Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜

こんにちは177.png

Penang,Malaysiaに無事に到着しております✈️✨


こちらでの生活は早くも3週間経ちました…母娘共に毎日とても健やかに、楽しく豊か、奇跡をたくさん経験して。
大切な人たちとも繋がりながら、愛と感謝にあふれる日々を送っています。


私が以前のブログで、深い気遣いと大きな愛をまるで風のようにナチュラルにこちらの心に届けてくださるホスピタリティそのもののようなお方と称しました、コーディネーター(トータルサポート会社 ココナッツクラブ支店長)の由紀子さんとの初対面は、逢う直前まで、互いにまるで離れ離れになった恋人同士が再会するかのごとく胸の高鳴りを共有して…お逢いした瞬間にBig hugs!

そして、日を重ねるごとに不思議な出来事の連続で、心はますます惹かれ合うばかり。
由紀子さんは「昨日一日、連絡を取り合わなかっただけで…こういうの何て表現したらいいのか…すごく寂しかったんです。」なんて言ってくださるほど112.png
私も同じ気持ち…。相手が頭に浮かぶタイミングや、好きな色や味、心が動く瞬間、様々なことがどこか重なる素敵な関係を育みながら…私達の心の流れを全て感じ取ってくださっているかのようなサポートを頂いています。

(由紀子さんは20年以上マレーシアにお住まいで、英語・マレー語が堪能、マレー人の旦那様と3人のカッコイイ息子さんと幸せにお過ごしの、美しい方です。)

到着当日は、ステイ先のお部屋にご案内いただくと、近年我が家の旅のフライトを手配頂いている旅行代理店 MRC Japan代表取締役・瀧井さん由紀子さん、お二人からの美しいサプライズギフトに迎えられ大感動・・・


娘は初日からAll EnglishのSchoolを最高に楽しんで、沢山の愛を受け、卓球クラブにも入って🏓燃える放課後を過ごし、激しい筋肉痛に見舞われたり💦と、とても充実…

そして、やはり昨年の留学同様、物心がついた時からずっと寝つきの悪い私が、驚くほどに快眠。

毎日12時にコテンと寝て、6時にペカッと起床。
魔法にかかったかのようです。。

୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧
最初の週末から愛猫きなこへの祈りを胸に、神様へのご挨拶巡りへ幾度と行きました。
主人や母を通して、毎日長時間オンラインを繋いで、きなこを側に感じて過ごすことも、こちらでの重要な時間でした…
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

このタイミングで記すか迷いましたが…


11月16日、いい色の日に
愛する『きなこ』は美しい虹の橋を渡りました。

(猫ちゃんにありがちな腎臓の病でもなく、血液検査は17歳とは思えないほど健康でしたが、胸の腫瘍と肺に異常が見つかり…その詳細は別の機会に…)

前日のこと。
その日は主人が、きなこから「行かないで」というテレパシーを感じたそうで…家を出る直前に思い立って1日テレワークに変更してくれました。
(主人が出張や外仕事の日は母がずっときなこに付き添っておりました)

私達がPenangに来てからは、主人は大事な地方への用事もキャンセルし、出張もとんぼ返りで対応、有難いことに会社の方々の理解も深く…極力テレワークをしてくれていましたが、この日は出勤予定。
主人が急遽予定を変えたことを知り、私もずっと家にいることに。
約5時間ほどだったかしら…主人の会議の声などを聞きながら、きなことずっとオンラインで繋がって。
きなことリンクしてちょっと頭痛がしたり、少し体が重たかったので、私も横になってきなことずっと目を合わせてお話ししていました。

私はこちらにきてから毎日、きなこが目を細めてにっこりしてくれるのが嬉しくてお歌を歌って聴かせてあげていたのですが…この日は偶然、その様子を娘が撮影してくれていました。
歌を聴いている途中、きなこは何度も力を振り絞り、必死に立ち上がって画面を見つめお歌を聴いてくれました。
*その楽曲は、由紀子さんが「千紘さんと重なって涙が出てしまう」と言ってくださったものです。


さらに、その夜はあんなに眠れるはずのPenangなのに、私はなんだか全く寝付けず、きなことお話をしたくなり、真夜中に主人に連絡をして(あちらは夜中の3時、相変わらずの愛です)、一晩中きなことお話をしながら一緒に眠りました。

そんな前日も含め、出発前の日本にいる間も、こちらに来てからも、毎日涙が頬をつたいましたが、それは不思議と哀しみや恐怖ではなく、勇気と希望に溢れた、幸せな温かい涙でした。
きなこも身体はしんどかったはずなのに、常に不安そうな様子はなく、力強いオーラを放ち、愛らしい表情ばかり見せてくれていましたし、この夏に天に召された大事な方々からのパワーに守られていることに加え、いつも以上にきなこと心がリンクしていたから、そのような気持ちでいられたのかもしれません。
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧
…この1ヶ月、
何度も何度も不思議な奇跡が起きました。
今、その奇跡の続きとして、
きなこは『私の中』にいます。
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

最期の時、私もオンラインで見届けることができました。
獣医さん達が20分間、必死に蘇生を試みてくださる中、母と一緒にわんわん泣きながら声をかけ続けました。

突然目が発光し、きなこの心にある言葉達が凄く大きな音量で私に送られ、その後、お目目がふっと暗くなって…時がやってきました。

獣医さんは大変お優しく、私に時を委ねてくださいましたので、その全てを正直に伝えました。
(今思うと、きなこも含め、我が家全員が特にこの先生のお人柄に癒されていましたから、きなこが先生の担当の日を選んだのではないかなと思います。)

そして、母と父が見守る中、虹の橋を渡ったきなこは、すごい速さで、私の胸めがけて飛んできて、ドスーン!と衝撃があったのち、胸の中に収まったのです。
私がおいで、おいでと叫んだからかもしれません。
虹の橋の先は、天国ではなく、ペナンに架かっていたのですね。。

その全てを、母も父も、その場にいるみんなで共有できました。
獣医さんもいらっしゃる所で起きていたので「あぁ、きなちゃんはお利口さんだね、さすがですね…もうお姉さんのところへ飛んで行ったんだね。いい子だね…」ときなこを優しく撫でながら、声をかけてくださいました。

(全てが幻であっても都合のいい解釈であっても、そこにいた全員が希望に換えていましたので、批判はご容赦くださいね。)

きなこが召されたちょうどその頃、主人はオフィスにいたのですが…足元にきなこが来てくれたのだそうです。
看取れなかったことを後悔させないように、ちゃんと告げに行ったのでしょう。

主人も必死に病院に駆けつけ、みんなで一緒にお家に帰ることが叶いました。
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧
大きな病院の獣医さんでしたが、直前まで「身体の状態に相反して安定していて、本当に生命力を感じられて、驚いちゃう。なんて頑張り屋さんのお利口さん。本当に可愛い子。」と温かく向き合ってくださっていました。

我が家のトレーナーもきなこの為だけに何度も往診くださって、献身的に手当てをしながら「悪いところもあるんだけどね、それよりも生命力と、不思議なパワーがみなぎっている。」と仰っていました。

病院も自宅治療もその全ての診察時間に、Penangよりオンラインで立ち合わせていただけたことも、感謝しきれません。
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

ずっと気にかけてくださっていた由紀子さんにも即日にお伝えができ、
お仕事帰りの運転中にお電話くださって、泣きながら「千紘さんのお気持ち、おっしゃっている世界、よく分かります…」と。
娘にも「きなちゃんはママの中にいて、一加ちゃんのそばにずっといられて、きなちゃんは幸せだね。。」と。。この異国の地で、一緒に涙してくれる心の美しい大切な人がいることも、改めて幸せに思いました。

実は、その日、由紀子さんがお仕事で有名な教授先生方をPenangの名所にご案内している時、美しいビーチできなこらしき猫ちゃんを見かけたとのこと。
思わず「千紘さんに送ろう!」と写真を撮ろうと思ってくださったそうですが、フワッと去ってしまったそうです。

「きなちゃんは、なんて礼儀正しいのでしょう」と由紀子さんも泣きながら話してくださいました。

きなこは17歳のおばあちゃん。
きっと礼節を重んじ、今、一番にお礼を伝えるべき人に真っ先にご挨拶に行ったのでしょう。「ねーやんを大事にしてくれてありがとう」と頭を下げに来たのかもしれませんね。。
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧
(視えてしまうトレーナーも私が何も言う前に「君の胸の中で心地よさそうに丸まってる!」と驚いて仰っていましたが…)
きなこが私の胸の中にすっぽりと収まって、ようやく「あぁ、きなこが見ていた世界、感じていた命の在り方はこんな感じだったのね…こんな形の幸せや喜びもあるんだよね…」と、頭ではなく肉体と魂で理解できました。

それは私自身の命に関わる、大切なピースでもあるでしょう。

きなこの最期を看取り、今、誰よりも涙が止まらない私の母も「きなこそのものが、あなたの大切なピース。そして一番行かなければいけない場所を、きなこはわかっているのね。」と言っていました。

୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧
葬儀のことも、日本とPenangをずっと繋いで、家族で全て一緒に行えました。とても丁寧な作法で行なってくださいました。
そのタイミングでお隣のおばぁちゃまが偶然主人に美味しいご飯を届けてくださったそうで、祭壇に手を合わせて頂けたそうです。きなこもおばぁちゃまが大好きで何度か抱いて頂いたので、きっととても喜んだことでしょう。
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

…本当は、こうしてすぐに文章にしている自分にとてもびっくりしています。取り乱して正常な状態でいられるとは思っていませんでしたもの。。
でも、とても心に強いパワーが溢れています。

一瞬、もう何も書けないし、何も手につかない自分がよぎりましたが、今こそ、いつもの私のまま、強さと愛を頂いたこの状態で書くべきだと感じました。
やはり、大きな存在が、私の中に入ってきてくれたからなのだろうと思います。新しい強さ、穏やかな心です。


ブログ記事は、きなこが元気だった頃から10日程かけて隙間時間に少しずつ書いていました。

Penangに来てからコツコツ整理しメモをしていた約3週間ほどの思い出は、よく考えたら全てがきなこをそばに感じて笑顔で過ごし、きなこへの祈りを中心として行動していたものばかりなので…続きを書くことで、はなむけにもなるのではないかと、家族みんなで話し、今記すことに決めました。

*きなこの信じられないほど生気を放っていた闘病中や、可愛い様子、美しい最期、すでに始まった新しい世界や、愛おしい思い出達のことは、帰国してからと思っています。
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

きなこが亡くなった翌日は、娘のSchoolの遠足の日でしたが、『ママの中にいるきなこと離れたくない』と泣きじゃくりながら言いましたので、尊重しお休みをしました。
遠足…どれほどに楽しみにしていたか。ですが、自らしっかりと話しましたし、日頃なら何かを諦めたりしないタイプの子が、ちゃんと選択をしたのだなと思いました。由紀子さんも、校長先生も、そんな娘を深くご理解くださいました。

娘にとっては、セレスティーヌ(愛する美しいカタツムリちゃん)に次いで、身近な家族が天国へと行ってしまう経験をするわけです…彼女の心にも精一杯寄り添っていたいと思います。

そして、娘もやはり、私に深く寄り添ってくれています。。


私もわんわん泣いていましたが、きなこが胸に飛び込んできてからは、ストンと涙が止まり。
夕方、きなこと共にPenangの美しい空を見上げていたら、このブログを娘と一緒に書いて、きなこへの想いに馳せようという気持ちになりました。

用意していた写真やメモがいっぱいで、何日もかけてしまっているのでまた長いですが、お付き合い頂けたら幸いです。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_17074928.jpg
きなこはこの留学の意味をちゃんと解っていて、ずっと支えてくれているように感じていましたので、様々なタイミングも、全てが整うように調整してくれていたのではと思ってしまいます。

(帰国したら書きますが)私が思い付いた、通常では信じられないような考えを、大きな動物救急医療病院で出逢った全ての先生方が軽くあしらうこともなく「それは素晴らしいお考えですね、是非、その方向で行きましょう!」と賛同くださったおかげで、その後も、何もかもが良い形とへ進み・・・

おかげで、選択肢も、最善の新しい生活スタイルの準備も、落ち着いて準備でき、きなこもしっかりと私たちを導いてくれていたので、不思議なくらい、何もかもが安心でした。

でも物理的に離れることはやはりとてつもなく寂しい。
出発の前日の夜は、きなこと私は片時も離れず、側にいました。

出発は夜遅くでしたから、ギリギリまで無理はさせないように抱きしめたり、きなこもいつものように私の手ひらを枕にして甘えん坊をして。きなこもしばらく寂しそうなお顔も見せつつ、出発直前までは見送ろうと玄関にいて、安心させようとちゃんと酸素室へ入って、目を合わせるだけでグルグル言ってくれて。
みんなでいっぱい工夫を凝らした特製の酸素室は、きなこがとっても気に入ってくれて、私達から見たらまるでお姫様の寝室みたい。
(主人のデニムパンツをバリバリするのと、間接照明にもなる加湿器を眺めたり、もたれるのが大好き)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_14585869.jpg
名残惜しくも、車で羽田へ。


今回は大好きなシンガポール航空ではなく荷物が沢山預けられるANAに。
今年の10月後半から第2ターミナルからも一部国際線が再開したので、シンガポール経由だとその枠に。

娘用に3ヶ月借りた低速系のWi-Fiの受け取りを変更し忘れてて、第3で受け取って第2に戻る、しかもマイカーで羽田に来るのが久しぶりすぎてちょっと慌てちゃったけど、スムーズに回れてよかった。
(私は現地SIM、娘はWi-Fiにしました。トランジット中にも役立つし予備になるので)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_13281964.jpg
一人3つのスーツケース。全部で6つ!

いつものSamsoniteさんとVICTORINOXさんに加え、直前にやっぱり入らない!とヨドバシでSamsoniteのヴォラント75cmのラテを追加購入。。

Samsoniteは赤井さん(シーライトスピナー81cm)ラテ美さんと名付けました105.png
あとは昔適当に買った黒井くんと、母から借りた手荷物サイズの白井さん。
そして、この『ひでお』はHIDEO WAKAMATSUというブランドなのですが、もう何年も前から大変優秀すぎて赤も黒も持っています。この形が一番美しいのに廃盤で、もっと買っておけばよかったと思うほどに愛用しています。。
*業界の方々も大絶賛の使い心地です。

今回Penangへ11月と1月にそれぞれ来てくれる教え子ちゃん2人も、私が激しくお薦めしたので『最新型のひでお』をお揃いで購入しました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02043152.jpg
手持ち以外の4つは、なんと全部23キロぴったりにして(調整にぐったり)いたので、荷物預かりのグランドスタッフさんたちが「すごい!」と(笑)
でも、実は23.9kgまでいいらしく、だったらあれも入れられた!と。。

シンガポール航空はプレエコから35kgまでいいので素敵ですが、ANAはプレエコでも23kgまで。でも一人2個まで預けられるとなると、やはりそういう視点でも長期の場合はANAなのでしょうね。。

20年にオープンした第2の新国際エリアもとても綺麗。
深夜便なのもあり、誰もいなくて貸切状態。
お店も全部閉まっています。

娘はこの日にちょうど届いた小学校の移動教室の写真をゆっくりと眺め、整理したり。
義母に連絡しパワーをもらったり、母とビデオ通話で早速きなことお話ししたり。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02043596.jpg
主人に甘えん坊ちゃんをする娘。
でも、実は主人の方が寂しそう(笑)

私も主人に(多分娘より長く)いっぱい抱っこしてもらい「こうするんだよ、こう考えるんだよ」と色々優しい言葉をかけてもらっては「やだ。しない!考えない!」とわざと反発して困らせておきました(笑)娘と違って、私は手がかかるのです。
そういえば娘は何においても「やだ」と言ったことが生まれた頃からないなぁ。
私もなかったんだけど、最近になって言うのですよ。40歳の反抗期なのか…いや、甘やかされると人ってそうなるんでしょうね。。なんて、全部、主人とのお遊びです103.png
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02043780.jpg
主人にいっぱい手を振って。。

搭乗ゲートに近づいてから、娘が「あぁぁ!忘れちゃった!どうしよう!!」
何事かと思ったら、大事なクリスちゃん。。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02350003.jpg
玄関に1ヶ月前くらいから忘れまいと設置していたゆえに、目が慣れたのか、お家で可愛くステイしてしまいました137.png

*昨年、シンガポール航空の機内で購入した可愛いネズミさん。あまりに可愛くて、Penangにやってくる教え子の凜太郎も公式サイトで購入しており、Penangでお揃いで抱いて歩こうと計画していたので、すぐさま凜太郎に連絡して、彼女に持ってきてもらうことになりました。。。

ですが、リュックにはキナティが!
(前回アップした大事な友人から「きなちゃんの代わりに」と贈られた背筋をサポートするぬいぐるみ)

そうか…やっぱり今回はきなちゃんが一緒に飛行機に乗りたかったのかな…キナティ、すごく嬉しそうに娘のお膝に座っています。(FLASHの映画版を観ていました)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02044102.jpg
大の飛行機好きの娘なので、キッズトイもいただきました♡
『木製コロコロひこうき』はすでに何個も持っていますが(でも嬉しい)、自由帳は初めて。可愛い!


お隣の他国のお兄様は私たちにとても優しくしてくださいましたが、機内食のお魚があまりに写真と違うととっても怒っていらっしゃって(本当に私たちのとも全然違いました)、新しいものと変えても貰えず、召し上がらずに寝てしまって、お可哀想でした…
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09094774.jpg
世界一の空港、大好きなシンガポール国際空港へ到着!

早朝なのでやっぱりほとんどのお店が空いていないし、ただただ、Wi-Fiの設定をしたり、ぼーっと過ごしました。
娘は私の出発前のブログを読んでいました(笑)
(スマホで自由に閲覧できる唯一のページ。家族と登録してある大人の人だけと通話する以外は全て私と一緒に扱います。)

キナティもいい感じに自力で掴まっていますね♡
(見えにくいですが実はサブバックに赤ちゃん用の万能クリップストラップで繋がっています。)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09094905.jpg
娘も3回目のシンガポール空港なので、少し全体が掴めてきています。

便名とゲートも自分でチェックして移動しました。キナティは初めてですから緊張感がありますね(笑)

シンガポールからペナンまでは、ちょっと小さめのシンガポール航空で。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09095134.jpg
これまではこの間のフライトが何度乗っても冷凍庫並みに寒かったのですが、今回は程よく快適。

軽食もいつものようにシグネチャーフードが出るかな?と思ったら、厚焼きピザ!結構なボリューム💦
*私のドリンクはホットティー

キッズトイはディズニー100周年とのコラボ商品。
さすがシンガポール航空!アメニティやオリジナルグッズもそうですが、いつもいち早く素敵な会社や企画とコラボします。予想は当たって、ディズニーでしたね110.png

赤ちゃん用のカシャカシャ鳴るPLUSH BOOKとボールペン&シール付きのBAG TAGでした。可愛い!

Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09095661.jpg
途中、お空に小さな稲妻が走り…

ものすごい近くを龍神様のようなものが窓の側を横切りました。

初めての経験で、息が止まってしまいました。。


その後は、またいいお天気です。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09095352.jpg
到着すると雨。
11月のPenangは雨季ではありますが、私は同じ時期に2度訪れていても、いいお天気が多く、困ったことはありません。雨でもザッと降って、すぐにピーカンです174.png

由紀子さんは「あぁ、雨だ!千紘さんが到着したぞ!」と思われたそうです。

*私のブログを沢山読んでくださっていて(大感動)、龍神様を操る?心が動くと連動するという性質も把握してくださっていたようです112.png


由紀子さんの会社のドライバーさんとも楽しい時間を過ごしながら、さぁステイ先のコンドミニアムに移動です!

今回ステイしているのは、以前より利用したかったJAZZ HOTELに併設されたResidence・JAZZ Service Suite
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10042630.jpg
公式資料をお借りしました。

人生の全てがJAZZと言っても過言ではない私としては…まさに是非ともステイした場所です。
周囲も「名前からして千紘にピッタリじゃん!」と(笑)

選んだ理由はそれだけではなく、また後にご紹介します。


目の前には飲食店も含まれる巨大すぎる複合スーパーLotus's(旧TESCO)もあって、とても便利。下にはコンビニや中国料理店、ランドリー、薬局もあります。
なんと言っても海がすぐそばで、私もとても気に入っていたStraits Quayという海沿いの素敵なモールも歩いて行ける距離にあります。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10042744.jpg
そんなJAZZの建物の外で、由紀子さんが待っていらっしゃった!
(暑いのに!!!)

車の中からいっぱい手を振って、すでに込み上げるものが。

車を降りた瞬間に抱き合いました。

由紀子さんが「初めましての関係で、こんな熱いハグをしあうなんて、人生で初めてです。言葉にならない!」と。本当にそうですよね。。
*一加ちゃんの立ち方を真似っこしました!と、なんて可愛い由紀子さん♡やはりさすがの共鳴力です!

Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10042979.jpg
しかも、お召し物は「普段はほとんど着ない白黒カラー、なんだか今日はこれだ!と思ったら、お二人(母娘)とすごくリンクしてて…さらに、一加ちゃんのワンピースの柄と私のサブバックの柄がそっくりでビックリ!これも普段はあまり持たないのですよ~!!」と(笑)

本当だ、もう3人ともお揃い!
というかワンピースとバックの柄が、同じもののように、フォントまで似ている103.png103.png103.png


そしてそして、、、

お部屋に入るとそこには、ウェルカムフラワー&フルーツ&ギフトが!!!
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10313201.jpg
このフラワーアレンジメントは、なんとなんと、今回の留学を、というか私たち家族全員の心を見事に救い出してくださった旅行代理店のMRC Japan 代表取締役・瀧井龍馬さんと、由紀子さんのお二人でご用意くださったそうです。。。

涙が込み上げました。
やっぱり、こういう涙が一番ですね。。

詳細は伏せますが、沢山の愛に守られ、全てが整っていく…その中心となって私たち家族を深い愛とプロフェッショナルな仕事ぶりで、導いてくださった方です。
重要な側面で、私が私を見失わずにいられたのは、本当に瀧井社長のおかげです。


そして、由紀子さんを「大切にされているものが同じというか、似たような感覚をお持ちなはず、きっと相性がいい。」と、私と引き合わせてくださったキューピットでもいらっしゃいます。
*家族はもちろん、私の周囲も涙を流すほどに感動していますし、Penangに来てくれるあざんと凜太郎に至っては「先生と先生のご家族様をお守りくださって感謝してもしきれない」と特別な感情を正直に綴った長文の感謝メッセージをお送りするほどです。

そんなお二人が、サプライズでこのような贈り物をくださったことは、言葉も見つからないほどの喜びでした。

瀧井さんは出発直前にも
『安間様家族には、たくさんのサポーターがついてます。いつもは、しゃしゃり出る?ことは無いですが、安間さん、一加さんが困った時、頑張って頑張って、堪えていても、一雫の泪が落ちてしまった時、必ず自然に目の前に、然るべきサポーターが現れて一緒に解決策を考えます。ですからどうぞ、安心してご出発下さい。明日の朝には、ペナンがお二人を、お疲れ様、おかえりなさいと待っています。いってらっしゃいませ。』

と母娘を送り出してくださいました。

*余談ですが、私は何度も坂本龍馬の妻・おりょうを演じているのですが、瀧井さんのお名前にまで繋がりを感じてしまいます💦
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10313425.jpg
先日ちょうど瀧井さんがマレーシアのニュース番組でご紹介された様子を由紀子さんが教えてくださいました!

瀧井さんが長く関わっていらっしゃる日本のNPO団体のマレーシアと日本の絵の交流がマレーシアで評価されたニュースだそうです。
由紀子さんは『瀧井さんは本当にお人柄そのものの笑顔が素敵な方』『私達が大変なときにすーっと手をさしのべて下さって沢山助けてくださる』『でもご本人は1ミリも恩着せがましくなく、いつも自然体で、こんな方になりたいといつも思います。』と。

本当にその通りです。。

私は瀧井さんとも直接お会いしていなかったのに、不思議と「あ!瀧井さんだ!」と叫んでしまうほど、心の中ですでにいっぱいお逢いしていたようです…110.png
私の母は「信頼の塊のようなお方ね。オーラが温かい。」と話しておりました。

素敵なご縁にただただ感謝です。
そして、大事な教え子ちゃん達にもお優しくしてくださり、有難いばかり。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10561169.jpg
そしてこちらは、由紀子さんが支店長を務める会社様より、オリジナルのナマコ石鹸(Penangの有名な効能高い石鹸!)と、かわいいPenangカード…(手が震えてなかなか文字が書けなかったとおっしゃっていて、また由紀子さんのキュートな一面を知りました♡)

Penangカードには猫ちゃんが!!
すぐに指摘すると「やっぱり気づいてくださった!どんなデザインにしようか迷ったけど、やっぱり猫ちゃんにしようと♡」とのこと113.png
ナマコ石鹸、勿体無くてまだ使っていないけど、凜太郎と一緒に使ってみようと思います♡
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10313614.jpg
そして、ウェルカムフルーツPenangタイルのコースターまで!!
可愛すぎるし、早速栄養が摂れます♡(笑)

いつか自炊の様子も載せますが、序盤は朝食はフレークに由紀子さんから頂いたフルーツで頂きました♡
ドラゴンフルーツのピンクが濃くて、可愛い。(レッドドラゴン)
食物繊維も豊富なので、キュートで栄養満点の朝食になります。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10314068.jpg
さらに、このお水たちもウェルカムドリンクですと!!145.png

本当は私が事前配送をお願いしていたのですよ。なのにもう。。

お水の銘柄も、なんと我が家で普段飲んでいるウォーターサーバーの成分を調べた上で、選んでくださったのです。
さらには、お水の容量も最初は9.5Lをお願いしていましたが、私が持ち運びやすい6Lに変更してくれていました…
細かなところまで行き届きすぎてお空に叫びたくなります。

過去2回のマレーシア滞在でも、色々飲み比べたけれど、メモするのを忘れ混乱(笑)

由紀子さんが選んでくださったこのお水(SPRITZER)でお願いしました。

SPRITZERは、硬水ですが、なんとシリカ水
我が家のウォーターサーバーは富士の名水(軟水)ですが、
シリカ水もよ〜く存じ上げており定期的に飲んでいます♡

由紀子さんからの説明にも頂きました↓

シリカ水は皮膚の真皮層のコラーゲンを増やす。
コラーゲン同士を繋ぐエラスチンの結びつきを強化する働きがあるため、肌の弾力を高め、ハリやツヤをアップする効果がある。
髪の毛の主成分であるケラチンを作り出す作用もあるため、ハリやコシ、ツヤのある健康的な髪の毛を保つ効果がある。

マレーシア生活ではシリカ水を基盤にしよう!

さらに「きっと使うかな?と思って」とキッチンタオルまで145.png145.png
何から何まで。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11121824.jpg
あ!この海外らしい大きなウォーターボトル(9.5ml)に乗っかっているグリーンの素敵なグッズ、気なりますでしょ??

これ、由紀子さんと二人で『ペットボトルの蛇口になる君』と呼び合っていたのですが(笑)
正確にはWater Pump Dispenser
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11122198.jpg
自動でお水を汲み上げてくれる便利グッズ!
由紀子さんがサラリと写真を送ってくれて、ダークグリーンの高級感に惚れ込み、速攻で買っていただきました。そして由紀子さんもお揃いで買っちゃったそうです♡

初めてのお揃いグッズが『蛇口くん♡』103.png103.png
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11122241.jpg
ふと見ると、仲良く女子トークを始めていた二人(笑)
娘はすっかり由紀子さんの懐でぬくぬくしています。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10043093.jpg

さぁ、素敵なお部屋のご紹介です。

週に一回、ルームクリーニングに来たくださる方も「このお部屋、広くで素敵!」と仰って。本当に好きな雰囲気のお部屋で大満足です。
写真で見るより、広さがあるかな?と思います。

リビングは、私好みのホワイトとブルーグリーン
娘も「海外ドラマの警察署の壁みたい!」と喜んでいました。確かに、こういう色の壁の警察署オフィス多いですよね(笑)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11222647.jpg
テーブルには、すぐ、日本で急いで作ってきたキナエナ(きなこと主人)フォトフレームを。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11223005.jpg
もともと飾られている絵画もサンローラン風で素敵です。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11262344.jpg
テレビの画面がちょうど我が家で見ているものと同じ表示(Google Chromeのフォトサービス)で、癒されます。

…やっぱり写真だどお部屋が小さく映りますね135.png
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11262511.jpg
対面キッチンも広々。
キナティは日中、娘の時計を見ながら待っています(笑)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11262761.jpg
キッチンエリアもとっても使いやすい。
冷蔵庫も大きくて助かります~!!

中にはもう生活感が出ちゃっていますね💦
またお買い物の紹介をしたいと思います。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11292333.jpg
奥はIHクッキングヒーターと洗い場。(コンロ派なのでIHは苦手ですが💦)
カトラリーや食器、調理器具も多めに揃っています
ヘンテコなコップやニトリの便利カップは持参したものです(笑)

キッチンマットは、昨年買ったものを持参(パープル)、きなちゃんみたいなふわふわ素材のものをこっちで買いました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11292471.jpg
そのまま奥に行くと、ランドリールーム。
洗濯機と乾燥機、そしてお掃除用具コーナーです。ここも広め。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11520763.jpg

ベットルームは2つ。

マスターベットルームはこちら。広々!
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11451367.jpg
そしてお客様用のセカンドベッドルームには、シャワー室とおトイレも完備しているので、プライベートが保たれていいですね112.png

あざんと凜太郎はこちらにステイしてもらいます。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11451559.jpg
・・・が、この2枚の写真の違いが見つかりますか??

キナティの寝ている位置もそうですが…(笑)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11451736.jpg
娘の寝相の悪さはもう殺人鬼レベルで危険。
私は何度となく激しい踵落としを腹部に受け、ブチギレてます。

そして、落下も怖いので自宅でもお部屋いっぱいのベットを作成しています137.png

許可を頂いて、こうなりました。

セカンドルームのベットは裸ん坊ちゃん。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11451943.jpg
最高に安全なベットの完成です。しかも段差があって、娘がこっちまで進出してこない!

ただ、スケスケバスルームにピッタリくっついて、面白いことになってしまいました(笑)寝ている感覚も楽しいようです(笑)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11452179.jpg
というわけで、スケスケお風呂です。

マレーシアはお風呂文化はないので、スイートルームでもバスタブがない場合もあるくらい。
前回のコンドミニアムにはシャワーだけで(しかも15分しかお湯が出ないので毎晩修行僧のようでした149.png)、本当に辛かったので、とにかくバスタブ希望で、このコンドミニアムに決定したのです。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_12015150.jpg
バスタブからシャワールームまで距離があるので、母娘はバスタブの中で全てを済ませています💦

シャワーヘッドは、持参したミラブルに換えて、塩素除去とマイクロバブルで安心です。
マレーシアのお水は東京の6倍近くの硬水なのだそう149.png149.pngですが、私たちはこちらのお水で当たったり、肌や髪がおかしくなったことはなく、謎に合っているようです。軟化させる効果は期待できませんが、ミラブルさんのマイクロバブルはお肌を綺麗にしてくれるので♡念の為。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_12083677.jpg
ベットルームの棚。
もともとあったドライヤーはPHILIPSのなかなか風量のあるもの。持ってきた海外用ナノイーと併用して、時短になっています(海外用ナノイーは風量が通常より弱めなので)

あとは持参した必需品の健康グッズやバンテージ、骨盤ベルト、タオルなど。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_12151752.jpg
ちょっと大きめヨガマットと電動毛玉とり器は、Amazonで購入し、届け先はマレーシアに!
初めてだったのですが、これも由紀子さんが丁寧にお教えくださいました。
由紀子さんが事前に会社で受け取ってくださったのですが、この時も面白い奇跡が起きて、二人で盛り上がってしまいました。

*ヨガマットは娘のベット落下防止メインで買ったのですが、ベッドがうまくいったので、これは出張マッサージをしてもらう時に使用しています。マッサージ師さんも由紀子さんが色々考えてご紹介くださいました。
素敵なエステも大好きですが、こちらは寒いサロンが多く140.png今回はなるべく自分のお部屋でお願いしたかったのです。マッサージ師さんもとても良い方で、娘にもプレゼントをくださったり、技術も心遣いも素晴らしいです。。

毛玉とりは、私の趣味なので、新しい機器にホクホク(笑)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_12151916.jpg
ドレッサーとクローゼットも、大きめで全部収まりました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_12152276.jpg
玄関のそばにもおトイレがあるのが、とてもいいです(笑)
ちなみに靴は予備を含めてこれだけ持参しました(それと、娘のクラブ活動用にジャズスニーカーと、私のジャズヒールも)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_12152448.jpg
そして、大きな窓からは、Penangの空を思う存分感じられ、気持ちがいいです。

娘も大好きな青の世界

朝は日が昇るのが遅く、明け方は深い青の時間。
夜は7時過ぎから突然真っ青になって、PM8時にやっと真っ暗です。
真っ暗な様子はまだ撮れていません💦

Galaxyのカメラだと、とても綺麗にとれて、こういう時に嬉しい。
藍色に発光する空には、本当に感動します。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_23373373.jpg
建物内には、ジムやプールもあります。

プールには2週間で一度だけ行ってみました。
広くて、すっきりしたプールですが、目の前が大きなマンションなので、ベランダから丸見えでちょっと気になります(笑)

なのでちょっと早めに切り上げました〜
プールに関しては、前回のコンドミニアムの方が小降りでも落ち着いた気がします♪
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_14322179.jpg


お部屋は2週間の間にちょこちょこ撮ってなんとか大体記録できました💧
本当は生活感のない状態の方が綺麗でしたね(汗)

お話を戻して。。
由紀子さんは、到着当日も「差し支えなければ、ご一緒にお買い物へ主婦目線でもお役に立てれば」と言ってくださって、とても嬉しかった。。

先にお隣のJAZZ HOTELのカフェへ一緒にランチへ。
大きなスープも、ボリュームもあるクラブサンドも、3人で美味しく楽しく頂き、由紀子さんにお逢いしたら必ずお話ししようと思っていた不思議なご縁のお話もできて、このまま夜を迎えてしまうかもしれないほど、素敵な時間でした。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_13290781.jpg
その後、ラウンジを通ると、床に人が座って何か作業をされています。

聞くと、週末にDeepavali(ディパバリ)という、ヒンドゥー教徒のお正月があるとのこと。
その準備で、Kolam(コーラム)というカラフルに色付けされたお米のライスアートを作っていたのです。

見学していたら、娘を手招きし、参加させてくださいました!!
なんて光栄でしょう。
由紀子さんとも「マレーシアの神様が歓迎してくださっているみたいですね♡」とにっこり。

娘はすぐに皆様に混ざって、嬉しそうにお米を配置させてもらっていました。

本当に幸運、素敵な経験でした。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_13291209.jpg
数日後に見に行くと、コーラムはすっかり完成していました。可愛く綺麗な朱雀です♡
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_13291678.jpg
JAZZ HOTELの様子はまたいつか。。


その後、前回も何度も行った大きなモール・Gurney Plazaへ。
ここでも綺麗なDeepavali(ディパバリ)装飾。

由紀子さんと手を繋いで嬉しそうな娘↓
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_13490968.jpg
SIMカードを購入したり、由紀子さんのおすすめを伺いながら、お買い物。
こんなひと時も、なんだかずっと前からあったような自然な時間でした。。

帰宅も一緒にしてくださって、他の必要な作業をして、、
3人で名残惜しくて気付けば夜の9時半までお部屋にいてくださって💦
いつの間にか、Schoolで披露する恒例のSelf Introductionの練習も付き合ってくださいました💦

由紀子さんも「驚くほど馴染んでしまって…(笑)」と103.png103.png

主人もオンラインでご挨拶でき、私達のくつろぎっぷりに爆笑していました。
本当、まさか今日が到着当日なんて思えないほど!

が、由紀子さんと別れ、大きなスーツケースの荷解きが(爆)
現実に戻った感じでした(笑)

Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_13292788.jpg
初日からこんなに心も満タンで過ごし、次の日からSchoolへ登校するのは大丈夫かな?と思ったら、母娘ともに、とても元気で幸せな気持ちで翌日を迎えました(笑)由紀子さんもびっくりです(笑)

学校での細かな出来事はまた改めて書こうと思いますが…
でも初日の嬉しい再会の様子だけ少し110.png
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_14225471.jpg
1年前に通った学校なので、再会があるというのはとても素敵なことです。

前日には、お友達から私に嬉しいメッセージもありました。
そして、校長先生はなんと、Penangのシグネチャースイーツのウェルカムギフトまで用意くださって…145.png145.png


行きは前回同様のドライバーさんなのですが、帰りは校長先生が直々に送り届けてくださることになり、毎日、丁寧に車から降りて、様子を教えてくださいます。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_14163169.jpg
1つだけ、きなこの関係で学校のお話を1つ。

この学校はキリスト系の学校なので、毎朝、国家と校歌に加えて聖書を読み解いてくださる時間があり、先生の解釈や、日常に当てはめ生徒の心に問いかけながら、時間をたっぷりとってテーマを話し合ったりします。
とても難しい専門的な言葉も多くありますので、現地の生徒たちも先生の言葉を聴きながら辞書をひいている様子も以前拝見しました。

娘は国家も校歌も、単語がわからないところがあってもお構いなしに、(後追いの発音で)とにかく大きな口を開けて歌います。なので先生がとても嬉しそうにされていました。そういう部分も、そういえば私の幼少期にとてもよく似ていますし(笑)結構、良い部分だと思っています105.png

今年は、担任の先生がご親切に娘が正しく追いつけるようにと、日本語と照らし合わせられるサイトを用いて、丁寧に教えてくださるそうです。
娘は、帰宅すると、まずはイエス様の教えや歴史を夢中になって教えてくれます。良いご指導をいただけて、感謝です。。

さらには関係する讃美歌を英語だけでなく、日本語で歌われているものも探して、より理解を深めながら導いてくださるとのこと!素晴らしい!!(先生方はいっさい日本語は話せませんし、使用しません。)
そのことを娘が感動して、学校からLINEがありました。

*遊びでなければ、休憩時間に連絡をとって良いそうです。なので時々、嬉しいことがあると私に連絡をくれます。
ちなみにNZの学校は授業中にスマホをいじる生徒がかなり多くて娘は衝撃的だったそう。参加したのがyear7という中学1年相当のクラスだったのもありますが…本来は厳しく禁止とされていたはず。超名門お嬢様女子校でもそういう実態なのだなと思いました。
日本の中学だと、どんな感じなのかなぁ。。

そのご指導の中で、『Because He Lives(主は今生きておられる)』という歌を教えて頂き、娘が動画を撮って、「ママ、このお歌が素敵で、きなちゃんに聴かせてあげたいから、探して買ってもらえる?」と連絡がありました。
………………………………………………
Because He lives, I can face tomorrow
Because He lives, all fear is gone
Because I know He holds the future
And life is worth the living Just because He lives

(日本語ver.だと)
主は今 生きておられる わがうちにおられる
すべては主の御手にあり 明日も生きよう 主がおられる
………………………………………………

あぁ、まさにきなこに捧げたいお歌だなと、すぐに様々なバージョンを購入し、きなこに毎日聴かせてあげました。
(母と主人にも送ると、聞かせてくれていたそうで、きなこは聞いている間、身体が落ち着かない時もスッと目を瞑って眠ったそうです。)

本当に温かい、お優しい先生に恵まれ、幸せなスクールライフです。。

そして、昨日で学期末だったのですが、(また1月2日から登校!)今週はテストが続いたようです。
毎日、まぁまぁ良い点数をとれて、自信をつけているようでしたが、きなこが天国に行った(私の胸にやってきた)日は、100点が取れたと連絡がありました。
きっときなこも誇らしかったのではないかなと思います112.png177.png

*娘には、その日が学期末だったので、あえてすぐに報告せず、帰宅してから告げました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_16044169.jpg
お次は、
由紀子さんとの素敵な時間を、もう1つ。

早速、由紀子さんと至福のランチデートが叶ったのですが…
(その前に今回ご依頼いただいているワークショップセミナー関係の現場チェックもさせてもらって…そんな様子は、セミナー開催後にたっぷりと!お陰様で、あっという間に定員オーバーになったとのこと。皆様にお会いできますのが楽しみです♡)

色々検討してくださって、Utoo Boho Cafeというなんとも可愛いボヘミアンなお店をご紹介くださいました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_16540069.jpg
由紀子さんも息子さんと来られたことがあるそうです。
(マレー人の旦那様との間に、11歳〜17歳の3人の超イケメンな息子さんが!!)
息子さん達の様子は、由紀子さんからお写真や動画で見せていただいていていますが、本当に優しくて心が綺麗なんだなぁと感じています。

グリーンカレー風味の蟹のパスタは、由紀子さんも初めて一緒にシェアしたのですが、レモングラスが効いていてあまりに絶品!!二人で「絶対リピ決定ですね!」とはまってしまいました。

他のドリンクもフードも、美しいパンナコッタも最高でした。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_16563901.jpg
でも、何より、由紀子さんのルーツや、Penangへの運命の流れを伺った時間がとてもワクワクして…でもどこか勢いというか、心の動きというか、似ているものがあってそれもすごく楽しかった。。

そして、私の話をしていた流れで、なんと由紀子さんを泣かせてしまいました。
いじめた訳ではありませんよ💦

私の話に深く共感くださって…それだけ、由紀子さんのお心が綺麗ということです。。

お話に夢中で時間に追われてお店を出ました。
しかも慌てて娘へのお土産も買って💦

綺麗なケーキでしょう?お味はちょっと大人ですが、娘が大喜びでした。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_17241991.jpg
娘が校長先生に送っていただく時間にはしっかり間に合い、また由紀子さんにもお部屋に来ていただいて…

娘がおやつを食べたり着替えたりしている間に、私の教育現場の生徒ちゃんたちの舞台作品をお見せしました。

実は、現役ちゃんたちから最高に素晴らしい『マレーシア民族舞踊に挑戦』した動画が届いており、その出来があまりに素晴らしく(でも実は、最後の私のレッスンに大寝坊し欠席してしまった子が、反省を表現すべく、送ってくれた動画だったのですwお付き合いして参戦したメンバーも最高でした。)
由紀子さんにもお見せしたら大ウケどころか大感動177.pngなさっていたので、その何事にも真剣な姿勢は誇らしかったのですが、普段のジャズを踊る彼女たちもお見せしたくて、ご紹介したのです。

…部長ちゃんからも定期的に愛のメッセージが届き、心はずっと傍にあります112.png
生徒ちゃん達とのオンライン指導の様子は彼女達のクリスマスライブの様子と併せて、またたっぷりお届けしますね♡

凜太郎が撮ってくれた、オンラインレッスンの様子
天井も高いし、踊るスペースもまぁまぁ確保できます。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_11081678.jpg

その後、由紀子さんも同行してくださって、昨年もスクールのお休み期間中に通ったアカデミー(英語専門の補習塾)へ、ご挨拶&レベルチェックテスト(ケンブリッジ式)を受けに向かいました。

今回も昨年同様、A2レベル(ざっくりいうと読む・書く・聞く・話すことが日常の生活程度なら出来る)という結果で、娘は安堵しているようでした💦
(娘は皆様のご想像するような特別な英語教育はしておりません)

アカデミーのことも、スクールのことも、またいつかまとめて記したいと思います。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_17242201.jpg
今回、由紀子さんにはこんな贈り物を持ってきました。

まずは、写真はないけど、甘い物好きと伺っていたので、実家のあんこ!!(笑)
手前味噌ですが、とても喜んでいただけました♡

そしてこちらは由紀子さんの会社でコロナ禍に山ほどの美術品を扱っていらしたお話を伺っていたのと、娘の美術館好きが重なったので、麻布かりんとの「KARINTO MUSEUM」というシリーズの大きめのゴッホ缶と、小さなゴッホ&モネのデザイン缶を。
小さな缶の中には、フレーバーの説明が名画のカードになっていて、娘はかりんとも含めて全てがお気に入りです。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_17552183.jpg
実は、娘はこちらで書道の大会作品も挑戦する予定でおり、今回は提出作品を1月に来る教え子ちゃんが持って帰ってくれますが、今後のことを考え、配送に関して由紀子さんが手厚くサポートしてくださることになっています。。

娘の書道の世界にまでプロフェッショナルにサポートくださり…由紀子さんも「美術品の輸送の記録も残しておいたのですが、まるでこのサポートの為のようです!」と、とにかく全てのことが結びつき、フィットしてしまいます。。


それから、由紀子さんは可愛い猫ちゃんを5匹も飼われていて。。
その中でもSNSのアイコンになさっているニャンコの写真があまりに可愛くて、お名前を伺ったら「モチ」ちゃん!

思わず我が家の愛猫と合わせたら『きなこもち』ですね!!とお話しすると、由紀子さんの名付けの特別なエピソードも含め、「この子は千紘さんとのご縁を呼び込んでくれたに違いない!!」と喜んでくださいました。

以降、私たちの関係を『開運きなこもち』の仲としています。
その話で、また猫ちゃんトークも盛り上がってしまうのです110.png110.png

嬉しくて、こんなハンカチをお贈りしました。
猫グッズをずっと探していて、私の母と私と娘、3代で大好きなフェイラーグッズをお贈りしたい気持ちもあり、ちょうど猫ちゃん柄があったなぁと思って、お取り寄せし、よく見たらわぁーーーーーーー!!!

きなこ
モチちゃんお隣同士になってる!!
仲良しの店員さんが一生懸命強調したラッピングをしてくださいました112.png

由紀子さんは勿体無くて使えない!なんて。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_18062021.jpg
私もお揃いで買って、お守りで行きのフライトの時にバックに入れていきました。。

今は5匹飼っている猫ちゃんの中の1匹の名前を間違えて「きなちゃん」と呼んでしまうそう。しかも、そのニャンコちゃんが『きなこ』と呼んでもちゃんと側に来てくれるのだそうで、元々モチちゃん以外は名前が気まぐれに変わっていくことがあるらしく、その子もきなこに改名をしようかしらと仰っていました。

由紀子さんの優しいお家にも、きなこの存在を置いてくださって…涙が出てしまいます。

…ボタニカルな至福のランチをした後に、由紀子さんは私に改めて、素敵なメッセージをくださいました。
幼少期から学生時代の私のことを、過去にさかのぼって抱きしめてあげたい…とあり、そして、娘が私のもとへやってきた意味や使命を紐解きながら、全てを理解した上での温かい言葉達でした。

さらに、由紀子さんが参加している手話サークルで、現在『ハナミズキ』の歌を手話で表現するお稽古をしているそうで…(由紀子さんの会社のクリスマス会で披露されるそうです。私も会にお呼ばれしていますし、その手話の先生は私のセミナーに参加くださるとのこと!)

その練習をしていたら『ハナミズキの歌詞が、千紘さんと重なって、また涙してしまった』とのことでした。

………………………………………………
僕の我慢が いつか実を結び 果てない波がちゃんと
止まりますように 君と好きな人が 百年続きますように

………………………………………………

『千紘さんを分かってくれる人が何万倍も愛してくれているから、大丈夫』

私の思想、半生や軸にある深い祈りを理解くださって、あんなに泣かせてしまったのに…由紀子さんはまたお家でも私を心の中で抱きしめ、涙を流してくださったかと、私もただただ泣けました。

物心ついた時から、芸術に生きる…
子供社会(それは大人が作っているものだからこその問題)の闇に飲み込まれ、とんでもないトラウマにずっと苦しんでいましたが…
与えられ、求められる場所に感謝を持って、頂いたチャンスと期待に応えることが生き甲斐で、喜びで。今をただただ悔いなく生きる人生。命そのものが芸術であることに、幼少期よりずっと集中してきました。

今、たくさんの優しさに救われ、心が解放され、恐怖や哀しみも払拭されてゆき、信じた優しい世界の中に居られるようになれるなんて…やはり、生きてみるもんだな、と思います。


そして、本当に不思議なことに、
由紀子さんと出逢った今年9月からは…またさらに一段と景色が違うのです。
私が必死に辺りを見回し小さな頭をフル回転しなくとも、沢山の愛が優しく導いてくれるようになったというか…下を向いてしまいそうな瞬間を逃さず、誰かが必ず、輝きで吹き飛ばしてくれる…今までにない、不思議な感覚。

全てのことが、ここに繋がっていたんだという感じがしっくりきます。

長くなりますし、公に綴るのには勇気がいることですから端折りますが…
まとめますと『娘の描く未来に素直に寄り添い、良い距離を保って、彼女の望む歩みを叶えてあげたい…と願ったその先に、自身の命が本来の姿で輝くという人生もある』のだろうということ。
そんな生き方を、ここPenangで豊かに感じられていることが、幸せです。
私はまだまだ未熟であっても…今が一番、娘が今世に誕生する前に、神様のお傍で空の上から選んだ(という)「娘の好きなママ」でいられている気がします。

しかも、その選んだ決め手は、踊り手であったことと、きなこを拾った瞬間を見ていたからだそうなのですよ。

不思議な話ですが、どうやら本当のことのようです。

なんて、色んな話がごちゃ混ぜで、さらに端折りすぎて、わからないですよね(汗)
でも、全てが繋がっているのです…


きなこは、私の祈りを全て知っています。
だから、ちゃんとタイミングを読んでいたのでしょう。

そして私を理解してくださる方に、感謝をお伝えしたかったのでしょう。

枕話にも添えました通り、亡くなる日に、由紀子さんのところまで挨拶に来てしまったのですから。。。

由紀子さんのおかげで、ふんわりとしか知らなかった『ハナミズキ』の歌を、そのルーツや歌詞の解釈も学び(9.11の事をとタイタニック号のことを重ねて制作なさったのですね)、自分の思想と強くリンクするものもあり…とても好きになりました。また1つ、由紀子さん(そしてこの曲を選ばれた手話の先生)から、素敵な贈りものを頂いたように感じました。

それから毎日、きなこにオンラインで歌いました。きなこは目を細めながら、安心し、嬉しそうに、ずっとカメラに向かって聴いてくれていました。「ねーやんは、ちゃんと気がついたのね」と言っているようでした。

きなこが天国へ行く前日は、私が歌い、きなこが聴いている様子を娘が全て撮影してくれていました。
これも、大きな宝物の記録になりました。


あぁ、感傷的になってしまって、お話がぐちゃぐちゃですね。


最後は、きなこへの祈りを込めて神様にご挨拶へ行ったことを少しだけ。。
そこまで書かないと、終わらないのです。

*全ての写真は、きなこが召される前のものです。


世界に3番目に大きな寝釈迦仏寺院(Wat Chayamangkalaram)には、これまでも必ずご挨拶に伺っています。こちらはタイ式の寺院でありながら、中国様式も取り入れられているというペナンでしか見られない珍しい寺院です。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09090174.jpg
豪華で煌びやか、大蛇様や、様々な神様がお迎えしてくださいます。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09091894.jpg
本堂に入りますと、33mにもなるリクライニング・ブッタ(寝釈迦様)がいらっしゃいます。
ただ横になられているのではなく、涅槃の境地に達されたご様子を表しているのだそうです。
煩悩の火が消え、本能から解き放たれ、心安らか過ごしている=お亡くなりになった姿ということなのですね。

そして、その寝釈迦様の前には、即神仏になられた僧侶様がいらっしゃいます。
我が家は以前、この僧侶様に、不思議な奇跡を頂きました。

(以前ガイドさんに伺った時は本物の即神仏とのこと。)

金箔を購入し、きなこのことをひたすらにお伝えし、祈りました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09092114.jpg
今回は入り口で寝釈迦様のアミュレットを買いました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09240404.jpg
このアミュレットを両手に包んで、お祈りしなさいと教えていただき、タイ式のお祈りを。

1度目は仏様に、2度目は仏陀の教えに、3度目は僧侶様に、祈りを捧げます。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09090379.jpg
教えていただいた方が、(娘ではなく)あなたがその胸につけたらいいとおっしゃったので、普段身につけている母から贈ってもらったお守りの宝石(スフェーン)と一緒に身につけました。

そういえば、スフェーンを贈ってもらったのは石がイエローグリーンで、きなちゃんの目の輝きと同じ色であったことも決め手でした。
(スフェーンはダイヤモンドよりも輝きが強く『精神的な強さと、純粋で変わらぬ想いを支えてくれる力を与え、出逢いや成功に導く石』と呼ばれています。)
この石を選んだ時、私にとって大切な存在の女社長さんとご一緒していたのですが、私がこの石を持ち、社長さんが私の頭に手をかざしたら、手を軽く火傷してしまったという不思議なことがありました。その日1日、手のひらに赤い跡が残ってしまい申し訳なかったほど。

それほどに相性がよく、私と強く結びついている宝石です。

そして、この寝釈迦様のアミュレットを合わせてつけることにしました。

もしかしたら、これを目印に、きなこは私の胸に飛び込んできたのかもしれませんね。。
(それに、最期の瞬間「おいで、おいで」と強く叫んだので、余計にすごい速さでやってきてしまったのかも)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09381279.jpg
寝釈迦様の周りに、獅子の像が並んでいました。
前にはこの位置に無かったような気がするのです。(訪れる度に、細かな位置が変わっています)

きなちゃんのお目目とそっくりな獅子様がいて、思わず、愛おしくなりました。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09394458.jpg
金色とグリーンが混ざった、大好きな、とても綺麗なお目目です。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09394548.jpg
寝釈迦様の後ろにおられる、十二支の神様にもご挨拶を。

娘は家族それぞれの干支を表す神様の前でゆっくりとお祈り(お話)をしていました。

「ママ、由紀子さんは寅年っておっしゃったよね…」
今年は、由紀子さんへの祈りも一緒にさせていただきました。

*私は寅にも、大変縁があるのです。生まれ変わりの祖父は寅男といいますし(その祖父は正座したままお辞儀をして亡くなりました)、実家の甘味製造卸業も『とら』の名を使っています。

そして私は、実在したマレーの英雄『ハリマオ』という映画にも、幼少期に出演しております。
(
マレー語で『ハリマオ』とは虎を意味します)
マレーで生まれ育った日本人(谷豊さん)が、英雄ハリマオと呼ばれるようになったそのきっかけとなる、ハリマオの妹役を演じました。マレーシアでは知らない人はいないでしょうし、日本でも歴史をご存知の方も多いかもしれませんが、それは相当衝撃的な役どころであります…ですが偶然にもその時の経験や記憶、そして今とても敏感な心の部分が、このPenangに繋がっていることに気がついて、納得しています。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09443931.jpg

他にもここマレーには、これまでの歩みや様々なご縁が繋がっていて、日々驚きの連続です。
何でもかんでもむやみに意味をつなげるのは違いますが、どうしたって、驚くほどに結びついてしまうこともありますよね。
ただ無意識のうちにそう行動しているのかもしれませんし、不思議な力で、導かれているのかもしれません。でもどんな解釈だろうが、心が煌めき、強く在れるのであれば、それでいいと私は思います。

そして向かいにありますミャンマー式(旧ビルマ)のDharmikarama Burmese Temple(ダーミカラマ ビルマ寺院)へも。
こちらはペナン最古の寺院だそうです。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_19382657.jpg
入口から続く廊下を進み、本堂に入ると、そこには電飾で輝くお釈迦さま。

私たちが訪れる度に混雑していることが多かったので、今回初めて、落ち着いてご挨拶ができました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_19382839.jpg
僧侶様にお清めをしていただき、ミサンガも結んでいただきました。

娘は右、私は左。
そうすると、いつも手を繋ぐときに重なってパワーが強くなる気がするね、なんて。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_19383012.jpg
こちらは高さ10mの圧巻のお釈迦さま。
毎回強いパワーをいただいています。

きなこのことも一生懸命お伝えしました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_19384815.jpg
裏のアジア各国の神様にも一柱一柱、ご挨拶。。

「ミャンマーの神様に教えて頂いたよ」と、手の形を真似していました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_19385042.jpg
そして別の日。

由紀子さんがご紹介くださったHin Bus Depotというイベント会場で、土日はSunday Marketが開かれていて、可愛い小物やお洋服が買えるとのことで行ってきました(元々は夜に行われる書道のイベントを教えてくださったのですが、そのお話はまたいつか。素敵なアーティストさんと交流を持てました110.png)

小さな会場ですが、目一杯小さなショップが詰まっていて、青空にカラフルな布がとても気持ちいい。
美味しいフレッシュジュースなどを楽しみながら…娘は可愛くて信じられないほどお安すぎる多肉植物ポットと小さなニワトリ🐔さんのお手玉を自分で買ったりして。そんな様子はまたいつか。。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02530123.jpg
その中でずっと前から興味があったヘナタトゥーを体験することができました。

ヒンドゥー教の方々はディパバリ期間ヘナタトゥーを入れる習慣があるので、こうした職人さんも出店していたのかな?(いつもいらっしゃるのかしら?)

デザインサンプル以外からも描いてくださるとのこと。
母娘でどうしてもきなこらしい猫ちゃんの絵をお願いしたく、アーティストさんと一緒にネットで探して、施していただきました。
しかも1人RM25(¥850)という破格!!
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02530423.jpg
娘はきなこの中猫の頃(拾った時は子猫でも成猫でもなくその間くらいでした)、私は今のきなこをイメージして選びました。
ビルマ寺院で頂いたミサンガ同様、手を繋いだら隣り合わせになるように。。

2人で片手ずつ手を組んで祈ることもできます。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_10185754.jpg

街を歩いていると、沢山の方に「そのヘナタトゥー良いね!」と褒められます。愛猫への祈りで施したことも伝えると一緒に祈ってくださる方も。Penangの愛に、胸がいっぱいになります。

娘の学校の先生や卓球のコーチもとても可愛いと言ってくださったと、娘も嬉しそうに帰宅しました。


こうして縮めたり伸ばしたりすると、なんだか動いているみたいで可愛くて。きなこが身体の一部になった気持ちでいました。
*ヘナは5日〜7日位で消えてしまいます。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_02530949.jpg
その後は、Deepavali(ディパバリ)の当日ということで、折角なのリトルインディアも訪れました。
『光の祭典』とも呼ばれるとあり、町中がキラキラするのかな?と期待してましたが、シンガポールほど派手な感じはないみたい。主にお家の中でカラフルなキャンドルを灯していらっしゃるようです。
ですが、あちこちで美しいコーラム(娘が到着時に参加したお米アート)に出逢え、夜もあちこちで爆竹が花火が上がっていて、ステイ先にも様々な軽快な音楽と爆竹音が響いていました。

マレーシアには1割ほどしかヒンドゥー教徒がいないそうですが、街中にディパバリの装飾やお祝いの巨大なお菓子が陳列されて、とても存在が大きいのがわかります。


リトルインディア、昨年は行かれずでしたが、4年前は家族3人で訪れた懐かしの場所。

街も賑やかなのかと期待をしたら…お正月なので、お店がほとんど閉まっている!
日本のお正月同様、大掃除をして家族と穏やかに過ごしていらっしゃるとのことでした。

*偶然映り込んでしまった、おじさまのお背中が素敵。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_22133806.jpg
しばらく散策すると、4年前に参拝した観音寺(Kuan Ying Teng)に到着。

突然中国になってしまいますが、ここではきなこの為に行いたい事があったので、先に伺いました。

こちらも、Penangでは最も古い中国寺院です。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_22360913.jpg
私たちが本堂でご挨拶ときなこのことをお伝えしていると、太鼓が鳴り響きだ、またいっそう神聖な気持ちで過ごす事ができました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00331993.jpg
そして、このお寺でとても目を惹くのが、大きなお線香。

以前来た時は信者の方の特別なものだと思っていましたが、売店の方々に伺ったら全く問題ないとのことでお願いすることにしました。
RM35位(¥1,000)だったかな。そんなにお安いものなのね。。

私と娘の名前を紙に書くように言われ、それを貼り付け、ドボドボと油を注ぎます。
(娘が黄金のドラゴンを選びました。)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00332457.jpg
ボゥ!!と火が上がり、スペクタクル…
*かなり重たいそうですが、娘は本当に力持ちなので、軽々と持ち上げ安定していて、売店の方々も驚いていらっしゃいました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00332644.jpg
お線香立てまで持っていく際、火が風になびいて、娘の髪の毛に燃え移りそうで私はもう大量の冷や汗。(ただでさえ唸るほど蒸し暑いのに色々ぐっしょりです)
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00332855.jpg
係のおじさまがお優しく誘導くださり、一度空に向かって神様に祈るように言われ、しっかりときなこへの愛を告げて、立てて頂いていました。

きなちゃんがずっとずっと元気に、私たちの帰りを待っていてくれますように…と。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00333009.jpg
その後は、そこから歩いていける距離にあります、
Sri Maha Mariamma Templeスリ マハ マリアマン寺院
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00462645.jpg
インドの世界に戻ってきました。

こちらも、4年前に伺い、僧侶様から灰をおでこにつけて頂いた思い出があります。
中での撮影は禁止ですので、心に焼き付けて。

入口のガネーシャ様たちだけでも、迫力があります。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00472090.jpg
今回はセルフで灰をつけて良いと言われたので、娘に私が。

お家に帰るまでちゃんとついていて、「消えてほしくないのよ…神様の力で、きなちゃんとおでこで繋がっていたいから…」と、取れてしまうのが寂しそうでした。

Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_00472201.jpg
それから。。

ヘナタトゥーが5日もしないで消えかけてしまって…
きなこが離れてしまうような気がして辛くて、もう定期的に自分でできないかな?とお昼間に1人で街で探してみましたが、なかなか見つからず、由紀子さんにもお伺いしました。

目の前の巨大スーパーにもあるとのこと、お店の方々に伺うと、ヒジャブ(イスラム教徒の女性が頭に纏う布)を売っているお店にあったかも!と教えてくださって、行ってみると…ありました112.png

RM5(¥150)とあまりに安くて、お店の人も親切だったので、小さなマニュキア(娘が休日に遊びで足に塗る用)も買いました。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_15265968.jpg
真っ赤なCherryカラーしかなかったけど、由紀子さん曰く、天然のヘナだとCherryのカラーが一般的だそうです。

私のタトゥーが利き手と反対で良かった…でもかなり震えながら、なぞりました。
ムニムニしてしまったけど、なんとか。。

10分ほど経つと、ペリペリ剥がれて、肌に定着します。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_15270367.jpg
特に私の肌はすぐに薄くなってしまうようで、すでに3回ほど修復させました。

その度に、少しずつ雰囲気を変えて、きなこに似てきた気がします。

*凜太郎のあんよにも愛犬コチの肉球を描いてあげました。ついでに母娘のあんよにも、きなこの肉球を描き足したので、またそんな写真も載せますね。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_15270588.jpg
୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧
先週の金曜の夜より、Penang合宿第1期生の『Rちゃん』こと、いや、『おっちょこ凜太郎』こと凜ちゃんがここPenangへ来てくれています。
*合宿生というのは冗談で、今回来てくれる愛おしい2名の子達(33歳と21歳)と面白がってそう呼び合っているのですよ112.png

前日は凜太郎ちゃんのお母様も一緒に、きなこの出来事と私達の心に寄り添ってくださいました。
私の大切なおっちょこ凜太郎ちゃんがやってくるタイミングもまた、大きな意味があるのだなぁと。。

無事に飛び立った様子を、本人とお母様(凜ママさん)からも連絡をもらい…
ママさんからはFlightradarの動画まで送ってもらって、無音でただただ飛行機のマークが移動する映像に、凜太郎が乗っていると想像するだけで愛おしく、ちょっと笑ってしまいました112.png
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_09225729.jpg
彼女も葬儀を見届けてくれましたし、彼女の愛犬のコチくんは、これまで一度もしたことのない行動を一晩中していたそうでママさんが「こちも、きなちゃんを感じているんだね…」と教えてくださいました。


凜太郎も、Penangを満喫しています。
(そしていっぱいお手伝いもしてくれています112.png)
ですので、またしばらく彼女との時間を大切にしたく、またしばらく更新できないかな。。

୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

主人はきなこが召された日の夜、私が完全に寝付くまで、ずっとテレビ電話で見守ってくれました。

そして私の寝顔を見ていたら自分も寝てしまったそうで、起きたら朝まで通信が繋がっていて、私はベットの反対側へ気持ちよさそうに転がっていたそうです。

どんな日も、私が安心して眠れるまで撫でたり、抱っこしたり、揺れてみたり、全霊で可愛がってくれる彼なので…いつもの私たちの、オンラインver.ですね。

これまで毎日全力で私たち母娘の面倒をみて、可愛がってくれていた主人は、私たちがPenangへ旅立ったことでそのすべてのパワーをきなこに注いでくれました。私たち母娘はもちろん、私の父も母も心から感謝しています。
きなこも、私がいつも感じているその愛を、たっぷりと受けたことでしょう。


きなこは、最期の約2年間を私たちの家で生活しましたが、これまではずっと実家。ですので、きなこと一番長く共に過ごした母の心は言葉に表せません。

私にきなこの最期の時を任せてくださった獣医さんに、直後「母に抱かせてあげて頂けますか」と伝えると、すぐさま対応くださいました。
きなこが天に召された後、一番最初に母の胸で包まれたことも、私の救いでした。

母は冷たくなっていくきなこを必死に抱きしめ「きなちゃん、ペナンへ行っておいで、ねーやんといっちゃんと、一緒にいっぱい幸せに過ごして、一緒に帰っておいで」と、泣き叫んでいました。

猫ちゃんというのは、家に居たい性質がベースです。
でも、きなこは、このPenangの地にすごく来たがっていたように家族みんなが感じていました。

ですから、
こうでもしないと来られなかったのだろうとも思っています。


きなこが居る分なのか、ちょっと胸が大きくなって、重たくなった気がするけど、魂も心も満たされ、私は軽やかです。
美しいPenangの空、風、海、愛の色を、ここからは愛するきなこも一緒に、心身と魂で感じながら過ごします。
Penang母子留学2023-24 ① 〜念願の対面、Deepavali、巡礼と私の中のきなこ〜_d0224894_14590096.jpg


今年のPenang留学最初の記事がとんでもなく長くて、いつも以上にまとまりのないものになりましたが…私のまんまです。
お読みいただき、本当にありがとうございました。。


by chihiro_anma_ex | 2023-11-23 16:35

【安間千紘公式ブログ】


by 安間 千紘
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31