Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
『写真展オードリー・ヘプバーン』
こんにちは。

先日、以前よりお世話になっているプロデューサーさんとランチ。
美味しい中華を頂きながら、嬉しいオファーを頂いて。

愛情深い、大好きな方です。
ですが、ここ数年、この方からのオファーも含め、舞台の出演や大きな振り付けのお仕事など、色々と辞退させて頂いている現状です。

その度に、申し訳なく、情けなく。。
お声をかけて頂いているだけでも本当に有り難くて、贅沢なことなのにと、色んな気持ちになります。

お引き受けしたものの身体の不調と重なったり、娘の進学もギリギリまで悩んでいた時期もありました(こちらにしても、選択肢があったのは大変ありがたい事です)
…そして何気ない日々こそ、じっくり丁寧に向き合いたいと心巡らせ、同時に想うことも多々あり、今は何より家庭が第一だと。

ですが、素晴らしい脚本のこのオファーをお受けできたらいいなぁと模索し、今、何度も台本を読んでいます。

娘が「観たいなぁ」と常々言ってくれることも、後押ししているのも大きいですね。


さて。
2020年、最初の美術館(展覧会)、どこに行こう、何を観よう?

娘が何より行きたがっていたのに、都合が付かずにいた『ゴッホ展』だよね!

と思っていましたが、大阪にいる間、私の母から
「オードリー・ヘプバーンの写真展がやってるよ!」とLINEがきて。
見ると開催期間が短い!
新宿だから家から近いし、書道の後にも行けそう。。

という訳で、2020年は、美しい『オードリー・ヘプバーンの写真展』から!
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_21170374.jpg
娘が昨年のクリスマスプレゼントにサンタさんにお願いしたのは、オルゴール。。
キラキラと輝くオルゴールに起用されているのは、『ムーンリバー』

クリスマスの朝、初めて出逢った美しい楽曲、オードリーの愛らしい歌声に惚れ込み、そして彼女の写真を観て、娘はすっかり虜でした。


私も、iTunesに持っていたオードリーの歌う劇中曲をはじめ色んなアレンジ曲を聴かせてあげ、ついでに新しくダウンロードしたりして。

音楽を聞く度に、
「あの素敵な人(オードリー)には、もう逢えないんだよね。
私はね、、心で何度も逢っているんだけど、やっぱりお話ししてみたかったなぁ。。きっと優しい人なんだろうなぁ。」と話す娘。
(それは夢のある願いですね〜)

そんな様子を私の母ともよく話していたので、ナイスタイミングの開催に、尚のことすぐに教えてくれたようです。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_18184533.jpg
馴染みのある新宿高島屋でやっているのも近くてありがたい〜♪


家族3人で「ところで何階かしら・・・?」と見回していると

娘が、綺麗な受付嬢さんに
「すみません…オードリー・・・オードリー、、ヘ、ヘパパーンの写真展は、何階ですか?」

・・・へパパーン( ⊙⊙)!!

・・・へパパーン(笑)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_18231167.jpg
展示会までの道のり、夫婦で可笑しくって、ずっと震えていました(ノ∀`)


百貨店内なので、小規模の会場ですが、、
入るとすぐにムーンリバーが流れていて…すぐにその世界に没頭できます。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20183114.jpg
モノクロ写真でも、オードリーの華やかさゆえに色が飛び出してきそう。

オードリーの前向きな言葉達と、映画の撮影秘話などのパネルもじっくり読みながら、心地よく過ごしました。。

娘も、すっかり彼女の魅力に引き込まれ、「天使みたい。。妖精さんだね。。カッコイイ。。」
ますます逢ってみたくなってしまったようです(;´∀`)

クリスマスから、憧れて、年明けにこんなに沢山の美しいオードリーに出逢えて・・・良い機会に恵まれ本当に良かった!

こうして、素敵な女性への憧れをいつも心に持ち続けていたら
もしかしたら『へパパーン』位なら目指しても良いかも…しれません(笑)


レストランで食事をしたあとは必ずホワイトガーデンに立ち寄るのを楽しみにしている娘なのですが、この日は何やらじっと光を見つめていたので、聞いてみると

「オードリーみたいな可愛い妖精さんがいるような気がするの。探しているのよ。」と(笑)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20183987.jpg
そうかそうか。。

と思ったら、しばらくして

何かやっている。

「なんだね?何をしているんだね?」
「こうして、寄り目をすると、キラキラの世界が、不思議なキラキラの世界になるんだよ。」だそう。

妖精さん探しはどうしたんだね。。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20184417.jpg
てっきり妖精さん探しの為のポージングか、何かを念じているのかと思ったよ。。

こういう所は7歳のおちび(笑)


物販コーナーに行くと、娘が「これこれ、このバックが欲しかったのよ。」とオードリーの写真がプリントされた大きめトートバックを(笑)
まさか欲しいものまで決まっていたとは。

でもね、、持ってみようね。。
引きずっちゃう。
あなたには大きいでしょう。。。
習い事バックにしても、ちょっとまだ身体に合わないかなぁ。。横長のバックならよかったのですが(汗)

ということで、、今回は以下のようになりました。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20190376.jpg
バックの代わりに、パスケースを買ったのですが、いざ、今使っている娘のスイカを入れようとしたら、これまで使っていたものにはポケットが付いていて、それがとても便利だったことを再認識。。
という訳で、実際使うのはもう少し先になってしまいそうですが、とっても可愛くて、悔いなし(笑)

マグネットクリアフラットケースも数種類ありましたが、娘が「私はこのお顔が好き♡」と選びました。

他はメモパッドと、、、

ランチョンマット!(200mm×400mm)
もう1枚ずつ買えばよかった。。本当に可愛い!
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20190756.jpg
展示会にもあった、オードリーが残した美しい言葉達や秘話が添えられた写真集(図録)もとても素晴らしい。

そういえば、娘が展示の中でふと。
「オードリーに赤ちゃんはいる?」と尋ね。

この銀幕世界で活躍するオードリーの写真達を観ながら、そんなことを思いよぎらせるのだなぁ、と。

彼女の実際のお子さん達とのショットを見つけ
「わぁ可愛い!きっとママが大好きだよね。良かった。」と嬉しそうにしていました。

家族(子供達や動物達)と一緒にいる時のオードリーの表情もまた美しい。

銀幕と現実、どちらもまっすぐ向き合い
出逢いを大切にされていたのだろうなぁと・・・

娘は「逢いたい」と恋い焦がれていますが、
私も同様、きっとそれ以上です。。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20191178.jpg
娘の視点に寄り添うことで、
好きな人や場所、大切にしたい時間が、より深く色濃く感じられています。

時々「あぁ、私はこういうことが好きだったんだ。」と自分の本心を発見することもあります。

そして同時に
「こういうのは、嫌だ。」
ということもハッキリしてきました。

それも娘のアドバイスや考えのお陰で出逢えた感覚です。

信念を貫いているつもりでも、心は知らずと何かに屈していたのだなぁと。

(私なりですが)
出来事や出会いを大切にする方法や、哀しい時こそ愛情に換える方法を見つけ出すことに重きを置いていた自分としては、新しい気持ちだと思っています。


そういえば。
義母の一番上のお姉さんが年末に挨拶に行った際に私にかけてくれた言葉。
それは私にとって、そして主人にとって、我が家に対しての最高の褒め言葉であり、エールでした。

そして、つい先日家族(私の両親含め)と出向いた年始の氏神様の元での御祈祷では、帰りがけ、宮司さんが同じ言葉をくださいました。

そのことを、娘がしっかり覚えていて。
(幼いからこそ、大人の言葉を心で聴いているものですよね)
後に「ママのことをね、そう言ってもらえて、とても嬉しかったんだよ。」と話してくれたことが、嬉しかった。。

どこで覚えたのか、物心ついて、言葉を話せるようになった頃から、娘はお釈迦様の教えである
「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」
という言葉の意味をまるでわかっているような判断・行動をする子で、驚きました。

嫌な言葉や行動は、すぐに心のポジションを変えて、シャットアウトです。

なので逆に、嬉しかった時は、本当に心から大切に受け取っているのだと(*ˊ ˘ ˋ*)


幼い娘の強さ(優しさ)に、何度も救われましたし、私もそんな風に歩みたいと。。

まぁ、それは周囲からすれば、どこにでも在る親子のささやかな出来事ですよね(笑)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20173527.jpg
そういえば。
先日、娘が小学校でちょっと哀しいことがあったそう。
めげずに明くる日にもう一度トライしたようですが、結果はやはり同じで、ますます哀しい気持ちになったそうで(;^ω^)

ですが、同じ日の別の時間に、ある女の子2人が突然「ねぇ、こっちに来て?」と娘を屋上に呼んで「ほら、ここから富士山が見えるんだよ!」と教えてくれたのだそうです。

「それが本当に嬉しくてね…」とニコニコ話してくれました。
(娘の哀しい現場にはいなかったとのこと。辛いことがあっても、それ以上に嬉しいことって在るんだ!と実感したようでした)

避けきれないことに直面しても、そんな素敵な優しさや出来事に出逢えたことを大事にできたら、いいなと。。

小さな女の子達が観たであろう富士山が、どれほど綺麗だったろうと想像したら、泣けてしまいました。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_20162200.jpg
次の日「昨日は富士山を見せてくれてありがとう」と伝えたそうです(*ˊ ˘ ˋ*)



あ、そうそう。

我が家の食卓も、お正月らしく。、お雑煮です。

母の真似をして作っているお醤油ベースのお雑煮は、冷蔵庫のあり物で作ったので大根とほうれん草と干し椎茸しか入っていない(笑)

お餅は、義母から貰ってきた、手作りの美味しいお餅です♪

それと、母お手製の筑前煮も、お正月ver.。
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_19244144.jpg
この、くらげの和え物ですが。

デパ地下の特設コーナーで時々出ているのです。
『味道筋』(1つ1000円)
3セット買うと、もう1つ貰えちゃう(*ˊ ˘ ˋ*)

お気に入りで、見つけたら数点まとめて買って、冷凍庫で保管。
鳥ササミとキュウリと人参、大根などを細切りにして和えるだけでササッと一品できちゃうので手抜き料理の強い味方(笑)
味付けも基本は足さなくていいし♪

贅沢にフカヒレと合わせたり、青菜と和えてちょっとマヨネーズを加えるのもGOOD!
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_19271031.jpg
それから。。

最近ネイルも載せてないなぁ。。

相変わらず仲良しでいてくれている店長さん
「今年も年始はちくび系のネイルですか?」と若干怯えていました(笑)
小さなテンテンが、相当緊張するのだと(;´∀`)

・・・そうか、忘れてた(笑)

シンプルで落ち着いたデザインが好きですが、年末年始はどこかの指に干支のちくびキャラを書いてもらっています。書きにくい動物の時はちくび雪だるま♪

今回は、年賀状の宛名面に印刷したちくびネズミさんをモデルに描いてもらいました♡
年末にやってもらったので、ちょっと爪が伸びてます(汗)
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_19343050.jpg
あまり目立たせたくなくて、アイボリー×グレーのネズミさんにしたので、本当に目立たない(笑)
スタッツは、ちょっと小判を意識したつもり。

本当に素朴な雰囲気を上手に出してくれるので、嬉しい!
いつもありがとう(˘◡˘)



1月は、美術館もそうですが、昨年も母娘で観に行った新春歌舞伎のチケットも主人が手配してくれているし、大切な人とのお食事会、などなど、楽しみがいっぱいあります。

こなせる分だけのお仕事もさせていただきつつ…小学校も始まったので、せわしない日々ですが、心穏やかに過ごせるようにしたいです✩.*˚

では◎

……………………………………
『写真展オードリー・ヘプバーン』_d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2020-01-13 10:30
TOPへ
<< 教育現場、笑顔弾ける最高のお稽... あけましておめでとうございます... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム