Happy Valentinen & Super Cat Day*˚

こんにちは。

オリンピックが終わったと思ったら、新しい戦争が始まりました。

パラリンピックはまだ開幕していません。。

選手・関係者の皆様がどのようなお気持ちだろうかと思うと、言葉もありません。


ロシアの方々、日本や他国に在籍するロシア国民の方々が「こんなことやめて!」と声を挙げておられるのだそうです。
ウクライナでも、」ロシアだけが悪いんじゃない。でも、戦争はしないで…」と嘆く方達も多いのだとか。

沢山の人が、泣いています。
寒い中、冷えきった心を抱えて避難する人達が大勢います。

(常に真意や背景は当人にしか分かりませんが)リーダーが戦えと叫んでも、その国の全員が「嫌だ!」と断って、皆が兵器を手放し、戦いはなくなった。。という結末はやってこないものでしょうか。おとぎ話でしか、有り得ないのかな。。

私にしたって、ちっぽけな一個人が、EUやNATOの実情すら上澄みの浅い情報しか知らない上で感情が揺れているだけなのも、事実ですしね。。

ですが、考え、問いかけ、語り合うことは、希望に繋がるはずです。考えるだけだって、意識は拡がります。


我が家は目的以上にテレビを視聴することを控えてしまっているので、こうした世界の残酷な実態が勝手に飛び込んでくることも少ない。夫婦は自発的にニュースを読むようにしています。娘は、今起きている戦争について、学校で知る機会もあるでしょうから…先日じっくり話しました。

娘は
「爆弾が、小さな子がいる保育園にも落ちてしまったの?…その子達は、お母さんが一生懸命産んで、みんなで大切に育てて、安心してそこに預けているんでしょう?
なのにどうしてそこで亡くならなければならないの?大人の人たちが亡くなるのも、動物さんやお花さんが亡くなるのも悲しいけど、子供たちは、これから未来を生きるんだよ。未来を作っていくんだって、大人の人たちが教えてくれるんじゃないの?その人たちは何から守られているの?
(娘の言葉を逃すまいと、即座にメモしました。素直で独特な視点が織り混ざっています。)

目の前に爆弾が落ちなくとも、小学3年生でも、感じられる事です。

「私、この前の舞台で戦争のお話をお客様に届けたでしょう?あれは、戦争はもうしないでねって、それを届ける為にみんなでお勉強して、頑張ったのよ。。」
と、目を真っ赤にして話していました。

本当に、そうだね...

「じゃあ今、戦争をしている人達にお芝居を観てもらったら、やめてくれるかな…?」と訊くと、娘は「ううん...」と首を振りました。

残念な現実だよね、と娘の身体をさすりました。


何事も経験がないと正しく想像が出来ないものかもしれません。
ですが人はいまだに、戦争をしないとその罪の重さと損失の大きさがわからない生き物なのでしょうか。

都合よく目を瞑ったり、耳を塞いだり、他力本願で逃げたり、やったことを忘れたり、目に見えない相手にストレスをぶちまける術ばかり、随分と向上してしまって。。

自分のついた嘘の後ろに隠れるのが上手でも、堂々と筋違いなことを言い放っても、その過ちの大小に関わらずいずれ報いは訪れるはずです。

闇雲な攻撃に遭った時は正義をもって突入するより、目を瞑り耳を塞いだ方がいいケースもありますね。。
(まさに娘がよくいう『受け取らなければ、それはあなたのもの』です。)
今回の戦争だって、望んでいない人たちは、攻撃を受取拒否、大きな卵のような透明シェルターで守られたらいいのに…と思います。でもそれが出来ないから苦しいのですよね。


国と国、人と人。
戦争に限らず、何気ない日常でも同じです…

対岸の大きな戦争も、身近に起きる失望も、
失われるのは、笑顔ある未来です。

命や人の価値は同じ。ですから幼い子や若い子の言葉や行動も何かに影響を与えます。
その子はどこでその言動を身につけるのでしょう。
子供は鏡です。周囲の大人や実態を映し出し、全て跳ね返ってくるものだと思っています。
(でも、出来事にはけっして他者が理解にたどり着けない、入り組んだ背景があるのだとも思います。単純では無いですよね。)
身勝手に人を傷つけてまで自分を守ること、想像力を働かせない行動がいかに愚かであるか、
美しい言葉も汚い言葉も、救うも裏切るも、行いは全て己に返ってくることを、私たち人間は幼少期からずっと学び続けています。

…受け取れるか、活かせるかどうかはその人のタイミングであっても、チャンスはいっぱい与えられているはずです。

それでも国のトップが、恐ろしい選択をするように
日常のあちこちで、子供達でもわかる過ちが気軽に繰り返されています。


先日、車を運転中、赤信号の交差点で停止していました。
すると次々に、信号無視する自転車たち。大人や子供、小さなお子さんを前後に乗せたお母さんも。歩行者お構いなしでビュンビュンと。
歩行者が驚いて避け、後方の人にぶつかったりもしていました。

さらに私の車の隣に止まっていた自転車が「あぁ、皆やってるから、いいんだ」と言わんばかりに、ふわ〜っと真似して直進
結果、歩行者と接触し双方が転倒しました。
そして自転車側は相手を気遣うことも謝ることもせず、動揺しながら目も合わせず、ただ自分の落ちた鞄を心配しながら、逃げるように去って行きました。

周囲の方が転んだ男性を起こして差し上げていました。立ち上がった男性はお礼を言いながら、しばらく去っていく自転車を見つめていました。


娘は助手席で一部始終を見て
「あの人はせっかく、さっきまでちゃんと信号を守っていたのに!どうしてあんなこと。。」と失望しておりました

もし後日、歩行者の男性に後遺症が出たらと思うとやるせません。
お怪我がなくとも、心は出血しているはずです。
助けた方々の心も、モヤモヤしているでしょう。

皆の真似をしただけだろうが、交通違反どころか完全にひき逃げ、犯罪です。


『いじめ』も、大概こんな構図。
だから、実態は無自覚なまま蔓延してしまう。


(自転車に限らず、人も車道を平気で渡っています。これはもっとタチが悪い。
子供の前でもします。子供の手を引いて、さらには幼児と手すら握らずに横切っている親たちがいる事も稀ではありません。その子が轢かれてしまったら、その親は何を想うのでしょうか。轢いてしまった運転手さんの人生はどうなるのでしょうか。)


娘は、今でも毎日、信号の有無に限らず小さな横断歩道も手をあげて渡っています。自分の気持ちも引き締まるのでとても大切な習慣だと思います。
娘のBFくんも同じく継続しています。

残念ながら周囲のお友達や年下の子にすらニヤニヤされ、揶揄される事もありますが、堂々と挙げています。
(私も現状を確認していますし、近所の方からもそんな様子を聞きました。)
学校でも家でもそのように教わっているのですから恥じる事はないと思っているのでしょう。人は人。自分は自分。
それに「あ!俺もあーげよっ♪」と、仲良く一緒に手を挙げ渡ってくれる子達だっているそうです112.pngその男の子こそ良い教育を受けて育っているのだなぁと…。

その子は大人になって『俺も信号無視しーちゃおっ!』はしないとはずです。

車の運転手さんが笑顔でお先にどうぞと合図を出してくれ、娘がペコリとお辞儀をしていることもあります。さらに、近所のお巡りさんとも仲良くなり、知らないお巡りさんにも「ルールを守ってくれてありがとう!」と声をかけていただける時も。
海外でも同じようにしていたら「Nice!」と見知らぬ外国の方々も一緒に手をあげて渡ってくださいました。
素敵な人に出逢えるきっかけにだってなりますね。

学校の先生方はそのことを把握し、娘の心を護って下さっています。(昨年は悲しい&危険な事件にも遭いました)
なので小学6年生までは続けると決めているようです。

*補足ですが、もし、娘がとっている当たり前の行動を自ら鼻にかける態度?が少しでも匂えば、そのカッコ悪さを即刻指摘するつもりです。正しいことをする、ルールを守るのは、自慢でもなんでもありません。人と比較するのが嫌いな子なので、今の所そんな考えはないようですが…我が子に限って、などと思うのは、それこそ恥ずかしいことですよね。。


でも、手を挙げていたって、信号無視の危険からは逃れられないでしょう。。
戦争の爆弾を避けることも、出来ません。


愚かな戦争、愚かな言動は無くならないみたい。
失ってからが学びの始まりで、それを知らず知らずに求めているのが人間…という考えも、納得しています。


私も、偉そうなことは言えません。罪は犯さずとも、自身の情けない過去はいつまでも脳裏に鮮明によぎります。都合よく「仕方なかった」と正当化したり、カッコ悪い過去を忘れることが出来たらおしまいな気がしてしまうのです。
反省や悔しさ、深い傷やトラウマもあるし、心が迷子になりかけたことも沢山あります。
だからこそ、心の美しい人がどんな生き方をしているかを考え、少しでも愛を持って生きたいと願います。

今は、主人と共に、目の前の小さくて大きな世界を、模索しながらも精一杯守り、耕す日々…
人は生涯未熟な生き物だとしても、
日々更新される学び得た経験を軸に、人生や運命と真摯に向き合い、勇気を持って選択し、悔いなく愛し、完全なことなど在りはしなくても、せめて子供の目が曇ってしまわないような歩き方をしたいなと…
最近の様々な出来事を通して、改めて思いました。


戦火や、身勝手な行動によって、これ以上未来が壊されないことを祈ります…
我が家の目の前に見える都庁、遠くに見えるスカイツリー、ともにウクライナカラーに染まりました。
賛否あるようですがSNS発信などをしていない私としては、こうした光と一緒に個人の想いが届けられるのであればありがたいなと思います。
………………………………………………

さて、ちょっと過ぎてしまいましたが、バレンタインでしたね。
そして、スーパーにゃんこデー!!

長い枕話が、気持ちの良いお話ではなかったし。。
明るいお話をいっぱい書こう。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_17582036.jpg
最初はバレンタインにちなんで、
最初は愛のお花、チューリップ♡

今回はご近所のお花屋さんにて。
おじいさまが一人で経営なさっていますが、いつも娘にサービスしてくださって。
この日も1輪プレゼントしてくださいました。。

ピンク色のチューリップの花言葉は愛の芽生え・誠実な愛
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_14074095.jpg

さてバレンタイン!
バレンタイン当日に教育現場に行ったので、生徒ちゃん達がこんな可愛いカードを用意してくれていました…(涙)

…私は「へ?…あ!今日がバレンタイン?」とすっかりわかっておらず、余計にハッピーが増しました💦

*チョコを買って、用意していたりはしても、当日に誰かに渡すこともない状況で…
主人にも、一緒に買ったり選んだりするので、当日に意識が全くないのです(汗)

いやぁなんて可愛い。。(涙)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_15430558.jpg
お手製のカード。。。

中を開くと。。

見事なカッティング&デザイン!
カッティングした子とメッセージを描いた子は違うそうで、楽しい合作だとか。
デザインもメッセージも、心がこもっていて、愛おしさMAXです♡.*˚
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_12250748.jpg
娘にまで。。

こちらは、なんと影まで楽しめるように工夫されています。すごい!


可愛さが伝わるように、必死に影を作って撮りました(笑)

こんなに純粋に手間暇かけて作成してくれて。。
泣けちゃう。。
一緒に過ごせるだけでも幸せなのに。。

こちらも様々な子の合作♡
あちこちに散りばめられた愛のメッセージは、色んな子が書き込んでくれたんですって。。
「これは私です!」「こっちは私!」と教えてくれました♡そんなやりとりも含めて彼女たちが全部大好きです。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_12250999.jpg
今はPCデスクの一番見える場所に飾っています♡.*˚

生徒ちゃん達の愛を、娘も一緒に感じる日々です。
本当にありがとうね。。


あ!!そうだ、お姉ちゃん達も応援してくれている書道!!

1年の功績を認めていただき、教育委員会から表彰していただけることとなりました!
今年はやっと、授賞式典が開催されます。。

2年前、褒状を頂いた時は式典が中止になり、代わりに校長先生が校長室にて二人きりの授賞式をしてくださいました(担任の先生が参列くださいました。)

今回は表彰状だそうです。とてもとても有難く、光栄です。

娘も今からとても楽しみにしております。
また次回にでも、思い出が載せられるかな??
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_15334426.jpg

そんな娘のバレンタインは例のBFくん一直線(笑)

クラスの女の子達は「〇〇くんが好き♡」とかよく話しているみたいですが、娘はそんな乙女話に全然参加していないそうです(笑)

少女漫画をみたことがないからかな。。。
でも、海外(アメリカ)ドラマや映画などで恋愛ものもバッチリみているのですがね(笑)こりゃ性格でしょうね。。

先日お迎えに行ったら同級生の子達が「バレンタインどうする?」「もう男子はやめて、友チョコだけだな~」「コロナだから手作りはやめとこ〜(⇦しっかりしてる)」なんて、小3でもすでにJKみたいな会話(笑)

だかしかし、娘は乙女な話についていけない所か、最近では「やっぱり男の子の方がラクよ…」なんて、どこぞの男子みたいなこと言っちゃってるし(汗)

みんなに優しくしてもらっているようですが、今は女の子の方が言葉が過激みたい💦
さらに乙女話が長続きしない感じも、目に浮かびます(爆)

そう、まさに私がそんなタイプだったので💦

帰りも大概男の子に混ざって全く知らない漫画やゲームの話をただ聞いているのだそう。
でもみんな優しいので「一加、知ってるか?」「ううん、知らなぁい(笑)」「だよなー!」ってな会話で楽しく話していると言います。
え…それ楽しいのか?と思いますが「男の子たちが盛り上がっているのを見るのが面白いんだよ。本当に楽しいのっ」というし、その現場を見ると大ウケして一緒に歩いているので、本当に楽しいのでしょうね。
(多分、男の子たちがすごく気さくで、知らないことをバカにもせず、仲間に入れてくれているのが嬉しいのもあるだろうなぁ)

ちなみに、最近の学校は「〇〇くん、〇〇ちゃん、さん」呼びを徹底していますから、基本は男女ともに『一加ちゃん』と呼んでくれているようですが…(名前でいじったりするのをなるべく防ぐために学校からそのように教わる)

仲良しの男の子は大概、娘を呼び捨てしているそう(笑)
あら、なんかいいじゃない(笑)娘も気に入っているみたいだし、私はアリです◎

例外で、他クラスのある女の子からは「安間ちゃん」とまさかの業界の監督や、職場にいる上司風な呼び方をされているようで、吹き出しました(笑)その女の子も、私の密かなお気に入りです(笑)娘も仲良くしてもらって嬉しいそうですw


娘は話し方や動きがふんわりおっとりしていて、声もすっごく幼い割に、サバサバもしていて背も高い(先日は見知らぬ方に「6年生?」と訊かれた)ので、そんなキャラなのかしら。
ともあれ、誰かが楽しそうにしていると、それだけで面白くなっちゃうのって、お得な気分ですね♪(笑)


でもちゃっかりBFくんがいて、ほっぺを赤くしているのですよ♡(笑)
そして、R君は娘を「一加ちゃん」と呼んでおります。逆に娘は彼を呼び捨てですが💦
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_19072897.jpg
クールで紳士で可愛い『R君』
彼の事は私もすぐ周囲に自慢しちゃうし、このブログを通してメロメロな人も(笑)
大人の女性こそ、ジェントルマンすぎて思わずのけぞっちゃうエピソードばかり!
まぁ、意識しないで本当に偶然な事もあるでしょうが、何をしても、乙女心を掴むのですよ。。
そしてどこかちゃ〜んと抜けてて、可愛い!


小学1、2年生の時は、娘と歩けば、車道側にまわって、荷物を持ってくれて。
(でも娘の方が背が高く、多分力持ちなので、遠慮しているそうw)

周囲に冷やかされないよう、いつもこっそり優しい言葉を囁いて。

誕生日には美しいピアノ演奏動画を贈ってくれ…

娘の舞台では、終演後、物陰から登場してサッと花束を渡す…練習をしてくれて(笑)
(他のお客様が一部始終を見ていて、キュンキュン♡)

とにかく、何年経っても、彼と関わった時間だけ、惚れ惚れ。

負けず嫌いで、全てに全力。負けちゃって泣くことが出来る素直なところも大好きです。
あれ、私が彼を好きなのか!!?(笑)

ちょっと早い思春期も迎えているようですから、きっと私が近づくだけで圧になっている事でしょう(笑)あっはっは…ごめんよ。。
でもちゃんと受け入れて、男らしく気遣ってもくれて、可愛がらせてくれちゃうのが、嬉しいです。

R君ママさんは「いつもいっちゃんママの目が光っているからね、見抜かれちゃうよ、ちゃんとしなよーって言ってるよ(笑)こんなに愛してもらって有り難いよ…」なんて言っていましたが、こんなに素敵な僕ちゃんに育てられたご両親様が何より素晴らしい。とにかく、いつもいつも、家族みんなで癒され、救われています。

ママさんには、個人的にも、どれだけ救われているか。
(ママ友にしたって、とにかく狭く深くな私なので。。)


というわけで、娘と必死に考えたバレンタインはこちら。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_16174799.jpg
ピアノにまつわる贈り物にしようと、ずっと探してて。

本当はピアノの中に綺麗なお菓子かお花を入れるイメージだったのですが、思ったより小さい(笑)

楽譜風のカードを作成して、中に入れました💦
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_16581852.jpg
楽譜は、数年前、R君が贈ってくれた曲と同じものがあったので、印刷!

横書きが得意でない娘。
「あぁ〜だんだん字が大きくなったぁ。縦書きにすればよかったかなぁ(-ω-;)」とちょっと凹んでいましたが、気持ちがどんどん大きくなっていったのなら、素直な表現だから、いいかもね?(笑)

だんだん近づいてきてるみたいで、ちょっと怖いけど。。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_16190233.jpg
お菓子は、FOUNDRYのBird Broyer(バードブロワイエ)
ザクザク系のクッキー…イギリスのショートブレッド風の味わいで、我が家も大好き!
小さなメレンゲがいっぱい入っていて、可愛いのです。

R君はチョコは食べられないし、食事は甘いもの含め全てシンプルなものしか好まないので(中にアーモンドとか入っていたら嫌)、まさにバッチリなのでは?と。

でも、こういう時に限って、思いつかなくて、実は今年もかなりお菓子選びに難航(笑)

結果、このクッキーを思い出したのは私の母で(爆)
母に買ってきてもらったというオチ。。
まぁ、母もR君が可愛くてしょうがないので…いっか♡

バードブロワイエ、単品売りは期間限定だったみたい!母よ、ありがとう。。。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_16210592.jpg

そんなBF君からお正月にもらった帰省のお土産が、今見るとまるでホワイトデーみたい(笑)

ブログにも載せそびれていたから一緒に♪

『水曜日のアリス』というお店のクッキー&ハーブティー 
そして「いっちゃんのイメージだったから」とダイヤボールペン♡

すっごく可愛い〜!
東京にもあるお店みたい。

ハーブティーはレモンを入れると色が変わる不思議なティーパック◎
アリスのレストランで頂いたことあったかも!

お昼にゆっくり〜が全然出来ていなくて、お楽しみにとってあります♡.*˚

娘もとってもお気に入りで、お勉強机に飾っています♪よかったねぇ。。
ありがとう!!
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_16392874.jpg
そうだ。

ソウルメイトのシズと、バレンタインらしいことをしました(笑)

私がデパートで「あ、これはシズが喜ぶ!今度の舞台の差し入れに今のうちに買っちゃおう♪」と思ったけど、私も欲しくなって(笑)
さらに「シズが知ったら、自分で買っちゃうじゃん!」と、

あげる前に「これは買わないでね♡」と送りました(笑)

すると「可愛い!じゃあこれは自分で買ってもいい?」と別デザインを伺うシズ。
「本当はそれもあげようと思ったけど、とりあえずお揃いで同じもの2枚買っちゃったんだよ…」と白状すると。

「じゃあ私もちぃの分と2枚買う!どれにする?」と

まさかのハンカチ交換イベントとなりました(笑)

ANNA SUI × Josie's RUNWAYのコラボハンカチです♡
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11200270.jpg
散々二人で悩んだ挙句、こちらに決定。
シズも急いでデパートへ買いに行ってくれました💦

ちなみに、私が最初に買っていたのは黒のストライプ。
パープルの方は2対のJosie蝶々がいて、二人で選んだ感じが出てて嬉しい。
(共に大判ハンカチ¥2,200)

40歳と37歳の、いい歳した女二人が、ハンカチ交換って(笑)

でも、楽しかったし、シズの可愛い優しさが嬉しかったです。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11200641.jpg
交換会を兼ねて、いや、どちらかと言うと癒しを求めて?朝、少しだけお茶しました。

シズは『家を出たらアナスイを忘れていたことに気づき、今戻っています。本来の目的を忘れていました。』と連絡ありましたからね(笑)

でも、戻ったこともラッキーだったのか、
シズから「空に背骨!!」と写メが届きました。

私も慌ててコートも着ずにお店を出て、空を見上げると
「おぉぉ!!本当に背骨!!龍神様の背骨だぁ!!!!!!!」

小骨までしっかり見える。。気がする。

モーニングを食べながら「いい朝だね…」と✩*˚
シズちゃんは私の天使なのですよ。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11383494.jpg
そういえば
主人の会社では、互いに気を使わなくても良いように今年からバレンタインは中止?にしたようなのですが。。。

お優しい方から素敵なチョコを頂いてきました。

主人と一緒にお返しを考えるのが好きなので私は嬉しい♡
探すのが楽しみです。


そして
我が家が買ったバレンタイン。

今年はなんと、小田急のショコラ×ショコラ開催当日に娘と行きました(笑)
時間次第では絶対空いている!とよみました☆

ビンゴ!バッチリ空いていて、お目当てのお店でゆっくり購入できました。

昨年「もっと買えばよかった…来年も絶対買う!」と思った

フランスの名門ショコラメゾン
CLUIZEL】

エールフランス航空のファーストクラス&ビジネスクラスでも採用されている絶品ショコラブランドで、フランス政府から「無形文化財企業」としてEPV認定を受けています。

(「ミシェル クルイゼル」が2021年にブランド名を「クルイゼル」としてリブランドされたそう)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_18164278.jpg
グレーのショッパーも個人的にはシックで好きです♡
でも昨年まではもっと硬くてしっかりしたショッパーだったので、そこは残念。。。

昨年はこのバケット↓を購入して、
「本当ならエールフランス(機内)でここのチョコ食べて、そしてパリのサントノレ通りのお店で色々お買い物したかったぁ〜!!」とか言いながら美味しくいただきました(笑)

*昨年はパリを旅する予定でした。周囲からパリの香りを贈っていただいて、パリに行く以上の幸せを得たように十分満たされたのに、まだ言う(笑)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_18483789.jpg
この可愛いバケットちゃんを沢山買っちゃうぞ〜と思っていたのに。。。

ネット販売のみ!!
バケット手に入れられず!!!!!

キィィィィイイイイイイ!!!!

*今はネットも完売しています。

せっかく店舗まで来たのだから、ネットしたくない。。
と思って、とりあえず自宅用に魚さんとジャガイモさんを買いました。。。

まるで本当のジャガイモみたいな『ポムドテール ジュートサック』
リアルすぎるお魚さんの銀紙に包まれた『シャルトリュー・エ・サーディン(ミルク)』


どちらもとっても美味しい!
お魚さんの中身はバケットと同じです(笑)
あまりにリアルでお魚の香りがしそう…w

本当はブルーのバケツデザインが好み。そちらはダークチョコだったので、カフェインが強すぎて母娘でアウト。。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_18164743.jpg

お魚さんについていた針金リボンを、スズメのしずめちゃんにつけたら、ちょっと大人なパリジェンヌ風に(笑)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_18165073.jpg

近いうちに逢える可能性があった大切な友人達へのささやか〜な贈り物に
新作の『サブレ・オ・ショコラ サック』を。

お友達にも喜んでもらえました♡

最近こういうサブレ、本当に流行っているのですね〜!

新しいロゴ&イメージカラーのグレーのポーチに入っていて、可愛い。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_18164409.jpg
娘は、ジャガイモさんのバックが気に入って。

「こういうバック、いくつあってもいいのよね〜♪ぬいぐるみちゃん達の大きさも色々だしね、これはこの子にぴったりよ♪」と、ちょっとおばさん風に喜んでいました(笑)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_18581190.jpg
『クマのレイちゃん』は、おててがスナップ付きなので、バックも自力で持てる!

お魚さんバケツもクリア。

周囲の女子はまだまだ、ぬいぐるみ遊びも全然します(笑)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_18581325.jpg
それから、毎年買っているDesiree(デジレー)

今年も可愛いおまけを頂きました♪
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_21190627.jpg
それと、ピスタチオ好きな友人へ。
缶のデザインがすごく可愛くて、イメージぴったりだったので♡
女の子のドレスがピスタチオになってるのです〜

BABBIのPISTACHIO MANIA

今年はピスタチオもかなりブームですね。
BABBIもこんなに可愛いラインを作るとは。。。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_21190455.jpg

こちらはバレンタイン話ではありませんが。。

親友と(お能一家の娘さん)1月に、短い時間ではありましたがランチをしました。
気軽なイタリアンを予約。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_10123700.jpg
食後は、空いている&空間広々なバーを見つけて、混雑時間までの1時間ほどを過ごしました。

お互いの近況を報告しつつ、場所は違えど、同じようなことを経験をし考えているのだなぁと、心を分かち合いました。至福の、癒し時間でした。
大好きな親友ですが、コロナになる前から年に1、2度ほどしか逢っていません。
でも、互いにどんな時も支え合っているのを感じられるし、何かあれば必ず救い出すと決めています。


彼女が、ご両親とともに、ようやく息抜きをしに徳島を訪れたようです。
大塚美術館へも行ったそうで、無類の美術館好きの娘へお土産を買ってきてくれました♡
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_09382697.jpg
大好きなフェルメールさんの『真珠の首飾りの少女』のクッキー缶
徳島の特上ポン酢

そしてこれはお土産ではなく、可愛かったから…とLABEILLEのハチミツ飴
私も大好き老舗高級洋菓子OGGIのマスカットレーズンチョコ
美味しくって幸せ。。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_09382849.jpg
クッキーも娘の好みなシンプルなもの♡

そして、私がPC作業に没頭している1時間の間
「シャシャシャシャシャシャシャシャ」
とずっと擦れる音がするなぁと思ったら、娘が模写をしていました(笑)

とても綺麗で感動したので、速攻で額に入れました!!
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_09383195.jpg

こうして比べてみるとどこか全然違う少女になっているのが、お気に入りです(笑)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_09383321.jpg
まっさらな紙に1から描くのも、こうして模写するのも、本当に大好きで…時間さえあればスケッチブックを抱いています。

鉛筆を指で擦ってぼかすテクニックは、昨年の暮れに、私のまつ毛エクステサロンへの付き添い時、施術を待っている間に自ら思いついて取得したよう(ブログにも書いたような…)ですが、こうした影の出し方や、背景の黒塗りの深みみたいなものも、知らぬ間に味わい深く習得しているのですね。。。

色は付けないの?と言うと、「うん。今回は、このほうが素敵な気がする。」と。私も同感!
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_09383686.jpg
娘曰く、沢山の巨匠たちが、耳元で教えてくださったり、手をとって指導をしてくれたり、はたまたリモートで教えてくれることもあるそうです(笑)
なんと贅沢な。

でも、わかる気がします。

リモートは、天国と繋がっているのかしら…

「フェルメールさんは、素晴らしいよね。私ももっとお勉強して、こんな絵を描きたいなぁ」ですって。


娘は、真っ黒になった指を洗いながら「ママ、嬉しい?」と。

うん…とっても嬉しい。

絵を見れば見るほど、娘の指先の柔らかな感触や、愛おしい声、夢広がる心の中、幼いながらに巡らす想い…そしてフェルメールさんがどのように娘に教えてくださったのかまでも感じられて、幸せです。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_09383838.jpg
こんな時間も含めて、親友には感謝ですね◎

ありがとう!!

そういえば、フェルメールさんのこの作品を模造したにゃんこがガチャガチャであるらしく、母と娘が見つけてゲットしてくれました(笑)

『真珠の耳飾りのにゃんこ』ですって(笑)

お隣は『ヴィーニャスの誕生』

最高でしょ?うふふ♡.*˚
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_09384144.jpg
ニャンコと言えば、2022年2月22日はスーパーニャンコデーだったのですね〜!!
2が6つ並ぶのは鎌倉時代・800年ぶりのことですって。

200年後には2が7つ並ぶけれど、生きてはいませんねぇ。。(笑)
猫に生まれ変わっていたりして!

最後はニャンコデーに相応しい、我が家の愛猫きなこ尽くし♡

娘とも、ますます仲良し。
日向ぼっこをするときは、娘が手でひさしを作ってあげて、きなこもウトウト。。

Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11421328.jpg
16歳になるきなこは、昨年、お目目の病気になってしまい水晶体も真っ赤。とても心配しました。

もう治らないかもしれないと言われていましたが、お医者様が懸命に向き合ってくださり、きなこも毎日一生懸命目薬をさして頑張って。
奇跡的にほとんど治りました。

小さな個人病院ですが、お医者様は、動物医療書籍も多数出版されていて、海外にも患者さんがいるほどの名医。
何より愛情深く、動物達にも人と同等の扱いをなさいます。

そして、私のトレーナーも、きなこの治療をしてくれました。
普段から、人だけでなく動物の治療もなさる方なので。。

わずかに撫でるように針の先を利用したり、体の緊張をほぐすように優しく施術。
きなこも30分ほどの治療中、娘のお膝にスコ座り(下の写真のようにお腹を出して人間のように座る)をして大人しく治療を受けていました。

どちらも母が見つけたお医者様です。
(トレーナーは芸能関係者の紹介でもありました)
母はいつだって、素晴らしい人に導いてくれます。

今ではすっかり元気。
でも、お目目はちょっと弱っているみたい。

もうおばあちゃんですもの。。仕方ないね。。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11421655.jpg
きなことの出逢いは、近所の歩道。
生まれて1,2ヶ月ほど経っていたような子供猫でした。

ふらふらとビルに寄り添うように歩いていたので「どうしたの?おいで?」と言うと、私のところへやってきて、そのまま私の足にくっつくようについて来ました。

私は猫が大好きですが、ひどい猫アレルギー。
でもどうしても抱っこしたくて、思わずこの子を抱きました。

まるで喜んでいるように、しがみついて、離れません。

母のお店に連れて行くと、同じく猫好きなので喜んで可愛がりました。
でも、実家は食品を扱う製造卸業。

これまでも動物を飼うことは許されませんでした。
(父も無類の動物好きですが、諦めていました)

首輪をしていましたが、名前も住所もわかりません。しかもかなりボロボロです。人懐っこいけど、現在飼われているのか判断に困りました。もし飼い猫だったらご飯をあげるのもいけませんし。。
しばらくの間、可愛がって、元居た場所へと帰しました。

ふと気がつくと、私になんのアレルギーも出ていません。
不思議なこともあるなぁと思いながら、寂しい気持ちになりました。


次の日、母から電話。
「あの子、一人でお店にきたよ!」

急いで母の店に行くと。ニャァニャアと、嬉しそうに過ごしていました。

椅子に腰掛け、膝を叩くと「ニャッ」と飛び乗りました。

降ろして、また膝を叩くと、「ニャッ」と乗っかります。。

そうだ!と思って猫ちゃんと鼻をくっつけてみても、アレルギーが出ません
私の場合、目や口がただれ、触ったところは赤く痒くなります。

でも全く出ません。
(↓きなこの複雑な柄を描くのって、難しいw)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_15382563.jpg

しかしやはり首輪もしている訳だし、とりあえず思いつく全ての病院に迷子猫の捜索がないか問い合わせ、直接連れて行って相談をしました。
するとその院長先生が「こんなに可愛らしい子…人への恐怖心もない。多分、前の飼い主さんに何か事情があったのかもしれませんね…(老衰なさったとか、引っ越されたとか)」と。

ついでにアレルギーのことを伺うと
「あなた達と一緒にいたくて、本能的にアレルゲンを抑えているのかもしれない。動物もね、想いが強いとそんなことだって出来てしまうんですよ。」と。
そんなことが!?と思いましたが、実際本当にこの子にだけアレルギー反応がありません。
(今考えると、私がきなこと一緒に居たくて、アレルギー反応を押さえていたりして?いや、だったらカフェインもなんとかしてくれ!自分!!)


とりあえず張り紙をお願いし、アレルギーも出ないならば私たちで預かって保護することにしました。

その間ずっと、誰かの大事な子なのかもしれないと心配をして、定期的に病院などを回りました…
半年経っても、お迎えはありませんでした。

さらに数ヶ月先なら飼えると申し出てくれるお友達もいましたが、
その時すでに9ヶ月も一緒に過ごして。。

「うちでは猫ちゃんは飼えない」なんて違うだろうと話し合いました。
犬派だった父もメロメロです。

1年間の同居後、この子は『きなこ』として、我が家の一員になりました。

実家の商品の1つくず餅があって…
(葛餅とは違います。『久寿餅』とは関東発祥、葛粉ではなく小麦澱粉を発酵させたもの。しかもタンパクが抜けているのでほぼグルテンフリー。小麦のアレルゲンは不検出ですから、多くの方が安心して召し上がれます。娘も大好き♡)

白と茶色と黒の三毛猫だから『くずもちちゃん』でも良かったのですが。。
それに、前から見ると黒蜜部分が多いですね(笑)

でもきなこの段ボールがお気に入りだったので、きなこに決定しました◎
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_13554688.jpg
正式に飼うことを決めて、すぐに避妊手術をしたら、同時に子宮蓄膿症が見つかり、手術で開腹した瞬間に弾けてしまったそうです。閉鎖型で早く進行しやすく気がつくのが難しい為、どんどん腫れてしまうそうです。
雌猫は患う確率が高いので、そのためにも去勢手術は大切なのだとか。

もし、1年保護している間に自然破裂をしていたら亡くなっていただろうと。

「本当に奇跡のような子ですよ」と先生が仰いました。。


甘えん坊で、ずっと人とくっついていようとします。

自分で毛布やタオルを巻いて歩いていたので(えいちゃんのように)、お洋服を着せてあげたらしっくり来たようです。

お洋服を脱ぐと、お風呂場へ行くようになりました。
人と同じように行動しているのかもしれません(笑)

そして、私が結婚し、娘が産まれて『きなこお姉さん』になりました。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_13554993.jpg
優しい、いい関係でいてくれいています。
娘は産まれた時からニャンコのいる生活…羨ましいかぎり。私の夢の1つでしたもの♡


我が家に来てから、ただの一度も人間を引っ掻いたり噛んだりしたことはありません。

鼻息を共有しても、舌を触っても、肉球を洗ってからちょっと舐めてみても、尻尾をかみかみしても困った顔をするだけ
*どれも迷惑行為。私以外の人は絶対しません。

そんな私のしつこい求愛行動にも、優しく触れて「やめなさい」と抵抗する程度です。
↓右下写真を参照。
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11422042.jpg

私を見ると、よくため息をついています。
でもこうして首をこしょこしょすれば、忘れてくれる(笑)

お風呂上がりで裸ん坊↓
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11422206.jpg
結婚してからはきなこはそのまま実家に住んでいるので、毎日逢えるわけではありませんが、お風呂は主人が入れてあげていて、時々お泊まりにもきます。

母に電話すると、自分も喋ろうと、スマホに向かってすごい大きな声で「にゃーい、にゃんにゃーい」と鳴く&グルグル言い出すので、もはやうるさいレベルで母との会話が成り立ちません(爆)

「うるさいよ」と言うととても悲しそうな顔をして、うつむいて去って行くので、可哀想で。もう諦めてニャーニャー声と戦いながら会話しています(笑)

カリカリを食べている時でも、母が電話をすればカリカリを口からこぼしながらでもやってきて、話そうとして…コラコラコラ、食べるか歩くか喋るか1つにしなさい(ΦωΦ)💦

猫って食べながら歩きます??

ともあれ、少しでも体に良い生き方を見つけながら、沢山愛して、長生きさせてあげたいなと思います。。


我が家の小さな画伯は、スーパーニャンコデーに合わせて、また絵を描いていました。

気づいたらシャシャシャが始まって(笑)
指でコスコスしているので、もう完成間近です。。

*絵を描くとき、時々変な鉛筆の持ち方をしているなと思ったら「シャッシャッの時はこうして書くと面白いのよ」だそうです。こだわりがあるのねw
私には普段から「ママは鉛筆の持ち方がちょっと違うから、すぐ手が痛くなっちゃうのよ。こうすればずっと痛くなく書けるよ?」なんて教えてくれるのですが(笑)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11422711.jpg
完成。

『考えるにゃんこ』

だそうです(笑)

…確かに、何か考えてますね。。。
そして話しかけているようでもあります。

モデルはきなこお姉さんだそうです。
(すっごく喋るしね)
Happy Valentinen & Super Cat Day*˚_d0224894_11422975.jpg

あ...考え、問いかけ、語り合うことは希望なのだと、最初に書いたんだった!

娘なりに、今の頭の中や、希望を表現したのかもしれないなぁ。。


実は、ちょっとここ数週間、心身ともに怒涛だったので、身体に異常が出ました。
詳細は控えますが、痛すぎて一睡も出来ないので、麻酔薬が手放せません。もう!

さらにきつめのお薬を飲むことになってしまい、辛い。クラクラしちゃう。

でも、こうやって楽しい時間や愛のある時間を感じて、サポートしてもらいながらなんとか乗り越えられそう◎

もう3月!
早く復活したいものです。。

では。。

by chihiro_anma_ex | 2022-03-01 22:05

【安間千紘公式ブログ】


by 安間 千紘
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31