Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
2015年 02月 03日 ( 1 )
TOPへ
本番!…受賞☆ 〜何気ない美の習慣が、己を磨く。〜
日曜日は生徒の今年最初の本番でした☆

東京都女子体育連盟(東京都教育委員会後援)による第42回体育実技研究発表会です。
d0224894_20564058.jpg

朝起きると、素晴らしい冬晴れ、我が家からは遠い富士山がキラキラ!

さらに一加はあまり上手じゃなかった、ピースを自ら両手で出来たらしく、私にジャンプをしながら見せにきてくれました(笑)

素敵な予感ですね♪

皆も、これまでの学びを生かすべく、気合いとワクワクで一杯( ´ω`)
1年生は初めての外部披露にドキドキしていましたが、2年が落ち着いているので安心していた様子。

着替え室で固まって、呼吸法とその場で出来る有酸素運動系アップをし、いざ本番。。

この発表、今までは“賞”というものが一切存在しなかったのですが・・・
今年から、初めて【審査員特別賞】というものが設けられました。

うちの生徒chan達は、…受賞!!!
d0224894_1995272.jpg

審査員の先生のコメントでは、

「何も言う事の無い、素晴らしい作品。
プロと言って過言ではありません。指先まで想いが込められており、全てにおいて見事でした。」


と、言って頂き、彼女達、そして10年間の全ての代の生徒chanへ与えられた、有り難いお言葉であったと、涙が出ました。

その先生は受賞式の前に、全体に向けて細やかなアドバイスや踊り手としてのマナー意識向上のお話を丁寧にされており、説得力と、愛を感じられ・・・尚更、頂いた言葉が嬉しかったのかもしれません。。

鑑賞態度も踊りの1つ!と、姿勢よく座っていた生徒chanたちが、たまらずにチラチラと私の方をみて、可愛い笑顔で頷いていて…尚更、私はマスクが涙でビショビショ、ウェットティッシュのようになる始末(笑)

代表で部長chanがステージに上がった際も、普段通り冷静に、きちんと背筋、手先、足先をそろえ、制服の身だしなみも含め、とても美しかった事も、誇らしかったです。

何気ない美の意識習慣が、芸、そして己を磨く。

その教えを大切に、楽しんで取り組んでくれている証です。

賞状を手に、客席に戻って来た彼女と思わず手を握り合い、彼女が泣き出し、私も再度泣いてしまいました(静かに、ですがw)
その後もずっと手をさすり、言葉なく色んな想いを分かち合いました。

本番前に、着替え室で、一人一人の頬とデコルテに触れ「可愛い可愛い、頑張れ頑張れ」とした、手の感覚の次に、部長chanの安堵と喜びで震える手を包んだ事は、ずっと忘れないのだろうと思います。


賞の事ですが。。。
事前に顧問の先生から説明を受けていたので、私なりに説明しますと、

全体から3校選ばれ、その中で順位はありません。

競い合わせているのではなく
、きちんと賞を与える事で、より励みに・・・という審査員の先生達のエールや賞賛の形であって。(勿論それだけではないと思います)
10年前から賞を設けるか話し合われていたとか。その背景、私なりにも解ります。。

舞台芸術も、儚いもので、様々な心のリンクや組み合わせにより、感動が生まれます。
今日はなんか好きじゃなかったけど、明日は眩しい程に素敵に見えることもあります。
誰か一人の希望になることだって。

尊いマナーはあれど、枠はない。
勝ち負けがある世界ではないように思います。
(コンクールにおいてはまた話は変わりますが)

戦いは、己の中にあるのが、芸術。
私はそう感じています。

※負けこそ宝、明日の希望となるスポーツ分野が、エンターテイメントとして素晴らしい世界を築いていることも、本当に日々感動しています。

芸術を競うというのは、本当に本当に難しいですよね。。

ここではやはり“競わせる事が目的ではない、という事が大前提”なのだろうと思います。(私なりの解釈も含め)

ですので、賞を頂くことより、1年間、そしてこれまでの魂を込めた踊りを通して、客席の方々に心から伝え、何を感じて頂けたのかが大事なのだと話していました。

彼女達の作品の間、客席側がとても集中して観てくれた事も嬉しかったですし、冷やかしではない静かな「うわぁ。。。」という声が沸き上がったり、演技後の去り際には審査員の方から『ブラボー!!』の声が上がりました。

それこそが、彼女達に与えられた最高の賞賛だと、私は思います。
※写真は練習時のもの。
d0224894_20305949.jpg

賞を設けると聞いた時、、個人的には複雑な思いもありました。

毎年、100近い参加高校の中(あまりにも多いので3部構成です)から体育連盟の先生方がタイトな時間の中、苦渋のピックアップをし、講評という形で短くとも丁寧にコメントやアドバイスを下さいます。

そこで、名前が上がるかどうか、というのが暗黙の目標になっている傾向もあるでしょう。

うちの生徒chan達も毎度お褒めを頂き、素直にとても喜び、励みにしています。

ただ、呼ばれなかった高校の子達が「あんたがミスったから呼ばれなかったじゃん!」と喧嘩をしながら帰っているのを見かけた事があり、これは本末転倒だなぁと胸が痛んだ記憶も・・・

かといって、それも私がある瞬間を見聞きしただけで、その子達は、私の知らない所できちんとお互いをフォローして次に繋げているかもしれません。

ただ、ふんわり懸念を抱いたのも事実です。

目標やプレッシャーになりすぎて、大事な部分が薄れてしまうことも、あるのかもなぁと。
ちょうどそんな話を色んな業界の方と話す機会も多かったので。


ともあれ、新しい試みの中ではありましたが、
うちの生徒達も含め、きっと多くの高校生が、きちんとしたステージに立つ機会をどう生かすのかという課題に取り組み・・・他校の生徒達の努力のパフォーマンスを観る「有り難い場所」なのだという事を、実感したのではないかと思います。

輝いている生徒さんも沢山みつけました。

それが何より貴重なこと。
だから、毎年連盟の先生方が沢山の時間をかけて開催してくださっているのですよね。

この日は校長先生も観に来て下さっており、終演後それはそれは大喜びで客席までいらして、私に「安間先生からみれば、この子達はまだまだなのだと思いますが、本当に素晴らしかった。。日頃から、心と身体をしっかりみて下さって…彼女達は、学校でも改めて壇上にあげ、皆の前で褒めてあげたいと思います。」と握手を交わしながら、話して下さいました。

とても素敵な先生で、皆幸せですね( ´ω`)


プロダンサーとしてお金を頂いていても、プロ意識が伴っているかは別の話。

何をもってプロなのか。。
彼女達が若かろうが、どんな環境だろうが、その真髄に触れながら指導をする事。

芸術を通して、人、社会、心と身、存在の可能性や重み、自分の居る場所…などと向き合うチャンスを見つける事。


それが私に与えられた仕事なのだと思っています。
※写真は練習時のもの。
d0224894_20304497.jpg

この日に得た学びと感動。

彼女達の姿に、ご家族、大事な先生方やお友達も、喜んでくれている事でしょう。
私の家族もまるで観たかのように喜んでおりました(笑)

ちなみに、旦那くんと一加は観賞しております。
何かあるといけないので、基本はモニターで観て、うちのナンバーのみ、客席で。

一加は真剣に観ていたようで、曲のかかる前、前の席に大人が座り、見えなくなってしまったので自分から1つ席をずれて観賞したのだとか(笑)幼児ながら、本当にしっかり観る気でいたのですね(;^ω^)

終わると必死に拍手をしていたらしく、
帰りの集合の時も、お姉さん達に拍手を送っていました〜
d0224894_19101553.jpg

それはもう皆が可愛がってくれるし、数回しか逢えてはいないのに、一員のつもりで手を繋いで歩いていました(笑)

先頭の部長chanと歩いていると・・・
d0224894_20543692.jpg

皆がヒソヒソと「私も繋ぎたい〜変わって〜」と(笑)
d0224894_20563832.jpg

モテる一加、ルンルンです(-ω-;)
d0224894_20563175.jpg

40人が2列で整列し移動していると、極力小さくなって歩いても、なかなか迫力が。。
※最後尾、見えてないし↓
d0224894_20304117.jpg

その日の夜、部長chanがくれたメッセージの最後に、
『1年生にはもう少し我慢してもらって、(まだ2年生が)一加ちゃんと沢山遊んで、手を繋ぎます!』
だって(笑)

・・・可愛がってくれて、本当にありがとう(*´∇`*)

朝のダブルピースを、電車の中で再現する一加↓
d0224894_2111585.jpg

電車も好きで3、40分は静かにしています(今だけか?)が、お姐さん達のマナーをみて、よりニコニコきちんと座っていられました*よしよし。やっぱ真似っこって大事です(笑)

さて、2週間後には、次のステージの照明合わせです!

人数制限もあり、選抜になってしまいますが、切り替えて、全員が気を引き締め、また次の扉を開けられたらと思います☆

こちらも、新しい課題を発見しましたし!


……………
・・・とても喜ばしい1日でありましたが、

実は、静岡の祖母(よくブログに書いているエキセントリックな祖母)が、この日の朝、体調を崩したと連絡。
急遽これから静岡に泊まりで行って来ます。
本当はシンガー八月真澄さんとの素敵な予定や、その他色々あったのですが。。かえって八月さんには温かい言葉も頂き、甘えてしまいました。

意識もあり、今は落ち着き、入院しているそう。

でも、『時』が大事だから。

きっといつもの祖母がいるはず。
でも、頭で考えると、ソワソワしてしまいます。

父と旦那くんは、仕事が抜けれず、母と一加と3人で初めての遠出。
パワーを届けに行くのだから、しっかり気をつけて、笑顔で行こう。

一加のもの以外は、なるべく身軽に荷物をまとめ、旦那くんのお弁当を作ってから出かけます。


※また長くなってしまいましたが、静岡に行く前に、今の気持ちを書いておきたかったのです(汗)

では行ってきます。


……………………………………
●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込)→anma.ticket@gmail.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://homepage3.nifty.com/anma-chihiro/
Twitter(やんわりやってます)

……………………………………
by chihiro_anma_ex | 2015-02-03 07:49
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム