Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
☆扁桃腺摘出手術のまとめ☆ (退院して1ヶ月)
━━━━━━━━━━━
多くの方に、こちらの記事(&扁桃腺手術に関係した記事)を読んで頂いているようです。。
※記事は2014年6月13日のものです。

私も手術前は、不安で不安で、主治医にも沢山質問をし(お優しく話しやすい先生でしたので尚更)、加えて自分なりにネット検索し、気持ちを整理しました(汗)

相談や質問を受ける機会も多くなり…
ただの経験者というだけではありますが、何事もやってみないと解らないものだと痛感しながら書きました。

本当につたない文章で、育児や仕事の事もゴチャ混ぜ!
大変読みにくいと思います・・・
もしこのブログがわずかでもお役に立つ事が出来ているのならば、幸いです。

読んで下さいまして、有り難うございます。
━━━━━━━━━━━




こんにちは☆

今日は一加の歯にフッ素塗布をしてもらう為、歯医者さん!

そのあとは、教育現場の生徒chan達の教えへ♪
εε┏( ・_・)┛
ついに今期の振付けが始動します。

・・・と、そのお話は次回にしますね。。

------------------------------
今日で扁桃腺摘出手術をし、退院して1ヶ月!
☆扁桃腺摘出手術のまとめ☆ (退院して1ヶ月)_d0224894_5292690.jpg

コーヒー&タバコ
2つのアレルギーに対する効果を期待しての手術。。。

(酷いときはどちらも飲んでいる、吸っている方との会話で感じる香りのみでも、症状が出ていました)

現在は、コーヒーの香り&タバコの煙も大丈夫に!!!
※勿論、私自身は飲んだり吸ったりは今後もないと思います(汗)

ようやく、周囲に気を遣わせずに済むと思うと、嬉しくてしょうがないです。。
とにかく怖くて、辛かったし、何より周囲の方に申し訳なかったので。。

まだドキドキはします…
街のコーヒーの香りを楽しむ感覚も思い出せるかもしれません。

扁桃腺の違和感もほぼなくなり、食事もほとんど元通り。
ですがまだ唐辛子や胡椒などの香辛料は刺激があり、完全完治ギリギリの所で痛めないように、控えています。

術後は甘味が感じられないなど、味覚に違和感があってこれもなかなか辛かったのですが、今はしっかり回復して、味覚障害もありません。

変わったのは・・・
声の響きが少し良くなった事

声色が変わる程ではありませんが、自分では明らかに声の質が変わった感覚です。
周囲からも「澄んだ感じ!」と言われます!

それとオマケで、巻き舌が少し出来るようになりました(笑)
かなり嬉しいオマケでした〜

昔から出来なくて、声楽の稽古の時にも苦労しましたし、大学で選択したロシア語でも、発音に巻き舌は不可欠だったのでちょっと大変で(^▽^;)

※講師の先生いわく、ロシアにも巻き舌が出来ない方はいらっしゃるとのこと、中には有名な声優さんもおり、私はその方の声質に似ているんだとか(笑)

口の中の空間サイズが変わって、出来る事が増えたのは嬉しいです♡

楽しくて、ことあるごとに巻き舌で遊んでいますが、まだうまく出来なくて酸欠に(笑)


・・・と、折角なので自分の整理も含めて、まとめっぽい事を書いておこうと思います。

偶然なのか、周囲で現在または今後仕事への影響も含め手術を希望していたり、医師に勧められ迷っているという方が案外多く、質問を頂く機会がとても増えたこともあり。。


私は風邪などによる喉の腫れだけでなく、コーヒー&タバコのアレルギー(発熱&目眩)対策が1番の目的。

珍しいケースだと思っていましたが、私程ではなくとも、コーヒーの香りが苦手&クラクラする方も実は結構いらっしゃる事も知りました。。


なので一応、当時のブログを含め、流れを簡単にまとめてみたいと思います。
雑ではありますが、何かお役に立てればいいなと思います。
・・・当時のブログは、扁桃腺の内容以外の箇所も多く、さらに長いので、本当に読みにくいです。

(あくまで私の経験や感覚であることをご理解下さい。私の知り合いにも「ほとんど痛くなかったし、すぐ復帰出来た!」というケロリとした方もいれば、逆に相当に長い間痛みがあり、後遺症が残った方も存じ上げています…)

【手術するにあたっての経緯】
コーヒーとタバコのアレルギー(発熱&目眩)への対策のことや、育児と仕事を安心して健やかに過ごしたい事がきっかけ。

ブログ記事→『扁桃腺の摘出手術、アレルギーにさようなら!?』

━━━━━━━━━━━
【手術前日】
夜から禁食。
(GWとの兼ね合いもあり、この前々日に入院をし、一時帰宅で外泊、前日に戻ってきました)
------------------------------
【手術当日(口蓋扁桃腺摘出手術)】
朝から点滴。
全身麻酔をして手術開始。
30分程度で終了。
一般よりもかなり短く済んだとのこと。
縫合は1カ所。
------------------------------
【術後当日&1日目(翌日)】
酸素吸入。
点滴&1日3回の吸入
喉というより、口の中全て腫れ上がり、舌もパンパンで喉を塞ぐような少し怖い感覚。
鼻の粘膜に近い部分も腫れていて鼻から息を吸えても、上手く吐き出せなかったりと、苦しく寝付けない。

翌日から朝おもゆ、昼3分粥、夜5分粥で食事。
状態に合わせて食上げ。
その後、病院側のミスで、お昼から固いお肉や酸味のあるものが出て来てしまい正しいレポにならないと思うので、病院食に関しては以降書きません(汗)

ヨダレが尋常じゃなく出ます。
終始タオルを口に入れていました。
※常に何かを飲み込もうと身体が反応して出ているのと、傷を治そうとする体液(滲出液)が大量に出ているのだそう。
吸水性の良いタオルが必須!!

声帯を傷つけている訳ではないので声は出ますが、口中腫れているので、まともに喋られずフガフガした声に。

ブログ記事→『扁桃腺摘出手術☆当日&1日目』

------------------------------
【術後2日目】
点滴終了。
前日までのヨダレは収まってきたと同時に、縫合部分が腫れ始め結構な痛み。
私は我慢出来る範囲でした。

舌のしびれ、腫れがかなりある。
顎周辺のむくみが目立ちます。

ブログ記事→『扁桃腺摘出手術☆2日目』

------------------------------
【術後3日目】
経過は良好。ただし、痛みは増す。
縫合箇所が、引きつってひっかかる感じと、扁桃腺を取った周囲の皮膚が剥がれてくるのが少々気持ち悪い。
目で診て判る顎下のむくみはかなりひきました。
声はまだフガフガするけど、既に前より響きが綺麗な気が?

ブログ記事→『扁桃腺摘出手術☆3日目』

------------------------------
【術後4日目】
さらに痛みが悪化!
処置した箇所にかさぶたが出来ようとして、周囲の粘膜が引きつり、さらに痛みが増す。経験した事のない痛みで1日3回の痛み止めを使用。

ブログ記事→『扁桃腺摘出手術☆4日目』

------------------------------
【術後5日目】
痛みに変化はないものの、常に痛い。
舌のしびれはかなり軽減。
縫合箇所に食べ物がひっかかりやすくなり、わずかでも激痛。

術後初めて『コーヒーの香り』に近付く。
熱も目眩も無し!!


ブログ記事→『扁桃腺摘出手術☆5日目』

------------------------------
【術後6〜9日目】
治癒が進むと同時に痛みが増し、さらに食事がとりにくく。
別件でトラブルもあり、栄養失調気味に。
気分転換に外出許可をもらい外食。
具材が柔らかいスープや、美味しいお粥を頂き元気に!

痛み止めを服用する状態が続くと、退院後に授乳が出来ないのでかなり悩む。。

ブログ記事→『扁桃腺摘出手術☆8日目』
ブログ記事→『扁桃腺摘出手術☆9日目』

------------------------------
【術後10日目】(退院)
朝に喉のかさぶた(白く柔らかいもの)が剥がれ始めている事を医師が確認!!
これにより、少しだけ痛みが緩和。

自宅に戻ると奇跡の卒乳?によって授乳問題が解決(泣)
自宅でも痛み止めを飲めるように。

ブログ記事→『退院☆』

------------------------------
【術後11〜13日目】(自宅療養)
痛み止めを朝と寝る前に使用。

かさぶたがどんどん剥がれ、かなり楽に。
舌のしびれは若干残る。
味覚の違和感がある。
本人が思っているより、入院疲れが出て、ちょっとフラフラ。
------------------------------
【術後14〜22日目】(自宅療養)
主治医に経過を視てもらう。良好。
食べ物の制限(固いもの、香辛料や酸味など)はあり。
痛み止めはもう使わずに過ごせます。

舌のしびれと味覚の違和感は残る。

仕事で短時間ダンス指導等をしたが、エネルギー不足感あり。
------------------------------
【術後23〜現在】(自宅療養)
ようやく舌のしびれがとれる。
味覚は少しずつ回復し、現在は完全に戻りました!!

舌と扁桃腺があった境目あたりに、少しだけかさぶたが残っている。
固いものはほとんど食べられるようになるが、キムチなどの香辛料が特別強いものは当分避ける。

現在は踊る&歌う事も不安なくできます☆

↓入院中に寂しくて持って行ったちくびウサギ達(笑)
☆扁桃腺摘出手術のまとめ☆ (退院して1ヶ月)_d0224894_2535539.jpg

今回は幸いにも主治医が自身が摘出経験がある同年齢の先生だった事もあり、入院期間が少し長い理由も含め大変細やかな説明をして下さいました。

経験のある看護婦さんもおり、それがまたとても素敵な方で、しっかりサポートしてくれて(泣)

・・・呼吸や会話、お水を飲む事1つが影響し、安静にしにくい箇所だからこそ入院期間の設定も長いし、喉以外は元気で、見た目からどんな影響や痛みがあるか伝わりにくいので尚更周囲の理解とフォローが不可欠だと言われました。
(ほとんど、他の病状のケースも同じですよね。。)
☆扁桃腺摘出手術のまとめ☆ (退院して1ヶ月)_d0224894_424829.jpg

手術を検討した当時は色々調べ、生活や仕事への影響を含め、家族全員で心とスケジュールの整理を私達なりにしっかり行いました。

回復期間や症状は摘出範囲にもよりますが、やはり最低1ヶ月はきちんと段取りを組んで、対応を考えておいた方が良いと思います。
(食事の対策&工夫も!!)

それから今回、痛みと同様ビックリしたのが、味覚の影響。

扁桃腺の手術では、味覚障害になる可能性が高いそうで、サインするときにそのリスクについても説明を受けましたが…実際違和感が出た時はかなり落ち込みました。

主治医の言う通り、1ヶ月すると味覚は正常に戻ってくれて良かった…。

痛みに関しては、主治医や看護婦さんからは「安間さん、強い!」と言われましたが周囲に恵まれていなかったらもっと痛く感じたかもしれません(;^ω^)
病は気から、ですものね。。

私の場合は1才半の娘のことが1番の気がかりでしたので、自分の手術への恐怖心も最初から薄く、術後の激痛も、妙に耐えられたように思います。。
☆扁桃腺摘出手術のまとめ☆ (退院して1ヶ月)_d0224894_4281233.jpg
『術後も全然痛がらない人もいるし、失神する人もいる。。実際、年齢や切除範囲で痛みの差はかなり大きい』そうです。病院の方々が仰っていました。
ある看護婦さんは「私は本当に痛くて辛かった!!」とも。。

精神的な部分だって、大いに影響しますものね。

体験しないとわからない苦痛&恐怖。
やはりどんな些細な事も、想像では埋まらないモノなのだと改めて実感しました。

そして幸せや哀しみと同様、痛みや辛さは、他人と比べるものではありませんね…

事情や、背景の全てを理解は出来ないものですし。
様々な自分の体験を寄り添わせて、受け止め、理解しようとする思いやりでしか埋まらないのですよね。

ともあれ、
今はとにかく、やって良かった!!しかありません。

家族にもとても感謝しています。
☆扁桃腺摘出手術のまとめ☆ (退院して1ヶ月)_d0224894_4344167.jpg

この記録が、ほんの少しでもお役に立てたら嬉しいです(o´ω`o)


また経過の中で何か新しい発見や、出来る事が増えたら(巻き舌みたいに?)ご報告します☆

長々とお付き合いを有り難うございました!!


※ちなみに、術後に鼻から食べものや飲みものが出て来てしまう人もいるそうで、それは鼻の穴の大きさに関係しているとか。
私は鼻腔が小さく、鼻からは何も出ませんでした(笑)

ただ『うがい』は間違えて飲んじゃう事がしばしば。
飲食も思っても居ないタイミングで飲み込んでしまうこともあります。
喉の大きさに慣れていないのですね(^▽^;)


さてと!お天気もいいし☆
娘の歯医者さん(予防歯科)&生徒の教えに行ってきます!



……………………………………
●安間千紘オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2014-06-13 11:40 | ★ 扁桃腺の摘出手術関係
TOPへ
<< 面談・・・振付開始! 愛のお茶♡ めで鯛?でんぐり返... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム