Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。
先日は旦那くんが有休をとってくれ、3連休∩(´∀`)∩

最後の日は一加をサンリオピューロランドに連れていってあげました♡
サンリオの様子はまた次回!

今回はその休みの間に行く事ができた
劇団アルファーさんの舞台【終戦七十年特別企画第一弾『櫻の國の傳説』】を観劇したお話。
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。_d0224894_155225.jpg

長年、夫婦で大変お世話になっている劇団さんですので、今回もお言葉に甘えて、家族でご挨拶に。

出演だけでなく、一加が生まれて5ヶ月の頃は振付も引き受けており、一加をみて頂きながら指導をしておりました〜(汗)
授乳しながらやっていたころが懐かしい!!

…今回も観劇は私だけですが、休憩中の間、一加と旦那くんも一緒に( ´ω`)-3

劇場はね、神聖で大切な場所なんだよ。。
といつもいつも言っています。

なので、幼いなりに精一杯敬意を込めて過ごしているらしく、夫婦でちょっと驚いてしまうこともあったり(←親バカ)
でも、きっとどんな劇場にも神様がいますから、そういう空気を子供ながらに感じているのかもしれませんね☆

客席に行くと、アップ中のキャストが一加を優しく出迎えてくれ、それはもう大喜びの我が子。。
(客演さんや、初対面の方も可愛がって。。)

こうして一加を温かく受け入れて下さる環境にちゃっかり甘えて、自ずと靴を脱いでステージにも上がらせてもらったり。

センター&照明の当たる場所を陣取り(-ω-;)
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。_d0224894_20364843.jpg

照明のスタッフさんを見つけると、両手を振って手招きをして抱っこしてもらっていました〜(汗)
何度か逢っていますが、前回はハイハイ期頃だし、きっと覚えていないはずなのになぁ。本能で「好き!」なのでしょう(笑)

この日も、その方の定番のギャグ『いっちゃん、何歳?…ほら、“チンゲンサイ♡”って言うんだよ〜(笑)』とまた仕込まれていました(^▽^;)

私は個人的に気に入っているので、
きっとそのうちどこかでそう応える日が来ると思います(T▽T)アハハ!

気になる事があっても勝手に触らず、誰かにお願いしてみせてもらったりしてたようでホッε-(;ーωー)
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。_d0224894_1211883.jpg

セットをアチコチ案内してもらったり、「いっちゃんプロローグに入れたら?なんとか何処かのシーンに入れられないかな?ちゃんと安全に出演させられるぞ〜」と(笑い話で)考えてくれたり(笑)あはは。

上から見下ろしているときもすごくワクワクしていた様子。
小さなハコ(小劇場)ですが、一加からしたらきっと大きな大きな素敵な劇場ですね☆
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。_d0224894_121630.jpg

勿論、代表の酢屋さんには、楽屋でしっかりほっぺにチュー(笑)

それはもうご満悦な時間を過ごさせて頂き、千秋楽のご挨拶をする時も、生意気に一緒に深々と挨拶しておりました(爆)

挨拶をしてスタッフ&キャストが動き出すと、思ったよりすんなり(もっと居たいと言うかとヒヤヒヤしたのに)劇場を後にし、旦那くんとちょっと離れた施設にプラネタリウムを観に行ってもらいました(-ω☆)


さて、内容ですが。。。
------------------------------
昭和19年晩秋。日本は米軍機による空襲が激しさを増し、敗色が濃くなってきていた頃、、
養護施設でもある、東京・向島の病院で身体的に障害を持っている青年たちが明るく懸命に生きている時間を背景に、戦争の残酷な事実と平和への深い祈りを2時間超、たっぷり詰め込んだお話です。
------------------------------
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。_d0224894_121203.jpg

客席はアチコチで涙が拭われていました。

私も、お化粧崩れを気にせず、ポロポロ泣きながら、馴染みのあるキャストさんを様々な気持ちで観ていました。

作家さんのご自身の体験を映画にし、それを舞台化した作品だそうで、演じる側の想い入れの深さもしっかり感じ取れました。
そこが1番良い点だったと思います。

そうした純粋な気持ちは、当時亡くなった方々にも、届いているように感じました。

そうそう、劇団員の中でもまだ新人さんの女のコで、私が2年前に振付した時に入ったばかりの子もささやかな役でしたが、よく頑張っていました。
開演前に急いで丁寧に挨拶にきてくれましたが、一加の事もとても大事に扱ってくれました。

出演時間は大変短かったのですが、そうした優しさや、たとえ未熟さがあろうと、もとにある丁寧な行動は舞台にとても出ていて、帰りに思わず声をかけました。

どんな会社も団体も、その在り方は新人さんの姿で評価されてしまう時がありますものね。

舞台というのは、日頃の心がけや、生活が出てしまいます。
見事に演じてらしても、生き様というか、根っこの魂の色はわずかでも香るもので、そこと作品との狭間を理解して挑戦していかねばならないのかな・・・と私も肝に銘じています。


…日本に紛争が無くなったのは、たった70年前のこと。
ですがどんなに想像しても、体験を超える理解は出来ません。

それでも、まだ生きていてくれる方がいらっしゃる間は、当時のお話を聞く事から『心の疑似体験で知る道』はあるのですよね。

こんなに平和な国はないと言われていますが、、
今後だって、何の保証もありません。

平和の定義だって、人それぞれですから、今がそうなのかも解らない。

でも、一人一人の中にある『ささやかな幸せ』と、誰かの幸せを願う心を大切に出来たら、人は学んでゆけるのじゃないかと、思います。

私にとっては、
娘の笑顔が宝で、家族の存在が支えで、周囲の温もりが希望。
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。_d0224894_1241848.jpg

プラネタリウムで星を見上げた旦那くんと一加、
星になった方々のお話を観劇した私。

不思議だけど、どちらも、天を仰いでいたのね…と( ´ω`)

どんな違いがあろうと、人間は人間。
命は命。

地球の命に平等に与えられた星の輝きを、ただ真っ直ぐ見上げられる時間が訪れるといいのになと願います。



終演後、プラネタリウムと雨上がりの公演で遊びまくり、ぐっすり寝た一加を抱いた旦那くんが劇場に戻ってきて…入り口付近にいると、お客様に「安間先生のお子さんですか?」といった嬉しいお声もかけて頂いたそうです。。

旦那くんがとても嬉しそうでした(*´∇`*)


今日は朝から作業を片付け、一加のお友達とお出かけです。

雨だけど、親子でルンルンで行ってきます!

では☆


……………………………………
スマホの方は、下の画像クリックでLINEスタンプの販売ページへ☆
私は観劇!旦那くんと娘はプラネタリウム。_d0224894_16205560.jpg
●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込&Lesson申し込み)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://chikubiusagi.com
●ちくびウサギ公式HP→http://www.anma-chihiro.com
Twitter(やんわりやってます)

……………………………………
by chihiro_anma_ex | 2015-04-07 09:01
TOPへ
<< 親子カフェ&生徒chanとの時間 感謝… ちくびウサギも春爛漫♡ >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム