Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
「大哺乳類展2」と、クジラ王子。
もう7月も半ば超え…!?
今週が終われば、娘は夏休み✩.*˚
家族一緒に色んな工夫をして、暑さを凌ぎながら、素敵な夏にしたいです。
(とはいえ、今週も肌寒い日が続いていますね…)

娘との夏休みが待ち遠しかった私ですが、学校も本当に楽しそうで、いつも目が輝いていて…
こたたらも毎日の報告が何よりの楽しみ、と思えていたのはありがたいことでした(*ˊ ˘ ˋ*)

っと、、来週の今頃はGuam174.png
なのに旅行の細かい準備が全然出来ていない(汗)
ホテルの食事や、ビーチでのディナーショーの席予約、娘の身の回りは大体用意していますが、夫婦の荷物が手付かず(汗)
…早くやろう。。


さて、これまた先月のことになりますが、、
仲良しのシズの提案で『大哺乳類展2』in国立科学博物館へ行ってきたお話。
d0224894_03272880.jpg
ダンサー(兼指導者/コレオグラファー)仲間ですが、何より"大切なお友達"…


彼女のいいところは、素直で人情に熱く、思いやりがあり、公共マナーをきちんと守れて(笑)、どこでも誰とでも偏見なくスッと気持ち良い交流ができること。

…随分前ですが、とある場所で倒れてしまっていた見知らぬ自転車を主人が直していたのですが、おんなじ場所でおんなじように彼女も直していて、ホッコリ。
※きっと彼女は覚えてもいないでしょうし、その自転車はまた倒れていて主人が直し、気づけば置かれなくなりました(汗)
(勝手にどなたかの所有物を触っては…とも思いますが、置き場でない上に道路を半分塞いでいて危険で。)


私自身が未熟ながらにも娘に伝えたいと願う、愛情や仁義を、自然と大切にしてくれるので…娘は彼女が大好きですし、私の両親(義両親)も主人も仲良くしてくれて感謝しています。


今回はチケットも、事前に彼女が用意してくれて、随分前からみんなで楽しみにしていました♪

シズと、シズの彼と、我が家3人でのお出かけです(*ˊ ˘ ˋ*)
※彼が写った楽しい写真もいっぱいありますが、控えます(笑)
d0224894_00095154.jpg
結局、お互いのスケジュールを合わせていたら、開催期間ギリギリになってしまいました(汗)


この展示はなんと全館撮影オッケー!
※動画はNGです。

小・中学生たちもスマホやデジカメで必死に撮影しながら観察していました。

それも相まってまぁ賑やか!!
こんなにザワザワした博物館は初体験です(笑)
そして大大大混雑。ギューギューです(汗)

前回の哺乳類展はすっかり見逃しショッキングでしたが、前回もきっと大人気でこんな感じだったのかしら。。

正直なところ、、普段は母娘で美術館や博物館の静寂な空間に全身が癒されることを望んでいるところもあるので、一瞬不安だったのですが・・・不思議と「落ち着かないなぁ」といった不快感がなく、動物園に来たようなワクワク感に包まれっぱなしでした。たくさんの人たちの胸の高鳴りの渦に混ざって、なんとも素敵な気分。

※妙に大騒ぎをしたり、悪ふざけをする人も見受けられませんでした。ちょっと押されちゃった…なんてことはありましたが(汗)

娘は主人に抱きかかえられて近くで見学したり、誠実なシズの彼に手を引いてもらって安全に楽しむことが出来て良かった♡.*˚
d0224894_03273104.jpg
入ってすぐ、大きな大きなアフリカゾウの全身骨格がお出迎え!さらに、天井から吊されたシロナガスクジラの下顎も迫力満点!!!!!
※さすが上野、一番最初の骨の展示は…ジャイアントパンダでした☆

ミナミゾウアザラシの立派な骨格や、カバさんの骨にも驚きました〜!
どの動物の骨も美しくて、いつまでも見ていられるね、、なんて。

歩行、走行…前進する際の4本の肢の着き方に着眼したエリアも魅力満載。
「こう?こんな動きだよね?」なんて思わず足がウズウズ(笑)

大混雑でも、みんなでじっくり観察出来て、驚いたり、感動したり、考えさせられたり、終始心が大忙し。

それぞれが繊細な能力と愛を沢山備え、関係が築かれ、活かされ、繋がっているのですよね…。
d0224894_00100426.jpg
この分類別になった哺乳類大行進の展示(剥製)にも驚きました。
こんなに様々な種類を一度に!
剥製と知ると、なおのこと胸がギュッとなってしまいますが、感謝を持って。。
(あまりの混雑で前の方に行って見ることが出来ませんでした)

映画『ナイト・ミュージアム』のように、夜になったら動き出す、、としたら、どうなるのだろう。
…人間よりも、ずっと上手に譲り合って過ごしているかもしれません(;^ω^)


シマウマさんとロバさん、まるでこちらが話しかけられているような優しい表情。
d0224894_00100823.jpg
同じ霊長目、、こうして見ると頭蓋骨は本当にヒトと同じような形状なんだと改めて。
なんというか、脳が発達した人類とはまた異なった気高さを感じました。

ただ、この左側のショウガラコの展示は何故このタイミング!?とみんなで吹き出しちゃって(笑)「あぁ…!」と聞こえてきそうに感じてしまうのは、やはり人間だからでしょうね(汗)

※実際はショウガラコや、メガネザル、キツネザルなどが行う、リーピングというロコモーション(移動運動)を説明する為です。
d0224894_01015971.jpg
顎や歯の展示ゾーンも、とっても魅力的。

食べるものによってこんなに形状が違う!「こことここでこうやって噛むんだね…」このエリアだけでも数時間過ごせます。

主人が「なぁなぁ、俺、似てへん?」と、微妙な2番プリエをしだしたので何かと思ったら、『スイギュウさんの上顎』でした(汗)…展示の角度が、確かにプリエをしているみたい(笑)
d0224894_01084752.jpg
『生き残り作戦』という副題がついた展示、終盤は"産む・育てる"のエリア。
色んな種類のお母さんのお腹の中を知ることもできました。

本当に充実した、良い展示。。。
きっとリピーターの方も沢山いらっしゃっただろうなぁと思います。

「2度3度と観に来たかったよね、今度はもっと早い時期に来よう!」とみんなで話しました。


会場を出ると、毎度のお楽しみ、オリジナルグッズ売り場です。
※その写真は最後に♪

壁にあった『チーターの疾走』シールに混ざるシズ(笑)
d0224894_01271629.jpg
グッズ売り場も随分混んでいましたが、折角なので館内レストラン『ムーセイオン』を利用しようと寄ると、こちらも大行列。
ですが、キャンセルされた方も多く、案外スムーズに入れましたし、待っている間も楽しくて♪

シズと娘が頼んだ『パンダプレート』、シズのパンダちゃんが、変な部分にソースがかかってしまっていて、なんだかちょっと情けない顔になってテーブルに届けられました(;^ω^)あらら

主人が頼んだ『活火山のチキンカツ』は、パカッと開けるとポテトサラダが登場します(笑)
d0224894_01334079.jpg
そして、シズのスカートに何かのソースが飛んだらしく、娘がせっせとシミ抜きをしている図(笑)
※幼い娘は主人に似て、ほとんど服を汚すことがないのですが…私がいい歳してすぐ汚してしまうので(爆)必需品です。。。

シズ、なんだか嬉しそう(笑)↓
d0224894_01364123.jpg
そうそう!!!!!

グッズ売り場でシズと一緒に「これ買っちゃおうよ〜」とウキウキ買い物をしている間に・・・なんと、シズの彼が、娘にクジラさんのぬいぐるみを買ってくれました(涙)

ありがとうーーーー!!!!!
本当に嬉しい(*ˊ ˘ ˋ*)

いつも博物館を出た時に待っていてくれる、この大きなシロナガスクジラさんに母娘で癒されているのですが、
ちょうど買ってもらったクジラさんと似ていて、さらに大喜び。
素敵な思い出です(˘◡˘)✩.*˚

沢山あった種類の中から、娘はクジラさんを選んだのかぁ…

『クジラ王子』と命名しました。
由来はヒミツ♡.*˚ 
d0224894_01252320.jpg
食後は公園の噴水、、、というか、噴水の藻の流れを観察するのに夢中な私たち。

みんなで1時間も藻で楽しみました(笑)
なんて平和なのでしょう。。。

※上野といえば、上野動物公園、、といえば、娘はハシビロコウのはっちゃん
はっちゃん、みんなと一緒に博物館を堪能し、新しいお友達『クジラ王子』とも出逢いました♪
d0224894_01424515.jpg
さらにクジラ王子は
『100+1(One hundred + your own)』シリーズで、大好きな京都のお姉さまから頂いたこの「はっちゃん」と同じメーカー。

なので、なおさら空気感が似ていて、いい雰囲気(*ˊ ˘ ˋ*)
指がちょこっと入る程の噴気孔もあります♪
抱き心地もいい。。

そして、私のバックにフィット(笑)

ちなみに、シズは大好きなシロクマさんのぬいぐるみを買ってもらっていました♪うふふ
d0224894_01452274.jpg
ちょうど野外で屋台や特産物のイベントもやっていて、大きなかき氷や五平餅を食べたり、射的をやったり。

ワタクシ、、、
何を隠そう、お祭り射的の名人です(笑)
今の所。。
自分でいうのもなんですが、どうやら結構上手みたい。
必ず落とします( ̄∇+ ̄)うふふ

この日も、ちょうど周囲の方が苦戦されてる中で、7発中、全部当たり、4発の景品が下に落ちました。ちょっと得意げな私(笑)
娘が欲しいと言った大当たりの景品もゲット!娘、大興奮(笑)
(当てるだけじゃないのが、射的の面白さと難しさです。。)

結構小さな的だった大当たり…景品はお祭りでよく見かける&我が家にも何匹もいる系のお散歩ワンコでした(笑)
d0224894_02092973.jpg
ついでに、
なぜか吹き矢も結構上手いのです(笑)
どこかの忍者イベントで挑戦したら、全て真ん中に命中しました。なぜ。

前世はなんだったのでしょう。。。
そして今、何の役に立つのでしょう。。。


主人は「スナイパーと忍者だよ、、構えた瞬間に顔付き変わるし…怖いで。」ですって。

確かに、忍者ならちょっと所縁が…って話がそれちゃう(汗)


はっちゃん、そしてクジラ王子、さらにお散歩ワンコまで増えて、もう大世帯(汗)
ゆっくり歩いても、すぐに転んじゃうパグくん。
シズがパグくんの背中にはっちゃんを乗せてあげると、いい感じに仲良くお散歩できました(笑)

みんな楽しそう(笑)
d0224894_02165102.jpg
さて、今回の展示会グッズは。。。
d0224894_02230754.jpg
恒例の展示会オリジナルのクリアファイルに、、

【真っ黒ドロップス】
全部真っ黒で、ロシアンルーレットタイプ。
帰りの電車でみんなで食べて、食べ比べしました♪
人数が多いと、そういうのも一層楽しいですね(*ˊ ˘ ˋ*)

娘はラッキーレアなマッコウクジラのコーラ味が出てしまい、炭酸が苦手なのでパパにあげていました(笑)

この【ウォッシュタオル】はイギリスのAnorakという雑貨屋さんのもの。
ポルトガル製で厚みもあってとても可愛い。
バッジャーズ(アナグマ)とスタッグス(トナカイ)の柄をチョイス。
d0224894_02261311.jpg
それから、主人が見つけた絵本。

パリの絵本作家イザベル シムレール(Isabelle Simler)氏の描く、どこまでも美しい
【はくぶつかんのよる】

まさに今日の思い出にぴったりです。
彼女の描く博物館の生き物たちは、ただ美しいだけでなく、とても品性があって秩序正しく、温かい。この日に感じた世界が表現されているようで…感動しました。

…彼女の翻訳されていない他の絵本も買おうとしている私です。
d0224894_02432912.jpg
今回の図録もとっても楽しい。

私の両親は今回もまた、図録を見ては「行った気持ち」になっていました(笑)

図録を見ながら、娘や私が説明するのも、楽しみの1つです。
思い出や知識ががさらに深まりますしね!

途中のコラムも読み応えがあります。

ただ、形状が横長で表紙がハードではないのが個人的にちょっと残念。。くにゃくにゃしちゃって(笑)
でもそのくにゃくにゃのお陰で右下にあるパラパラ漫画風になったチーター骨格が疾走する仕様が滑らかに動いて可愛いです♪
d0224894_03080152.jpg
展示にもありましたが、巻末には、昨年あったシロナガスクジラの漂着(国内初)の調査について特集されていました。
漂着したのは、まだお母さんのお乳を飲むであろう(乳児)時期の幼いクジラくんだったそう。

胃の中に人間の出したプラスチックゴミがあったことは、ニュースでも見たことがありました。

何かしらの理由でお母さんとはぐれてしまったのでは、という事です。

胸を痛めるだけでなく、
たとえ知識の浅い立場であっても、
考えるチャンスを大切にしたいと思います。

命と出逢って、命を頂いて、少しずつ学んでいます。


生き物たちに感謝を込めて。。

大切なお友達と出向くことができて良かったです。
ありがとう。

クジラ王子と共に、思い出がいっぱい。


*オマケ*
主人が激写した『アフリカゾウの骨格を撮る反りっぷり』です。
d0224894_03075172.jpg
それだけ大きかったのです。。

なるべく周囲の方が写り込まないように、隙間を見つけて、人目を忍んで、背後をチェックし、必死に角度を考えましたが、流石に無理がありました…そしてそんな瞬間を撮られてしまったとは。
そして思うような写真も撮れず(笑)やっぱり実際観るのが一番!!
※どなたかのリュックとは奥行きが違うので当たっておりません〜(汗)

さて。今日は教育現場の生徒ちゃんの元へ。
まだ数回のお稽古ですのに、感動の成長ぶりです。

あぁ楽しみ!!

では✩.*˚

# by chihiro_anma_ex | 2019-07-18 12:08
TOPへ
心惹かれるグリーン…STAUBココット、ニガウリちゃん✩.*˚
こんにちは。

今日は七夕。。
やっぱり、、雨ですね(汗)

我が家は、娘が小学校で作った折り紙の笹を飾っています。

娘の短冊には
「みんなが ともだちになりますように。」と書いてありました。

先日の保護者会の後に、担任の先生が「優しい、温かい言葉ですよね。」と教えてくださいました。


ある子は『おばあちゃんの目が治りますように』とあり、思わず泣けました。

宇宙飛行士になれますように、パティシエになりたいです、電車になりたい、動物園に行けますように、大金持ちになる!などなど、いろんな可愛い夢が飾ってあり癒されました✩.*˚

1人2枚書いたのでしょうか、学校の本物の笹に飾る方にあった娘のものは「1ねん◯くみが なかよくあそべますように」でした。

娘はまだ将来何になりたいかは、決まらないみたい(笑)


豪雨の心配がまだ続いていますね…
どうか二次災害含め、拡大しませんように。

恵の雨で止まってくれるといいのですが。。


梅雨を超えたらまた猛暑の夏がやってくるでしょう。

夏になると、いつも以上にグリーンのものに心惹かれます。緑が繁る季節ですしね♪

ふと、スマホのカメラフォルダの中身が、やけにグリーンに偏っていたので(笑)
ちょっとピックアップ。
d0224894_13332363.jpg
もともと、我が家はグリーン系のグッズを選びがち。
主人は特にグリーンが好き。

家具の基本は木製、白、グレー、
観葉植物がいくつかあって、クッションやラグ、キッチン周り、ベランダはグリーン系。
差し色はゴールド系、、見回すとそんな感じ。

新居を買った時から一緒のベンジャミンのモリゾー君は、数回危機を迎えつつも、主人の全力の愛で奇跡の復活を遂げ、なんとか元気にそばにいてくれています…(*ˊ ˘ ˋ*)

d0224894_01085015.jpg
こちらは、お気に入りのココット。

【STAUB(ストウブ)】
■ピコ・ココットラウンド 18cm バジルグリーン
■マグネット トリベット
d0224894_22260553.jpg
今では言わずと知れた有能&お洒落なフランス製ココット。。
とにかくどのカラーも絶妙に可愛くって、最後までグレーやチェリーとも悩みましたが、我が家はバジルグリーンに。

シリアルナンバー付きで生涯保障もしてくださるので安心♪

お茶碗など食器も可愛くって、ついつい買ってしまう。。。


実家はLE CREUSET(ル・クルーゼ)が多くて、嫁入り道具に母から数点貰いました。「木製の取っ手がついたものだから、ちょっとレアなのよ♪」と(*ˊ ˘ ˋ*)
※実際は婿をもらったので嫁入り道具、、ではないのかしら?

そちらも気に入っているけど、STAUBもやっぱり可愛いし活躍してくれます。
同じように作っても、他のお鍋よりLE CREUSETやSTAUBの方が味の染み込み具合が深い気がするよねぇ…と母とよく話しています。

でもどちらも本当に重くって…(笑)
これより小さいお鍋はホームセンターで買うお手頃な片手鍋やフックにかかるような軽量タイプが一番使いやすい(笑)
たはは(;´∀`)


STAUBちゃんは煮込みものやスンドゥブなんかの時に愛用しています♪

そしてこのトリベット(鍋敷き)が本当にお気に入り♡
中にマグネットが入っていて、ホーロー鍋にくっつくので、お鍋と一緒にキッチンからテーブルに持ち運べて安全で快適!!「誰か鍋敷き出してーー!」と叫ばなくても大丈夫です(笑)

もちろん、STAUB以外のお鍋もOK♪
d0224894_22261094.jpg
・・・あえて座らせてみたフクロウさん(ホゥ太郎ちゃん:娘が命名)
少し前、娘がとあるモデルちゃん撮影で日光へ行った際に一目惚れして買いました。
(あぁ、そんなお話も全然記せていないし。とっても良くして頂いた&素敵な思い出なのに。)

座り方やランプの持ち方にどこか品があり、とってもお気に入り。

お鍋でお尻を温めているみたい?(笑)


お料理といえば。

今年も私の母と娘が大事に大事に育てたニガウリちゃんの収穫が始まりました♪

おチビちゃん達もたーーーーくさんいますから、これからもどんどん頂けそうです。
本当に可愛くって、愛おしい(˘◡˘)♡.*˚
d0224894_23513554.jpg
「可愛い葉っぱさんも一緒よ!」

ちょろんんと葉っぱが付いた状態で収穫してきたのだと、娘が抱きしめて持って帰ってきました♪
d0224894_13480152.jpg
今年最初のニガウリちゃん♡
ちょっと小ぶりですが、とても綺麗!

そして、、美味しい!

香ばしく焼いてから薄くスライスして鰹節とお醤油で食べてもまた美味ですが、、

定番のゴーヤチャンプルにしました。
我が家はお豆腐、チーズ、豚肉、キノコ、人参、キャベツ…などが入っています♪
d0224894_00034982.jpg
娘もモリモリ食べてくれます。

栄養満点!!!!!!

d0224894_13122366.jpg

種も大切に保管。

しばらく収穫せずにいると、そのうち黄色(オレンジ色)になったニガウリがポン!と弾けて、真っ赤に熟した甘い実が出てきますから、その中にある濃いめの茶色になった種が採れたら、時期をみて大切に植えます♪

これはチャンプルにした緑色のニガウリから採ったものなので、ちょっと色が薄いですね↓
d0224894_13120468.jpg
また来年も可愛いニガウリちゃん達に会えるでしょう(*ˊ ˘ ˋ*)

自分で育てて、命を頂く意味をお勉強しながら、美味しく頂く。

とっても楽しいし、有難い。



モリモリなグリーン、、、

こちらは、いつものお気に入り表参道のフードコートにて。
少なくとも1〜2週間に1度はここでサラダメインの食事をします。

好きなトッピングとドレッシングを組み合わせ、チーズパンと、本日のスープも添えて。
d0224894_00050633.jpg
出産前から変わらず、ローストビーフと海老(2倍)とコーンをトッピングするのが定番。
その頃から、本当に頻繁に通っていたなぁ。
今、ここで娘と一緒に同じものを美味しく食べられるのが嬉しい!

私の幼い頃だったら、サラダメインなんてとんでもなかったなぁ。。(汗)
(お恥ずかしながら、二十歳超えたあたりから生野菜を食べられるようになったので…母は、細かーく刻んで混ぜ込んだり、温野菜やお味噌汁で必死に野菜を摂取させていたようで、苦労かけました。。)
d0224894_00101028.jpg
※この日のお供は、小鳥のそらちゃん。勿論、ぬいぐるみです。

グリーンの食べ物といえば、メロンも好き。

…と知っている主人はとりあえずメロン系のスイーツを見つける度に買ってきてくれます。

つい先日は【GRAMERCY NEWYORK(グラマシーニューヨーク)】の『メロンシャワー』
…今年は水玉ちゃんですね!
昨年は斜めストライプだったような。。

ホールケーキも可愛くて悩んだそうですが、、私はさほど沢山食べられないので、こっちで正解♪
左のメロンのパンナコッタの方がさっぱりして好みかな。。
後ろはマンゴープリン。
d0224894_00254797.jpg
ベランダに出ると。

母娘のサンダルがグリーンな生き物(笑)

お魚さんが娘で、カエルさんが私。
d0224894_00451360.jpg
お魚さんは娘が見つけて、選びました。
お口が空いてて可愛い。
淡いエメラルドグリーンにラメが入っています。
d0224894_00451945.jpg
そして…カエルさん、見つけたお店が22cmしか売っておらず、無理やり履いています(笑)
*私は23cm前後

空気が入って、歩く度にギュッ グエッ と鳴ります。
きっとそういう仕様ではなく、私が無理やり履いているからかと(;´∀`)

カエルさんの斜めからのお目目の具合や、横顔、ひっくり返った時がまたリアルで可愛い♡
d0224894_00451643.jpg
ちなみに今、人工芝のベランダをウッドデッキ調にしようかタイルにしようか、夫婦で迷っています(笑)
水捌けのことやお掃除のことを考えると、なかなか決められず。。


あ!あとは、こんなのもグリーンでした。

いつも母が選んでくれている娘の浴衣
今年はtsumori chisato(ツモリチサト)さんデザイン♪
着物や浴衣は、母が選ぶのが楽しいみたいなので、基本はお任せです。

帯は白系。
写真だと柄が見えにくいですね(汗)

娘も大喜び。
早くお祭りに行きたい!

ツモリチサトさんのデザイン、昔から大好きでしたが今年ブランドが撤退してしまいましたもんね、、寂しいです。。
d0224894_00513886.jpg
他にも、コスメや香りのグッズもグリーンがチラホラ。

長くなってしまうので、またいつか。。


*オマケ*
娘が突然小さな声で「あのね、、今日、可愛いムシさんがいたんだけどね、ちょっと可哀想だったよってお話をしてもいい?」と切り出し、目撃した切ないお話をしてくれた時のムシさんのポーズと、はっちょ眉の困った表情がなんとも親的にツボだったので。。
d0224894_00102763.jpg
今日はトレーナーに自宅へ来てもらっての往診治療デー。

気圧に負けそうな全身を、約3時間たっぷりとほぐしてもらいます(˘◡˘)


では✩.*˚

# by chihiro_anma_ex | 2019-07-07 15:03
TOPへ
『国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅』と、トカゲちゃん。
こんにちは。
台風!!
また気圧でぐったりしちゃいますね(汗)

そんな雨降る中も嬉しそうに登校する、娘の学校のお話を少し。

帰ってくると
「今日ね、学校にトカゲちゃんがいたんだよ!」と。
「わぁ、よかったね!」
「先生と一緒に、見つけたの。」
「可愛かった?」
「うん、でもね、死んじゃってたんだよ。。」
「え!」
「あんよが切れててね。こっちのあんよ、誰かが踏んじゃったから死んじゃったんだよ。可哀想なんだよ。
「そうか。。。」

しばらくして。

「〇〇先生もね、トカゲちゃんが好きなんだよ。私と一緒なの。」
「うん」
「お墓を作ってあげたいけどね、先生、忙しいんだよ。きっとね。」
「うん、そうだよね。」
「だから、連絡帳に書いてくれない?一緒にお墓を作りたいんですが…って。」
「(〜ですが、という言い方にちょっと吹き出しつつ)う、うん、わかったよ。」
(考えた結果、お手間をかけてしまうことを承知でお詫びとともにダメ元で記すことにしました。)

次の日、帰宅すると。

「ママ!トカゲさんのお墓、先生と一緒に作ったんだよ!」
「先生、作ってくれたんだね!」
「そう。先生に『一緒にお墓を作りませんか?』って話してね、急いで階段を降りてトカゲちゃんの所に行って、先生が石で穴を掘ってね…」
「トカゲさん(お墓)には何てお話したの?」
「ありがとうね、元気になってねって!」
「そうかぁ〜(汗)(・・・元気になったらゾンビなんじゃ?)」
(亡くなったら雲の上に行くと思っているはずなので、足が治るといいね、ということみたい)

※「トカゲちゃん、なんか言ってた?」と聞いてみたら、お墓のトカゲちゃんが娘に話しかけてきてくれたようで(汗)ワォ!まさかの展開(汗)しかも結構ビックリな内容。書けません(笑)うーん、きっと本当なのだろうな。。トカゲちゃん、思い切ったなぁ。。ドキドキ。


そして、担任の先生から連絡帳にお返事がありました(涙)
「私が建てた墓石に、一加さんが葉っぱを添えてくれました」と(˘◡˘)

お忙しい中、娘の心にお付き合いくださったことに感謝しています。。
ささやかな出来事のようですが、先生と一緒にトカゲちゃんの供養が出来たこと、娘にとっても私たち家族にとっても素敵な思い出となりました。
※トカゲちゃんの正体は、多分ヤモリちゃんだと思います。茶色いトカゲちゃんって言ってましたので(汗)
トカゲ(ヤモリ)ちゃん…天国であんよも元気になって楽しく過ごしてね。。

先生は、いつも娘の日頃や心の動きを丁寧に教えてくださり、安心させて頂いています。クラスでは先生の『お手伝い係』をやっているようで、娘も毎日、やり甲斐を感じているみたい(*ˊ ˘ ˋ*)


さて。
美術館・博物館巡りにハマっている娘。。
の話は少し前にも何度かしましたね。。

今回は、
特別展『国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅』in東京国立博物館(平成館)

娘が「絶対、絶対行きたい!!!」と言っていた展覧会です。
※またまた、主人のクライアントさんからご招待状をいただいて。。ありがとうございます(涙)
d0224894_01290186.jpg
が!!
私がすっかりスケジュールに入れ忘れていて、気がついたら開催期間ギリギリ(汗)
どうしよう。。と悩んでいると「行きたいんだよ。。お願い。。」と懇願され...(((´ω`;)

もう行けるのはこの日しかない…
しかも平日なので午後5時までしかやっておらず、娘の学校が終わってから猛ダッシュ!

この日は猛暑日、帰宅し、シャワーで汗を流して着替えさせていると「しゅ、宿題は?」と娘。
「帰ってきてからやろう!!絶対忘れないで!」「うん!」

なんて、やり取りをして(笑)

展示会を観た後、上野で食事を急いで済まして(その間も「帰ったら宿題。」と唱えていた娘)
家に帰ると私は若干忘れかけていましたが(爆)、お風呂の準備をしている間にせっせとやっていました。お風呂前に終わって「あー、覚えててよかった。」と母娘でホッと一息(;´∀`)

やっぱり平日の観覧は厳しいなぁ。。


学校の先生のお手製の宿題プリント(国語と算数)、娘も私も、本当に楽しみにしていて。
なんていうか、、問題が手書きだったりと、愛情を感じるのです。

こうやって前向きにさせてもらえているのも、嬉しいことです(˘◡˘)

おっと、話を戻して(笑)

上野に到着!
d0224894_01561126.jpg
上野は様々な美術館・博物館が集結していますが、1つ1つの距離はなかなか(;^ω^)
今回の東京国立博物館(平成館)は、かなり遠い方。『こういう日に限って遠い館〜!!』と心の中で叫びつつ。。

娘はとにかくわくわく、ずんずん(笑)
d0224894_02035779.jpg
なんとか1時間は観たい!
少しでも早く!競歩ペースで行かねば!

とか言いつつ、娘のずんずんぶりや「あそこは行ったことあるね♪こっちはないねぇ、綺麗な建物だよね」など、周囲を見回す様子を。
d0224894_02061717.jpg
こういう時って、本当に遠く感じちゃう。
余裕があったら気持ちいい道のりなのに。。
d0224894_02062984.jpg
空海の教えのもとで東寺が大切に守り伝えてきた至宝の数々が惜しみなく展示された特別展。。。

終了数日前の平日。
まだまだすごい人でした。

ですがどんなに混んでいても館内は静寂。安心して、穏やかに拝見できました。

沢山の観覧者がひしめきあっていましたが、小さな娘は人と人の隙間からでもじっくりみることが出来ているようだな、、と思っていたら、
時々、娘に気が付いて、ニッコリと場所を譲ってくださる方もいらして…娘は何度か「ありがとう、ここでも見えるよ(ニコ)」と遠慮していましたが、巨大な曼荼羅の展示は、真ん前に立って見上げさせてもらいました。

ありがたいことです。。


娘の反応が一番強かったのが、こちらの『国宝 兜跋毘沙門天立像(とばつびしゃもんてんりゅうぞう)』
思わず声が漏れてしまいかっ(慌てて自分の口を抑えて) か、、っこいい。。(スーパー小声)」

幼い娘の心にも、神々しさや凛々しさに加え何かが突き刺さったのでしょう。
お隣にいらした若い男性の方が「本当にかっこいいよね」と小声で反応してくださいました(*ˊ ˘ ˋ*)

私も、まるで本物の神様が目の前にいるような、動き出しそうな不思議な感覚に驚きました。
d0224894_02281429.jpg
見所だらけではありますが、やはり圧巻だったのは立体曼荼羅15体の展示!!
(全21体のうち国宝11体、重文5体の史上最多展示)

会場全体に程よい間隔をおいて展示され、1体1体を360度じっくり拝見できるのも感動でした。

全ての像の前で、手がモゾモゾ動いているなぁと思ったら、ポーズを真似していました。


娘が特別長く見入って「私、この神様が好き。」と私の耳元で言っていたのは『宝生如来(ほうしょうにょらい)座像』

「宝よりうまれたもの」を意味し、財宝を生み出し人々に福徳を与え、あらゆる事柄、現象、存在全てに価値があり平等であるという精神「平等性智(びょうどうしょうち)」と呼ばれる智慧を具現化した仏様。
病気治癒、無病息災、滅罪の功徳のご利益もあるそうです。
手のポジション(印相)は、左手は腹前で衣を掴み、右手は手の平を前に向けて下げる「与願印」(よがんいん)を結び『願いを聞き入れ、望むものを与える』ものだそう。
d0224894_02393297.jpg
15体、きちんと特徴もありますが、幼い娘に見分けが付いているのだろうかと疑うところもあり(コラコラ)、家に帰って、図録を開き「どの仏様が好きって言ってたっけ?」なんて聞いてみたら・・・

「えっとえっと、、この神様」と、やはり『宝生如来座像』のページを。

しかも
「あのね、、この神様だけ、私を見てくれたんだよ。『こんにちは』って言ったらね、横からチラッて目を開けて『よく来ましたね』って、優しくしてくれたの。」
と!!!

仏様は半目(失礼しました)のことが多いし、、見間違え、、
いや、、、つまらないことはもはや言うまい。
娘が嬉しそうに話しているのだから。

素晴らしい仏様にお優しくして頂いて、本当によかった。。
d0224894_03243231.jpg
なんとも表現し難いけれど、私も幼少期には不可思議で美しい存在と出逢う、素敵な体験が多かったなぁ。。。

私の母は常にびっくりしていましたが(汗)
今思うと、とっても貴重な体験だったし、きっと本当だったんだろうなと思います。


そうそう!
前に行った『奇想の系譜展』で、娘が「なんて可愛いの!」とゾッコンだった、『雪山童子図(曽我蕭白)』の青い鬼さん。
※青鬼は仏法を守護する神・帝釈天が姿を変えたもので、童子(後のお釈迦様)が修行中に求道の心を試す、、という1シーンの絵です。

その帝釈天さまが象に乗られた、国宝である『帝釈天騎象像』の撮影が個人使用に限り許可されており…こちらの前の人だかりはもうエライコッチャでした(汗)
(※フラッシュ撮影は像が傷んでしまうので禁止されていたはずが、結構あちこちで光っていてショック。きっと帝釈天さんも困惑されていたことでしょう。)

混んでいてちょっと危険な感じだし、遠慮しておこうかな、、
と思いましたが、実際東寺では撮影はできないし、娘が大好きだった青鬼さんの真のお姿を撮影できる機会は滅多にないと、娘とじわじわ、なんとか隙間を見つけてなんとか(汗)

お綺麗!!
象さんも、なんて優しい表情。。
d0224894_03502178.jpg
そうそう。。
この立体曼荼羅の会場に行き着くまでに、母娘で五大虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)坐像に夢中になってしまっていたら、「お時間が残りわずかとなりました、この先、立体曼荼羅がご覧になれますので…」と案内する係の方の声で、ハッと(汗)

あやうく立体曼荼羅までたどり着けない悲劇に見舞われるところでした。。

ですが、五大虚空蔵菩薩坐像が5体揃って東京で展示されることも珍しい(初めて)とのこと。もっと観たかったなぁ。心残り。


さて、今回はとにかく時間がなかったので、お楽しみの限定グッズのお買い物も超短縮でほんのちょっと。
d0224894_03372215.jpg
さほど大きくないブースですが、本当に大賑わいで全く、全くもって落ち着いて選べず(笑)

(確か帝釈天さんが座っている象さんがついていいる)極細の金のボールペンと、お箸置きが欲しかったけどたどり着けませんでした(;´∀`)

せめてクリアファイルくらいと、なんとか。
娘が「これとこれ、、」とサササと選びました。

裏表がどちらも綺麗で楽しめるものばかり。
真ん中の金銀メタリックタイプは、おかざき麻里さんのデザインだそう。
d0224894_03345860.jpg
それから、こちらも娘がじっくり観ていた国宝『十二天屛風』の大判ハガキ。
ごった返していて本当にファイル以外見れなかったのですが、これはお会計付近にあって無事に買えました(汗)
2つ折りで2枚が切り離せる仕様ですがこのまま保管します(笑)
d0224894_03561049.jpg
そして、、今回の図録、本当にかっこいい!
東寺の寺紋である八雲が際立ちます。

いつもの如く重たいけれど(笑)
d0224894_04220275.jpg
帰り道。

5月の終わり、真夏のような猛暑日。
夕方になってもお日様が強くて、暑かったけれど…

緑も綺麗で、大満足の展示会に足取り軽くルンルン♪
d0224894_04215631.jpg
風も強くて、日傘はちょっと大変だったね。。
※なので行きは日傘を断念。

優秀な日焼け止めのお陰で焼けずにすみました♪
d0224894_04345226.jpg
次回は、仲良しのシズと行った博物館のお話をかけたらいいな。。

他にも色んな思い出が溜まっていて、まだまだ追いつかないや。。


*オマケ*

我が家は特別な信仰がありませんが、、
(氏神様への参拝はきちんとしていますし宮司さんにも大変よくして頂いています)
娘は妙に神様仏様に心惹かれるところがあるようで。
何かお願い事、、というよりは、お話をするのが楽しいのだそうです。

どんな神様も、その愛は平等ですものね。。


ちなみに、、娘の生後3日頃の爆睡写真。

このハンドサインは、、!?
d0224894_05001059.jpg
単なる赤ちゃんあるある写真ですね(笑)
それに仏様は右手が上ですしね!

※逆になっているということは、、目の前にいらした仏様の真似っこをしてみたのかしら、、なんて。

ちょっと面白かったので思い出しました(´◡`)
ゆりかごの娘、懐かしいなぁ。


とても良い展示会でした。
もっと早く訪れ、何度か拝見したかったです。

話しかけてくださった宝生如来さまのように、、
いつまでも見える・見えない関係なく、命や存在を慈しみ、出来事を大切にできる子であって欲しいと願います。


では✩.*˚

……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-06-30 15:11
TOPへ
Happy Father’s Day…♡
こんにちは。

なんだかスッキリしないお天気が続きますね。

主人と娘は、プールの特訓へ行きました。
室内なので日焼けを気にせず思い切り練習できるみたい。

娘は1年生ですが、学年で一番、、、髪の毛が長いので(笑)
※現在、お尻の下までしっかりあります。

この2週間はほぼ毎日、お風呂で水泳帽&水着を1人で着る練習。
特に試行錯誤を重ねたアップスタイルを指定のキツキツ水泳帽に入れるのは至難の業!
大人でもイーーッとなってしまいます(爆)
夏になると、ショートヘアにするお子さんが多いのも、激しく頷けます(;^ω^)

でも、娘は絶対にスーパーロングを死守したいそうで(ちょっと事情もあったりして)
毎日大切に、時間をかけてケアしていて…
朝は毛先のトリートメント(濡らすので乾かすのも手間)と、崩れない三つ編みを作るのに20分はかかっています。。(まぁ、私がもっと手早く出来ればいいのですが…)

幼いけれど本人の意思もありますし、手間暇かけてボディやヘアをケアするのも色んな心を学べるとは思います。練習の成果?で水泳帽も手際よく出来るようになったのも良かった!

ゴーグルがずり落ちないように随分考えた、エイリアン並みの巨大アップスタイルはなかなかユニークな事態ではありますが(笑)

近いうち、そんなスーパーロングヘアのお話を書いておこう。。


さて。
先週は父の日でしたね(˘◡˘)

なので、そんなお話です。
d0224894_00480752.jpg
と、その前に!!

前回のブログで、紫陽花のお話を書いて。
あまり何度も触れたい内容ではありませんが、街路樹の根元に植わっている紫陽花を切って持ち去ってしまったおじいさんのこと。。

そんな話を書いた数日後のこと。

ある通りで、庭師さん?剪定士さん?が、紫陽花を含めた街路樹を整えている前を母娘で通ったのですが、
大きな回収袋にポンポンと紫陽花を入れていくのを見て、私に「どうしてさよならしちゃうの?」と聞く娘。

すると作業の手を止めて、剪定士さんが「良かったら持って行かれますか?」ニッコリ、娘に優しく声をかけてくださいました。

娘はビックリ&大喜び。大きな袋から選ばせて頂きました。

その剪定士さんに、何かお礼をと思ったのですが手持ちに何もなく、
日差しの強い暑い日でしたので「頑張ってください。」とお伝えし、結局バックにあった飴ちゃんを少しお渡しすることしか出来ませんでした。。(涙)

巡り巡って、こんなこともあるのですね。。
おじいさんの一件とは違うエリアの紫陽花とはいえ
娘が気にかけていた街の紫陽花ちゃんが、このような形で我が家へやってきてくれました。
「この子達、お家に来たかったのかな。」と娘。

あの時の気持ちが、もしかして不思議な風に乗って紫陽花ちゃんに届いて…我が家に来てくれることを望んでくれたとしたら、、、本当に嬉しいな、なんて。

花瓶に入れたら、ハートみたいに♡.*˚
大切にします(*ˊ ˘ ˋ*)
d0224894_19031333.jpg
父の日に戻して。

大好きな大阪の義父には、毎年恒例の柚子シャーベットを送りました。
代わり映えしないけど、年に1度、冷凍庫のスペースを空けて待っていてくれています(笑)

声も元気だったし、身体の調子も絶好調な様子。
明日は大好きなゴルフに行くのだと♪

逢いたいなぁ(˘◡˘)

息子である私の主人は、義父の男気・義母の母性、両方が濃ゆく出ていて、私は心から大好きです。

仕事に行く彼の背中から義父の香りを感じる日々に、どれほど愛と安心をもらっているか。。
d0224894_17323431.jpg
私の父にも、相も変わらずではありますが、大好物のアップルパイを。
娘と手作りしようかとも思いましたが、結局何度か買っている【GRANNY SMITH のFRENCH D'MANDES(フレンチダマンド)】になりました。

いつもなんとなく車で本店に買いに行きます。

季節ごとに変わる可愛いアイシングクッキーもあって、今回は大きなおヒゲが付いたクマさんを2枚♪

父も「最高に美味しい!芸術品だね。。明日からも頑張れるぞ!」と喜んでいました(笑)
d0224894_18070331.jpg
主人、、、最近はどことなく、私の父にまで似てきた所もあったりして(笑)

甘味製造卸業を営み、元Victorのシンガーソングライターで「パパは生涯音楽家」という、私の父のユニークな日常はまた長くなっちゃうので控えますが、、(;´∀`)

日頃から彼を通して、義父と父、2人の父親に感謝が深まるのも嬉しいことです(*ˊ ˘ ˋ*)


もちろん、娘の父親としても…本当に良いパパをしてくれています。

このカード、主人に似ていて選んだのですが、
そのメッセージには『てつだってくれて…ありがとう』とあったので。。

あまりに現実と違うので訂正して渡しました(笑)
『どんな時もぜーーーーーんぶやってくれて、ほんとうにほんとうに ありがとう だいすきよ♡♡♡』
d0224894_17391937.jpg
彼の洗濯テクニックは、義母譲り♪

大阪に帰省するたび「そっくり!」と感動します(笑)
彼は幼い頃から、お手伝いが大好きだったそうです。
大人になって、一人暮らしで困らないのはいいですが、まさか奥さんと娘のお世話にも役立つなんて、想像していなかったでしょうね。。。(;^ω^)

チャッチャッ、ピン!
干し方も畳みかたも、見事✩
娘と私の服はほとんど手洗い、アイロンがけまでとっても綺麗。。

ご近所さんにも褒められました(笑)
※…よくしていただいている仲良しのお隣さん。お気遣いもくださるので、プライバシー問題は大丈夫です(笑)


彼へのプレゼント、色々悩みましたが、本人に聞いても欲しいものが思いつかない人なので。。。

そうだ!と思いついたのは目覚まし時計(笑)


先日のこと、、「ジリリリリ!って鳴るうるさい時計が欲しくて、コレ買うてきたんよ。」と彼が購入してきた時計を、いざ鳴らしてみると、、『ピピピピピ…』と可愛らしく鳴り出して(笑) もう爆笑!!!

その時の彼の虚しい顔ったら。。。

よくある、時計の上にベルが付いていて左右に動いて大音量でベルが鳴るタイプが欲しかったのでしょうが、確認しないものだから見た目に惑わされちゃったのね(T▽T)アッハッハッハ
d0224894_18014267.jpg
という訳で、彼好みで且つちゃんとジリジリ鳴る、こちらを贈りました(笑)
【ビッグサウンド フットベル目覚まし時計 アミーゴ】

上部ではなく、足元?にベルが付いています♪

彼も一目見て「可愛い!すごく好き!」と喜んでくれました(*ˊ ˘ ˋ*)
d0224894_17585501.jpg
彼に対する気持ちを、ここではサラリと素直に書きますが、
肝心の彼の前では結構照れ屋で、普通なら男の人がしそうな素っ気無いそぶりをしてしまいがちな私(汗)

それでも、きっと勝手に私のあちこちから、なんとか上手に愛すべき部分を見つけてくれている・・・のかもしれません。

じゃないと、あげたらキリがないほど、毎日あり得ない甘えを繰り出す自分に呆れる程の私の面倒が見れないだろうと(汗)

私が寝付くまでの全てに付き合ってくれるのだって、1日だけでも大変なこと。

でも結婚してから毎日ずっと、ニコニコと、あらゆることに付き合ってくれています。
本当にタフで、健康で、、、
(※懐かしい写真その1)
d0224894_01204217.jpg
つい昨日も「…私なら出来ない。きっと出来ないよ。」と心底思って、半泣きでした。

ですが彼は「それはちぃ(私)が、俺やないからや。俺が、ちぃに対して出来ることなんやから、そんなん同じように出来んでええ。気にすることちゃう。」と。

確かに彼は、けっして根っから女性に尽くすのが好きという訳ではないのも知っています。

これは組み合わせの結果、夫婦のあり方は様々だと分かっていても、こういうカタチになるとは。。自分でも衝撃でした。


いつかの自分に、いつかの娘に、この日々を伝えるべく、色々とここにメモしておこうと思うのですが、、情けなさすぎてやんなっちゃう。
(※懐かしい写真その2)
d0224894_01205097.jpg
でもプレゼントした目覚ましに繋げて、睡眠関係を1つだけ。


数日前。

起きると私の頭の上(額)に軽めのクッションが乗っかっていて、なんだろうと思ったら。。

頭皮マッサージのあと、手を当てておくと私が寝付きやすいらしく、でも足のオイルマッサージもやっておこうと思ったので、私に気づかれないように『彼の手を想定した重さ』のクッションにすり替え、額に当てておいたのだそうです(笑)

そんな謎のテクニックまで。。。
妙な角度でクッションが額に乗ったまま寝ている自分を客観的に想像すると、色々通り越して笑えました。
d0224894_17302645.jpg
ついこの間、娘と2人、お風呂にて。

抱っこしながら入っていると突然、
「パパは、ママのこと大好きなんだよね〜」と言うので、どうしてそう思うの?と尋ねると
「だって、優しいもん。ママが寝てる時、ナデナデして、大切にしてるよ。」と言いました。

主人に言うと「一加も、ちぃ(私)が寝てると、ナデナデして可愛がってんで(笑)」と。

娘が、主人の愛情を受け継いで、タフさも引き継いでいることも嬉しいですが(寝つきも自在!)

「パパはママが好き」そんな風に娘が感じ取る毎日を贈ってくれる主人に、本当に感謝しています。

素敵なパパになってくれてありがとう。
(※懐かしい写真その3)
d0224894_01205239.jpg
そうそう!!!!!

父の日前日。。。

私が突如「夏休み、やっぱり海外旅行しようよ!」なんて言い出し。
※もっと早く言ってよ。と文句を言わぬ主人。。

勢いで大手旅行代理店へ向かったものの、
さすがに、昨年たっぷり満喫して、また是非行きたい!と思っているハワイ島のヒルトンワイコロアビレッジは、この時期からだと眺めの好条件なお部屋もとれない(涙)

今年はタヒチにしようか!と思ったら、それこそ半年前からじゃないと良いホテルは空いておらず。。そりゃそうだ。

グアムならまだ航空券もありホテルも選べそうだと、なんだかんだ、その場で決めてしまいました。。


これまではグアムといえば「混んでるよね」なんてマイナスなイメージばかりで避けていましたが、親友は年に何度も行っていますし、あえて一番賑わう時期に行くのも、案外楽しいのかもしれないと✩(笑)

明くる日、仲良しのシズと新宿でちょこっと逢えたので、一緒に旅本を2冊選びました♪
そんな時間も楽しい。
d0224894_18442981.jpg
昨年のHawaii同様、、

ホテルでのんびり穏やかに過ごしたい。。。
混んでるのはわかってるけど、、少しでも落ち着いた空間に。。。

と、伝えると絶対にココ!とオススメされたのが
デュシタニ グアム リゾート(DUSIT THANI GUAM RESORT)
数年前に出来たばかり、ミクロネシア最高ランク五つ星のLグレードホテル。
d0224894_18453163.jpg
アウトリガーやウェスティンなど、いくつかのホテルも検討し悩みましたが、折角なので、こちらに決めました✩
気づけばなんだかんだで結構な出費(爆)
ここからアクティビティを追加するとなると、、、怖い!(´ºωº`)

旅行代理店は、デスクに案内されるまでに1時間待ちの大混雑。
急に思い立ってしまったこともあり、この日に決めないと飛行機もお部屋もなくなるかもしれないし…

買い物なども含め、決定するのが早い主人が「ちぃの条件に一番あったとこで」とサクッと決めてくれたので、夏の旅行が思い立ちから2日で固まって、良かった(笑)

旅行1つも、考えだすとキリがないですよね。
行く前に疲れちゃうとつまらないし(;^ω^)


そして、気づけば父の日だったことを忘れておりました。。

パパ、、、ありがとう(涙)


(※懐かしい写真その4)
d0224894_01373764.jpg

帰宅し、玄関を開けると、なんともけたたましい音が!!

ジリリリリリリリリリリリリリ!!!!!!

なんと、朝プレゼントした、目覚まし時計のアラームが夕方にセットされていたのを知らずに外出してしまい、延々と鳴り続けていたようですヽ(;*Д*)ノ

慌ててご近所さんに謝りに伺ったら「へ?何も聞こえなかったよ〜」と。

ホッ(-ω-;)

ともあれ、、
父の日おめでとう。
愛と感謝を込めて。。。
d0224894_00480433.jpg
今日は、親友であるお能一家の娘さんが、最近のグアムのオススメポイントを教えに、我が家に来てくれます♪

夜はそんな彼女も一緒に、
コテコテの大阪育ちの主人特製のたこ焼きパーティの予定!

楽しみです(˘◡˘)



……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-06-23 14:32
TOPへ
お花達と、きなこのしっぽっぽ。
こんにちは。

なんだか少し前に母娘同時にほとんど同じような夢をみて、それがあまり良い描写でなく。
心配していたら、その直後、周囲のあちこちで思いがけない衝撃が。

なんでしょうかね。。

でも、きっとそのどれも、きちんと意味のあるチャンスへと繋がっていくのかなと感じています。


なので今日は、可愛いお花達のお話を。。
d0224894_15194259.jpg
我が家は、植物が好き。
本格的なガーデニング、、は出来ませんが、新居を買った時から育てている観葉植物は原型をとどめないほどに果てしなく元気に育ってくれて。

偶然にも植物にとって(日当たりや湿度が)良い環境なのもあり、我が家にきてくれるどんな植物も長く側にいてくれます(˘◡˘)

主人や娘が毎日心から声をかけ、愛でていることも、栄養になっているのかなとも。。

主人は、会社やクライアント先の植物もお世話をしているようで(笑)
「最初は元気がなかったけど、今はだいぶイキイキしてるんよ」なんて。
※もちろん、プロの方のお手入れがあるエリアには手出しはしてないそうですし、むやみに栄養剤などをあげることもしていません(汗)

娘は、我が家の植物だけでなく、街の歩道に咲く花や木々をみては「こんにちは、とっても綺麗ね。」と声をかけて歩いています(˙˘˙;)

前にも書きましたが、小学校への通学の練習でも「桜さん達がこっちよって教えてくれているから大丈夫」「葉っぱさんが、頑張ってね、気をつけてねって応援してくれてるの♪うふふふ」なんて言って、少女漫画から飛び出したようなことを言って、なかなか前に進んでいないのではと逆に不安にさせたっけ(笑)

最近では一応気にして、人前では『お花さん達とは心で話すようにしてるの』だそうです。
そのあたりも成長なのかしら(笑)

街路樹や道端のお花達が見守ってくれていると思うと、どんな道も、なんだか優しさと温もりが感じられますよね。。


主人は、会社の近くにあるAoyama Flower Marketでよくブーケを買ってきてくれます。

私もほとんど同じお店。

大概は、娘と私に1束ずつ、
ちっちゃなキッチンブーケと、中くらいのダイニングブーケ。
d0224894_18175494.jpg

時間が遅くなると売り切れのことが多いのだと、、よく嘆いて帰ってきます。
彼も選ぶ時間も、楽しいのでしょうね(˘◡˘)

ついこの間は、紫陽花と向日葵のブーケ。
d0224894_18270784.jpg
季節の移り変わりが楽しめます♪


このお花ちゃん、、猫ちゃんのしっぽみたい!ですって(笑)
しなやかで可愛い。

※ミントのお花だと思うのですが、、その種類まではわかりません(汗)
d0224894_18285582.jpg
「でも、きなちゃんのしっぽっぽは、先っちょがまん丸ふわふわなんだよね。」

そうそう(笑)
きなちゃん(実家の愛猫きなこ)のしっぽっぽは、こんな感じ(*ˊ ˘ ˋ*)
d0224894_23420480.jpg

紫陽花は小さなお花の集まりゆえに『家族団欒・家族の結びつき』という花言葉もあるそうです。
白い紫陽花の花言葉は『寛大な心』

なんだか、いいですね(*ˊ ˘ ˋ*)


よく見ると、真ん中の蕾が淡い青紫でとっても綺麗・・・
こっそり見えてるお花達の可愛いこと!

花びらと間違えられやすい部分(この写真だと白い部分)は、ガクなのですよね。

学生時代に知った時の衝撃が忘れられません(;^ω^)

娘も、目をまん丸にしてビックリしていました( ⊙⊙)!!

ガクもこれから、徐々に薄紫に変化するのが楽しみです♪
d0224894_23460133.jpg
青い紫陽花と言えば、、

私の母が、今年のGWに大阪の義母がやってくると知って、元はお花関係のお仕事をしていた義母が喜ぶかな?と選んだのも紫陽花でした。

『トワイライト』という名前がついた、紫陽花だそうです。
夜明けや、日没の薄明かりを表現した色。
吸い込まれそうな、なんとも青く深い世界にうっとり。
d0224894_00032220.jpg
1ヶ月以上経った今は、また渋みが出て、とっても癒されています。

いろんな表情を見せてくれる。
d0224894_00032519.jpg
街のあちこちで紫陽花が咲いていて、彩楽しい季節。。


そうそう、街の紫陽花と言えば。

この間、娘が突然立ち止まり。
「あの人、、悲しいことをしている。ひどい。痛いじゃない、可哀想よ。」と目を潤ませて言いました。

歩道に咲く、美しい紫陽花を勝手に切って袋に入れて持って帰っているおじいさんを見てしまったのです(lll-ω-)

「紫陽花ちゃん、痛い痛いって泣いてるよ。やめてほしいよ。。」
本当です。

街の道に咲く紫陽花は、地域が管理していたり、その土地によって違うかもしれませんし、中には自然と咲いているものもあるかもしれませんが・・・きっと多くの方々が毎年楽しみにされているはず。

お寺さんなどの紫陽花は供養の為に植えているとも聞いたこともあります。

思わず持ち帰りたくなってしまったのかもしれませんが、、
残念なことです。


ふと「お花屋さんでお花を買うのは、どうなのかなぁ。。」と、娘に尋ねてみました。

娘はしばらく考え「切っちゃうのは可哀想だし。もう買うのはやめたほうがいいのかな。でも、、、(結構考えて)お花屋さんの人たちは、ちょっと痛いけどごめんねってお花を切って、買ってくれた人に大事にしてほしいなって思って、、心で思って、渡しているよ。買ったら、可愛いねっていっぱい大事にするんだけど。。」

と腕を組んで考え出しました。

街のお花を好き勝手に切っちゃうのと、お花屋さんの違いは何だろうと尋ねると、

「おじいさんと、お花屋さん、どっちもお花を切っているけど、、優しい心がおじいさんにはなかったんだと思う。」と。

「でも、もしかしたら、紫陽花が好きなお友達が体が不自由で、どうしても見せてあげたくて、お花屋さんも近くにないし、ちょうどお財布もなかったりして、色んな訳があって、しょうがなくて持って行ってしまったのかも。だとしたら、どう?」とさらに聞くと、

「だめ。勝手に持っていくのはダメだよ。」


「じゃあ、一加が、同じ状況だったらどうする?」

「(またしばし腕を組んで考え)…素敵な紫陽花だなぁ、あの子に見せてあげたいなぁ、、よし、自由帳を持ってこよう!って絵を描いてね、ほら、こんなに可愛い紫陽花が咲いていたんだよって、渡してあげるよ。それならずっと見ていられるしね、飾れるし、みんな嬉しいねってなるよ。
d0224894_08024852.jpg
前にも、娘と切り花を買うことについても話し合ったことがありました。

「切っちゃうのはかわいそう。。でも、お家のお花や葉っぱさん達はニコニコしているよ。お水が美味しいな、お日様美味しいなって。一加のことも好きだよって言ってくれてるんだけどね。。」

と言いつつ、少し、悩んでしまいました。

娘は、落ちた花びら1枚1枚も、集めてしばし飾っています。

「切っちゃうとき、痛かった?」なんて、話しかけていたので、
「お花達は、色んな心を届けてくれるね。最後まで大事にして、さよならの時に、いつも一加が『ありがとう、大好きだよ。』とお別れをするでしょう。それはとても大切な気持ちなんだよ。」と話しました。

きっときっと、うちに来てくれた植物達が、ニコニコしていると私も信じています。


随分前に、娘には『いただきます』の言葉の意味、大切な動物達や植物達の身体から栄養をいただいている私たち…『命をいただく』ことについて沢山話しました。

その後しばし、納豆1粒にも「ありがとう。美味しいよ。」と言い出して、食事の時間かかかってしまいましたが(汗)今は『いただきます』と『ごちそうさまでした』に心を込める、そしてこれは何で出来ているんだろう?と食材をよく知りたい気持ちに変わりました。
d0224894_08131473.jpg
キリのない考察かもしれませんが、家族とよくそんなことが話題になります。


ちょっと話がそれますが、可愛がってくれているお隣のおばあさまのお話。。

よく美味しいおかずをおすそ分けしてくださって。
あまりに美味しくて、いつも感動!

ある日のささやかなお礼に、ちょっと可愛いタッパーと、娘が絵を描きました。
『ありがとう』の気持ちには、よくこのお花ちゃんが登場します。
d0224894_00524912.jpg

2ヶ月前。
お隣さんが「今朝やっと咲いたのよ!確か娘さん、お花が好きだったよね!」と咲いたばかりの君子蘭を切って分けてくださいました(汗)

「も、勿体無い!」と遠慮する間も無く、頂いてしまって…すぐに花瓶へ。
d0224894_00381814.jpg
娘が小学校から帰ってきて見た瞬間の喜びようったら。

名前の通り、気高く美しく、愛らしく。
家族で毎日可愛がって、今月の頭まで、約2ヶ月も元気でいてくれて。

お隣さんの愛情の元で育ったことがよく伝わりました。
d0224894_00382143.jpg
1ヶ月経った頃に、お隣さんに「まだ元気だよ!」と花瓶ごとお見せしたらとっても驚いて「こんなに大事にしてもらって、お花も、私も幸せ。。あなた達のところへ行って良かったわ。」とおっしゃって下さいました(*ˊ ˘ ˋ*)

君子蘭ちゃんから、沢山幸せをもらって…先日、ついにさようならをしました。
d0224894_00525393.jpg
そう言えば、娘が小学校に上がる前まで、とてもお世話になったジャズダンススタジオでご一緒だった生徒さんの快気祝いにも、娘は迷わず、このお花ちゃんを描きました。(配色は、その時々で違います)

※お師匠さんにも大変可愛がって頂き、悩みましたが、大人クラスでどうしても夜が遅くなってしまう為、今はお休みしています。

「誰かを想う時にお花を贈る習慣、遥か昔からあったのだよね…」家族で時々話します。

命の循環の一瞬に愛を込める。
植物から、教わる心が沢山ありますね。。
d0224894_18271016.jpg
娘、、歯がだいぶグラグラしていますが、まだ何も抜けません(笑)
顎の成長と共に隙間も随分空いてきましたから、準備はなされているのでしょう。

歯医者さんで毎月点検してもらっているので、今の所まっすぐ生えようとはしているとのこと。

大人の奥歯は1本、生えてきました(˘◡˘)


今日も元気に学校です。
1年生一人一人が育てているアサガオちゃん、ぐんぐん育っているようです♪

娘は名前をつけたのだそう。

『のっちゃん』

・・・え、、どこからその名に(笑)


では。

……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

# by chihiro_anma_ex | 2019-06-14 17:15
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム