Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
叔父の受賞と、魔法の虹。(一加・1年振りのお熱…)
風邪が大流行りしているようで…

ついに!
元気ッ子・一加も発熱!!!(泣)

本当に病気にかかりにくく、ほぼ1年ぶりの風邪です。。
(37度程度は2回位あったけど)
d0224894_334781.jpg

お熱以外の症状はなく、食欲は少し減ったけど、今朝からまた食べ始めましたε-(;ーωーA
まだ脱水にもなりやすいから、気をつけなきゃ!

熱なんて久しぶりなのに、自分でオデコをさして冷えピタを貼ってくれだの、お尻をみせて座薬を入れてくれとアピールして、ちょっとビックリ(汗)
冷えピタのある棚、いつ知ったんだ!座薬って1年前からしてないし!!
・・・覚えているんだなぁ。
まぁ、家族にとっても昨年の大風邪は衝撃的だったので、皆忘れられないかもね(〒_〒)

とりあえず、馴染みの大好きな先生のところで点滴してもらいました。

先生に逢える!と相当ゴキゲン&マスクもお気に入り(笑)
d0224894_21104323.jpg

先生から「お口あーん♪」と言われると、自分でマスクを降ろしてあーんして、終わったらマスクをサッと戻しててウケました(笑)

点滴もじっとしてるし・・・私なら泣きべそもんです(おいおい)
d0224894_21104534.jpg

看護婦さんに色んなオモチャを並べてもらったあげく、
許可を頂き、持参したiPadでアニメを観ながら、片手でパンを頬張り、ポカリを飲み…1時間半、ベットで優雅にくつろいで終了。
バカンスかぃ!(汗)と、恥ずかしかった(-ω-;)

※で、またしてもiPadの便利さを知った私(笑)

帰りはお会計をしている私の足からスリッパを取り、片付け。看護婦さんと患者さんに褒められ満足げ(-ω-;)ったく。
d0224894_21221553.jpg

熱が出る前日までは、一緒にモリモリ食べてたのにな。。。

手抜きだけど、ご飯が進む丼もの☆
【挽肉とキャベツのトロトロそぼろ丼】
【ワカメとなめことネギのお味噌汁】
【お豆腐&山クラゲ】

d0224894_21104836.jpg

勿論一加は山クラゲはなし(笑)
お代わりして、沢山食べてくれました。

とにかく、食事は無理させず、水分だけに気をつければ大丈夫との事です。
きちんと治そうね☆


………………昨日は有田在住の叔父が東京にくるとあって、逢ってきました。

大叔父のお見舞いを一緒に行こうと約束をしていて。
本当は母と一加も一緒の予定でしたが、治りかけの風邪をうつしてもいけないし、病院なので今回は私だけ。

1ヶ月前に倒れた大叔父のお見舞いは、3度目です。
元気すぎた92歳の大叔父は、自分が歩けない事に大変ショックな様子。
叔父も私も「おじさんが目標だからね。」と言葉をかける位しかできません。。

暫くお話をしていると、叔父が「お!虹かかかっとるけん!綺麗だなぁ!」と病室の窓から虹を発見!
d0224894_21221754.jpg

芸術家の叔父なので、お空にも絵を描いて、大叔父を元気付けたのかもしれません。

前に叔父のアトリエ(有田)に遊びに行った際も、巨大な虹が出現したのを思い出し、叔父とニッコリ( ´ω`)
やっぱりアレも叔父の魔法だったのかな(笑)

個室の大きな窓は、ロケーションも良く、気持ちが良いのですが・・・
虹をみた大叔父の顔は、どこか寂しそうで、胸がギュッとなりました。

前回よりも意識も頭もクリアでハッキリしているものの、だからこそ色々疲れちゃっているみたい。

入院当初は「千紘にやると約束した勲章(天皇陛下から頂いた瑞宝小綬章のこと)はどこだ!? …あぁ、ここは病院だったか。そうかそうか、間違えたね、あはは…」と、時折混乱しつつも、笑顔もみえ冗談も言って、旦那くんの事もきにかけてくれたり。。

旦那くんは、同じ週末に一緒にかけつけました。

・・・大叔父の回復も、心から祈っています。


この日、有田の叔父が東京に来たのは、平成26年度地域文化功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞することになり、文部科学大臣より賞状を頂く式典の出席と、明くる日は横須賀にてお弟子さんの指導や相談にのる為でした。

このタイミングで大叔父が入院しているので、どんな事をしても病院にいくと。
私の祖父が、私の産まれる半年前に亡くなった際、逢うつもりだったのに叶わず、それが最期になった事もずっと悔やまれていたから、尚更、思ったときはいつでも行くのだと話してくれました。。

なので、私が東京駅に迎えに行き、お見舞いをし、また東京駅に見送り☆
往復3時間以上の道のりを一緒に過ごせたのは、とても嬉しかった。。

芸術の話も沢山しました( ´ω`)

「千紘の芸能の世界も、こちらの焼き物の芸術も同じやけん。美意識を忘れたら、発見もないし、成長せんけんね。。

芸術を通して出逢った愛情や感動を、次世代に繋げ還元することで、己が成長し続けるのだと。
私も、未熟ながらも、そう信じています。


叔父は日本工芸会正会員、有田陶芸協会・会長、県窯業技術センター所長、県立有田窯業大学校教授などを務めており、

作品は、有田焼では大変珍しく、難しい製法で、薄紫の淡くて優しい色合いが特徴。
叔父以外の人には出せない特別な色合いは、『釉裏彩(ゆうりさい)』といいます。
d0224894_205382.jpg

作品は伯父の在り方そのもの。
そして、支えてもらっている奥さんへの愛の色のような気がします。

決しておごらず、目立とうとせず、長年ひたむきに研究をし続けている。
沢山の陶芸家や学生の育成も、本当に大切にしているそうです。

今回の受賞については、、
色には自信と誇りがあるけん。
けど、研究家の人生は長くとも、陶芸家としてはまだ浅いと思っとるし、素晴らしい方が沢山いるけんね。。
78歳になっても、自分はまだまだ、賞をいただく身分じゃなかね。これは、若い子達と向き合って、長い間未来のサポートをした、そのご褒美だと思うとる。」と話していました。

佐賀県庁のHP記事。
http://www.pref.saga.lg.jp/web/kisha/_83760/_84597.html
永年にわたり、陶芸家として優れた活動を行うとともに、佐賀県陶芸協会理事を務め、地域文化の振興に貢献している━━━という受賞理由だったそうです。

今までも経済産業大臣賞など、色々受賞をしているのですが、なんせそんな気取らない性格なので、額に入れて飾る事も無く、そのまま保管をしているのだとか(笑)( ̄∀ ̄*)


叔父と最期にあったのは5年前、『柿傳ギャラリー』にて開催された個展でした。
d0224894_1326519.jpg

東京国立博物館名誉館員の、林屋 晴三さんから推薦され、古希を過ぎての初個展開催の決意。。

東京で開催される展覧会には、年に何度も出展していましたが、自ら個展を開くことはしませんでした。
公職を理由に表だった活動を控えていたのに加え、きっとその時も同じ想いだったのかもしれません。。


帰りには、看病もあり、気付けば朝から何も食べていなかったお腹ペコペコな私を気遣ってくれ、東京駅にて、一緒に軽く食事。

ちくびウサギの話をしていたら、気に入ってくれ(笑)
干支が兎の時は、千紘のちくびウサギを使う!来年用のひつじはもう描いたけんね〜」

と叔父が紙ナプキンに羊さんをかいてくれました(笑)
d0224894_1103340.jpg

実は私も、羊を既に描いてあり(笑)

・・・こんなw  もはや羊かなにか不明。
d0224894_1152547.jpg

叔父はイタズラ描き風な世界が好きなようで、これも「いい!」だって(;´∀`)

その辺は血でしょうか(笑)


今回も、「ちいさい野花でも入れたらええから」と高さ7cm程のとっても可愛い花器をくれました。
d0224894_1103023.jpg

特別な紫も大好きだけど、叔父の緑と青の世界も大好きです。

元気になった一加とのんびり野花を摘みにいこう!
摘めるとこってあるのかしら。。(汗)

そうそう、一加の『加』は恐れ多くも名倉加代子師匠の『加』という未だにドキドキな件なのですが、、、

一加の『一』は、河口純一 叔父さんの『一』を貰っている事に気がつき、、、

まさかの【芸術家のコラボネーム!?】

と、調子のいい事にしておきたいと思った私でありました(笑)


一加がもう少し大きくなった来年か再来年あたりには、家族で陶芸指導をしてもらいに行きたいな♡


よし、今日も頑張ろう!!

では★

……………………………………
●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込)→anma.ticket@gmail.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://homepage3.nifty.com/anma-chihiro/
Twitter(やんわりやってます)

……………………………………
by chihiro_anma_ex | 2014-11-07 11:58
TOPへ
<< 『青汁』な一加と、『やまちゃん... 感謝のリフレッシュデー & 一... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム