Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)

こんにちは112.png

のんびり三が日が過ぎたと思ったら、過去一番、怒涛のお正月でした。。

書道大会三昧の日々が終わり、氏神様にもご祈祷とお祓いをしていただいて…
我が家はようやく、ようやく、15日にお正月が明け、通常運転です。

基本『今を生きることに全力で』がベースなのですが、今は特に未来を描く重要なタイミングで、今年〜来年の構想やその先のことも踏まえて選択肢を定めておかねばならず、昨年末から相当な精神力を要しました。
ようやくスコンと視えたものがあって、氏神様へもその心をご報告が出来、一段落。

お祓いでも、とても貴重な経験や嬉しいお言葉をいただいて、素敵な兆しをいっぱい感じさせていただけました。
おみくじには
「ねてもさめても にこにこと」とありました。
笑っていたら、自分も家庭も社会も朗らかになると。
「天の岩戸は笑いで開けた。笑う門には福が来る。曇りなき心の鏡に映る私達の笑顔を、神様はいつも見守っておいでです。」

小吉でしたが(笑)とても大事な人生の指針となる温かいお言葉、括らずに持ち歩くことに致しました。

東京は1月7日の七草粥の日が鏡開きですが、関西では15日のことが多いようで、主人は関西出身ですし、我が家も15日ってことにして、お正月飾りもその日まで♪💦


そして例年同様ですが、本当にギュギュッと目まぐるしかった書道の日々。
日本武道館の大会の次の日から、全国大会の作品・硬筆毛筆の仕上げ、そして学校の席書き(書き初め)大会。
連日朝から晩まで書道三昧。


今はやっとニュージーランド(長短期)留学に向けての準備に本腰を入れられています🇳🇿✨
コーディネーターさんもこちらの事情を丁寧に読み取ってくださっているゆえ、常にベストなタイミングで旅(留学)のアドバイスやサポートをしてくださっていて、本当に感謝の嵐です。
いつか素敵なコーディネーターさんのご紹介もできたら嬉しいです♡

娘は小学校のイベント(親達も参観する災害研究発表会や、ハーフ成人式の軽めの催しなど)も次々にあって、まだまだ娘はバタバタしています…


いまだにPenangでの思い出整理が終わっていないので、今日はそちらを中心に留学記事として更新しますが、可愛い教育現場の生徒ちゃん達とのお稽古初めの様子やお年賀状も併せてお届けします♡

そう!
我が家のWinter Greeting!
そちらもやっと発注しました。。。

1月下旬〜2月頭を目処に、心を込めてお届けさせていただきたいと思っております。。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_02363416.jpg

Penangの思い出の前に、書道のこと。

お稽古場だけでなく、自宅での取り組みの日も、最初は必ず精神統一して『一の線』という基本練習を行なっている娘。(お師匠様の教えです)
この時間、いかに集中できるかでこの日の出来が決まる、という気持ちで行なっているようです。

当たり前のことなのでしょうが、娘が幼少から、こうした作法に手を抜かない姿勢を見ると、心から書の世界を愛していることが伝わってきます。
「最後、気持ち良くなって『友』って書いちゃったのよ。それ撮っちゃうの?(笑)」ですって。
この後は超集中モードなので撮影はしません。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_22280114.jpg
特訓の日はお稽古場で9時間過ごし、自宅で取り組む日は同じ時間、私がずっとついていないとなりません。
もちろん全て娘1人でできますが、毛筆作品は娘の身長よりも大きな(かつ高級な!)紙にガンガン書いていきますし、納得の字が書けた時に安全に乾かして保管するのには、やはりサポートが要ります。お部屋がもっともっと広ければいいのですが、私が工夫して場所を確保しないと大変で💦

硬筆は何より鉛筆のペン先状態をベストにしていくのが重要。作品の途中でも何度も削っては整えます。作品の途中で鉛筆を整えることは不自然なように感じますが、年齢が上がると書く文字数も上がり、太さを均一にするために不可欠。。太さも規定はないものの、望ましいものはありますので、筆圧のわずかな抜き加減がものをいいます。
さらに鉛筆削りのちょっとした削りカスで作品が汚れないように、そうした作業は少し離れた場所で行うため、集中が途切れないよう準備が必要です。

そして毛筆などは1筆1筆、筆が止まるたびに吸い取り紙で押さえて滲みを防いで、より美しく仕上げていく…床で取り組む娘の横で、私はタイミングを見計らってずっと中腰で吸い取り吸い取り、吸い取りまくり、餅つき合戦のような戦いを繰り広げること7時間!!
腰が、腰がぁ、うぅ…122.png122.png
*毛筆は1日7時間、硬筆は5時間くらいで納得の1作品を目指します。
他にもお師匠様直伝の驚きのコツや作法があり、凄まじい鍛錬と、常に新しい視点が必要な世界であること、日々その奥深さに感動!

(昨年度の夏の取り組みの様子。私が餅つき合戦の待機中、まるでピラティスの如く集中する娘↓)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_22410147.jpg

全国大会の期限が例年と変わってとても早くなり、期日にゆとりがなく、連日最高潮の集中で取り組む娘。
もはやアスリートのようなプレッシャーを抱えていることを心配して、特に今年の冬は少し穏やかにしていてもいいのではないかと思っていました。

ですが娘が「どれも手を抜きたくないのよ」と全力投球。

サポートする私は逃亡したい気分でいっぱいでしたが(爆)
この根性というか、意地というか、私そのもの、主人そのものなので…仕方ありません。

でも驚くほどに娘の集中は途切れることなく、どの作品も納得いくところまでは仕上がりました。
お師匠様に提出しましたら「うわぁすごい!素晴らしい!よくやったねー♡」とほっぺを包んで褒めていただいて、私まで横で抱きしめてもらった気分でおりました104.png-3

そして、小学校の書初め大会でも、無事に代表に選んでいただけて喜んでおりました。
(そこも絶対に外したくないと毎年相当な覚悟で挑みます。やはり校内だと普段の書道の環境とは違うので独特な緊張感やプレッシャーを感じて、なかなか普段通りの世界が出せないそうです。今回もやはり娘らしさがやや弱い感じ。)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_11585887.jpg
が、『娘あるある』…

学校の書き初め大会も終わったその日に、心が解放されたのか、校庭で思いっきり走って、1人で転んで激しくグネって帰ってきたと思ったら、同じ日、お師匠様に作品を提出しにいく直前に鼻血を放出🩸
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_02544592.jpg
「今日はお稽古をお休みして、美味しいものをいっぱい食べて、いっぱい休もうね。頑張り屋さんだから、お休みだっていっぱい必要だ!」と、お師匠様にまたもう一度ほっぺを包んでもらって。ちゃんとお食事をして、帰宅しました。

そういえば、書道のお教室のお正月くじ引きを2回引いたら、どちらも超スーパー大当たりを引いたようで、お師匠様大ウケ(笑)
「そんなことある?縁起がいいね!」と、その辺りも謎に外さない娘でございました(笑)
くじ引きやガラガラなど、なぜか当ててしまう子なのです103.png


後日、校内で選出していただいた展示会があったので、簡易のお着物を着て観覧へ。

諸事情で私の母を待つことになって、館内の休憩コーナーでホットイチゴミルクを飲む娘。薄めのリップを塗っただけなのに、お化粧しているみたい。やっぱりまつ毛ボーボーだからかしら。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_05004659.jpg
作品展を拝見した後は(他のお子さんの個人情報満載なので、展示会の様子は控えます。)

これまたダッシュで昼食へ。
時々無性に食べたくなっちゃう『新宿つな八』


〜冬のおすすめ膳〜
天ぷら8品(海老二尾、わかさぎ、れんこん、下仁田葱、帆立貝、大あさり香り揚げ、かき揚げ)

どれも美味しい。わかさぎちゃんは、ちゃんと自立していて食べるのが切なくなっちゃう。レアの帆立と、貝殻のまま揚げた大きなあさり、下仁田葱も最高でした。
急いでいたので、テーブル席が空くのを待てず、カウンターで。でもむしろその方が娘は楽しいのですよね。静かに、ゴキゲンです(笑)
ちょっと急ぎで揚げて頂いて。もっとゆっくり味わいたかった。。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_05004845.jpg
そして、大急ぎでタクシーに乗り込んで、
氏神様へ。
同じ日にご祈祷の予約でした💦

枕話でもお伝えしたように、素敵な時間を過ごさせていただいたのですが、最後の最後に、娘のお草履が壊れる事件149.png
足が大きくなって、私と変わらないものだから、ずっと寝かせていた私の適当なお稽古草履(ちょっとおでかけ風の可愛いタイプ)を履かせたら、経年劣化でペローンと剥がれました(笑)
上等なお草履だったらそんなことありませんもの。長年愛用しているものは全く元気です。でも、お稽古用にと適当に買ったものはダメですねぇ。
そして、それをご覧になった宮司さんが「よかったらこれを。一加ちゃんにはいつか巫女さんをお願いしたいという話をした矢先に、巫女さん用のお草履を履くことになるなんてね。はっはっは」と。。145.png145.png145.png

娘が幼い頃から「いずれはうちで巫女さんを」と言っていただいていて、娘もずっと憧れているのです。
労働基準法で(ちゃんとしたお仕事なので)まだまだ出来ませんが、本当は今年の暮れだってお勤めしたい気持ちでいっぱいでした。髪の長さだけは一丁前に巫女さんです(笑)

お草履だけでも、履かせていただいて、お写真を撮って帰宅。
これまたなんて吉兆な出来事でしょう。

卯年に、飛躍できるような素敵なお草履をお貸りするなんて!🐰♡.*˚
また改めて、お礼に伺います。本当にありがとうございました。。

玉串で使用する榊も沢山くださって、さらにホクホクな娘。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_05005058.jpg
話は変わって我が家の七草粥も少しだけ。

減塩の茅乃舎だしを使用しています。(我が家は基本全てのだしが、茅乃舎さん。それにカツオの荒削りや干し椎茸と昆布などケースに合わせて。)
葉っぱ達の投入のタイミングを完全に間違えて、色鮮やかな緑が消えてしまったけれど、味はとてもいい塩梅になりました(笑)
赤いすずしろ(小さな大根)は、色が抜けやすいので薄くスライスして最後に入れたのでセーフ。。

大根と豚肉の甘辛味噌炒め
クラゲとささみの中華和え
そして、お漬物は京都の清水寺門前会の会長・田中博武さん(娘はととさんと呼ばせていただいていました)と大好きな奥様から大量にさまざまなお漬物を頂いてから、すっかり虜になって定期的に色々なお漬物を購入している土井志ば漬け本舗の千枚漬け
堪らなく美味しい。やっぱりお正月は千枚漬け!
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23090288.jpg
さて。

Penangのお話へ行きましょう。

前にも書いたかしら、娘が何故にPenangへ留学を希望したか、視察に行って惚れ込んだポイントは…世界中の様々な神様にお逢いできるプラナカンのカラフルで優しい世界に惹かれたから。

娘は小さい頃から神様とお話しするのが大好きで。
*それが娘の空想なのか妄想なのか、事実はいいのです。
私も同じような子供でしたから。沢山の世にも美しい存在が見えましたし、本当にお話ししていた気がするし、今でも話しかけてくださる(ような気がする)し、どんな場所にも神様がいることを学び、感じて、大切に生きています。
我が家は全員、特別な宗教はありませんが、氏神様に感謝を伝えることをベースとしています。そして、他者をどうこういうこともしません。人は皆、まずは自分の心に神様が存在していると思っています。

ある日も、大好きな上野の美術館で『人・神・自然』という展示にご招待いただいて…
(*娘のあまりの美術館好き&美術館通いを知って、ある方から様々な展覧会のご招待を頂いていました)

世界中の厳かな神様方や常設の神様方と延々とお話していました(笑)💦
お昼過ぎに行ったのに閉館まで…105.png
「この神様はとってもおしゃべり。でも言葉が外国の言葉でわからないのよ。」
「この神様は寝ちゃってるの。隣の神様が笑ってる。」
「この神様は『よく来ましたね』ってちゃんと(外国の神様だけど)日本語で話してくださる」
(中には娘が言葉を交わすどころか怖くて近づけない神様や、神物もありました)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_14421463.jpg
その帰り、、なんとお空に如来様が現れて、あまりにくっきりハッキリ、お空にいらっしゃるので(如来様の周りには小さなお付きの存在もうっすら確認できました)、息が止まりそうになりましたが、1枚だけ撮影し、見事に如来様が映っている光栄な写真があります。
それは我が家の家宝として大きく印刷して飾ってあります。
(深い関係の人にはお見せしています)

娘はその後
私、如来様になる。
だから、心のお勉強をいっぱいするの(=髪の毛を伸ばす)。いつか螺髪ができて、悟りを開いて、如来様になるのよ。」

と宣言しました。
(なので、娘は髪の毛がとんでもなく長いのです)

娘が7歳くらいの頃です。
(この7歳というのも、私の中で話せば長い大きなキーポイントでしたので、納得のタイミングでした。)

ある日、「ママ!螺髪ができたよ!」と走って報告に来ましたが、「えー!!見せて!!」と確認するとそれはオデキでございました。

如来様への道は、まだまだ、まだまだなのでございましょう。

なんと衝撃的な、恐れ多い娘の夢ではありますが、
頭がブツブツのパンチパーマになった娘を想像しては、震え笑ってしまう私です。。
(無礼な物言いすみません)
しかも如来様の毛穴からは良い香りがするのだそう!
それは是非とも嗅がせて頂きたい。。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_14421601.jpg


そもそも留学は、当初から英語教育が一番の目的ではありません。
どうしても、留学というと『英語教育に熱心なお家』だと思われがちですが…違うのです。(いや、熱心なお家は素晴らしいです!誤解なきよう💦)
同時に、何かの置き換えや、対処でもありません。
娘は心配な環境でさえも、羨ましいほどに幸せを引き寄せて笑顔で過ごしてしまうタイプなのですから。。

一方、私個人の海外生活への目的は完全に様々なマインドにおける『対処法』であり、母子留学は色々な意味を兼ね備えた選択だった訳です。

さらに、それ以外にも私の思うところもあってのこと。
それは娘なりに感じている部分とも一致していて、人生の諸先輩方含め、周囲も頷く所でもあります。ここに関しては説明が大変なので割愛します。


我が家なりに、娘がどんな場所、どんな国籍・年齢の人とも楽しく過ごせ、日本を愛することも幼子心に大切にしていて(母国を学ぶ心は重要だと考えています)、娘自身の心に海の先の世界を知りたいという憧れがキラキラと拡がっているならば、そのタイミングを逃さずに、より豊かな学びや発見に触れさせてあげるべきだろうと思っています。
英語も、塾など特別なお勉強はあえてさせていませんが、ネイティブのソウルメイト(ILLYA)との素敵な交流も含め、生活の中でいっぱい触れていたので、当たり前のように興味があり、いずれは習得したいと考えているようです。
(海外で書道の先生になりたいようなので)

Penangへ視察へ行った際、娘は「私ね、ここでお勉強してみたい。だってこんなにいろんな神様に逢えるんだもの。」
そう、強い眼差しで言いました。
私の性格も教育も色んな意味で強烈ですし105.png都合のいい嘘をつきたくないし、細かくて厳しい(だから何かを伝えるときは何パターンも考え、フォローはいくらでもしたいと思う)、娘は目立った叱る部分がほとんどないタイプの子なので、わざわざ塵を見つけては指摘してしまうといった具合(爆)←私が逆なら嫌。でも、共に考える時間や叱る時間こそ必要と思うとそうなってしまう。
その娘となると親に従う、頼る、甘える、言いなりなパターンが見えてしまいそうなところですが、
娘は家族のルールや言付け、人間的モラルの部分は学んだ上で従っていても、驚くほどにはっきりと自分の意見が考えが定まっているタイプ。なので意見を聞くとそれが答えになって、道がすんなり決まります。
私も心が迷子になったら、娘に尋ねるようにしているほどです(笑)
ただ最後には「でも、ママがどうしたいかで決めていいのよ。それが正しいと思う。私はどこに行っても大丈夫よ。ママはどうしたい?」とも添えてしまうので、こちらはなんとも、言葉もありません…💧どこでそういった言い回しを覚えるのか、幼い頃から、とてもまっすぐでどっしりした言葉が飛び出します。
(日本のテレビなどを見ていないので、大好きな本や、米・英ドラマのセリフなども影響されているやもしれませんし、言い回しは、やはり私なのかもしれません。)

愛しい我が子である以上に、同志のような、守り神のような、一番のサポーターであるような、不思議な関係性です。それを周囲も十分に理解してくれているのがまたありがたい部分です。
(同じような気持ちで母娘関係を築いていらした人生の大先輩教授先生もいるので、これが特別な関係などとは思っていません。)
また、『生意気』とも違うのが、娘の1番の好きなところです。
強靭な軸の中に、いつまでもフワッとした幼さがプラスされていて、おしゃべりもおぼつかなさが残っていて(笑)
そのお陰でまだまだ、毎晩お風呂で抱きしめたい気持ちにさせてくれています♡
でも、最近はどんどん頼れる「大きな背中」になりつつあって105.pngお洋服も共有できちゃったりして、寂しくて寂しくて、成長する娘に切なさ全開。出来ることなら縮めたい。。。

私の思いと相反して、娘は主人の身長(178cm)を超えたいそうです。。。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_15012435.jpg
結局は私の直感と娘の直感が重なることが多いので、共に納得して前に進むのですが、
そこを主人が認めてくれて、母娘が描いたように歩めるよう支えてくれている、という構図が我が家の一番の要であって。
だから、私は何よりも主人に感謝し、彼を尊敬しているのです。

想いが織り混ざって、もはや得体も知れない涙が溢れる毎日なのですが(そしてその相手も主人と娘がするのですが)
彼がいうには「ちぃ(私)の祈りや願いがあるから、俺の生きる意味がある。ちぃが道を見極めて、俺が支えていく。」
なのだそう。

幼少から、強い祈りや願いはあっても、いつも何かが満潮で、(贅沢なお仕事を含め)頂いた運命をただ懸命にというだけであって、欲望と未来への夢があるわけではない私。
でも、見えない未来にも責任があることはとても意識しています。はなから謝れば済むという考えが大嫌い。(謝れない人間はもっとイヤ。嘘をついてしまうなんて絶対にない。)
だからこそなるべく悔い無くがむしゃらに燃え尽きるギリギリで、今を大切にしたいと思っている。
明日が来なくても、きっと後悔しないように。
いつもそこに立っている気がします。
(後悔のない人生なんてありゃしないと思ったけど…どうやら、あるようで。今はそこを娘から学んでいるワタシ、のようなのです。本当かしら?)

ここ数年は、よりハッキリと『自分の芸術(=人生)に反するもの…要するに見たくない、聞きたくない、関わり合いたくないもの』が心の中で素直にまとめることができるようになって。それはある意味とても苦しいことでもありますが、同じように考える方々にも恵まれていることに救われ、学んでいます。
そうしたことを避けることって、出来るのだけど、見えない精神力をとても使いますものね。。その精神力はもっと必要なところに向けていたいのが本音です。
(もっとシンプルで強烈な言葉で結論を表せますが、ここで記すことは誤解を招くでしょう。)

私の正直な心を誰よりも理解してくれている主人に生かされているとも言えますし、
海外で書道の先生なりたかったり、美術館を建てたいと言い出すし、まさかの如来様になりたいというぶっ飛んだ夢まである娘は私の中になかった『未来』そのものなのです。
さらには先日、私たち夫婦を「早く丸っと支えたい」という理想を持っているらしいことも言い出しました(笑)

そんな私なので記事の冒頭にある近い未来の構想を描くことがいろんな意味で大変であったというわけで。もちろんワクワクするものばかりなのに、選択の根本に私自身の人生があると思うと満潮の感覚が押し寄せる。でも、主人や娘、大切な人の為には、無限の力が湧いてくるので、未来が見えてくるのです。

主人なんて「俺、ちぃみたいに物事は視えてないかもしれんけど、随分先の、おばあちゃんとおじいちゃんになった俺たちの未来だけは見えるんや。」と胸を張って言いますから。彼の中にいる未来の私は、大切にしてあげなくちゃ。

やっぱり、私には彼で、彼には私なのですね。
未熟であっても、支えあって、学びあって、娘を眼を通して世界をみたりして、やっていくのかな。

誰かを愛するということは、自分を愛することに通じていると、本当に思います。
それが自分勝手で、押しつけの自己満足であるならば、全く真逆の関係になってしまうことも、いろんな場所、さまざまな形で学ばせてもらっています。
自分を正しく愛することは難しいことだけど、それを学ぶことが生きることなのかなと思います。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_15391779.jpg

そんな訳で(どんな訳で?)
今の娘の希望は『神様に囲まれたカラフルで素敵な島で学びたい!英語のお勉強もいっぱいしてみたい!』なので、それを心ゆくまで味合わせてあげたい想いと、私自身をニュートラルにすることも大きな目的で、飛び立ったのですね。
結果、予感は当たり、目的や願いは想像以上に叶った素晴らしい旅でした。

ペナンはシンガポールなどと同様、プラナカン(混血)の街。
(歴史の中に色々苦労はあったことでしょうが)やはり人と人が寄り添って、互いを認め合う多様性の意識がとても高い場所だなと感じられるのが、Penangの印象です。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_03324195.jpg
そもそもプラナカンという言葉はマレー語で『ここで生まれた子』という意味だそう。
マレー、中国、そしてヨーロッパ、多彩な文化を取り入れ、繊細で美しいものを何より好み、衣食住全てにおいて独自の文化を築きながらめざましく発展していきます。

ルーツや愛がさまざまで、固定概念を押し付けずに、命、存在に本当に平等であった結果、こんなにカラフルで優しい色の組み合わせが生まれていったのかしら、と。
他者を受け入れ、新たな世界を切り開く希望を持って生き抜く人々、プラナカンを象徴する、鮮やかな原色やパステルカラーの織り混ざったカラフルな世界は、視覚からも希望を感じさせてくれます。時を忘れるほどに美しく、心を離しません。

そして、まさに、娘の絵の色使いや世界観にどこか近しくて、余計に家族みんなで惹かれているのかなとも思うところです。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_03360558.jpg
そうか、娘の世界は、どこかプラナカンに通じていたのかな、なんて。

言葉の使い方、あってるかしら、まぁいいか(笑)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_03370992.jpg
「色が仲良しなのよ」そう言っていたこともあったっけ。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_03371331.jpg

そんな色達も仲良しで人と人が優しく認め合う素敵な街は、世界の神々も仲良しのようで。

小さな島ですから、幾つもの宗教が隣り合わせに存在して、右に中国、左にインド、ちょっと進めばまた違う国の神様にご挨拶が叶ってしまう訳です。

もともと、あちこちの国から集まった方々の信仰を自由に行えるようにと建てられている訳ですから、主にその国の方がお祈りに訪れますので、いっそう異国を渡り歩いている感覚になれるのですね。
まるで世界旅行をしているかのような気分まで味わえてしまう✈️

娘はそうした中で、沢山の優しさに触れて、小さな自分(当時7歳)を温かく受け入れてくださったことに感動して、笑顔や愛は世界共通なのだと実感し、ますます未来に勇気や希望が湧いたようでした。
そうした感覚を得ることが、人としての何よりの学びであるし、ここで学びたいと素直に思ったことを叶えてあげられたら幸せだろうと思い、このペナンの地に、留学しようと決めました。

なので今回、ここへ訪れるきっかけにもなった神様たちのいる場所へ、改めてご挨拶と、お祈りのお礼参りをするのが、母娘の大きな喜びでした。

今日は、前回も載せましたガーニーパラゴンという巨大高級ショッピングモールから歩いて行ける場所にある神様との時間を記しておきたいと思います。

モールから歩いて行けると言いましたが、それは今回の旅で初めて気がつきました(笑)
3年前の1週間ほどのステイでは、地理が頭に入っていなかったのですね。

モールの前の普通の道を歩いていると、突如金ピカの塔が現れます(笑)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23464635.jpg
地理が苦手な私でも、パッと島全体の地図が頭に入りやすかったこともこの島を選んだ理由でもあります。
(自分の頭の中で日本地図が真っ直ぐ横に並んでいるのは、新幹線の順番で記憶しているからだし。主人がすごい顔で呆れています。)
とはいえ、当時このモールは1度しか訪れておらず、さらに神様巡りは半日ガイドツアーで行ったので、島をぐるぐる回って結局把握できずにいました。

まさかこんなに訪れやすい場所に大きな神様方がいらしたとは!

到着!

Wat Chayamangkalaram
ワット チャヤマンカララーム 
(寝釈迦仏寺院)
煌びやかな、美しいタイ式寺院です。ですがタイ式でありながら、中国様式も取り入れられているというペナンでしか見られない珍しい寺院でもあります
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23464889.jpg
お天気が良いと、もうこの金ピカの大蛇様(7つの首があります)が眩しくて眩しくて、まとも目が開けられません(笑)
本当に刺激的なピカピカ具合です(笑)

なので、何を撮っているのか、撮れているのかもわからずにシャッターを押します105.png
さらに、金ピカのお陰で周辺温度が上がり(私はそうだと感じている)、スマホが暑くなってもう大変(笑)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23465048.jpg
前回も感動しましたが、鱗1つ1つが美しく、暑くても、眩しくても、うっとり眺めてしまいます。

こちらの大蛇様含め、像にはシャープな造りで怪我をするので触れないよう促すマークがあります。
でも手をかけて写真を撮る観光客もいて、「熱っ!」みたいな事になっている方々も。炎天下で、そうした危険もありますしね…

Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23465295.jpg
外にいらっしゃる神々だけでもすごいパワーを感じますが、中に入ると。。

どどーーーーーーーんと、33m
世界で3番目に大きな寝釈迦様がおいでです。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_01452637.jpg

寝釈迦様とは、単に横になって休まれているのでなく…涅槃の境地に達されたご様子を表しているもの。
(煩悩の火が消え、本能から解き放たれ、心安らか過ごしている=お亡くなりになった姿)

北に頭を向けて横たわっていらっしゃいます。これが北枕の所以ですね。

とてもゆったりと、優美なお姿で、癒されます。

そして、寝釈迦様の周りには、金色の僧侶様がいらっしゃいますが、こちらは、即身仏になられた、本物の僧侶様だそうです。
(自ら、生きたままミイラになられたということですね。)

即身仏の修行については、学生時代に自ら様々な文献を読んで学びました。


前回、中国人のツアーガイドさんから金箔を頂いて、周囲の方に習って、身体の辛い部分に金箔を貼らせていただきましたが、まさかこんなに近くで本物の即身仏に触れられるなどど思わず、失礼ながらレプリカだと思っておりました。。
私は強膜炎(目)、主人は、なんとステイ2日目からドリアン(コース料理でドリアンのマカロンが出て、私と娘の分も食べた)に当たってしまい、お腹が激痛で。
必死にお腹に貼らせていただいていました。

娘は、じっと考えて「私はお坊さんにはご挨拶だけして、このゾウさんに貼らせてもらう。お勉強ができますようにって。どこも痛くないしね。」と、そばにいた可愛い小さなゾウさんに貼っておりました。

その後、金箔を貼った箇所と、貼った手ががずっとずっと暖かくて、不思議な感覚。
私は、この寺院を出た瞬間に、フッと治ってしまったのです。
真っ赤でズキズキしていた胸膜炎が!治ってしまった!!!!!

主人は「俺、まだ痛い。。」と凹んでいましたが、
翌日には治りました。

あの僧侶様が、本物のミイラであったことは、その夜に知って、そういえばちょっと柔らかかった!と相当な衝撃でございました105.png

私は逆に翌日、ちょっと再発しましたので、毎日通えばよかったのかなと後悔。

ともあれ、衝撃の効果に、これはなんとしてもお礼参りをしなくてはと思いましたが、ステイ中は学校見学など、スケジュール的に叶うことがなく、ずっと心にありました。
なので、母娘で真っ先にお礼をお伝えしました。

Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_01452876.jpg

余談ですが、
私の母方の祖父は、亡くなる直前にベッドの上に正座をして「ありがとうね」と言った後に、そのまま亡くなったそうです。
それはまるで、即身仏のようだったと…

死の淵の最後の力を振り絞って、感謝を告げた祖父を、誇りに思います。
死に様は生き様。
私が生まれる半年前のことです。

そして、私が生まれた瞬間に、私を見た人たちが祖父の名を呼んだそう。それほど、似ていたのだそうです。
*赤ん坊とご老人はちょっと似ていますよね、という見方もあるかしら。。

さらに、不思議なのですが、祖父の記憶、正確には祖父が体験した出来事、見た景色が、私の脳裏に埋め込まれているような感覚なのです。
行ったことも無い場所を詳しく知っていたり、経験したことのないことがサラリと出来てしまったり、祖父の行きたかった場所に導かれるようにご縁があったりと。考え方も、突飛な角度からヒントが舞い降りてきたり。
それもまた都合のいい解釈であっても、そう思って祖父を愛することができる時間を、私は大切にしています。

こちらは、その側の動物さん達。
前回も仲良くしてくれたので、覚えているかしら?と112.png
Krisちゃんもご挨拶。

お釈迦さまが最初に説法なさったお相手が、鹿であったとありますから、この鹿さんは、きっとそうなのでしょう。とても穏やかで気高く、好奇心が旺盛な愛らしさもあります。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_01453027.jpg
こちらは前回できなかったので、是非にと。。

蓮の蝋燭でお祈りもさせていただきました。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_01453270.jpg
自分のお小遣いで、1人で購入。
どの蓮の花がいいか、じっくり選ばせてくださいました。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_01453619.jpg
火は、あの僧侶様から頂きました。

分けてくださる時に、娘にとても優しいお声で、お許しをくださったのだそうです。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_01453836.jpg
納骨堂でもありますので、仏壇に蝋燭をお供えをする方が多いのですが、私たちのような者も、心のままにお祈りして良いそうです。

蝋燭を大切に持ちながら、様々な神様にご挨拶。

この寺院の中では、一番お話をしてくださったのがこちらの小さな寝釈迦様と、その上にいらっしゃる神様だったそうです。
ペナンに戻ってきたことも含めて、お優しく受け入れて、娘の話をゆっくり聞いてくださったとか。随分長く、お相手くださっていました。。
「『お母さんとお父さんを、守っていただけますか?』って伝えたら『はい』って。声も素敵なのよ!」ですって。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_02353233.jpg
寝釈迦様の真裏には、干支や曜日の神様も。

自分の干支の神様を見つけるのも、楽しいですよ。
ポーズも皆様違います。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_02353403.jpg
壁面にはお釈迦さまの生涯が描かれていたり、高い壁面にはびっしりとブッタが彫り込まれています。
集合体が苦手な方には、ちょっとお辛いでしょうか💦
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_02353988.jpg
寝釈迦様の足の裏も圧巻です。
フットのネイル?もエレガントです。(いや、これはまた違うのかしら、これも螺髪的な何かなのかな。調べてみましたが、まだ辿り着いていません。誰かに教わりたい。)

次回訪れる時には、このネイルを参考にお願いしようかしら。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_02353716.jpg
ゆっくりと心地良く拝観していると、娘が「あちち」と。

見てみると、蝋が指に!
いつから?と聞くと「結構前からなの。でも、大事な蝋燭だから、指から下に落ちないように気をつけなきゃって。でもちょっと熱かったのよ。もう平気。」
なんで我慢してたの〜135.png

・・・娘らしいです。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_12014912.jpg
急いでどの神様にお渡しするかなんとか決めて手を拭きました💦
(娘は私の干支の酉さんにすると言いましたが、娘の干支の龍さんへお供えさせていただきました。)

お次は娘が前回も自らガイドさんに「あそこに行ってもいいですか?」と尋ねた祠(パゴダ)へ。
あの時は『ユウメイジャナイヨー』と言われても「娘はどうしても行きたいの、逢いたかったのよ」とズンズン進んでいたっけ(笑)

とても美しい建物。暑くなかったらこちらもじっくり拝見したいのに。もう本当に日光の刺激が凄まじくて、これまたちゃんと写っているか不明なまま撮影。
奇跡の数枚があってよかった(笑)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_13073411.jpg
またまたブッタ様に囲まれた世界。
とても派手な色の組み合わせなのに、中に入ると、不思議とリラックスできるのです。眠っちゃいそう(笑)

「ずっとここにいたくなっちゃう。神様もよくきましたねって、すごく優しいのよ。逢いたかったの。」と娘。

祠を出た後も「もう一度お邪魔してきてもいい?」というほど、お気に入りの場所なのだそうです。なんだか可愛がっていただいているお隣のおばさまのお家に行く時のような喜びを抱いていて、懐いてしまっているような感じ💦

祠を出た後の娘の顔が、またすごくスッキリしていて、神様によくしていただいたことがわかります。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_13073637.jpg
敷地内にあるアイスワゴンに観光客が集まっていて、私たちも買っちゃおうかと思いましたが、結構並んでいたので持参した氷水で凌いで、移動です。
タイからミャンマーへひとっ飛びしますよ!

寝釈迦様の向かいには、
ミャンマー式(旧ビルマ)
Dharmikarama Burmese Temple(ダーミカラマ ビルマ寺院)

こちらも煌びやか!これでもかと金箔を使用した、豪華ピカピカ、ペナン最古の寺院です。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_13212942.jpg
入口のガネーシャさん、とても魅力的でじっくり眺めたいところですが、露店の方に加え、(お金ください…と)娘にもググっと声をかけられてしまうことが多くて、ササッと撮影のみしか出来ません。娘はガネーシャさんが好きなのでそこは残念です。
*3年前の方が露店が多かったように思います。そこで娘もアクセサリーを購入しました。

敷地内へ入るとそう言ったことはないので、ドキドキしないで済みます。

右へ曲がると、、

高さ10メートルのお釈迦さまがおいでです!写真では伝えられないほど、圧巻の迫力です。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_13213196.jpg
娘は前回、こちらのお釈迦さまと沢山お話をいただいて、再会をずっと心待ちにしていました。

でも、娘の様子がどこか妙。。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_13213357.jpg
しばらく、見上げて動かなかったのですが、どうも娘の雰囲気に違和感がありました。

実は、前回は夫婦でこちらのお釈迦さまの前に座ってご挨拶することはしなかったのです。
娘があまりに長くお話させて頂いたいたというのもありますが(家族単体ではあってもガイドさん付きのツアー中でしたし)、なんというか、夫婦は立ち入らずに見守ろうという感覚でした。

「ママも、ご挨拶どうぞ…。」

そうね、今回はきちんとお礼をお伝えしなくては。。
娘が私のスマホでその様子も撮ってくれました。

頭を下げた後、ゆっくり見上げると、腕から下がブワッと熱くなり、腕が勝手に?という感覚で手のひらをお釈迦さまに向けておりました。
特にお声が聞こえたわけでもないのですが、バクンバクンと手に心臓があるような不思議な感覚でした。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_13213423.jpg
お釈迦さまの後ろの通路にはアジア各国の神様がいらっしゃいます。

日本の神様は一番端っこ。とてもふっくら、お優しそうです。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_14261397.jpg
…やはり娘の様子がおかしい。

どうしたの?お話くださったの?
と尋ねると
「ん、、、んん。」

声を詰まらせ、涙目に。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_14280968.jpg
神様が、私にお話ししてくれないの。
私は一生懸命、お話ししているのに、お返事がないの。頷いてもくれないの。
前はとってもたくさんお話ししてくれたのに。。何も、何も言ってくれないのよ。。他の神様はみんな、お話しなくても
頷いたり、にっこりしてくださるのに…」

と、ついに泣き出しました。

「イジワルで、無視をしているのじゃないの。でも、お話はしてくれないの。」と。

お姉さんになったから徐々に聞こえなくなってしまったのかとも思いましたが、先ほどのタイの神様達とは楽しく会話を交わしたようですし、
なので、ここの神様だけなのでしょうね。

と、全ての神様がお話ししてくださるわけではないと言っていたけど、
以前心を交わした神様から声をかけていただけなかったのは、大きなショックだったようです。

もう一度、一生懸命頭を下げて、お声を聴かせてくださいとお願いしていました。
やはり返答なしで、またメソメソ。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_15113456.jpg

外の鐘のある小さな建物へ行くと
私がニャンコに気がつきました。

お股をおっぴろげて大胆に毛繕い(笑)

まだしょんぼりの娘に教えると、ゆっくりと近寄って。
ニャンコもすぐに娘に近づいてくれました。

まだ涙が引いたわけではないけれど、ニャンコの可愛さに癒されている娘。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_15150946.jpg
手をかざしているから何をしているかと思ったら、ひさしを作ってあげていたのね(笑)

ニャンコもリラックス…
コラコラ、私のスカートに潜らないの!103.png
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_15173214.jpg
とても綺麗な顔立ちの、可愛いニャンコ。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_15183874.jpg
すっかり、娘の涙も引っ込みました。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_15190738.jpg

いっぱい遊んで、くつろいで、そろそろ行こうかと立ち上がると、ニャンコも立ち上がって。

まるで「ちょっとこっちへいらっしゃい」と言っているかのように、先を歩いては、振り返ります。

娘が「神様よ。この猫ちゃん、神様がいる。」
私も、全く同じように感じました。

もしかしたら、あの巨大なお釈迦様が、このニャンコの身体を少しだけ借りてくつろいでいらっしゃったのかもしれない。だから、不在だったのかしら?なんて。
ニャンコに導かれるように、敷地内を歩いて、さまざまなユニークなオブジェの紹介をしてくれるように案内してくれました。
(敷地内はテーマパークのように沢山の不思議なオブジェがあり、前回のガイドさんが省いてしまったエリアなのであまりわからないけど、ビルマ風と呼んでいいのかしら、ミャンマーの想像上の生き物など、とてもユニークな世界が拡がっています。ニャンコに導かれて歩いていて、写真を1枚も撮っていないけれど。次回は撮ろう!)

あるところまで行くと、ニャンコはピタリと止まって私たちをじっと見つめ、日光に照らされ微笑んだように見えました。
そのまま、ずっと動かない。

母娘2人は「ここでお別れだね。」「ありがとう。」とその場所で猫ちゃんとお別れしました。

「…ママ、神様がね、もう泣かないでねって、言ってくれたような気がしてるの。」

「うん。ママもそう思う。」

あの巨大な神様なのか、
はたまたメソメソする娘を不憫に思った通りすがりの神様が、慰めてくださったのか、ニャンコそのものが神様だったのかしら?
これまた全部全部、私たち母娘の都合のいい解釈であったとしても、大切な思い出です。

何も説明せずに、主人に『今日の報告』で写真を送ったら「この猫ちゃん、神様みたいだね!」と言ったので、やっぱりそうだったのかもしれない110.png
あ、だとしたら、スカートに潜ったのも神様だったの!?(笑)

次回もまた、この猫ちゃんに会えたらいいな!

優しい神様達にまた癒された旅でもありました。
今回は2つの神様だけご紹介しましたが、
他にもイギリスの教会や、ヒンズー教寺院、イスラムモスク、中国のクー・コンシー、そしてコンドミニアム内にも小さな神様がおいでで、至る所で世界の神様に逢うことが叶う、本当に魅力的な島です。

私は幼少から神社仏閣で過ごすのが大好きで、大学でも神がかりの授業(変わってるでしょw)もとってお勉強していました。
実は氏神様とも、私の生まれに関わる重要な接点があるのです。

でも、娘は私以上かもしれない(笑)

私の周囲も特に同じ感覚の人が多いので、こうした報告をするともっともっと知識を高めて、次回訪れた時はさらにディープな学びを得られたらと思っています。今回はあえてあまりのめり込みすぎないようにしていましたので💦

という訳で、ペナンの神様のお話はここまで。
家族それぞれのマインドに少し触れながら書いていたので、話があちこち飛んでいたけど、私の中では繋がっていて、留学はとにかくそこありきの日々なので。。


さぁ、可愛い教育現場の生徒ちゃん達との、
新春!笑福!お稽古初め!の様子といきましょう〜!

まずは、嬉しいお年賀はがきをご紹介。

毎年、まるで畳の目の如く小さな文字で愛をギュギュギュッと詰め込んで、表の宛名面にまで到達している子もいるほど、想いを届けてくれる子が多くて、大感動!
もちろん、クオリティの高い美しい絵を全面に描いてくれたり、ご家族様との様子を含めたきちんとしたお葉書をくれる子もいて、それぞれの個性がしっかり感じられて楽しくワクワクします。
それに、卒業生ちゃん達からも、今でも沢山届きます。
近況報告に胸が熱くないながら、エールを送りながら読んでいます。


現役ちゃん達に「今年、私にしかお年賀状を出さなかった人〜!」と聞くと、半分いかないくらいが挙手。
やはり、ハガキ離れしていますよね。。

でも、「ずっと前から先生へのお年賀状の構想を練って、楽しみにしていました!」と書いてくれる子も145.png
いい機会だと思ってもらえていたらと願っています💦

もちろん強制では全くないので(ハガキ一枚、お金が発生していますからね)本当に、気持ちでいいのよ…と伝えていますが、年に一度、こうして一人一人と交流ができるのはとても嬉しいことで、大切にしているところです。


それこそ全部ご紹介(いや、親バカならぬ、先生バカの自慢?)をしたいのだけど(笑)
プライバシーも守りつつ、可愛いイラストを添えてくれた子のイラストだけを切り取って、今年も思い出に残しておこうと思います!

うわぁー可愛い!!
全部手書きです♡.*˚

リアルな絵は額に入れたいほど美しいし、フニャッとした小さなイラストも味わいがあって可愛い!鳥獣戯画風のうさぎさんも渋くていい!そうか、マイメロもうさぎさんね♡
今年、娘のラッキーカラーはグリーンだと本人が勝手に決めているので(笑)、緑のお着物の絵も娘がすごく反応して喜んでいました♡
今の娘の浴衣も若草色のツモリチサトブランド。普段着用のお着物でも緑系で作ってあげてもいいなぁと思っていますが、私の成人の晴れ着もウグイス色だし、他にも数点緑系のお着物を持っています。母娘で緑系の和服が好きなのね(笑)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_21391170.jpg
隙間を見つけて、うさぎさんで埋めてくれていたり、どれも本当に可愛いです113.png

そうそうある子は絵ではないのだけど「この言葉を見た時、お母さんと素敵だねと話したので、安間先生にもこの言葉をお贈りします!」と『笑門来福』という言葉を添えてくれた子もいました。お母様とのほのぼのした様子も浮かんで、いっそう胸がポカポカです♡

それに!おみくじよりも早く、笑顔が大事という言葉を贈ってくれていたのですね。この生徒ちゃん、実はそれこそ巫女さんのような香りのする子だったので、そういうことかしら??うふふ。

飼っているウサギさんの写真も、ワンちゃん、猫ちゃんもすっごくすっごく可愛い。なでなでしたい。。

Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_21371612.jpg
主人は「みんな上手やなぁ、この子なんて、ここに大根を添えたとこがまたセンスええよね!」

・・・ダ、イ、コ、ン?

ニンジンですけどっっ
141.png141.png
大根ってどんなセンスやねん!

という、主人のボケボケを該当する生徒ちゃんに伝えたら「うさぎさんは大根も食べますから、大根でも(笑)」と譲歩してくれていました。さすがです。いつか主人に直接ツッコんでもらいたいところです(笑)

そして、卯年=ちくびウサギと、
ちくびウサギを添えてくれた子も沢山!
嬉しい。嬉しすぎまーす!!


こうやってみると、いろんなちくびウサギがいるなぁ(笑)
どれも全部、絶妙にちくびウサギだなぁ(笑)

今年のナンバーの中折れハットを被っている子もいるし、縁起のいいナスビまで持ってる!
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_21560633.jpg
思わず吹き出しちゃうほど、ツボるちくびウサギもいて、最高です。

全員に、ちくびウサギ大賞を差し上げたい!
ちくびウサギグッズも配りたい110.png

*ちなみに、生徒ちゃんだけでなく、普通のお友達やお仕事関係の方々もちくびウサギを描いてくださったり、そのネタを添えてくれたりと、皆様の中にちょこっとでも存在していることに感激でした145.png145.png145.png

『ちくびウサギ年』とまで書いてくれている子もいて、私、自分のWinter Greetingにもそう表現すればよかった!!
娘の強烈なウサギのデザイン書道に持っていかれてしまいました(爆)

その分、こうして可愛いちくびウサギちゃんがみんなのハガキの中で生きてくれていて、最高に幸せです。本当にありがとう!!
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_21560993.jpg
ある子は、写真家を目指しており、修学旅上で撮影した中から厳選された美しい海の写真を添えてくれました。
ハガキにプリントすると画質が落ちて、輝きが伝わりにくいと無念も書いてありました💦
プロを目指している子ですから、納得しきれないものであれば、ここにはアップを控えようかと。でもその写真達は十分に、彼女の澄んだ瞳を通して広がっていたであろう美しい景色がリアルに想像でき、感動しました。
いつだったか、彼女が『先生の作品(お稽古風景)を、お勉強のために撮影させていただいていいですか?』と、丁寧に伺いに来た時の可愛いお顔も浮かんで、いっそう愛おしくなって。きっと素敵な写真家さんになることでしょう。いつか、彼女の作品を載せる日が楽しみです♡

こうして、すでに夢に向かっている子もいれば、無数に輝く星の中から夢を探して駆けている子も沢山いて、いろんな想いを綴ってくれます。
泣けるほど、美しい言葉を紡いで届けてくれる子もいれば、笑ってしまうほどユニークな表現を届けてくれる子も!
(恒例のアイウエオ作文で卯年を表現した子も♡)

さらにはペナンの記事を読んだ感想を書いてくれる現役ちゃんや卒業生ちゃんもいて、とっても嬉しかった145.png
本当に、毎年宝物が増えて幸せです。ありがとう。


さて、2月の大会への集中稽古に入る前に、毎年必ず行っているお稽古初めのお遊び会!
これがとても大事なのです。

やはり、年始はみんなで思いっきり笑って、沢山福を呼び込まなきゃ!
生徒ちゃんが贈ってくれた通り『笑門来福』実践です!

という訳で、年始最初のお稽古場へ行くと。。
駐車場に迎えに来てくれた幹部ちゃん達がすでに可愛いうさぎさんに扮装していてネタバレちっくでしたが(笑)
「先生、動画のご準備、お願いします!」と撮影するように促され。(素晴らしいアシスト)

チャン、チャチャチャチャ、チャチャチャ〜ン。
(お正月の定番音楽が流れ)

「あけまして、おめでとうございまーす!」ペコリー。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_22210670.jpg
お辞儀したら、ほとんどの子がカチューシャ取れましたけどね(笑)

さらに、同時に学校見学の中学生さん(保護者込み)が団体で通りがかり「よりによってこんなふざけた時に!」とみんなで焦りましたが、新年のきちんとしたご挨拶を干支を取り入れながら行っているところでございました。。と必死に案内担当の先生に説明してワタワタしたのも楽しい思い出となりました(笑)


私もウズウズして、一番本格的な被り物をしてきてくれた副部長のうさぎさんを借りて、さらにぬいぐるみちゃんも参加してもらい、撮影しておきました。
欲しいなぁ。これ、いいなぁ。あったかいし。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_22211058.jpg

今年の一発目の発声練習は(ダンス部は総合エンターテイメントなので発声、大切です!)
「ピョンピョンピョーン!!」
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_22210874.jpg
お次は、体を温めるべく『出逢ってビックリ、ジャンプでピョーン!』

ダッシュで相手を見つけながら、アイコンタクトで息を合わせ、元気に「ピョーン」と声を出して同時にジャンプしていきます。

うさぎさんめ、どこに居ても主役だなぁ。。
しかも手足長すぎモデルさん体型なので、余計に目立ちます(笑)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_22392212.jpg
お次は、
『だるまさんがころんだ』をアレンジしフリーダンスを取り入れた、盛り上がるストップモーション遊び。
『ダンサーは転ばない』です(笑)
教育現場ではこれまで違うパターンでやっていましたが、他の現場でやっているパターンでトライ。

みんな私がランダムに流す曲に合わせて、フリーダンスを繰り広げつつ「うさぎさん!」「サッカー選手!」などという言葉に合わせて片足でポージングして止まります。

どう見てもうさぎに見えなかったり、動いてしまったりしたら脱落。
ただし、正当な(もしくは面白い)『言い訳』ができたらクリア(笑)

「安間先生」というお題でストップしているにもかかわらず、足先がフレックスになっていた子がいたので尋ねると「踊りながら足元だけサッカーをする安間先生です」と堂々と答えたので、その回で優勝に選ばれました103.png
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_22400930.jpg
各ゲームの勝者にはとってもささやかな、賞品もあるのですよ(笑)

今回はPenangのヘンテコおやつ達ですけども。。

お次は『お尻競争』
ヒップアップ効果抜群でございます。

簡単そうで、距離があると結構大変で、人によって随分差が出てそこがまた面白い(笑)進まなくても、可愛いのでなんでもいいのです(笑)
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23374276.jpg
こちらは『ムツゴロウ競争』

匍匐前進ではなくて、しっかり上半身を反りあげて、腕だけで進みます。
これもきついですが、体幹も鍛えられていいですよ〜
体の構造上、得意ではない、痛い子は無理は全くさせません。
練習の時点で天を仰いでいる子もいますね(笑)

派手にバランスを崩し途中で脱落したり、諦めて真っ直ぐ伸びきっている子もいて、やっぱり可愛い♡(笑)
リーグ戦で競争するので、なかなか白熱します!応援席も賑やか!
2年の優勝者ぶっちぎり、次元の違う速さで、これまた爆笑103.png103.png
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23374699.jpg
こうしたゲームでは1年生が率先してゴール係を元気に引き受けてくれたり、そうした気持ちのよい行動力が空気をより明るくしてくれていて、嬉しかったです。
2年も、きっと安心したことでしょう。

遊んでいるようで、いや、遊んでいるのだけど(笑)、一人一人の本質や良い面が沢山知れる、貴重な時間です。

毎年クリスマスあたりから来年度(1年生達)の風が吹き出します。
その豊かな香りをこぼさずにキャッチしようと努めつつ、彼女達のカラーを知るたびに期待でワクワク、ニマニマしております。
来期はこれまた、素晴らしい流れが来そうですね114.png


こちらは『なんでも色鬼』
色だけでなく、水玉、ザラザラ、個人名など、なんでもありの色鬼です。
私の持ち物もよく見ていてくれるようで、キラキラ、と言ったら私のストラップに飛んできた子、モシャモシャと言ったら、私のファーセットや、ストールの端っこを掴んだ子もいました(笑)可愛い。何しても可愛い。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23374865.jpg
そして、毎年私の名前を最後に出すのを知っていて、ジリジリ近づいてくる子達。。怖い!怖いよ!

すごい速さで駆け寄ってきてくれました!
可愛い!怖い!可愛い!全員抱きしめたい!でも怖い!

みんな豪速でやってくるけど、40過ぎの私を労って優しく抱き抱えようとしてくれている(笑)

結果、部長ちゃんがそっと手を差し伸べて、私の手をお姫様のように包んでくれました。
なんと癒される。。。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_23491991.jpg
最後は『言葉遊びゲーム』
演劇のインプロ(即興演劇)なんかのお稽古の時に、体ならしにやったりします。
失敗したときは脱落を免れるために、得意芸やネタを披露したりしてもOK(笑)
2年は昨年度経験しているので、この日のために渾身のネタを用意してくれている子もいました。素晴らしい!!

結局、ネタがメインみたいになっちゃってますけど(笑)
ある子は「初公開のネタです。前にお母さんがやってみたらって言っていたので、家で1人で練習しました。」とまさかのお母様発進のネタを披露してくれる子も。

お年賀状にリアルな美しい絵を描いてくれる子は、動物の声モノマネがあまりにクオリティが高くで、何においてもそういう子なのだなぁと感心したり(笑)

仲間を救済すべく、ネタを提供するケースや、便乗してどんどん増えるケースや、何度も前に出てくるおもしろキャラも登場します103.png
ただただ私への愛を表現した子は、合格かと思いきや、同期のジャッジウーマンが無情の×を出して、脱落。私は可愛かったから好きなのだけども(笑)あはは
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_00022523.jpg
寸劇を披露する子、お笑い芸人さんのネタに挑戦する子、アクロバット、オリジナル芸などなど、バラエティ豊かで、1年も2年も、遠慮せずに思いっきり披露していて、とても素敵。でも、楽しくて終わりが見えません(笑)

Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_00022309.jpg
後半は救済レベルも上げて、速度も上げて、ガンガン脱落させて(笑)
3名が優勝!!

最後は、私からのささやかなお年玉お菓子を配って、終了です♡

沢山笑いました〜!!
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_00070321.jpg

2年生は残りわずかになった現役生活を余すことなく、そして悔いのないように青春を駆け巡ります。
年明けからはまた面白いくらいに個性が弾け出し、スパークし合っている。
まだまだ磨き甲斐のある、伸び代だけけの素晴らしい素材達。

ここからがまた勝負だ!

そうそう、年賀状には、
『悔いなく学び、観てくだささる方や、家族や友達、そして安間先生を絶対に感動させることを誓います!』
なんと数名が上記のような表現で意思表明(宣誓)してくれていました!146.png

そうした言葉でなくとも、同じような強い熱意がひしひしと伝わる文面に、1、2年生が一丸となって山のてっぺんを目指していることを感じます。
とてもいい状況ですね。

こちらも指導の勢いを今一度あげて向き合います。

学生ですもの、波もあるし、色々ある。
ずっとずっと全速力じゃヘトヘトになっちゃいますね。

上手に休憩しながら、
共に笑って、泣いて、また大笑いして…

共に山を登って、その先に拡がる美しい景色へと辿り着きたいと思っています。
楽しみでなりません。




そうそう!!
今年、成人をした代の子達からも、年賀状が届き、綺麗な晴れ着姿にニッコリです。
晴れ着ではなく、文字でハガキの全てを埋めてくれた子もいます(笑)

毎年、成人した子達から連絡をもらうたびに当時の写真を見返しています。
せっかくなので今回はその代(16期)の子達との思い出の爆笑お稽古初めの様子を。
もう笑門来福どころか門をバッカバッカ開けちゃってる感じでしたね(笑)

この代までが、マスクなしのお正月だったのかぁ。。145.png
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_00332817.jpg
何をするにも激しい代で(笑)
この日も、全員で壊れちゃうほどに笑い転げていたなぁ106.png103.png
本気のハカのパフォーマンスを見せてくれたりして(笑)
(ハカ…まさにニュージーランドだ!)

今でも、笑いたくなったら、彼女達のお笑いネタを見返したりしています(笑)104.png104.png

当時の顧問の先生も普通に写真に写らないヤンチャさんで、少年のような人(爆)
昭和の古き良き教師の香りをちゃんと引き継いでいる、とても貴重な素晴らしい先生です♡
タッグを組んでいる間は、逢うたびに一緒に笑い転げて、時には2人で一緒に生徒ちゃんたちに雷を落としていたなぁ。。。

現在は育休中で二児の母。
今でも定期的に電話をしていて、盛り上がっております。
もはや大事なママ友です(笑)



そして、私が彼女達に贈った作品は『Classy women』という、洗礼された女性達の力強い旅路を描いたもの。
普段の最強はっちゃけた子達が、この作品に向き合う時はまさにクールビューティー。象徴的な長いコートをなびかせ、しなやかで芯のある女性の美しさをしっかり表現しており、堪らなく素敵でした。狙いはバッチリ、こちらの描いた以上の美しさを堂々と放っておりました。

でも、彼女達は、コロナ禍の最初の打撃を受けた子達でもあって。
プロのスタッフさんに明かりを当てていただく貴重な外部出演のチャンス、ずっと描いてきた夢を目の前で打ち砕かれ、その後もこれでもかと沢山の壁にぶち当たって、一緒に泣いて、一緒に必死に壁を突破していきました。

この代もまた、生涯忘れることのない、大切な宝物です。

成人、本当におめでとう。
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_00333039.jpg
こうして卒業した子達の懐かしい思い出を振り返ると、彼女達の声や笑顔が鮮明に蘇り、心が愛おしさでいっぱいになりますし、もう大人になっちゃったのかぁと寂しさもいっぱい。

そして、今目の前にいる可愛くでしょうがない今期の子達も、あっという間にそんな時がやってきてしまう。。
いっそう全力で愛し抜くぞと、強く誓います。



私の初夢は

「一番すごい神様に逢いに、家族でなんだか笑い合いながら、ものすんごい階段をゼーゼー昇る」という夢でした(笑)

階段が、まぁすごかった。
でも、他にも登っている方々がいて、みんなニッコニコしてるのです。

ものすんごい階段を昇る道中に、いろんな人が代わる代わる登場して笑わせてくれるのです103.png
そういえば、教育現場の生徒ちゃん(しかも1年生)まで登場しました。
これは、何か予知しているのかもしれませんね。
来年度の面談で、絶対にその子に伝えよう(笑)

(他にも書けないような、面白い登場人物も!)

では、最後に。
(今回も長かったですねー!)

娘のデザイン書道。
『卯』
Penang母子留学⑦〜留学という選択。人も神様も優しいプラナカンの島〜 (+笑門来福・お稽古初め!)_d0224894_00474941.jpg
・・・ちくびウサギが負けちゃう感じ、わかりますかね。。

しっぽがちゃんと『卯』になっているのですよ。しかもちょっとモショッとしてて、リアルで好きです。偶然のようですが(笑)

正確には、『一加うさぎ』なのです。
顔が、完全に娘ですから。。
人面ですもんね。


さぁ次回、Penangの記事はラスト!
そして、もう2回はSingaporeです!


ニュージーランドまでに絶対終わらせる166.png

では!


by chihiro_anma_ex | 2023-01-19 12:29

【安間千紘公式ブログ】


by 安間 千紘
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31