Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚
こんにちは。

梅雨入りしましたね☔️

娘の学校は今週から通常授業。。
雨やら猛暑やらで、先生方も子供達もヘトヘトなことでしょう(汗)
帰ってきたら、まずシャワー💦

私も数日前ようやく、スーパーへ行きました。
あまりにも久しぶりでドキドキ(汗)
空いてそうな時間を狙って店内へ入ると、仲良しの店員さんと再会!「本当にお久しぶりです」とニッコリ110.png

お隣さんから(ベランダ越しに)聞いていた通り、レジはビニールカーテンが活用され、店員さん達もフェイスシールドをしっかり装着なさって、実際に見ると、やはり動きにくそうですし、ご苦労も増すだろうなぁと。「しんどいけど、だんだん慣れてきた!」と言いながら笑顔で商品を並べるご様子に、ますます感謝が増しました。



そうそう。。
前回、学校再開はとても希望のあることだけど、娘とたっぷり一緒に過ごした時間がなくなることがどこか寂しい(いや、ものすごく寂しい)と書きましたが…💦
同じように主人にも夜な夜な話していまして(;^ω^)

すると主人が「会社はこのまま通勤日とテレワークの半々で継続する予定。だからね、小学校が始まって、もう少し世界の状況が落ち着いた頃にはさ、平日に2人でランチ出来たり、一緒の時間も増えるんだってね、そっちを楽しみに出来るようになるんやないかな。一加のいない時間は寂しいけど、俺は、これからの新しい2人の時間も楽しみやなぁと思ってる。」と。

そうか。。今後は新たにそんな嬉しい時間も持てるかもしれないんだね。。

その話を義母にすると「そうかそうか…ほんまエエ関係や!」と。
私の母に伝えたら、涙していました。

娘にも話すと「私は学校でみんなと美味しい給食を食べて、ママはパパと美味しいランチをするんだね。それってなんだかイイよね!みんな嬉しい時間よね。」ですって(;^ω^)
*主人曰く、私の話し方や言葉選びにそっくりなんだとか105.png

学校は当分、班を作らずに静かに頂く給食ですが、時々お隣の子とニッコリしながら食べるんだと、嬉しそうに教えてくれました。


「どんな時も プラス1のひらめきと 思いやりを。」
私が、娘に名付けた祈りは、夫婦の軸にもなっているんだと、改めて思いました。

果てしなく優しい主人に、ただただ感謝しています。


世界のあちこちで混乱と不安は続いていますし、経済も回って欲しい。課題や問題も多く、考えさせられることはいっぱい。
ですが、新しい形の希望や、思いがけない良い時間を発見している人も、きっと沢山いらっしゃるのではないかと。

まだまだ先は見通せない中で、現実から目をそらすのではなく、少し違う角度から見てみる心だけはずっと持っていたいですね。。


…ともあれ、主人のことを変わらず、いや、もっともっともーっと、大事にしたいと心底思うこの頃です。


という、ノロケの小噺でございました(汗)


それから。
娘の学校再開を機に、トレーナーとも話し合って、数年ぶりにグルテンフリー生活も再開!
すっかりスイッチが入ったので、こちらも楽しんで取り組んでいます♪
またいつかのタイミングで書こう。



さて、
今日の最初のお話は。。

前回のブログでも少し触れましたが、
今年卒業した教育現場の生徒ちゃん達から、素晴らしい贈り物が届いたことから(˘◡˘)✩.*˚
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_08234690.jpg
集大成であり、新たなスタートでもある『卒業公演』もなくなり、卒業式も縮小。。

この代の子達に最後に会ったのは、2月の半ばすぎ。
卒業公演の為のリハーサルでした。
受験と重なって来れなかった子もいました…

その時点で、コロナ関連の報道が少しづつされ始め、生徒達とも見えない不安を感じてはいましたが。。今の世界的な流行など予想もしていなかったタイミング。

でも、なんでかしら。

このまま会えなくなるような寂しい想いが込み上げてきて、いつになく話が長くなって。。
(実際は2週間後には公演で逢える予定でした)

この代に贈った作品は、楽曲と出逢った瞬間に、彼女達の笑顔が浮かび、朗らかで優しいこの代の子達に贈りたい、一緒に創りたいと強く思ったジャズナンバー。
「素晴らしき冒険の始まりね!」と笑顔で振り付け開始した日も、ついこの間のようです。

↓生徒ちゃんにとって1つの大きな目標であり節目である、大事な本番…昨年度のブログです。

彼女達が「受験勉強でなまっちゃった(汗)」と言いながらも笑顔はじかせ踊る姿に、改めて感動しました。

卒業までにはまだもう少しあるのに、この日が見納めかもしれないとさえ思ってしまって、泣くのを堪えるのに必死で、「またすぐ本番で会えるけど、やっぱり寂しいなぁ」と言いながら、学校を後にしました。。

そして、、嫌な予感も的中し、時は無情に訪れ…卒業。

最後に抱きしめたかったなぁ、ほっぺをギュッとしたかったなぁ。


数ヶ月経ち、自粛生活ももはや平常になった頃。
卒業生のMちゃんからメールが。。

(以下、内容は割愛しています)
『今日安間先生のお家宛にとある荷物を、お送りしました!
本当は直接お会いして渡したかったのですが、こんな時期なので、配送という形にさせて頂きました💦安全なものなので、安心して開けてください(笑)
暗いニュースばかりで気分が落ち込んでしまうこともありますが、私たちからのプレゼントで少しでも安間先生といっちゃんに、喜んでもらえたら、嬉しいです!』と!!

そして届いたのは、、、素敵な寄せ書き!!
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_08234357.jpg
デザインがまたとても凝っていて。。

私が贈った作品『Odyssey!!』のお衣装がフェルトで再現されている!!!
幕も可愛い。。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17313383.jpg

貼り付けられた封筒には、想いがたっぷり綴られたお手紙たち!!

娘へのデザインもまた素晴らしくて。
娘の大好きなハシビロコウさんが、美しいグラデーションで描かれていて素敵!!!

みんなのLiveの時に客入れスタッフをしている時の写真もあったりして…なんとまぁいつになく、母親心まで深く汲み取ってくれて。。。(涙)

*私は、幼い娘が生徒ちゃん達の本番を支えたいと自ら行動できること、その心を生かす場所に恵まれていることが、何より嬉しいのです。芸術空間が常に神聖な場所であることを理解しながら、できることを見つけ、楽しんで取り組む姿勢を覚えていく、、生徒ちゃんとの交流が、娘にとってどれほど素晴らしい学びであるか。。。

娘も、1つ1つのお手紙を大事に噛み締めながら読んでいました。
なんて幸せものでしょう。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17313685.jpg
右端のハシビロコウさんに乗って大笑いしている写真、実は娘を抱いている手が現在育休に入られている顧問Y先生であることも、、とってもほっこり♡
(Y先生のご出産のことなどは、またいつの日か。。自粛期間中に何度かお電話したり、可愛い可愛い赤ちゃんも交えて娘と4人でテレビ電話したりもして…定期的に成長の様子を送ってくれ、本当に素敵な時間を頂いています。)


そういえば、この代は引退の時に、私の主人にまで可愛い色紙を描いてくれたんだっけ。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23371387.jpg

今回もらった愛情たっぷりのお手紙達を読みながら、、
色んな思い出を振り返って、、ポロポロと嬉し泣き。
こんなに沢山の心をありがとう。

私も、本当に本当に、大好きです。

素晴らしい宝物が、また増えました。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_00091817.jpg
代表して送ってくれた子は、きちんと『15期 代筆』としてお手紙も添えてくれていて本当に立派。

すぐさま、お礼の電話をしました。

最初に娘がかけて驚かせると、そのまま随分とお相手してくれて(笑)
電話口が私と替わると「いっちゃんとの会話、録音すればよかった!ってくらい、嬉しかったです」なんて、どこまで優しいのでしょう。。

そのまま、話に花が咲いて、、
感謝も沢山伝えました。。

ALLオンライン授業となった大学生活の日々のこと、今感じていること、自粛期間もちゃんと前向きに上手に生活していること。。。
沢山話し、Mちゃんを通して皆を感じられ、本当に良い時間でした。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23535697.jpg
高校の現役ちゃん達のことも話しました。

先ほど載せた過去ブログにあったように、毎年恒例の、プロの敏腕スタッフさんの中で届ける舞台も中止になってしまい…
昨年度は1年生としてしっかりと会場スタッフをさせて頂き(この経験が日頃学んでいる舞台マナーを生かす大きな機会にもなっています)、今年は自分たちがステージに立つ番でしたのに。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23454345.jpg
これまで、沢山の苦難を乗り越え、各々に芸術を通して、様々な愛や正義を学び、ちゃんと笑ってちゃんと泣いて、信念を磨いてきた現3年生が、その日をどれだけ楽しみにしていただろうと思うと、胸が張り裂けそうでした。
加えて、卒業生(先輩)を送り出せなかったことも、とてもショックだったと思います。


思うことはいっぱいあるでしょうに、グッと心を切り替えて、何より今は命が大切なことや、行動1つの重みを理解しながら、「私たちは学生だから、今は何をすれば良いか明確。でも大人達は本当に大変だと思う。」「希望と元気だけは保って、お家で迷惑にならない程度に踊って、備えます!」と、大人や社会全体への思いやりも忘れず、健やかに過ごしている彼女達に、私や私の家族、そして私の周囲も胸が熱くなりました。
*つい先日も、ある現役ちゃんからメッセージがあり、すでに受験にむけて必死に取り組んでいるとのこと。。こうして繋がっているだけでも嬉しいね、とのやりとりをしたばかり。

そして、卒業生Mちゃんが「新しい2年生もきっと不安でしょうがないですよね。安間先生はきっと、新しい子達に面白い作品を用意していたんだろうなと思うと、本当複雑です。。」と。

本当にそうなのです。。

ただ不思議なことに、普段ならば新学期が始まってから新2年生とじっくり個人面談もしながら向き合うのですが、昨年のクリスマスLive終演後、自然な流れで、気がつけば今の新2年生のみが私の周囲に集まる瞬間があって、、「実はこの代にぴったりだなって、描いている構想があるの」と、半年以上先のことまで話していて。

わずかな時間でしたが、一人一人の目を見て過ごせたことはとても印象的でした。

あの時、こちらの話をワクワクと聞いてくれた新2年生の綺麗な瞳たちが、心から離れません。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23443670.jpg

学生には期限があります。

それが青春です。

だからこそ、この不測の事態はなんと言っていいか。。
自然災害が起きた時の衝撃ともまた違う不安の連続なのですものね。。

現実的に何ができるか、それを考えるタイミングすら、もう少し先になってしまうのだろうな。。


18年目を迎えた、教育現場での指導。

私の存在は、1つの"スパイス"です。
テクニックに加え、あらゆる『学び方』のヒントを伝えることで、個々の世界がいっそう花開けばと願い…微力であっても、頂いた立場の中で可能性を探りつつ、私なりに責任を持って、嘘なく厳しく、精一杯の愛を込めて指導させていただいてきました。。
時代と共に、移り変わるカタチも沢山ありますが、基本理念は変わりません。

学ぶ姿勢次第で、些細な出来事も栄養になり、いつかの自分を癒し、勇気を与え…大切な人を愛することに繋がる・・・
そして、どんな状況下であっても、自分を信じてあげることができるはず。。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_23472719.jpg
人生は1度きりですが、誰かを想う気持ちを通して、心は沢山の経験をします。
せっかく自ら選んだ場所。目一杯駆け抜けて欲しい。
(そんなこと、言わなくたって出来ちゃったりしますが💦)

女子高生らしいおバカちゃんなことだってちゃんと経験して…
十分に理解しているはずだと思っていた事がひっくり返るほど、自分を許せないようなミスや後悔もして…

(私の知らない部活外の楽しい学校生活も時々教えてくれたりもして)
一人一人の大切な青春のカケラ達が作品に反映されてカタチになっていきます。。

私の言葉も、彼女達が上手にキャッチしてくれ、たとえ最初は『?』であっても、とにかく実践し、いつの間にか自分らしさの中に溶け込み、品性としてプラスされ・・・何気ない仕草すら磨かれていく様子は、本当に素敵です。

どの代も、、各々が奇跡のような真実の輝きを見つけ出し、ステージで堂々と想いを届けています。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_00074478.jpg
数えれば、私の指導の時間はわずかなものなのですが、こんなにも愛おしく、離れていても、肌で感じることができる愛情を育めていることは、何においても、彼女達の受け入れる器=『心』が清らかであったから。
彼女たちの美しい心によって活かされたからこそ、輝くのですよね。

私は、彼女達に嘘はつきません。
だって、清らかな心には、なんだって見抜かれてしまいますもの。

ゆえに、彼女達と過ごす時間は、私の芸術の原点や、人生の軸を確かめる貴重な機会であり、代え難い学びです。。
物心ついた時から芸術一本でやってきた私にとって『学生時代』には深い思い入れや憧れがあったことも加わって、こんなに大勢の青春の一部と触れ合う機会をもらっていることは、大きな贈り物なのだと思っています。

学生の時にしたかったことを、心豊かな彼女達を通して、叶えているような気にすらさせてくれるのですから。

余談ですが、、
ビートたけしさんと幼少期に共演させていただいた時、2人のシーンの撮影前に私をじっと見つめ「君はずっとこの仕事をしていくだろうけど、なんだろね、学校の先生みたいなのもやったりしちゃうかもね。」なんて仰ったことが、こんな風に繋がってゆくなんて、何度考えても驚きです。さすが巨匠、何かを見通してらっしゃったのでしょう。。
なんの資格もない私が、教育現場でこんなに長く指導させて頂くとは、思ってもみないご縁でしたもの。。

やはり、、与えられているのは私の方なのです。



そんな素敵なこの場所も、勿論まだまだ稼働できずにいます。

学生として、まずは勉学を軌道に乗せなくては。。
受験も、心配が募るばかりでしょう。

文武両道を目指していましたし、部活動が学業への活力になっていた子が多いのも、事実です。

「本当は踊りたいです」
時に大人よりも冷静に振舞う彼女達が、正直にそう話してくれてどこかホッとしています。

どうか、彼女達の近い未来が、心身のびのび、豊かに過ごせる環境でありますように。。

課題も多いですし、各家庭の考えもおありでしょう。
顧問の先生方とよく話し合いながら、
焦らず丁寧に、出来ることを大切に、真摯に向き合いたいと、、
今は、愛おしい生徒ちゃん達のお顔を浮かべながら、まだ見えない『その時』を待っています。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_00553240.jpg
明日は、誰にもわからない。

「ありがとう、素敵だね、綺麗だね、嬉しいな、、大好きだよ、愛してるよ、、心に生まれたあたたかい言葉は、思った時に伝えようね。だって、明日何が起きるか、誰にもわからないのだから。」

つい先日も娘に話したばかりです。

日本人は察しの美学を持ち合わせておりますし、奥ゆかしい愛情表現も大切にしたいと思っていますが、
私はその品性に並行して、時を逃さない感覚も大事にしようねと、娘に常々伝えています。

今回のような状況下ではいっそう、そう感じますね。。


後悔から得る学びも重要で、それがきっかけになることだってあるけれど(私も沢山あります)、あたたかい言葉は、相手も自分も、傷付けません。
*何事も押し付けてはいけませんし、TPOも大事ですが…💦

未来に希望を持つことにも、繋がりますものね。

「お姉ちゃん達も、学校に行けなくって、踊れなくって、きっと寂しいだろうね。。でも、心の中でいっぱい踊っているよね。いつか逢えるから大丈夫って、頑張っているんだよね。。会いたいなぁ。。」

家に飾ってある大好きな生徒ちゃん達の写真や寄せ書きを眺めるたびに、娘はそう言っていました。

愛を伝えることが、娘にとって自然体なのも、日々の生活や経験に加え、教育現場に(真剣に)見学にきていた時間に生徒ちゃん達がくれた沢山の愛の存在が大いに後押ししてくれていると感じています。


私だけでなく、娘のことも幸せにしてくれる、大切な場所です。
本当にありがとう。。

………………………………………………

自粛期間の娘とのお家時間の思い出写真。

この日は『草原でピクニック&屋外勉強会』という設定だったのですが、、
ま、家のリビングのラグでシートを広げているだけですね(笑)
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_02572494.jpg
娘がぬいぐるみちゃん達に先生をしながら、色んなお勉強をしている、、つもり(汗)
英語の発音の勉強中のようでマイクも登場(;´∀`)

後ろのくまさん夫婦(ヴァナゴンパパとヴァナゴンママ)は絶妙なバランスでダラけて参観(笑)

そして、これは今年3年生になる生徒ちゃんのお母様から頂いたプレゼント。
これがまた、最高に可愛い&無限に遊べる、ストーリーを作っていくカードゲーム。
『eeBoo Create and Tell Me A Story Cards  Back to School』
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_02534824.jpg
当時頂いたメッセージカードも、箱の内側に貼って保管しているので、遊ぶ時は必ず読み返しニッコリ(*ˊ ˘ ˋ*)

我が家は、頂いたものは可能な限りそうしています💦
例えば絵本の内側にお手紙を貼っておいたりして。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03142606.jpg

ちなみに、このカードゲームといつもセットで遊ぶのが、ボーイフレンド君からの贈り物の、サイコロでストーリーを作っていくRory's Story Cubes
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03143984.jpg

お家ピクニック用の旅行バックの中身がちらりと見えて、思わず二度見( ☉_☉)
な、、なんで札束が!!!!!

と思ったら、主人が数年前に会社の忘年会のビンゴで当たった粗品の札束メモでした(笑)
何処にいったかと思ったら、娘にあげたのだった。。
旅行バックに入れるなんて。。まぁ、間違ってないか105.png
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03144344.jpg

ちっちゃなトナカイさんも、3年前の生徒ちゃんから貰ったもの♡.*˚

他にも4年前の生徒ちゃん達から貰ったピンクのKineticSandで遊んだり(ベランダ)
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03304180.jpg

生徒ちゃんから様々な折に貰った沢山の寄せ書き達、、、
折り紙セットや、文房具、絵本や、ぬいぐるみちゃんや、ユニークなおもちゃ達、食器やカトラリー、家電、美容グッズに、おもしろグッズ、、、とにかく、お家の中には、17年間分の生徒ちゃん達の贈り物に囲まれていて、どんな時も、その優しさを感じています♡


モノを大切にすることには、今では伝える側の私たち夫婦以上に重きを置いている娘。

同時に、誰から貰ったのかを思い出しては「嬉しかったよね」と話しますし、0歳〜3歳頃に頂いたものは「おちびちゃんだったから、覚えてないんだけど、ママの写真で見て、ちゃんとわかってるよ」と嬉しそうです。

うふふ。。

卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_04365409.gif



次回は、、、
まだまだある、たわいもない自粛期間の思い出を書こうかな。


美術館へ行けない代わりに、娘が『モネカ』になってモネの睡蓮を模写したり、
なぜかオードリーヘップバーンになりきってピアノを弾いてみたり、
ついに私の父からギターを貰って、大喜びで練習したり、、

自粛中の最大の贅沢?として買い集めた絵本のことなど、、、


あ!!!!!


梅雨入りと同時に、我が家の家電達が、、、、
ついに本格的に怪しい動きを見せ始めました(lll-ω-)


電子レンジ(日立のヘルシーシェフ)は少し前にも動かなくなって、「どうしたんだ~い(涙)寝てるのか〜い(涙)」と何度かコンコン(時にはドンドン)と古典的に訴えたら、目を覚してくれたのですが、またうつらうつらと、次は永眠なさりそう149.png

新居を買った約9年前に家電も家具も全て同時に購入した為、悲しい日も同時にやってくることは大体覚悟していたけど、ついにその時が近づいているのね。。(ダイソン掃除機と炊飯器は義母が買い替えてくれましたが、炊飯器はまた様子が…134.png)

恐怖の『家電ほぼ総入れ替え』
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_05110544.jpg
でも、家電選びは楽しい♪お引っ越しみたい♡
と、割り切って前向きに、、、(;^ω^)


しかも!
つい先日はお風呂のガスがおかしくなり、冷水と温水が勝手に交互に出てきてエライことに(爆)
メーカーごとお取り替え工事!!
*すでに工事済
なんで重なるの。。(T∀T)トホホ

…数週間前の自粛期間だったら、お願いできない(&控えてしまった)でしょうから、これもまた幸いといえばそうかな。。

そして自粛期間中にハイタイプのテレビボードを買い替えたのと、先日、ウォーターサーバーも機種変(メーカーは同じフレシャス)したので、もう家の中が一気に様変わりです。。。

そんなことも、家電達が届いたら書こうかな(汗)



*オマケ*
娘の新しいマスク。

母が、バレエ用品専門店のサイト(primaqua)で見つけたそうで、娘と私にお揃いで買ってくれていました♪

生成りのコットン100%の優しい生地で出来たフリルマスク♡

フリルもさり気なくて、とってもお気に入り。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17463959.jpg
大人用は接触冷感仕様。
そしてすぐに完売になったようです。。。💦
(母もよく見つけて、買えたなぁ)

自粛が緩和され、、人の少ない時間を選んで、母のところまで夕涼みのお散歩もできるようになって、それだけでも嬉しいものです。
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_17463710.jpg
これはご近所用にして、学校用には、前にも載せたシルクタイプの冷感マスク等を活用しています。

ご近所用…『お出かけ用』と呼べない感覚が、まさに現実ですね💦


冬場はもともと予防でつける習慣があり、娘も抵抗がないタイプですが、真夏のマスク、、「学校で苦しくない?暑くない?」と何度も確認💦
「お教室はクーラーがあってちょっと寒い位だし、このマスク(シルクタイプ)はお外でも全然平気!」とのこと。

Silkool light(極薄シルクの抗菌マスク)
卒業生ちゃん達からの贈り物✩.*˚_d0224894_03293127.jpg
こちらは本当に呼吸も快適で、涼しい( ・ᴗ・ )☆*。

学校再開前に、良いマスクに出逢えていてよかったです💦
しかし、、まさか真夏にマスクで悩むなんて💨




我が家からは都庁のライトアップが目の前に見えます。

レインボーカラーになっていても、収束した訳ではなく、、
都内はやっぱりまだまだ油断できませんね。。。


では✩.*˚
by chihiro_anma_ex | 2020-06-16 09:13
TOPへ
<< Gabrielle Vince... フィットネスバイク、芍薬…娘の... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム