Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓




安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)をしっかり伝える事で、芸術を通して社会や環境、家族、自分…様々な未来に繋がる気付きのきっかけ作りとなる指導がモットー。

----------------------
(預かり)
ハーヴェストプロダクション
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町
3-32-2 
代表 0422-71-7731
FAX03-6763-1176
-----------------------
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
INCREDIBLES 2(字幕版)+BAO & 虹色の雨
こんにちは。

昨日は美津子ダンスカンパニーさんの発表会にご招待頂きまして…
先生のお優しさや愛、そして面白さ(笑)があふれた楽しい時間でした☆

美津子先生とは、教育現場の生徒chan達が毎年出演させて頂いている春のイベントでご一緒させて頂いてのご縁…
終演後に少し面会をさせて頂くと、講師の方々や生徒さんにも「○○高校のコーチの先生が来るよ!」と私が伺う事を伝えて下さったようで。。

生徒さんもお客様も、会場の空気がとても温かいのは、やはり先生のお人柄故だなぁと感じました。

※また、元ピンク・レディーの増田恵子さんもサプライズ出演されたりと、盛り上がっていましたよ〜♪

ふと、照明の動きをみて、あれ…と気付きパンフを確認するとやっぱり!!
これまたおなじみの舞台監督、照明さんでした☆
※ライティングの空気でどなたか解る…素敵なことですよね。

終演後に照明さんの前にヒョコッと顔を出すととてもビックリされて(笑)
お話に花が咲き、そのままバラし中の袖に案内下さって、監督やスタッフさん達と嬉しい再会となりました。

いらっしゃると知っていたら差し入れ持っていきたかった…(涙)


さて、先週のこと。
私のソウルメイトであり、娘のEnglish teacherのILLYA(ダンサー・モデル・インストラクター)と一緒に『INCREDIBLES 2』(インクレディブル ファミリー字幕版)を観賞!
※公式な情報以上は、ネタバレはありません…
d0224894_08221981.jpg
公開した次の日です〜♪わぉ!!

前作のMr.インクレディブルはDVDもCDも持っていて娘も大好き♡

「英語と日本語どっちで観る?」と聞くと「英語!」と言うので、最初はもう1人のパパ?(ILLYA)が一緒に(笑)♡

うちのパパは、私が「これは絶対にオリジナルの字幕版を観て!」と強く勧めると、大概素直にそちらを観て満足していますが、基本は吹き替えで観たいそうで(笑)


お勉強の為には、最初は吹き替えで観てから字幕…の順がいいかもとILLYAも言っていました。確かに。

ただ、娘はどんな映画も「最初は英語がいい」と言うので、まぁ『映画館で観る』というお楽しみが大きいので、いいかな…と。
字幕は視界に入っているとはいえ、そんなに早く読み取る訳も無いし、ほとんど知っているわずかなワードをなんとなく聞き取り、フィーリングとアクションで楽しんでいるのでしょう。
(自宅でオリジナル版の映画や海外アニメを観るときは字幕無しにしています)

時々私やILLYAと顔を観合わせ驚きや感動を共有しつつも、最初から最後まで背筋を伸ばし、背もたれにももたれず前のめり。本当に世界に浸って楽しんでいたようなので、彼女の自由な楽しみ方を優先しておこうと思います(;^ω^)

劇場に向かう途中、誰もいない階段をのぼった際、ILLYAが「インクレディブ〜ル!!」と言いながら娘を抱っこしスーパーマンごっこもしてくれて、そんな時間もとっても楽しかった(笑)
d0224894_04375928.jpg
いつもは映画といえば1番近い新宿ピカデリー。
今回は上演時間の都合がちょうど良かったのが新宿バルト9だったので、そちらで♪

どちらも会員で事前に席も予約できるので、大好きな1番後ろのシートを確保。

大人気&大注目の映画ですが平日のお昼過ぎだったのと、字幕版だったこともあるのか、大きめの劇場に2、30名程しかおらず…空いている穏やかな劇場で贅沢な時間でした♡


インクレディブル…今回も最高でした。
細部まで素晴らしい!!沢山笑った!!
真犯人やストーリーの流れはバレバレ系ですが…全然いいのです!(笑)

ヴァイオレットが思春期の荒れる心と戦いながら、家族想いで逞しい姿も惹かれましたし、フロゾンも出番が沢山、前回はもっと観たいなぁという感じだったので(;´∀`)
そして監督が声を担当しているデザイナーのエドナとベビー(ジャック・ジャック)のやり取りがお気に入り♪
※エドナ…日本人とドイツ人のハーフだったのですね!


やっぱり何といっても60年代を感じさせるノスタルジックな音楽が美しい…クールな映像も相まって、私はエンドロールだけでも大満足です♡(年代的には両親より少し上の世代のジャズ。カッコいいものはカッコいいですよね〜!!)

今回はイラスティガール、フロゾン、インクレディブルのテーマソングまで登場し、それがまた最高です〜!!娘も私も思わずノッてしまい一緒に小さく口ずさんじゃって、母娘で見合わせ口を抑えました(笑)

CDにもちゃんと
★Here Comes Elastigirl - Elastigirl's Theme
★Chill Or Be Chilled - Frozone's Theme
★Pow! Pow! Pow! - Mr. Incredible's Theme
が収録されています♪

「ィィイイイイラスティガァ〜〜〜ル♪」(笑)

日本版ではなく輸入版のCDが欲しいので、映画館で買うのはやめました。。
ダウンロードしてもいいですが…輸入版のCDジャケットが好みなので(o´ω`o)

…いつも思いますが、オリジナルのパンフレットやCDも是非販売して欲しいものです(泣)
日本版と2冊買いますもの!!

日本版も思考を凝らしてあり、楽しいですけどね☆

パンフレットをめくると…
ハワイ旅行先でも戦った(誰かを救った)らしく、マスクの日焼け跡があるファミリー写真。面白いです(笑)


映画館で「BE@RBRICKのHAPPYくじ」というのをやっていて、何気な〜くやってみたら、前回ILLYAとも観に行った(パパとも映画館で字幕版を観賞!)リメンバーミーのミゲル&へクター2体セット「ペアボックス賞」が当たりました。

思い出深い作品でしたし、スタッフさん曰くなかなかいい商品が当たったようです。
娘、本当にくじ運がいいなぁ…(笑)
d0224894_05293029.jpg
この日はお互いにあまり時間が無い中で、ほぼ映画を観るだけの日だったので…

3人でマルイの【VEGE STAND】でグリーンスムージーを飲んで、しばし会話を楽しんでバイバイ。
短くとも、充実した良い時間でした。
ありがとう!!

夜に用事もあり、遅くなってしまったので明くる日に日記を書いた娘。
パンフも前に置いて、思い出しては「本当に面白くってしょうがないよねぇ…ベビーちゃんが可愛いの♡」と吹き出しながら書いていました(笑)
d0224894_07261530.jpg
裏の絵は、ジャック・ジャックと、お家のゴミ箱をゴソゴソしちゃうアライグマくんとのやり取りが(笑)

「2人は仲良しだけど、すぐケンカしちゃうんだよねぇ、すごいんだよ!」と、本編では仲良しかどうかまでは描かれていませんでしたが…双方怪我をしていないあたり、娘には『喧嘩する程仲がいい』的な関係に映ったようです。
私には刺激的&衝撃的でしたが…(;^ω^)
※映画の公式オフィシャルサイトに、その様子の全てがあるので、ご覧下さい(笑)

「この絵…ビーム、当たっちゃってない?」と聞くと「当たってませんよ。大丈夫です。」とキッパリ(;^ω^)
「当たらないんだよ。ヒョイッてよけちゃうの。」だそうです。
コレ、避けられる距離なのかなぁ…(汗)
d0224894_07282236.jpg
そうそう!!
ILLYAの奥様から、また美味しいプレゼント&温かいお手紙を頂いてしまって(涙)

【杉養蜂場 ゆず蜜】
http://www.0038.co.jp/ec/

表参道にも店舗があって…よく前を通るので、今度買おう〜と思っていたままだったハチミツ!!嬉しい!!
ありがとうございます〜

すっごく美味しい!本当に、とっても好み〜♡
頂いてから毎日、大事にドリンク(Hot&Cold)やヨーグルトやら、家族で美味しいお楽しみになっています(o´ω`o)
食欲がなくなっていたタイミングだったので、栄養補給にもバッチリ!!
もう半分無くなっちゃったので、買いに行こう♪
d0224894_07261817.jpg
それから同時上映のショートムービー『BAO』も奥深い愛のカタチがしっかり表れていて…7分程のムービー中、あちこちクスクスと笑え、色々考えさせられて。
BAOとは、中国語で"蒸しパン"という意味と、"大切な宝物"と言う意味があるそう…母の心・感情がこれでもかと詰め込まれたストーリーに(いや、この場合"包みこまれた"の方が似合うかしら)、泣けました。

ピクサー映画で初となる女性監督。
中国出身のドミー・シー監督の実体験(お母様から貰った愛や子離れ出来ない様子)をヒントに制作されたそうです。
監督の実際のお母様は、中華まん作りが大得意でアニメ制作にも協力してもらったとか!

中華まんchanの生地の粉や、弾力までリアルで…観ているこちらも、香りや温もりが伝わって…

ほんのり甘くて、危なっかしい程に柔らかく、どうしようもなく愛おしい。。
私にとって娘も、その通り。

ネタバレしてはいけないので、1番の衝撃についての感想は山程あれど、控えますね。

ともあれ、ファンタスティックでどこか親近感溢れるスーパー家族の物語・Incredibles 2との同時上映にとっても相応しい…大変現実的な素晴らしい作品だと私は思いました。

※我が身から産み出す母の愛とはまた少し異なりますが、ふと、亡くなった高畑勲監督のジブリ作品『かぐや姫の物語』の翁の姿がよぎり、気がつけば竹取物語について書かれた様々な文献を読みふけってしまった私。どーしてこうなる…という訳で、かなり昔に描いた、竹取のちくびウサギ(汗)↓
d0224894_06294459.jpg
その日の夜、お風呂の中でいつものように主人に映画の内容を細かく説明すると「へぇ!うんうん…カッコええやん!ほぉ〜あっはっは…」と観たかのように笑ったり、驚いたりする彼(笑)

※我が家は毎日必ず、3人でお風呂に入っています。楽しく、大好きで大切な時間です。

※娘は、そんな私の解説に効果音を入れたり、さらに具体的に捕捉する係をしています(笑)
むしろ状況が解りにくくなる事もしばしばですが(;´∀`)

解説はかなり細かいので、お風呂を上がってもまだ序盤…
インクレディブル達の新しいお家(凄い!)や、出てくる新ヒーロー達なんかも説明しちゃうと、そりゃあ時間もかかる、かかる…

母娘で主人に髪を乾かしてもらっている途中はさすがに聞こえないので中断しましたが、まぁかれこれ休憩(ロングの母娘の髪を乾かすのに20分位?)を挟んで、感想を含め2時間近く映画の話をしていました(笑)
※パパの髪は、私達を乾かしている間に自然に乾いてしまうらしく「俺は10秒で終わる。なんやこの違い(笑)」と1人ツッコんでいる彼。。

インクレディブルの解説がエンドロールまで終わったと思ったら『BAO』の解説を最初から。
熱弁する私に、想像だけで同じように心が動く彼の顔がまた衝撃的でした(笑)

舞台でも映画でも、海外ドラマでも、いっつもこんな感じ…

私はネタバレしていても大丈夫なタイプです。
でも、誰かの未知のサプライズや楽しみを取り上げてしまうようなことはしたくないと、すごく思います。
なので勿論、主人や母以外には求められない限りしやしません。娘にも誤解がないよう、その意味を話したりします(;^ω^)

が、とにかく私に怒ったり、否定するような事をしない彼なので時々不安になり(汗)
(「電気がつきっぱなしだな〜誰かな〜」等の柔らかい指摘(←困った妻)はありますし、私がしょーもない弱音を吐くとちゃんと相手をしてくれますよ)

何度か「観る前に言わないで!って本当に思わないの…?」と彼に尋ねると…「俺はちぃの話、聞くのが好きやし。観た気ぃなって、お得な感じやんな〜。観に行くんも、楽しみや。」と、自分で書くのもこっ恥ずかしい返答です。

こんな時も、夫が彼で良かったと心底思いますし、
私の母にも近い、愛情や感覚だなぁと感じます。
いつも、行ったつもり、観たつもりで、一緒に楽しむ母ですから。。


そして吹き替えを観る予定でいるハズの彼は「いずれDVDも買うし、やっぱり俺も字幕版を観ようかな…」になりそうです(笑)


そんな、我が家のインクレディブル(パパ)は、今日も笑顔で通勤しました。
強めの雨の中でちょっと心配。

今朝からまたザザ振り、また大きな台風がやってくるようですね…


前回の台風の時の娘の絵。
太陽さんは雲の中で風に吹かれて遊んでいるのだそうです。
d0224894_08020629.jpg
そういえば、ILLYAと逢った日の夜に乗ったタクシー内に、てるてる坊主が飾ってあるのを娘がすぐに見つけて。

運転手さんに尋ねると「会社の皆でね、もう雨で哀しい事が起こらないようにってお祈りしているんですよ」と…会社全体で行っている、お祈りのてるてる坊主なのだそうです。。

娘は降りる時、運転手さんにお礼を言った後、てるてる坊主さんにも「よろしくね、ありがとうね」と小さく声をかけて降りていました。
d0224894_08093118.jpg
雨の日の娘の絵。

娘の描く雨は、いつもカラフル虹色です。

恵の雨、だけではないのが『自然の力』ですが…
どうか、様々な祈りも通じますように。。

お気をつけて、お過ごしください。。


次回は、娘のジャズダンスのお師匠さんと、上のイラストにもある先生の愛犬MAXくんとのお話を記したいと思います。

では…


……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
安間千紘オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2018-08-08 12:29
TOPへ
<< 娘のお師匠さん、愛犬MAXくん... 初めての「みたままつり」と、ニ... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム