娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。

こんにちは。

あっという間に3月も終わりに近づいて。。

娘も無事に小学3年生を終えました。
週末は新学期の準備を兼ねて、色々整理。
大きな収納ケースに3年生の思い出を目一杯詰めました。


本日は枕話を控えて。。
今年度も宝物のような小学校生活を頂けたことへの感謝から、お届けしたいと思います。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_21560120.jpg
情けないのですが、自分自身、幼少からの学生時代のトラウマがあまりに大きくて、我が娘が小学校に上がる前から、フラッシュバックが始まりとんでもない緊張と不安でいっぱいだった『私』

悔しくて強がって、それに代わる大きな幸せや喜びや、(家族との時間・芸能のお仕事を含め)素晴らしい出逢いや経験で悲しみを覆ってきたとはいえ、若く多感な時期に得た衝撃は、思うように消えてくれないものです。
私の母も、今こそ、悔しがっております。

ですから娘にはどうか、自分と同じような気持ちは経験して欲しくないと祈って。。。私とは違う世界へと導きたい一心でした。
(娘の人生である以上、同じなんてことはありはしないと分かっていても、深い部分で拭えないのです。)

それを幼心に深く理解していた娘は私の全ての霧をかき消すように幸せそうな日々を送り、学校も芸術も愛し、周囲の人々、そして自分を大切にしながら、毎日、まだ知らぬ輝きに導いてくれています。


それが叶っているのは、小学校の環境の良さも大いに関係していると実感しています。
入学ギリギリまで沢山考えた末、この学校を選んでよかった…。

「私はどこでも幸せになれるから、心配しないで。ママ、大丈夫だからね…」と真っ直ぐな眼差しで話してくれた、小さな娘の言葉が最大の後押しとなったことも、忘れてはいません。

『ちゃんと自分で幸せになる努力をするよ』とも聞こえ、まるで使命にも似た強さを感じてしまい言葉にならない気持ちにもなりましたし、同時に子供のうちは親や大人がレールを敷いてあげることも必要ですが、どんなに幼くとも、己の心に従って強く生きる選択を持つゆとりを与えてあげなくてはならないものだとも。

でも、彼女はどんな時も自然体です☆*°
*時々「考えちゃって心が痛いの」と私にくっつく時もありますが…


1年生、2年生も素敵な担任の先生のお 陰で、心から安心して通わせることができました。
それぞれ娘の心身の成長にとってもマッチしていて…いえ、そう一人一人と向き合っていらっしゃるのですよね。

1学年の時の担任の先生はお若かったのですが2学年の担任の先生を「私、とっても尊敬しているんです。」と仰っていて、そんなお話を聞かせてくださるのも嬉しいものですし、先生同士のご関係も温かいことにいっそう信頼につながっておりました。


そして、この『3年生』も
心美しいM先生と出逢い、娘、そして家族まるっと愛して頂き、本当に幸せな日々でした。
M先生が娘のノートに毎日のように書いてくださる丁寧なお褒めコメントは、全てまとめてコレクションしたいくらい、素敵なものばかりです。


今年に入ってからは、「あと何日しかない…」と先生と過ごせる日をカウントダウンしていた母娘。
少しでもそばで学びたいと思える空間を創ってくださったこと、感謝という言葉では足りません。

本当はクラスの中でも色々あるでしょうし、導入された新様式への対応にも少なからずご苦労なさったはず。優先順位を見極め、様々な手段で子供たちを愛していることを伝えてくださっていたお陰で、子供達の良さが引き出されていたのだと思います。

最終ウィークのある日。
娘は、放課後、人が少なくなった瞬間を見つけてM先生に駆け寄って「さようなら」の後に抱きしめさせてもらったのだそうです。
(てっきり抱きしめてもらったのだと思ったら、抱きしめさせてもらったのね!)

M先生も「どうしたの?」と抱きしめ返してくださったそうです。

「寂しくなってギュッてしたくなっちゃったの」と言うと、M先生は「そうかぁ…また明日ね…♡」と笑顔でバイバイしたとのこと。


ですが…その明くる日から終業式までの数日、先生はお元気ですが大切なご家族様の関係で出勤が厳しくなってしまい、まさかの最後の日まで会えない事態に。。

「また明日ね」はなくなってしまったのです。

M先生は、不思議と勘が働かれたようで(さすが!)ちゃんと前日に生徒一人一人に事前に綺麗なお手紙を渡してくれていて、心を埋めてくれていました。。

クラス全員寂しくてしょうがなかったようですが、大好きな先生に心配かけまいと、他クラスや他学年の先生方にフォローをいただきながら、様々なお片付けをしたそうです。それをクラスから時折ミュートなどで繋いでご報告できたとのこと。

娘も思いがけない状況に寂しさを隠せない様子でしたが、
「ママがいつも言ってるようにね、思った時に愛を伝えなきゃいけないってことがよくわかったよ。。。会えなくなっちゃう前の日にね、先生を抱きしめることができてね、本当によかった。。大好きなお教室でね、そこでギュッて出来て、嬉しかったのよ。」と言っていました。
(娘は話し言葉の中に大量の『ね』が入ります。私もそうなのかしら?)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_23140547.jpg
娘のアンテナが、ふと反応したのかもしれませんが、
本当によかったね。。。

いつも『明日は何が起こるか誰にもわからないから、愛や、感謝や、美しい言葉、伝えたいことは思った時にちゃんと届けようね。誰に対しても。』そう伝えています。

私自身、幼い頃の自分の中に後悔があるからこそ、ずっと継続し実践していることです。
(突然逢えなくなってしまった大切な人、少なくありません)
いつか言おう、明日でいいかな、が叶うなんて保証はありませんし、振り返った時にはもう世界が変わっているかも知れません。

ですが、そうわかっていても、全ての人に想いを伝えることは難しい。だからこそ、そのチャンスがいかに恵まれているかということです。


娘が先生と専科の先生にお礼状をお渡ししたいと言って少し前から用意しており、終業式に持参しました。
でもどうしてもM先生に直接お渡ししたくて、日を改めることにし、娘は持ち帰ってきてしまいました。春休みに伺えたらいいなぁと思います。

(デザイン書道を活用したカードのデザインはPCで一緒に作成。作品はスキャニングして、写真配置も娘が選びます。自宅プリンターでのスキャニングでも墨の風合いがリアルに読み取られます。)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_17502931.jpg
最後の日は、娘のクラスに1年生の頃の担任の先生がいらっしゃって(その先生は6年生を担当されていて、もう卒業したので手が空いて娘のクラスのフォローをされていたみたい)。
さらに、2年生の時の担任の先生は同学年の他クラス担当なので、このクラスも最後までサポート頂き、生徒達も安心して過ごせたようです。

担任のM先生は帰りの会にミュートで登場。

偶然にも娘が3年間関わった全ての先生に見守られての最後の時間となったみたい。なんて贅沢な。

そして、最後に「みんなからサプライズで〜す」と
子供達が自発的に作成したM先生へのお礼動画も上映したそう!
*きっと他クラスの(娘の2年の担任の)先生が編集などもしてくださったのじゃないかしら…急なこと、ましてや年度末で大忙しの中、素晴らしすぎます。想いをサポートし即座に叶えてあげる、まさに教育です。そういうことを、子供達はちゃんと心で見ていることでしょう…。

M先生が、生徒や保護者からはもちろん、先生方からも慕われていらっしゃることを感じ、胸がいっぱい。

帰宅時間になってもミュート画面はなかなか切られることはなく、生徒達が集まって、お別れを惜しんだそうです。
*先生は数日お休みなだけで、来期もいらっしゃいますから、またすぐ会えるのですが💦


娘の心身には、抱きしめさせてもらった時の先生の温もりや柔らかい感触がまだ残っているようです。
何よりの贈り物です。

私も先生に抱きしめてもらいたかったな、なんて。
それくらい、感謝でいっぱいです。
寂しくて涙が出ちゃう。


そして娘は昨日「あのね、夢でね、M先生と、みんなでお教室でね、よくわからないけど、楽しく過ごしているっていう夢を見たの。大好きだから、寂しくって、そんな夢を見たのかもしれない。。」
と言っていました。


本当に、1年間ありがとうございました。

でも「また先生のクラスになれる気がしちゃうね!そうだといいねぇ。。」と家族みんなで何故かワクワクしています。うふふ。

M先生みたいに明るく可愛いラナンキュラスを見つけたので、思わず選んで飾りました。

ラナンキュラスの花言葉は色によって違いもありますが全般では「とても魅力的」「晴れやかな魅力」「光輝を放つ」…まさにM先生へ贈りたい言葉です♡
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_18185143.jpg
帰りは違うクラスの男の子と少しの間一緒に歩いたのですが「今度はさ、一加ちゃんと同じクラスになれたらいいな。」と言ってくれました。嬉しいね♡

そして、3年間ずっと同じクラスの男の子も教室で「僕たちさ、卒業までずっと同じクラスになれたりして、そうだったらいいよね!」と言ってくれたのだそう。
こちらもまた嬉しいですね…♡

また泣けてきちゃう。
新学期が怖くて、ため息ばかりだった『幼い頃の私』も一緒に、笑顔にさせてもらえているような気持ちです。


最後の休憩時間は、他クラスの男女や先生も交えて、大勢で鬼ごっこをしたのだそう。

来年もきっときっと、素敵な1年になると信じています。
元気に、思いっきり楽しんでね!


そうそう。
今回の『感謝』デザイン書道は久しぶりの新作。

今年に入ってから『文字遊び』の時間が取れず、娘も溜まってしまっていたみたい💦
もう楽しくて楽しくて、興奮して描いていました。

『感謝』は一発書き!
「ここは、、ほにょほにょ…っと可愛くしちゃう。こっちは色を変えてすぅー…♡」と大きな独り言を言うあたりは、私そっくり、一人っ子の特徴かしら(笑)

集中してて、指が立ってる(笑)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_18080589.jpg
この日は他にも数点描きました。

1つはちょっとこれまでと違う三文字の作品ですが、そちらはまた特別な方への贈り物ですので、また今度。。。

それ以外の作品はこちら。

幸せな言葉達を集めたいとのことで、娘が色んなワードで検索し「これ!」と決めた文字達です。

『慶』
青いラメ筆ペンは、光の加減で緑色にもなって娘のお気に入り。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_18080683.jpg
『心をこめて』
『喜』
*喜は渋いシルバーを使ったことで、ちょっと『おじさま風になった♡』とのこと。確かにダンディーな感じ(笑)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_18271849.jpg
そして、これまた良いのが生まれました(笑)

『輝』

金の筆ペンが、絶妙に墨と溶け合い、まるで錦鯉の鱗のようなものが現れました!!
横で見ていて大感動!!!縁起良さそう!!!

「ママ、お魚さんが生まれたよ!!ヤッタァ!!!!!」と本人も大喜びの大満足♪
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_18272146.jpg
親バカとしては、作品が産まれる瞬間を残したいと思うのですが、撮られるのも集中出来なさそうなので、シャッター音が出るところ?を指で塞いで激写しています(笑)

でも、横で一緒に興奮して撮りそびれちゃうことばっかり…(汗)


さて。
そんな幸せな終業式の日は、私も予定が2件変更になり、完全オフになったので…
娘と映画見よう!と。

馴染みの新宿ピカデリーのラインアップを見てみると。。
二人で同時に「コレでしょ!!!」と即決(笑)

『(字幕)ボブという名の猫2 幸せのギフト(A GIFT FROM BOB)』
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_20090140.jpg
1時間以上前に到着し、驚くほどに大混雑のロビー会場。

見事に若い女性ばかりだったので、誰か目当ての俳優さんの作品があったのかな??

で、私たちが観る作品の直前はこんなガラガラに(爆)↑
ついでに、1時間前に買ってしまったので、ポップコーンも半分以上食べてしまってお土産が少なくなっちゃった(笑)

同じ作品を観る人はいないのかな?と
「あのかたは、ボブ(主人公のニャンコの名前)を観るのかな?猫好きさんなのかもしれないね♡」と娘が嬉しそうにこそっと話した直後に違うスクリーンへ(汗)

母娘の希望は『とにかく空いていること』なので、そこの希望は叶って、私たちのスクリーンはなんと6名のみでございました。

でも、こんなに素敵な作品にお客様がいないのはとってもとーーーーーっても悲しい。

とにかく、主人公の猫・ボブが可愛い。
しかもボブは、ボブ自身が演じているのも素晴らしい!!!!!

編集に頼らず、ボブが自らカメラワークをわかって演じて…本当に演劇の世界をのびのびと楽しみ、理解しているように見えます。
各世界のプレミアでは1時間以上もレッドカーペットで皆様に愛嬌を振りまいたのだというから、あっぱれ。

作中にも出てくる表現ですが『ボブはボブの意志で選択している』のでしょう。
飼い主さんの肩に乗ってお出かけすることも、寒い中飼い主さんのストリートプレイを見守ることも、映画出演やプレミアも、きっとボブ自身が心から望んでいた時間だったのだと、ボブの表情から十分に伝わります。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_20444969.jpg

子供と一緒ですね。。。
「子供なのに、それが楽しいの?」
「子供らしくないよ。」
「猫なのに、本当に喜んでいるの?」
本来なら考えられない光景に出くわすと、否定的になってしまう人もいます。

でも、相手の心を覗くことは誰にもできませんよね。

実家の愛猫きなこは毎日お洋服を着ていますが、脱がせると自ら何かを羽織ろうとして…抱っこが大好きなので何かに包まれていたいのではないかと思います。それだって「猫に服なんか着せて、飼い主の押し付けよ」と言われてしまうかもしれません。。

私も、自身の幼少時代の仕事への熱意(プロ意識)や、現在の子育ての真意をどれほど語ったとて、全ての人に理解されるはずはないと思っています。
でも「わかんなくたっていい!」ではなく、「もし伝わるのならばいいな」と思うから、こうして記しているのもあったり。。

私だって見易い角度からしか見ていないことも沢山あると思います。

ですから年齢や性別、生き物の種別問わず、寄り添う心や視るチカラのある方は、その表情や様子から感じ取ってくれるかもしれませんし、理解してくださる方を大切にしたいと思っています。

逆に、本当に強いられ、苦しみの中で生み出されるものであれば、隠していてもいずれ明るみになるものかなと。。。


話が逸れてしまいましたが💦
撮影にあたってボブのメディカルチェックもきちんとなされていたようですし、何よりエンディングクレジットでもボブは一番上に表記されており、スタッフキャストからボブがきちんと主演俳優として大切にされていたことが伺えました。

相棒である飼い主のジェームズさんが『毎朝起き上がる理由』を与え『自分を成長させてくれる存在』であり続けたボブ。
ジェームズさん役のLuke Antony N. Treadaway氏も、シェルターの女性を演じたKristina Tonteri-Youngさん、人のいい売店のおじちゃま役のPhaldut Sharma氏もとても魅力的でした。
上演中は母娘でずっと手を握りあって、可愛いシーンに癒されたり、ポロポロと涙を流しながら、とても温かい時間を頂きました。

娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_20160055.jpg
ボブとの出逢い、かけがえのない日々を綴ったノンフィクション小説「A Street Cat Named Bob: And How He Saved My Life」という作品で世界中で翻訳されベストセラーとなっている作品の映画版2作品目だそうです。
ボブは、2作品目のクランクアップの半年後に亡くなったとのこと。。
天国でも上映会をして制作秘話なんかも交えて多くの方々を笑顔にさせてあげているかもしれません。

私はお恥ずかしながら原作もぼんやりとしか存じ上げず、映画のパート1も見逃しています。。
なので早速パート1のDVDを買おう。そして本も読みたいなと思っています。

そして娘はもう1度観るのだと言っているので、上映期間をチェックしておかなきゃ!!
最近の映画は公開期間がとても短いですよね。。。

字幕版しかありませんが、ニャンコの名演技との掛け合いを余すことなく堪能できます。
内容もわかりやすく、言葉も丁寧なので、娘もしっかり楽しめました。
年齢的に字幕にもだいぶ追いつけますしね♪

娘の小さい頃から、映画を沢山見に行くようにしています。コロナ禍になる前は月に1、2本は観ていました。
字幕しかない作品も沢山チョイスしていましたし、最初は吹き替えで、2度3度目はなるべく字幕版で観たり。。本人も(私も)そのスタイルが気に入っていましたし、イングリッシュコーチでもあるソウルメイトのILLYAも、それがベストだと教えてくれていたので♪

映画館の良質な音に全身を包まれる時間はとても心地いいです。
英語の発音も内臓でキャッチできる気がします(笑)

帰りに寄ったグッズショップで娘が「ボブのパンフレットをいただけますか?」とお願いしたところ、レジのお姉さんが「はい!可愛いですよね♡」と嬉しそうに渡してくださいました。

きっとお姉さんもボブの映画をご覧になったのだろうなぁ♡

帰りは、お決まりの無印カフェでお野菜たっぷりの定食。
(リーズナブルで全部美味しい。)
そして、アルタ横にいる飛び出す大きなニャンコにもご挨拶して帰りました(笑)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_19175149.jpg
全然関係ありませんが、ボブといえば、スポンジボブも好き(母娘で)。
こちらも英語版しか観たことがないですが、とっても分かりやすくて楽しいです。内容はだいぶファンキーでクレイジーなので娘の印象?と違って吹き出されることも多いですが(笑)
こちらのボブも愛らしく心優しいし、色の組み合わせのお勉強にもなってお気に入り。

娘は日頃ほとんどアニメを観ないのですが、今でも時々観たくなっちゃう作品の1つです。
(ニャンコの)ボブ可愛かったなぁ・・・
あ!スポンジボブも観たいねと映画版を(Huluで)2つ観ちゃった(笑)


それと、今月は休日の教えの後に、家族で『SING2 ネクストステージ』も観ました。
公開間もなかった上に休日、混むだろうと予想し、ちょっと郊外(港北エリア)のお気に入りスクリーンへ。
こちらもバッチリ、館内は10組ほど♪
娘よ、違う日なのに同じ服ではないか(笑)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_00240855.jpg
こちらは吹き替え版。
子役時代にお世話になった日本を代表する声優さんの一人・田中真弓さん(私の舞台も何度も観にきてくださいましたし、ある時は心の折れそうだった私を力強く励まし導いてくださった、恩人でもあります。)がイグアナのミス・クローリー役をなさっていて…普段の大人気キャラ達(『ワンピース』のルフィなど)の世界とはまた違う、とっても愉快痛快なおばあちゃまが最高です。
今回はさらに大活躍、エンディングロールまでナイスなシーン満載ですよ♪

そしてオオカミの女の子の声を演じたアイナ・ジ・エンドさんがとってもハマっていました。私は存じ上げない方でしたが…ナイス配役、魅力的!
iTunesで英語のオリジナルキャスト版サントラをダウンロードしましたが、おまけで彼女の日本語バージョンも1曲ゲットしちゃった♪
ちょっとCHARAさんのような世界観を彷彿させる、開放的でキュートなハスキーボイス♡曲自体もいいです。

個人的にはU2のBONOさんが演じるライオンさんも是非観たいし…やはり字幕版も観よう。
だかしかし、同じ列の男性2名が、上映中ずっと話していて(しかも映画についてではなく)、さらにはお子様連れのファミリーもちょっとおしゃべりが気になって。さらにはそのご家族の座っていた足元に全部こぼしたの?と思う程大量のポップコーンが散乱、踏み潰されまくりで、がっかりです。。
何か突飛な事態が?と思いたいけど…思えない(爆)

…主人公のコアラさんが噴水でびしょ濡れになった時の顔とそっくりに会場を後にしました。
*本編を是非ご覧ください。コアラさんの毛並みの表現が素晴らしい…濡れても乾いても感動の技術です。


最後は、素敵なホワイトデーのお話。

娘の(そして私も)大好きなR君からは、、、
なんとまたお洒落な『パリ』が届きました。

「気持ちだけでもまた旅できるかなって。。」と(涙)
(こちらの気持ちなので、お返しなどを困らせてしまったらどうしようといつも感じてしまっていて恐縮ですのに。)

なんて可愛いのぉぉぉーーーーーー!!!!!!!
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_18520241.jpg

ママさんが「ずっとあげたいなって思っててね」とわざわざR君と買いに行ってくれたのだとか。
目白の有名店『エーグルドゥース/AIGRE DOUCE』
私は全く知らなくって。。

さすがママ。。。

常に完売、行列なのだそうです。

「いっちゃんママが撮ったら、まさにパリにいるみたい!って感じに撮れるはずの外観も素敵なお店なんだよ。」とのこと。
そのような自信はないけれど、お店をネットで見てみたらわぁ〜本当だ!
*是非検索してみてくださいね💦

今度お店に伺ってみよう♡.*˚
楽しみができました!

ちなみに、このエッフェル塔、凱旋門、オペラ座のパッケージをどうしても娘にあげたかったと話してくれて
「エッフェル塔の中にはね、何も入ってないの(笑)入れたら箱が崩れちゃいそうで、入れずにただ買っちゃった(笑)」ですって!お気遣いもまた嬉しい…(涙)

我が家に小さなパリがやってきて、娘も大変幸せそうです。
そして、どれも本当に美味しい。
ケーキもきっと絶品なのだろうなぁ。
絶対買いに行こう。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_18554102.jpg
そしてこちらもまた素敵なホワイトデーのお返し!

娘が小1から通っているエステのお姉さん・Kちゃん♡
娘のことをまるで身内の如く愛してくれておりますし、娘も大好き。
私とも当初から惹かれあい、意気投合。
年齢は一回り以上年下さんですが、細やかな気遣いから育ちの良さを感じ取れ、穏やかで素直で、上品な女性…物事を同じように感じられることにいつも癒しをもらっています。

そして、最近はついに個人的なお付き合いもさせてもらうようになりました。
偶然にも、ご近所にお引っ越しもされて、ますます心も近づいてしまった感じ♡

そんなKちゃん&彼氏さんから頂いた素敵な贈り物♡
(思いつきでささやかなバレンタインを差し上げただけだったのに、逆に恐縮でした💦)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_20095154.jpg
彼氏さんも、娘の舞台を観たいと調整くださっていましたが…お仕事のご都合で叶わず、当日はKちゃん経由で素敵な贈り物をくださった上に、配信で観ていただけたとのこと。。
優しさあふれる、お似合いのカップルさんです。。

娘のマカロン好きをKちゃんから聞いてご存知なのか、ピエール・エルメのマカロンちゃんをくださいました(涙)

大喜びで、大事に大事に頂きました。
普段も必ず選ぶピスタチオを見つけ、幸せそうにエクボを作って頬張っていました♡
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_20095477.jpg
そしてそして、、Kちゃんはこれまた美しい。。
見たことある!頂いたことはないのだけれども「綺麗なチョコだなぁ」とずっと気になっていたの…!

頂いたショッパーだけでは気付けず、開けてみて大興奮♡

shodai bio natureの『ミルティペタル』
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_00374890.jpg
Kちゃんが「どうしても差し上げたくて。。」と(泣)

全てオーガニック、環境や生産者、隅々まで配慮されて造られたチョコレート。

ロゼ…木苺風味 薔薇花弁
淡黄 …マンゴ風味 柚子皮
緑 …有機抹茶 玉露
ホワイトチョコレート …ジャスミン花弁
紅色 …苺
淡青色 …ミント

と、五感で楽しめる花びら型の優しいチョコは本当にどれも美味しい。

娘が悩んで選んだのはスズメのシズメちゃんの為に「綺麗な緑さんよ」と、抹茶味。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_00432652.jpg
自分には、マンゴーをチョイス。

大事に大事に持って、ニッコリ。
・・・してたら、持ってたとこ溶けちゃって大慌て(笑)
チョコの特性をわかっていない娘。。

Kちゃんも娘がチョコは1年に1度と知っていたので「貴重な年1回をもらってしまってすみません💦」なんて気遣ってくれました(笑)

いやいや、実際には素敵な頂き物をしたら大事に少量頂きます♡
クリスマスやお祝いのケーキなどに載っているチョコプレートも特別ですしね♪

それにこうした幸せを味わうためにも、日頃は控えているのです〜
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_00442280.jpg
「指、舐めてもいい?」なんて言いながら、ワタワタしていましたが(笑)

大変ご満悦。。

早くお礼言いたいけど、今度直接エステでお礼を言う。彼氏さんには、お電話で伝えたいなぁ。。なんて言っていました。

この素敵な贈り物を頂いた日は、2ヶ月くらい前から企画していた『牡蠣会🦪』の日だったのですが(笑)
*美味しいオイスターバーを見つけたので、牡蠣を二人で思う存分楽しもうの会。

実はこの日、娘は私に叱られてしまって(私が恐ろしすぎるので言葉に詰まって黙ってしまい、またそれを指摘される)、私の気持ちがモヤモヤしたまま出かけたと感じたようで「私のせいでね、ママとKちゃんがお食事を楽しめなかったらどうしようって心配だったの。せっかく楽しみにしてたのに。。だからね、Kちゃんと電話を代わってくれてね、嬉しかったの。」と、私の帰宅を待って、必死に言っていました(汗)

待ち合わせ中に私が娘に電話していて、その後Kちゃんと会えた時に電話を代わったのです。
「今日はママをよろしくね。。」と言ったようで(笑)
娘なりにいっぱい考えたのでしょうね。
*娘は私の母のお店で、愛猫きなこと一緒にお手伝いを楽しむ1日でした。

なので余計に、大好きなKちゃんと彼氏さんからの優しく美しいお菓子達に癒されたのだと思います。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_00442576.jpg
あ。。謎の『牡蠣会🦪』ですが(笑)

今年の頭、仲良しシズと一緒に「美味しい牡蠣食べたい!お肉食べたい!」とお店を探して見つけた

『牡蠣スター』というお店。

シズとは時折「牡蠣食べたい衝動」が起きるので(笑)
前に一緒に行ったオイスターバーは、思い返すと牡蠣の印象が薄い…と言うまさかの残念な結果。

私もいろんなオイスターバーを訪れていますが、『牡蠣スター』さんは格別に美味しかったので、牡蠣が好きな人と一緒にまた訪れたくって。
Kちゃんに伺うと「大好きです♡」とのこと♪

私の体調もあって、思ったよりも行く日が遠くなってしまったのですが、まん延防止も解除された直後だったので、少し気持ちにゆとりを持って訪れることができました。

ただ。。めちゃくちゃ寒い日で雪まで降っちゃうし(笑)
ダウンコートをクリーニングに出していなくてよかった〜(笑)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_01163557.jpg
変わらず、全てが美味しくって、最高でした。
Kちゃんとも深い話をしながらも、しっかりお味を堪能して。

喜んでもらえたようで、よかった!!

お店も当分の間私たちだけだったので、安心して過ごせました。

込み入ったプライベートな話をしていたら、ちょっと混んできたので、お店を変えて。
(Kちゃんも静かな環境が好きなタイプ)

そこから近くの『La Boheme』で、ゆっくりお話。
天井が広くて気持ち良いので、家族で時折訪れます。
これまた私は最近まで知らなかったのですが(爆)アニメ映画「君の名は。」で実際登場するカフェとして大人気になったのですよね。。

*お腹はいっぱいだったけど、パイをシェア。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_01163765.jpg
Kちゃん、一緒に歩いている時は何かあるたびにスッと手を差し出してくれ、階段でもいつでも私を支えるポジションへ、エスカレーターの上りは後ろへ、下りは前にいてくれて、まるで私が娘にしているような『守る』行動(いや彼氏がするような紳士的な行動?)を終始してくれていました(笑)
きっと、彼女の本質の優しさからくるものなのだろうと思います。
本人曰く、意識していたわけではないようです。

そんな優しさを思い返しながら、タクシーから主人に電話して。
主人もKちゃんのことがとても好きなので、一緒に嬉しそうでした。。。

また美味しく癒しの時間を共有できたら良いなと思っています。

お食事は2度目だったのに、どちらとも二人で写真を撮れなかった!!
楽しくって、忘れちゃいました(笑)
今度は待ち合わせで会った瞬間に撮ろうと約束しました(T▽T)あはは

そんな訳で、娘との思い出写真をいくつか♡💦
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_02334503.jpg

老後も安心してお出かけできそうですし、お互いがおばあちゃんになったら一緒に手を繋いでお出かけしようとメッセージを通して笑い合いました。

素敵な時間をありがとう♡

そうそう。
シズとの牡蠣会の様子も一緒に。

Kちゃんとも全く同じ席を予約しました。
(個室は1ヶ月前から埋まっていた。。)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_01363224.jpg
お肉も食べたかったので、そういうコースにしましたが、あまりに牡蠣が美味しくって、どんどん追加注文して。。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_01363447.jpg
なんと20個越え(笑)

殻を盛り付けてみたくて、お店の方にお願いして下げないでいただきました(笑)
そんなくだらない要望にも応えてくださる心の広い店員さんであります。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_01363624.jpg
そして、シズが仕事で待ち合わせにちょっと遅れてきたのですが、途中で「めちゃくちゃ美味しそうなチョコレート屋さんみたいなのあった!」と言って。
(君、遅刻してますよね…(笑)お仕事だけども)

お店の方に伺うと有名なお店だそうで「まだ残っているかもしれないからコースの途中だけど、行ってきたら?」と言っていただき(笑)

ますます店員さんの心の広さを感じながら
二人でダッシュしてお店へ!

KEN'S CAFE TOKYO
というガトーショコラ専門店でした。

こちらの商品一択!
二人で1つずつ購入。ホクホクして家で堪能。

ビターで大人の味でございました♡
*1月だったので、写真には獅子舞さん達。
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_01363830.jpg
そして、このお店。

Kちゃんはちゃんと知っていて(笑)さすが。

以前お母様からの希望もあって帰省の時に購入したそうです〜!

そうか、、本当に有名だったのね。。。
ここが総本店のようですが
少し前に訪れた鎌倉にもありましたし、娘の通うKちゃんがいるエステのあう青山エリアにもあるみたい!

手土産にぴったりな、大人なお菓子です♪

そして、そのお店の横にある公園(小学校と併設?)が、シズと出かけた日は大雪の明くる日だったので、まだ雪がいっぱい残っていて。。
誰もいなかったので、思わずウズウズして、

静かに、静かに、、、

飛んでしまった。。

40歳と38歳。
一応、お互い踊る人間だけども。
これが限界でした。無念。

コートとブーツ、ツルツルの足元。←言い訳。

動画を回して、無言でジャンプ数回、息切れ半端ない。
私、ヤクルトほどの高さしか飛べてないじゃん!ダッサー!(笑)

普通の床ならまだイケますよ(汗)
ジャンプ力だけは自信がございます。

って、この写真で何言ってもダメですよね。あっはっは。

シズは高いところから飛んでいて小声で必死に「やめなさい!降りなさい!転ぶよ!」と言いましたが聞く耳持たず。
*内心、本当は私もやりたい。でも40歳は絶対転ぶ。シズもちょっと滑ってました(笑)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_02001067.jpg
上の写真、流行りのハッシュッタグみたいな感じで書いてみようと思ったのですが、肝心の#をつけることも出来ていないあたりが、もう無知なオバさん丸出しであります…( *ˊᵕˋ)-3
しかも『流行りの』って。
インスタもTwitterもいまだにスマホにアプリすら入れていない私が出来ることではなかったのね。。何がしたいんだ(笑)

シズちゃんはそう言うのもちゃんと出来ますよ(笑)

こんな写真を撮るのも久しぶりすぎて、いろんな意味でドキドキしてしまった。
コロナ禍だから掲載は控えようとも思いましたが、こんな自分もちゃんといるんだと言うことを、忘れないようにさせてくれる大切な存在との思い出です。

そして、周囲に迷惑をかけることは絶対しない、TPOやモラルやマナーを大切にする彼女とだからできることなのだと思います。

おばあちゃんになっても、こんな風に二人で飛んでいたいなと思います。
転んでも、手を差し伸べてくれるお友達もいますしね!(笑)


あ、服がびしょびしょで重たい&波のハンデを受けながらも、必死に飛ぶ3年前の私(in Guam)↓
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_02100763.jpg
開脚具合が緩いのと前足のターンアウト(足を股関節から外側に開く)がイマイチですね。。。。

3年前とはいえやっぱり劣化しちゃってるなぁ。
でもそこがお気に入りなのですよ♡(笑)

そして、娘が飛びながら私を見守っているのがいい(笑)



来年くらいには、海外へ行って、誰もいないビーチで思いっきり飛びたいなぁ。

そうだ。
もう一個おまけ。

2014年の思い出。
(娘2歳・私33歳・主人36歳)

私はまぁまぁ気合が入っていますが(それでも下の足が内側になっててダメ)、主人が対抗しているのが面白すぎて。
上に乗ってる娘の絶妙な表情の違いにもご注目ください(笑)
娘(3年生)の幸せな1年間&ホワイトデー、牡蠣会、猫のボブ。_d0224894_02524818.jpg
やっぱりこういう写真って、残しておくべきですね(笑)


結局今回は何の話だか…?

では!

by chihiro_anma_ex | 2022-03-28 23:45

【安間千紘公式ブログ】


by 安間 千紘
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31