Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
思い出のメトロ食堂街…。
こんにちは。

あっという間に10月、、

先日は『中秋の名月』でしたね。

教育現場の今期の部長ちゃんが別のメッセージのやりとりの最後に「先生も是非お時間ありましたら外を覗いてみて、お月様を眺めてみてください♡」と教えてくれ…彼女の美しい心のお陰で、月がいっそう輝いて感じられました。ありがとう。。

今期の作品もようやく進めており、まだ序盤ではありますが、各々ちゃんと心を使って真摯に丁寧に向き合ってくれており安心しています。
そしてなんとも素晴らしいBDプレゼントをもらってしまいました(涙)
この代らしい愛が目一杯詰まっていて大感動!
また今期の様子と共に思い出を記したいと思います(*ˊ ˘ ˋ*)
………………………………………………

さて、今日は切ないお話から。。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_15154249.jpg
GoToも東京が含まれる…とありますが、我が家はもう少し様子をみて緩やかに行動してみようと。。


なので相変わらず…近所か、気分転換にドライブがてら週末の外食だけは大切にしています。(いまだ、家族以外とは連絡のみで食事などはしていません。)



この状況下で、沢山の方に愛されたお店にも変化があったことでしょう。
大好きなお店がなくなってしまうのは、本当に言い表し難いものですよね。。。


コロナの影響だけでなく、再開発でしばしお別れ、、もありますね。


我が家にとって何より馴染みのある新宿駅が2040年頃を目指して『新宿グランドターミナル』を構想しているそうで、大規模な再開発計画が徐々に進んでいます。
その関係であちこちに変化が起きており、なんというか、、想像以上に動揺しています。

まだ先ではありますが、一番馴染みのあるデパート『小田急百貨店』もいずれは約7年ほどかけて建て直しをし、利用できない期間がやってくるようで…今から切ない気持ちに。
*母は長年小田急レディースクラブにも入っていますから、解約したくないなぁと呟いています。

新宿のデパートは、伊勢丹、高島屋、京王、どこも満遍なく利用させて頂いていますし、それぞれお気に入りのお店があります。
でも、小田急は独特な愛着があって、駅直結ながら最上階のエレベーターホールのデザインや天井の高さに変化をつけてあったり、高級感もプラスされていて(老朽化もみて取れますが一生懸命リノベーションも施されて)やっぱり好き。
今はありませんが、別館ハルクのからくり時計(カリヨン時計)も大好きでした…取り壊された時のショックたるや。


そして、、再開発に合わせて、メトロ食堂街が閉店となりました。

昭和41年に開館し、54年間、沢山の方に親しまれた場所です。
昔ながらの造りで天井も低く、昭和を感じさせる雰囲気はずっと健在。
長年続く上質なお店も揃っておりファンも多く、独特な温かみのあるエリアでした。。

(昭和56年生まれの)私も、幼い頃から通い詰めたお店が色々。。
娘が生まれてからも(ほぼ)週に1度はどこかの店舗を利用していたように思います。

こんなに大好きなお店ばかりなのに、実は、私がこの現実を知ったのは、食堂街一帯が閉店した次の日でした。
それほどに、このコロナ禍の数ヶ月、ほとんど訪れていなかったのですね。。
新宿を利用しても、足早に行動し、周囲を見廻していなかったのでしょう。
8月には2度ほど利用したのですが、やはり駅直結なこともあり人も多いとあって、利用を控えてしまっていて…早くこれまでのように通いたいなと心待ちにしておりました。

主人と娘が2人で地下のジューススタンドを利用したようで、その際「こんなマスクケースを頂いたよ」と私に見せてくれ、それが9月の最後の週…(54周年?半端な数字だなぁ、コロナ禍でも頑張ろう!というメッセージかしら、と)なんとなく違和感を覚えました。
今考えるとどうして気がつかなかったのだろう。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_08274302.jpg
10月1日、娘が書道の為に遅くなるとあって、送迎している私の母と食事も済ませることになり、主人と私2人で食事しようと待ち合わせをして、(私だけ先に)お店に向かうと、、ほぼ全店舗に工事のパーテーションが張られていて、目の前が真っ暗…

あのマスクケースがよぎり、スマホで調べると、昨日(9月いっぱい)で閉店と。
心にポッカリ穴が空いて、涙が頬をつたいました。。
1日遅かったなんて、と。。。
(そしてようやく、あのマスクケースの有り難みを理解しました。とても使えないので大事にしまっておきます。)

別のお店へ移動し、落ち着いて主人に連絡をすると主人も同じ反応。


大好きな『良彌』の店長・Eさん、『タカノフルーツパーラー』の可愛いお姉さん・・・娘のこともとても可愛がってくださっていた方々にお礼もお伝えできなかったと心底悔やまれました。
コロナ禍でなければ…とさえ思ってしまって。。

(後に伝えると)娘も、ポロポロと泣き出しました。

食事利用だけでなく、何気なく立ち寄ってお店を覗いて手を振り合うだけでもなんだか嬉しくて…そんなささやかなようで、実は大きな幸せがなくなってしまうのかと思うと、寂しくてしょうがありませんよね。。

そうしたお気持ちの方は沢山いらっしゃると思います。。。

『良彌』はカジュアルな京料理屋さん
本店は京都・嵐山にあり、70年以上の歴史がある京都嵯峨料理を扱う良彌グループの1つです。

ご迷惑を承知で、本店へ電話をし、事情をお伝えしました。。

すると総務部長さんが対応くださり、こちらの気持ちに深く寄り添ってくださって…お優しい声と温かい言葉にとても救われました。
『良彌』の店長のEさん(オランダご出身で、日本、そして京料理の美、奥深さを愛する本当に上品な方)との思い出話や頂いたお優しさをお伝えすると、「こんなに嬉しいことはありません。深いご縁を感じます…」と。。
やはり、愛が満ち溢れている会社さんだから、Eさんのように素晴らしい人材に恵まれるのだなと…つくづく感動しました。


まだ店舗を整理する為に東京に残っていらっしゃるそうで、もしかしたら逢えるかもと、ご親切に教えてくださいました。(さらにはもしすれ違った際も、ご連絡をくださると…)

偶然にもこの日、新宿へ出向くことが出来たので、わずかな可能性にかけて、慌ててささやかな贈り物を持参し家族で寄ってみると…なんと再会が叶いました!!
思わず涙が出てしまって。。
とても驚かれ、そしてすぐに娘に最高の笑顔をくださって。
「もう、我が子のように愛おしいです!」と。。

コロナ禍になる直前にも、数回利用しましたが、ちょうどEさんがお休み&休憩中のことが多く、すれ違ったままでしたので、いっそう心残りだったと伝えました。

小振りなお店ですが、京都の香りを大切にされ、店員さんも大変気持ち良く応対してくださいます。
偶然にも、お店が出来たのも娘の生まれ年で…娘がお出かけ出来るようになって「あのお店なら安心だね」と娘と一緒に(ほぼ初めて)きちんと外食したお店もこちらでした。

思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_03231080.jpg
家から近く、気軽に体に優しい創作京料理を頂ける…
オープン当時は、小上がりの半個室もあって、予約をして利用したことも数回。

店長のEさんとは、すぐに打ち解けて(*ˊ ˘ ˋ*)
家族で楽しく、大切な友人と、仕事帰りに疲れて1人ふらりと、、どんな時も楽しいお話と共に美味しい食事を出してくださいました。
(本当にヘルシーで上品で、お味もいいのです。)
心が幸せだと、お料理もますます美味しく頂けます。

*写真は随分昔のメニューです。データが残っていてよかった。。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_03231205.jpg
時には「新メニューを考案中!」と試食させて頂いたり✩.*˚
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_03352618.jpg

娘に美味しいフレッシュジュースやデザートをサービスしてくださったり。。

思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_03351946.jpg

Eさんは、私のブログを『いつも見てますよ』と言ってくださり、思い出の写真も全部とってあると。。

懐かしい写真です(*^^*)
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_03352482.jpg

Eさんの息子さんも、お父さんに似て物凄くカッコ良くって!
この日も、お写真を見せていただきましたが、もう20歳になってさらに素敵になられていました。

嵐山の総務部長さんからもお伺いしていましたが、Eさんは京都の店舗を担われるそうで、、
逢いに行ける場所が変わっただけ。。と、新たな希望も見つかり、ホッとしました。

10月から渡月橋と共に四季折々の美しさを堪能できる新店もオープンなさるそうです。
『この店舗で頂いた愛を糧に、いっそう励みます』とおっしゃっていました。。

最終日は、ものすごい人数のお客様が駆けつけたそうで、食材も全てなくなり、お客様とゆっくりお話もできずの大賑わいで感動的だったとのこと。愛されたお店ですもの、そうですよね。。💦


今考えると、こうして改めて時間を頂けたことは思いがけない幸いだったのではと感謝ばかりです。
(お片付けのお邪魔をしてしまったことは、大変申し訳なかったですが…)

娘はお礼状を書くことが間に合わなかったので、近いうちにお送りしたいと言っています(˘◡˘)


次は、美しい嵐山でお会いできることを、心から楽しみにしています。
きっと、あちらでも多くの方に幸せをお届けされる事でしょう。。。
素晴らしい時間を、本当にありがとうございました。

(東京店最後の写真がマスク姿であることも思い出深いね、と笑い合いました。)
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_03352908.jpg
私たちが見えなくなるまで、見送ってくださいました。。

温かなご縁が末長く続きますように。。


京都(清水)には、私たちを家族同然に愛してくださる『ととさん・お姉さま』がいらっしゃいます。
今年夏にオープンし、即大人気となっているホテルにも携わってらっしゃって、早く逢いに行きたいとずっと願っています。

2年前の写真。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_06562551.jpg
清水、そして嵐山へと、夢が膨らみます。

どうか少しでも早く、状況が落ち着きますように。。


タカノフルーツパーラーの可愛いお姉さんにも、いつかお会いできないだろうかと、ずっとモヤモヤしています。。
いつでも逢えると思っていたので、本当に寂しい。。
娘もせめてお手紙をお渡ししたい、と泣いていました。


小腹が空いたり、足休めに寄ったり、、娘も何度となく利用させて頂き、その度にお姉さんに可愛がってもらって、、小さな手一杯にお菓子をいただくこともしばしば。お礼を差し上げに寄ったり。。ケーキを買うついでに(他のお客様がいないタイミングで)世間話をしたり。。とても癒されていました。。
美人で愛らしい彼女は、きっと皆様に評判だったことでしょう。

タカノは東口に本店があり時々利用しますが、やはり自然とメトロ食堂街の店舗に足が向いていました。。
お兄さんも紳士的で穏やかで。

幼少から私のベストオブサンドイッチである『クラブハウスサンドイッチ』は、必ずからしマヨネーズを別添えにしてもらっていました💦

というのも、娘用にと店員さんが気遣ってくださり、後付けで食べるのがまた格別に美味しいと気づいてしまったのです。
基本は娘と行っていたので、こっそりハマっていました💦

タカノのサンドイッチ…数えたら100回近く食べているのではないかしら?(大袈裟かな、いや、やはりそれに近い気が…!)
グルテンフリー期間でも、自分の中でこれだけはOKとする場合も(汗)
*この写真は昨年のもの。。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_05223308.jpg

そして『墨繪』も何度利用したでしょうか。
カジュアルなフレンチ料理に、出来立ての絶品パン・・・メニュー表も四季に合わせとても綺麗で、店内の見事な生花も楽しみの1つでした。
私は必ずバターを別注文していました◎

常に行列で、女性に大人気でしたね(*ˊ ˘ ˋ*)
ここ数年は店舗内にミニバルも出来て、カウンターで軽食も頂けました。
テイクアウトのパン屋さんも沢山利用していました。


センタービル店のバルが改装され、今月後半から同じようなフレンチコースも頂けるようになるようです。是非行ってみよう!

これは3年前の写真です。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_05454381.jpg
墨繪はお隣の席が近い造りなので、せっかくのお食事中にご迷惑になることもありますから、あまり写真を撮っていませんでしたが、探したら数枚ありました💦
(他のお客様が映り込むのも勿論避けるべきですし、私自身も、誰かの写真に映り込んでしまうのはいい気持ちはしませんから。。)


*私は得意とまでは言えないけど、お料理を作るのも好き。かと言ってレシピを見てお勉強するきちんとしたタイプでもなく(汗)感覚で作りたがってしまうから、外食を味わう時間はまさにお勉強で、本当に大切にしています。(母も義母も、同じ気持ちのようです)
だから出来れば全部写真に残しておきたいけど…TPOやその場の空気も崩したくないし、静かな空間が好きなだけでなく、そう言った意味でも個室や人の少ない環境がいいなと余計に思ってしまいます。
食器類も、眺めるだけで大好きで・・・もっと大きな食器棚があればいくらでも集めたい。

デパートではテーブルウェアのコーナーが1番好きです。
前世にそういう仕事をしていたのかな?(笑)

こうして懐かしむ時間を考えると、やはり、舌を通して心に残る味わいをこうして写真に残しておくのも大切だなと感じました。


それから『追分だんご本舗』も大好きでした。

こちらも本店は新宿三丁目にあり、風情があってわざわざ出向くこともあります。
お団子はさることながら、お赤飯御膳や、焼き餅入りのきしめんも3世代大好き。
でも、すぐに売り切れてしまうのです(汗)
きしめん、ゆずが効いていてさっぱり美味しい!
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_06553392.jpg

それから、海鮮丼のお店も、気軽にさくっと美味しいマグロ丼(トロロ付き)が頂けて気に入っていました。
ここ1、2年は海外のお客様で賑わっているイメージで、よくトランクなど荷物がはみ出ていたので(笑)混んでいて入店出来ず。


思い出がいっぱいのお店ばかり。
名称も『メトロ食堂街』とちょっとレトロな感じで、余計に胸がキュッとします。。

寂しくて仕方ないけど、いつの日かまたこの場所に心温まるお店が並ぶ日を願っています。。


再開発、、、小田急電鉄と東京メトロの新しいビルは48階建て、260mですって!
2029年を目標にしているそう。

あと9年ということは、私は48歳!!
うわぁぁぁぁ!!!!


主人は51歳!!!!!!!!
ひょえぇぇぇぇ・・・立派なおじさまだ。


あ!
立派な42歳(笑)になった主人のお祝いの写真も一緒に載せておこう♡


主人の会社帰りに合わせて、、会社から程近い表参道の『THE STRINGS』の2階DUMBOにて。
パパ・・・仕事の半分がテレワークになったとしても、やっぱり日焼けは防げなかったようで今年も真っ黒です。私は好きですが。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_07175262.jpg

店内も広いですが、運良く、他のお客様が少ないタイミングで安心してゆっくりと出来ました(*ˊ ˘ ˋ*)

思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_07180811.jpg
娘もだいぶ食べる量が増えてきたので、コース料理を3人前にするか悩みましたが、ここのお子様メニューは可愛らしいので(*ˊ ˘ ˋ*)
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_07274630.jpg
手が止まり一点を見つめ出した・・・のは、、
目の前で特製シーザーサラダを作ってくださっていたから(笑)
「どうぞ近くでご覧くださいね」と声をかけてくださって、席を立って近寄らせていただくと「いつもより長く混ぜちゃおうかな」とにこやかにドレッシングを作ってくださいました( *ˊᵕˋ)
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_07320530.jpg
しばらくして、私に必死に目配せし、こちらも頷くと、別のウェイターさんに娘がそっと「お耳を貸してくれますか?」とお願いし、「お父さんのサプライズのケーキはお願いできますか?」と。


私が事前にお伝えしていましたが、娘も心配になって確認をさせてもらっていました(笑)
母娘でパパにサプライズしよう!と話していたので、せめてもと(;´∀`)

無事に、花火もやってきて、主人も喜んでくれました◎
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_07323490.jpg
ノンカフェインのバニラの紅茶も頂きました。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_07365218.jpg
店内入り口には娘の大好きなオードリーヘップバーンの写真が飾られていて、しばし眺めて嬉しそうにしていました。

8歳になって、すっかりおしゃまっぷりも増して。
いっちょこ前に、お化粧室の鏡で前髪のチェックは欠かせません(笑)

…除菌水も欠かせませんね(汗)
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_07401200.jpg

・・・今回はすっかりお食事の写真ばかり。


しかし、、何度考えても、大好きなお店がなくなってしまうことは、どんなケースであっても寂しいものです。
家族だけでなく、大切なお友達数名とも話題にし、寂しさを埋めました。
そんなお友達とも、本当はお店でゆっくりご飯しながら話したかったな…なんて互い話し、また恋しく過ごしました。

老朽化故の建て直しや、計画があっての前向きな閉店などもあるかと思いますが、今はコロナや様々な影響、思いがけない連鎖によることもありますよね。。
失うのは居場所や、心の拠り所、癒し…色々あるなと、私自身も深く感じています。


寂しく心苦しいニュースも沢山続いていて、巡らす想いは沢山…
どうか、世界中の人々、そして全ての命にとって『大切な存在』が守られることを深く祈ります。


明日は誰にもわからない。
我が家のモットーの1つ「愛と感謝を伝えそびれないこと」
・・・そうわかっていても、上手くいかない時もあるし、唐突のお別れにはどうしたって悔いが残るものです。。

(Eさんともう一度お会いできたことは、本当に幸運でした。)



生徒ちゃんが時を逃さずバッチリ当日に教えてくれたお陰で、じっくり見上げることが出来た綺麗な『中秋の名月』は格別でした。
思い出のメトロ食堂街…。_d0224894_08583748.jpg
では✩.*˚

by chihiro_anma_ex | 2020-10-06 09:07
TOPへ
<< 美容グッズの備忘録。 Birthday…繋いだ手。 >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム