Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
レオ・レオーニ展と、ちょこっとお祭り。
こんにちは(˘◡˘)

先日、娘が書道で頂いた賞のメダルを首にかけてホクホクと帰ってきました。
(母が送迎しています)
私もかけてもらうと…今回はこれまで頂いていたメダルとは桁違いにズッシリ重く立派!
「ちょっと首がしんどい位だねぇ(笑)」
なんて言いつつ、少しウルッときた親バカでした(汗)

距離をとって応援しているからこそ、感じる気持ちでもあるかもしれません(*ˊ ˘ ˋ*)


さぁ、夏休みもあとわずか!
「夏休みも楽しいしさぁ、学校も楽しみだし、不思議な気分よねぇ」なんてため息まじりにつぶやいていた娘です。

…いい悩みですね(笑)


教育現場の指導(高校生)も文化祭への初お披露目に向けて、暑い夏、必死に取り組んでいます。
みんなが奮闘している愛らしく美しい様子もお伝えしたいけど、、彼女たちの最初の発表の日まで我慢我慢(笑)

もらった嬉しいお土産達も、その時に一緒に載せたいなぁと思います✩.*˚

実は、私付きの夏休み最後のレッスン(学校の舞台を使っての照明付き稽古)には、13年前の卒業生ちゃん達が駆けつけてくれました。
本来は初お披露目まで卒業生は遠慮して頂いているのですが、特別な訳があって、顧問の先生にも嬉しい快諾を頂き、来てくれました。

そんな話も、、もう少し内緒です。
でも最高に、最高に幸せで、様々な愛おしさが溢れた素敵な1日でした。
卒業生ちゃんも、現役ちゃんも、心たっぷり、、
そんな時間を共に過ごせて、感謝でいっぱいです。


さて。
今日はなるべく手短に(笑)
母と娘と女3人でレオ・レオーニ展へ行ったお話。
d0224894_00493826.jpg
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館は、住まいからもほど近く、とても馴染みのある美術館。

新宿駅も歩ける距離、所用の合間にも立ち寄れ、高層ビルの42階にあり、ビル群を眺めることも出来、独特な空間が味わえます。


レオ・レオーニの作品は、私は全て読んだわけではありませんが、出会った本はどれもとても好きです。
娘もプレゼントで頂いたものも多いこともあり、気づけば大好きな作家さんの1人のようです。
d0224894_01270597.jpg
絵本で見た作品を思い出しながら眺めたり、まだ読んだことのない作品は、絵本閲覧コーナーで探して読んで、また原画を眺める。。

といった風に楽しみ、娘は大満足していたようでした。
確かに、贅沢ですね!!

作成過程を説明していたブースも大変興味深く、じっくり楽しめました。

想像していたよりも空いていて、椅子に座って絵を眺める時間も持てたことも良かったです。
一日いられるかもしれない、と3人でにっこり。


ただ、娘が最も長く1枚の絵を眺めていた作品は、
まさかのレオー二氏作品でなかったことに驚きました(汗)

※もちろん、レオー二氏の作品にもうっとり。
たっぷりじっくり目を輝かせて眺めていましたが、、

こちらの美術館に常設展示されているゴッホの『ひまわり』でした。
作品の前に椅子が設けられており、そこに座って、声をかけるまでいつまでも見入っておりました。


何か、感じたのでしょうね。。
「素敵だね。本当に素敵な絵だよ。」と言っていました。

↓こちらはフォトスポットの小さな複製画です(笑)
d0224894_02002151.jpg
今回買った展示会グッズ。。。

やっぱり可愛くて選ぶのが大変でした〜!
d0224894_02035879.jpg
毎度、重いのを覚悟している図録が、とっても軽くてコンパクト!

そしてスリープに入っていて、スライドするとネズミのマシューが持っている絵の柄が変わるところも可愛い♪
d0224894_02070090.jpg

随分とゆっくり楽しんでしまい、グッズコーナーでは気づけば閉館間近!!

また来れるから、、とも思いつつも、慌てて選びました(笑)

絵本はこちらだけ。
「Matthew's Dream(マシューの夢)」(ペーパーバック版)

もう少し開催しているので、今度買い足しに行こう!!
d0224894_02070570.jpg

そして、、買いたくなっちゃうぬいぐるみ。

娘は最初、大きなフレデリックを欲しがっておりましたが、
色々見て、、野いちごを持った小さな『ニコラス』に(笑)

でも、この子がまた可愛くって「やっぱりニコラスにして良かった!」と可愛がっています(*ˊ ˘ ˋ*)
大きなフレデリックは、お出かけのお供にはちょっと大変だしね。。

それから、スイミー』の豆皿は一目惚れ。
娘の名前が見つかったので、フレデリック』のお名前ハンコ

『スイミー』のフェイスタオルに、『A Color of His Own』のカメレオンのメモ、その他、ファイル色々。
d0224894_02070836.jpg
それと、、、ちょっと気になったこと。


今回は絵本の展示会とあって、可愛いお子さん達も沢山来場されたようです。

入り口には、子供にもわかるように、とても丁寧にわかりやすく、美術館の観覧マナーの注意書きがされていましたが、、あるコーナーではちょっと哀しくなってしまう状況も目の当たりにしました。。

親御さんの方が大きな声で「みてみて!」と声をかけたり、走ってしまったり、「静かにして!」と、大きな声で注意しながら、展示に触ってしまったり。
思わず、険しい顔をする方もいたり、周囲の方々からため息が漏れたり。。

自由に閲覧できる絵本コーナーの本を落としても気にせず立ち去ったりも。
ちょうど空いていて、人がさほど多くない状況でしたので、絵本が落下する音もとても響きました。

それを、スッと拾って戻された女性がいたことに、係員の方が頭を下げてらっしゃいました。。
娘も「優しいお姉さんだね」とホッとしていました。

………………………………………………
今回の展示にありました『あおくんときいろちゃん』
その誕生秘話がクローズアップされていました。

列車の中で騒いでしまったレオーニの孫達に、とっさのアイデアで手元にあった雑誌をちぎってお話を作って聞かせたところ、子供達は静かになり、気づけば周囲の大人達も聞き入っていた。。

というエピソードです。
………………………………………………

芸術のもつ力や、可能性を作品を通して伝えてくれるのも、彼の魅力です。


今回の展示は『トークフリーウィーク』という、あえて会話を楽しみ、子供達も声を発しながら鑑賞できる期間も設けていたようですので、なおのこと、少し残念な光景でした。

空間に触れ、その静けさの中にある美しさを学ぶ。

難しいようですが、案外子供の方が、自然と空間を感じ取る力を持っていて、作品に没頭できるのではと思います。

『楽しみ方』…どんなときも、子供の方がずっと上手に発見していますよね。

芸術に限らず、お子様NGな場所は多数ありますが、
こうして制限なく入場させていただける場合は、場所ごとに味わえる心に出逢える事…そこに価値があるからではないかとも感じています。それは年齢に限りはありませんものね。

もちろん、人それぞれの事情や状況、その時々の感情や考えがあるとも思っています。それこそ楽しみ方は自由であると。

囁き声で共感したり、思わず感動のため息がでたりすることも多々あります。周囲を気にしてドキドキし、ただ黙って観ても楽しめないし、ルールで縛るものでもない。
難しいですね。

今回、娘はある作品を前にお隣のお姉さんと目があって、思わず笑顔になって頷きあったりもしていました。
そういうのも嬉しい心の交流です。。


ですが、やはりモラルやマナーを学べるチャンスを楽しめれば、素敵なことだなと。。


私も娘には、沢山伝えるようにしています。
自由と自分勝手は違うという部分には、幼かろうが、とても厳しいつもりです。

娘と一緒に行く美術館の楽しみの最大ポイントは、娘の瞳の先にある…それを大切にしたい。

幼い素直な心から教わることは沢山あります。

自分こそまだ未熟だよなぁと感じながら、大人としての節度やTPOを学んでいる最中です。
何事も、学びに、終わりはありませんね。。


と、、そんなことを言ってしまう自分ってつまらないかなぁとも思う私です。。

ですが、
今回購入した『マシューの夢』のお話にあるように、、

両親は医者になって欲しいと願うものの、主人公のマシューはなりたいものが見つからない。ある日美術館に行ったことがきっかけで「ぼく、絵描きになる!」と決意。
最終的に美術館にマシューの絵が飾られます。。。

そんな誰かの“目覚め”の瞬間をこっそりと目撃できるかもしれない、美術館であって欲しいなぁと願う1人です。。


帰りは、小学生の高学年かな?と思われる男の子2人が、どうやら2人だけで観覧にきていて、嬉しそうに図録を買って帰っていくのを見て、ホッコリしました(´˘`*)



その後は、駅ビル(小田急百貨店)の『さがみ』へ。
程よいコースがあるので、時折利用しています♪

娘が自分で持ち歩いている小さな赤ちゃん用ハサミで、自分サイズに切ったストローの切れ端を、ニコラスにあげている図(笑)
d0224894_02401527.jpg
数日後に行った、大好きな歯医者さんにもニコラスが同行。

偶然、コップがレオレオーニのデザインで、先生や助手の方々も喜んで下さいました。
コップも1つお土産に下さいました(笑)わぁ!
d0224894_02441914.jpg
時々、軽食を食べに立ち寄る、青山のDean & DeLucaにも、ニコラスがチョコン。

ベーコンアボカドサンドイッチは、ちょっと子供には塩気が多い気もしますが、アボカドとレーズン&クルミのトーストがいい感じにバランスを取ってくれています。
メロンジュースがまた美味しい。
d0224894_02531265.jpg
2人で1つのサンドイッチで十分、お腹いっぱいです。
栄養満点!

好き嫌いがほとんど無い娘ですが、アボカドはちょっと不得意。
でも「うん、一緒に食べれば美味しい」といつも食べています。

…私の幼少期だったら苦手な食材はスッと抜いてしまいました(爆)
いや、今でも娘か主人に食べてもらうしょうもない私を、娘は反面教師にしているのでしょう。。。
d0224894_02531036.jpg
それから!

今年の夏休みは1度もお祭りに行けなかったなぁ、せっかく娘に新しい浴衣を買ってもらったのに。。
と思っていたのですが、、

なんと娘のボーイフレンド君ファミリーと当日になってお互い運よく時間が空いて、一緒に少しだけ夏祭りに行くことができました。

娘の分のヨーヨーを釣ってくれたR君。

娘はお礼にと、R君とR君ママにヨーヨーを釣りました。

そして、一緒にやったくじ引きは、娘が特賞があたり、彼はB賞とC賞。
大きくてピカピカ光るおもちゃをもらった娘を見て、R君が「いいのが当たったねぇ」と穏やかな声でにっこり。
なんて、なんていい子なんだ!!

本当に、日々いいこに成長して。。。ホロリ(涙)

その後も、娘が利き手の右側でヨーヨーが持てる(遊べる)ように手を繋いで歩いてくれたり。
それに気が付いて嬉しくなり「てって、交換こしようよ」と娘。

親達は、ずっとニンマリしていました(笑)
d0224894_03054292.jpg
人気の少ない広いスペースで、何故か6人全員でハンカチ落とし風のゲームが始まったり、平和な、心から楽しい夏らしいひと時を過ごしました。

神社では、全ての神様に参拝し、なんだか不思議とこみ上げるものを感じたり。

本当にありがとう!!


・・・今日は、私の幼少期時代に大変お世話になったバレエの先生の発表会に、母娘で行ってまいります。
これまた、感慨深い、素敵な時間になりそうです(*ˊ ˘ ˋ*)

では。

……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2019-08-31 14:07
TOPへ
<< 大叔父の勲章。 Guam*4(アムアムちゃん!) >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム