Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。
こんにちは。

ウィルス、、まだまだ長引きそうですね。。
そして都心に大雪。。。
雪景色は綺麗だけど、妙な天候にドキッとします。

どこか胸が締め付けられる。


NYの大学に留学している、教え子であり、元・名倉ジャズダンスカンパニーの後輩の将太も帰国しました。
ずっと気にかけていましたが、さすがに心配になって連絡をしたら、まさに帰国する飛行機の中だったようで「千紘先生の連絡がドンピシャでビックリしました〜」と。
離れていても、心は繋がっているんだね、なんて。

彼は現在、自宅とは別に安全に待機が出来る環境に恵まれ(会うのは家族でもご両親のみ)、大学のオンライン授業を受けるために昼夜逆転生活をしているそう。
カレッジのお友達のことがとても気がかりだそうです。皆それぞれ事情も環境も違いますものね。。
NYの様子も、いろいろと教えてくれました。。

そんな彼の元に食事を届けに行ったお母様が電話をくださり、私の娘も一緒に4人で電話をスピーカーにして会話をしました。

心を沢山共有し、リフレッシュにもなりました。
当分逢えないけれど、こうして支え合える関係を有り難く思います。
こんな時間も、いつの日か思い出になるのですね。。
彼含め、カレッジの皆さんが安全に学べる日を祈っています。


あらゆる場所で、厳しく苦しい決断が余儀なくされている今。

工夫をしポジティブに切り替え、実行出来ている人も多いでしょうが、心のどこかでポッカリと穴が開いたような感覚は否定できません。


『不要不急、自粛』どんな言葉もそうですが、人によって捉え方の違いは出てしまうものです。。

ただ、日々大切にしている活動や仕事、精魂込めて向き合っていることを不要と呼ぶのは、残酷です。
今の自分そのものを奪われたような気持ちにさえなるのだと思います。

正しい選択、行動をしていても、
冷静に、そしてポジティブに行動していても、気づかぬうちに心がどこかに引っ張られてしまう人もいるでしょう。
自己判断だからしたいようにする…結果、身勝手な行動をしてしまう人もいるでしょう。


言葉って、難しい。。
ですが、日本には様々な美学がある。
心動かす言葉が沢山あります。
今こそ、活かせたらいいのにと思いますが、、どうしたらいいのかな。
そんな話を夫婦でしています。

見えないウィルスとの出来事ですから、なおのことなのかなと。。

私の中では、適した言葉がまだみつからないけれど
とにかく
「自分もかかっているかもしれない」という気持ちで、常に慎重に出来うる限りの行動を努めたいです。


前回の雪降るホワイトデーの日、
家族で数週間ぶりに、ドキドキしながらも車で出かけた話を書きましたが、、

あれからまた、すっかりお家にいます。
(娘は相変わらずのびのびとしていて、救いです)

ですが、そんな我が家に、まるで春が来たような、嬉しい贈り物が届きました。

今日はそんなお話。
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_12132242.jpg
つい先日、私の幼稚園時代のお友達『エリちゃん』から小包が届きました。

彼女は、幼稚園の時は仲のいいクラスメイトでしたが、お引っ越しをされて、残念なことにそれ以来一度も連絡を取っていませんでした。
幼いながらではありますが、私は彼女の優しさをずっと覚えていました。

数年前のこと。

突然私のブログの下部に記載しているオフィシャルメールを通して、きちんと私宛に次回出演舞台のチケット予約がありました。
本当はチケットセンターを利用するつもりだったけど、あえて連絡をくれたのだそうです。

幼少の頃から変わらない思いやりと優しさ溢れるメッセージに大感動し、すぐに電話をすると、
「勇気出して連絡して良かった!」と、30年ぶりに聞く、大人になった彼女の声に癒されました。
それ依頼、年に1度はお食事をし、時々電話をする仲になりました。

愛情深く、頭脳明晰、会話は品があって、心地よい。そして面白い。
故にお仕事もお役目が多く、責任感も相まってなかなか休めていなさそうでちょっと心配。


いつかのお食事会の帰りには、私よりも小さな身体なのに、人が多く揺れる電車の中ではとっさに私を守ろうとしてくれたり、モラルに欠ける行動をした人と偶然居合わせてしまった時も、私より遠くにいたのに、冷静に対処してくれたり、彼女の行動はいつも勇気と優しさでいっぱい。

誕生日には温かいメッセージをくれ、
娘のことも、まるで親戚のように愛してくれて。

いつも、再会が叶ったことに感謝しています。


これまでも娘を想った素敵な贈り物をしてくれるのだけど、
今回は、このタイミングで届いた小包。

添えられたお手紙には
「昨年の入学祝いをしそびれちゃっていたのが、ずっと引っかかっていて。」
「家にいる時間が増えてしまったと思うので、気分転換になればいいなと思います。」と。

なんと、
一年越しの娘への入学祝いでした。

目頭が熱くなりました。
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_18065730.jpg
娘への温もりあるお手紙には丁寧なルビがふってありました。
でも、1年生で習うであろう漢字『花』にはルビがなし。

嬉しそうに読み上げた娘が、そんな優しさに気がつき「エリちゃん(彼女の名)、私が読めるだろうなってわかってくれたんだね!」と、いっそう嬉しそうでした。


そして、エリちゃんが選んでくれたのは
なんとも美しい色鉛筆。。。

『花色鉛筆』『雪色鉛筆』
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_18125052.jpg
鉛筆自体が、お花や雪の結晶の形になっている!!!
それだけでも美しいのに、、、

(以下、製品サイトから抜粋します)
………………………………………………
花色鉛筆は、日本を代表する伝統的な「花のかたち」と「花の色」を持ち、削りかすが花びらになるなど、心が楽しくなる色鉛筆です。
雪色鉛筆は、空から舞い降りる雪の「かたち」と煌く「色」をもつ色鉛筆

どちらも廃棄古紙を主原料とした環境にやさしい素材を用いていて、リサイクルであると同時に、プラスチックと同じ成形方法で製造されるため素材のロスも出しません。
………………………………………………
とのこと。。

なんて、なんて素敵!!!!!
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_18215342.jpg
桜・紅梅・蒲公英・常磐・桔梗、、、
金銀白の雪の結晶、、

あぁ、本当に美しい。


娘もそれはそれは感動していました。

「可愛い。。絶対にサヨナラしたくない。捨てないでもいい?」
削りかすは、全て木箱に入れて宝物にすることに(*ˊ ˘ ˋ*)

娘を観察していると、彼女の工作は、ほとんどロスを出さないのです。
残った紙切れや切れ端も、大事にとっておいて、何かに活用する。

そんな感覚、、いつまでも持っていて欲しいものです。

夏休みの手作り絵本も、まさにそんな工夫が娘なりにたっぷりで、有難くも学校で表彰して頂きました。


親バカですが、命やモノを大切にすることはよく分かっている、そんな娘にこの色鉛筆を贈ってくれたこと、感動です。

(お手紙には、鉛筆削りを使うときの注意も優しく記載してくれていました)
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_18302685.jpg
そして、同じブランドの塗り絵が出来るポストカードや、猫ちゃんのシールや付箋もつけてくれていました。

『愛猫きなこ』のことを知ってか、三毛猫ちゃんがいっぱい(涙)
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_18331635.jpg
その日の夜に母娘で電話しお礼を伝え。
そのまま久しぶりにゆっくりと会話を楽しみました。

そして、
娘は明くる日、早速もらったポストカードを使って、お礼状を書きました。

「どれも好き。・・・でも、きっとエリちゃんはこれが喜びそう。」
と選んだのは、蒲公英(たんぽぽ)ちゃん。

・・・花びらに見える一枚一枚が1つの花で、200以上の花の集合体が『たんぽぽ』なのですよね(*ˊ ˘ ˋ*)
大家族?いや1つの社会になっているのかもしれません。

たんぽぽの魅力、幼い頃に図鑑か何かで覚えたような記憶です。

娘は相変わらず、細かく色分けして、、
心をたっぷり込めて塗っていました。
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_19072595.jpg

五色で塗った方に、ニッコリ顔を書き足して。。
「こっちがえりちゃん。だから、にこって優しそうでしょ。」ですって。

本当だ♡.*˚
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_19162135.jpg

もう一方は、自分だそう。
桜と梅と蒲公英色の三色ですね♪

茎(正確には特殊な花茎だそう)と葉っぱは、金銀の雪色鉛筆を使ったようです。

仲良しタンポポちゃん、お洒落な感じになりましたね(*ˊ ˘ ˋ*)
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_19175240.jpg

春らしいお礼を届けたくて、、Afternoon Teaにて、お揃いのコンパクトドリンクボトルや、タオル、コスメにおやつ等。。えりちゃんらしい優しい色合いの贈り物を選びました。

しばらくして、またえりちゃんから連絡がありました。

プレゼントも気に入ってもらえたようで「おばちゃん泣いちゃう」ですって(笑)

・・・そう。
私たちは、そこそこおばちゃん(38歳)なのです(笑)


娘のカードもお部屋に飾ってくれているとのこと。
「タンポポさんが嬉しそうに咲いているのが伝わって、花火みたいに綺麗」と喜んでくれ、、娘が夢中で取り組んでいる習字のことにまで触れ、エールを送ってくれました。

そのことを娘に伝えると「嬉しい!喜んでくれたんだね。良かったよ…エリちゃん優しいよね。。あのね、エリちゃんに聞いて欲しいの。何色が好き?って。(今回のプレゼントを)ピンク好きかなぁ…エリちゃんに似合うかなぁって思って選んだじゃない?でも、1番好きな色を知ってたら、これからはそれを選びたいんだもん。」と(笑)

その通り送信すると、ちゃんとお相手してくれて、好きな色を教えてくれ、贈り物の色合いも気に入ってくれていると( *ˊᵕˋ)

で、娘はまた伝達を私に依頼しました。
私はサクラピンクと淡いパープルと薄茶色、あ、淡いベージュ?と、、さわわか(爽やか)なグリーンが好きよって伝えて?」

さわわか。。。?(笑)
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_00354468.jpg

お姉さん風にカッコつけて言いたかったのでしょう(笑)
「もう一回言ってみて?」
というと、
「さわぁわか、さわかや、ささわか、、さ、さ、さぁ〜わぁ〜やぁ〜か!」
沢山練習して、言えるようになり(;^ω^)

LINEのボイスメッセージ機能を使って、エリちゃんにも娘の正しい『爽やか』をお届けしました(笑)

そんな成長?もリアルタイムに見守ってもらえて、本当に、親戚のようです(˘◡˘)
何から何まで、ありがとう。

この不測の事態の中でも、
素敵な思い出が増えました。

彼女は変わらず通勤し、会社の皆様と共に、頑張って働いているそうです。。
健康と幸せを祈っています。。。


そうそう。
娘がポストカードを絵付けした同じ日。

ネットで注文していた素敵なゲームが届きました!
(訳あって、2回目。理由は後ほど。)

それは、、

チェス✨
しかもガラス製!!
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_20272130.jpg
なぜチェスかというと、、

我が家でハマっている海外ドラマがきっかけ。

普段、ニュースと教育テレビ以外、あまりテレビは見ないのですが、、
(テレビ欄を観て気になるものは録画しています♪)

私が昔から海外ドラマが好きで、よくDVDを買っていたので、主人が数年前にHuluに入ってくれました。

ただ、特別気に入ったものはやっぱりDVDでコレクションしたい。

だって、特典映像に作品の背景が詰め込まれていて、スタッフやキャストの想いを知れて益々楽しめるのですもの。
どハマりした『BONES』はもちろん全て持っています♪

で、、ここ最近はSCORPION(スコーピオン)』
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_20325284.jpg

実在する人物、ウォルター・オブライエンを中心に、合計IQが700を超える天才集団4人組と、IQの高い息子を持った女性、そしてベテラン捜査官が、様々な問題を解決してゆく、人間ドラマ。
制作総指揮の1人はウォルター・オブライエン氏ご本人!
CBCでシーズン4まで放映され2年前に終了してしまった作品です。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
✱追記
少々ネタバレになってしまいますが、、
私だけ全シーズンを観てしまった感想。
最終回は個人的にとっても残念。きっと打ち切りになり、本来シーズン5に投下予定のストーリーが回収出来なかった、、かな。
シーズン3まではワクワク観ていたのですが、4ではキャッチーなサブキャラクターも登場が減り、全体的に妙な雰囲気が多くてスカッとしない。。

「BONES」や「CASTLE」のように長く続いて欲しかったなぁ。。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

設定などもベタでしょうし、無茶な展開も満載。とにかく説明セリフが多くてテンポも早くて、もう大忙し(笑)
でも作品の軸は『笑いと人間ドラマ』…能力がとてつもなく高い人物たち故の心の動きがユーモアたっぷり、そして情熱的に描かれ、例えベタであっても、私も主人も娘もハマってしまいました(╹◡╹)
あちこちでクスッと笑えるし、何度も泣いてしまう(汗)

私がHuluで観て、娘に観せると面白い!となり、改めて主人と観て、、母にも。第一話は何回見たことか(笑)💦

キャストもみなさんキュートでセクシーで魅力的。
娘は特にふとっちょの天才数学者シルベスターの優しさにとても惹かれているそう、私は行動心理学者トビーと、メカニックの天才ハッピーの関係が好き。

余談ですが、母は学生時代IQ120だったそう。
でも中学三年生のある日、日誌か何か?に「新聞に目を通す」を「親分(おやぶん)に目を通す」と書き間違えて、担任の先生に呼び出されたと言っていました(笑)「あのIQは活かせないのか?」と、職員室では先生陣が大笑いして待ち受けていたそうです(笑)
なので「弾みで取っただけのスコアだわ」とよく言っています(T▽T)

もちろん娘には難しい部分(言葉や表現)もあるけれど、好きな回は繰り返し観たり、相当のめり込んでいます。
大人のドラマですが、複雑な恋愛模様があっても、ラブシーンもライトで少なめなので💦
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_01272128.jpg
その第一話で、9歳の男の子が、母親の勤めるダイナーのカウンターのすみで静かにお店の調味料の瓶(お塩やタバスコ)を集め、並べていじっていることを店長さんに怒られるのですが…実は、それはチェスに見立てて遊んでいたことを主人公等が見抜くことから、物語がいっそう紡がれて行きます。

それをみて「やっぱりチェス、やってみたい。」と娘。
以前から、そう言っていたのですが、、
*ボーイフレンド君がサンタさんにお願いしたクリスマスプレゼントがチェスだったこともあるでしょうね。

なんせ夫婦揃って経験がないもので(汗)
「よし、せっかくだからこの機会に買ってみよう!」となった訳です。

それを知った母がプレゼントしてくれるということで、色々ネットで探していたら、
「素敵!これにしよう!」と目を輝かせたのが、ガラスのチェスセット。

実は娘がドラマ『相棒』を何度か観たことがあり「あのおじさまが使っていたものと一緒だよ!お洒落なおじさま!」と覚えていたようです(笑)
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_01255334.jpg
果たして本当に同じか定かではありませんが、確かに、似ています。

届いた商品を前にうっとりする娘。
よかった!


ガラス製ですと小学1年生では破損からの怪我の危惧もあるかと悩みましたが、とにかく物を大事に扱うことには意識がある娘なので、、思い切って選びました。


ともかく、やり方もわからないので、まずは駒を覚えるところから、、と、母娘で駒を磨きながら名前を覚えていた時。
駒に鋭利な破損がいくつかあることに気がつきました。
お店に問い合わせると、娘が選んだ経緯なども含め思いやりある電話対応もしてくださり、すぐに新しい駒を送ってくださいました。。

この綺麗なチェスも、この期間の思い出になるでしょうから、いっそう、お優しい対応に感謝です。

優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_01351475.jpg
ボーイフレンド君と、ビデオ通話でチェスを楽しむ・・・のには、もう少し先かな(汗)

『世界共通の(頭を使う)スポーツ』であるチェス。
言葉が通じなくとも、楽しい時間を共有できる素敵なツール!
是非とも家族で覚えたいなと思います(*ˊ ˘ ˋ*)

それから、
つい先日のこと。

お昼にフレンチトーストを作ろうと思って、夜からフランスパンを豆乳につけておいたのですが。。
「あ、卵がない。朝ごはんに使ってしまったー(°д°;;) 」

✱我が家は卵は焼く前に使うタイプ

ちょうど買い物に出ていた母に電話し「卵買ってきてー(涙)」とヘルプコールをすると
「ないよ、スーパー、何もない!ついでに野菜もすっからかん!」と。。

ニュースで知ってはいましたが、ご近所もやっぱりそうなのね。。
つけ置きしたフランスパン、、何日も置けないし、、
冷凍できるかな?と思っていたら、、、

母が我が家にやってきて
「これで作ったらどう?」と

ウズラの卵を2パック買ってきてくれました。。。
わぉ。。。
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_01560329.jpg
可愛いウズラちゃんがいっぱい!

普段も時々使いますが、なんだか、フレンチトーストに使うのはどこか気が引ける。。
と思いつつも、、無事に出来ました。
とても美味しく出来ました。
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_01595245.jpg
卵のかき混ぜ係だった娘。

「あの、、うずらの卵ちゃんを1つ、私にくれる?」と。

どうしたいの?
「ちょっとね、、大事にするから、とっても大事にするから、お願い。」と。

しばらくすると、こうしていました。
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_03115642.jpg
もしや、、、
温めている?

「わかってるよ、、赤ちゃんは、きっと出てこないんだよね。でも、、温めてあげたいの。もしかしたら、たまごの神様が生まれるかもしれないでしょう。」と。

そうだね、、
たまごの神様、生まれるかもしれないね。


おまたにそっと挟んで温め💦
食事中と勉強中はおへそに置いて、着ていたヒートテックで固定して温めておりました。。おへそはうずらちゃんポットに最適だったようです(;^ω^)
鶏の卵よりも硬いので、しばしやらせてあげました。。
勉強中に「よし、よし、、大丈夫よ」と気にかけてて、なんとも(笑)
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_03120004.jpg
・・・娘と改めてうずらちゃんの実物写真を検索して見ましたが、赤ちゃんの時も大きくなった時も、とっても可愛い。もしも本当に孵ったら、なんて想像しました。


そう言えば、私も小学生の時、学校の用務員さんに思いがけずチャボの卵をもらって、いろいろ調べて、数週間、電気アンカでずっと温めていたっけ。
結局、孵ることはなく、随分泣いたものです。(用務員さんにも報告しましたが、温めていたこと自体にビックリしていたので、有精卵ではなかったのでしょう…でも、我が家はどこか、卵の中に命を感じていたのですよね。。)
今でも祈って温めていたあの時間を覚えています。


たまごの神様、生まれた?
と尋ねると

「うん、多分、いるよ。薄くて(透けてて、と言いたいらしい)、ちょっと見えないけど、もう生まれて、楽しく飛んでると思う。」と、うなずいていました(*ˊ ˘ ˋ*)


今週末は大雪となり、たまごの神様も、満開だったであろう桜たちも、凍えてしまっているかしら。

今年はお花見も出来ませんね。
(と言っても例年、我が家は空いている場所でお散歩、、な感じですが)


次回は、家の中で行った『お花見』のお話を書こう。。


今日も主人は会社に行きました。
会社の皆様も、行動に気を付け、思いやりを大切に働いてらっしゃるようです。

色々不安な日々ですが、、

明るい気持ちになれることを記しておきたいです。



「どんな時も、愛と希望を大切に」

父の教えです。



【追記】

今回の記事は約3日程かけて、隙間時間に書いていました。

アップしようかと思った矢先、志村けんさんがお亡くなりになったとの速報。
ショックで手が止まり、涙しました。


父は特に大ファンで、
真似をしたり、ギャグをなぞらえて私を笑わせようとしていました。
(少年っぽい甘く高いトーンを出すキャラクターが特に好きで)

勿論、母も私も、志村さんが大好きでした。

この自粛期間も、主人(彼も大ファンです)が持っていたドリフのDVD、そして吹き替えを担当された『ロラックスおじさんの不思議な種』を観て、家族で改めて志村さんの世界に魅了されていました。

御一緒する事はありませんでしたが、テレビ局で数回すれ違ったり、衣装合わせが重なったりしたことはあって。。
子役だった幼い私にさえも、優しく微笑み、会釈をして下さり、お優しさ、お人柄を感じました。

仕事をさせて頂いていた割に、当時(幼少)からあまりテレビを観ない生活でしたが、志村さんの番組(『だいじょぶだぁ 』『バカ殿様』)は録画して、家族で観ていた楽しい思い出があります。


実家には今でもラベルを貼った録画ビデオ(VHS)が棚に並んでいます。

大人になってからは、時々深夜番組を観て、なんて紳士的で格好良い方なのだろうと。

素晴らしいコメディアン、偉大なアーティストがまた1人旅立たれ、、世界はまた哀しみに包まれてしまいましたね。。。


週末の大雪に感じた、妙な緊張感や不安な気持ちは、ここに繋がっていたのでしょうか。。



ご冥福をお祈り申し上げます。。



では。。



……………………………………
優しい花色鉛筆と雪色鉛筆・・・ガラスのチェスとウズラの卵ちゃん。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2020-03-31 11:07
TOPへ
<< 可愛いアマリリスちゃん/道明寺作り 大雪…心ポカポカ、静かなホワイ... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム