Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
2013年 12月 07日 ( 1 )
TOPへ
私の、素敵なおばさま。 愛してくれてありがとう。
先日、生徒chanの1人から連絡がありました。
その子の母方のお祖母様が亡くなられたとのことでした。

勿論、私と直接何か関係があるわけではありませんが、彼女は『先生にはお伝えしたかった』と溢れる想いを文章にまとめてくれていました。

初めての肉親とのお別れを、受け止めきれない気持ちもあったようです。

とても寂しい想いをしているのだと思います。。

「お母様を支えたいという強い想いで自分の気持ちを支えるしかないね。。きっとお祖母様はずっと側で応援してくれ、いつだって、今だって、抱きしめてくれているはず。
お逢いした事は無いけれど、私も温もりを感じます。」

そう、気持ちのまま、伝えました。


・・・実は、私もつい最近、大切な大切な人を亡くしました。

見えないし、触れられないけど、お別れじゃない。
これからはもっと近くに、いつでも一緒にいられるんだ
と、必死に受け入れますが。。

すぐには難しい。

文章にすることで、一時の気持ちの整理になればと思いましたが、それも出来ずにいました。

でも、お逢いした事の無い生徒chanのお祖母様を浮かべ、もしかしたら、お空で2人がちょこっと挨拶を交わしているかもしれないと感じて、今なら気持ちのままに書けるように思えて。。


大切な人・・・というのは、このブログでも何回か登場している『自慢のおばさま』

血は繋がっていません。
昔住んでいた家のお隣さんです。

私が産まれて、退院後自宅に帰宅して初めて逢った家族以外の人。。

おばさまと最後に逢ったのは、昨年の夏。
お腹が大きい私に逢いに、猛暑の中歩いてきて下さいました。

※この記事に、少し詳しく書いています。
http://blog.excite.co.jp/anma-chihiro/16680144/

83歳になっても、どこまでも品があり、才色兼備、美肌、達筆、心遣いに至っては永遠のお見本・・・そう思ったのがついこの間のようです。

その時に渡してくれた、一加用の【お手製のふわふわおくるみとお帽子】にはどれほど感動したことか。
私の、素敵なおばさま。 愛してくれてありがとう。_d0224894_4281742.jpg

旦那くんは、おばさまと私が初めて逢ったあの日のように「この素敵なおくるみに包んで、俺たちの子も逢ってもらおうな。」と話していました。

今度はゆっくり、お家に遊びにきてもらって、ご飯を作ってあげる。おばさまのお茶碗を用意して待っていよう。。

でも  それがおばさまと逢えた最後の日になってしまいました。


そういえばあの日、ずっとニコニコしていたけど、どこか苦しそうで。いっぱい汗をかいていたのが心配だったな。。

どうやら、その時から、入退院と手術を繰り返されていたそうです。

もう逢えないと悟り、辛い身体を押してきてくれたのかもしれません。。

おばさまは「すぐ帰ってくるから、病院もナイショ。帰って来たら、一加ちゃんを抱っこするわ。。」
私の、素敵なおばさま。 愛してくれてありがとう。_d0224894_2173940.jpg

という電話の後、ご親戚のもとに行かれてしまい、連絡がとれなくなってしまいました。

まだお家はあるので、微かな希望を込め、新聞受けにお手紙を入れました。
届けてくれるかもしれない、姪っ子さんにも想いを添えさせてもらいました。

するとしばらくしてお返事が。
……………………………………

千紘ちゃんや、ご家族の幸せが、私の幸せです。
大きなお腹を触らせてもらった事が嬉しかった。

今はすっかり痩せてシワシワ、声も出なくなってしまったの。
一加ちゃんには、千紘ちゃんに “ふっくらしたお友達” がいた事を話してあげて欲しい・・・

いつも、千紘ちゃん達の写真をみています。

今まで親切にありがとう

……………………………………

といった内容が、何枚にも綴られていました。

私はまた急いで、お返事を書きました。

まだ届く事を信じて、ただただ、書き連ねました。

……………………………………
一加は産まれた日から毎日、おばさまが贈ってくれた真っ白な『おくるみ』を使っています。
私の、素敵なおばさま。 愛してくれてありがとう。_d0224894_428976.jpg

それはおばさまの愛情そのもの・・・
お優しさに包まれて眠る一加は、とても幸せ者。


そして私は、もっと幸せ者です。

私にとっておばさまはただの「隣のおばちゃん」ではなく、早くに亡くした祖母の愛を引き継いでくれた、大切な人。
勝手に血の繋がり以上の愛を感じていました。

小さな私の手を取って、色んな場所にお出かけしてくれ、私がいつ来てもいいように、必ずお菓子を玄関に買い置きし、綺麗なパズルも用意して下さった。
私の、素敵なおばさま。 愛してくれてありがとう。_d0224894_514123.jpg

私用のちっちゃなお茶碗は、ずっととっておいてくれ、大人になってからも美味しいご飯を食べさせて下さった。

クリスマスには素敵な贈物が届く。。
恋愛の話も、不思議な体験の話も、何でも話せて、いつも、時間が過ぎるのがあっという間。 
彼と三人でお食事した時「彼、いいわね、気に入ったわ」と、結婚するときも本当に喜んで下さいました。
暑いさなか、私の新居に来て、大きなお腹を撫でて下さった温もりが忘れられません。。

一加もきっと、お腹の中で喜んでいたはず。

離れていても、いつだって私を甘えさせてくれ、
何かを埋めて、支えてくれる

どんなときも、品が良くて美しい、本当に自慢の、素敵なおばさま。

・・・だから解かる

おばさまが『素敵なおばさま』のまま去られてしまった事。


離れていても繋がっていたなんて言うけれど
実際、知らない土地に越されるとなると
もっともっと一緒に過ごせば良かったと後悔ばかり。

逢いたい、話したいと、我がままを言ってしまいたい気持ちもあります。

でも、おばさまの御意向が全てだと思う。

本当は、逢っていっぱいお話したい。
一加を抱っこしてほしい。
でも、お手紙で我慢します。

これから先も、どうかお友達として、家族として、私と私の家族と仲良くしてください。。

おばさまが、大好きです。

……………………………………
私の、素敵なおばさま。 愛してくれてありがとう。_d0224894_20462190.jpg

確か、そんな事を書きました。


ご親切に手紙を届けて下さった姪っ子さんが、わざわざ母に電話を下さいました。

この手紙を読まれて「お返事、かかなきゃね・・・」と話していたそうですが

間もなく、亡くなったと。

延命措置も拒否され「お友達が “あの人どうしてるかしら” と思ってくれている間に、静かに逝く位がいいのよ」と言っていたそうです。

おばさまは、最期まで、周囲の人を気遣っていたのですよね。


訃報を聞いた時は、ぽっかり穴があいたようで妙に冷静でしたが、
その日の夜、一加を寝かしつけ、1人で洗面台に立つと、自分では抑えきれない程の哀しみが襲い、旦那くんの胸で赤ん坊のように泣きじゃくりました。

わんわん泣きました。

そして、すぐにでも私も姪っ子さんにお電話をしたかったのですが、受け止められず、怖くて出来なくて。

・・・ようやく今日、お話をしました。

初めてお聴きした姪っ子さんのお声は、おばさまと同じ温かさと品があり・・・私はずっとずっとメソメソしたまま話し続けました。

おばさまは、病院の方に本当に良くしてもらい、掃除の方とも仲良くなり、ずっと気持ちよく過ごされたそうです。最期は、看護婦さんも泣いてらしたって。

そして「叔母と過ごした1年弱、叔母の人生に学び、美しい心にいつも感動でした。千紘さんの話も沢山伺っておりました。。」と。

看取る約束が果たせた事だけが良かった。とおっしゃっていました。

おばさま、良かったね。。
最期のそのときまで、幸せだったんだね。。

亡くなる10日程前に撮った写真がとても良い表情なので、良かったら受け取って欲しいと言ってくれました。。。


私は、素敵なおばさまに、こんなにも長く、沢山、愛してもらえて、幸せでした。

とっても贅沢な時間だった。

今日も一加は、おばさまの愛に包まれて、私を見つめてる。
私の、素敵なおばさま。 愛してくれてありがとう。_d0224894_20461946.jpg

本当に、ありがとう。。大好きです。



生徒chanの御家族さまにも、心よりご冥福をお祈りします。
そして、ありがとう。


よし、明日は旦那くんがお休み!

一加といっぱいかけっこしよう!!


※気持ちにままで、まとまらない内容で失礼しました。


……………………………………

●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込)→anma.ticket@gmail.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://homepage3.nifty.com/anma-chihiro/
Twitter(やんわりやってます)

by chihiro_anma_ex | 2013-12-07 21:35
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム