Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
2014年 12月 09日 ( 1 )
TOPへ
ファンキーな祖母に癒された旅(鰻バクバク一加!)
こんにちは。

ちょっと前、親友と出産前にちょこちょこ通っていた都内の温泉に行く予定でウッキウキでしたが、、、私が風邪をひき、キャンセルに(泣)ごめんよ〜

旦那くんが「一加と一緒に送迎してあげるよ〜」
と色々考えてくれていたのに、結局1日安静にしてました(〒_〒)ウウ

前日に行った静岡で、冷えてしまったようです。
1個前のブログいに「寒波に負けない!」とか書いたのに、なんだこれは。

まぁ旦那くんと一加が元気なので良かった。

という訳で、静岡の旅の話☆
d0224894_11513118.jpg

・・・の前に体操スクール!!(おいおい笑)

仲良しのえまchanと思いっきり運動して、Lesson後にも近くではしゃいでました♡
d0224894_0553655.jpg

毎週夫婦で見学して、家族のイベントになっていたけど、この日はスクールから直で車移動だったので、旦那くんは見学せずに荷物を積み込んでお迎えコース。

初めて旦那くんのいないスクールだったので、えまchanも『?』だったらしく、、旦那くんが到着したら「パパきたねぇ♡」と(笑)

彼も嬉しくなっちゃって、ダブル抱っこしてました〜
「他人のパパにこんなに喜んでいるの、初めてかも!」だそうで、尚更旦那くんは上機嫌w
d0224894_1392050.jpg

来週も楽しみだ!!

休日でしたが、静岡までの道のりは結構スムーズ。。
絶好のドライブ日和、晴天すぎて、日差しが痛い程!!
カメラを見つけて、ポーズしたつもりの一加↓
d0224894_0554718.jpg

車内で、私が夜中に作っておいたサンドイッチを食べ、、
爆睡の一加、、と私(;^ω^)

晴天の中、しっかり寝て体力が回復し、祖母の家に着くと、、、

ヘビメタ?パンク??ロック??な音楽が流れていて、何事かと思ったら、、ラジオでした(汗)
祖母は昼食の後のお昼寝中。
あの音の中で寝られるなんて、だいぶ調子よさげ(笑)
祖母も、あまり寝られないタイプだったので。

一加が覗き込むと気がつき「お人形さんが来たかね!?」と寝起きから超ご機嫌!!
(毎度死んだフリして白いハンカチかティッシュを顔に乗せているので、なんとレアな。。)

ラジオなんて珍しいねというと、
「最近はNHKのラジオがお気に入りで、聞いていると元気が出る。私の欲しい情報と音楽が流れてて最高だに。千紘、知り合いのNHKの人にお礼言っといて。」

・・・って、NHKだったの?
めちゃくちゃパンクでしたけど(笑)

さておき。
数々の驚愕ネタの宝庫・エキセントリックばぁさんな祖母ですが、この日はとーーーーーっても普通?なお婆ちゃんで、拍子抜けする程でした。。

「日帰り?じゃあ夕飯どうする?やっぱり鰻かね?」

えーーー!いつもは
『あたしゃお弁当が来るから千紘達だけで行きなぃ、お金やるで。』とか言って、なんだかなんだで五分五分で一緒に行くっていう流れなんだけど。。


行こう行こう!!と全員でルンルンしながら、馴染みの鰻屋さんに行く事ができて、嬉しかった。。

予約不可な上に個室がいっぱいだったけど、休日なのに一応すぐに座れたので(´▽`) ホッ

絶品の特上鰻重セットと肝焼き
d0224894_0554020.jpg

肝焼きと一緒に写っているテディベアは、祖母が郵便局で「可愛くて、思わず買った」のだそう(笑)

そんな事も初めて。
他にもアナ雪グッズもありました☆

入れ歯を出し入れするギャグを披露し、一加も歯茎を必死に見せて一緒に爆笑したり(-ω-;)

ひ孫とそんな風に爆笑出来るなんて、とても平和(笑)

女優さん並に、すごい演技力&記憶力&体力の祖母ですが、もはや芸人さんです。


祖母が鰻を一口食べ、「美味しいーーーー!!」とニッコリ。
これも初めてみました。

今までは美味しければ「まぁまぁだね」だったのに。

あまりに素直な表現に、一加もそそられたのか、、肝焼きをパクリ(二歳で肝焼き??!)

さらにはうな重を半分以上食べちゃって、驚き!!!!
旦那くんの顔が驚きを表現してる風(本当は「あーん」の顔なんだかw)
d0224894_0554982.jpg

ご飯は半分だったけど、鰻は2枚とも食べてしまい、ビックリ!!!

そりゃ、鰻は今が旬で、最高に美味しいお店なんだけど、、

そんなにガッツリ鰻を食べられるなんて(;^ω^)

美味しい??と聞くと『ぐぅ〜♪』とポーズ。
d0224894_0555125.jpg

祖母は終始一加を褒め、全て受け止めてくれていました。。

そして、ほぼ「いっちゃん」を「ちぃちゃん」と言い間違え、まるで私を可愛がっているような感じに。

でもその言い間違え、、、私は本当に嬉しかったのです。

今日までの全ての『私』に向けて言ってくれているように感じて。


祖母は、素直に愛する事が照れくさく、孫の私を抱きしめることをしなかった。
仕事の報告をしても「調子に乗るなに!」嬉しいことがあっても「良い事ばかりじゃないから、しっかりしない!」

「おめでとう」や、「良かったね」、、は無かった。

私もある程度の歳になると「きっと、9割の喜びと1割の厳しさ、その中で1番大切な「厳しさ」だけを伝えている素直な人なんだ。それに、その通りだから、しっかりしよ!」と気を引き締める言葉として受け止めていましたが・・・

亡くなった母方の祖母はとにかく温かく包んでくれていたので、尚更父方の祖母からの直接的な温もりを感じられなかったのは、やはり苦しかった。

変わったお婆ちゃん、キツいお婆ちゃん、、でも、いい人なんだ、表現方法が違うだけ。
(両親も、ばぁばぁはしょうがないよ、でも優しいんだよ。といつも言っていた。)

幼いながらに納得し、向き合っていました。


でも今、
旦那くんを心から可愛がって、一加を目に入れても痛くないお人形のような美しい子。と言う祖母に、これまでの全ての不安や疑問がほどけていき、過去の哀しみも輝き始めました。


祖母も「愛おしい」と言った回数だけ、これまでの気の張りが緩み、楽しくなって・・・自然と自分の幸せを感じる喜びを大切に出来るようになった様子。

祖母の中にある、温かい言葉がどんどん溢れていて、かといって弱くなったという印象はない( ´ω`)-3

祖母の生きた時代の背景を、私は知らない。
想像出来てもも、きっと解らない。

祖母の強さや弱さの理由に、触れたいと思う。
でも、それは祖母のタイミングに任せたいと思うし、命には期限があることも感じています。

エキセントリックで、ファンキーな可愛いばぁちゃん。
ただそれだけ。

d0224894_12183492.jpg

車に入り切らない程のお土産をくれ、名残惜しくてずっとお互い手を振って別れました。


そして、夜の富士山は真っ暗な中、自ら光を放ち、恐怖さえ覚える程のパワー。
【必要なのは、己の輝きに気がつく事、シンプルでいいんだよ】

そんな声が聴こえてきそうで。
写真だどちっこいけど、、目の前にドドーーーンと現れた瞬間は、思わずおののきました。
d0224894_0555255.jpg

帰ってきて、結果風邪を引いた、トホホな私ですが、

祖母がくれた【一生モノの超高級羽毛布団】の凄さを全身で体感し、帰ってきてからも祖母の愛に包まれています。

※祖母が寝ている布団があまりにふっくらで、一加が目を輝かせ潜り、祖母の腕枕でうっとり。
「あんた達も入りな」となんと私だけじゃなく、旦那くんまで足を入れて皆でフカフカのお布団でゴロゴロ、、、「新しいやつあるから持って行きな!」とくれました。

私と一緒で、気に入ると何個も予備を買っちゃうのです(汗)

○十万の羽毛布団の予備って、、お布団屋さん、喜んだだろうなぁ。。ひぃ。
さすがに私はまだその域じゃございません。


毎日幸せがいっぱいなのだけど、
実はちょっと、いや相当、疲れと哀しい出来事が重なっていて・・・それを知っていたかのように、祖母が私を癒してくれた。

祖母に癒されるなんて!!そんな日がくるなんて!!(笑)
さらには風邪まで予感したの??(笑)

やはり、血の繋がりは凄い。

帰りの車内では、母に報告し、母も私と同じく癒され、涙し、、
義母にも報告したら「ちぃちゃんのお婆ちゃんやもん、良かったなぁ…私も元気でた!」と。

1人暮らし、逞しく生きる、87歳の祖母。

来年はもっともっと帰省して、一緒に過ごしたいと思います。

関係ないけど、我が家から見えた新宿の空。
なんか、すごい。
d0224894_0553862.jpg

あ、また長くなっちゃいましたね。。(;^ω^)

ではまたー☆




……………………………………
●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込)→anma.ticket@gmail.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://homepage3.nifty.com/anma-chihiro/
Twitter(やんわりやってます)

……………………………………
by chihiro_anma_ex | 2014-12-09 14:19
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム