Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。
こんにちは(*ˊ ˘ ˋ*)

昨日は私のネット関連を管理してくださっている社長さんと久しぶりにゆっくりお話。

事業が順調で海外に進出もされていて、素晴らしいなぁ。。

今後もずっと、変わらずフォローをしてくださると言ってくださり、心強いです(*ˊ ˘ ˋ*)
感謝しております✩.*˚

それから、また教育現場の卒業生ちゃんの警視庁音楽隊のオーケストラコンサートへ行ったりもして、胸がホクホク。また書きます♪


さて、楽しいお出かけや出来事が盛り沢山な1月。

『ゴッホ展』のことを書こうと思ったら、昨年の11月に行った『コートールド美術館展』のことを書いてなかった!
この展示会でまたグッとゴッホに惚れ込んだ娘なので、やっぱり思い出に記しておこう(汗)
ついでに私のおまぬけエピソードにまつわる消しゴムはんこのお話も(;^ω^)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_22342266.jpg
『コートールド美術館展』には、主人も一緒に♪

娘はすっかり、上野に在る沢山の美術館(&博物館)の場所を大体把握しているので、得意げに主人を案内し、

娘が特に好きなゴッホ、モネ、ルノワール、、そしてマネ、セザンヌ、ゴーガン、ドガ、、素晴らしい巨匠達に触れられる素敵な空間へ。。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_17560274.jpg
入ってすぐ、2作品目だったでしょうか、、

ゴッホの『花咲く桃の木々』の目の前で、足を止め、、
目の色がスウゥゥゥと変わっていく娘の様子を感じました。

私の耳元で
「あ、ゴッホよ。ゴッホの絵だよね。。もう少し見ていてもいい?」

休日ではありましたが、この日はさほど混んでおらず、そしてちょうどその作品が飾られている場所が角っこで、夫婦で邪魔にならない少し離れた場所で控えることが可能だったので、好きなだけ眺めていいよと(*ˊ ˘ ˋ*)

娘も、絵の目の前ではなく、少し斜めから眺めていました。

すると「この絵を書くよ」と、美術館で子供に貸し出ししてくださる『とびらボード』という磁石タイプのお絵描きボードを取り出して。

立ったまま、10分、、20分、、、、

通りゆく方が「ほぅ。」「あら!」と覗き込んでは、嬉しい励ましをもらい。
*しばらくニコニコと見届けてくださっていたご夫婦もいらして(*ˊ ˘ ˋ*)

お声がけを頂くたびに『お絵描きさん気分』が上がって?
余計に夢中になって模写していました。

流石に20分を超えた頃に「背中が辛くなってきた。。」と(笑)
描き直しができないので、なおのこと緊張するみたい。

夫婦はすでに腰が限界でしたがね…(爆)

近くのお椅子で休んで、また再開。

「できた。。。」

偶然にも、磁石の独特な風合いが、ゴッホの特徴と少し重なって、なんだかいい感じです。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18040665.jpg
娘が描いている様子を見ていてくださっていた係員の方が「ぜひこちらで写真を撮ってください」と、わざわざ声をかけて会場を少し出たところに案内してくださいました。
持ち帰ることもできない消えてしまう作品なので、お心遣い、とても嬉しいです(*ˊ ˘ ˋ*)

実際の絵と比べると、、
うん、、娘なりに、雰囲気出ていますね!
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18041174.jpg
本物の絵を前に、穏やかに、心ゆくまで時間を使って向き合える…なんて贅沢なこと。。

改めて、こうした機会や場所に、感謝が深まります。


他の作品もじっくり、ゆっくり堪能して。。

物販コーナーへ。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18222435.jpg
またどれもこれも、美しくて厳選するのに悩みました〜

こどもに配布される代表的な絵の説明書もユニークですし、朝日新聞の記念号外も思い出になります。

今回の図録も本当に素敵!
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18234163.jpg
いくつかの作品には、透明のフィルムが施され、作品の注目ポイントの脚注と共に楽しめます。

スズメの"シズメちゃん"に手伝ってもらっていますが、わかるかしら?
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18274283.jpg
セザンヌの手紙は、少し用紙幅を変えてカットしてあり、中身の色も淡いセピア色のデザイン。

買ったアイテムはメインの作品が載った見開きファイルと、娘が気に入ったゴッホの『花咲く桃の木々』とモネの『花瓶』のノート

それから同じく『花咲く桃の木々』のマグネット。。

と、今回の作品全てが使用されているトランプ!!
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18351187.jpg
このトランプがまた、素敵!

よく展示会でトランプが販売されていることがありいつも購入を検討してやめてしまう。
でも今回は、絶対欲しくて。

大満足です♪

ジョーカーがサミュエル・コートールド氏なのもいい!
もったいなくて遊べません(笑)
でも、作者と作品の名前を覚えるのにはとても良さそう。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_18403068.jpg
「本当のコートールド美術館はどこに在るの?」
と聞かれ、イギリスのロンドンだよ!

というと、娘のボーイフレンド君が行きたい街だと思い出して。
(ハリーポッターが好きなので)

いつか一緒に行けたらいいね、なんて♡

そうそう、ジェントルマンなボーイフレンドのR君、先日もまた素敵なエピソードがあって。


娘と歩くときは必ず「こっちにおいで」と自分が車道側を歩くようにしてくれる彼。
7歳にして、なんとさりげないカッコよさ。
*ママさんが教えているわけでもなく、また、誰にでもするわけでもないのだそうです〜


そんな彼のまたまたイイ話を、先日娘から聞きました。

娘が重たそうに持っていた手提げバックを見て
「僕の軽いから、交換しようよ」と提案。

娘は「大丈夫よ、ありがとう」と一度は遠慮したそうですが、結局持ってくれて。
すると娘のバックが本当に重たくて(笑)
かつ、腕にかけて持つ用の大きさだったので、引きずらないように悩んだ末、自分の顔の前に持ってきて、手持ちの部分の間から顔を出してかなりキツイ体勢で持ってくれていたのだそうです(;´∀`)

あまりに滑稽な姿だったので、娘も申し訳なく思い、数メートルしたらまた交換して元通りにしたのだとか(笑)

しかしまぁ、、
そんな風に気遣えるだけでも素晴らしい!

いい男性になることでしょう(涙)

彼のママさんに話して、彼にそのことを聞いてみると
「本当に重たかったんだよ〜」と笑っていたそうです(´◡`)あはは

そして、、
私がいつも自慢するので、周囲も、彼のファン?が多いです(笑)うふ
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20090102.jpg
さてさて。

同じく昨年の11月のお話(笑)

娘が
「明日ね、先生が、スタンプを持ってきてくださいって言ってたの。スタンプのこっち(朱肉?インク?)は先生が用意するから、みんなはスタンプだよって。お家の人にお話ししてねって。」

ス、スタンプ?

本当にスタンプ??
しかも明日??

スタンプ、、、前にちくびウサギ工場長(中学時代の級友で今はお互いママ)が作ってくれた素晴らしい『ちくびウサギハンコ』しかない。。。

それは私の宝物。。。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20154216.jpg
これは流石に持っていけないし。。

あとは『安間』の印鑑か。。
それも違うし(爆)

どうしよう。。

しかし随分急だなぁ、、みんなすぐにスタンプなんて用意できるのかなぁ。。なんて思いつつ、その日は私もちょっとバタついており。。

私の母がすぐに近所の文房具屋さんに買いに行ってくれたものの、全然なくて。

しかし、私の母は、一味違う。

「こんな作戦もありますぜ。」
と、消しゴムと、彫刻刀セットも買ってきてくれていたのだ!!


母よ、、ありがとう。。。(TwT。)


やろう!

実は、母は実家の表札やお店の看板も彫ってしまうほど、彫刻好き。
私も何気に中学の時に彫刻で賞をもらったことがあったぞ!!

イケるのではなかろうか。。

とても珍しく娘が夕方にうたた寝をしている間に、2人でやってみることに。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20222805.jpg
気づけば、ほとんど私がやっていましたが、2人で面白くなっちゃって♪
消しゴムハンコって奥深いなぁ。楽しいなぁ。

「本当は一加も一緒に出来たら楽しかったかなぁ、いや、まだ危ないね。。」

みんなどんなスタンプを持ってくるんだろう。
動物さんとか、そういうのを元々持ってるのかなぁ。。
しかし何に使うんだろうねぇ。。

なんて話しながら、せっせ、せっせ。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20223559.jpg
出来ました!!

めちゃくちゃ肩凝ったけど、出来た!!

おぉ!
それっぽい!!(笑)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20223801.jpg
出来上がった頃に娘も目を覚まし、大喜び!
「どうやって作ったの??すごいすごい!」

彫刻刀は危ないから、いつか一緒にやろうね(*ˊ ˘ ˋ*)

と。

『うねうねさん』は繋げられるし、それぞれアレンジして遊べるようにしてみました。

私の大事な幼稚園の頃のお友達からもらったジュエリー石鹸の空き箱が、なかなかピッタリ(˘◡˘)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20510589.jpg
これならきっと、学校でも楽しんでくれるだろう!!

と家族みんなでホクホク。

『使用する明日』は授業参観日。

折角だからと、主人と母も一緒に、3人で参観へ。


が、、

が!!!!!!

先生。
「じゃあ、スタンプになるもの、みんな持ってきてくれたかなぁ?」

ん?
「スタンプにな・る・も・の?」


スタンプじゃなくて、なるもの?
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20570703.jpg
ということは、、、スタンプ代わりのものってこと??
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20572010.jpg
みんなは紙コップや食器スポンジやペットボトルのキャップなんかを持ってきている!!!

そして、先生はお皿にアクリル絵の具をたっぷりと用意してくださって、その間に生徒達は新聞紙を床一面に敷き出した。。

大きな模造紙も登場。。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20582522.jpg
そうか、、『お家の人に話してね』とは、、本来ならば「何がスタンプの代わりになるかな?」と一緒にお家の中を探したりするんだったのか。。うぅ。

そうだよね、、

あたしゃ、必死に消しゴムはんこ作っちゃったよ。。


どうするのだ、我が子よ。。。

昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_20581523.jpg


しばし3人で固まるも。。。

3人とも慌てて『何かないか!?』
と自分のバックをゴソゴソ。

私はリップのキャップ、主人はペンのキャップ、母は(緊急用の)喘息の吸入器のキャップを取り出す始末。
(母よ・・・)

そして、娘のロッカーに確か前に使ったシャボン玉用の紙コップが残ってたはず!!!と、そっちもこっそり探して、娘にそっと渡しに行こうとしたら、、


娘は嬉しそうにあの箱を握り締めていて、、、

アクリル絵の具をそっとつけては、一回一回自分のティッシュで拭いて、箱に戻して、、を繰り返し。。
大きな模造紙に、、小さな消しゴムはんこ達をニコニコと一生懸命押しておりました。。。
(いろんな意味で)
泣ける、、泣けます。。

私のティッシュも、使うかい。。?
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21111227.jpg
私たちがかき集めたキャップやらを見せるも、首を振って「いいよ、このスタンプがいいから!」と小声でオッケーサインを出していました。
そもそも、学校内では親に助けを求めるタイプの子じゃないのですが、今回は流石に心配で(;^ω^)

自分だけなんだか違う、、と凹むかと思ったら全く気にせず、楽しそう(笑) 強い。


どうやら、少し前のプリントにこのイベントのことは記載されていたようです。
私にしてはここまで結構しっかりチェックしている日々(←え?)だったのに、なんてことだ。。

ついに大きなポカを。。
本っ当に情けない。。

私よりしっかりしているはずの娘も、スタンプになるもの=ポンポンっていうスタンプとしか表現出来ていなかったのも相まってこんなことに。。

いつもなら不安でプリントを必死に見返すのに〜!!
なんで消しゴムはんこ作ってんだ。。

周囲のママさん達に、事情を説明するとみんな大ウケで、娘のハンコを近くまで見に行ってくれ「すごいすごい!よく頑張った!」と優しく称えてくれました(笑)

そして、担任の先生も爆笑で「いやぁ、最高ですね!好きです!いい作品じゃないですか〜!彫刻刀はいずれ学校でも使いますし、バッチリですよ! 一加ちゃん、、大事そうに、ティッシュで綺麗に拭いてましたね〜(T▽T)あはははは」

いい先生でよかった。。
本当、すみません。。。。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21111227.jpg
あぁあ、、、

ほーんと、アホ。。


でも、家族としては良い思い出になりました。。(;^ω^)

*娘は、アクリル絵の具がいっぱいついてしまったハンコをなんとか綺麗にしたいと必死に洗っておりました。最後まで大事にしてくれてありがとうね。。

「いつか私も消しゴムはんこ作るんだ♪」だそう。


ちくびウサギ社長にも、いつか話そう。。


そうそう。。

その直後にPenangへと行ったわけですが、
先生から「一加ちゃんが戻ってきた次の日に、どんぐりや秋の植物を使ったお店やさんをやる予定なので、何か作ってこれたら…」とおっしゃっていて。

前々から家族3人で集めておいたこの子達を使って。。
(新宿付近の公園にはほとんど落ちてなくて、探すのに本当に苦労しました。来年は近所ではなく、少し遠出してどんぐり拾いに行こうね!と話しています。)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21302625.jpg

Penangへ行く前日の夜に、娘、こんなものを作りました。
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21142134.jpg
このモシャモシャたちは何かというと、、、

娘の七五三の時に日本髪を結った時の『あんこ』であります。

随分前に娘が欲しがったので、渡しておいたら、まさかのこんな作品になりました。

ボンドではなかなかつかなくて、むりくり糸で巻きつけていたり(笑)

腕なんかも、いい味出てます(笑)

どんぐりロボットなんですって。

森に棲んでそう(´˘`*)
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_21363250.jpg
娘のクラスの男の子とお母様(仲良くしてもらっています)が気に入ってくれ予約までして買ってくれたそうです♪

買うと言っても、本当のお金じゃありませんが(笑)


今更ですが、秋の出来事を振り返ってみました( ˊᵕˋ ;)💦

では✩


……………………………………
昨年の『コートールド美術館展』と、消しゴムハンコと、どんぐりロボット。_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2020-01-25 16:20
TOPへ
<< 優しいディナー and『ゴッホ... 教育現場、笑顔弾ける最高のお稽... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム