Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
2012年 11月 12日 ( 1 )
TOPへ
青山劇場へ・・・
こんにちは★

スマホがおかしいけれど…
娘を連れて長時間待つであろうドコモショップに行くのは避けたいし、どうしようかとうなだれ中です(涙)



さて先日、青山劇場に
私が在籍していた名倉カンパニーの公演
『 Can't Stop Dancin' 2012 』を観に行ったお話(o´ω`o)
青山劇場へ・・・_d0224894_15322592.jpg

ゲネと初日の間に楽屋へ。。。

1コ前のブログ記事で書きましたが、先生とお電話した際、娘と主人も一緒にお挨拶をとお約束させて頂いていましたので、色々と考え・・・

少しだけ対面した後、娘は母にお願いし早めに帰宅する事にしました。
タクシーで行き来すれば、全体で1時間半位の外出、という感じ。


私が病院に行く為、母に少し預けた事は一度経験済みですが、数時間とはいえ、ちゃんと預けるのは初めてで、キャストとして出演する以上にドキドキした1日となりました・・・(-ω-;)

楽屋まで下りて行くとすぐに先生にお逢い出来て★
主人は初対面。
私の会話から想像したり、何度かテレビやビデオで先生を拝見した事があるだけでしたが、彼の中でも大変偉大な存在になっていたようで。
「光栄です!!」と、とても嬉しそうでした(*´∇`*)

名倉先生は娘を抱きあげ
「一加ちゃ〜ん、私と同じ字が入ってるのよぉ〜♪」とあやして下さって。

同時に私は心の中で「恐れ多いのよぉ〜(T▽T;) 」と叫んでいました(汗)
娘も思わずそんな表情💦
青山劇場へ・・・_d0224894_15323192.jpg
写真を撮って頂いた直後
『この方が名倉先生なのですね・・・』ほえぇーっと、見上げていました(笑)

「確かにこの胸なら沢山ミルクが出るわね!すごいすごい!千紘がママだもの!!』先生と爆笑。

きっと先生の中では、私は4歳のままだと思うのですが、そんな私が赤ちゃんを連れていく日がくるなんて。私自身が信じられません(;^ω^)
青山劇場へ・・・_d0224894_15323085.jpg

幸せな時間の延長で、カンパニーの大大大先輩の鈴木レイ子先生にまでお逢いでき、抱っこして頂きました・・・
青山劇場へ・・・_d0224894_15322832.jpg

名倉先生がレイ子先生に「千紘の子なのよ〜大人みたいな顔立ちでしょ?」と紹介して下さいました💦

※主人、この日のレイ子先生のソロ作品を観て、存在感の大きさに感動していました。。。


それから今回のゲストである、鳳蘭さん・・・心底憧れの大女優さんですが、以前ご一緒させて頂いた際に、本当にお優しくして頂いて。

楽屋にご挨拶に伺うと、お電話で立て込んでらしたのに、気がついていっぱい手を振って下さって(^▽^;)
それだけで幸せでしたので、ご迷惑にならないようそのまま失礼をしたのですが…

後でわざわざ楽屋から出て来て私を捜して下さったようで💦

私を見つけて下さり、さらに娘をみて「うわぁー!子供が出来たん!?あらららら、まぁまぁ」と(笑)いっぱいナデナデして下さいました。

さらに「えー!?旦那さん、イケメンやないッ」と(笑)

旦那くん、お世辞でも鳳蘭さんにそう言って頂けたら、当分、いや、お爺ちゃんになるまで俺はイケメンだ!と言い張れるかも??なんて(笑)


それと、楽屋に戻られる際、もう一度振り返り私を引き寄せ耳元で、素敵すぎるお話をして下さいました・・・その内容に幸せで胸がいっぱいになりました。


誰もが知る大女優さんが、こうしていつまでも覚えていて下さって、人情に厚く、お優しく接して下さる。憧れや尊敬を超えてしまいますね。。

日本を代表するエンターテイナーとは、ステージ上で唯一無二の存在感を放ち、様々な表現に乗せて溢れ出る深い愛情を届ける…それはやはり日頃の何気ない振る舞いの美しさから生まれるものなのだろうなぁ…と。



それから、これまた子役時代に何度か共演させて頂いた、日本を代表するTAPダンサーであるHIDEBOHさんとも、お久しぶりのご挨拶。。。
青山劇場へ・・・_d0224894_15322692.jpg

HIDEBOHさんも、本当に気持ちよくお話してくださって、娘はあんよを触ってもらいパワーを注入して頂きました(笑)幸せ者ですね(*´∇`*)

その後も、尊敬する先生方、先輩方とも少しだけお話ができ良かったです。。


でもとにかく、本番前の慌ただしい時間にご迷惑になってもいけないので、バタバタと楽屋を後にしました💦


本番前は劇場周辺施設の椅子が全部埋まっているし、こどもの城も閉館し・・・とりあえず喫茶店で少し落ち着いて授乳を。

母に預けるのは初めてだし、それだけでものすごく気持ちがいっぱいで、主人と心の準備をしました(;^ω^)


そうこうしている間にも、さらに嬉しい再会が!
「THE CONVOY SHOW」のJURIこと、瀬下尚人さん★

「うわぁー!千紘ちゃん!?えーッ赤ちゃん?」
「っていうか、ママ(母の事)も、変わんな〜い(笑)」と、
変わらな過ぎるのは瀬下さんのほうで、いつまでもかっこ良くて、本当にお優しい★

嬉しい近況をお聞きしたり、しばし楽しい時間でした。。。
いつか大人気のコンボイの舞台を娘と観に行けたらいいなぁ!


瀬下さんは、以前共演した際も「客席にママがいたよ!」となぜか本番中のステージ上から私の母を発見出来る鋭い目をお持ちで(^▽^;)
「広い劇場だし、目立たないように(全身真っ黒コーデ)してたのに!」と母はいつもビックリ(汗)


本当に、素敵な再会ばかり・・・と同時に娘に気持ちが集中して、よく考えたらとても短い時間でしたのに、1ステージ終えたかの様な、いや、踊っている時とは全然違う汗をかいたなぁ(笑)

・・・肝心の本番のお話まで辿り着いてないてないですね(゜ロ゜;)


名倉のステージの醍醐味である、大セリの逆階段からの転換オープニング・・・青山劇場の素晴らしい機構と名倉先生の才能のコラボレーション!!
懐かしさと期待で胸も高鳴り、主人に、超小声で「セリが上がるよ!」とかナンバーが変わる度「これ大好きな作品で、あのパートを踊ったんだぁ」と説明しながら、心の中で踊りまくるひと時(笑)

主人も「名倉先生、カッコいいけど、チャーミングな一面も素敵やなぁ」「ちぃはこれを踊ったん?」と本当に楽しんでくれたみたいで。

思い入れの深過ぎる劇場で、今でも心が離れないカンパニーの舞台を彼とこうして観る時間は、不思議な程穏やかで、素敵な時間でした。。。

名倉先生は72歳にして現役過ぎて、想像はしていましたが、あれほど音と空間を楽しんでアグレッシブに舞う姿には感服です。

それから、コンボイの今村ねずみさんが作品中に先生のマネをするジョークが本当に激似で、劇場が湧いていました(笑)敬愛が込められているから余計にソックリなんだなぁと・・・

作品はリバイバルが多く、まさに私が幼少から踊りたいと憧れた願いが叶って、必死に挑戦したナンバーばかり。

覚えているというより、曲がかかると当たり前のように身体が目覚めてしまう感覚を十分に味わせてもらいました。


名倉先生の芸術の1ピースとなって踊る喜びを噛み締めて、3ヶ月のリハーサルを経て届ける、儚くも濃い時間。
様々な想いがフラッシュバックし、就寝時も興奮気味(*´ο`*)=3

それから、元名倉カンパニーの大好きな仲良しお姉さんや、生徒さんの素敵なお母様、スタジオのお姉さんなどに大急ぎで劇場前でお逢いし、娘&私に素敵なプレゼントを頂いてしまったり・・・そのお話はまたにしよう!!(^ー^* )フフ♪

一加、次の日にはなんだか一回り成長している感じで(笑)やはり素敵な方々からパワーを頂いて大きくなったのかな?
フサフサの髪の毛も、パワーが満ち溢れ立ち始めました!!
青山劇場へ・・・_d0224894_15322472.jpg

(´∀`)トリさんみたい(笑)

しかしまぁ・・・数ヶ月振りに主人と2人きりで歩く表参道でしたが、2人とも頭が娘でいっぱいで、とっても早歩き(;^ω^)

母に電話で様子を聞いて「ご機嫌にしてた後に、寝ちゃったよ〜」と言われても、落ち着かない帰り道でした・・・。

ともあれ無事にご挨拶も出来て、安心しました。。



by chihiro_anma_ex | 2012-11-12 00:12
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム