Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
2012年 03月 20日 ( 1 )
TOPへ
生徒chan達の本番でした!
こんにちは♪
生徒chan達の本番でした!_d0224894_2403557.jpg
これは、今年卒業した教育現場の生徒さん達からもらった、可愛い花束。

※お花に加えて、私宛に書いてくれた寄せ書き色紙も用意していたらしいのですが、持参する予定の子が「家に忘れた!( ̄■ ̄;)」と相当しょげていました(笑)
いつか受け取るのが楽しみです(笑)あはは。ありがとう。

さて、日曜日はそんな卒業生chan達も駆けつけた、現役生達の大切な本番の日。

温かく、お優しいスタッフさんに囲まれて、
彼女達が1年間の想いを胸に取り組む、貴重な時間。

以前も書きましたが
日々、様々な出来事と向き合い、自身を見つめる勇気に溢れた彼女達は、私にとっても、希望そのもの。

今年は【Incantation】という作品を創りました。
生徒chan達の本番でした!_d0224894_241323.jpg
本来は呪文・まじない という意味ですが…

今回は当たり前の生活の中で自身が知らずにかかっている、
まじないにも似た、潜在意識の呪縛や、恐怖心…などを指します。。
生徒chan達の本番でした!_d0224894_241593.jpg
不可思議なものの威力に対する葛藤や、
自分の身体と心の本音。

呪文をほどくに必要な「気付き」まで辿り着けるのかを表現しています。

結末はありませんが、
作品と向き合う挑戦そのものが何かのカタチになってお届けできたらと。。

生徒chan達の本番でした!_d0224894_24118.jpg

今回は、2回公演の舞台。
どちらも同じようにはいきません。

昼公演の納得のいかない結果に、泣きじゃくる彼女達。。

「皆のこれまでの過程や、素晴らしいパフォーマンスを知っている私からしたら…40点。

勿論数字で表すのは好きではないし、適切ではないと思っているけれど…

なんでこうなったかな?
皆は今日、何を知りたかったの?どんな自分に出逢いたかったの??」

と尋ねました。
その『何か』は、それぞれが十分に解っている顔をしていました。

「昼公演では皆で大切にしていることを忘れてしまっただけ。
それぞれが、たった1人で、戦ってしまったんじゃないかしら…。
この作品は孤独なようで、皆が細胞の1つ1つとして大きな塊になって向き合わないと、それこそ不可思議なものの威力に潰されてしまう。

お稽古の時は、何が起きようが、一緒に向き合うことが出来たから、どんな日も、どんなカタチでも、それは『作品』として成立していたんだよ。

今更、何が足りない、何を確認するなんて必要ない。
単純に、隣の仲間の体温や溢れる鼓動を感じて、自分は大きな存在の1部だという事を思い出すだけできっと大丈夫。。。
共に、この時間を大切に過ごそうね。」

そんな話をしました。
生徒chan達の本番でした!_d0224894_2405840.jpg
まるでオーディションやコンテストのように、自分を計られているという錯覚に包まれてしまったのでしょう。

「これが私たちの成果、結果です!」と、完成型を見せたいのではないのです。

「1年、仲間、自分と向き合ってきた過程、その先にあるものを、掴みかけそうなこの瞬間を、環境に感謝しながら、全身で感じたい。
それが、子供でも大人でもない彼女達にしか出せない、生きた作品です。

完成を求めているのではなく、ただ未来を信じているだけ。

どんな時も、起きるはずのないアクシデントが起きてしまうもの。
ですが、そんな時こそ、誠意を込めて取り組めば一緒に未来の可能性も連れてきてくれているように感じますし、何事も一見、自分が思う様なカタチで訪れないので、受け入れる事は難しいけれど、その衝撃には、同じだけのリスク(学び)と利益(可能性)があると私は信じています。

悔しくて納得のいかない体験こそ、その先に行く切符なのではないでしょうか。
生徒chan達の本番でした!_d0224894_241059.jpg
舞台は、誰かの時間を頂き、学び、知る。
それはまさしく、人生そのものです。



この環境に居るのも、色んな背景があります。
絶対この場所で学ぶんだ!と、家族と相談して入部した子。
何気なく興味があって入った子。

全ての子に平等にチャンスが与えられ、
それぞれのタイミングで成長していく。

仲間の数だけ、疑似体験をし、一人では経験出来ない程の感覚に出逢う日々。
生徒chan達の本番でした!_d0224894_241224.jpg
夜公演は・・・
みんなの大好きな顧問の先生から「みんなでしかない【Incantation】だったね」
監督さんには「普通の女子高生が、音がかかると鋭く目が光る。まさに凄いの一言だった」と言って頂きました。

他にも色んな方から踊りだけではなく、姿勢(行動)についても有り難いお褒めの言葉をかけて頂きました。
何より、嬉しいことですね…!!

結果ではない、そのがむしゃらの途中をカタチにする。
十分に体現できたのではないかなと思います。
生徒chan達の本番でした!_d0224894_241488.jpg
また、生徒の最後の挨拶にもありましたが
「学生の私たちはプロではありませんが、沢山のプロ意識を学んできました。マナーや小さな気付き、感謝の想いが踊る為の条件なんだと。ですから、今回のようなプロのスタッフさんに囲まれて踊る機会は、自分達の最大の挑戦なのです。」と。

私がこの子達に何をしてあげれるか。
人前に立つ機会に恵まれたのなら、まずは誰かの力と時間を頂いて学ぶ事の有り難みを感じられる心身を育むこと。マナーやTPO、お衣装や小道具の大切さを知ること。

また女性としてのたしなみや、歩く時、ストレッチや食事の時、自然と綺麗なマナーが身に付くよう意識すること。。。


プロに必要なのは技術だけじゃない、その心。
そして、芸術の可能性は、無限なんだ…という事。

踊りは、心を暴きます。
どんなに飾っても、本質を映し出してしまいます。

彼女達は素直に精一杯、知り得た事を実践し、心で踊っていました。

なんだか、ダラダラと色々書いていますが、
彼女達の身に本当に起きているのは、理屈なんかじゃないのです。

・・・どこまでも純粋に、心と
身体で向き合った時間です。
生徒chan達の本番でした!_d0224894_2481523.jpg

また可愛い彼女達から、学ばされました。

難しい事や深い部分にも触れますが、ただ単純に、
出来る限り真摯に挑戦する。それが出来たら最高ですね☆

明日も素敵な可能性が待ち構えています。


では☆

by chihiro_anma_ex | 2012-03-20 13:12
TOPへ








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム