんになって、可愛い孫が出来たらね、『これは宝物だから、絶対大切にね』って伝えるよ。そしたら、その子がおばあちゃんになってね、同じように、孫に言ってくれると思う。だから大丈夫よ。2人でお手紙を書いて本に挟んでおこうか?」と。。

やっぱり、ちょっぴり、セレスティーヌ(笑)


バンサンさんの絵本を集めていると同時に、美術系の絵本も増やしました。

こちらも元々数冊持っていたシリーズですが、この機に13巻全て集めました。
(その他、日本画家本も数点あります)
小学館あーとぶっくシリーズ
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_04594068.jpg

どれも何度も何度も、娘が読み返しています。
知っている名画を見つける喜びや、いつか本物を観たいと思う作品にも出逢えて、何より「美術館にいるみたいね」と目を輝かせていて楽しんでおり、よかった…(˘◡˘)

こちらも美術関係。
「ぼくは〜」のシリーズは小2では難しい漢字も出てきますし、もう少し先にしようかと思っていましたが、せっかくなので。

前から気になっていたけど書いそびれていたのが「ミッフィー」シリーズ。こちらは幼い子も読みやすいし、流れもとても可愛い。
『ミッフィーと〇〇さん』と、巨匠を〜さんと呼ぶあたりが、ミッフィーらしい♪

私としては娘が美術館に興味を持ったタイミングがまだ幼い時期であったこともあり、作品との初めての出逢いは是非とも実物がいいだろうな、、その感動を大切にして欲しいな、、と、先に美術本を見せたくないなぁと思っていたので、、これまでは娘が興味を示した画家さんの本だけを買うことにしていました。

同時に、実物をこの目で観たいと憧れる気持ちもとても大切だとも思っていましたから、少し成長した今の娘とこの自粛期間が重なったことも、とても良い機会だったかなと(*ˊ ˘ ˋ*)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05034906.jpg

他に同時購入した絵本も沢山。

その一部、こちらは猫ちゃんシリーズ(ΦωΦ)

超有名作品もありますし、ネットで一目惚れした作品も。

イギリスの挿絵作家アン・モーティマーさんが描く『サンタクロースのしろいねこ』
吸い込まれるように美しい猫ちゃん✩.*˚
サンタさんの白いお髭にすっぽり隠れちゃっているシーンから物語が始まるのも、愛らしいです。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05183847.jpg

イギリスの作家キャスリーン・ヘイルさんの『ねこのオーランドー』シリーズも面白くって配色も優しくて綺麗。
娘も吹き出しながら楽しんでいます。
娘が「ねこのお母さんね、ママみたいよ。子供達が成長しちゃって、寂しくってメソメソしちゃうの。」ですって(汗)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05184234.jpg

『The Giving Tree』は、村上春樹さんの日本語訳版を買い足し。

何度読んでも、涙が止まりません。

ある日は、読み終えた娘が「うちのモリゾー達(ベンジャミンなど)も、いっぱい家族を愛してくれるよね。。私も愛してる。」と目を真っ赤にして言いました。

森林伐採の映像を見て「この子は、誰を休ませてあげるために切り株になったの?」と聞かれた時には、胸が締め付けられました。
後に、ちゃんと説明し、いろんな話に発展しました。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05172652.jpg

下の4冊は、英語と日本語の両方で記された絵本達。
以前娘が日本語版を小学校で借りてきて、英語版があったので買いました。

・・・が、「月ようびは なにたべる?」を、間違えて2冊注文してしまい(爆)

あちこちで絵本を買っていたので、やっぱりミスしちゃいますね。。。💦

でも、折角なのでどなたかにプレゼントしようと思っています(*ˊ ˘ ˋ*)

他にもこの期間に手に入れた本は多数(汗)
それはまたいつか。。


「思ったように買うたらええよ」と言ってくれた主人の優しさに、またまた深く感謝しています。
沢山の絵本に改めてびっくりして笑っていましたが。。



■オマケ■

娘が何やら画用紙と段ボールで作り出したと思ったら、
「セレスティーヌの乳母車を作ってるの。ゆりかごにもなるのを作るんだよ。」と(笑)

『アーネストおじさん』シリーズにも時々出てくるぬいぐるみ用の乳母車が、とても可愛いのですよね。

色々やったけど、くにゃくにゃで納得がいかず(笑)
ついに主人に相談して、段ボールで補強、ちょっとだけしっかりした車輪などを一緒に作っていました。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23211802.jpg
なんとかそれっぽく完成!

地味〜に車輪が回ります。

でも、強度は低め(;^ω^)
そして、押すには低くく、腰が辛そう(笑)

ゆりかごとしては、良い感じ?
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23212190.jpg

次回は娘のピアノやギターのことを書こうかな。。
それに、紫陽花ちゃんや、ささやかな父の日のことも( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )


では✩.*˚


by chihiro_anma_ex | 2020-06-30 10:24
TOPへ
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚
こんにちは。

梅雨入りしましたね☔️

娘の学校は今週から通常授業。。
雨やら猛暑やらで、先生方も子供達もヘトヘトなことでしょう(汗)
帰ってきたら、まずシャワー💦

私も数日前ようやく、スーパーへ行きました。
あまりにも久しぶりでドキドキ(汗)
空いてそうな時間を狙って店内へ入ると、仲良しの店員さんと再会!「本当にお久しぶりです」とニッコリ110.png

お隣さんから(ベランダ越しに)聞いていた通り、レジはビニールカーテンが活用され、店員さん達もフェイスシールドをしっかり装着なさって、実際に見ると、やはり動きにくそうですし、ご苦労も増すだろうなぁと。「しんどいけど、だんだん慣れてきた!」と言いながら笑顔で商品を並べるご様子に、ますます感謝が増しました。



そうそう。。
前回、学校再開はとても希望のあることだけど、娘とたっぷり一緒に過ごした時間がなくなることがどこか寂しい(いや、ものすごく寂しい)と書きましたが…💦
同じように主人にも夜な夜な話していまして(;^ω^)

すると主人が「会社はこのまま通勤日とテレワークの半々で継続する予定。だからね、小学校が始まって、もう少し世界の状況が落ち着いた頃にはさ、平日に2人でランチ出来たり、一緒の時間も増えるんだってね、そっちを楽しみに出来るようになるんやないかな。一加のいない時間は寂しいけど、俺は、これからの新しい2人の時間も楽しみやなぁと思ってる。」と。

そうか。。今後は新たにそんな嬉しい時間も持てるかもしれないんだね。。

その話を義母にすると「そうかそうか…ほんまエエ関係や!」と。
私の母に伝えたら、涙していました。

娘にも話すと「私は学校でみんなと美味しい給食を食べて、ママはパパと美味しいランチをするんだね。それってなんだかイイよね!みんな嬉しい時間よね。」ですって(;^ω^)
*主人曰く、私の話し方や言葉選びにそっくりなんだとか105.png

学校は当分、班を作らずに静かに頂く給食ですが、時々お隣の子とニッコリしながら食べるんだと、嬉しそうに教えてくれました。


「どんな時も プラス1のひらめきと 思いやりを。」
私が、娘に名付けた祈りは、夫婦の軸にもなっているんだと、改めて思いました。

果てしなく優しい主人に、ただただ感謝しています。


世界のあちこちで混乱と不安は続いていますし、経済も回って欲しい。課題や問題も多く、考えさせられることはいっぱい。
ですが、新しい形の希望や、思いがけない良い時間を発見している人も、きっと沢山いらっしゃるのではないかと。

まだまだ先は見通せない中で、現実から目をそらすのではなく、少し違う角度から見てみる心だけはずっと持っていたいですね。。


…ともあれ、主人のことを変わらず、いや、もっともっともーっと、大事にしたいと心底思うこの頃です。


という、ノロケの小噺でございました(汗)


それから。
娘の学校再開を機に、トレーナーとも話し合って、数年ぶりにグルテンフリー生活も再開!
すっかりスイッチが入ったので、こちらも楽しんで取り組んでいます♪
またいつかのタイミングで書こう。



さて、
今日の最初のお話は。。

前回のブログでも少し触れましたが、
今年卒業した教育現場の生徒ちゃん達から、素晴らしい贈り物が届いたことから(˘◡˘)✩.*˚
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_08234690.jpg
集大成であり、新たなスタートでもある『卒業公演』もなくなり、卒業式も縮小。。

この代の子達に最後に会ったのは、2月の半ばすぎ。
卒業公演の為のリハーサルでした。
受験と重なって来れなかった子もいました…

その時点で、コロナ関連の報道が少しづつされ始め、生徒達とも見えない不安を感じてはいましたが。。今の世界的な流行など予想もしていなかったタイミング。

でも、なんでかしら。

このまま会えなくなるような寂しい想いが込み上げてきて、いつになく話が長くなって。。
(実際は2週間後には公演で逢える予定でした)

この代に贈った作品は、楽曲と出逢った瞬間に、彼女達の笑顔が浮かび、朗らかで優しいこの代の子達に贈りたい、一緒に創りたいと強く思ったジャズナンバー。
「素晴らしき冒険の始まりね!」と笑顔で振り付け開始した日も、ついこの間のようです。

↓生徒ちゃんにとって1つの大きな目標であり節目である、大事な本番…昨年度のブログです。

彼女達が「受験勉強でなまっちゃった(汗)」と言いながらも笑顔はじかせ踊る姿に、改めて感動しました。

卒業までにはまだもう少しあるのに、この日が見納めかもしれないとさえ思ってしまって、泣くのを堪えるのに必死で、「またすぐ本番で会えるけど、やっぱり寂しいなぁ」と言いながら、学校を後にしました。。

そして、、嫌な予感も的中し、時は無情に訪れ…卒業。

最後に抱きしめたかったなぁ、ほっぺをギュッとしたかったなぁ。


数ヶ月経ち、自粛生活ももはや平常になった頃。
卒業生のMちゃんからメールが。。

(以下、内容は割愛しています)
『今日安間先生のお家宛にとある荷物を、お送りしました!
本当は直接お会いして渡したかったのですが、こんな時期なので、配送という形にさせて頂きました💦安全なものなので、安心して開けてください(笑)
暗いニュースばかりで気分が落ち込んでしまうこともありますが、私たちからのプレゼントで少しでも安間先生といっちゃんに、喜んでもらえたら、嬉しいです!』と!!

そして届いたのは、、、素敵な寄せ書き!!
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_08234357.jpg
デザインがまたとても凝っていて。。

私が贈った作品『Odyssey!!』のお衣装がフェルトで再現されている!!!
幕も可愛い。。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17313383.jpg

貼り付けられた封筒には、想いがたっぷり綴られたお手紙たち!!

娘へのデザインもまた素晴らしくて。
娘の大好きなハシビロコウさんが、美しいグラデーションで描かれていて素敵!!!

みんなのLiveの時に客入れスタッフをしている時の写真もあったりして…なんとまぁいつになく、母親心まで深く汲み取ってくれて。。。(涙)

*私は、幼い娘が生徒ちゃん達の本番を支えたいと自ら行動できること、その心を生かす場所に恵まれていることが、何より嬉しいのです。芸術空間が常に神聖な場所であることを理解しながら、できることを見つけ、楽しんで取り組む姿勢を覚えていく、、生徒ちゃんとの交流が、娘にとってどれほど素晴らしい学びであるか。。。

娘も、1つ1つのお手紙を大事に噛み締めながら読んでいました。
なんて幸せものでしょう。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17313685.jpg
右端のハシビロコウさんに乗って大笑いしている写真、実は娘を抱いている手が現在育休に入られている顧問Y先生であることも、、とってもほっこり♡
(Y先生のご出産のことなどは、またいつの日か。。自粛期間中に何度かお電話したり、可愛い可愛い赤ちゃんも交えて娘と4人でテレビ電話したりもして…定期的に成長の様子を送ってくれ、本当に素敵な時間を頂いています。)


そういえば、この代は引退の時に、私の主人にまで可愛い色紙を描いてくれたんだっけ。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23371387.jpg

今回もらった愛情たっぷりのお手紙達を読みながら、、
色んな思い出を振り返って、、ポロポロと嬉し泣き。
こんなに沢山の心をありがとう。

私も、本当に本当に、大好きです。

素晴らしい宝物が、また増えました。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_00091817.jpg
代表して送ってくれた子は、きちんと『15期 代筆』としてお手紙も添えてくれていて本当に立派。

すぐさま、お礼の電話をしました。

最初に娘がかけて驚かせると、そのまま随分とお相手してくれて(笑)
電話口が私と替わると「いっちゃんとの会話、録音すればよかった!ってくらい、嬉しかったです」なんて、どこまで優しいのでしょう。。

そのまま、話に花が咲いて、、
感謝も沢山伝えました。。

ALLオンライン授業となった大学生活の日々のこと、今感じていること、自粛期間もちゃんと前向きに上手に生活していること。。。
沢山話し、Mちゃんを通して皆を感じられ、本当に良い時間でした。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23535697.jpg
高校の現役ちゃん達のことも話しました。

先ほど載せた過去ブログにあったように、毎年恒例の、プロの敏腕スタッフさんの中で届ける舞台も中止になってしまい…
昨年度は1年生としてしっかりと会場スタッフをさせて頂き(この経験が日頃学んでいる舞台マナーを生かす大きな機会にもなっています)、今年は自分たちがステージに立つ番でしたのに。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23454345.jpg
これまで、沢山の苦難を乗り越え、各々に芸術を通して、様々な愛や正義を学び、ちゃんと笑ってちゃんと泣いて、信念を磨いてきた現3年生が、その日をどれだけ楽しみにしていただろうと思うと、胸が張り裂けそうでした。
加えて、卒業生(先輩)を送り出せなかったことも、とてもショックだったと思います。


思うことはいっぱいあるでしょうに、グッと心を切り替えて、何より今は命が大切なことや、行動1つの重みを理解しながら、「私たちは学生だから、今は何をすれば良いか明確。でも大人達は本当に大変だと思う。」「希望と元気だけは保って、お家で迷惑にならない程度に踊って、備えます!」と、大人や社会全体への思いやりも忘れず、健やかに過ごしている彼女達に、私や私の家族、そして私の周囲も胸が熱くなりました。
*つい先日も、ある現役ちゃんからメッセージがあり、すでに受験にむけて必死に取り組んでいるとのこと。。こうして繋がっているだけでも嬉しいね、とのやりとりをしたばかり。

そして、卒業生Mちゃんが「新しい2年生もきっと不安でしょうがないですよね。安間先生はきっと、新しい子達に面白い作品を用意していたんだろうなと思うと、本当複雑です。。」と。

本当にそうなのです。。

ただ不思議なことに、普段ならば新学期が始まってから新2年生とじっくり個人面談もしながら向き合うのですが、昨年のクリスマスLive終演後、自然な流れで、気がつけば今の新2年生のみが私の周囲に集まる瞬間があって、、「実はこの代にぴったりだなって、描いている構想があるの」と、半年以上先のことまで話していて。

わずかな時間でしたが、一人一人の目を見て過ごせたことはとても印象的でした。

あの時、こちらの話をワクワクと聞いてくれた新2年生の綺麗な瞳たちが、心から離れません。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23443670.jpg

学生には期限があります。

それが青春です。

だからこそ、この不測の事態はなんと言っていいか。。
自然災害が起きた時の衝撃ともまた違う不安の連続なのですものね。。

現実的に何ができるか、それを考えるタイミングすら、もう少し先になってしまうのだろうな。。


18年目を迎えた、教育現場での指導。

私の存在は、1つの"スパイス"です。
テクニックに加え、あらゆる『学び方』のヒントを伝えることで、個々の世界がいっそう花開けばと願い…微力であっても、頂いた立場の中で可能性を探りつつ、私なりに責任を持って、嘘なく厳しく、精一杯の愛を込めて指導させていただいてきました。。
時代と共に、移り変わるカタチも沢山ありますが、基本理念は変わりません。

学ぶ姿勢次第で、些細な出来事も栄養になり、いつかの自分を癒し、勇気を与え…大切な人を愛することに繋がる・・・
そして、どんな状況下であっても、自分を信じてあげることができるはず。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23472719.jpg
人生は1度きりですが、誰かを想う気持ちを通して、心は沢山の経験をします。
せっかく自ら選んだ場所。目一杯駆け抜けて欲しい。
(そんなこと、言わなくたって出来ちゃったりしますが💦)

女子高生らしいおバカちゃんなことだってちゃんと経験して…
十分に理解しているはずだと思っていた事がひっくり返るほど、自分を許せないようなミスや後悔もして…

(私の知らない部活外の楽しい学校生活も時々教えてくれたりもして)
一人一人の大切な青春のカケラ達が作品に反映されてカタチになっていきます。。

私の言葉も、彼女達が上手にキャッチしてくれ、たとえ最初は『?』であっても、とにかく実践し、いつの間にか自分らしさの中に溶け込み、品性としてプラスされ・・・何気ない仕草すら磨かれていく様子は、本当に素敵です。

どの代も、、各々が奇跡のような真実の輝きを見つけ出し、ステージで堂々と想いを届けています。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_00074478.jpg
数えれば、私の指導の時間はわずかなものなのですが、こんなにも愛おしく、離れていても、肌で感じることができる愛情を育めていることは、何においても、彼女達の受け入れる器=『心』が清らかであったから。
彼女たちの美しい心によって活かされたからこそ、輝くのですよね。

私は、彼女達に嘘はつきません。
だって、清らかな心には、なんだって見抜かれてしまいますもの。

ゆえに、彼女達と過ごす時間は、私の芸術の原点や、人生の軸を確かめる貴重な機会であり、代え難い学びです。。
物心ついた時から芸術一本でやってきた私にとって『学生時代』には深い思い入れや憧れがあったことも加わって、こんなに大勢の青春の一部と触れ合う機会をもらっていることは、大きな贈り物なのだと思っています。

学生の時にしたかったことを、心豊かな彼女達を通して、叶えているような気にすらさせてくれるのですから。

余談ですが、、
ビートたけしさんと幼少期に共演させていただいた時、2人のシーンの撮影前に私をじっと見つめ「君はずっとこの仕事をしていくだろうけど、なんだろね、学校の先生みたいなのもやったりしちゃうかもね。」なんて仰ったことが、こんな風に繋がってゆくなんて、何度考えても驚きです。さすが巨匠、何かを見通してらっしゃったのでしょう。。
なんの資格もない私が、教育現場でこんなに長く指導させて頂くとは、思ってもみないご縁でしたもの。。

やはり、、与えられているのは私の方なのです。



そんな素敵なこの場所も、勿論まだまだ稼働できずにいます。

学生として、まずは勉学を軌道に乗せなくては。。
受験も、心配が募るばかりでしょう。

文武両道を目指していましたし、部活動が学業への活力になっていた子が多いのも、事実です。

「本当は踊りたいです」
時に大人よりも冷静に振舞う彼女達が、正直にそう話してくれてどこかホッとしています。

どうか、彼女達の近い未来が、心身のびのび、豊かに過ごせる環境でありますように。。

課題も多いですし、各家庭の考えもおありでしょう。
顧問の先生方とよく話し合いながら、
焦らず丁寧に、出来ることを大切に、真摯に向き合いたいと、、
今は、愛おしい生徒ちゃん達のお顔を浮かべながら、まだ見えない『その時』を待っています。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_00553240.jpg
明日は、誰にもわからない。

「ありがとう、素敵だね、綺麗だね、嬉しいな、、大好きだよ、愛してるよ、、心に生まれたあたたかい言葉は、思った時に伝えようね。だって、明日何が起きるか、誰にもわからないのだから。」

つい先日も娘に話したばかりです。

日本人は察しの美学を持ち合わせておりますし、奥ゆかしい愛情表現も大切にしたいと思っていますが、
私はその品性に並行して、時を逃さない感覚も大事にしようねと、娘に常々伝えています。

今回のような状況下ではいっそう、そう感じますね。。


後悔から得る学びも重要で、それがきっかけになることだってあるけれど(私も沢山あります)、あたたかい言葉は、相手も自分も、傷付けません。
*何事も押し付けてはいけませんし、TPOも大事ですが…💦

未来に希望を持つことにも、繋がりますものね。

「お姉ちゃん達も、学校に行けなくって、踊れなくって、きっと寂しいだろうね。。でも、心の中でいっぱい踊っているよね。いつか逢えるから大丈夫って、頑張っているんだよね。。会いたいなぁ。。」

家に飾ってある大好きな生徒ちゃん達の写真や寄せ書きを眺めるたびに、娘はそう言っていました。

愛を伝えることが、娘にとって自然体なのも、日々の生活や経験に加え、教育現場に(真剣に)見学にきていた時間に生徒ちゃん達がくれた沢山の愛の存在が大いに後押ししてくれていると感じています。


私だけでなく、娘のことも幸せにしてくれる、大切な場所です。
本当にありがとう。。

………………………………………………

自粛期間の娘とのお家時間の思い出写真。

この日は『草原でピクニック&屋外勉強会』という設定だったのですが、、
ま、家のリビングのラグでシートを広げているだけですね(笑)
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_02572494.jpg
娘がぬいぐるみちゃん達に先生をしながら、色んなお勉強をしている、、つもり(汗)
英語の発音の勉強中のようでマイクも登場(;´∀`)

後ろのくまさん夫婦(ヴァナゴンパパとヴァナゴンママ)は絶妙なバランスでダラけて参観(笑)

そして、これは今年3年生になる生徒ちゃんのお母様から頂いたプレゼント。
これがまた、最高に可愛い&無限に遊べる、ストーリーを作っていくカードゲーム。
『eeBoo Create and Tell Me A Story Cards  Back to School』
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_02534824.jpg
当時頂いたメッセージカードも、箱の内側に貼って保管しているので、遊ぶ時は必ず読み返しニッコリ(*ˊ ˘ ˋ*)

我が家は、頂いたものは可能な限りそうしています💦
例えば絵本の内側にお手紙を貼っておいたりして。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03142606.jpg

ちなみに、このカードゲームといつもセットで遊ぶのが、ボーイフレンド君からの贈り物の、サイコロでストーリーを作っていくRory's Story Cubes
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03143984.jpg

お家ピクニック用の旅行バックの中身がちらりと見えて、思わず二度見( ☉_☉)
な、、なんで札束が!!!!!

と思ったら、主人が数年前に会社の忘年会のビンゴで当たった粗品の札束メモでした(笑)
何処にいったかと思ったら、娘にあげたのだった。。
旅行バックに入れるなんて。。まぁ、間違ってないか105.png
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03144344.jpg

ちっちゃなトナカイさんも、3年前の生徒ちゃんから貰ったもの♡.*˚

他にも4年前の生徒ちゃん達から貰ったピンクのKineticSandで遊んだり(ベランダ)
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03304180.jpg

生徒ちゃんから様々な折に貰った沢山の寄せ書き達、、、
折り紙セットや、文房具、絵本や、ぬいぐるみちゃんや、ユニークなおもちゃ達、食器やカトラリー、家電、美容グッズに、おもしろグッズ、、、とにかく、お家の中には、17年間分の生徒ちゃん達の贈り物に囲まれていて、どんな時も、その優しさを感じています♡


モノを大切にすることには、今では伝える側の私たち夫婦以上に重きを置いている娘。

同時に、誰から貰ったのかを思い出しては「嬉しかったよね」と話しますし、0歳〜3歳頃に頂いたものは「おちびちゃんだったから、覚えてないんだけど、ママの写真で見て、ちゃんとわかってるよ」と嬉しそうです。

うふふ。。

卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_04365409.gif



次回は、、、
まだまだある、たわいもない自粛期間の思い出を書こうかな。


美術館へ行けない代わりに、娘が『モネカ』になってモネの睡蓮を模写したり、
なぜかオードリーヘップバーンになりきってピアノを弾いてみたり、
ついに私の父からギターを貰って、大喜びで練習したり、、

自粛中の最大の贅沢?として買い集めた絵本のことなど、、、


あ!!!!!


梅雨入りと同時に、我が家の家電達が、、、、
ついに本格的に怪しい動きを見せ始めました(lll-ω-)


電子レンジ(日立のヘルシーシェフ)は少し前にも動かなくなって、「どうしたんだ~い(涙)寝てるのか〜い(涙)」と何度かコンコン(時にはドンドン)と古典的に訴えたら、目を覚してくれたのですが、またうつらうつらと、次は永眠なさりそう149.png

新居を買った約9年前に家電も家具も全て同時に購入した為、悲しい日も同時にやってくることは大体覚悟していたけど、ついにその時が近づいているのね。。(ダイソン掃除機と炊飯器は義母が買い替えてくれましたが、炊飯器はまた様子が…134.png)

恐怖の『家電ほぼ総入れ替え』
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_05110544.jpg
でも、家電選びは楽しい♪お引っ越しみたい♡
と、割り切って前向きに、、、(;^ω^)


しかも!
つい先日はお風呂のガスがおかしくなり、冷水と温水が勝手に交互に出てきてエライことに(爆)
メーカーごとお取り替え工事!!
*すでに工事済
なんで重なるの。。(T∀T)トホホ

…数週間前の自粛期間だったら、お願いできない(&控えてしまった)でしょうから、これもまた幸いといえばそうかな。。

そして自粛期間中にハイタイプのテレビボードを買い替えたのと、先日、ウォーターサーバーも機種変(メーカーは同じフレシャス)したので、もう家の中が一気に様変わりです。。。

そんなことも、家電達が届いたら書こうかな(汗)



*オマケ*
娘の新しいマスク。

母が、バレエ用品専門店のサイト(primaqua)で見つけたそうで、娘と私にお揃いで買ってくれていました♪

生成りのコットン100%の優しい生地で出来たフリルマスク♡

フリルもさり気なくて、とってもお気に入り。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17463959.jpg
大人用は接触冷感仕様。
そしてすぐに完売になったようです。。。💦
(母もよく見つけて、買えたなぁ)

自粛が緩和され、、人の少ない時間を選んで、母のところまで夕涼みのお散歩もできるようになって、それだけでも嬉しいものです。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17463710.jpg
これはご近所用にして、学校用には、前にも載せたシルクタイプの冷感マスク等を活用しています。

ご近所用…『お出かけ用』と呼べない感覚が、まさに現実ですね💦


冬場はもともと予防でつける習慣があり、娘も抵抗がないタイプですが、真夏のマスク、、「学校で苦しくない?暑くない?」と何度も確認💦
「お教室はクーラーがあってちょっと寒い位だし、このマスク(シルクタイプ)はお外でも全然平気!」とのこと。

Silkool light(極薄シルクの抗菌マスク)
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03293127.jpg
こちらは本当に呼吸も快適で、涼しい( ・ᴗ・ )☆*。

学校再開前に、良いマスクに出逢えていてよかったです💦
しかし、、まさか真夏にマスクで悩むなんて💨




我が家からは都庁のライトアップが目の前に見えます。

レインボーカラーになっていても、収束した訳ではなく、、
都内はやっぱりまだまだ油断できませんね。。。


では✩.*˚
by chihiro_anma_ex | 2020-06-16 09:13
TOPへ
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆
こんにちは。

わぁ、2週間以上も空いてしまった。。。
いつも『時の流れは早い』と感じて過ごしていますが、この数ヶ月も本当にあっという間だったね、と家族(実家や義両親含め)で話しています💦

緊急事態宣言が緩和され、学校やお店も徐々に再開。
スタイルは変えつつ少しでも安全な形で平常に戻そう、またはこの機会に改革を行いスマートな流れを取り入れてみよう・・・と、各方面、また仕事もプライベートも、模索することが多い時間でしたよね。。


つい数日前は2ヶ月ぶりに娘の歯医者さんへ歯の点検へ。
ドキドキしながら外へ出ましたが、街は思ったより人も少なく、ゆったりと夕方のお散歩気分を味わえました*⋆゜
歯医者さんの後、テレワークが終わった主人もやってきて家族でひとけのない道を歩いて、、串カツ屋さんでテイクアウトをし、また小道を歩いて。。

「解除されたとは言え、ちゃんと『緩和』の心得が浸透しているんだね」と主人と話していた矢先に、通りがかった居酒屋さんでドキッとする様子を見ちゃったり…💦

様々な想定を考慮しても、まだまだ先が見えないですから…6月は特に慎重になってしまうでしょう。
それぞれ悩ましい選択の連続は続きそうですね。。

毎回のように書きますが、、
「寄り添う心、思いやりある心が、希望に繋がる」と信じて、私も様子を見ながら慎重に行動したいと思います。


娘の小学校は、今週から分散登校が始まりました。
色々と思う事もあり、どこかモヤァ・・・とした気持ちになってしまうのも正直なところ。

外には出れずとも、全ての時間を娘と過ごし、小さなお家の中で果てなく旅した濃厚な日々。
それが減ってしまうこともすでに寂しく思ったり。


本来ならば6月から短期の母子留学を予定していました。
勉強だけでなく、この年齢の娘と共に、時間に縛られない豊かな時間を望んだ部分も大きかったのです。
かなり短期とはいえ娘の気持ちを踏まえ、ものすごく考慮して決めました💦
(教えの仕事は例年通り行うつもりでしたので、早めに計画を立てクライアントさんや顧問にはお伝えし、いつも以上に細かな調整をしていました)

そんな中、自粛生活となり…思いがけず(場所は違えど)家族としては思いっきり学びに没頭できた日々でもありました。

とはいえ、常に世界規模の不安は隣り合わせで、ニュースを観るとドキドキする。
本当の意味で、心のトリップ期間だったのかもしれません。

*6月とは別に、夏にはウィーンへ10日程旅する予定で…どちらもスケジュールを早めに出したくて2月頭の段階でフライトチケットを取っていて、最初は返金されない、または相当な金額のキャンセル料金がかかる可能性があるとのことで、、旅行代理店・担当者さんの勧めもあり慌てずに様子をみていましたら、5月に入って両方とも全額返金対象に。
待っていてよかったなと。。キャンセルサポートなどにも加入していた為、数万円の手配料までも返金してくださいました。そうした経験も初めてで、保険やサポート加入の意義を実感しました。

代理店の方々は本当に大変な期間でしたでしょうに、こちらが言わずとも会社サイドからきちんと連絡があり、迅速かつご丁寧な対応に感謝ばかり。
その日が来たら是非同じスタッフさんにお願いし、旅をしたいと思っています。


小学校の先生方は、限られた時間の中で(きっと不慣れな動画編集作業をなさって)、校長先生の心温まる朝礼や、各学年別にユニークな先生紹介動画を配信してくださいました。

他学年の先生方のご様子も知れて良い機会!中には思い出し笑いをしちゃう内容も(笑)
いつかお会いした時に「あの動画、最高でした♪」と声をかけてしまうかも💦
そうした気持ちにさせて頂けるのは、ありがたいことです。


ここ2週間は、ニュースを見るのもちょっと疲れてしまって、政府の発表、国内外の主要な動きや学校サイドの情報を必要最低限チェックするに留めていました。
もともとさほど視聴するタイプではないけれど、一日中TVを付けず、癒される音楽だけが流れる日が増えました💦

ますます胸が痛むニュースの連続。
見えない、知らない所でも、沢山あるのだろうと考えると…


そんな話を友人や娘のお友達ママさんと電話で話したら「うちもそうだなぁ…」と。
(主人や実家の仕事は工夫をして継続していましたから、社会の動きやご近所の様子は家族と沢山話しています。)

仕事関係の打ち合わせなどは時々しており、その度に各現場の生徒さん達のことで心がいっぱいに。
お優しい方々に恵まれているからこそ、これからも出来る限り、丁寧に誠意を込めて向き合いたい気持ちに変わりはありません。


つい先日、今年の3月に卒業した教育現場の生徒ちゃん達から素晴らしい贈り物が届きました!!

代表して送ってくれた子のメッセージのやり取りや電話を含め、とっても癒された嬉しい時間でした…そのお話は、また改めて(*ˊ ˘ ˋ*)

本当に本当にありがとうね。。。

卒業生ちゃん達、現役ちゃん達、、考えだすと胸がギュウウ…となります。


今日の記事は、、
もう2週間以上前になりますが、
散々検討していた『フィットネスバイク』が届いたお話から。
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_01201908.jpg
娘の自転車は、都内の我が家の周辺は道も狭い場所ばかりで、自転車OKの公園(とても少ない)まで行くのもなかなか遠いし…ということで、主人の実家(大阪)の義両親の元にしかありません(;^ω^)
今年のGWに乗れるのを楽しみにしていましたが、無念。。

自分の学生時代はどこまでも自転車で行動していたことを思うと、乗せてあげたいなぁ〜と思いつつ、、さほど使うチャンスが無いのも事実だし、私自身も小道で車と接触した過去があるので、もうしばらくはいいかな、、と。
ボーイフレンド君一家も同意見でした(汗)

話が外れましたが、、

届いたフィットネスバイクは、こちら!!
(親としては、何をしていても娘の歯がないのがとにかく面白い)
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_14391525.jpg

静かさをウリにしていたのと、デスク付きだった事がポイントでした♪
家の雰囲気に馴染んで『マシン!』という感じがしないのも嬉しい。

ちょっとしたハイカウンターテーブルのように使えて、すっごく便利(笑)

キャスター付きで移動もラクラク。
サドルもデスク(上下前後)も調整ができるので、家族みんなで利用できます。
娘も足が届いたのでよかった😌

負荷は8段階まで調整可能。

強いて言うならば、、、
サドルの形が独特でほぼ長方形。長く利用するとちょっと痛くなってきちゃうのが残念💦

でも十分に楽しく有酸素運動が出来、大満足!

安定性を上げるためにゴムマット利用を推奨していますが、これも色々考えて、自宅のフローリングに近い木目柄のクッションマットを敷いてみると、マシンがいい具合にめり込んで(クッションマットにはかなり跡がつきますが)安定したので、今のところこれで快適に活用しています。
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_14392242.jpg
娘は、もう嬉しくて楽しくて、毎日隙間時間に漕ぎまくっています(笑)
お勉強合間のリフレッシュにも最適。

iPadを置いて、英語の単語練習のお歌ビデオを観て歌ったり、窓を眺めて陽気にサイクリング気分を味わったり、とにかくお気に入り。

この写真は数年前(2017年の9月の誕生日プレゼント)ですが、トランポリンも真ん中の緑のプリントは薄くなってきたものの、特に劣化する事なく、愛用しています(*ˊ ˘ ˋ*)
なので、トランポリンとバイクを交互に活用♪
*2年半近く前なので、娘も随分おちびちゃん
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_17552659.jpg

今はバレエもジャズも、ダンスのお習い事は一度お休みをしています。

単純なリフレッシュだけでなく、体ほぐしや、体幹のチェック、つま先などの強化にもとても役立つので、1年中、娘は楽しんでやっていました。

今でもトランポリンは、4歳の頃に(贅沢にもモダンバレエ界の名高い先生に)マンツーマンでご指導頂いたバレエレッスンのバーレッスンをイメージして取り組んでいるようで…
ジャズダンスも、気付けば基礎練習を自主的にやったりして(´˘`*)

やってきたこと、頂いた時間は娘の心身にどれもちゃんと生き続けているのだと嬉しく思っています。


前にも書きましたが、下のお部屋への騒音チェックは、運良く不動産屋さんと共に確認出来ているので、安心して娘に跳ばせてあげられています💦私自身がかなり気にしぃなので…( ˊᵕˋ ;)


何でもそうですが、娘が勝手に触る&乗る事はNG。使用したい時は私に声をかける習慣があり・・・

「ママ、『進まない自転車』乗ってもいい?」
と、このフィットネスバイクの事を『進まない自転車』と呼んでいる事に笑えました(笑)
確かに、進まないね💦

「どこを走っている気分なの?」と聞くと
「お空の上!」
・・・『E.T.』みたいだね!☺️☁

そして、「筋肉、ついたかなぁ…」としょっちゅうチェックしていますが、、

うーん、、このタイプのバイクでは上腕二頭筋への効果はほとんどないかと(;^ω^)
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_14392623.jpg

ついでに
子供の靴の事。

皆さん大概そうかもしれませんが、自粛期間中にだいぶ身長も伸びて、靴のサイズが上がり、、全てサイズアウト。
靴だけは履いて買いたい…と思いつつもネットで何足か買い揃えました💦

娘に定番で履かせていたブランド(同じデザイン)は安心して買えるけど、サンダルなんかはちょっと賭けだね(汗)なんて、母と心配して選びましたが、届いてからすぐにマンションの廊下を歩いたりして、今のところどの靴も問題なさそう。助かりました(汗)

長年、娘の靴はほとんど『pediped ペディペド』
様々な足のトラブルを予防する工夫が凝らされた造りで、しっかりしています。
でも、一番お気に入りのデザインだと娘のサイズが売り切れで、、
しばらくは似たようなもので凌ぐしかなさそう。

娘はまだ「ママと一緒がいい。ママみたいな靴が履きたい」と言ってくれるので、外出は結局『黒系』ばかりだな。。


しかし、、まだまだ気軽にお出かけできるかと言うと何ともいえないので、、買い揃えた靴達の出番は昨年よりずっと減ってしまうかもしれませんね(汗)

フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_19004305.jpg
バイクの写真で履いているのは、
Reebokのオールピンク(赤紫?)のハイカットスニーカー。
父がReebokが大好きで…数年前に母が合わせて買ってくれていたもの。
当時はこんな大きな靴を履く日が来ちゃうの?なんて思ってましたが、、
ちょうど良くなったもんだ。

とりあえず、室内用にしました(*ˊ ˘ ˋ*)
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_14391923.jpg
生まれてからずっと、娘には黒か白の靴&サンダルばかり履かせてしまっていたけど、こういう色合いも楽しいかも。


そうそう!!!
話は変わりますが、、

少し前のブログでも記した書道教室の『オンラインレッスン』

その受講者さんの中から
お師匠さんが『大賞』なるものを、娘に授与してくださいました!!!(涙)

受賞の記念品として、豪華な漆のフォトフレーム&先生の直筆絵葉書まで♡

小さな子から大人クラスまで沢山の生徒さんがいらっしゃるのに…本当に嬉しい、有難いことでした。。
*写真、先生のサイン部分だけ隠させていただいています💦娘をこっそり撮影しているので、真剣な顔してますね(;^ω^)
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_20370645.jpg

実は、この4月からは特別選抜クラスにも選んでいただいて、ますますやる気に燃えていたタイミングで自粛となってしまい、、
それでも、めげるどころかさらに熱中していた娘を、真っ直ぐに導き、愛情たっぷりに包み込んでくださいました。

そして、
この自粛期間の日々の中、こんな形でお褒め頂けるなんて…思ってもいなかったので。。
漆のフレームは、色んな意味で生涯の宝物になるでしょう。。


こちらの書道教室では毎日のように学年別の10数名合同のオンラインレッスンもありますが、娘は週に2回、マンツーマンを2コマ続き(約45分×2回)で受講するのみ、としました。

先生の言葉を思い出しながらの自主練書きとりも大事ですし、他の教科のお勉強のことを考えると、我が家はこの位のペースがちょうど良かったと思います(*ˊ ˘ ˋ*)

素晴らしい先生と豊かで特別な、楽しい1時間半。。。

レッスンが始まる前の様子↓
娘の顔を見るだけで、どれ程嬉しい時間なのかがわかります(笑)
*この日の見学者は、深海魚のシーラカンス『シュール君』
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_21092578.jpg
自習したノートは必ず写真でチェックしてくださり、レッスンの最初にご指導頂きます。

ある日は「いっちゃんが好きそうだなぁと思って、今日はこの絵を持ってきました」と、『いわさきちひろ』さんの絵画を観せてくださったり、
(私の名【千紘】は、母が『いわさきちひろ』さんの絵とサインが愛らしくて、そこから苗字に合う画数が大吉の漢字を考えたのだそうで、先生のお話がいっそう楽しくて。)

ある日は娘がモネの睡蓮の絵を模写した写真を送ったら
「先生、今日はクレヨンを用意したの。こうやって使うと、いっちゃんが描きたいモネの世界がまた拡がると思ってね…」なんて、まさかのクレヨンを使っての美術の時間。

子供の日には立派な兜飾りを見せてくださったり、
我が家と同じ色の紫陽花が飾られているのを一緒に楽しんだり、


終了後には必ず、愛猫ちゃんがご挨拶してくれて(ΦωΦ)♡

どれもわずかな時間ですが、先生の感性と愛情が凝縮されていました。。


娘がオードリーヘップバーンに憧れ、なりきった気分で弾いたピアノ『Moon River』の動画も観てくださって(汗)
すると「あのピアノみたいに、優しいリズムに乗せて筆を動かしてみよう♪」と娘の心により響くアプローチを取り入れてくださったり。


*右の2コマ目のレッスンでは『クジラ王子』も参加。
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_21222659.jpg

私も芸術家の端くれとして、、常々『生き様、その全てがアートで繋がっている』という想いが軸にあり、娘とも、そんな気持ちで過ごしています。

プライベートの充実が、芸を磨くと思ってきましたし、

言葉遣い、立ち姿、歩き方、お食事の仕方、表情…
人やモノを平等に大切にし、感謝し、愛する心。

さりげない日常の振る舞いが、誰か、そして己の幸福に通じているのだと信じ、
そう在りたいと願っています。


そして、筆を持つ姿もそう。
書に関して、、私は、残念ながら真似っこ書道はできますが、鉛筆の持ち方もなってなくて(´‐ω‐)お恥ずかしい。
なので、娘が自ら正しい持ち方や美しい字へ興味を持ったことが、とても嬉しかったのです。

同じ芸術でも、私の知らない世界でのびのびと挑戦する。
こちらが余計な口出しをすることもない(汗)

書と向き合う時間は『お師匠さんの子』として、没頭して欲しいですし、それが叶っているのは、恵まれたことだと思っています。。

ましてや、お教室に通えないこの自粛期間に、わずかな時間でも先生を独占してご指導いだだけるなんて、そうしたシステムを作って頂き、本当に感謝しています。。
(もちろん別途個別料金は発生しますが、時間の価値はお金に換算できないほどです。)
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_01201574.jpg
娘が「先生が喜ぶと思う!」と用意する、プチサプライズの見学者(ぬいぐるみなど)にも毎回お相手くださって💦

昨年、母が誕生日に贈ってくれたキーウィのぬいぐるみも、家族3羽揃って参加(;´∀`)
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_21332662.jpg
3つ前のブログに載せた、娘が調理したニンジンのヘタを育てて『ニンニンちゃん』と呼んで可愛がっていることも、先生方にもご報告済み(笑)

時々ニンニンちゃんも見学します🥕♡

「あの有名なニンニンちゃんね!」とお相手をしてくださるので、ニンニンちゃんも嬉しそう。
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_21354837.jpg

今後は、大会などもありますし、やはり直接ご指導いただくことが基本ですから、、様子を見ながらお教室に行ける日もあればいいなと思っております。
でも当分は無理をせず(お教室の安全性の為にも)オンラインレッスンも継続していただこうと思っています(*ˊ ˘ ˋ*)

タブレットアームも間違えていっぱい買っちゃいましたしね(笑)


お隣のおばさまと時々ベランダで空を見ながらお話したり(それはそれで最高に幸せ)、時折友人やお仕事関係の方とテレビ電話はしていましたが、、
レッスンの前後では私もちょこっと参加し、定期的にお顔を見て話すお相手がいることで、私の心さえも、沢山満たしてくださいました♡.*˚
ありがとうございます。。


・・・ニンニンちゃんですが(笑)
毎日お水を換えてお世話し、
とっても元気に、育っています♪
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_21495088.jpg

根っこは出てこないけど、、どんどん伸びるなぁ。。
このままでいいのかしら。。。

いろいろ調べている間に、突如ぴーんと生えた葉っぱさん達が全部クニャァ〜と萎れてしまい、家族で大ショック!!

娘は泣き出してしまい「どうしよう、どうして、、、何があったの?お話しして?頑張って!どうして欲しい?」とニンニンに話しかけていました。。

もしかしたら、「鉢に植え替えてもいいかも」と書道の先生もおっしゃっていたし、ネットで調べても土に移すのもアリとあったので、、水栽培から鉢へ仮植え替え!

とりあえず、鉢と土を買いに行こうか、、でも今はまだ控えたいな。。
近所のホームセンターは自粛期間の間でも、毎週末すごい来客数だと聞いていました。
(週末、主人が買い出しに自転車で街に出てくれましたが、、この日もお店の外まで大行列で、入場制限がされていたそう…欲しい種類のトイレットペーパーがあったけど、空いてる薬局で違うタイプを買ったよ、とのこと💦)

なんとか、我が家にあった小さな鉢に入れてあげました(汗)
すると数時間後には、またグングン立ち上がって。。

見ていたら、動く様子まで肉眼でわかって(葉っぱが重なっている部分が立ち上がることで揺れていたのかな?)

完全に前のような立ち上がりではないけれど、
「土に入りたかったんだね。そうかそうか。。よかったよ。」と娘も一安心。
落ち着いたら、もう少し大きな鉢に植えてあげよう。
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_21495481.jpg

ベランダ栽培もやりたいなぁと色々考えましたが、美味しく頂いた人参がこうして可愛く育ってくれるだけで、心が和みますね(*ˊ ˘ ˋ*)
幼い頃から母とも時々やっていましたが、我が子と可愛がる時間も格別です。

調べると『リボベジ』と呼ばれているみたい!
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_22265542.jpg

*このイラスト、数年前に描いたものでLINEスタンプにも採用したのですが、偶然にも、まさにニンニンちゃんみたい?(笑)


それから。。
同じく、書道の写真の端っこに映り込んでいる大きなお花は『芍薬』

母が馴染みのお花やさんで買ってきてくれました(*ˊ ˘ ˋ*)
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_22590542.jpg
ヨーロッパではRose of May『5月の薔薇』とも呼ばれているそう。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花♪」


と、娘にも教えたら、気に入ってよく口にしています。

…が、歯が抜けているので「芍薬」が「ひゃくやく」としか言えず、やっぱり笑えます(笑)

フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_23022406.jpg
「2輪とも、咲き具合が違って可愛いね」

と娘に言うと、、

フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_23052196.jpg


「本当だ、、かぁわいいねぇ。。ポワンッてしててね。。」と見上げて。

そうか、、ちびっこい娘は下からのアングルしか見えていなかったのか(笑)
葉っぱも好きで長めにカットして飾ってしまったからなぁ(汗)


でも、このアングルも確かにポワンッとして本当に可愛い♡
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_23135812.jpg

と、愛でている間にも、どんどん花弁が開いてきてる!!!

す、すごい・・・!
これまで何度か芍薬を飾りましたが、こんなに早かった??

そして、、色が!!

次の日には柔らかいピンクになり、
その次の日には優しいピンクベージュ
またまた次の日は見事なオフホワイトに。。。
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_23173144.jpg
あまりに驚いて、思わず花瓶を抱きしめ、ベランダでお隣のおばさまに「色…こんなに変わるっけ?」と見せちゃった(笑)
お隣さんもお花が大好きですが、このような種類もあるんだね!とビックリなさっていました💦

ハラハラと散っていき、寂しさも覚えながら、、

娘は花弁を集めては「可愛かったよ、ありがとう。。」とお皿に集めていました。



5月も終わちゃった。。
まだまだ何気ない楽しい時間を撮り溜めていますが、今日はこの辺で(汗)
ささやかであっても、宝物の時間。なるべく記しておきたいな。。
毎度長くなっちゃうけど(ˉˡˍˉ )


お家時間もとても楽しんでくれた娘。
学校に行けなかった意味も留学の延期も理解していますし「仕方ないね、でも、またいつか行けるし、会えるよね」と前向きに割り切れるタイプ、「なぁんでも楽しいね(´◡`)」と、楽しみを見つけるのが得意な娘なので、こちらとしては『心』の心配は今のところないのですが、、


今日から分散登校。

昨夜は寝る前に「なんだか、お腹がもわぁってするかも。ちょっと変な感じ。。」と。
そんなことは滅多にない娘。。
いつもなら寝るときは寝る、が出来ちゃうタイプで、寝付きの悪い私としては羨ましい位なので余計にビックリ。

「痛いの?」
「ううん。ちょっと違うような感じ。」
「お腹に手を当てて、お話しながら寝ようか。」
「うん。」

お布団を被って、お互いを撫で合いながら、
「ねぇママ?明日はさ、ちょっと、まだ、ウィルスが怖いよね。でも、お友達と会えるのは楽しみだよね。。」
「そうだね。。」
「ママは、きっと私がいなくて寂しくなっちゃうよね。。でも、心で愛してるから、大丈夫だからね。。すぐに帰ってくるから。」
「…ありがとう。。」
「綺麗にして、気をつけて、きっと大丈夫。。大丈夫だといいよね。。スゥ。。。」
『…寝たのね。大丈夫だといいな、本当に。。。』


きっと深い部分で娘なりにウィルスへの不安もあり、これから学校がどんな風になるのだろうとイメージが沸ききらない部分があって、心と一緒にお腹が動いたのだと思います。(ついでに、私のことも心配している…)

ちょっと作業をしていて離れていた主人にすぐに伝えると
娘が私を心配したことに『いつもの事やね』と笑いつつ
「正常な心の反応やなぁ。。でもホンマ、大丈夫だとええけど、、難しいなぁ。。」

きっと、みんな何処かに不安や、疑問や、念いがありますよね。。

小学校は、家庭の判断でお休みしても欠席扱いにはしないとありますが、どれもこれも、単純には決められない。。
3週目には通常授業とありますし…

学校の先生方やお習い事の先生方の苦悩は想像するだけで心苦しいですし、それぞれに生活もおありです。
集団行動の中で、大人でも悩みがちな中、子供たちが自己判断で行えることはまだまだ限られていますから、家庭の中で出来る事があれば、何でも取り組みたいと思っています。


互いに寄り添い、思いやる心をベースに保ち、
家庭や一個人、それぞれの環境や考えも尊重されるべき大事な時期です。
各々が心から安心して過ごせる選択肢があればいいな、、と、願うばかりですね。。


そして、今朝はパッと目ざめ、ニッコリ。
よく食べ、注意事項ももう1回確認。

午前中をテレワークにしてくれた主人が学校まで送ってくれて、雨でも元気に登校176.png
そして、帰宅するといっぱい気をつけて過ごしたことや、その中でもとても楽しかったことを、沢山話してくれました。

連絡帳には、担任の先生から嬉しいお褒めの言葉が添えられており、今年度の連絡帳1ページ目が温かい交流から始まったことも、安心したところです…( ᵕᴗᵕ )

お友達と水筒のお水を飲む時も「これくらいの距離で飲めば安心だね」なんて笑顔でやりとりをしたのだそう。
子供たちも『思いやり』の上で取り組めたらいいですね◎


*オマケ*
「おでこに何かついてるよ?」と娘に言うと
「へ?何?」
一緒に鏡でよ〜く見ると。。。。

『黒』・・・くろ??
フィットネスバイク、芍薬…娘の思いがけない受賞☆_d0224894_00084626.jpg
しばし考え、娘が「あ!!!」と。

漢字練習で、どうしても良いバランスで書けず、うなだれ…ノートに伏せた時に、おでこに転写されたようです(笑)

『黒』って、表ウラひっくり返しても一見同じですね!!アッハッハ。


笑うって本当に大切ですよね。。


なんだか数日前に、主人からもらった優しい言葉が、ふわぁとよぎりました。
次回はそんな話も書こう☆.。.:*・゜

では。。


by chihiro_anma_ex | 2020-06-01 00:09
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム