Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
青劇ファイナル公演! 名倉先生の愛と祈り。
こんにちは!!

昨日はついに・・・

私が4歳からお世話になっている師匠・名倉加代子先生のスタジオ公演【CAN'T STOP DANCIN' 2014】を観てきました!!!!!
d0224894_3295683.jpg

このブログでも書き連ねておりますが・・・
私も過去に出演し、今の人生の軸を育んだ、大切で思い入れの深い公演です。

そして、5歳で立った初舞台の場所【青山劇場】が2015年3月に閉館が決まり、、

この例の名倉の舞台(キャンスト)もこの劇場で観られる最後となりました。

私にとっても、ただならぬ想い・感謝があり・・・
表現しようの無い気持ちです。

劇場をみつけ、ズンズンと進む一加。
それだけで胸がギュっとなる。
d0224894_3262177.jpg

ですが娘の「まるで出演するかのような勇ましい階段の降り方」に、どこか励まされた感覚もありました。

2歳の一加は観劇できないので、本番前に楽屋にご挨拶に行く間だけ一緒に。。

楽屋入り口ではスタジオのシニアクラスの方が抱きついて出迎えて下さって、一加まで抱っこを要求して抱き上げて頂いたり(^▽^;)

楽屋に降りて行くと、、
お昼のスペシャルゲストのHIDEBOHさん(火口 秀幸さん)とお逢い出来て、、
d0224894_326317.jpg

※他にもいっぱい変顔やらお写真を撮って下さいました(笑)
一加も嬉しくってニヤリ顔(^ー^* )

子役時代に何度かご一緒させて頂き、メッセージのやりとりはさせて頂いていましたが、こうしてすぐにお優しく接して下さるので本当に嬉しいです。。。

旦那くんのことも覚えていて下さって、私がいない時間にも丁寧にご挨拶してくださったと喜んでいました( ´ω`)

そして、、偶然にも、夜の部のスペシャルゲストが鳳蘭さん!!!

再会出来る〜!!と大興奮しておりましたが、
蘭さんの楽屋付近に着くなり、事務所の皆さんが「あら!!さぁこちらへどうぞ〜!!」と案内して下さって、、あれよあれよと楽屋でご挨拶。。
d0224894_3262072.jpg

一加の事も覚えていて下さって「こーんなに大きくなって!!うちの孫と同い年!2歳やね〜」と沢山抱っこし、可愛がってくださって。。すっかり一加は甘えん坊(汗)
d0224894_3261173.jpg

前回お逢いした時に、娘さんがご出産を控えている事を教えて下さり「同じ学年になるんよね〜!!」と。
今こうして育児や、子供のお洋服のお話をさせて頂いているのが、本当に嬉しくて、光栄です。

・・・そして、蘭さんの楽屋でどこまでもリラックスし、仕舞いにはお膝の上でモニターを観賞!!
何くつろいじゃってるのーーーー!!!Σ(=∇=ノノヒィッッー!!

一加は、客席に入ることなく、あのステージの感触も知らないまま閉館だなぁ・・・なんて寂しく思っていましたが、まさか、こうしてスペシャル過ぎるお膝の上でモニターを観賞する事になるなんて!!!

「こんな贅沢で幸せな子、いませんね(泣)」と私は終始ハワハワでした、、
d0224894_3261817.jpg

「こんだけ現場慣れしてる子、ええなぁ〜」なんて。
(こういう空気が気に入り、生意気なだけでしょうが。。)
楽しいお話とオーラに浮かれ、気付けば長居してしまい、、申し訳なくお部屋を出ました(泣)
本当にありがとうございます。。

本番では、真っ白のドレスを纏われ、劇場中をオーラで包みこみ、、ゴージャスで愛溢れる貫禄の時間でした。。先生とのトークも最高に盛り上がって客席も大笑い!!

本当に素敵な、憧れの方です。。


そして、師匠・名倉先生の楽屋へ。

この時間に行くお約束をしていたとはいえ、恐縮でしたが、先生と旦那様のお優しさに甘え、少しご挨拶を。
d0224894_3261338.jpg

一加もしっかり抱いて頂いて、「いっちゃんは踊るもんね〜 先生のLesson出て下さいね〜」とお話して下さっていました(*´∇`*)
d0224894_3261677.jpg

そして、またくつろいでしまう娘。
先生のお膝で真剣にボタン掛けしないでおくれ。。はぁぁ(泣)
d0224894_3261591.jpg

旦那様もお相手してくださるので、さらに調子に乗りそうだったので(-ω-;)
ペコリとご挨拶をさせ、私もまたご連絡します!!今日はどこまでも先生の愛を堪能します。。。とサササッと失礼しました(;^_^A

劇場下の楽屋では、お世話になった先輩方や今回のチケットを手配してくれた、可愛いアヤ、、在籍中に一緒に小道具や靴係をやってくれていた恵文chan、色んなメンバーと再会が出来、一加も沢山可愛がってもらって、、嬉しかったし、ちょっと色んな汗も出たり(笑)
d0224894_3262627.jpg

アヤからは逆にプレゼントまでもらってしまった!!
リンツの 【クリスマス限定 リンツテディ缶】 可愛い〜♡

彼女の公演に向けての気持ち、踊りへの素直な想いを沢山聞いていたので、尚更、彼女の身体の内に在る風を感じて観ていました。。


そして帰ろうとした頃に、大好きな先輩のりPさん(酒井典子さん)が「うわーー千紘じゃん、ミニ千紘もいるし!!」と私を見つけ早速いじって下さり(笑)
d0224894_32610100.jpg

一加を抱いて「いい?Lessonをするときはお腹を出して踊るんだぞ?」と言い聞かせてらしたので「それ、私の事ですか?(-ω-;)」と言うと「ママはずーーっとおへそ出して踊りまくってましたからね〜」と(爆)

名倉先生に「自分のスタイルを鏡に映すのは基本。良い事よ!」と褒めてもらい調子に乗り、さらにあり得ない程のスタジオの熱気に、年中お腹出してたんですよね(笑)

こうして当時の私のことも同時につっついて下さり、やっぱり優しい方です。

舞台上では、今まで以上に、のりPさんの魅力(踊りに加え、芝居&ジャグリング&お笑い)炸裂で、様々なシーンで絶妙に溶け込んでいて、惹き付けられました〜
名倉の品性や芸術の枠を見事に把握されているんだなぁ、、そして、その中を目一杯走り回ってらして・・・素敵でした。


さらに今回は、私が元カンパニーとして、そして1・名倉ファンとして観たい!!と願ったSカンパニー(先生方)の魅力満載なナンバーが目白押し!!、おひとりおひとりへの名倉先生の愛が詰まっていて、最高に楽しみながらも、胸が震えていました。。。

確立された魅力が溶け合い、世界が築かれていく。
最高にクールです。

これまでも大先輩の方々が、名倉先生の懐の中で挑み、愉しみ、届ける姿が、私の背中を押して下さっていました。

今回は勝手な意見ですが実際に若いメンバーがちょっと落ち着き気味で、はち切れるようなパワーがない印象で。
でも相変わらず長年在籍する先輩がとても軽やかに、身体を思いきり使ってらっしゃるのに感動。

確実な土台と、軸。それありきの「抜き」のテクニック(+オフバランス)が合わさらないと、己の身体を限界まで使いこなすのは難しい・・・と改めて。

10代よりも、20代のほうが身体がきいたし、私は今先生のLessonに通えずですが、20代の頃より出産した後の30代の方が滑らかに動けるような気がしています。

名倉先生の指導は、いつまでも心身に生きていて、鍛えてくれる。。生活や仕事の中で先生の香りや言葉を思い出す度、深みが増していきます。

確かに、床に頭を打ち付けるほど反り、足を上げれば額を打ち付け(どっちもただのドジとも言う)、人の4倍飛びなさい!と言われ、チアノーゼになるほどに踊り狂っていましたが(笑)

少しずつでも生き方を知り、様々な呼吸と出逢い、あらゆる存在の温もりに気がつくと、心も身体も魂も、自分に見合った、しなやかさに導かれるのかもしれません。。


最年少カンパニーの少年、三好将太くん(元生徒さん)にも、ギリギリ逢えました♪
d0224894_326862.jpg

今回も本人が頭を抱えるほどに大抜擢の連続で、沢山ソロもあり、相当に努力していたようです。

突然足をみせて「千紘先生からもらった靴下、本番で毎日履いて踊ってます!!」と(笑)
願掛けまでしてくれて、、頑張っていたみたい(*´∇`*)

きっと、そんな願掛けは必要ない程に、ステージの将太くんは周囲や環境に敬意を忘れず、どこまでも弾けておりました☆

所々、吹き出す程の激しさでしたけど(T▽T)アハハ!

私が踊っていたパートを踊るシーンが多かった彼、なんだか納得しました(笑)

「千紘先生ならどう踊るんだろう?と、本当に毎日ブツブツ言っています。」とお母様から伺っていましたけど、本当に良い顔をして気持ちよく飛び回っていて、良かった!!

まぁ、頭をぶつけるほど反ってなかったので、まだ越されないぞ!!と私も元気をもらいました(←ちょっと違う)


なんと言って良いか・・・

あの青劇の代名詞のセリ(機構)、名倉のテッパンのオープニング。。
幕が上がっただけで涙が止まらない。。

それは、隣にいた母も同じでした。
(私が踊っていたときは泣いた事は一度もなかったそうです。悔し泣きをする私を知っていたので応援の気持ちが強かったそう。)

昔、ダンスや舞台をみた事がない、男の子の友人が来てくれた時も「何でか分らないけど幕が上がって、気付けば涙が出てたんだ」と言っていて、、
名倉先生の芸術は、そういうものなんだなぁと思います。

母娘で、これまでの劇場との思い出、先生の素晴らしさを噛み締め、そして1観客として感動しました。

今回、母と観ることにして、本当に良かった。。

終演後、泣いて、ちょっと目が腫れている私。
d0224894_326698.jpg

名倉先生が踊り終える最後の動きで、ステージの床に“スッ”と触れたあの瞬間、スポットライトの中にキラリと何かが光ったのが見え、先生の愛と祈りが、青山劇場の神様に触れた反応のように感じました。。

「この大好きな青山劇場はなくなってしまいますが、キャンストはDON'T STOP!です・・・!!」と、まだまだ駆け抜ける名倉先生と出逢えたこの人生が、私の芸術最大の喜びです。

先生が私を見つけて下さらなかったら、幼少からこの世界に居なかったかもしれません。

こんな素敵な気持ちを下さった、名倉先生に心から感謝です。

そして青山劇場の神様に、一加と一緒に頭を下げることが出来、有り難く思っています。


影で公演を支えてらっしゃる、スタジオの生徒さん達も、とても輝いていて、、

思わずオリジナルTシャツ(¥4500)を3枚買ってしまいました(笑)
d0224894_5512245.jpg

チャコットさんと提携した、綺麗なラインのTシャツです☆
名倉先生のポージングが素敵♡

そして、、
観劇中、一加と旦那くんは併設されている、こどもの城にあるカフェキャッスルにて夕食をとって、まったり遊んで帰ったそうです(*´∇`*)
d0224894_5562012.jpg


私と母は遅くなるので、適当に済ませて帰りました☆

・・・もうお気付きの方もいるでしょうが、一加の背負っているちくびウサギ。。新作です!!!

この日の為かの様なフォーマル仕様!!

そんなお話は、落ち着いたら(笑)


さらに今日はこれから、超ベテランシンガー・八月真澄さんのクリスマスLIVEに行ってきます!!

次回も鼻息荒く、ブログを更新するかと思います(笑)

では!!

今回も長いブログで失礼しました。。(-ω-;)




……………………………………
●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込)→anma.ticket@gmail.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://homepage3.nifty.com/anma-chihiro/
Twitter(やんわりやってます)

……………………………………
by chihiro_anma_ex | 2014-12-14 11:33
TOPへ
<< 生徒chan達のクリスマスLI... コス友社長とお食事☆ & 一加... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム