Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓




安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)をしっかり伝える事で、芸術を通して社会や環境、家族、自分…様々な未来に繋がる気付きのきっかけ作りとなる指導がモットー。

----------------------
(預かり)
ハーヴェストプロダクション
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町
3-32-2 
代表 0422-71-7731
FAX03-6763-1176
-----------------------
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
京都2日目(本格・舞子ちゃん体験!)…感謝で一杯です。
こんにちは☆

昨日から、教育現場も新しい代がスタート!
新しい先生、新しいメンバー…新たな心達が、様々な可能性を秘めた美しいスパークを起こして、笑顔で出発しました。

なんて良いエネルギー!
私も沢山のパワーを貰い、ワクワクが溢れました。

また改めて、そんな様子を記しておけたらなと思います(*´∇`*)

そして、今年は短めではありますが、今日から主人の実家(大阪)へ帰省。
日頃の感謝を沢山伝え(といいつつ、毎週のように電話していますが(笑))
義両親・祖母の温もりに包まれながら…家族で心身をチャージ出来たらと思っています。

現在、新幹線。
娘はグッスリ、主人は横でこのブログを覗きこみつつ、リラックス中(笑)



さて。

前回に引き続き、京都(2日目)のお話です♡

写真…ただでさえとんでもない数ですが、整理した上でも選びきれなくて、いつもながら分けて書くことも出来ず。
思い切って一気に載せておこうと思います(汗)
d0224894_19112837.jpg
ととさんと日登美さんに手配頂いた【ウェスティン都ホテル京都】で目覚めた2日目の朝。
「こちらの朝食も、人気があるのよ」と伺っていた朝食バイキングへ。

ソファーの素敵なお席に案内して頂いて、
京都らしい湯豆腐やお漬物など、和のコーナー
お粥のトッピングも沢山あって、幸せ!

シェフが作るオムレツも好みのトッピングが選べますし、
好きな厚さにスライスしてサッと熱を通して頂くオリーブチャパタ&パリゴーバゲットは、小瓶のハチミツやジャムも用意されていて新鮮で嬉しい♡

ビーツやニンジン、お野菜たっぷりのフレッシュジュースも美味しかった!
スーパーフードをふんだんに使ったシリーズや外国の方々に細かく寄り添った食材メニューも豊富でした☆
選んでいるだけで時間が経ってしまう(笑)
d0224894_09584020.jpg
※ルームサービスのメニューも、スーパーフードメニューが沢山。
とても魅力的でした。

滞在した最上階のフロアには、素敵なラウンジ(ライブラリー)もあり、しばし景色を眺めて癒され…
ロビー階には大きな兜飾り。
d0224894_10132985.jpg
日登美さんがお迎えに来て下さいました〜
※勿論娘は抱きついて(笑)

日登美さんのお車をみて「ママ…この赤い車、とっても素敵ね♡」なんて、嬉しそうな娘。

この日は…

なんと本格的な舞妓さん体験をさせて頂く予定!!
予約時間までに余裕があったので
まずは散策とお茶へ。

その際も、娘に日が当たらない様にと常に気を配って下さった日登美さん。
貴重なひととき…娘の「日登美さんと手を繋いでいたい…」という気持ちも尊重すると、このようなことに…(泣)
d0224894_10311107.jpg
↑日登美さんとお揃いで買った(2人で衝動買い)、般若心経を可愛い絵で表現した巾着(笑)

イノダコーヒー(清水店)でちょっと休憩。
天井の高いレトロな店内から美しい新緑を満喫しながら、日登美さんオススメの美味しいアップルパイを堪能♡
※ここなら空気の流れもよく、コーヒーの香りも気にならないかもと選んで下さいました。(私がカフェインアレルギーなので…(泣))

娘のキッズケータイと番号を交換して頂き、静かに電話が繋がるかの確認や、ショートメッセージのやり取りを少々
…2人の仕草が似ていて笑っちゃいました(笑)
d0224894_10311499.jpg
そうしているうちに、ととさんと合流。
この日もずっとご一緒して頂く事となり、感動です(泣)

ここからはととさんのお車で移動し、さぁ舞妓ちゃんへ!
(この舞妓さん体験のお店探しも、日登美さんがわざわざ足を運んで色々と考えて下さいました。。)

日登美さんと母娘、3人でお着物選び。
これがまた楽しみの1つでした♡

赤にしたいと考えていたのですが、
沢山ある中から2人で「コレ!」と同じく手に取って(笑)

娘の顔に合わせてみると、さらに気に入ってしまって決定しました。

ここから30分。日登美さんと私は別室で待機し、娘は変身中。

じゃじゃーん!!
小さな舞妓ちゃんが表れました〜!!
d0224894_10441296.jpg
銀の帯の合わせもとても素敵!!

かんざしも子供用ではなく、本当の舞妓さんが使用しているものと同じタイプに。


本人も“その気”で、自ら『しな』を作って歩く姿をみて吹き出しそうになりつつ(笑)
感動してしまった親バカな私でありました〜
d0224894_11043899.jpg
カツラは、より自然になる様、自分の毛を使う半カツラをお願いしました(オプションです)
お化粧も、とても綺麗に仕上げて下さって…

100cmの小振りな5歳の娘が、しっかり舞妓ちゃんに(笑)
d0224894_11062345.jpg
お仕事などでお着物を着る機会は多い娘ではありますが
お店の方、そして、日登美さん・ととさんが、舞妓さん独特の所作を教えて下さり、娘も嬉しそうにしておりました…

お二人にこうした姿を観て頂けることが、なんというか…親族にも似た、深い喜びでありました。
d0224894_11082201.jpg

ちなみに、私の母は着物が大好き。
しかも自分が着るのではなく、選ぶことが好きなので、とても羨ましがっていましたが…(笑)
「日登美さんはお着物が解る方だから、きっと良いお着物に出逢えるわよ♡」とニッコリ。

本当にその通り☆

しかも、仕付け糸もついた新品!!まぁ…♡
d0224894_11214420.jpg
巽橋は観光客の方々が多いエリアだったこともあり、
日登美さんが押されてしまう程(とっても心配でした)、終始、沢山の方が集まってしまいました(汗)
きっと、他の舞妓ちゃん体験をされた方も同じ経験をされているでしょうね…(;´∀`)

※個人の撮影を優先は出来ませんが…色んな方が京の情景と共に娘を撮ろうと後ろに下がってくださったので、結果、素敵な写真が撮る事が出来ました(o´ω`o)

付き添いのスタッフさんも穏やかで良い方でしたので安心でした。

少し人の流れが穏やかな場所をと、建仁寺へ移動。
d0224894_11260691.jpg
はっちゃんとMAXも常に同行しており、ここでははっちゃんとしばし休憩(o´ω`o)

小声で何か言いながら下を向いて、右へ左へ変な歩きをしていると思ったら、アリさんを踏まないように「舞妓ちゃんの一加が通りますから、アリさん、気をつけて下さいね…ちょっと、ごめんなさいね…」なんてずっと避けていたようで、
ただでさえ背の高い“こっぽり”で不安定&風が強かった日なのに(汗)たはは…

虫さんと言えば…

柳の下に居た際に、「痛い!何か入っちゃったよ!」と声をあげた娘。
なんと、娘の目の中に5mm程の虫が!!
目に入るには大き過ぎる!と大慌て。
…大きかったこともありなかなか取れず、中でバラバラになってしまって(爆)
私なら大騒ぎだった事でしょうが「虫さんが入っちゃったの?」と冷静で、すぐに撮影に戻っていました。
強い。。。(-ω-;)
d0224894_11501374.jpg
カツラによるこめかみの締め付けがとても痛く、数分でギブアップされる子が多いとのこと。
娘も「ちょっと痛いな」と言っていました。

ですが、気付けば3時間近く過ごさせてもらい、“その気”効果が随分効いていたようです(汗)

終了後、カツラを外して頂くと髪が面白いことに(笑)(T▽T)アハハ!
d0224894_11410461.jpg
ただ一つの衝撃は…
メイク落としの場所が、水しか出ない手洗い場しかなかったこと。。
今はお湯は出ないと…何故〜!!!
(シャワー室があるお店も多い様ですが)

背中の深い部分も真っ白ですし、顔周りと襟足の鬢付けもベッタリなので、水で落とすのは本当に大変で…
半裸で真水、相当に冷たくて、まるで修行僧の滝行のようでした(爆)(泣)

それを知った日登美さんがすぐに、外の車で待機下さっていたととさんに連絡して下さったようで…

急遽、ととさんが「あかん!」と、お二人の行きつけの美容室を予約し、頭がベタベタの娘を乗せ、車を飛ばして下さいました(泣)
d0224894_12524655.jpg
お優しいスタッフさん達にすぐさま綺麗に洗って頂きアイロンまで。
※気持ち良くて眠気が襲い、途中白目になっていました(笑)

お陰で風邪をひくこともなく、スッキリサラサラに…ありがとうございます(泣)

「スッキリよ!…今日の夜は、歯磨きして、オマタを洗って寝れば良いね♡」と言った娘に、ととさんも「歯もオマタも洗うんやなぁ、えらいえらい(笑)」と大笑いでした(;´∀`)

母(私)赤面。。失礼しました。。(爆)


その後、駅まで移動し食事へ。

道中、窓の外にふと何かを感じ「日登美さん、このお寺は?」と尋ねると「東本願寺よ」と。

やっぱり…(いや、すぐに解らない私もお恥ずかしいのですが)
すぐに、母娘で手を合わせ、笑顔で手を振りました。

実は私の祖父母がここに眠っているのです。
※本当のお墓は種子島。
『京都ならばお仕事や旅行の際にも、立ち寄り易く、祖父も好きだった街。新幹線の中からも感じられるし…』と、お寺さんの紹介を頂いて、東本願寺の本廟に分骨させて頂きました。

「…目の前をわずかでもいいから通って、一加と一緒に手を合わせてもらえたらと思っていたけど、日登美さんとの大切な時間だから、遠慮してしまっていて。
だけど、こうして偶然にもととさんの車がちゃんと目の前を通って下さって、千紘も不思議な感覚で気がついてくれたから、本当に嬉しかった…」と泣いていました。

「もし千紘達が逢いに来れなくても、自分から"おーい"って声をかけて、一緒に舞妓ちゃんも見学したらいいよ☆」と祖父母の位牌に笑いながら話しかけていたそうです。

日登美さん・ととさんがいらっしゃる京都に、祖父母が眠っていると思うと、どこか心強いものです。。
※我が家は誰も特別な宗教概念を持っていないのですが、心だけはいつも大切にしたいと思っております。
d0224894_13003158.jpg
夕食は、新幹線乗り場に近い場所をと駅周辺を選んで下さったものの、どこも混んでいて…最終的に娘の好きな鰻屋さんへ連れて行って下さいました。(美味しく沢山頂きました!)

少しでも心地良いようにと、喫茶店にも寄って下さり、娘が欲しかった京都の地図も見つけて(私の母譲りで地図好き)、一緒に行った場所や、ととさんや日登美さんのお家に印を付けたり(o´ω`o)

日登美さんは『あ!!』と急いでお店を出たと思うと
私が「一加のリュックの鈴がボロボロになってしまって、折角だから京都で買えたら…」と話していたことを覚えてらして、何も知らなかったハズなのに、付けていたものと同じものを選んで買ってきて下さいました(涙)なんと…(´;ェ;`)


その後、お二人はまるで当たり前のごとく、新幹線のホームにまで付き添って、

ギュッと、強く、長く、娘を抱きしめて
見えなくなるまで見送って下さいました。
d0224894_13284397.jpg
私も娘も、そして日登美さんも、涙が止まらず…

娘は車内で、必死に声を殺して泣いていました。
※後から聞くと「他の人が気付いて、心配しちゃうといけないなって…」だそうです。


その車内の様子を動画で撮っていたので、すぐに日登美さんにお送りしました。

すると、日登美さんが、すぐにととさんにもその動画を送って下さったらしく、見終わったかな?というタイミングで電話をしたら、ととさんも涙声だったそうです。

『お前が大事にしてるものは、俺も大事にしたいと思う。二人(千紘さんといっちゃん)を見ていたら、お前が大事にしてる意味がよくわかる』と仰っていたと、メッセージがありました…

大好きな日登美さん・ととさんが築いてらっしゃる愛の世界を、深く感じさせて頂いた素晴らしい時間だったこと。さらに心に染みました…

丸2日とも、お付き合い下さったととさん。。
終始車を運転し、娘を気遣い車内を冷やしておいて下さって。
お店に着くと、ととさんが日登美さんにスッと紙袋をお渡しして。
それは私からお店にお渡しするようにと用意下さった心付けでした。。

さらには私の荷物(ととさんからの沢山のお土産も!)までずっと持って下さり、新幹線の中にまで運んで下さいました。…本当にもう、なんという事でしょう(泣)

お二人は、私達を身内のごとく大切に大切に包み
愛を沢山下さいました…

(お疲れはいかほどだったかと、申し訳ない気持ちも一杯です…)


ようやく泣き止んだ娘。

「逢えて良かった…沢山もらっちゃったんだよ…心を。
一加もママも、嬉しかったんだよ。。
寂しくなっちゃうね…。
日登美さんと、ととさんは、家族なんだよ。」

息を整えながら、そう言いました。

家族ってどういう意味かな?」 と聞いたら

「愛してるってことよ。」 と。
d0224894_13474898.jpg
予定していたことは勿論、全ての心が1000%以上に満たされ、想像をはるかに越えた様々な幸せに繋がっていて…当てはまる言葉が見当たらない程の感謝で溢れています。


お家に帰って、頂いてしまった沢山のお土産(ととさんの会社のお菓子やお漬物など!)にビックリ。
※よーじやは私がダッシュで買いました。
d0224894_13502159.jpg
明くる日は、美味しいカステラをおやつに食べて♡
(前回のブログ記事にある、ととさんの足にコロコロ転がってしまったのと同じカステラです)

素敵な時間を思い出しながら、2日分の日記を書いた娘。
d0224894_13510350.jpg
娘の日記です(o´ω`o)
いつも裏イラストだけですが、今回は折角なので、表の文章も…☆

※『しんかんさん』…新幹線のことを『しんかん』に敬称の『さん』を付けていると思っていることが判明(笑)
「しんかんさんでもいいし、しんかんchanでもいいし、しんかん君でもいいんだよ☆」と言っていました。
あらあら…面白いから暫くこのままにしておきたい所です(笑)
やはりちょっと関西風なのかしら(T▽T)アハハ!

はっちゃんの脇に付けられたお花もしっかり描かれていますね♪
d0224894_13520471.jpg

2日目は、“だいすきでたまらない”日登美さん・ととさんを見上げている娘を、私が嬉しいなと見ている様子なのだそうです(o´ω`o)

『舞妓一加』の絵は、お笑い芸人の『コウメ太夫さん』に似ていて大爆笑(T▽T)アハハ!
d0224894_13520912.jpg
「今度は上野動物園に、ハシビロコウさんを観に行こうね」と、お二人と約束しています(o´ω`o)

その日が叶うことを、心から楽しみにしております。

本当に本当に、ありがとうございました。
d0224894_13585561.jpg
↑娘のイラストを参考に、舞妓ちゃんちくびウサギを描いてみました(笑)♡


では、、大阪に行ってきます!!!!!

……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
安間千紘オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2018-04-28 10:43
TOPへ
<< 大好きな義両親のもとへ…☆ 母娘で京都…撮影、そして大好き... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム