Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
2020年 06月 30日 ( 1 )
TOPへ
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?
こんにちは。


先週はなんだか慌ただしかった。。

私の母がついにガラケーからスマホ(Galaxy S10)に切り替え、、
母は家業でiMacと、iPadはずっと活用していましたが、iPadだと普段持ち歩くのに重たくて…大好きなガラケーをようやく手放しました(汗)


*義母は昨年、私の勧めで同じGalaxyを買って、今ではお庭の写真を撮るのが趣味になるほど愛用中!

ちなみに私はGalaxy Note9。


そして父がiPad(第7世代)を購入。
父の携帯は、仕事含めガラケーの方が都合がいいことが多く、そのまま。
でも大きい画面で地図アプリを使いたくて、こちらもようやく(汗)

液体ガラスフィルムコーティングをお願いしたり、ケースを買ったり、両親に操作法を伝えて、、、

自分の機種変は移行アプリもありだいぶ楽になりましたが、両親に新規…はなかなか時間がかかります💦
(でも、2人が快適に使いこなしてくれたら安心ですしね♪)

ついでに娘のキッズケータイも新しいタッチパネルタイプに変更!
簡単ですし、子供はすぐに操作を覚えちゃうもの。
こちらは一通り練習をして終了。
カッコつけちゃったりして憧れはあっても、操作に夢中にならないタイプなのは助かります。

使うと言っても、自粛前までは超近所のスーパーへ『おつかい』に行くときにオンフックで繋いで持って行ったり。
何かあれば声は小声。店員さんに「エリンギはどこですか?」などとお尋ねしたり、レジの方によくして頂いている様子や娘の受け答えが聞こえてきてドキドキしつつもニマニマ110.pngまぁ、それも1月から出来ていませんね。。

私のスマホが見当たらない時に鳴らしてもらうのがメインかもしれません(笑)

必ず何かの役に立つと、2年前に買っておいてやっぱり良かったと思っています。
(海外でも使えるようになったらいいなぁ。。)


それから、恐怖の家電不調の嵐で買い替えたオーブンレンジ、炊飯器、オーブントースター(どれもお気に入り!)も到着して、、
※その前にウォーターサーバーの機種変と給湯器の取り替え工事もあったし。。


とにかく機器の設定、設定、設定…に追われておりました105.png


さて。。
今日も、自粛期間の思い出の整理💦

と言っても、心の底から安心して過ごせる日はまだ見えず、個人的にはまだ緊張が解けないので、さほど生活が変わった感覚は無く…

都内は昨日一昨日も60人前後の感染。
無自覚や受診しないケースもあるでしょうから、数が目安になるのかさえ不明ですし、どう捉えればいいやら(汗)

経済は回って欲しい。素敵なお店達が閉店に追い込まれてしまうような流れは本当に辛い。。
出来ることを考えながら、行動したいな、、と思っています。

Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_02575251.jpg

自粛期間、楽しい学校がお休みになったことも、留学や旅行がキャンセルになったことも、お家の中にずーっといても、娘は、面白いことをいっぱい見つけて・・・
✱家族ぐるみの友人や娘のお友達と連絡したり、書道のオンライン授業があったことも感謝です。


留学については残念がりつつも「またいつか行ける、大丈夫よ」と言ってその日を心待ちにしていることはよく口にしていましたが、そちらは非日常のことですし、娘も先の希望として受け止めている様子。

ただ1つ「美術館、行けなくなっちゃって残念だね…行きたいなぁ」とは、時折こぼしていました。

自粛緩和で美術館は早い段階で開館され、上野周辺の美術館などではすでに日時指定制チケットを活用した開催なども行っているようですが、自宅から距離のある場所が多いので、移動手段に悩む。。

自家用車で行く?とも考えたましたが、やはり我が家はもう少し様子を見ることに。
美術館を応援したく、是非観覧したいのですが…(涙)

家から近い新宿の東郷青児美術館は、同敷地内でわずかに場所を変え『SOMPO美術館』としてリニューアルオープンする直前にこの事態。そしてもちろん開幕も延期。
娘の大好きなゴッホのひまわりが常設してあることもあり、リニューアルを楽しみにしていましたのでこちらも寂しいですね。。


そんな訳で、自粛期間はこれまで観に行った展覧会の図録を開いては、美術館へ行った気持ちになっていました💦
そして、娘は色々な絵画の模写をして、絵画と心を通わせたりして。

それはそれでとても有意義な時間だったと思います(˘◡˘)

今日はその中から少しだけ。


学校の宿題で「好きなことをしている自分」が課題だったので娘は「美術館に行くこと」にする!と決めて
娘の大好きなモネの『睡蓮』を観ている自分を描くとの事。

いろんな模写を描きましたが、、睡蓮か、、さてどうなるやら、と見守って(;^ω^)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503169.jpg
「んん、、、こうかな?こんな色がこんな風に混ざってるのかな・・・?」

「なんだか、ちょっとモネっぽくなってきた!!」

おぉ、早くも自信が出てきたようだ(笑)
ポジティブだこと(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503404.jpg
あっという間に日が落ちて、、、

すでに3時間が経過。

だいぶ埋まってきた頃、、、、
「私、、モネカだね!!」
白を上から塗って、なめらかぁ〜 なめらかぁ〜 モネカはなめらかぁ〜 に描くのです〜♪」

なめらかなモネカ・・・(笑)
*自分の名前が『いちか』なのでモネと掛け合わせたのですね。

(T▽T)あはは


うまいこと言っちゃって、と、思った矢先に
「あぁぁぁ・・・あちゃ〜油断したぁ〜変んなになったぁ〜」

と、前歯の無いモネカは最後の最後で、調子に乗ってしまったそうです(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503614.jpg
気を取り直し、最後に、絵を観る自分の横顔を描いて、完成。

合計4時間。


お、ちょっとモネっぽい!!

確かに、これは、、『モネカ』だ(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_01503979.jpg
本人的には「最初に額と”ここまでですよ”(侵入禁止のポール)を描いちゃったから、滲んじゃった。。」と反省していました(笑)

これは自粛期間中に学校へ提出してしまったので、手元になくなってしまったので、、


数日後、今度は「ママ、絵具で睡蓮を描いて良い??」と。

「どうぞどうぞ(笑)今日も、モネカなの?」
「そうよ。モネカは新しい睡蓮を描くのよ。」

え、睡蓮の新作。。。?(笑)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_02091454.jpg
おぉ、、面白い色が飛び出した。

別の紙に色の組み合わせを試しながら「良い感じ!素敵!これでいこ!」と自画自賛しながら、描き進め(笑)←大事よね。

最後にサインも添えて、完成!!
(40分くらいかな)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_02091785.jpg
*このサイン、実は私が考えてあげました(笑)💦
これまでは英語で名前を書くだけで、アレンジしたサインは自分で考えたいだろうと、そっとして置いたのですが、ふと『いちか』の『I』と『愛=♡』を繋げたらちょっと可愛いかな?とメモ用紙に書いてみたら、娘が気に入って、今じゃ得意げに書いています(笑)

ちなみに私のサインは幼少期から全く変わらず!
大河ドラマの頃(7歳)に書く機会が多くなり、母と随分考えました。その時間を今でも鮮明に覚えているので、娘の簡易サインのデザインを私の案なのも、まぁアリかなと(˘◡˘)

本当は、なんでも娘の中から湧き出るものを大切にしたいですけど。


そういえば。。
モネの模写達は、家族ぐるみで仲良くしてくださっている小学校のお友達ママさんにも送りました(;^ω^)
実は、ママさんがモネがお好きで、娘の誕生日にはモネの画集をくださったり「いつか、一緒にパリの美術館に観に行こうね」と約束までしているほど、まるで娘と美術友達のように接してくださって、さらに嬉しい関係(*ˊ ˘ ˋ*)

ずっと載せられていませんでしたが、コロナ禍が訪れる随分前(今年の初めかな?)に、ママさんから海外出張(スペイン)のお土産を頂いていました。

スペインを最後に海外出張がストップしてしまったので、あらゆる案件が滞ってしまい、処理やら変更やらに追われているとのこと。。もともとご多忙でしたのに、テレワークだけでは余計に大変だったかと。。
でも、お子さんといる時間が増えたのは思わぬ癒しの時間だったと聞きました(*ˊ ˘ ˋ*)💦


そんなお母様がスペインで「いっちゃんのイメージで♪」と選んでくださったのが
『ガウディの色鉛筆』
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_18584153.jpg
その時の出張も、とても慌ただしい中だったそうですのに、娘のことを覚えていてくださって感動でした!!

娘も「素敵!!!!!!!」と、それはそれは大喜び。

「また絵を描いたら、写真を送ってね!」と言ってくださいましたが、
もったいなくて、まだ飾っています(;´∀`)テヘヘ

そして、いつか本物のガウディの芸術に触れたいねと夢も膨らみました。
そんな日も来たらいいなぁ。。

行きたい国がいっぱいだ!
どれも素敵なきっかけを頂いていることが、また幸せです◎

また旅ができる日が来るといいな✈️


それから。。。

美術館や海外旅行へ行けなくなった心を埋める、もう1つの手段は。。 
絵本を沢山買ったこと。

自粛中の最高の贅沢だったと思います。


70冊は超えてしまったかも。。!!

なんでそんな数になってしまったかというと、、

かねてより母娘で大好きだった
Gabrielle Vincent(ガブリエル・バンサン)の作品を、この機会に全て集めたい!!と思ったから💦

元々持っていた絵本は12、3冊ほどだったので、
我が家にない物をチェックすると、残り30冊弱。。。

半分以上はすぐに新品が手に入ったものの、他は取り扱いがほとんどなくて。。

彼女の作品は全てBL出版でしたので、思い切って出版社へ直接電話をしてみました。
すると大変丁寧に状況を教えてくださり…日本での版権がもう無くなってしまい絶版とのこと。現存する在庫も本当にわずかで、すでに我が家にあるものばかりでした。

ですが、電話口の方とバンサン作品の素晴らしさについて少々語り合い、家族で惚れ込んでいることも優しく聞いてくださって、素敵な時間でしたし、お時間を頂いて感謝しています。。
ますます本への愛着が深まりました。

BL出版30周年記念で刊行された『絵本作家 ガブリエル・バンサン』では、バンサンさんへの想いを通して、BL出版さんの温もりが伝わります。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_22042450.jpg

出版社で手に入らないとあれば、全てを揃えるのは大変だと覚悟しつつ、必死にネットで探しました。
様々な書店のネット通販や直接の問い合わせで新品の本が運よく見つかったり、あとはAmazonや楽天に出店している古本屋さんから買い取りました。直接手にとって確認ができないので、古本を買うのは中々勇気がいりましたが💦
この状況下、売り手サイドもいっそう綺麗な状態で梱包してくださっているように感じるケースが多く、有難いと思いました。

*絶版本なので、古本こそ正規の値段の数倍、ほぼ新品だと下手したら10倍以上の値がついていることも。ですがここはせっかくなので新品に近いものを探して、集めました💦

今は配送業者さんがお忙しいからと、なるべくまとめて配送が出来るように努めていましたが、本に関しては発注先もバラバラで、しばらくの間は毎日、本のお届けがきて。
ピンポンが鳴るたびに「きっと絵本よ♡」と娘の大きな楽しみの1つだったことも、有り難かったな。。。
同じ配達員さんに「何度もありがとう、絵本なんです(汗)」と話すと「平気っすよ!絵本、良いですね!」なんて話したこともありました。


でもまだ、あと数冊、集めきれていません(ˉˡˍˉ )
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_20450995.jpg
代表作といえば『アンジュール』でしょうか。
白黒のデッサン画のみの犬の絵本です。

バンサンさんの素晴らしいデッサン技術は、言葉がなくともそれは存在し、モノクロなのにカラフルで、映像のごとくリアルに心に突き刺る。音や香りを読んでいるような感覚にさせてくれます。

母が「テレビが白黒だった頃…それでも皆、ちゃんと色が見えていたのよ。」と言っていた感覚を味わっているみたい。

後に紹介します『アーネストおじさん』シリーズで美術館のシーンがあるのですが、名作の模写も見事。
ゴマ粒程に小さくても、そのものの表情や仕草までも感じ取れる筆遣いは何度見ても衝撃。
言い方がストレート過ぎますが、彼女は、本当に絵がお上手なんだなぁと、、
デッサン作品は生涯で1万点以上仕上げたそうです。

大切なことをシンプルに、心を浮き出したかのように描かれているのですよね。。
上の写真のどの本も最高。
拙くとも、1冊1冊私なりの解釈を記したい…けど、控えます(汗)


そして、なんといっても『アーネストおじさん』シリーズ。
こちらは全て揃えることが叶いました。
(1冊だけかなり大判で、置き場をずらしていた為、上の写真に混ざっています)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_20451506.jpg
娘が最初に出逢ったのは、絵本ではなく、映画でした。
2、3年前かな。。
一時は毎日のように見入っていました。

バンサンさんがお亡くなりになってから作られたものでしたし、映画化となると原作の世界観が壊れてしまうのかと不安になる。
また、原作をベースに創られたオリジナルの内容ですから、正直、尚更期待ができずにいて、実際に観たのは私も3年前。
(公開されたタイミングは出産前後で慌ただしかったのもあったかな)
親子のような、恋人のような、2人の柔らかで愛おしい時間に、社会風刺を織り交ぜた新しい物語は、、
バンサンさんへの敬意が深く感じられ、涙が出てきました。

娘と一緒に気がつきましたが『アーネストおじさん』が出版されたのが1981年
映画化は2012年。
どちらも、私の生まれ年と、娘の生まれ年であったことも、勝手にご縁を感じてしまいます。

擬人化された、くまとねずみ。
人間よりも人間らしい。

どうして、こんなにも惹かれ、何度読んでも涙がでるのか。。
それは、
くまのアーネストが、どことなく私の父に似ていると感じるから?
ねずみのセレスティーヌの言葉遣いが、ちょこっと娘に似ているから?

バンサンさんが絵に注いだ愛が、その人の心の中にある大切な存在を引き出してくれるのでしょう。。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_22541085.jpg
父は甘味製造卸業を営む職人ですが、アーネストのように元々音楽家でもあります。なんでもスローで、お片付けが苦手、細かいものにも愛着を持つ。”にぶちん”で、一途に家族を守るタイプ。家の中で音楽と触れている時間や、家の木々や、やってくる野鳥達と交流することが一番の贅沢だそう。
比較的スレンダーですが、のっしのっしと歩くので(横に動いていてあまり前に進まない)仕事のお得意様方から「くまさん」「スノーマン」とあだ名を付けられるほどですから、やっぱりアーネストと重ねてしまう(笑)


セレスティーヌの「そうね」「そうしましょうよ」「きっとね」「大丈夫よ」なんて言い回しは、娘に似ていて(*ˊ ˘ ˋ*)
主人曰くほとんど私の口調だと言うのですが、私は全く意識がなく(汗)

訳を担当なさっているもりひさしさんが、バンサンらしさが伝わる日本語を懸命に探したと、何かのインタビューで仰っていたのが印象的だったので、なんだかより嬉しくて。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23211549.jpg

時折、本当の人間も登場します。
不可思議なのに、実に自然で…。

デッサン絵本『あの夏』に出てくる女性は、すでに亡くなっている私の大事な『おばさま』(昔、お隣同士で、まるで祖母のように私を愛してくださった方)によく似ている。
血の繋がりがなくとも、家族同然の深い愛が存在することや、死の受け入れ方までも見事に描いていること、胸が打たれます。

どの作品をとっても、話が長くなるし、とても語り尽くせない(いや、私では語るに足らない)のでここまでにしましょう。。


ほとんどの絵本の表紙裏に、びっしりと愛らしいセレスティーヌが。いつまでも眺めていられます♡
母娘で「なんて可愛いの。。なんて素敵なの。。」と、うっとりため息の連続。
保存用も買いました(*ˊ ˘ ˋ*)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_22541151.jpg

我が家には本棚がいくつかありますが、一番目に付くハイタイプのテレビボードの本棚の片面が『Gabrielle Vincent Collection』になって、大満足です♡.*˚
手に入っていない残りの数冊が入るのかが、難題ですが(汗)

テレビを超えて反対側には、これまでの美術館の図録が詰まっています。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23174816.jpg

『絵本作家 ガブリエル・バンサン』の中にある、もりひさしさん、今江祥智さん、石井睦美さんの鼎談で、今江さんが『人生のお勘定をちゃんとつけて、、人間の存在みたいなものを攻めていった絵本作家はいない』と仰っており、、
作品を読めば読むほど、バンサンさんの命の刻み方が感じられる。

素晴らしい芸術家の生き様に触れる時間、、幸せです。


娘に「これは、あなたとママの宝物。どうかこの気持ちと一緒に、ずっと大切にしてね。買っていいよって言ってくれたパパにいっぱい感謝しようね。」と伝えると

「私がおばあちゃんになって、可愛い孫が出来たらね、『これは宝物だから、絶対大切にね』って伝えるよ。そしたら、その子がおばあちゃんになってね、同じように、孫に言ってくれると思う。だから大丈夫よ。2人でお手紙を書いて本に挟んでおこうか?」と。。

やっぱり、ちょっぴり、セレスティーヌ(笑)


バンサンさんの絵本を集めていると同時に、美術系の絵本も増やしました。

こちらも元々数冊持っていたシリーズですが、この機に13巻全て集めました。
(その他、日本画家本も数点あります)
小学館あーとぶっくシリーズ
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_04594068.jpg

どれも何度も何度も、娘が読み返しています。
知っている名画を見つける喜びや、いつか本物を観たいと思う作品にも出逢えて、何より「美術館にいるみたいね」と目を輝かせていて楽しんでおり、よかった…(˘◡˘)

こちらも美術関係。
「ぼくは〜」のシリーズは小2では難しい漢字も出てきますし、もう少し先にしようかと思っていましたが、せっかくなので。

前から気になっていたけど書いそびれていたのが「ミッフィー」シリーズ。こちらは幼い子も読みやすいし、流れもとても可愛い。
『ミッフィーと〇〇さん』と、巨匠を〜さんと呼ぶあたりが、ミッフィーらしい♪

私としては娘が美術館に興味を持ったタイミングがまだ幼い時期であったこともあり、作品との初めての出逢いは是非とも実物がいいだろうな、、その感動を大切にして欲しいな、、と、先に美術本を見せたくないなぁと思っていたので、、これまでは娘が興味を示した画家さんの本だけを買うことにしていました。

同時に、実物をこの目で観たいと憧れる気持ちもとても大切だとも思っていましたから、少し成長した今の娘とこの自粛期間が重なったことも、とても良い機会だったかなと(*ˊ ˘ ˋ*)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05034906.jpg

他に同時購入した絵本も沢山。

その一部、こちらは猫ちゃんシリーズ(ΦωΦ)

超有名作品もありますし、ネットで一目惚れした作品も。

イギリスの挿絵作家アン・モーティマーさんが描く『サンタクロースのしろいねこ』
吸い込まれるように美しい猫ちゃん✩.*˚
サンタさんの白いお髭にすっぽり隠れちゃっているシーンから物語が始まるのも、愛らしいです。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05183847.jpg

イギリスの作家キャスリーン・ヘイルさんの『ねこのオーランドー』シリーズも面白くって配色も優しくて綺麗。
娘も吹き出しながら楽しんでいます。
娘が「ねこのお母さんね、ママみたいよ。子供達が成長しちゃって、寂しくってメソメソしちゃうの。」ですって(汗)
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05184234.jpg

『The Giving Tree』は、村上春樹さんの日本語訳版を買い足し。

何度読んでも、涙が止まりません。

ある日は、読み終えた娘が「うちのモリゾー達(ベンジャミンなど)も、いっぱい家族を愛してくれるよね。。私も愛してる。」と目を真っ赤にして言いました。

森林伐採の映像を見て「この子は、誰を休ませてあげるために切り株になったの?」と聞かれた時には、胸が締め付けられました。
後に、ちゃんと説明し、いろんな話に発展しました。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_05172652.jpg

下の4冊は、英語と日本語の両方で記された絵本達。
以前娘が日本語版を小学校で借りてきて、英語版があったので買いました。

・・・が、「月ようびは なにたべる?」を、間違えて2冊注文してしまい(爆)

あちこちで絵本を買っていたので、やっぱりミスしちゃいますね。。。💦

でも、折角なのでどなたかにプレゼントしようと思っています(*ˊ ˘ ˋ*)

他にもこの期間に手に入れた本は多数(汗)
それはまたいつか。。


「思ったように買うたらええよ」と言ってくれた主人の優しさに、またまた深く感謝しています。
沢山の絵本に改めてびっくりして笑っていましたが。。



■オマケ■

娘が何やら画用紙と段ボールで作り出したと思ったら、
「セレスティーヌの乳母車を作ってるの。ゆりかごにもなるのを作るんだよ。」と(笑)

『アーネストおじさん』シリーズにも時々出てくるぬいぐるみ用の乳母車が、とても可愛いのですよね。

色々やったけど、くにゃくにゃで納得がいかず(笑)
ついに主人に相談して、段ボールで補強、ちょっとだけしっかりした車輪などを一緒に作っていました。
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23211802.jpg
なんとかそれっぽく完成!

地味〜に車輪が回ります。

でも、強度は低め(;^ω^)
そして、押すには低くく、腰が辛そう(笑)

ゆりかごとしては、良い感じ?
Gabrielle Vincent/あーとぶっく/モネカの睡蓮…!?_d0224894_23212190.jpg

次回は娘のピアノやギターのことを書こうかな。。
それに、紫陽花ちゃんや、ささやかな父の日のことも( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )


では✩.*˚


by chihiro_anma_ex | 2020-06-30 10:24
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム