Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓




安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)をしっかり伝える事で、芸術を通して社会や環境、家族、自分…様々な未来に繋がる気付きのきっかけ作りとなる指導がモットー。

----------------------
(預かり)
ハーヴェストプロダクション
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町
3-32-2 
代表 0422-71-7731
FAX03-6763-1176
-----------------------
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
上月さんと、お月様。
こんにちは。
d0224894_22515705.jpg

先日、
元宝塚女優の上月左知子さんが、お亡くなりになりました。

数年前の舞台で共演させて頂いて以来
私にとって、とても大切な方でした。

お稽古、公演中も、側でお優しく支えて下さり、愛を感じておりましたし、
その後も、とても良くして頂きました。
終演後には、上月さんのご自宅にまで家族でお招き頂いたこともありました。

外まで迎えに来て下さった上月さん。
娘は思わず走り出し、抱きついて。
上月さんも「よく来た、よく来たね!!」と思い切り抱きしめて下さったことを、今でも鮮明に覚えています。

5時間もお話が弾み…

「業界の仕事からの出逢いで、こうやって家に来てもらった若いお友達は初めてだわ…いつでも、本当にいつでもお仕事の事じゃなくても構わないから、何でもおっしゃってね…。」と見えなくなるまで見送ってくださいました。

私も、こうしたご縁からご自宅に伺う機会はほとんどなく…

それほどに不思議なご縁も沢山重なり、
とても可愛がって頂きました。

また、上月さんが宝塚時代からずっと慕ってらした先輩女優さん(故人)の大切なブローチを、公演中の楽屋で譲ってくださって。
「誰もが憧れる才知にたけた、美しくて素晴らしいダンサーで…最期の最期まで、お洒落でカッコ良い人だったの。私を、今でも支えてくれているのよ…あのブローチ、貴女が持っていてくれるなら、きっと喜んでくれているわ。本当に良かった…」と。その方のお写真と共に話して下さいました。

不思議なもので、亡くなられた日の頃、
何故か無性にブローチが気になって、眺めていました。

後から聞くと、旦那くんも同じだったそうです。
d0224894_21593046.jpg
大切なお守りであり、
今となっては、大好きな上月さんの形見となりました。


「私は、出来るだけ誰にも迷惑をかけず、自分のことは自分でやって、もうコロッと、スッと死にたいわ。」そんな事を笑いながらおっしゃっていました。

そうご自身が希望された通りの、最期だったのでしょうか。。

『死に様は、生き様』といいます。。

前日までお元気だったそう。
きっと本当に、上月さんらしい最期だったのだろうと思います。。


外出先で訃報を知り、すぐに母に電話し、、涙が止まらず。

娘にとっては、亡くなるということを自分の中で現実的に感じる初めての機会でした。

色々説明をしようとしましたが、「もう逢えないんだ…」また涙が溢れてしまった私に、

娘が
「こーづきさんは、雲の中にいるんだよ。
雲さんが降りてきて『こっちよ、ここに乗りなさい』って言って、乗ったら、お空の雲の中に連れて行ってくれたんだよ。
だから寂しくないの。よかったな、あったかいな、キレイだなって思ってるの。
会いたいなって思ったら、雲さんが隙間から見せてくれるんだよ。
さわれないけど、見えるんだよ。
だから、泣かないで。 大丈夫よ。」

とゆっくりと話しながら、涙を拭ってくれました。
(彼女の中では、そういう解釈なのでしょう。自然と知り得た情報がクロスして描かれた世界なのかもしれないし、もしかしたら何かを知っているのかもしれません。)

きっと上月さんも娘の細かな説明を聞いて「おやまぁ」と笑ってらっしゃるかしら。。


※2年前のお稽古の頃の写真。
d0224894_22123502.jpg

家族全員、
心より、ご冥福をお祈りしております。


上月さん
逢いたくなったら
雲さんにお願いしますね…


(すぐに訃報の知らせをくれた杏、ありがとうね…)



先日は【スーパーブルーブラッドムーン】でしたね。

何も知らなかった母娘でしたが…

旦那くんが毎日恒例の『会社から帰るよ♪コール』の直後に、また電話があり
「2人ともお月様みてごらん!」と。

神秘的なスーパーブルーブラッドムーンをたっぷりと眺めることが出来ました。
彼に感謝ですね。。

スマホの写真だととっても小さくなってしまって残念。
d0224894_22225236.jpg

私は流れ星も発見

…いや、目の錯覚かホコリかしら。。

と思いましたが、娘が

「ううん、ママが見たのは本当よ!一加が探して、プレゼントしてあげるからね。きっと綺麗よ♡」
と言ってくれたので、きっと本当の流れ星だったのだと思います。
d0224894_22225837.jpg
日記の裏イラストは、もちろん真っ赤なお月様。
お月様の赤は5種類、お空は青を3種類+黒で描いたようです。

流れ星も、ながーーーい腕でキャッチしてくれていました(o´ω`o)
d0224894_22230524.jpg
ありがとう。


まだ上月さんも雲の上や地上を行ったり来たり、自在に飛び回っているでしょうから、
きっと最高の特等席(娘さんのお隣かしら…)で眺めていらっしゃっただろうな…


上月さんとスーパーブルーブラッドムーン
素敵な月が繋がった夜のことは、
私がいつか雲の上に行っても、大切に刻まれていることと思います。


今日は、
雪がまた降っていますね…

教育現場の生徒chan達とのお稽古も、学校自体が休校になり、延期です。。。

大会等に向けての大事なタイミングではありますが、
彼女達なら、心身を上手に整え、きっとよい流れで向き合えると思っています。

来週、可愛い笑顔に逢えることを楽しみに…
そして、雪での怪我や、風邪を引かぬ様に祈っています。

では、皆様もお身体に気をつけてお過ごし下さい。


……………………………………
スマホの方は、下の画像クリックでLINEスタンプの販売ページへ☆
d0224894_16205560.jpg
●安間千紘オフィシャルメール
(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2018-02-02 11:23
TOPへ
<< 初めて、家族全員で風邪に… 娘っこ、歌をつくる。 バレリー... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム