Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
恐竜博2019…『絶滅』を知った娘。
こんにちは。

昨日はミュージカル女優の香織ちゃん(娘のお歌の先生でもあります)と久しぶりのランチへ。
年齢的には香織ちゃんは主人と同い年の3つお姉さん。
いつまでも可憐で、12、3年前に共演した頃からさらに柔らかさがプラスされて、素敵です。

芸術のことからプライベートまで何でも話せますし、私のこともいつも心から見守ってくれているのを感じ、頼れる大切な存在です。

我が家のお気に入りタカノフルーツパーラーへ。
と思いましたが、ビュッフェの方にしました♪
個人的には最近ビュッフェ形式がちょっと苦手になってしまっていたけど、気づけばウキウキ。
席に着くとすっかりおしゃべりに夢中で、食べ放題とは思えない量しかいただけなかったものの、2人ともお腹はポンポコリンに(笑)そもそも、そんなに食べられないお年頃w

場所を変えて、噴水を眺めながらまた語り合って、香織ちゃんの衝撃話(今や笑える)も聞いたところでタイムアップ。笑顔でバイバイしました(;´∀`)

ご実家に帰ったお土産で広島限定・LUPICIA瀬戸内リモーネ(ルイボスティー)も貰っちゃった!
ノンカフェインで私も安心していただけます♪
いつもありがとう(*ˊ ˘ ˋ*)


さて。
ついこないだ、ご招待券を頂いていた『恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019』に家族で行ってきました!

開催期間が長かったのに、あっという間に期日ギリギリ。
美術館を優先してしまい、危うく見逃してしまうところでした(汗)
d0224894_02115927.jpg
「恐竜さんを見に行くの!?」と楽しみにしていた娘。

お供は「この子でしょう♪」と数年前に我が家にやってきた恐竜ちゃん(IKEAで買ったパペット)を選びました(笑)

ぬいぐるみが本当に多い我が家ですが、娘の脳内のお友達リストはとっても正確で、誰がどこにいるかよくわかっているのが面白い。どの子も忘れられることなく、仲良くしているので嬉しく思っています。
d0224894_02210814.jpg
とぼけた顔が可愛い、優しい恐竜ちゃんと一緒にGO✩.*˚

首のリボンは買った当初、知らぬ間に主人が縫い付けました(笑)
あはは、懐かしい。
d0224894_02230053.jpg
休日の夕方だったこともあり、家族連れも多く、とにかく大混雑。

娘と普段よく行く美術館はゆっくり見て回れることが多いし…整理券を貰っての入場も初めて。

夏に仲良しシズと行った哺乳類展も相当な混雑でしたが、上回るレベルで驚きました。

整理券を貰って、時間まで待機の間だけで「お、おぅ…どうしたんだい」というアクシデント?シーンも見受けられ、ちょっと疲れてしまいそうになりましたが。。

隣の娘に、何してるの?と聞くと「おりこうちゃんにしているキョウリュウちゃんなのよ…」だそう。
恐竜ちゃんが姿勢よく待っているのを見て、心の平和を取り戻しました(笑)

腕痛くないの?なんて尋ねちゃう私に「この子が座ってるだけよ」と。
あ、そうだった(汗)
d0224894_02251886.jpg
そして列に並んでいる間は、近くにいた男の子(娘よりちょっとお兄さんかな)が、ミニノートと鉛筆を大事そうに抱えていて。題名に「恐竜のヒミツ」と書いてありました。

小さな研究者くんが胸を膨らましている様子に、癒されました。
博物館の恐竜達も、彼みたいな子に逢えるのが嬉しいだろうね!と夫婦でニッコリ(*ˊ ˘ ˋ*)


哺乳類展同様、フラッシュ以外の写真撮影が可能。
展示がお洒落。
d0224894_02403082.jpg
常にギュウギュウで前の方で観るまで時間がかかってしまうけど、さほど疲れることなく楽しめました♪

これまで発掘部分が少なく謎が深かった『恐ろしい手』という意味が由来のデイノケイルスについてクローズアップされた展示が多く、迫力がありました。
見所である世界初展示になる頭部の実物もあって、ドキドキ!

この前足を見て、思わず「指相撲したら勝てるかなぁ」なんて言っていた父娘(笑)
一瞬で潰されちゃうから!と言うと「いや、こう!こうすればイケる!」と希望を捨てない2人でありました(T▽T)あはは
d0224894_02410808.jpg
デイノケイルスを探究するために展示された似ている種族の恐竜達も、魅力的でした。

d0224894_02452568.jpg
こんなに大きいの!
イメージより遥かに巨大。
イラストのピンクがかった赤い可愛い子からは想像できない立派なサイズ。
d0224894_03015837.jpg
実物展示のアンセリミムスの骨格が、やじろべえのように綺麗なバランスで見入ってしまったり。

膝を曲げている『恐るべきトカゲ』タルボサウルスは、息遣いが聞こえてきそうなほどに躍動感がありました。
d0224894_03015963.jpg
もう一つの目玉である、日本の北海道で発見された貴重な化石、『むかわ竜』ことカムイサウルスも実物が展示されていて、じっくり拝見できました。

d0224894_03085744.jpg
展示の最後の方に出会った可愛いサイズのこの子(ガストルニス)は、最初に写真を撮ったら「目が光った!!」とビックリ( ⊙⊙)!!

ショーケースの反射がちょうど目のサイズと同じ&その場所にフィットしたのでありました(笑)
光る目、似合っていますね(笑)
d0224894_03104126.jpg
娘が一番衝撃を受けていたエリアは、絶滅について紹介していたコーナー。

そうか、娘にはまだ、絶滅という歴史をきちんと伝えていなかったのかもしれない。

絶滅危惧種などの話を簡単にしたことはありました。
でも、じっくりと語り合ったことがなかった気がします。
(そして現在、この世界は第6の大量絶命期に突入してしまう恐れがあるそうです。。)


展示にあった説明CG映像で何度も何度も見て「ここにいる恐竜さん達は、みんな死んじゃったんだね。みんなで一緒に、一瞬で骨になってしまったんだよね。もう会えないんだよね。」と深く胸を痛め衝撃を受けている様子でした。

命あるもの、私たちも皆、いずれ死んでしまう運命にあることは知っています。
ですが『絶滅』という言葉が意味するものを、娘なりに知った瞬間でした。

博物館で教われたこと、とても良い機会だったと思いました。

しばらくして、
「でも、、、みんなの心は残ってる?だってこの骨達は、私にお話してくれてるよ。」と。

むむ、娘は、化石達と対話していたようです。

美術品を観るときは作者の心に寄り添うこと(娘なりなのでユニークな解釈も含めます)を楽しんでいますが、化石との対話の時間もまた素晴らしいなと改めて思いました。
*そういえば、東寺の展示会で『宝生如来座像』が娘に話かけた…という話も書きましたね!


そうだね、骨になっても心でお話ができれば、この子達のことをいっぱい感じて、知ることが出来るね。
そのためにも、必死に発掘して、大切に運んで、綺麗にしてくれた人たちに感謝しなくっちゃね!

そう話しながら展示会場を後にしました。


今回買った展示会グッズはこちら。

図録と、絵本、会場限定ガチャガチャの3つだけ!
こんなに少ないのは珍しい(笑)
d0224894_03323328.jpg
図録は、会場で読みきれなかった解説展示も含め、さらに詳しく、読み応えたっぷり。
そして、考えさせられるお話が沢山あります。

発掘の苦労(発掘地点までの道のりなど)も読んでいてドキドキワクワクします。そして知ってはいたものの、やはり酷い窃盗団との戦いには憤りを覚えました。ため息です。



そうそう。
ガチャガチャですが。

「この子が欲しい。」とデイノケイルスを指差して。

ガチャガチャ、すごい数。。
でも、この子はまた当てちゃうのかなぁ。。とワクワクした私(笑)
過去にも、ガチャガチャやガラガラは確実に当ててくるのです。。しかも金賞や特賞や、欲しかった景品など。。


「さぁ、どれからデイノケイルスちゃんが出てくるかな?」というと

沢山ある台から
「うーーーーーん。これ。 絶対これです。」
と自信たっぷりに決定。

娘は『ガチャガチャの神様がいるの』といつも言っています(笑)

がしかし、自分のお財布の中が暗くてよく見えない〜と500円を出すのに(100円5枚)もたついていた娘。

その隙に、後ろにいた大きめの男の子がスッと順番を抜かそうとしてしまって(コラー!)、いつもなら「あ、、どうぞ」と譲りがちな娘ですが「あ、、あの!ごめんね、いま、いまお金を出してるのよ。待っててね?」と順番を死守(笑)おやまぁ。。

そうだよね、ガチャガチャは順番重要だよね。ウンウン。

必死にコインを投入して、回して、、、
出てきたカプセルを手にすると「うん、これだよ。」と謎の確信。


そして、、、

当たった!!!!!!
すごい!!!!!

そして可愛い!!

「神様が教えてくれたの。すごいでしょう!(ドヤ顔)

すごいなぁ、やるなぁ、ガチャガチャの神様。。。
d0224894_03500848.jpg
それから、この絵本は、主人が図録を買うために長蛇の列に並んでいる途中「ねぇ、あの絵本、何だか良さそう!可愛いよ、買おうか?」とかなり距離のあるところから見つけたものでした。

『いま ぼくは ここにいる』

混雑のせいか(いや扱い方は変わりませんよね)破れてしまっているものばかりで、ようやく無事な1冊を見つけて、買うことにしました。


会場を出て、人もほとんどいなかったので、広場でちょっと休んでいこうとなって。

すると、早速、絵本を音読し始めた娘。
外では声を出して読むことはしないのに、珍しい。
周囲に人もいなかったので、そのまま読ませてあげることにしました。

主人は図録を楽しんでいました。

あれ、今気づきましたが、この写真、娘のお尻にはデイノケイルス、主人のお尻にはカプセルが、同じような構図になっていますね。やっぱり父娘、置き場も一緒(笑)
d0224894_04052928.jpg
娘の音読で物語を初めて知ることになったのですが…素晴らしい物語でした。

『むかわ竜』カムイサウルスがモデルです。
(いかにしてむかわ竜が綺麗な状態で発見されたかの仮説を物語にされています。)

どのページも、優しい言葉達が、胸を突く。

娘がゆっくりと、真剣に、心を込めて読んでいくうちに、私も涙が込み上げてしまいました。
胸が詰まって、言葉も詰まって、何度も読み直したページがここです。

衝撃的な辛いシーンも、どこか希望がある表現です。
d0224894_04115211.jpg
娘がこの日、化石達とお話した事実を
この絵本が証明してくれたような気がして。。

本当に有り難い気持ちでした。
(本の詳しい内容は控えますね)

亡くなって、骨になって、何千万年も地中で過ごし、人々が彼を見つけ、博物館にやってきて…素晴らしいお役目を果たしてくれて。

そして、いま、沢山の人に話かけている。

娘にも、きっと話かけてくれたのでしょう。


主人の絵本選びも、やはりバッチリ。
ありがとう!
d0224894_04243843.jpg
お供をしてくれたこの恐竜ちゃん。。
ちょっと目の感じが、絵本のむかわ竜に似ている!!

※ただ、この子は恐竜ではなく、怪獣かもしれない。。口の中の赤いペロペロは舌ではなく、炎かもしれないのです(笑)

ずっと「恐竜ちゃん」と呼んで、特別な名前を付けていないことに気付き、いろいろ考えて『カンカンちゃん』と名付けていました。
我が家のカンカン(缶)をいれるボックスと同じ色で、パクパク食べるところが似ているから、と(笑)
パンダさんファミリーみたいで可愛い。上野ですしね。



帰りは、日が落ちかけていましたが、娘がお気に入りの遊具をちょっとだけやりたいと。主人もいるので立ち寄りました(東京都美術館に近い広場です)

私の無駄に突き出たお尻とコンプレックスの顎がさらに伸びたところが面白い。
d0224894_04264615.jpg
「パパもやろうよ!」と誘われ、トライしてみるも…
「わぁ、あかん!壊れちゃうかも!!!!」
私も彼が乗った瞬間「早く降りて降りて!」と慌て、パパはすぐに降りました(汗)



…どんな時代もきっと同じ。
いつ何があるかわからないなぁと考える時がありますよね。

もしママが死んじゃってカタチがなくなっても、あなたの心にはママの想いが残る。
ママが生きていた証拠は、あなたの心に残される。
だからいつでも逢える。
ママは、それで十分なんだよ。

そして、血の繋がらない関係や、動物や植物でも、その存在の美しさや素晴らしさ、愛情を語り継ぐことは誰にでもできる素敵な行いだよね。。

時々、そんな話をしています。

(娘はその度に、最後「でも、ママはずっとずっと先だからね。」と念を押してきますが)


知れたことは歴史のカケラであっても、
家族で立派な恐竜達の生きた証を見させてもらい、心を通わせ、とても素敵な時間でした(˘◡˘)

……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2019-10-11 14:10
TOPへ
<< 娘のお友達からの贈り物&親友と... 生徒ちゃん達、初お披露目!(B... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム