Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。
こんにちは(*ˊ ˘ ˋ*)

マスクが…マスクがどこにもありませんね。。

当たり前に売られていた商品が街から消える…という現象は本当に衝撃的です💦

新春歌舞伎を観に浅草へ行った時はあちこちのドラックストアで普通に山積みで、、きっとあれももう売り切れちゃったかしら。。

我が家は元々沢山買い置きしてあったので、当分は大丈夫そうです💦
大きめ主人用、小さめ私用、ちびっこ娘用、それぞれストックするとかなり嵩張りますが…こんな事態になる日が来るとは思わなかったものの、いたむ物でもないし、災害用に常に数箱ずつ置いていてよかったね、と。。

近所のお店も空っぽ。
母が話したコンビニのお兄さんは「さっき外国の方が1人で50個買って、またもう一度来て20個買って、全部なくなっちゃった」と言っていたそうです(;^ω^)

元々、この時期はインフルエンザシーズンなので、お出かけもドキドキしますよね。。
少し前もまた、卒業生ちゃんが属している警視庁MEC(カラーガード)が出演するオーケストラコンサートに招待頂きましたが、その時はコロナウィルスが公表されたばかりの頃だったからか、ほとんどの人がマスクはナシ。

今でも、完売している割にさほどマスクをしている人ばかり、と言った感じもないみたい。
やはり転売や外国の方が買われているのが多いのかな。。


コロナウィルスの報道前ではありましたが、上野や浅草はまさに観光地。人混みは避けきれませんが、なるべく人気の少ない道やお店を選んだり、人が少なくなった頃にメインの道を通ったりしました。

とはいえ、我が家は毎日のおでかけも人の多い新宿を通過するので、どこでも一緒ですが。。

卒業生ちゃんのオーケストラも最高に感動しましたし、歌舞伎も、昨年に引き続きとても素敵な1日でした。
また改めて載せよう♪

マスク以上に手洗いうがいが何より肝心と言いますし、いつも以上にこまめにやっています。
そして、喉を潤すことも、とても重要と。
こまめにお水を飲んで、飴ちゃんを舐めているだけでも多少は良いそうです。


さて。

昨年の暮れに癒しのランチをご一緒して頂いた、大好きなさゆりさん(マナーズインターナショナル株式会社・代表)と、1月頭にもお会いできました!
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_10215475.jpg
夕方からお逢いして、久しぶりのディナータイム。

実は私、、年末から体調がちょっと優れなくて、トレーナーから「しばしの間はお米と小麦を控えて、スープメイン、炭水化物とタンパク質は植物性(特にお豆)、なるべく薄味のものを中心にした方がいいよ」とアドバイスを受け、現在も進行中。
基本、スープやお鍋が多くなっちゃうので、お野菜、お豆、魚介がいつも以上に冷蔵庫に溢れています(笑)


数年前に半年以上やっていたグルテンフリー生活も気に入っていましたし、身体は喜んでいるのがわかるので、結構大丈夫。
元々油っぽいものやこってり系は苦手。。

(でも、ダメとわかると、あっさり系ラーメン食べたい、 味噌煮込みうどんとかも食べたい!ってなるものですよね(笑))

外食の時にスープやサラダがあるお店が当たり前ではないので、時々お店選びに躊躇したりもしますが、案外、和食も中華もイタリアンも、なんとかうまくやれます。


特別な日はよしとして『さゆりさんとは何でも食べちゃう!』なんて思っていましたが、、ちょうどさゆりさんも優しいお味を求めてらっしゃったこともあってお豆腐料理の『梅の花(銀座店)』へ。

梅の花は娘も好きで、よく利用します(*ˊ ˘ ˋ*)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03192140.jpg
ここの店舗はビルの中にありますが、息苦しくなく、とても落ち着いた空間。

湯葉しゃぶのコースを頂きました。
写真以外にもまだお料理があり、「そうだった、、結構お腹いっぱいになるんだった(笑)」と2人で笑いながら「でも、ゆっくり時間をかけてお話ししながら頂くから、いけちゃうね!」なんて。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03212170.jpg

いつも触れていますが、母娘ほどの年齢が離れていても、どこまでも話が弾み、気持ちが揃って、楽しい(*´˘`*)♡

「親友であり、娘のようでもあり…」と言ってくださることに甘え、すっかり心を預けてしまっています。。



いつお逢いしても美しくて、エレガントでどこか愛らしい。
私も38歳ですし…少しでも美しい時間や心を耕して、さゆりさんのように歳を重ねられたらいいなと思います。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03392059.jpg

そうそう。

またまたご馳走になってしまったのですが(涙)

帰り際に「これ、お母様にどうかしら?」と梅ゼリーのお土産まで買ってくださいました〜💦

千紘さんの好きなお色を選んで、、とおっしゃったので「さゆりさんの今日のお召し物と同じ色がいい!」と綺麗な鶯色の風呂敷を。

内側がピンクでさらにさゆりさんらしい♡.*˚

この風呂敷は、お着物の時に使おうと決めて、この間の歌舞伎鑑賞の日も早速持参しました(*ˊ ˘ ˋ*)

いつもお心遣いを、、本当にありがとうございます。。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03415767.jpg

帰りは、銀座の綺麗なイルミネーションを観ながら、ゆっくり歩いてホクホク、見えなくなるまで沢山手を振ってバイバイしました。

癒しと活力を、ありがとうございます(˘◡˘)

またお逢いできます日を、心待ちにしております。。


ブルガリの蛇さん、やっぱり素敵。
この蛇さん「セルペンティ スパークル」に向けて、スマホの専用のアプリを使うと、選んだ色に変わってくれます。
そのイベント、まだやっている期間(1月前半まで)だったので、さゆりさんとやれば良かった!
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03460469.jpg

そうそう!!

前にお渡ししたシンガポールのお土産(ブンガワンソロのクッキー)もとても気に入ってくださったようで、よかった(*ˊ ˘ ˋ*)

この日は、ささやかなお年賀と、娘からのゴッホ展のお土産を。
それもとても気に入ってくださってよかった。


という訳で、開催日ギリギリに行ってきた、『ゴッホ展』のお話し。

上野公園周辺、小慣れた道をのんびり歩きながら、会場まで。。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_03585617.jpg

が、、、

え???

あの長蛇の列はなんだね??

もしや、、、ゴッホ?


80分待ち!!!
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04005623.jpg
すでに「観に行ったよ〜、いっちゃんはまたどんな絵を気にいるかなぁ?」とメッセージをくれていた仲良しの大ベテラン舞台スタッフYじぃが、「めっちゃ混んでるでぇ」と言っていた意味がわかった。。


ちょっとなめてました。

ただでさえ、娘は1つの絵をじっくり見るもんだから、80分並んで、そこから、、と考えると気が遠くなりそうでしたが、私だって心底楽しみにしていた展覧会。

意地で入場しました(笑)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04203314.jpg
が。


中も大混雑。
しかも、押しまくり(lll-ω-)

優雅で穏やかな美術館のイメージが全くございません。
夏休みに人気の恐竜などの博物館は、大混雑&もみくちゃでも、なんだか平気ですが…絵画はやっぱり落ち着いて観たいものですね。。まぁ、そんな贅沢言えないか。。人気なんだから。。

子供がいると気を遣わせてしまうかなと思ったり、危険も感じたので、娘が観たかった作品と、遠くから気になったものを中心に、ワープして観ていくことに。

絶対間近で観たい!という作品を並んでじわりじわりと前に進んでいたのですが、娘の頭の上にカバンを置くおばさまがいたりして(爆)えー(°д°;;) 台と間違えたとは考えにくい状況、、

それを避けようと前のめりになり「すごく近くで絵が見れたよ(汗)」と娘。
ま、前向き・・・!

その後、近くの男性が気付いてくださって無言でニッコリと空間を作って頂き、恐縮でした。。
お優しい方、素敵な方もいらっしゃいます。。

でもやっぱり、危ないなぁと思ったので、観たい作品だけ観て、早めに会場を出ました。
平日ならばこれほどではなかったでしょうが、学校もありますし。。
連日混雑していたようで、そこに開催期日の終わりが迫っていたので、致し方ありません。子連れですしね。。

ただ、大混雑の会場内でゲーム機を遊びながら歩いていり座り込んでいいる小学生や中学生くらいのお子さんがあちこちにいて、ちょっと驚きました。
(イヤホンガイドかと思ったら違った)
人や柵にぶつかったり、作品の目の前でも夢中でやっていたので、ちょっと哀しかったですね。。

ゴッホ氏の自画像の前だったこともあり、(あまり批判したりしない)娘も「ゴッホさんに失礼だよね…」とポロリ。


なーんてことを書いていたらつまらないですね(汗)
やめよう。

そんなこんなでしたが、今回も素晴らしい作品との出逢いがあり、母娘で心はその美しい色でいっぱい。
あぁ、芸術っていかなる時も素敵な世界へトリップさせてくれるのね。。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04272078.jpg

ちなみに、この日は主人は上野駅付近の整体でたっぷりマッサージを受けて別行動。
マルイにある、ロシア料理のマトリョーシカにて待ち合わせ。

スープ(ボルシチやつぼ焼き)とサラダがあるからね(笑)
つぼ焼きの蓋、パイやパンの部分は主人にあげる。

お子様セットも美味しかったみたいです。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04282141.jpg
今回の展覧会で、母娘で何より心惹かれたのが、、、

1890年『薔薇』

松方コレクションを観にいった時に、娘がとても好きになった作品『アルルの寝室』同様、亡くなる少し前に描かれたもの。
娘はその松方コレクションでも、同タイトルの違うバージョン(1889年『ばら』)が隣にあったのですが、その時はとにかく『アルルの寝室』に夢中でした。

その1889年の『ばら』は、病院へ移ったばかりの頃。
そして1890年の『薔薇』は、病院を退院する直前であり、自殺をする2ヶ月前のもの。

一眼見て、娘が惚れ込んだ1890年の『薔薇』
自身の回復を喜んだゴッホの心が目一杯に咲いています。

「ゴッホが手掛けた静物画の中でも最も美しい作品の1つ」と称されたこの『薔薇』は、今回『糸杉』と共に特にピックアップされておりました。

図録も、『糸杉』と『薔薇』の2種類から選べます。

娘は「どちらになさいますか?」と聞かれ「薔薇でお願いします」と即答でした(笑)

私も娘も『糸杉』もとても好きですが、今回は特にこの作品に全身癒されてしまったので(*ˊ ˘ ˋ*)

物販コーナーも大混雑でしたが、サササッと『薔薇』グッズをメインに♪
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04343822.jpg
右上のチケットホルダーを、娘が「さゆりさんとお揃いにしたい」と言って(*ˊ ˘ ˋ*)

確かに、これならお渡ししても邪魔にならないし、さゆりさんもお好きかも!と。

あとは、定番のマグネットと、ノートマルチクロス(これが案外どこでも役に立つ!)
マルチクロスだけでも、、と『糸杉』も買いました♪


その他、娘が特に心惹かれたという作品はこちら。

ファン・ゴッホの『パイプと麦わら帽子の自画像』と、アントン・マウフェの『雪の中の羊飼いと羊の群れ』クロード・モネの『ロクブリュヌから見たモンテカルロ、エスキス』

羊飼いの絵は、最初「これは、、、イノシシさんのお尻?」と言っていました。
説明すると、「この絵は、優しいよ。この遠くにいるおじさんがね、こっちへおいでって優しく言っているもの。」と。


優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04345661.jpg
娘が学校に提出した日記、、、

「『薔薇』を描くよ!」と意気込んだものの、「あぁぁぁぁあぁぁ・・・これをここに描くのって、難しい。。どうしよう。。」と頭を抱え出し(笑)

主人は「違うのにしたら・・・」とボソッと言っていましたが(笑)

私は(結構キツめにw)
「さぁねー。自分で描きたいって思ったんだから、どんな工夫をしてでも描いてみたらいいじゃない。学校と違って時間も決まってないんだし。作品の中にある"好き"をいっぱい見つけて、何か1つ、大事にしてみたら? いつもなら、そうするでしょう?」と放っておきました(笑)

前回書いたブログにあった、美術館内で描いたゴッホの「花咲く桃の木々」模写の方が難しそうなのに(笑)
何かまた違った、プレッシャーを勝手に持ったのでしょうね。


すると、図録をずっと見つめて。。

「あった!」と言ってガンガン描き出しました。。

完成。(文章は裏まで続く)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_05415552.jpg
おーっと、ここは「薔薇」のどこをピックアップしたんだ?

探しましたが、なかなか見つからない(汗)


私も図録を持ってみて、しばらくあちこち見回していたら、わかった!!!!

逆さまにして描いたんだ!!(笑)

訊くと「あのね、このちっちゃくて可愛い赤ちゃんのばらが2つあって、それが本当に可愛くて、この子たちが主役なの。いい子がいたよねぇ〜」だそう(笑)
*花瓶の取手のすぐ上の蕾を見つけたのですね。

そうかぁ。。主役にするのに、逆さまにしたのか(笑)

どこを切り取っても、『ゴッホの薔薇』(*ˊ ˘ ˋ*)
面白い。

それに「タッチがつよいのに、やわらかい」本当にそうだね。

私は、学生時代から時々ゴッホの人生を例に挙げて、自分自身の心の話をする時があります。
(ゴッホの生涯、事の真相は本人にしか分からないにしても、様々なビックリエピソードもありますし、ちょろっと知ったかぶりの私なんぞが簡単には語れないのですが・・・夢で見たのか、知らぬ間に誤解をしたのか、あるエピソードの背景が私の中でかなり違う解釈のものもあるのです。)

娘にそんな話をしたことはありませんが、幼い娘が「ゴッホは優しい絵を描く、素敵な人だね。」と言った時、なんとも言えない嬉しい気持ちになりました。

幼い心が、作品たちの中から、彼の優しさを汲み取ったこと。

娘に、彼が生きていた当時、作品が評価されなかったことを伝えると「そうか、、私なら、あなたの絵はとても素敵よって言うよ。」と目を潤ませて言いました。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_04350273.jpg
名画は、作品とその背景、人生やエピソードがセットになって価値が付けられているものがほとんど。
と同時に、
「ゴッホだからすごい、有名だからいい作品」
ではなく、

今の自分の心が惹かれるものが、自分にとっての名画なのだなぁと、改めて。

作品との出逢い方ってとても大切。
誰かのフィルターを通して出逢い直すことも、本当に楽しい。


そして、私にとっては、娘の絵が、そりゃあ何にも換えがたい最高の作品・・
娘が描いた『逆さまゴッホの薔薇』のおかげで、作品がいっそう好きになりました(˘◡˘)


あ、ゴッホ展に行く前に、ゴッホ作品の缶バッチガチャガチャをして。
*展覧会とコラボしたものではなく、チケットセンターの横にあったもの。

『夜のカフェテラス』が当たり、娘もルンルン♪

この日、同行したNi-Niの胸に付けてあげていました(笑)
Ni-Niもちょっと嬉しそう?
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_05415865.jpg


オマケ

上野公園のほぼど真ん中?あたりにある、小高い丘の小さな公園と思っていた場所。。。

娘、立ち止まり「ここ、なんだか行きたい。きっと素敵なことが待ってる!」と嬉しそうに登って行きました。

(この階段、私も初めて登りました。)
登ってみると石の腰掛?だけ。休息所になっているようです。
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_06354111.jpg

「ここは・・・なんでもできそうな場所!」と言い(笑)なんだか楽しそう。

看板を見ると、、
ん? 『山』って書いてある!小さな山なんだなぁと思ったら、
『摺鉢山』は、古墳時代(約1500年前)につくられた前方後円形式の古墳、摺鉢山古墳!

階段を登った山頂が、古墳のテッペンなのだそう!
わぁーー(º ロ º๑)ーーーー古墳!何も知らなかった。。。
それか、聞いたことがあっても忘れちゃったのかもしれない。。

古墳の一部に登って、辺りを見回すと、なんだかちょっとドキドキしました。

すり鉢を伏せた形に似ているからこの名前なのね。。
よく見たら、まだ形がそのまま残っています。

1時間ほど遊んでいました。
色鬼、(というか、私が言う色や形や素材を見つけてタッチする)をしたり、小枝を集めて、パズルのように遊んだり。

そして、この日は大阪のじぃじが誕生日当日だったので「何か描いてプレゼントしたら?」と言ったらお得意の謎のとりさんが描かれました。
*しかも、仲良しシズちゃんのお母様(元某老舗有名劇団の女優さん)も同じ日!すごい!

ちょっと地上絵みたい(笑)
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_06394535.jpg
ポイントは、長いまつ毛と、葉っぱ&木の実を持ったクチバシ。

これをバックに?さらに謎の動きをしたお祝い動画を撮って送りました♪


これもアートだ!(笑)

では( *ˊᵕˋ)ノ

……………………………………
優しいディナー and『ゴッホ展』逆さまの、薔薇。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2020-01-31 18:00
TOPへ
<< 新春歌舞伎の思い出。 昨年の『コートールド美術館展』... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム