Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
お友達との夏の思い出♡
こんにちは☆

台風がきましたね〜
娘っこのバレエの行き来も丁度土砂降り(泣)

全国的に水不足ですし
どうか災害に繋がらず、恵みの雨となりますように…


私はちょっと色んな事が重なり、自分の頭の中が台風でした(-ω-;)
合わせて様々な過去のショックがフラッシュバックする事も。
本当にぐったり。

時間が過ぎるのも早く感じて、なんだか怖い位。
時が自分を置いて進んでいくような感覚になりそうになった時もありますが…

家族や芸術、お家の観葉植物くん達を含めて、周囲の存在と向き合う時間が「考えても結論の出ない」ことの渦から、シャキン!とニュートラルなポジションに自然と戻してくれています。

本当にこの何気ない時間が、大きな軸で、支えで、尊いのだと。

出来事には全て理由があるし、何かに繋がっている。
守るものが増えて、そりゃちっぽけな1人の人間ですから容量には限りがあって、簡単に器は拡がりません。

でも、同時に守ってくれる存在も同じだけ増えている有り難さに気付けたら、きっと思いがけない新しい道が見えてくるのかなと思います。

いつも最終的に思うのは…
地球の光と影は同じだけあって、それが少しだけ傾いて毎日同じように廻っていて、
その中に私も生きているんだなぁという事。

小さな出来事も、大きな出来事も、地球と一緒。
光と影、陰と陽の衝撃が同じだけやってきます。
どちらも大事で、どちらもあるから、成立しているのだろうな。


ともかく、やることも一杯あって、それぞれ整理して進めているものの、どこかでポカをしていないか不安でした〜(汗)

まぁ、そういう時の方が結果的により慎重・丁寧に向き合えることもあるなと、前向きに笑顔!


さて、そんなこんがらがっちな間に、この夏初めて、幼稚園のお友達とおでかけ♡出来たお話。
d0224894_04291120.jpg
夏休みの1つの憧れが叶いました(o´ω`o)(笑)


以前、幼稚園の動物園遠足の時にもアップさせてもらった、一加の同級生のお友達『こころchan』とママさんです(o´ω`o)
こころchanも、同じくこの日が初めてのお友達デートだそう♪

ヴィーナスフォート等も検討してくれていたみたいですが、ママさんも妊娠中だったり、とにかく暑さを避けながら、なるべく近場でと色々考えました☆

2人とも『どこへ行くか』よりも、ただ一緒に過ごせるだけで嬉しい様子だったので、どんな所でもいいね☆と話していましたが…

結局、ここ何度か夕涼みに訪れた六本木に決定。

一加chan、最近行った場所でいいの?とママさんが気遣って下さいましたが、いやいや全然大丈夫(o´ω`o)
一加はまた行こう!とノリノリだし、私もどちらかというと慣れた場所のほうが落ち着くタイプなので(笑)ちょうど良かった♪

それに、ドラchanのイベントをやっている期間は夕方にしか訪れていなかったし☆

駅で待ち合わせし、すぐに手を繋いでニッコニコ♡

こころchanのママさんがちょっと所用を済ませている間、私が「ここで待っていようね♪」と2人をみていたのですが…ママさんがいない間もこんなにお利口さんに座っているこころchanが本当に可愛くって、安心♡
おててもちょこんとお膝の上♪
d0224894_23231473.jpg
一加もとってもお利口さん…に、足が伸びております(笑)たはは
d0224894_23231526.jpg
こころchanも「大きなドラえもんに逢いたい!」と話していたみたいで、一加は前日から「こころchanに見せてあげるんだ〜、こころchan、わぁーい!って喜んじゃうかなぁ…?」と、ワクワクが溢れすぎていたので(笑)

向かう途中も、何やら2人で「あっちにドラえもん待ってるからね?」「うん、ありがとう!」なんて小さく話しながら歩いていました(o´ω`o)

2人らしい雰囲気で、ゆっくり話しながら歩く後に、母達は何度も目を合わせては微笑んで…この小さな2人について行きました(笑)
d0224894_23232152.jpg
こころchanが1番見たかった、大きなバルーンまで到着!
2人で大喜び!!!
(一加は初めてみたときに震えて怖がっていたのに「いっちゃん、もう怖くないよ!」とすっかり生意気にガイド中(笑))
d0224894_23231954.jpg
さぁ記念写真☆「こっち向いてごらーん!」と声をかけると、

何故か自らポージングをした2人(;´∀`)

なんだか、2人の個性がそのまんまで…母親同士、吹き出しました(笑)
こころchanは大人っぽいモデルポーズ、一加は…りゅうちぇる風の躍動的なポーズ?(笑)

…これだけ見ると、2人とも三歳児っぽくないですね〜(笑)
d0224894_23231751.jpg
ちなみにこころchanのコーディネートは、上から下まで全てこころchanだそう!
ママさんが用意したワンピースではなく「今日はこれなの!」と朝から意志の強さに負けた〜と話してくれました(T▽T)アハハ!

そして、六本木ヒルズの中は…
想像以上の人でした〜(;´∀`)

そうか…平日でも、お昼はこんなになってしまうのか…おぉう。
なんとか隙間を見つけてドラちゃんと記念写真(笑)
d0224894_04291202.jpg
その後、幼稚園が一緒の子にバッタリ逢えたり(笑)
ビックリ&なんだか嬉しかった(o´ω`o)
展望台に遊びにきたそうです☆

大人気の有料イベントブース「ドラえもん 南極カチコチパーク」は、当初4時間待ちだったそうですが、今では整理券を配布しているとのこと。
9時40分から配布なので、10時過ぎ位に行けば大丈夫かな?と思いきや…

実際、整理券配布の行列に少しだけ並んで、手にしたのは10時30分位だったかな…その時点で【18時】からのチケットしかなくなっていて、ビックリ!!!

…は、8時間後!?

配布時間のずっと前から長蛇の列だったのかしら…

整理券を持っていても、その時間から1時間程並び、中で遊べる時間は約3、4分程なのだと聞いて、さらにビックリ!!!!!
(クオリティはとっても素晴らしいそうで、ファンのみならず楽しめるようですが…)

でも全国から楽しみにいらしている方が大勢いらっしゃるのですから、しょうがないでしょうね(-ω-;)私達が甘かった〜調査したつもりでしたが不足過ぎ(汗)

という訳で、さすがに3歳の子達を8時間も潰し、さらに行列は厳しすぎるな…と私達は断念し、ただヒルズをブラブラ(笑)
お互い一度帰宅して来ることも出来る距離ですが、1番の目的は逢う事なので(;´∀`)いつか機会があったら☆

それでも十分な程に満喫し、いつも夕方には終了していたイベントブースも体験出来たり、とっても楽しめました(o´ω`o)

コラ・コーラの体験型ブース(バーチャル水泳競技)に参加する際に2人の対照的なこと!
やる気マンマンの一加を、直前まで数歩引いてみつめるこころchan(笑)
d0224894_04291424.jpg
私は射的ゲームで2個的中し(結構得意なので、本気な人)、テレ朝グッズをゲットしたり(笑)

何故かママ2人でエリンギを買ったり。
(ビックサイズで思ったより重い。。でも可愛い&この2つでなんと100円!!)
d0224894_04333026.jpg
午前中はお日様も陰っていて、比較的涼しかったのも救われました。

でもお昼過ぎると突然日が出て、すっかり真夏(汗)
かき氷1つ食べるのに、大行列&席の確保にえらいこっちゃな感じだったので…

ヒルズから移動し、近くの喫茶アマンド(久しぶりに入った〜!テレ朝のお仕事の帰りに何度か行ったんですよね〜)にて、1時間半くらい、まったり♡
涼しくて静かで、落ち着きました〜
d0224894_04333247.jpg
※かき氷は本来ジャムやジュレがかかった豪華なものしかなかったのですが、子供が食べ易いように、それらをカットした極限までシンプルなかき氷を作って下さいました(泣)


いつもお別れが近付くと静かにポロポロと泣き出してしまうので、「いっちゃん、お別れだから泣いちゃうかな?」なんてこころchanに心配されちゃって(笑)

そして、お別れ直前のこと。
こころchanが突然。
「あのね、私、言いたいことがあるの。 私もいっちゃんと同じ気持ちなんだよ。いっちゃんとバイバイするの、寂しいなって思ってるんだ。今日は逢えて嬉しかったよ。」と。

一加はずっとずっと何かあるたびに「こころchanもコレ好きかな?」「こころchanもやりたいかな?」と話していたので。。
2人とも、ずっとずっと逢いたいと思っていたのですね〜

数年飛び級しているのでは?(小学生2、3年?)という位、言葉も表現も達者で、文字も読めるし書けるし、足し算だってスイスイできちゃう…幼稚園では皆驚く才女なこころchan。

こころchanママは「そーんなの、皆いずれ出来ることばっかりよ〜」と言いながら、いつも一加のことを可愛がって褒めてくれますが、何よりの魅力は、相手が1番嬉しい言葉を、時を逃さず、ちゃんと伝える事が出来る心遣い(o´ω`o)

2人のやりとりは、大人が驚く程、譲り合ったり、想いあったりの連続で(テンポの違いや好みの違い、逆に一致するところ等色々あるのに)…喧嘩もなく、なんというか自然と2人でいい道を選択し、人間らしく上手なお付き合いをしてるなぁと、母2人で感心&笑っていました〜

※何が1番いいとかでは全くないですが(笑)
d0224894_13075146.jpg
親子で本当に嬉しくて…
一加も心から「ありがとうね…」と笑顔で伝えていました(o´ω`o)

電車でのバイバイは、見えなくなるまで手をって。


後にママさんからのメッセージによるとバイバイの後『空を見上げて「いっちゃん今日はありがとう〜楽しかったよ♡」と独り言』を言っていたそうです。

一加はその夜「こころchan…ありがとね…また逢いたいね」とつぶやきながら眠りにつきました。

離れてからの子供達の繋がりに、また感動しちゃいます(泣)

優しいお友達と、素敵な夏の思い出が出来て本当に良かったね♡
d0224894_01030461.jpg
私も、気の合う優しいママさん(10個程年上さんで、余計に落ち着くのです〜)と、肩の力を抜いて自然体に楽しめて、とっても嬉しかった!!

仲良くしてくれて有り難いなぁ、嬉しいなぁと、母として、女性として、感謝で一杯です(o´ω`o)

まだ予定がわからないけど、この夏休み中にまたお祭り等で逢えたらいいなぁ。少しでもこうした機会を持てたらいいなと思います☆

私も沢山、チャージが出来ました!


そして、時間がないだとかなんだかんだ言ってますが…

今日も大事な友人とちょっと特別な夕食の約束をしています。
きっと、良い夜になるだろうと、楽しみです(o´ω`o)


では!


……………………………………
スマホの方は、下の画像クリックでLINEスタンプの販売ページへ☆
d0224894_16205560.jpg
●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込&Lesson申し込み)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://chikubiusagi.com
●ちくびウサギ公式HP→http://www.anma-chihiro.com
Twitter(やんわりやってます)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2016-08-17 13:18
TOPへ
<< 大切な友人の結婚祝い。感謝の夜。 夏、アルテミアのお母さんになる... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム