Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
一加、お能-幽玄の世界へ。(私はTAPの特別講師!)
こんにちは☆

MacBook故障&体調不良から3日。。

新しいMacBookさんにも慣れ(細かくいうと、画像のRetina対応の件でアプリの個人的疑問を解決など)、旧MacBookさんをAppleに初期化覚悟で入院させたり(泣笑)

※Retinaの事、こちらの2サイト様のお陰で救われ感謝で一杯です。スッキリ解決しました。同じ件でお悩みの方がいらしたらご参考までに。。
http://d.hatena.ne.jp/akuyan/20140328/p2
http://site2913.blog5.fc2.com/blog-entry-898.html

私も数日間の極度の寝不足を解消し、、、

山場をこえてスッキリですε-(;ーωーA フゥ…

という訳で、前に書きかけていたお話をUPしますね(笑)


私の親友の、お能一家の娘さん・友世、そしてご両親様からも嬉しいお声がけを頂き、、、

お父様と彼女の姪っ子甥っ子ちゃんが舞う、、、
【第31回 阿弥陀如来奉賛 増上寺 薪能】

を観に行くことに(o^∇^o)ノ
d0224894_0323113.jpg


・・・しかし、前々から楽しみにしていたものの、こちらも楽しみにしていた大切なお仕事、郊外スタジオでの『特別タップクラス』の指導日が重なってしまい(泣)

私は可愛い&素敵な生徒さん達のもとへ行きました〜!!
Lesson前の1人でのリラックスタイムの1コマ。稽古着写真、ちょっと珍しいですね(笑)
d0224894_13391936.jpg

今回も、私なりに音色が良くなるトレーニングや、リズム感の向上、スキルアップのコツ☆を集中して行い、、ちっちゃい子からお姉様まで、年齢の差も本当に大きいクラスなのですが、皆さんちゃんとトライしてくれています(*´∇`*)

姉弟で参加してくれている子は、お家で2人でしっかり復習&特訓しているようで、、あ、この話はまた書きますね(笑)

Lesson中、ビデオではなく、テープに録音されている生徒さんもいらして、、しかもそれをとても活用されているのが毎回解ります◎素晴らしい〜
d0224894_13393097.jpg

なーんて、この日も感動しておりましたが、、


一方お能には・・・母と旦那くん、そして一加も参加しているのであります!!!! ヽ(;*Д*)ノひょえー

・・・一加、2歳なりたてのくせに、、こんな素敵な機会を頂いてしまいました(泣)

※一加が大人の舞台を最後まで観劇できる事もあり、色々ご配慮下さって、もしものオジャマにならないエリアに案内してくれるとの事で。。


さて、薪能の内容です。
【第31回 阿弥陀如来奉賛 増上寺 薪能】
━━━━━━━━━━━
d0224894_1340748.jpg

増上寺の薪能・・・なんと江戸時代より、現在の東京タワーの辺りにあった能楽堂で行われていたそう!!

重要文化財や、立派な神木の松を背景に、篝火の灯りで演じられる能。。。

これは本当に貴重です。

友世のお家にもある舞台↓の背景・鏡板(かがみいた)の中で行うのが、基本ですものね。。
※ちなみに、この老松(おいまつ)は、お母様の手書き!! (3年前の写真)
d0224894_3135762.jpg

法要の後、火入れの儀を行い・・・漆黒の闇の中で篝火を焚き、演ずる薪能、、それもまた格別だろうな、と。。
※増上寺HPより転載↓
d0224894_13394216.jpg

演者は、三解脱門(重要文化財)を背景とし大殿に向って演じ、増上寺本尊、阿弥陀如来に奉納し、、

江戸三大名鐘の一つである大梵鐘(高さ3メートル余り、重さ15t)が鳴り響くと開演。
薪能舞台としては「都内最高」との評判を得ているのだそうです。

【演目】は・・・「嵐山」 「伊文字」 「半蔀」

「嵐山」のシテ(主役)は 梅若 万佐晴さん
※友世のお父様。(流名「観世流」シテ方 重要無形文化財総合指定保持者)
d0224894_1341733.jpg

嵐山の神木である桜の神様のお話...
嵐という花をも吹き散らす言葉を持った山に、美しく咲き誇る桜に宿る神々の舞。

その美しい2神を、親友の姪っ子甥っ子ちゃんが演じるとあって・・・私は尚更、楽しみにしていたのです。

600年以上の歴史をもち、世界の古典劇のなかでも極めて古い、国の重要無形文化財に指定された伝統芸術、能楽。

その奥深い優美な世界は、『幽玄』という言葉で表されます。
「美しく柔和な姿」という意味だそうです。

全てが美しく、静に舞うこと。。
以前、お父様の鬼の演目を拝見した際、姿形は迫力があり恐ろしくとも、美しさが立っていて鳥肌が立ったあの感覚でしょうか。

能楽における全ての存在が、「美」に重きを置いている。

幽玄の世界は並大抵の理解では表せないものなのです。

ですから、今回、親友の姪っ子・甥っ子ちゃんが舞う事への挑戦、プレッシャーは普通ではありません。
※増上寺HPより転載↓
d0224894_13394787.jpg

小学5年と1年の姉弟が、ただ形を覚え、舞うだけでは成立しない、
子供が踊っていて可愛いね、頑張っているね、、ではないのです。

幼かろうが、物語、そして能楽の本質を理解した上で舞台に立たねばならないと、親友のお父様は厳しく、ご指導されたのだそうです。。。

丁寧に、時間をかけて、そして、心の距離もきちんととりながら向き合ってらっしゃったと。

そして、今回の演目を通して、明らかに大きな変化も見られ、きちんと舞台に臨める状態までに熟し、許しを出されたそうです。

・・・いつも親友の話を聞いているだけで『産まれた時から使命を全うする覚悟をもつ子でありながら、豊かに伸び伸び成長しているのだなぁ』と、感心ばかり(汗)

自分も母親になって、尚更です。


お父様がお孫さん達を弟子として厳しく指導し、お孫さん達が自らの意志で、神様に届ける舞を、真の美しさを学ぶ所から取り組んでゆく道のりには、お父様の背中に現れる芸の魂がお在りだったのだろうな、、

と想像するだけで、自分も芸術に携わっている身として、改めて振り返ることが出来ました。。


『背中』といえば・・・
(また話が長くなりますがw)
d0224894_4211397.jpg

私が初舞台に立ったのは5歳。
様々な有り難い作品に選んで頂き、お声がけして頂いた事で「私は何でも出来て当たり前よ!だってその可能性があるからココに選んで頂いたんだから!」というスーパー勘違いのお陰であらゆるシーンで堂々としていた訳で。。(自分でも吹き出すレベル)

生意気な程に【プロ意識を重要視】していました(汗)

お客様や視聴者は、自分の身体だけじゃなく、心の中も、果ては日頃の全ても見抜いているのだと思っていたのです。

要するに、魂をお届けするのが女優というお仕事だと、幼いながらに本気で考えていました(汗)

母に支えられてはいても、言われた訳ではないのが、親子で呆れたり、不思議で笑っちゃう部分です。。

※そして現場の大先輩方、スタッフさん、師匠に恵まれ…お優しく包んで導いて下さったから、ひねくれずに生きてこれました。。(泣)

5歳か6歳か、、、ある振付の途中で、監督と振付家(現在の師匠・名倉加代子先生)に「この振り、どうしてお客様に背中を向けるの?」と質問をした事がありました(;´∀`)

背中を向けたら、お客様が寂しいのではないかと思ったのです(笑)

質問の答えを頂く前に、突如ひらめき
「あぁそっか!後ろを向く時は前を向いている時の2倍、歌って踊ればいいのね!そうしたら背中でも伝わるものね!!」と勝手に納得し・・・厳しいお二人は、そんな私をにっこり認めて下さいました。(なんて有り難いことでしょう、はぁ)

その頃から背中で表現することを特別意識してプレイするようになりました。。

『生涯、直接みる事も触れることも出来ない、唯一の場所…それは己の背中。
だから、人は自分の背中がなんなのかを追い求めて生きる存在なのだよ━━━』


そう、大学の教授に何気なく言われた時・・・
幼い頃からの私の信念が、また熱くなるのを感じました。


・・・親友のお父様の背中や甥っ子さんを勝手に想像しているうちに、そんな事を思い出し、話がそれてしまいましたが(;^_^A


だから尚更!!!!!

この眼で観たかった・・・のです(泣)
d0224894_13391237.jpg

今回叶わなかったのは大変残念でしたが、

母と旦那くんが興奮して
「子供達には、鳥肌が立つ程の神聖な美しさと魂を感じた。。お父様の声には愛を感じ、貫禄には圧巻。」と感想を伝えてくれ、、

後に友世からは、
「下の子(甥っ子ちゃん)はね、『おじいちゃま、皆と一緒に舞台に立てて嬉しかった、、照明で前も後ろも解らない状態だったけど、おじいちゃまが舞台で扇子を開く"パタパタ…”という音がとても気持ちよかった』と話していたんだよ〜」と教えてくれました。

…思わず目頭が熱くなりました。
あれ程の環境の中、感性を十分に発揮し、喜びを知った甥っ子ちゃん達だったんだ。。。

私も十分に、舞台の成功と素晴らしさを感じられることが出来ました( ´ω`)


ちなみに、一加はというと。

開演前から、まさかの爆睡 Σ(-◇-;)
『嵐山』の演目の間、ずっと気持ち良さげにスヤスヤ、終わったとたんに起きたそう(笑)

夢の中で桜の神様に逢えたのかもしれませんね…
幽玄…まさに心地よい世界だったのでしょう( ´ω`)-3

そんな一加に、友世がプチギフトを♡
d0224894_13464795.jpg

気に入って新宿駅で私と合流する時も持ってました〜
d0224894_13464644.jpg

一応、ちょっとおめかししていたんだけどなぁ。。。

昨年義母に買ってもらったラグランのカーディガン(AcanB)と、義理の兄嫁からもらったスカート(JILL STUART)でコーディネイト(笑)
d0224894_1339941.jpg

ともあれ、、(;^ω^)

こんなチャンスに恵まれた事、親友の友世との縁、そしてお父様・お母様のご配慮に心から感謝しております。

次回は私も、是非!!!!!


さて、ご飯作ろう♡

またまた長いブログにお付き合いありがとうございました(;´∀`)


……………………………………
●安間千紘オフィシャルメール(応援&質問&チケ申込)→anma.ticket@gmail.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://homepage3.nifty.com/anma-chihiro/
Twitter(やんわりやってます)

……………………………………
by chihiro_anma_ex | 2014-10-02 12:08
TOPへ
<< 体操スクール!! (夫婦で名前... MacBookさんが!! (一... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム